ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

武藤途中出場のマインツ、クアイソンのドッペルパックでヘルタに快勝! 連敗を3で止める《ブンデスリーガ》

▽マインツは16日、ブンデスリーガ第23節でヘルタ・ベルリンとアウェイで対戦し、2-0で快勝した。マインツのFW武藤嘉紀は68分から出場している。 ▽前節ホッフェンハイム戦を2-4で敗戦し、3連敗となった16位マインツ(勝ち点20)は、武藤が7試合ぶりにスタメンを外れ、ベンチスタートとなった。 ▽前節レバークーゼン戦を2-0で勝利して5戦ぶりの白星を飾った11位ヘルタ(勝ち点30)に対し、押し込まれる入りとなったマインツだったが、14分に最初の決定機を迎える。ベルのロングフィードを受けたベルグレーンがボックス左に侵入してシュート。しかし、GKヤルシュテインの好守に防がれた。 ▽16分に負傷したイビセビッチがプレー続行不可能となってゼルケを投入したヘルタに対し、マインツは22分にも決定機。ロングボールに抜け出したボックス内のクアイソンがヘディング。ループ気味に放ったシュートだったが、ここもGKヤルシュテインに阻まれた。 ▽29分には左CKからベルが際どいヘディングシュートを浴びせたマインツは、40分に先制する。バイタルエリアでボールを受けたクアイソンが仕掛けてボックス手前からミドルシュート。これがゴール左に決まり、前半を1点リードして終えた。 ▽迎えた後半も自陣に引きながらヘルタの攻撃を跳ね返すマインツは、59分にラツァのミドルシュートで牽制。主導権を渡さずにいると65分、ガバミンのロングフィードに抜け出したクアイソンがボックス左に侵入。GKとの一対一を制し、リードを2点に広げた。 ▽勝勢となったマインツは68分、クアイソンに代えて武藤を投入。すると74分、武藤のスルーパスに抜け出したホルトマンがボックス内に侵入。しかし、GKとの一対一を決めきれなかった。それでも、2点のリードで余裕を持った試合終盤を過ごしたマインツが快勝。連敗を3で止め、暫定ながら残留圏内の15位ブレーメンに勝ち点で並んでいる。 2018.02.17 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

FW原口元気とFW宇佐美貴史がチームメイトに! デュッセルドルフへレンタル移籍…背番号は「25」

▽ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフは23日、ヘルタ・ベルリンの日本代表MF原口元気(26)がレンタル移籍で加入することを発表した。契約期間は2018年6月30日までとなる。なお、背番号は「25」に決定した。 ▽原口は、浦和のユース出身で、2008年1月にトップチームへ昇格。レギュラーポジションを掴むと、2014年7月にヘルタ・ベルリンへと移籍していた。 ▽ヘルタ・ベルリンでは加入1年目からブンデスリーガで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録。2年目の2015-16シーズンはリーグ戦32試合に出場し2ゴール3アシスト、3年目の昨シーズンはリーグ戦31試合に出場し1ゴール2アシストを記録。今シーズン前にトランスファーリクエストをだしたことで、チームの構想外となると、ここまでリーグ戦で7試合の出場、ヨーロッパリーグで3試合の出場に終わっていた。 ▽デュッセルドルフには、アウグルブルクからからレンタル移籍で加入している元日本代表FW宇佐美貴史(25)、MF金城ジャスティン俊樹(20)が所属。宇佐美はブンデスリーガ2部で12試合に出場し2ゴールを記録しており、ピッチ上での共演も楽しみだ。 2018.01.23 21:21 Tue
twitterfacebook
thumb

去就決定間近? FW原口元気が「将来をハッキリするために」練習欠席…クラブ公式ツイッターが報告

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(26)の去就がいよいよ決定するかもしれない。 ▽今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、昨夏トランスファーリクエストをクラブに提出。しかし、移籍先が決定せずにチームに残るも、パル・ダルダイ監督の構想外となり、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。 ▽原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和も手を挙げているようだ。 ▽そんな中、ヘルタの公式ツイッターは23日の午前中にツイッター(@HerthaBSC)を更新。練習風景の写真と共に「原口元気(@Haragen24)は、彼の将来をハッキリするため」に練習を欠席していること報告している。 2018.01.23 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

R・シルバ移籍でヘルタFW原口元気が浦和復帰も? イングランド、ドイツのクラブも獲得に興味

▽今冬の移籍の可能性が報じられているヘルタ・ベルリンの日本代表FW原口元気(26)だが、ここに来て古巣の浦和レッズも獲得に動いているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽今シーズン終了後にヘルタ・ベルリンとの契約が満了を迎える原口は、昨夏トランスファーリクエストをクラブに提出。しかし、移籍先が決定せずにチームに残るも、パル・ダルダイ監督の構想外となり、今シーズンはブンデスリーガで7試合、ヨーロッパリーグで3試合の出場に留まっている。 ▽原口は、19日に行われたドルトムント戦でもメンバー外となっており、6月に行われるロシア・ワールドカップへ向けて出場機会を得るため、今冬の移籍の可能性が噂されている。原口には、イングランドの2クラブやブンデスリーガのクラブも興味を持っている中、浦和も手を挙げているようだ。 ▽浦和は、昨シーズン加入したブラジル人FWラファエル・シルバが中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部への移籍が決定的となっており、AFCチャンピオンズリーグやJリーグで活躍したストライカーを失うこととなる。ラファエル・シルバの移籍金は700万ユーロ(約9億4700万円)とになると言われている。 ▽原口は50万ユーロ(約6800万円)で2014年にヘルタ・ベルリンへと加入。今なお高い評価をしている古巣に移籍する可能性もあるが、どのような決断を下すだろうか。 2018.01.20 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、香川同点弾も原口ベンチ外のヘルタにドローで2戦連続引き分け《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第19節、ヘルタ・ベルリンvsドルトムントが19日に行われ、1-1で引き分けた。ヘルタのMF原口元気はベンチ入りせず、ドルトムントのMF香川真司はフル出場している。 ▽ドルトムント(勝ち点29)は新年初戦となった前節ヴォルフスブルク戦を決め手を欠いてゴールレスドローに終わり、4位に後退した。そのドルトムントはアーセナルへの移籍が噂されるオーバメヤンが規律違反を犯した前節に続いて欠場となり、代役にはシュールレが入った。そして、リーグ戦5試合連続スタメンとなった香川は[4-3-3]の右インサイドで起用された。 ▽原口が引き続きベンチ外となった11位ヘルタ・ベルリン(勝ち点24)に対し、ドルトムントがポゼッションしていくと、14分にプリシッチの右クロスを香川がヘディングシュート。しかし、ミートしきれずシュートは枠を捉えなかった。 ▽自陣に引いて集中した守備を続けるヘルタはセットプレーに活路を見いだす。まずは30分、左サイド高い位置で得たFKをラザロが直接狙うも、わずかに枠の左に外れる。続く33分には左CKからシュタルクが可能性のあるヘディングシュートを浴びせた。 ▽ハーフタイムにかけてもドルトムントがボールを持ったものの、ヘルタの守備網を攻略するには至らず、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半開始1分、ヘルタが先制する。右サイドを味方とのワンツーで打開したラザロのクロスをファーサイドのゼルケが左足で押し込んだ。 ▽出鼻を挫かれたドルトムントはヘルタを押し込む流れとすると、56分にボックス右からプリシッチがオンターゲットのシュートを浴びせる。しかし、GKクラフトにセーブされた。さらに59分、左サイドのトルヤンのクロスを香川がボレーで合わせるも、ミートしきれない。 ▽すると62分、カルーのラストパスに反応したヴァイザーがネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれ、ヘルタは追加点を奪えない。 ▽助かったドルトムントはゲッツェに代えてイサクを投入。すると71分、ボックス左深くで粘ったサンチョの丁寧なクロスをゴール前の香川がヘディングで押し込み、ドルトムントが同点とした。 ▽香川のリーグ戦4ゴール目で試合を振り出しに戻したドルトムントが終盤にかけても攻勢に出ると85分、トルヤンのボレーシュートが枠を捉えたが、GKクラフトの好守に阻まれ1-1で試合終了。香川が同点弾を決めたものの、オーバメヤンを欠いた影響が響き、2戦連続ドローに終わっている。 2018.01.20 06:32 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース