ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘルタ指揮官が原口元気を批判…気負う理由を「過剰なモチベーション」と分析

ヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督はケルン戦の敗戦後、原口元気のパフォーマンスの低さを指摘し、名前を挙げて改善を求めている。ドイツ紙『BZ』が報じた。<br><br>ヘルタは18日、ブンデスリーガ第25節でケルンと対戦。原口は先発出場したが、ケルンFW大迫勇也の先制点などもあり、2-4で敗れている。試合後、自身のミスの多さが失点に繋がったと反省した原口であったが、ダルダイ監督も指摘した。<br><br>「ゲンキはほとんど何もできていなかった。一方で3つの失点に絡んでしまっていたんだ。ミスが多くなっていけば、ドミノのようにどんどんミスが増えていってしまう」<br><br>また、指揮官は原口が気負っている理由は「過剰なモチベーション」にあると分析。その理由もすでに明らかになっているという。<br><br>「(ライバルである)ミッチェル・ヴァイザーの復帰だろうね。それにより、彼は全員に力を証明してやろうと躍起になっている」<br><br>24試合に出場しながら、1ゴールにとどまる原口。一部ではゴールに絡む能力の低さこそ契約延長が進んでいない理由の一つとも考えられている。原口はこういった点を改善していけるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

原口元気、「ものすごい切り替えにくい」と語る敗戦…失点に絡み「信じられないミス」

ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表MF原口元気が、ケルン戦の敗北に悔しさをにじませている。ブンデスリーガ公式サイトが伝えた。<br><br>ヘルタは18日、ブンデスリーガ第25節で大迫勇也の所属するケルンと対戦。不調に陥っているケルンの本拠地に乗り込んだ一戦であったが、大迫の1ゴール1アシストの活躍もあり、2-4で敗れている。原口は自身のミスが敗戦につながったと考えているようだ。<br><br>「(大迫の)先制点どうこうではなくて4点目。あれは完全に僕のせいです。僕のミスなんで。3ー1のままいっていたら多分、僕らは追いつけたと思う。信じられないミスですね」<br><br>この日は原口の日ではなく、失点に絡んでしまっただけでなく、攻撃面でも存在感を示せなかった。原口は「感覚も良くなかったですし、すべてフィットしていなかったですね」と振り返る。<br><br>代表戦に向けて切り替えていくしかないですね、と記者から声をかけられたが、原口は「ものすごい切り替えにくい」と話し、以下のように続けた。<br><br>「この悔しさはヘルタでしか返せないので。代表でやったとしても何も変わらないし、この悔しさは取っておいて、また切り替えていきたいと思います」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 08:07 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫が豪快ミドル弾&アシストの活躍! 原口2失点関与のヘルタを下して6戦ぶり勝利《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第25節のケルンvsヘルタ・ベルリンが18日に行われ、4-2でケルンが勝利した、ケルンのFW大迫勇也はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は73分に交代している。 ▽前節インゴルシュタット戦を2-2で引き分け、リーグ戦5試合勝利から見放されている7位ケルン(勝ち点34)は、PKを獲得した大迫が引き続き[4-4-2]の2トップの一角で先発となった。 ▽一方、前節ドルトムント戦を2-1と競り勝った5位ヘルタ(勝ち点40)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めた。そんな中、献身的な守備を続けている原口は[4-2-3-1]の右MFで引き続き先発となった。 ▽日本代表対決となった一戦は5分、大迫のパスを受けたモデストが決定的なシュートを浴びせたケルンが、6分に大迫の豪快なゴールで先制する。バイタルエリア左でパスを受けた大迫は思い切りよく右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール右上を捉えると、GKヤルシュテインの手を弾いてゴールに吸い込まれた。 ▽大迫の今季6ゴール目で先制したケルンは、自陣に引いてヘルタにボールを持たせ、カウンターを狙っていく。 ▽一方、原口がこれまでよりも中寄りにポジションを取ってゴール前での仕事をこなすヘルタは、30分にカルーが負傷してヴァイザーとの交代を強いられる。そんな中32分、プラッテンハールトの左クロスにイビセビッチがダイビングヘッドで合わせる決定機を迎えるも、GKホルンの正面を突いてしまう。 ▽すると35分、ボックス左でパスを受けた大迫の右足クロスをボックス中央のモデストが左足ボレーでゴールへ流し込み、ケルンが追加点を奪った。さらに2分後、原口のボールロストを誘ったケルンはレーマンのロングフィードを受けたモデストが抜け出してGKとの一対一を制し、3-0とした。 ▽迎えた後半、3点を追うヘルタはシェルブレに代えてアラギを投入し、攻撃的な布陣に変更する。すると49分、FKのフィードに反応したボックス中央のシュタルクがGKホルンに頭をパンチングされてPKを獲得。これをイビセビッチが決めて1点を返した。 ▽それでも63分、原口の横パスをカットした流れからケルンがダメを押す。ヘーガーのロングフィードを受けたモデストがボックス右へ侵入。GKとの一対一を制して4-1とリードを広げた。 ▽モデストの今季2度目のハットトリックで再びリードを3点に広げたケルンは、69分に右CKからブルックスのヘディングシュートで1点を返されるも、ソーレンセンを投入して守備を固め、4-1のまま勝利。リーグ戦6試合ぶりの勝利を飾っている。 2017.03.19 01:23 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第25節プレビュー】大迫vs原口、長谷部vs酒井高の日本代表対決

▽前節はバイエルンが長谷部のフランクフルトに完勝した一方、2位ライプツィヒが敗れて両軍の勝ち点差が10に広がり、優勝争いはほぼ決着した。また、香川と原口の代表対決は香川がアシストを記録したものの、ヘルタ・ベルリンが上位対決を制している。迎える第25節は代表ウィークを前にケルンvsヘルタ・ベルリンとフランクフルトvsハンブルガーSVの日本代表対決が行われる。 ▽前節インゴルシュタット戦でPKを獲得したケルンの大迫。しかし、チームは2-2の引き分けに終わり、リーグ戦5試合勝利から見放されている。不調のチームに白星をもたらすべく、堅守ヘルタから今季6ゴール目を目指す。 ▽対する原口はドルトムント戦でも献身的な守備を見せ、勝利に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めている。ヘルタ同様、堅守が持ち味のチーム相手にそろそろ攻撃面での活躍も期待したいところだ。 ▽バイエルン戦では5バックの中央でプレーしたものの、3失点完敗となったフランクフルトの長谷部。ウッドやコスティッチら走力に長けた選手を擁するHSV攻撃陣だが、長谷部は彼らを封じ込め、リーグ戦6試合ぶりの勝利をもたらせるか。 ▽前節ボルシアMG戦ではボランチで先発し、2-1の勝利に貢献したHSVの酒井高は、2連勝として残留圏内のブレーメンを捉えることに成功した。この勢いのまま、不調に陥るフランクフルトを下して残留圏内に浮上となるか。酒井高のバランス感覚が求められる。 ▽ライプツィヒの失速で優勝争いをほぼ決着させたバイエルンは、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。木曜日にシャルケとのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグに臨み、2点を先行しながらもアウェイゴール2つを許してまさかの敗退となったボルシアMGとのコンディションの差を生かして首位固めとなるか。 ▽ヘルタ・ベルリン戦を落としたものの、火曜日に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝した3位ドルトムント(勝ち点43)は、金曜日に17位インゴルシュタット(勝ち点19)とのホーム戦を戦う。ヘルタ戦に続き、ロッテ戦でもゴールに絡むプレーを見せた香川は引き続きスタメン予想だが、代表合流前に結果を残せるか。 ▽その他、前節先発落ちしたマインツの武藤は、内田の欠場が続くシャルケとのホーム戦を、ここ3試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美は、フライブルクとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第25節 ▽3/17(金) 《28:30》 ドルトムント vs インゴルシュタット ▽3/18(土) 《23:30》 ホッフェンハイム vs レバークーゼン ブレーメン vs ライプツィヒ アウグスブルク vs フライブルク ヴォルフスブルク vs ダルムシュタット ケルン vs ヘルタ・ベルリン 《26:30》 フランクフルト vs ハンブルガーSV ▽3/19(日) 《23:30》 マインツ vs シャルケ 《25:30》 ボルシアMG vs バイエルン 2017.03.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ指揮官がアウェイでの戦績改善に向け戦術変更を示唆…原口元気にも影響か

原口元気が所属するヘルタ・ベルリンは18日、ブンデスリーガ第25節で大迫勇也擁するケルンとアウェーで対戦する。パル・ダルダイ監督は試合前の記者会見で戦術変更の意向を明らかにした。<br><br>「少しいつもと戦い方を変えようと思う。機能するかどうかは当日のお楽しみだ。アウェーでの成績は良くない。どこかのタイミングで変更を加えなければならないと考えていた」<br><br>ヘルタは第24節を終えた時点で5位に位置し、チャンピオンズリーグの出場権獲得も視野に入っている。上位進出の原動力となっているのはホームで勝ち点を積み重ねているからだ。12戦で10勝1分け1敗と、ホームに限ればバイエルンより多く勝ち点を集めている。しかし一方、アウェーでは12試合を戦ってわずか2勝と苦戦している。現在は昨年12月のライプツィヒ戦以来、5連敗中だ。<br><br>原口元気について具体的なコメントは出ていないが、ポジション変更などの影響が考えられる。ヘルタは苦手とするアウェー戦で久々の勝ち点を獲得できるだろうか。<br>提供:goal.com 2017.03.17 16:35 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース