ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

原口終盤出場のヘルタ、ホッフェンハイムとドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsヘルタ・ベルリンが17日に行われ、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は82分から出場している。 ▽前節バイエルン戦を2-0と勝利して2勝1分けスタートとしたホッフェンハイムと、前節ブレーメン戦を1-1と引き分けて1勝1分け1敗スタートとなったヘルタの一戦。 ▽共に3日前にヨーロッパリーグを戦ったチーム同士の試合は、開始6分に動く。右CKからワグナーがヘディングシュートで流し込んだ。先制後もホッフェンハイムがボールを持ち、主導権を渡さない。30分にはCKからヒュブナーが際どいヘディングシュートを浴びせた。 ▽劣勢のヘルタは37分にようやく決定機。エスヴァインがボックス左に侵入して左足でシュート。しかし、GKバウマンのセーブに阻まれた。ここからギアを上げたヘルタが盛り返すと、迎えた後半の50分にも同点のチャンス。レッキーがスピードでボックス右に侵入しクロス。エスヴァインがシュートに持ち込んだが、GKバウマンのセーブに阻止された。 ▽それでも55分、左サイドからのプラッテンハールトのクロスをニアのエスヴァインがヘッドで合わせ、試合を振り出しに戻した。 ▽同点とされたホッフェンハイムはワグナーに代えてバイエルン戦で2ゴールを決めたウートを投入。勝ち越しゴールを目指し、ヘルタを押し込んでいく。 ▽劣勢となったヘルタは82分に原口を左サイドに投入。出足の鋭い守備でチームを助けると、そのまま1-1でタイムアップ。チームの勝ち点1獲得に貢献している。 2017.09.18 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

原口終盤出場のヘルタvsビルバオは譲らずドロー決着《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)グループJ第1節、ヘルタ・ベルリンvsビルバオが14日に行われ、0-0で引き分けた。ヘルタのMF原口元気は85分から出場している。 ▽昨季ブンデスリーガ6位のヘルタとリーガエスパニョーラ7位ビルバオの一戦。試合は開始2分、ボックス左に抜け出したアドゥリスがGKヤルシュテインを強襲するシュートを浴びせる。 ▽その後も仕掛けるビルバは9分、ムニアインがミドルシュートでゴールに迫るも、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。続く17分には決定機を演出し、ボックス内でDFを交わしたムニアインが左足でシュート。しかし、わずかに枠を捉えきれなかった。 ▽ハーフタイムにかけては守備に徹するヘルタがビルバオを押さえ込んでペースを握り返すと、前半終了間際にチャンス。ダリダがボレーシュートでゴールに迫ったが、わずかに枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後判、前から圧力をかける入りを見せたヘルタは48分にプラッテンハールトがGKイアゴ・エレリンを強襲するシュートを浴びせると、続く52分にはイビセビッチもイアゴ・エレリンを強襲するシュートを放っていく。 ▽その後半はヘルタが攻勢に出ると、75分にカルーがボックス左からシュート。しかし、ここもGKイアゴ・エレリンに阻まれた。 ▽あと一歩でゴールを奪えないヘルタは85分に原口を投入。そして89分にはロングボールに抜け出した原口がボックス左まで進入してシュートに持ち込んだが、並走していたDFにブロックされ、0-0のままタイムアップ。勝ち点1を分け合っている。 2017.09.15 06:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ブンデス初の女性主審による一戦はヘルタ先制もブレーメンが追いつきドロー決着《ブンデスリーガ》

▽10日にブンデスリーガ第3節のヘルタ・ベルリンvsブレーメンがベルリン・オリンピアシュタディオンで行われ、1-1のドローに終わった。日本代表FW原口元気はベンチ入りを果たすも出場機会は与えられなかった。 ▽前節のドルトムント戦で0-2の完敗を喫して星が五分となったヘルタが、2連敗中のブレーメンを迎えた。ホームのヘルタは[4-2-3-1]を採用。ゴールマウスはヤルシュテインが務め、バックラインは右からヴァイザー、ラングカンプ、レキク、プラッテンハールトが並んだ。ダブルボランチはシュレブとシュタルクが起用され、2列目は右からレッキー、ダリダ、エスヴァイン。最前線はイビゼビッチが起用された。 ▽対するアウェイのブレーメンは[3-5-2]を採用し、パブレンカがゴールマウスを守る。バックラインは右からバウアー、L・サネ、ヴェリコビッチが並んだ。中盤は右からゲブレ・セラシェ、カインツ、マキシミリアン・エッゲシュタイン、デラネイ、アウグスティンションが起用され、2トップはクルーゼとバルテルスが並んだ。 ▽ブンデスリーガデビューとなる女性レフェリー、シュタインハウス氏のホイッスルで始まった一戦は、4分にブレーメンが最初のチャンスを作り出す。左CKの流れからボールが逆サイドに流れると、 ゲブレ・セラシェが入れなおしたクロスに、ボックス左でフリーとなっていたカインツがボレーで合わせる。しかしGKヤルシュテインの好守に阻まれて得点とはならなかった。 ▽一方のヘルタも6分、相手陣内左サイドの低い位置でFKを獲得。プラッテンハールトが入れた高精度のクロスボールにシュタルクが頭で合わせたが、こちらもGKパブレンカの好守に阻まれる。 ▽お互いに積極的な入りを見せるが、その後は中盤での潰し合いが続き停滞していく。しかし38分、ヘルタはイビセビッチが高い位置でボールを奪ってカウンターを開始。そこからダリダに展開すると、ボックス手前で倒される。ブレーメンの選手が足を止めたすきに、ボックス右でこぼれ球を拾ったレッキーがGKの股を抜くシュートを流し込んで、ヘルタが先制点を奪った。 ▽前半はそのまま終了を迎え、お互いに交代なしで迎えた後半は追いかけるブレーメンが攻勢に出るがヘルタの堅い守りを崩せずに時間が経過していく。しかし59分、左サイドからのクロスがボックス内でルーズになったところをデラネイが胸でコントロール。相手を背負った状態から反転して放ったシュートがゴールネットを揺らして、ブレーメンが試合を振り出しに戻した。 ▽追いつかれたヘルタは73分、途中出場のカルーとのパス交換で抜け出した同じく途中出場のシュトッカーがボックス内で倒される。しかしシュタインハウス主審の笛は吹かれずノーファウルの判定となった。77分には左CKからボックス手前のシュトッカーがダイレクトボレーを狙うが、GKの正面を突くなど、ヘルタが押し気味に試合を進めるが決めきれない。 ▽試合終盤にかけてもヘルタが相手ゴールに迫るが決勝点は生まれず。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.09.11 00:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ブンデス初の女性主審がついにデビュー! 原口元気所属のヘルタ・ベルリンvsブレーメンを担当

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は7日、再開するブンデスリーガ第3節の担当審判員を発表した。今シーズンからブンデスリーガの審判員に登録された女性審判員のビビアナ・シュタインハウスさん(38)が、ブンデスリーガデビューを果たす。 ▽シュタインハウスさんが担当する試合は、日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンvsブレーメンの一戦。試合は9月10日(日)の22時30分から行われる。 ▽2005年からFIFAの審判員となったシュタインハウスさんは、2011年の女子ワールドカップ決勝や、2012年のロンドン・オリンピック決勝など、世界の舞台でも主審を務める実力の持ち主。これまでブンデスリーガ2部での主審経験はあったものの、1部では初となる。 ▽今シーズンは、DFBポカールのケムニッツvsバイエルンや、ブンデスリーガ2部のボーフムvsディナモ・ドレスデンなどで主審を務めていた。 ▽シュタインハウスさんは、念願の1部デビューに関して「ブンデスリーガでの私の初の試合は、もちろんとても期待している」とコメント。「私のチームや私にとっての素晴らしい挑戦が、日曜日に行われることを嬉しく思っている。とても良い準備をするわ」と語り、自身のブンデスリーガデビュー戦へ意気込みを語った。 2017.09.08 14:38 Fri
twitterfacebook
thumb

「目標は元々、アジアじゃない」 FW原口元気、早くも世界に視線へ《ロシアW杯アジア最終予選》

▽日本代表は1日、埼玉県内でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のサウジアラビア代表戦に向けたトレーニングを実施した。 ▽埼玉スタジアム2002で行われたオーストラリア代表戦の翌日、メンバー外の選手を含む27名全員が登場。オーストラリア戦先発の11名とサブ組の16名に分かれてトレーニングを行なった。 ▽FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)は練習終了後、取材に応対。本大会行き決定から一夜、「元々アジアじゃなくて、世界が目標」と語り、早くも猛者集いし世界を見据えた。 <span style="font-weight:700;">◆FW原口元気</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──改めてW杯出場の実感は</span> 「特にないです。次の試合だったり、次のことに切り替えている。昨日はホッとしたり、嬉しい気持ちもあったが、今日から新しいことが始まるなと」 <span style="font-weight:700;">──今予選を通じた自身の成長</span> 「できたことはたくさんあったと思う。でも、元々アジアじゃなくて、世界を目標にしている。それがよりリアルになった。その大会に出られるということで、そこに向けてより気持ちが強くなった」 2017.09.01 17:00 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース