超ワールドサッカー

【ブンデス第25節プレビュー】大迫vs原口、長谷部vs酒井高の日本代表対決2017.03.17 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はバイエルンが長谷部のフランクフルトに完勝した一方、2位ライプツィヒが敗れて両軍の勝ち点差が10に広がり、優勝争いはほぼ決着した。また、香川と原口の代表対決は香川がアシストを記録したものの、ヘルタ・ベルリンが上位対決を制している。迎える第25節は代表ウィークを前にケルンvsヘルタ・ベルリンとフランクフルトvsハンブルガーSVの日本代表対決が行われる。

▽前節インゴルシュタット戦でPKを獲得したケルンの大迫。しかし、チームは2-2の引き分けに終わり、リーグ戦5試合勝利から見放されている。不調のチームに白星をもたらすべく、堅守ヘルタから今季6ゴール目を目指す。

▽対する原口はドルトムント戦でも献身的な守備を見せ、勝利に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めている。ヘルタ同様、堅守が持ち味のチーム相手にそろそろ攻撃面での活躍も期待したいところだ。

▽バイエルン戦では5バックの中央でプレーしたものの、3失点完敗となったフランクフルトの長谷部。ウッドやコスティッチら走力に長けた選手を擁するHSV攻撃陣だが、長谷部は彼らを封じ込め、リーグ戦6試合ぶりの勝利をもたらせるか。

▽前節ボルシアMG戦ではボランチで先発し、2-1の勝利に貢献したHSVの酒井高は、2連勝として残留圏内のブレーメンを捉えることに成功した。この勢いのまま、不調に陥るフランクフルトを下して残留圏内に浮上となるか。酒井高のバランス感覚が求められる。

▽ライプツィヒの失速で優勝争いをほぼ決着させたバイエルンは、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。木曜日にシャルケとのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグに臨み、2点を先行しながらもアウェイゴール2つを許してまさかの敗退となったボルシアMGとのコンディションの差を生かして首位固めとなるか。

▽ヘルタ・ベルリン戦を落としたものの、火曜日に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝した3位ドルトムント(勝ち点43)は、金曜日に17位インゴルシュタット(勝ち点19)とのホーム戦を戦う。ヘルタ戦に続き、ロッテ戦でもゴールに絡むプレーを見せた香川は引き続きスタメン予想だが、代表合流前に結果を残せるか。

▽その他、前節先発落ちしたマインツの武藤は、内田の欠場が続くシャルケとのホーム戦を、ここ3試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美は、フライブルクとのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第25節
▽3/17(金)
《28:30》
ドルトムント vs インゴルシュタット

▽3/18(土)
《23:30》
ホッフェンハイム vs レバークーゼン
ブレーメン vs ライプツィヒ
アウグスブルク vs フライブルク
ヴォルフスブルク vs ダルムシュタット
ケルン vs ヘルタ・ベルリン
《26:30》
フランクフルト vs ハンブルガーSV

▽3/19(日)
《23:30》
マインツ vs シャルケ
《25:30》
ボルシアMG vs バイエルン

コメント

関連ニュース

thumb

ケルン大迫の新たな相棒は日系アメリカ人か…モデストの後釜に浮上

現在、ケルンに所属するフランス代表FWアントニー・モデストには、中国リーグの天津権健から巨額のオファーが届いており、移籍決定は秒読み段階に入っているとされる。<br><br>ケルンにとっても大迫勇也にとってもモデストが退団となると痛手になりそうだが、クラブは早くも代案として新FWのリストアップを進めているようだ。地元紙『エクスプレス』が報じたところによると、モデスト退団の場合の穴埋め役として最有力とされるのが、ハンブルガーSVに所属するアメリカ代表のボビー・ウッドだという。<br><br>ウッドは1992年にホノルルで生まれ、日本人の母親を持つ日系アメリカ人としても知られる。1860ミュンヘンの下部組織で育ち、トップチームでデビューした後はウニオン・ベルリンを経て、2016年夏にハンブルガーSVに加入。16-17シーズンは1部初挑戦ながらリーグ戦でチーム最多タイの5ゴールを記録し、チームの1部残留に貢献している。<br><br>また、ウッドは1860ミュンヘンに在籍経験(2014年)のある大迫にとって、当時の同僚でもある。モデスト退団に伴い、ケルンにウッドが加入となれば大迫にとっても朗報となりそうだが、今後の動向が注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 13:22 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫の相棒モデストを中国クラブが爆買いか…天津とクラブ間合意との報道も

今シーズン、ケルンでリーグ戦25ゴールを記録し、大迫勇也とともにケルン攻撃陣をけん引したフランス代表FWアントニー・モデストに、中国リーグ行きのうわさが急浮上している。<br><br>ケルンの地元紙『エクスプレス』が報じたところによると、モデストの売却を想定してクラブは天津権健とすでに接触しており、ケルンのスポーツディレクター、ヨルグ・シュマットケも交渉の席があったことを認めている。<br><br>また一部メディアによると、この移籍で発生する契約解除金や巨額の報酬は拒絶が難しいほどの好条件と見られ、すでにクラブ間で大筋合意に至っており、あとは詳細を詰めるのみという報道もある。天津権健はブンデスリーガ得点王のピエール=エメリク・オーバメヤン獲得に向けて破格のオファーを用意していたものの移籍は合意に至らず、そこで代案としてブンデス得点ランキング3位のモデストに白羽の矢を立てていた。<br><br>今後2週間以内に移籍騒動は収束するものと見られるが、果たしてフランス代表のモデストはロシア・ワールドカップ1年前のこのタイミングで中国リーグに新天地を求めるのか、その動向に注目が集まる。<br><br>なお、天津権健にはベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル、元ブラジル代表FWパトが所属。現在、中国リーグでは第13節終了時点で首位から勝ち点15差の6位に付けている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.19 16:58 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫勇也のイラク戦先制弾をドイツ紙が報道「日本に貴重な1ポイントをもたらした」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也のイラク戦での活躍をドイツ紙『エクスプレス』が伝えている。<br><br>ロシア・ワールドカップ ロシア(W杯)アジア最終予選で日本代表はイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。大迫は8分にコーナーキックからヘディングで合わせ、チームに貴重な先制点をもたらしている。<br><br>『エクスプレス』は「大迫が日本に貴重な1ポイントをもたらした」と銘打ち、記事を展開。大迫がサムライブルー唯一の得点を挙げたことに触れ、&ldquo;今シーズン&rdquo;のラストをゴールという最高の形で締めくくったことを伝えた。<br><br>また、「大迫はようやくバケーションを許される」とも記し、所属チームと日本代表で重要な役割を担うストライカーが長いシーズンを終えたことにも言及した。<br><br>提供:goal.com 2017.06.14 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルンエースの穴埋めは大迫勇也?地元紙が退団濃厚のモデストに代わる可能性を指摘

ケルンに所属するFW大迫勇也が来季センターフォワードとしてプレーする可能性はあるのだろうか。地元紙『エクスプレス』が特集記事で迫った。<br><br>大迫勇也は2016-17シーズン、公式戦32試合に出場し、9得点8アシストを記録。結果として残る数字以外にも、エースのFWアントニー・モデストの最適なパートナーとして、チームの攻撃において存在感を発揮。クラブにとって25年ぶりとなる欧州カップ戦出場権獲得に大きく貢献した。今季25ゴールを挙げたエースのモデストは、移籍濃厚とうわさされているが、地元紙では大迫にその穴埋めを期待しているようだ。<br><br>記事中ではペーター・シュテーガー監督の「彼はキャリアの中でずっとセンターフォワードとしてプレーしてきた。だが、ここではアンソニー・ウジャやモデストが隣にいたために、違う役割を担うことになっていた」というコメントを紹介し、大迫がセンターフォワードとしてプレーするのを好んでいることを監督も分かっており、能力も認めている。(大迫がセンターフォワードとしてプレーした場合、)チームの戦い方は変わるかもしれないが、大迫はよく走り、パスセンスに優れている。そのため、周りの選手も恩恵を受けることになるだろうと分析した。<br><br>大迫は来季ブンデスリーガやヨーロッパリーグの舞台でセンターフォワードとしてプレーすることになるのだろうか。注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.06.12 12:10 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島イズムを忘れないFW大迫勇也、親善試合でも「勝つことが大前提」《キリンチャレンジカップ2017》

▽日本代表は6日、翌7日に行われるシリア代表戦とのキリンチャレンジカップ2017に向け、試合会場となる東京スタジアムで最終調整を行った。 ▽練習終了後、FW大迫勇也(ケルン/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。親善試合ではあるものの「勝つことが大前提」と強い意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW大迫勇也</span>(ケルン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──明日は親善試合になるが、どういったことを試したいか</span> 「まずは勝つことが大前提です。個人的には点を取ること、ゴール前にどんどん顔を出すことをベースにしながらやっていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──明日は[4-3-3]をやるという話もあるが、UAE戦を踏まえて準備したり確認したいことは</span> 「やっぱり僕の場合はもっとゴール前に入る回数、受ける回数を増やさないといけないです。ゴール前に入ることで、チャンスを作る回数を増やす必要があると思います」 <span style="font-weight:700;">──インサイドハーフの選手との関係は</span> 「最近はずっとやって居ますから、良い関係です。もっと前の3人が脅威になりたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ゴール前に入るというのはハリルホジッチ監督から言われているのか</span> 「僕がケルンでずっと意識し続けたことがありますし、ゴール前での迫力というのが課題だと思っています。自然とやっても出るものではないので、意識しながら自然に出せるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──右サイドの久保裕也(ヘント/ベルギー)との連携は</span> 「縦に勢いがある選手なので、(原口)元気もそうですけど。僕が時間を作ることで、2人の良さも生まれると思います。(香川)真司さんなどが絡んで良い攻撃ができると思います」 <span style="font-weight:700;">──日本代表では大きな試合を経験できていると思うが</span> 「最終予選になれば全てが大一番なので、危機感もありますし緊張感の中に楽しさも今は味わえています。この気持ちを維持しながら試合に臨みたいです」 2017.06.06 21:00 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース