ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

スランプが続く原口元気、ヘルタ幹部は決断を要求「調子が良いゲンキが必要」

ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気はここ数カ月スランプに陥っている。パル・ダルダイ監督はドイツ誌『キッカー』で、問題解決に向けて同選手と「じっくり話すつもり」であることを明かした。<br><br>原口は2016-17シーズン序盤、好パフォーマンスを披露し続け、チームに欠かせない主力選手となっていた。だが昨秋以降は好調を維持できず、ダルダイ監督も同選手が「過剰なモチベーション」を理由に、気負いすぎていることを何度か口にしてきた。原口がその課題を解決できていない状況に、ヘルタの責任者たちも頭を抱えているようだ。<br><br>「調子が良いゲンキが必要」と語るハンガリー人指揮官は『キッカー』に対して「ゲンキと近々にじっくり話すつもりだ。コーヒーとケーキ、そして通訳を用意する」とミーティングを予定していることを明かした。「オープンかつ誠実な対話を求めている。彼の頭の中で何が起こっているのか知りたいんだ。彼がまだ多くのことを理解できていないような気がするのでね」と話している。<br><br>ヘルタと2018年までの契約を結んでいる原口だが、昨秋から続く契約延長交渉は難航中だ。同選手は代理人をヒール・デッカー氏から3年前に浦和レッズからの移籍を担当したトーマス・クロート氏に戻したが、それでも進展が見られない。ミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は「ゲンキは自由になれていない。原因は交渉だね」とコメントし、本人はプレーに集中できていないことを指摘した。<br><br>プレーツSDはまた「彼はこのクラブに早々に馴染み、この3年間の間、常に我々の助けとなる時期を迎えてきた。そういったフォームを取り戻してほしい」とも言及。新契約について「このテーマを早く片づけなければならない。我々は(彼側の)決断を必要としている」と原口サイドの決断を求めた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:18 Thu
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場マインツが原口先発ヘルタに辛勝で7試合ぶり白星《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節マインツvsヘルタ・ベルリンが15日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ヘルタのMF原口元気は60分までプレーしている。 ▽武藤が[4-4-2]の2トップの一角で、原口が[4-2-3-1]の右MFで先発となった一戦。マインツが押し込む流れで試合が進むと、26分にラツァのミドルシュートでGKを強襲。続く30分には左CKからベルの放ったヘディングシュートがバーの上を越えていった。 ▽それでも追加タイム1分、ラツァのミドルシュートがブルックスの頭に当たってコースが変わり、マインツが先制した。 ▽後半もマインツペースで試合が進む中、ヘルタは60分に見せ場を作れていなかった原口をベンチに下げる。すると62分、マインツは武藤が仕掛けてルーズとなったボールに反応したボックス右のハイロが際どいシュートを浴びせた。 ▽結局、ヘルタは75分のエスヴァインのミドルシュート以外にチャンスを作れずに0-1のまま敗戦。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位ドルトムントとは10ポイント差を付けられてしまった。 ▽一方、勝利したマインツは7試合ぶりの白星を飾り、残留圏内ぎりぎりの15位をキープしている。 2017.04.16 03:28 Sun
twitterfacebook
thumb

シュトッカーの1G1Aでヘルタが連敗を3でストップ、原口は出場せず、宇佐美は80分から出場《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第28節ヘルタ・ベルリンvsアウグスブルクが9日に行われ、2-0でヘルタが勝利している。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りも出場機会はなかった。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は80分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦で出場停止のイビセビッチの代わりに1トップとしてプレーしたもののインパクトを残せなかったヘルタの原口は、3試合ぶりにベンチスタートとなった。一方、ここ5試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美もベンチスタートとなった。 ▽3連敗中の6位ヘルタ(勝ち点40)と、残留プレーオフに回らなければならない16位アウグスブルク(勝ち点29)の一戦。立ち上がりから仕掛けたヘルタは12分に先制する。左CKの流れからシュトッカーの放ったシュートをゴール前のブルックスが頭でコースを変えてネットを揺らした。 ▽その後も主導権を握ったヘルタは37分、イビセビッチのスルーパスに抜け出したボックス左のカルーがGKと一対一に。カルーは冷静に並走していたシュトッカーへパスを送り、シュトッカーが無人のゴールへ流し込んで追加点を奪った。 ▽前半、アウグスブルクに1本もシュートを打たせなかったヘルタは、後半も主導権を渡さない。 ▽成す術のないアウグスブルクは終盤の80分に宇佐美を投入。6試合ぶりの出場となった宇佐美は左MFに投入されたものの、ボールに触る機会が限られて0-2のままチームは敗戦。一方、勝利したヘルタは連敗を3で止めている。 2017.04.10 00:32 Mon
twitterfacebook
thumb

原口がワントップで出場も、ヘルタはボルシアMGに敗れて今季最長の3連敗…《ブンデスリーガ》

▽5日にブンデスリーガ第27節のボルシアMGvsヘルタ・ベルリンが行われ、1-0でボルシアMGが勝利している。日本代表FW原口元気はワントップの位置で66分までプレーしている。 ▽リーグ戦で2連敗中のヘルタが、アウェイでボルシアMGと対戦した。前日会見でダルダイ監督が明言していた通りに、出場停止のイビセビッチに代わって原口がワントップの位置で起用され、2試合ぶりの先発出場となった。 ▽試合は16分に、ベーネスのミドルシュートが決まってボルシアMGが先制する。追いかける展開となったヘルタだが、効果的な攻撃を見せられず、66分には印象的なプレーを見せられなかった原口を下げてアラギが送り出された。しかしその後も、ネットを揺らすことはできずに試合は終了。ヘルタは今季最長となる3連敗を喫した。 2017.04.06 09:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘルタ監督、原口元気のセンターFW起用を明言…「ゴールへの意欲を示してもらいたい」

ヘルタ・ベルリンは5日に行われるブンデスリーガ第27節でボルシアMGと対戦する。ヘルタのパル・ダルダイ監督はこの試合で日本代表FW原口元気をサイドではなく最前線に置くことを明言した。<br><br>ヘルタは前節ホッフェンハイムとのホームマッチを1-3で落としている。この一戦ではチームの主将も務めるエースストライカーFWベダド・イビセビッチが5枚目の警告を提示され、ボルシアMGとのアウェイマッチは出場停止となった。<br><br>イビセビッチが空ける穴を、原口が埋めることになるようだ。ダルダイ監督はホッフェンハイム戦でリーグ戦8試合ぶりに途中出場となった原口をワントップに据えることを明言。会見で、「ゲンキをセンターフォワードでプレーさせようと考えている。彼はそれに必要なスピードと経験を持ち合わせているからね。そこでプレーしたこともあるし、カウンター攻撃から先制点を奪えると期待しているんだ」と明言した。<br><br>原口は今シーズンまだ1ゴールと、決定力を発揮できていない。そのことについて取材陣に問われると、ハンガリー人指揮官は「選手たちは全員、前を向いてポジティブでいることを求めている。ゲンキはものすごく調子の良い時期があったが、ミッチ(ミチェル・ヴァイザー)がチームに戻ってきたころで慌ただしいプレーが増えたように見えた。全部1人でやろうという感じでね」と振り返り、次のように続けた。<br><br>「ただ、彼は水曜日にプレーすることを知っている。それが彼に力を与えれば、と考えている。彼はアタックすることを好んでいるし、ゴールを決める意欲を持っている。それを今回、彼に示してもらいたい」<br><br>「もちろん周りからのサポートが必要だ。ベダドにとって(最前線で)1人で戦い、ボールをキープし、タメをつくるのがどれほど大変なのか、我々みんなが分かっている。チーム全体が守備に回るように、前方にみんなで押し上げていかなければいけない。それでやっとすべてが機能する」<br><br>浦和レッズでは最前線での起用は少なくなかった原口だが、『transfermarkt』のデータベースによると、ヘルタに加わってからのFWでのスタメン出場は2015~16シーズンの第3節ドルトムント戦(1-3)、第10節インゴルシュタット戦(1-0)の2試合のみ。そのどちらも無得点で終えたが、今回のボルシアMG戦では数字に表れる結果を残したいところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.04 07:20 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース