リバプール&ミラン、今夏に契約満了するリヨンのU-20フランス代表DFに関心か2017.03.16 04:06 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リバプールとミランが、今シーズン終了後にリヨンとの契約が満了するU-20フランス代表DFジョルディ・ガスパール(19)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『テレ・フット』が報じている。

▽今シーズン、リヨンの下部組織からトップチームに昇格したガスパールは、卓越した身体能力と攻撃センスを特長とするU-20フランス代表の右サイドバック。本職の右サイドに加え、左サイドバックでもプレー可能なガスパールは、今シーズンここまでリーグ戦2試合とチャンピオンズリーグ1試合に出場している。

▽リヨンとフランス代表で将来を嘱望されているガスパールだが、今シーズン終了後に満了となるクラブとの契約延長交渉が難航。『テレ・フット』によると、この好機を逃さまいと、リバプールとミランを始め、バイエルンやフィオレンティーナが同選手の引き抜きに動いているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ミラン、GKドンナルンマ売却ならナポリGKを確保か?

▽ミランが、イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの移籍を考慮し、ナポリGKの獲得を考えているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽昨夏も移籍の噂が絶えなかったドンナルンマ。ミランは、今夏もドンナルンマの移籍の可能性があるとみており、後釜を考える必要がある。 ▽ミランが獲得を狙うのは、ナポリの元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ。35歳の守護神は、今シーズンもセリエAでここまで24試合に出場し、正守護神としてスクデット獲得に向けてチームを支えている。 ▽レイナは、ナポリとの契約が今シーズン終了までとなっており、ミランとしては実力者をフリーで獲得できる状況。ナポリとの関係もあまり良くないと言われており、ミランとしてはしっかりと確保したいところだ。 2018.02.21 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

変化を感じるボヌッチ「ガットゥーゾのおかげ。自分が救世主だと勘違いしていた」

ミランの主将レオナルド・ボヌッチが18日、ミラン情報サイト『ミランニュース』のインタビューに応じ、心境を明かした。<br><br>ミランは昨夏、トップチームの約半数を入れ替える大型補強を敢行。ユベントスから移籍金4000万ユーロ(約53億円)で加わったイタリア代表DFボヌッチもその1人だった。ファンから大きな期待を受けたものの、すぐさま結果につながらなかった。11月末に指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラが解任。後任として、ミラン黄金期を支えたOBのジェンナーロ・ガットゥーゾが就任した。<br><br>するとミランはようやく軌道に乗り始めた。18日のセリエA第25節サンプドリア戦(1-0)に勝利したことで、公式戦3連勝、直近では10戦無敗と好成績を収める。自信を失いかけていたボヌッチも、闘将の下で自分自身を取り戻した。<br><br>「自信を取り戻せた。ユベントスの頃のように、自分が強くて重要な選手に感じられる。最初の頃は、あまりに多くの責任を負い過ぎた。自分が祖国の救世主のようなつもりになっていたが、間違いだった。サッカーは11人でプレーするもので、全員が同じ方向へ向かって進まなければならない」<br><br>また『プレミアム・スポーツ』のインタビューにおいても、「彼がやって来てからチームが変わった。フィジカル面だけでなく、メンタル面、チームへの帰属意識も生まれた。自分にとってはとても重要な転機だった。彼の下でチームになれた。以前は違った」と語り、チームの変化を指摘。さらに『スカイスポーツ』の取材でも指揮官への賛辞を惜しまない。<br><br>「監督は選手の心をつかむのが上手かった。序盤に実力を出し切れていなかった選手や日陰の選手に自信を取り戻させた。発破をかけるのが上手いし、本来のミランは最初の数カ月の頃のチームとは違うと納得させられた」<br><br>提供:goal.com 2018.02.20 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

2018年無敗のミラン、好調支えるボナヴェントゥーラはCL出場権獲得に自信

ミランのMFジャコモ・ボナヴェントゥーラは、現在リーグ4位の宿敵インテルに追いつくができると信じているようだ。『メディアセット・プレミアム』が報じた。<br><br>ミランは、18日に行われたセリエA第25節でサンプドリアと対戦。前半7分に獲得したPKはリカルド・ロドリゲスが失敗したものの、13分にボナヴェントゥーラが先制点を奪う。追加点と思われたレオナルド・ボヌッチの得点はビデオ判定により取り消されたが、1-0でミランが勝利を収めた。<br><br>ミランは2018年に入り、10戦無敗と好調を維持する。チャンピオンズリーグ出場圏内である4位につけるインテルとは7ポイント差となっているが、好調なチームの中盤を支えるボナヴェントゥーラは現在のチーム状況であれば追いつくことができると語った。<br><br>「僕たちは満足している。とてもいいプレーを続けていて、チームには素晴らしい雰囲気に溢れているよ。これを続けなければいけない。もっと早くに試合を決めることができたかもしれないけど、今日のパフォーマンスはよかったね。好調を維持し続けているから結果も付いて来ているんだ」<br><br>「ゴールを決められたことはもちろん嬉しいけど、今はチーム全体が連動しているんだ。僕たちは一つのチームになっている。シーズン序盤に多くのポイントを落としてしまったが、今の状態を続けていけばインテルに追いつくことだってできるはずさ」<br><br>提供:goal.com 2018.02.19 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

闘将ガットゥーゾ、名門復活へ愛のムチ「今季終了まで私は選手の悪夢になるだろう」

ミランの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが18日、イタリアメディア『メディアセット・プレミアム』のインタビューにおいて、選手たちを称えた。<br><br>ミランは18日、セリエA第25節でサンプドリアと対戦。7分、相手のハンドによりPKのチャンスを得るも、DFリカルド・ロドリゲスのシュートはGKエミリアーノ・ヴィヴィアーノの好セーブに阻まれた。しかしミランは13分、MFジャコモ・ボナヴェントゥーラのボレーで先制すると、試合終了までリードを守り切り、リーグ戦2連勝を飾った。<br><br>今節で敗れた4位インテルとはわずか7ポイント差に迫り、チャンピオンズリーグ出場圏を視野にとらえたガットゥーゾは、選手たちを称賛した。<br><br>「私が最も誇りに思っているのは、選手たちが練習に献身的に取り組んでいることだ。私の功績と言えば、新たな哲学を持ち込んだことだけだよ。あとはすべて選手たちのおかげだ。素晴らしい選手たちだよ」<br><br>名門ミラン復活のために、ガットゥーゾは自身が鬼になることをいとわない。<br><br>「私は難しいことが好きなんだ。だからここへ戻ってきた。このシャツを着ている限り、最後まで全力を尽くすつもりだ。シーズン終了まで、私は選手たちにとって悪夢であるだろうが、彼らは改善していくことへの意欲、大きな情熱を持っている」<br><br>最後に指揮官は、PKを失敗したR・ロドリゲスについて、アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏を例に挙げ、「マラドーナでも失敗することはあった。彼が前を向いてプレーを続けたことが重要だ」と擁護した。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプとのシックスポインター制したミランが公式戦3連勝!《セリエA》

▽セリエA第25節、ミランvsサンプドリアが18日にサン・シーロで行われ、ホームのミランが1-0で勝利した。 ▽ヨーロッパリーグ(EL)出場権を争う7位ミラン(勝ち点38)と、6位サンプドリア(勝ち点41)によるシックスポインター。前節、格下SPALに4-0で快勝したミランはミッドウィークに敵地で行われたELルドゴレツ戦も3-0の快勝を収め、公式戦2連勝と好調を継続。迎えた今節は直近のリーグ戦3勝2分けとこちらも好調を継続するサンプドリアとの上位対決に臨んだ。ELからは先発2人を変更。累積警告で出場停止のケシエに代わってモントリーボ、アバーテに代わってリカルド・ロドリゲスが起用された。 ▽立ち上がりから攻勢を仕掛けるミランは6分、カラブリアの深い位置での右クロスがボックス内でのDFムルルのハンドを誘いPKを獲得。これをキッカーのR・ロドリゲスが右隅を狙って蹴るが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれ失敗に。 ▽このPK失敗で嫌な流れが漂うも、好調なチームは動じない。13分、スソからの縦パスに抜け出した右サイドのカラブリアが鋭いクロスを入れると、抜群のタイミングでゴール前に飛び出したボナヴェントゥーラがワンタッチボレーで流し込んだ。 ▽この先制点で勢いづくミランは、後方からの丁寧なビルドアップでサンプドリアの組織的なゾーンディフェンスを掻い潜りながら、アタッキングサードではスソらの仕掛けで一気に攻撃をスピードアップ。完全に試合の流れを掌握する。 ▽すると44分には追加点のチャンス。相手陣内左サイドで得たFKの場面でサインプレーから左サイドのスペースに走り込んだチャルハノールにキッカーのスソがショートパスを繋ぐ。ここでチャルハノールが左足で入れた絶妙なクロスをゴール前のボヌッチがワンタッチで流し込む。しかし、ビデオ・アシスタントレフェリー(VAR)による確認の結果、ボヌッチはオフサイドを取られてゴールは認められず。 ▽結局、ミランの1点リードで折り返した試合は後半もミランペースで進んでいく。52分にはボックス手前でパスを受けたチャルハノールが渾身の右足ミドルシュートを放つが、これはクロスバーを叩く。 ▽一方、ここまでほとんど良いところがないサンプドリアは55分、ドゥバン・サパタ、バレットを下げてカプラーリ、ベッレを同時投入。選手交代で流れを変えにかかる。 ▽後半半ばを過ぎても1-0のスコアは変わらないものの攻守両面で相手を圧倒するミラン。73分にはクトローネを下げてアンドレ・シウバ、86分にはモントリーボを下げてロカテッリを投入。冷静に相手のプレスを剥がしてスソやチャルハノールに幾度か決定機が訪れるものの、これを決めきれない。 ▽すると、試合終了間際の90分にはこの試合最大のピンチ。サンプドリアのカウンターから左サイドに流れたクアリアレッラが絶妙なクロスを供給。これをファーサイドのカプラーリが右足のスライディングシュートで合わすが、これはわずかに枠の右へ外れた。 ▽最後の最後で冷や汗をかいたものの勝利に相応しい内容でサンプドリアとのシックスポインターを制したミランが公式戦3連勝。なお、勝ち点41でサンプドリアに並んだミランだが、当該成績の関係で順位は7位のままとなっている。 2018.02.19 06:50 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース