ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

長谷部がヒジ打ちで一発退場! PKも献上しチームは完敗…《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは21日、ブンデスリーガ第31節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-3で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠は先発し、79分に一発退場している。MF鎌田大地はベンチ入りしなかった。 ▽前節レバークーゼン戦を1-4と惨敗して7位に後退したフランクフルト(勝ち点46)は、3日前に行われたDFBポカール準決勝ではシャルケに1-0と辛勝し、2年連続決勝進出を決めた。そのフランクフルトは長谷部が3バックの中央で先発となった。 ▽9位ヘルタ(勝ち点39)に対し、ポゼッションする展開で立ち上がったフランクフルトは9分に決定機。クリアミスをボックス中央で拾ったヨビッチがシュートに持ち込むも枠の上に外してしまう。さらに19分、相手のミスパスをカットしたヨビッチのラストパスをガシノビッチがシュートしたが、バーを直撃した。 ▽相手のミスに付け入ることができなかったフランクフルトは、一進一退の攻防を強いられた中、34分にチャンドラードがミドルシュートでオンターゲットを記録。しかし、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、55分にフランクフルトは長谷部がPKを献上してしまう。ボックス左に進入したゼルケに対し、長谷部が手をかけて倒したと判定された。これをゼルケに決められ、フランクフルトは先制を許してしまう。 ▽失点を受けて前がかるフランクフルトは、69分にファビアンがGKヤルシュテインを強襲するシュートを浴びせるも、77分に追加点を許す。ゼルケにディフェンスライン裏を取られてネットを揺らされた。リプレーで見るとオフサイド気味だったが、認められた。 ▽そして厳しい判定にイライラを募らせた長谷部が79分に爆発する。ゼルケにファウルを受けてカッとなり、ヒジ打ちを見舞って一発退場となった。10人となったフランクフルトは追加タイムにも失点し、0-3で完敗。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が絶望的な状況となった。 2018.04.22 01:52 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場も最下位ケルン、逆転負けで残留絶望的に《ブンデスリーガ》

▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節マインツとの残留争いを1-1で引き分け、6ポイント差を縮められず最下位に戻ったケルン(勝ち点21)は、マインツ戦を見せ場なく途中交代した大迫が先発となった。 ▽10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点36)に対し、大迫が[4-1-4-1]の右インサイドMFで先発したケルンは、自陣に引いてヘルタにポゼッションを譲っていく。そんな中12分、大迫がヘディングシュートでオンターゲットを記録するも、22分にS・ツォラーが負傷し、コルドバが投入される。 ▽25分にはイビセビッチにGKホルンとの一対一の局面を作られるも、凌いだケルンは29分に先制する。ホルンのゴールキックをコルドバが頭で後方に逸らし、ボックス中央に侵入したビッテンコートがGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけても自陣に引いてヘルタの攻撃を受け止めたケルンは、42分に追加点のチャンス。ショートカウンターに転じてビッテンコートがボックス左ゴールライン際からクロス。これを大迫が合わせにかかるも、その前でDFにカットされてしまった。 ▽ケルンが1点をリードして迎えた後半、開始4分に試合を振り出しに戻される。CKの流れからゼルケにシュートを叩き込まれた。 ▽さらに53分、プラッテンハールトのミドルシュートをゴール前のゼルケに合わせられ、一気に逆転されてしまった。 ▽あっさりリードを許して以降、コルドバにボールを当てて打開を図ったケルンだったが、全くチャンスを作れず試合は終盤へ。そんな中87分にコルドバが相手DFからボールを奪ってショートカウンター。チップキックシュートを放ったが、GKにセーブされ、1-2のまま敗戦。最下位を脱出できず、残留が絶望的となっている。 2018.04.15 02:44 Sun
twitterfacebook
thumb

監督交代のHSV、酒井高&伊藤先発も逆転負けで14試合勝利なし《ブンデスリーガ》

▽ハンブルガーSVは17日、ブンデスリーガ第27節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、1-2で逆転負けした。HSVのDF酒井高徳はフル出場し、FW伊藤達哉は71分までプレーしている。 ▽前節バイエルン戦を0-6と惨敗し、13試合勝利のない泥沼の17位HSV(勝ち点17)は、7戦指揮を執って未勝利に終わったホラーバッハ監督を解任。ティッツ新監督の下、代表招集外となった酒井高は[4-5-1]の右サイドバックで先発となり、ここ5試合ベンチ外となっていた伊藤も左サイドで先発となった。 ▽11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点32)に対し、HSVは左サイドの伊藤を起点に打開を図るも、18分にピンチ。ボックス右からダリダに決定的なシュートを許したが、GKポラースベックがファインセーブで凌いだ。 ▽ピンチを脱したHSVは伊藤とコスティッチのポジションを入れ替え、伊藤は右サイドに回った。すると25分、ホルトビーのスルーパスを受けたドウグラスがボックス左へ侵入。確実にGKとの一対一を制してHSVが先制した。 ▽続く28分にもFKのルーズボールをホルトビーがボレーでゴールに迫ったHSVは、35分にはFKの流れからファン・ドロンゲレンがヘディングシュートでオンターゲットを記録。 ▽39分に迎えたピンチでは、イビセビッチのボレーシュートを再びGKポラースベックがファインセーブで凌ぎ、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽後半、ヘルタの攻勢を許したHSVは56分に同点とされる。プラッテンハールトの左クロスをラザロにボレーで合わせられた。さらに63分、酒井高がカルーに付き切れず失点し、逆転されてしまう。 ▽まずい試合運びとなったHSVはホルトビーに代えてウッドを投入。そして70分にはファン・ドロンゲレンのボールロストからイビセビッチに決定的なシュートを許すも、ここもGKポラースベックが好守で凌ぎ、1点差を保った。 ▽しかし、終盤にかけては全くチャンスを生み出せずに1-2のまま敗戦。監督交代も効果なく14試合勝利から見放されている。 2018.03.18 01:28 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンの連勝が10でストップ、レヴァンドフスキのホーム戦連続ゴール記録も11試合でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは24日、ブンデスリーガ第24節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、0-0で引き分けた。 ▽前節ヴォルフスブルク戦を終了間際のPK弾で競り勝って10連勝とした首位バイエルン(勝ち点59)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のベシクタシュ戦をミュラーとレヴァンドフスキのドッペルパックなどで5-0と圧勝し、2ndレグを前にベスト8進出を確実なものとした。そのベシクタシュ戦のスタメンから5選手を変更。ロッベンやリベリ、チアゴらが先発となった。 ▽前節5試合ぶりに敗戦した11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点30)に対し、立ち上がりからハーフコートゲームを展開したバイエルンは、13分にチアゴがミドルシュートで牽制。そして18分には決定機。ミュラーのダイレクトスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがシュート。しかし、戻ったDFのブロックに阻まれた。 ▽直後、ダリダのミドルシュートでゴールを脅かされたバイエルンだったが、引き続きハーフコートゲームを展開し、ロッベンとリベリの両翼を起点に打開を図っていく。すると36分、ロッベンのラストパスからボックス内のリベリがシュートに持ち込んだが枠の上に外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、バイエルンは56分に先制のチャンス。リベリのパスをボックス内で受けたレヴァンドフスキがDFを外してシュート。しかし、GKヤルシュテインのセーブに阻まれた。 ▽なかなか膠着状態を打破できないバイエルンはリベリに代えてコマンを、ミュラーに代えてワグナーを投入し、流れを変えにかかる。 ▽しかし、終盤にかけても人海戦術で守るヘルタ守備陣を攻略するには至らず、ゴールレスのまま終了。バイエルンの連勝が10でストップし、レヴァンドフスキのホーム戦連続ゴール記録も11試合でストップして新記録樹立とはならなかった。 2018.02.25 01:31 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤途中出場のマインツ、クアイソンのドッペルパックでヘルタに快勝! 連敗を3で止める《ブンデスリーガ》

▽マインツは16日、ブンデスリーガ第23節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦し、2-0で快勝した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を2-4で敗戦し、3連敗となった16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が7試合ぶりにスタメンを外れ、ベンチスタートとなった。 ▽前節レバークーゼン戦を2-0で勝利して5戦ぶりの白星を飾った11位ヘルタ(勝ち点30)に対し、押し込まれる入りとなったマインツだったが、14分に最初の決定機を迎える。ベルのロングフィードを受けたベルグレーンがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKヤルシュテインの好守に防がれた。 ▽16分に負傷したイビセビッチがプレー続行不可能となってゼルケを投入したヘルタに対し、マインツは22分にも決定機。ロングボールに抜け出したボックス内のクアイソンがヘディング。ループ気味に放ったシュートだったが、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。 ▽29分には左CKからベルが際どいヘディングシュートを浴びせたマインツは、40分に先制する。バイタルエリアでボールを受けたクアイソンが仕掛けてボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に決まり、前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらヘルタの攻撃を跳ね返すマインツは、59分にラツァのミドルシュートで牽制。主導権を渡さずにいると65分、ガバミンのロングフィードに抜け出したクアイソンがボックス左に侵入。GKとの一対一を制し、リードを2点に広げた。 ▽勝勢となったマインツは68分、クアイソンに代えて武藤を投入。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したホルトマンがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一を決めきれなかった。それでも、2点のリードで余裕を持った試合終盤を過ごしたマインツが快勝。連敗を3で止め、暫定ながら残留圏内の15位ブレーメンに勝ち点で並んでいる。 2018.02.17 06:30 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース