【セリエA第29節プレビュー】ユーベは難所ルイジ・フェラリスでのサンプ戦2017.03.17 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽前節はユベントスが終了間際のPK弾でミランに競り勝った他、ローマやナポリ、ラツィオが順当に勝利を収め、上位陣に勝ち点差の変動はなかった。そしてインテルがアタランタとの上位対決を圧勝し、5位に浮上している。迎える第29節はユベントスが難所ルイジ・フェラリスでのサンプドリア戦に臨む。

▽前節ミラン戦をディバラの終了間際のPK弾で競り勝った首位ユベントス(勝ち点70)は、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのポルト戦を10人となった相手にディバラのPK弾で制し、ベスト8進出を決めた。そのユベントスはローマやインテルが飲み込まれたルイジ・フェラリスでの9位サンプドリア(勝ち点41)戦に臨むが、ここ7試合5勝2分けと好調な相手に勝利となるか。

▽ゼコやデ・ロッシをベンチスタートとした中、パレルモにやや苦戦したものの公式戦での連敗を3で止めてユベントスを8ポイント差で追走する2位ローマ(勝ち点62)は、木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦2ndレグのリヨン戦を2-1で勝利したものの、2戦合計スコア4-5で敗退。主力を投入し、消耗戦を戦った中、ここ3試合勝利がなくやや調子を落としている15位サッスオーロ(勝ち点31)を下してユベントス追走となるか。

▽メルテンスのドッピエッタなどでクロトーネに3-1と快勝した3位ナポリ(勝ち点60)は、17位エンポリ(勝ち点22)とのアウェイ戦に臨む。1週間の調整期間を得られた中、ベストメンバーで5連敗中のエンポリを撃破にかかる。

▽イカルディとバネガのダブルトリプレッタでアタランタに7発圧勝した5位インテル(勝ち点54)は、10位トリノ(勝ち点39)とのアウェイ戦に臨む。バネガの躍動でここ2試合攻撃陣が爆発しているインテルだが、同じく攻撃力が売りのトリノに打ち勝って3連勝となるか。

▽GKドンナルンマの奮闘実らずユベントスに惜敗した7位ミラン(勝ち点50)は、16位ジェノア(勝ち点29)とのホーム戦に臨む。ホセ・ソサとロマニョーリが出場停止となる中、前節ジェノヴァ・ダービーに敗れたジェノアから、ユベントス戦での悔しい敗戦を払しょくする勝利を挙げられるか。

▽その他、インモービレの4戦連発弾などでリーグ戦4連勝としている4位ラツィオ(勝ち点56)は14位カリアリ(勝ち点31)とのアウェイ戦に臨み、6位に後退したアタランタ(勝ち点52)は最下位ペスカーラとのホーム戦でインテル戦の惨敗を払しょくにかかる。

※スタメン予想はイタリア『ガゼッタ』を参照

◆セリエA第29節
▽3/18(土)
《26:00》
トリノ vs インテル
《28:45》
ミラン vs ジェノア

▽3/19(日)
《20:00》
エンポリ vs ナポリ
《23:00》
アタランタ vs ペスカーラ
サンプドリア vs ユベントス
ボローニャ vs キエーボ
クロトーネ vs フィオレンティーナ
カリアリ vs ラツィオ
《26:00》
ウディネーゼ vs パレルモ
《28:45》
ローマ vs サッスオーロ

コメント

関連ニュース

thumb

豪華絢爛! ファン投票のUEFAベストイレブン候補50名が発表

▽欧州サッカー連盟(UEFA)は21日、「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」の候補50名を発表した。 ▽ファン投票で決まるベストイレブン。今回はチャンピオンズリーグ史上初の連覇を達成したレアル・マドリーから最多11名がノミネートされている。 ▽全体でも、FWクリスティアーノ・ロナウドやFWリオネル・メッシのほか、MFケビン・デ・ブライネ、FWハリー・ケインら豪華な顔ぶれが並んだ。 ▽ノミネートされた候補50名は以下のとおり ◆「UEFAチーム・オブ・ザ・イヤー2017」候補50名 GK ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス) ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド) ケイロル・ナバス(レアル・マドリー) マヌエル・ノイアー(バイエルン) ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー) DF ダニエウ・アウベス(パリ・サンジェルマン)※昨季までユベントス所属 レオナルド・ボヌッチ(ミラン)※昨季までユベントス所属 ダニエル・カルバハル(レアル・マドリー) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス) カミル・グリク(モナコ) ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー) ジョシュア・キミッヒ(バイエルン) マルセロ(レアル・マドリー) バンジャマン・メンディ(マンチェスター・シティ)※昨季までモナコ所属 トーマス・ムニエ(パリ・サンジェルマン) ジェラール・ピケ(バルセロナ) セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー) アレックス・サンドロ(ユベントス) ダビンソン・サンチェス(トッテナム)※昨季までアヤックス所属 アントニオ・バレンシア(マンチェスター・ユナイテッド) MF デレ・アリ(トッテナム) マルコ・アセンシオ(レアル・マドリー) カゼミロ(レアル・マドリー) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) クリスティアン・エリクセン(トッテナム) ファビーニョ(モナコ) エデン・アザール(チェルシー) アンドレス・イニエスタ(バルセロナ) イスコ(レアル・マドリー) トニ・クロース(レアル・マドリー) ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・ユナイテッド) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー) ミラレム・ピャニッチ(ユベントス) ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー) FW セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ) ピエール=エメリク・オーバメヤン(ドルトムント) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー) エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン) パウロ・ディバラ(ユベントス) ラダメル・ファルカオ(モナコ) アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー) ハリー・ケイン(トッテナム) ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン) キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)※昨季までモナコ所属 ドリエス・メルテンス(ナポリ) リオネル・メッシ(バルセロナ) ネイマール(パリ・サンジェルマン)※昨季までバルセロナ所属 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリー) ルイス・スアレス(バルセロナ) 2017.11.23 10:00 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:ユベントス 0-0 バルセロナ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節、ユベントスvsバルセロナが22日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まっている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_8_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ブッフォン 5.5 難しい枠内シュートはなかった DF 15 バルザーリ 6.0 イニエスタを水際で止める 4 ベナティア 6.5 キエッリーニ負傷を受けて3バックの中央でプレー。スアレスを封じる 24 ルガーニ 6.0 セーフティーなプレーを続け、デウロフェウを止めた MF 7 クアドラード 5.5 守備によく戻っていたが、攻撃面で仕事をするには至らず (→マルキジオ 5.5) そつのないつなぎを見せた 5 ピャニッチ 5.0 中盤を制圧された (→ベンタンクール 5.5) 守備に専念 6 ケディラ 5.5 攻守に及第点の出来 12 アレックス・サンドロ 5.5 ドグラス・コスタと共に左サイドを打開にかかったが、難しかった FW 10 ディバラ 6.5 バイタルエリアでボールを受けてアクセントに。劣勢のチームをけん引した 9 イグアイン 5.0 ピケとユムティティに潰された 11 ドグラス・コスタ 5.5 単騎突破で打開を狙うも突破しきれず (→マテュイディ -) 監督 アッレグリ 5.5 後半は劣勢となったが、最低限の勝ち点1 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171123_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 6.5 立ち上がりのドグラス・コスタの枠内シュートと最後のディバラのミドルをスーパーセーブ DF 2 N・セメド 6.0 質の高い攻撃参加を見せる 3 ピケ 6.0 的確なカバーリングを続けた 23 ユムティティ 6.5 イグアインに仕事をさせず。貫録のプレー 19 ディーニュ 6.0 高い位置を取って起点に。68分のチャンスはシュートを打ちたかった MF 16 デウロフェウ 5.0 右サイドからの打開を狙ったが、突破できたのは1度のみ (→メッシ 5.0) 直接FK以外に見せ場はなかった 4 ラキティッチ 5.5 ポスト直撃のFKが唯一の見せ場だった 15 パウリーニョ 5.5 トップ下の位置でプレーもスアレスを孤立させる 5 ブスケッツ 6.0 さすがのキープ力、展開力 8 イニエスタ 6.0 アタッキングサードで違いを生む。ユーベファンからスタンディングオベーションを受ける (→ジョルディ・アルバ -) FW 9 スアレス 5.0 さほどボールが入らなかった 監督 バルベルデ 6.0 メッシをベンチスタートとした中、思惑通りの引き分けで首位での決勝トーナメント進出 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ユムティティ(バルセロナ) ▽両守備陣が好パフォーマンスを見せたが、引き分けでも良いバルセロナの守備を締めたユムティティを選出。好調イグアインを試合から締め出した。 ユベントス 0-0 バルセロナ ※バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決定! 2017.11.23 06:51 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベvsバルサは譲らずゴールレスドロー、バルサの首位通過が決定!《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第5節、ユベントスvsバルセロナが22日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、バルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まっている。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を辛くも引き分けに持ち込んだ2位ユベントス(勝ち点7)は、勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる中、2-3と敗戦した直近のサンプドリア戦のスタメンから6選手を変更。マンジュキッチや負傷したキエッリーニ、ベルナルデスキらに代えてディバラやGKブッフォン、バルザーリらがスタメンに戻った。 ▽一方、オリンピアコスにゴールレスドローに終わった首位バルセロナ(勝ち点10)は、引き分け以上で首位での決勝トーナメント進出が決まる中、3-0と勝利した直近のレガネス戦のスタメンから3選手を変更。4日後にバレンシア戦を控えることからメッシがベンチスタートとなった他、ジョルディ・アルバ、アルカセルに代えてデウロフェウ、パウリーニョ、ディーニュを起用した。 ▽パウリーニョをトップ下に、デウロフェウを右サイドに配す[4-5-1]のような布陣で臨んだバルセロナに対し、最前線のイグアインの後方にディバラとドグラス・コスタを並べる[3-4-3]で臨んだユベントスは開始2分、ドグラス・コスタがGKテア・シュテーゲンを強襲するシュートを浴びせた。 ▽攻守の切り替えの早い一進一退の攻防で立ち上がった中、ユベントスは18分にディバラが枠内シュートを浴びせれば、バルセロナは22分に決定機。ゴール正面やや左の位置で得たラキティッチのFKが誰にも触らず右ポスト内側を直撃した。 ▽前半半ば以降も緊迫感ある攻防が続くと、ユベントスはディバラが、バルセロナはイニエスタがアタッキングサードでアクセントを付けにかかると、44分にディバラがドリブルシュートに持ち込んだが枠の上に外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半、スアレスの直接FKでゴールに迫ったバルセロナが敵陣でのプレー時間を増やしていく。そんな中56分、メッシがデウロフェウに代わって投入された。引き続きバルセロナがボールを保持する時間が高まると、64分にはメッシが直接FKでユベントスゴールを脅かした。 ▽そして68分には決定機。ディーニュがボックス左に侵入し、GKブッフォンと一対一となったが、パスを選択してチャンスを潰してしまった。 ▽終盤にかけてはこう着状態が続いた中、83分にユベントスはドグラス・コスタがミドルシュートを狙ったが枠を外れ、追加タイム2分のディバラのミドルシュートはGKテア・シュテーゲンのビッグセーブに阻まれてゴールレスでタイムアップ。 ▽勝ち点1を積み上げたバルセロナの首位での決勝トーナメント進出が決まった一方、ユベントスは最終節オリンピアコスとのアウェイ戦で決勝トーナメント進出を懸けて戦うこととなった。 ▽グループDもう一試合のスポルティング・リスボンvsオリンピアコスはドストの2ゴールなどでスポルティングが3-1で勝利。2位ユベントスに1ポイント差に迫っている。そのスポルティングは最終節、バルセロナとのアウェイ戦で逆転でのグループステージ突破を狙う。 2017.11.23 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがDFキエッリーニのバルセロナ戦欠場を発表

▽ユベントスは22日、同日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節のバルセロナ戦でイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが欠場することを公式ツイッターで明かした。 ▽ユベントスによると、キエッリーニはトレーニング中に右大腿部の筋肉を痛めたようでバルセロナ戦は欠場するとツイート。 ▽ここまで勝ち点7を積み上げているユベントスは、首位バルセロナ(勝ち点10)に次ぐ2位に位置。バルセロナ戦を引き分け以上で終えれば4大会連続のグループステージ突破が決まる。 2017.11.23 01:06 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第5節プレビュー②】ユーベvsバルサの頂上対決、アトレティコは生き残りを懸けたローマ戦

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループA~Dの第5節が22日に開催される。ここではA~Dの第5節のマッチプレビューを紹介していく。 ★CLグループステージ第5節 ▽11/22(水) ◆グループA 《26:00》 CSKAモスクワ vs ベンフィカ 《28:45》 バーゼル vs マンチェスター・ユナイテッド ◆グループB 《28:45》 アンデルレヒト vs バイエルン パリ・サンジェルマン vs セルティック ◆グループC 《26:00》 カラバフ vs チェルシー 《28:45》 アトレティコ・マドリー vs ローマ ◆グループD 《28:45》 ユベントス vs バルセロナ スポルティング・リスボン vs オリンピアコス ◆グループA:バーゼルとCSKAの2位争い<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_51_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節グループステージ突破を決めたマンチェスター・ユナイテッド(勝ち点12)の一強となっているグループAでは、2位通過を懸けて2位バーゼル(勝ち点6)と3位CSKAモスクワが争っている。前節CSKAモスクワとのホーム戦を1-2と痛恨の逆転負けを喫し、勝ち点でCSKAモスクワに並ばれたバーゼルは、ホームにユナイテッドを迎える。ユナイテッドは引き分け以上で首位通過が決まる状況のため、さほど戦力を落とすことは考えにくいが、ベンフィカとのアウェイ戦を最終戦に控えるバーゼルは勝ち点を積み上げて2位を死守できるか。 ▽一方、CSKAモスクワはここまで全敗とふるわないベンフィカとのホーム戦に臨む。CSKAモスクワは最終戦がユナイテッドとのアウェイ戦となるだけにベンフィカ戦は必勝となる。なお、ベンフィカは勝利を逃がすと最下位が確定し、グループステージ敗退が決まる。 ◆グループB:首位通過を狙うPSGとバイエルンの動向は<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_52_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節、2強のパリ・サンジェルマン(勝ち点12)とバイエルン(勝ち点9)の決勝トーナメント進出が決まったグループB。勝利すれば最終節のバイエルンとの首位通過を懸けたアウェイ戦を前に余裕を持って戦えるPSGは、セルティックとのホーム戦に臨む。内弁慶の相手を確実に叩いてバイエルンとの最終戦に臨みたい。 ▽一方、セルティックとの連戦を制してPSG同様に2試合を残してグループステージ突破を決めたバイエルンは、ここまで全敗のアンデルレヒトとのアウェイ戦に臨む。最終戦での逆転での首位通過を狙うためにもアンデルレヒト戦は必勝を期したい。仮にPSGとの3ポイント差が維持された場合、バイエルンはPSG戦で4点以上を奪わなければ首位通過は果たせない。 ◆グループC:崖っぷちアトレティコ、生き残りを懸けたローマ戦<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽3強と思われたグループCだったが、アトレティコ・マドリー(勝ち点3)がグループ最弱と目されていたカラバフに2戦連続ドローに終わったことで、ローマ(勝ち点8)とチェルシー(勝ち点7)がグループステージ突破に王手をかけている。 ▽前節チェルシーに3-0と快勝して首位に浮上したローマは、アトレティコとのアウェイ戦に臨む。共に直近のリーグ戦でダービーを戦ったが、ローマはラツィオとのダービーを2-1で制し、アトレティコはレアル・マドリーとのダービーをゴールレスドローで終えた。 ▽ゼコにこそ約2カ月ゴールが生まれていないものの、公式戦6連勝と好調を維持するローマは、ここでアトレティコを蹴落とし、最終戦のカラバフとのホーム戦で首位通過を目指したい。 ▽一方、深刻な得点力不足に陥るアトレティコは、ローマ戦、チェルシー戦と残り2連勝することでしかグループステージ突破の可能性はないが、望みをつなげられるか。 ▽ローマに完敗して首位陥落となったチェルシーは、カラバフとのアウェイ戦を勝利すれば、決勝トーナメント進出が決まる。最終戦のアトレティコ戦を前にグループステージ突破となるか。 ◆グループD:ユーベvsバルサの頂上対決<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171121_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽前節はグループ本命のバルセロナ(勝ち点10)とユベントス(勝ち点7)が、共に敵地での試合を引き分けで終えた。決勝トーナメント進出がお預けとなった中、今節は2強が激突する。 ▽前節スポルティング・リスボン戦を辛くも引き分けに持ち込んだユベントスは、直近のサンプドリア戦を2-3と敗戦。セリエAで今季2敗目を喫した。一時は0-3と惨敗ムードからイグアインとディバラが終盤にゴールを決めたのはせめてもの救いで、とりわけコンディションを上げているイグアインがここに来て公式戦5試合連続ゴールを決めているのは心強い。敗戦すればスポルティング(勝ち点4)が迫っているだけに相手がバルセロナといえど、勝ち点が欲しい。 ▽一方、オリンピアコスに今季初めてのゴールレスドローに終わったバルセロナは、直近のレガネス戦を3-0と勝利。リーガで首位を快走している。不調のスアレスにも約1カ月半ぶりにゴールが生まれており、チーム状態は良好。レガネス戦では流し気味にプレーしていたメッシもユベントス戦に照準を合わせていたと見られ、引き分け以上で首位通過となる一戦に向けて磐石の状態となっている。 2017.11.22 18:00 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース