【ブンデス第25節プレビュー】大迫vs原口、長谷部vs酒井高の日本代表対決2017.03.17 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はバイエルンが長谷部のフランクフルトに完勝した一方、2位ライプツィヒが敗れて両軍の勝ち点差が10に広がり、優勝争いはほぼ決着した。また、香川と原口の代表対決は香川がアシストを記録したものの、ヘルタ・ベルリンが上位対決を制している。迎える第25節は代表ウィークを前にケルンvsヘルタ・ベルリンとフランクフルトvsハンブルガーSVの日本代表対決が行われる。

▽前節インゴルシュタット戦でPKを獲得したケルンの大迫。しかし、チームは2-2の引き分けに終わり、リーグ戦5試合勝利から見放されている。不調のチームに白星をもたらすべく、堅守ヘルタから今季6ゴール目を目指す。

▽対する原口はドルトムント戦でも献身的な守備を見せ、勝利に貢献。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ホッフェンハイムとの勝ち点差を2に縮めている。ヘルタ同様、堅守が持ち味のチーム相手にそろそろ攻撃面での活躍も期待したいところだ。

▽バイエルン戦では5バックの中央でプレーしたものの、3失点完敗となったフランクフルトの長谷部。ウッドやコスティッチら走力に長けた選手を擁するHSV攻撃陣だが、長谷部は彼らを封じ込め、リーグ戦6試合ぶりの勝利をもたらせるか。

▽前節ボルシアMG戦ではボランチで先発し、2-1の勝利に貢献したHSVの酒井高は、2連勝として残留圏内のブレーメンを捉えることに成功した。この勢いのまま、不調に陥るフランクフルトを下して残留圏内に浮上となるか。酒井高のバランス感覚が求められる。

▽ライプツィヒの失速で優勝争いをほぼ決着させたバイエルンは、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。木曜日にシャルケとのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグに臨み、2点を先行しながらもアウェイゴール2つを許してまさかの敗退となったボルシアMGとのコンディションの差を生かして首位固めとなるか。

▽ヘルタ・ベルリン戦を落としたものの、火曜日に行われたDFBポカールのロッテ戦を3-0と快勝した3位ドルトムント(勝ち点43)は、金曜日に17位インゴルシュタット(勝ち点19)とのホーム戦を戦う。ヘルタ戦に続き、ロッテ戦でもゴールに絡むプレーを見せた香川は引き続きスタメン予想だが、代表合流前に結果を残せるか。

▽その他、前節先発落ちしたマインツの武藤は、内田の欠場が続くシャルケとのホーム戦を、ここ3試合出場機会のないアウグスブルクの宇佐美は、フライブルクとのホーム戦に臨む。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第25節
▽3/17(金)
《28:30》
ドルトムント vs インゴルシュタット

▽3/18(土)
《23:30》
ホッフェンハイム vs レバークーゼン
ブレーメン vs ライプツィヒ
アウグスブルク vs フライブルク
ヴォルフスブルク vs ダルムシュタット
ケルン vs ヘルタ・ベルリン
《26:30》
フランクフルト vs ハンブルガーSV

▽3/19(日)
《23:30》
マインツ vs シャルケ
《25:30》
ボルシアMG vs バイエルン

コメント

関連ニュース

thumb

失点に絡んだ大迫勇也にケルン指揮官が懐の深さ見せる「何の問題もない」

ケルンのペーター・シュテーガー監督が日本代表FW大迫勇也のミスをかばっている。ドイツ紙『エクスプレス』がコメントを伝えた。<br><br>ケルンは21日、ブンデスリーガ第30節でホッフェンハイムと対戦。先発出場した大迫はチャンスを生かしきれないでいると、1点リードの後半アディショナルタイム、スリップでクリアミスを犯し、失点に絡んでいる。相手のシュートがネットを揺らした後、うなだれ、呆然とした大迫だが、シュテーガー監督はもちろん責めるつもりはない。<br><br>「今、彼を慰めるのは難しい。不幸な状況だからね。彼はとても落ち込んでいたし、申し訳なく思っていただろう。しかし、彼はチームのためによく働いてくれていたし、何の問題もないよ」<br><br>勝ち点1にとどまったことには「苦い結果だ」としたシュテーガーだが、「パフォーマンスを評価し、このミスから何かを学ばないとね」と前向きに語り、次戦以降を見据えている。<br><br>提供:goal.com 2017.04.23 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ケルン大迫勇也に単独最低点…チャンス逸&失点に絡み独紙「彼の日ではなかった」

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也に、ホッフェンハイム戦で厳しい評価が下されている。<br><br>大迫は21日に行われたブンデスリーガ第30節ホッフェンハイム戦で2試合連続となる先発出場を飾った。しかし、訪れるチャンスをゴールに結び付けられないでいると、逆に後半アディショナルタイム、クリアミスで失点に絡んでいる。なお、試合は1-1で終了し、勝ち点1を分け合った。<br><br>ドイツ紙『ケルナー・シュタットアンツァイガー』では、大迫にチーム単独最低となる「4.5」の採点が与えられた。寸評では「危険なエリアでボールを受けることができず、2つの決定機も生かすことができなかった。彼の日ではなかったようだ」と記されている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2017.04.22 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

大迫痛恨のクリアミスで終了間際被弾のケルン、ホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第30節ケルンvsホッフェンハイムが21日に行われ、1-1で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節1-2と敗れたアウグスブルク戦で決定機を逸した大迫が3トップの右ウイングとして2試合連続先発となった一戦。 ▽一方、サライとデミルバイのドッペルパックでボルシアMGとの打ち合いを制した3位ホッフェンハイム(勝ち点54)は、4位ドルトムントとの1ポイント差をキープしている中、勝利すればクラブ史上初の欧州カップ戦出場が決まる一戦となった。 ▽試合は4分、ホッフェンハイムにチャンス。浮き球パスに抜け出したクラマリッチがボックス左へ進入してシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。その後もホッフェンハイムが攻勢に出ると、ケルンを自陣に押し込んでいく。 ▽守勢のケルンは42分、ハインツの左クロスに大迫がダイレクトで合わせたシュートが前半唯一の決定機だったが、枠の右へ外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半もこう着状態が続いたため、ホッフェンハイムはクラマリッチに代えてアミリを投入する。 ▽しかし58分、先手を取ったのはケルン。右サイドから崩してヘクターの折り返しをビッテンコートが押し込んだ。 ▽失点を受けてサライに代えてウートを投入してきたホッフェンハイムに対し、守備に追われて見せ場のなかった大迫だったが、77分に決定機。モデストのスルーパスに抜け出してボックス右からシュート。しかし、GKにセーブされてしまった。 ▽このままケルンが逃げ切るムードとなっていたが、後半追加タイム3分に被弾する。大迫のクリアミスをカットされた流れから混戦の中をデミルバイにシュートを決められ、試合は1-1でタイムアップ。ケルンが土壇場で勝利を逃がしている。 2017.04.22 05:29 Sat
twitterfacebook
thumb

宇佐美8試合ぶり先発のアウグスブルク、終盤に2人退場も大迫決定機逸のケルン撃破《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節アウグスブルクvsケルンが15日に行われ、2-1でアウグスブルクが勝利した。アウグスブルクのMF宇佐美貴史は72分までプレーし、ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽8試合ぶりにスタメンとなった宇佐美が[4-2-3-1]の左MFで、大迫が[4-4-2]の2トップの一角で先発した日本代表対決。ハイプレスをかける入りとしたアウグスブルクは5分にフィードを受けたフィンボガソンがボックス中央へ進入。シュートを打つも、DFにブロックされて枠の右に外れてしまう。しかし直後の右CKからファーサイドのヒンテレッガーのヘディングシュートがゴール右を捉え、アウスブルクが先制する。 ▽一方、ケルンは7分にゴールエリア右まで侵入したクランターの折り返しを大迫が右足で合わせにかかるも、ミートしきれず枠の左に外してしまった。 ▽すると22分、ボックス左への進入を試みたダンソが、ソーレンセンに倒されてPKを獲得。これをフェルハーフがゴール左へ確実に決めてアウグスブルクがリードを広げた。 ▽迎えた後半、2点を追うケルンが前がかると、65分に1点を返す。左CKの流れからルーズボールをソーレンセンが蹴り込むと、ゴールライン前のマックスがクリアしきれずネットが揺れた。 ▽1点差とされたアウグスブルクは72分に見せ場のなかった宇佐美を下げて逃げ切りを図る。終盤、ク・ジャチョルとフィンボガソンが退場となったものの、リードを守り切って勝利。8試合ぶりの白星を飾り、残留圏内の15位マインツを同勝ち点で追っている。 2017.04.16 03:38 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫勇也所属のケルン、守護神ホルンと新契約締結…2022年6月30日まで延長

▽日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは8日、ドイツ人GKティモ・ホルン(23)と新たに2022年6月30日までの契約延長で合意したことを発表した。 ▽ケルンの下部組織で育ったホルンは2012年、トップチームに昇格。今シーズンはヒザの故障で一時戦線離脱を余儀なくされていたものの、ここまで公式戦15試合の出場を記録している。 ▽また、代表キャリアにおいては、各世代別のドイツ代表に継続して選出されてきたエリート。昨夏にブラジルで行われたリオ・デ・ジャイネイロ オリンピックではU-23ドイツ代表として準優勝に貢献していた。 2017.04.10 14:10 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース