シティ撃破のモナコが逆転でベスト8進出! シティのCL制覇の夢は今季も志半ばで潰える…《CL》2017.03.16 06:51 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、モナコvsマンチェスター・シティが15日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、モナコが3-1で勝利した。この結果、2戦合計6-6で並ぶもアウェイゴール数で上回ったモナコがベスト8進出を決めた。

▽先月21日にシティ・オブ・マンチェスターで行われた1stレグでは、壮絶な打ち合いを制したシティが5-3で先勝した。アウェイゴール3点を献上したものの、リロイ・ザネの5点目が効いて2点差を付けて1stレグを終えたシティは、以降の公式戦4試合を3勝1分けの好成績で終えた。なお、今回の2ndレグに向けては、直近のFAカップ準々決勝のミドルズブラ戦から先発4人を変更。GKにカバジェロが戻り、サバレタとオタメンディに代わって、サーニャとコラロフが最終ラインに入り、ヤヤ・トゥーレに代わってフェルナンジーニョがアンカーを務めた。

▽一方、敵地で2度のリードを守り切れず、敗戦したモナコだが、以降の公式戦4試合で全勝。また、その4試合全てで複数得点を記録しており、逆転突破に向けて少なくとも2点以上が必要なシティ戦に向けて好調を維持。だが、逆転を期すこの一戦に向けては、1stレグで2ゴールを決めていたエースFWファルカオが臀部のケガでメンバー外となり、代役にジェルマン。また、出場停止のグリクに代わって、出場停止明けのジェメルソンが最終ラインに入った。

▽立ち上がりから積極的にハイプレスを仕掛けるモナコは、その勢いのままに決定機を作り出す。7分、プレスバックしたジェルマンのボール奪取からバカヨコのスルーパスに抜け出したムバッペが中央を突破してGKカバジェロと一対一となるが、右足のシュートはカバジェロの見事なワンハンドセーブに遭う。

▽最初の絶好機を逸したモナコだったが、このプレーで得たCKの流れから先制点を奪う。8分、ボックス左で仕掛けたメンディのシュートはGKに弾かれるが、こぼれ球を拾ったベルナルド・シウバがボックス左で折り返したグラウンダーのボールを、ムバッペがワンタッチで押し込んだ。

▽18歳の新星FWの2試合連続弾で早々にゴールをこじ開けたモナコは、バカヨコとファビーニョの屈強な2セントラルハーフを起点に、出足鋭い守備をみせ、シティ自慢のポゼッションサッカーを機能不全に陥れる。さらに素早い守備から攻撃への切り替えを生かし、18分にはショートカウンターから中央を持ち上がったジェルマンがミドルシュートを狙うが、これは枠を捉え切れない。

▽その後も完璧に試合の流れを掴んだモナコは、29分に追加点を奪う。敵陣左サイドでボールを持ったルマールを大外のメンディが追い越し、グラウンダーのクロスを入れる。これをタイミング良くゴール前に走り込んだファビーニョが右足ダイレクトで流し込んだ。

▽この2点目で2戦合計5-5としたモナコは、アウェイゴール数で相手を上回り、2戦合計スコアで逆転に成功。その後も連動した守備でパスコースを遮断し、苦し紛れの縦パスを前向きな守備陣が危なげなく跳ね返し、シティ攻撃陣に全く攻撃の形を作らせない。結局、シティに1本のシュートも許さない完璧な試合運びを見せたホームチームが、最高の形で試合を折り返した。

▽互いに選手交代なしで迎えた後半は、ビハインドを追うシティが立ち上がりから押し込む展開が続く。デ・ブライネのポジションを下げ、[4-2-3-1]に近い並びでビルドアップにかける人数を増やしたシティは、動き出しの量の増加も重なり、相手陣内でボールを持つ場面が多くなる。

▽57分にはボックス右に抜け出したスターリングが、タイミングを窺いながら中央のアグエロにパスを狙うが、ここはDFラッジの身体を張ったブロックに阻まれる。さらに62分には左サイドでDFラッジを交したザネからのマイナスの折り返しに中央のアグエロが反応するが、ここはシュートをふかしてしまい、ゴールには繫がらない。

▽モナコの運動量の低下に伴い、徐々にゴールの匂いを感じさせ始めたシティは、65分にこの試合最大の決定機が訪れる。フェルナンジーニョの縦パスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したシルバが、ボックス右でフリーのアグエロにラストパスを通す。だが、アグエロはGKスバシッチとの一対一を決め切れない。続く67分にはシルバのスルーパスに抜け出したザネがボックス左でGKと一対一となるが、ここはシュートコースを消されて左足のシュートはサイドネットを叩いた。

▽その後もシティペースが続く中、防戦一方のモナコは70分、ラッジに代えてアルマミー・トゥーレを同じセンターバックのポジションに入れる。だが、この交代直後にここまで耐えてきた守備が決壊する。

▽71分、右サイドで浮き球のパスを受けたスターリングがカットインから左足のシュートを放つ。これはGKスバシッチが外側に弾き出すが、こぼれ球にいち早く反応したザネが左足で蹴り込み、シティが2戦合計スコアで再び優位に立った。

▽劣勢の中で試合を引っくり返されたモナコだが、不屈の闘志を見せる若きチームはワンチャンスを生かして再びゴールをこじ開ける。77分、相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのルマールがゴール前に絶妙なインスウィングのクロスを入れると、中央でフリーになっていたバカヨコが頭で右隅に流し込んだ。

▽痛恨の失点で再びゴールが必要となったシティは、84分にクリシを下げてイヘアナチョを投入。ここから決死の猛攻に出るかと思われたが、ピッチの11人は気落ちした様子こそ見せないものの、熱量が上がらない。対してムバッペ、ジェルマンと2トップを下げてモウティーニョ、ディラールの投入で逃げ切りを図るモナコは、最後まで熱量のこもったプレーで相手の反撃を凌ぎ切り、試合はこのままタイムアップ。

▽エースFWファルカオ不在の逆境を乗り越え、ホームでシティを見事に撃破したモナコが、2戦合計6-6もアウェイゴール数の差で上回り、逆転でのベスト8進出を果たした。一方、最後まで気持ちが見えないまま痛恨の逆転負けを喫したシティのCL制覇の夢は、今季も志半ばで潰えることになった。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ撃破でアウェイ戦初白星挙げたRBライプツィヒ、指揮官は「今季のベストゲームの1つ」

RBライプツィヒは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節で、敵地にてモナコを4-1で撃破した。ラルフ・ハーゼンヒュットル監督は、「我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つ」と喜びを語った。<br><br>グループステージ突破に向けてアウェーでの勝利が必須となっていたライプツィヒは、6分にMFマルセル・サビッツァーが相手DFのオウンゴールを誘発して先制。9分にFWティモ・ヴェルナーが追加点を奪うと、31分にはPKも決めてリードを3点に広めた。43分にはFWラダメル・ファルカオのヘディング弾で1点返されるも、その直後にはナビ・ケイタがチーム4点目をマークした。<br><br>ハーゼンヒュットル監督は試合後、「みんなは今日も熱心に働いてくれた。これまでのパフォーマンスを誇らしく思っても良いだろう。勝ち点7も集めたのだからね」と喜びを表すると、モナコ戦についてこのように続けた。<br><br>「とりわけ後半のプレーに満足している。我々にしては、とても冷静に臨み、クレバーだったのでね。この試合は、ブンデスリーガでの前節レバークーゼン戦に比べても、大きな一歩となった。我々が見せた今シーズンのベストゲームの一つだった」<br><br>なお、ライプツィヒは勝ち点7でポルトと並ぶも、両者の直接対決での得失点差では負けているため、グループGの3位と順位には変動なし。最終節では勝ち点11で首位通過が確定しているベジクタシュをホームに迎えるが、ポルトがモナコとのホームマッチで得る勝ち点を上回った場合のみ、CLの決勝ラウンドに駒を進めることになる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 23:01 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季ベスト4のモナコが敗退…3位ライプツィヒは最終節での逆転突破目指す《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループG第5節、モナコvsRBライプツィヒが21日にスタッド・ルイ・ドゥで行われ、アウェイのライプツィヒが4-1で勝利した。この結果、モナコの最下位とグループステージ敗退が決定した。 ▽昨季のベスト4チームながらここまで唯一の未勝利と不調が続く最下位モナコ(勝ち点2)は、今節勝利を逃すと敗退が決定する。それでも、時差の関係で数時間前に行われた試合で、2位のポルト(勝ち点6)が首位ベシクタシュ(勝ち点10)と1-1のドローに終わったため、この試合を戦う前に突破の可能性がなくなるという最悪の事態を免れた。必勝を期して臨んだこの一戦では、シディベとレマルを負傷で欠いたものの負傷明けのファルカオが先発に復帰した。 ▽一方、初出場で決勝トーナメント進出を目指す3位ライプツィヒ(勝ち点4)は、2位ポルトが引き分けたことで今節の勝利によって勝ち点7で並ぶ可能性が浮上。前回対戦で引き分けたモナコとのアウェイゲームに向けては、ヴェルナーやフォルスベリ、ナビ・ケイタら主力が揃ってスタメン入りした。 ▽試合は思わぬ形で早々に動く。開始6分、右サイドに抜け出したサビツァーが低くて速いクロスを入れると、戻りながらの対応となったDFジェメルソンのクリアミスがそのままゴールネットに吸い込まれる。さらに直後の9分にはオウンゴールで動揺したか、最終ラインからジェメルソンが不用意に出した縦パスをカットしたカンプルのラストパスに抜け出したヴェルナーがロブ気味のオシャレなシュートで追加点を奪った。 ▽ジェメルソンの痛恨ミスで瞬く間にビハインドを背負ったモナコは、すぐさま反撃に出るが、ケイタやファルカオのシュートがことごとくGKの正面を突くなど、ゴールが遠い。すると31分にはライプツィヒのセットプレーの場面でファルカオがボックス内でオルバンを倒してしまい、痛恨のPK献上。これをヴェルナーに決められて、3失点目を喫した。 ▽その後、相手選手との交錯で鎖骨を痛めたサビツァーが負傷交代するアクシデントに見舞われたライプツィヒに対して、モナコが意地のゴールを奪う。43分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でロニー・ロペスがゴール前に入れたボールを、飛び出したGKより先に頭で触ったファルカオが先ほど与えたPKを帳消しにした。だが、この2分後にはボックス中央でクサビを受けたナビ・ケイタに巧みな反転シュートを流し込まれ、モナコは再び3点のビハインドを背負い前半を終えた。 ▽前半で大勢が決したことで、後半はこう着した展開が続く。ホームで意地を見せたいモナコは、ディアカビやゲザルらを投入して攻勢を強めていくが、流れの中でなかなか決定機を作れない。 ▽一方、ヴェルナーやフォルスベリを早い時間帯に下げて逃げ切り体勢に入ったライプツィヒは追加点こそ挙げられないものの、相手の反撃を冷静に凌ぎ切って試合をクローズ。結局、前半のゴールを守り切ったライプツィヒが敵地で4-1の大勝。当該成績で順位は3位のままとなったが、2位ポルトに勝ち点で並び最終節での逆転突破に望みを繋いだ。一方、自滅という形で大敗したモナコは、最終節を前に最下位とグループステージ敗退が決定した。 2017.11.22 06:59 Wed
twitterfacebook
thumb

2位モナコ、ヨベティッチのゴールで追いつくもアミアンと痛いドロー《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第13節アミアンvsモナコが17日に行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽16位のアミアン(勝ち点12)と2位のモナコ(勝ち点28)の一戦。ファビーニョやケイタ、ファルカオらが先発したモナコだが、序盤は攻守の切り替えが早いアミアンに押し込まれる。13分、自陣中央右からのFKをコナテに頭で狙われるが、枠を外れて事なきを得る。 ▽状況を打開しようと、直後にファルカオがボックス左からシュートを試みるが、こちらも枠を捉えられず。すると31分、カウンターの形からカクタのスルーパスを最終ラインの裏に通されると、このパスでGKの一対一となったギャクベに冷静に決められ先制を許してしまった。 ▽モナコが1点リードされて迎えた後半、モナコは頭からR・ロペスを下げてゲザルを投入。チームのテコ入れを図った。しかし、先にアミアンにチャンスを作られてしまう。48分、ギャクベにボックス右への侵攻を許すと、そのクロスにコナテが反応。だがここはDFが死守。直後のCKの流れから、再びコナテにクロスを頭で合わせられヒヤリとする場面に。 ▽それでも、徐々にポゼッションを高めるモナコは同時にゴールに迫る回数も増やしていく。さらにモナコはこのタイミングでカリージョに代えてヨベティッチを起用。すると67分、モナコに待望の同点ゴールが生まれる。 ▽左サイドのクロスの跳ね返りをボックスの外で拾ったファビーニョは、中央から右にドリブルで展開。さらにそこからDFをかわしてボックス右に侵入したところでクロスを上げると、ヨベティッチが右足ダイレクトで上手く合わせゴール左に流し込んだ。 ▽その後は一進一退の攻防が続いたが、どちらもゴールを割ることなくこのまま試合終了。首位のパリ・サンジェルマンを追うモナコにとっては痛い引き分けとなってしまった。 2017.11.18 06:38 Sat
twitterfacebook
thumb

史上最高額の510億円で落札されたダ・ヴィンチの『救世主』の出品者は?

▽15日、ニューヨークで競売商クリスティーズのオークションにレオナルド・ダ・ヴィンチの『サルバトール・ムンディ』(救世主)がかけられ、約4億5031万ドル(約510億円)で落札された。アメリカ『ニューヨーク・タイムズ』など複数メディアが報じた。 ▽これは芸術作品として、史上最高額での落札となった。この作品の出品者が話題となっている。『救世主』を出品したのは、ロシア人実業家のドミトリー・リボロフレフ氏。聞き覚えのある方も居るかもしれないが、リーグ・アンのモナコで会長を務めている人物だ。 ▽リボロフレフ氏は、2016年4月に「パナマ文書」という名で知られた資産移転や資産隠しへの調査で名前が挙がり、元妻であるエレナ夫人との離婚訴訟に際して、絵画などを隠したとされており、『救世主』もそのうちの1つだと言われていた。 ▽『救世主』という作品は、現存するダ・ヴィンチの数少ないものの1つで、イギリスのチャールズ1世、2世、フランスのルイ12世が過去に所有。その後、3世紀にわたって行方不明となっており、希少価値が上がっていた。 ▽モナコは、パリ・サンジェルマンへレンタル移籍したフランス代表FWキリアン・ムバッペや、チェルシーに移籍したMFティエムエ・バカヨコ、マンチェスター・シティに移籍したMFベルナルド・リウバ、DFバンジャマン・メンディなど多くの選手を放出。移籍金総額3億5750万ユーロ(約464億円)を今夏に獲得していた。その移籍金を上回る資産を手放したリボロフレフ氏。今冬も大型補強に乗り出すのだろうか。 2017.11.17 14:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、今夏獲得に迫ったモナコMFレマルから撤退へ…

▽アーセナルが、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)の獲得レースから撤退するようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 ▽今夏、アーセナルはマンチェスター・シティへの流出が濃厚と見られていたチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の後釜としてレマルをリストアップ。移籍市場最終日には9000万ポンド(約134億円)の巨額オファーを掲示したものの、モナコ側が放出を拒否したことで交渉は破談に終わっていた。 ▽それでも、前述のサンチェスに加え、ドイツ代表MFメスト・エジル(29)が今季限りで切れる契約を延長する意思を見せていないため、来夏レマル獲得に再チャレンジすると見られている。 ▽しかし、『ミラー』の伝えるところによれば、現在アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督はレマルへの興味を失い始めており、獲得レースから撤退する見込みだという。 ▽その一方で、アーセナルはリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(24)への関心を強めており、レマルに代わって同選手の獲得交渉を進めているようだ。今夏、両クラブにとって史上最高額となる移籍金でフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの交渉をまとめた両クラブの関係性は良好で、6000万ポンド(約89億4000万円)での交渉成立を目指しているという。 ▽なお、モナコのヴァディム・ヴァシリエフ副会長が来夏の放出を示唆しているレマルに関しては、バルセロナとリバプールが関心を示しており、新天地はいずれかになる見込みだ。 2017.11.16 03:28 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース