超ワールドサッカー

ヘルタがコードジボワール代表FWカルーと新契約を締結2017.03.16 00:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘルタ・ベルリンは15日、コートジボワール代表FWサロモン・カルー(31) と新契約を締結したことを発表した。契約期間などは明かされていない。

▽2003年にフェイエノールトでプロデビューを果たしたカルーは、2004-05シーズンにヨハン・クライフ賞(オランダ年間若手最優秀選手賞)を受賞。その後、チェルシーやリールでも活躍したカルーは2014年にヘルタ・ベルリンへ完全移籍。

▽加入初年度から主力として活躍するカルーは、これまで3シーズンで公式戦81試合に出場し29ゴールをマーク。今季もここまでブンデスリーガで16試合に出場し6ゴールを記録するなど主力として活躍していた。

▽契約延長を終えたカルーは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「ヘルタ・ベルリンはとても居心地が良いし、ここで達成したことがまだたくさんある。僕はこれからも全力を尽くしチームの成長を助けていきたいと思っているよ」

コメント

関連ニュース

thumb

ヘルタ・ベルリン、マルセイユのオランダ代表DFレキクを獲得

▽ヘルタ・ベルリンは16日、マルセイユに所属するオランダ代表DFカリム・レキク(22)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は長期とだけ発表されたが、ドイツ『キッカー』によれば2021年6月30日までとのことだ。また、移籍金に関してはフランス『レキップ』が伝えるところによれば、200万ユーロ(約2億5000万円)とボーナス、今後移籍する際の移籍金の数パーセントを譲渡する条件でマルセイユと合意したようだ。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のレキクだが、トップチーム定着はならず。以降、母国のPSVなどへのレンタル移籍を繰り返し、2015年にマルセイユへ完全移籍で加入した。加入初年度はリーグ戦24試合に出場するなど、主力として活躍したものの、今季途中に就任したルディ・ガルシア監督の下では思うように出場機会を得られず、今季はリーグ戦10試合の出場にとどまっていた。 2017.06.17 00:42 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘルタ・ベルリン、マルセイユからオランダ代表DFレキク獲得へ! 現地でメディカル受診

▽ヘルタ・ベルリンは16日、マルセイユに所属するオランダ代表DFカリム・レキク(22)が完全移籍での加入に向けてメディカルチェックを受診していると発表した。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のレキクだが、トップチーム定着はならず。以降、母国のPSVなどへのレンタル移籍を繰り返し、2015年にマルセイユへ完全移籍で加入した。加入初年度はリーグ戦24試合に出場するなど、主力として活躍したものの、今季途中に就任したルディ・ガルシア監督の下では思うように出場機会を得られず、今季はリーグ戦10試合の出場にとどまっていた。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、ヘルタは200万ユーロ(約2億5000万円)の移籍金とボーナス、今後移籍する際の移籍金の数パーセントを譲渡する条件でマルセイユと合意したようだ。 2017.06.16 20:29 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘルタ原口元気の移籍秒読みか、ドイツ地元メディア報道

▽ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気(26)のイングランド上陸が現実味を帯びつつあるようだ。ドイツの地元メディア『Berliner Kurier』が8日、「サヨナラ、ゲンキ!」との見出しで、元浦和レッズアタッカーのプレミアリーグ挑戦を報じた。 ▽伝えられるところによれば、原口のブライトン&ホーヴ・アルビオン移籍が数日中に決定する見込みとのこと。あとは、移籍金300万ユーロ(約3億7000万円)で獲得を狙うブライトン側と、500万ユーロ(約6億2000万円)での売却を目指すヘルタ側との交渉を残すのみだという。 ▽2014年夏に浦和からヘルタに移籍した原口は今シーズン、ブンデスリーガ31試合1ゴールを記録。在籍3年間で公式戦通算6ゴールと得点数こそ物足りなさを残すものの、ドイツで培ったハードワークを武器に95試合の出場をマークしていた。 2017.06.09 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

FW原口元気、明日のシリア戦に向けて「安心してイラク戦を観てもらえるような試合をしなくてはいけない」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦との国際親善試合に向け、試合当日の会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。 ▽練習終了後、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。明日のシリア戦をイラク戦に向けてのリハーサルのような試合と位置づけるも、「安心してイラク戦を観てもらえるような試合をしなくてはいけない」と内容にもこだわることを主張した。 <span style="font-weight:700;">◆FW原口元気</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──イラク戦はアウェイで守備的になることも考えられるが</span> 「ずっとやっている速い攻撃に移る時にドリブルで持っていくのも良いが、長いボールを入れてもらって前線でのコンビネーションやワンタッチで入れるとかそういうことはやっていかなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦では早い時間に先制したものの、その時に試合を落ち着かせても良かったのではないかという選手の声もあったが</span> 「そんなパーフェクトにできる試合は少ない。ただ、パーフェクトを目指さないとワールドカップでは勝てない。ゲーム運びというのは、それぞれが思っていることを試合中に話さなくてはいけない。うまくいかない時間帯を早く切り上げるようにやっていかなくてはいけない」 <span style="font-weight:700;">──そういう意味では明日のシリア戦はうまくいかなくても、イラク戦につながれば良いか</span> 「攻撃も守備もイラク戦が一番大事。そのためのリハーサルのような試合。良い確認ができれば良いと思う」 <span style="font-weight:700;">──ホームでファンに安心感を与えてアウェイの地へ行くことも考えているか</span> 「もちろん、たくさんのサポーターが観に来てくれる。安心してイラク戦を観てもらえるような試合をしなくてはいけない。日本代表のユニフォームを着てる以上は、常に100%を出していきたい」 <span style="font-weight:700;">──イラク戦ではピッチ環境が悪いことが想定されているが</span> 「明日はピッチが良いので(笑) 明日は明日で良いサッカーを目指したら良いと思う。グラウンドまでは想定できないので、もしかしたらイラク戦は、ピッチが悪ければロングボールやダイレクトが多くなるかもしれない。それはそれで、ピッチを見てから考えれば良いと思う」 2017.06.06 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘルタがライプツィヒFWゼルケを完全移籍で獲得

▽ヘルタ・ベルリンは1日、ライプツィヒのドイツ人FWダビー・ゼルケ(22)を完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は明かされず長期契約と発表されている。移籍金はドイツ『キッカー』によれば800万ユーロ(約10億円)で、ゼルケの活躍次第で1000万ユーロ(約12億5000万円)まで増額するとのことだ。 ▽ブレーメンでトップチームデビューを飾ったストライカーのゼルケは、2014-15シーズンに9ゴールを挙げてブレイク。その後、2015年夏にライプツィヒに移籍金800万ユーロで加入し、2015-16シーズンは2部で10ゴールをマークして、クラブの1部初昇格に貢献していた。しかし、リオ五輪で銀メダル獲得に貢献して迎えた今季は控え扱いが続いて4ゴールを挙げるに留まり、古巣ブレーメンへの復帰が報じられていた。 ▽ゼルケの争奪戦を制したヘルタは来季に向けて既にインゴルシュタットからオーストラリア代表FWマテュー・レッキーを獲得し、攻撃陣のテコ入れを図っている。 2017.06.02 02:31 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース