超ワールドサッカー

ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

昨季のフンメルスに続き…ドルトムントDFが退団を示唆「タイトルが本当に欲しい」

ドルトムントに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプロスが退団をほのめかしている。ドイツ紙『WAZ』が報じた。<br><br>ドルトムントは今シーズン、ブンデスリーガを3位で終えて来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したものの、優勝したバイエルンとの勝ち点差は18まで開くこととなった。いまだDFBポカール決勝戦を残すため、タイトル獲得の可能性を残しているが、ソクラティスは<br><br>「僕は33、4歳までプレーするつもりだ。でもここか、他のどこかでやるかはまだわからない。シーズンが終わった後に、将来について考える時間は十分にある」<br><br>「若かったら、何かをやるために残された時間は多い。でもそうじゃない。若くないし、本当にタイトルが欲しいんだ。新シーズンについて話すには早すぎる。夏には何だって起こりうる。選手が来たり、出ていったりね」<br><br>ソクラティスは2013年からドルトムントでプレー。シーズン開幕前に行われるスーパーカップを制した経験はあるが、主要タイトルではなく、ドルトムント加入以降は栄冠に恵まれていない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.26 19:42 Fri
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンはドルトムント退団を希望と独紙報道…クラブも100億円で移籍を容認へ

ドルトムントのエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンは退団を希望し、新たなクラブへの移籍を求めているようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じた。<br><br>シーズンオフになるたびに、移籍がうわさされるオーバメヤンの去就についに動きがありそうだ。かねてより、「レアル・マドリーへの移籍が夢」と語ってきた快足FWは、すでにドルトムントに対して退団の許可を得ており、移籍することはほぼ確実となった。<br><br>しかし、その行き先はまだ決まっていない。また、オーバメヤンの希望する&ldquo;白い巨人&rdquo;も手は挙げていないようで、現時点ではパリ・サンジェルマン、古巣でもあるミラン、中国の天津権健らが候補として伝えられている。ドルトムントは最低でも8000万ユーロ(約100億円)のオファーを提示してくるクラブとのみ交渉に応じる構えだという。<br><br>さらに、ドルトムント側もオーバメヤンの後釜に関してすでに目星は付いている。『ビルト』によれば、サンプドリアのFWパトリック・シックを1500万ユーロ(約19億円)で獲得する準備ができているようだ。<br><br>いずれにしろ、今夏の移籍市場で動きがあることは確実で、史上稀に見るビッグディールが成立する可能性は高いと言えるだろう。<br><br>提供:goal.com 2017.05.26 12:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン、ゲッツェ弟とのプロ契約を発表

▽バイエルンは24日、ドイツ人DFのフェリックス・ゲッツェ(19)とプロ契約を結んだ、と発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年間となる。 ▽2014年からバイエルンの下部組織へ所属したフェリックス・ゲッツェは、ドルトムントのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの弟。兄とは違いDFだが、バイエルンのU-17、U-19と順調にステップアップし、今シーズンはU-19のカテゴリーでドイツ国内リーグ準優勝に貢献した。これまでにトップチームでの公式戦出場こそないものの、招集された経験を持つ。さらに、昨夏のプレシーズンマッチではマンチェスター・シティ戦でプレーしている。 ▽今回のプロ契約に関して、フェリックス・ゲッツェが公式サイト上でコメントし、意気込みを露にした。 「バイエルンでプロとなるチャンスを得られて幸せだし、チームの更なる成功に貢献できるように全力を尽くす」 2017.05.25 20:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ポカール決勝に集中するドルトムント主将、監督退任報道を気にせず「外野の話題は考えない」

日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの主将DFマルセル・シュメルツァーは、監督と幹部の間の対立報道がチームに影響しないと強調した。ドイツ紙『ヴェルト』のインタビューで、フランクフルトとのDFBポカール決勝に向けて集中力を切らさないことを誓っている。<br><br>数週間前にハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)とトーマス・トゥヘル監督の間に確執が生まれていることが判明したドルトムント。これを発端として、ドイツメディアではクラブと2018年までの契約を結んでいる同監督の退任が近づいていると報じられ続けている。<br><br>だが、シュメルツァーはチームはそういった報道に動じることはないと考えているようだ。リーグ戦最終節ブレーメン戦直前のウォームアップで筋肉系の負傷を負い、27日の決勝への出場が不安視される左SBだが、次のように語っている。<br><br>「僕たちはポカール決勝という絶対的なハイライトに臨むことになる。今シーズンずっと、タイトルを獲得するために働いてきたんだ。そして今、その機会が訪れた。なので、僕たちは外野の話題については考えないよ」<br><br>シュメルツァーはこのインタビューで、先月チームが遭ったバス爆破事件も振り返り、「シーズンが終わり、パフォーマンスを出し、勝ち続けるプレッシャーが減れば、すべてがまたこみ上げるだろう」と言及。攻撃の標的となったチームの一員としては、まだ整理できていない部分もあることを明かした。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.24 21:53 Wed
twitterfacebook
thumb

爆破事故被害者のバルトラ、マンチェスターで起きた悲劇に言及「人生を楽しみ自分たちが信じていることのために戦わなければならない」

▽22日、マンチェスターにあるマンチェスター・アリーナで爆破事件が起きた。この事件に関し、ドルトムントのスペイン代表DFマルク・バルトラが自身のSNSでメッセージを送っている。 ▽事件は22日の夜、アメリカ人歌手のアリアナ・グランデさんがコンサートを行っていたマンチェスター・アリーナで起こった。爆破はコンサート終了直後の22時35分にアリーナ内の通路で起き、これまで死者が22名、負傷者が59名と発表されている。 ▽グレーター・マンチェスター警察によると、実行犯は男性1人。爆破に巻き込まれて死亡したとのことだ。 ▽この痛ましい事件を受けて、4月11日のチャンピオンズリーグ準々決勝1stレグ・モナコ戦の直前に仕掛けられたチームバス爆破事件により右腕を負傷し、長期離脱を強いられるなど、心に深い傷を負ったバルトラは、自身の『インスタグラム』を通じて、スペイン語と英語でメッセージを送っている。 「僕たちはどんな世界に生きていますか? 僕たちの周りで何が起きていますか? これらの悲惨な悲劇を防ぐために何もできないことに、とても苛立ちを募らせています。世界中の多くの場所で起こっているこういった悲劇は、僕自身を非常に悲しい気持ちにさせ、許容や理解もできません」 「しかし、人生は続き、僕たちはそのチャンスを最大限に生かし、最善を尽くしてあらゆる瞬間を貴重なものとすべく、生き続けなければなりません。そして、人生を楽しみ自分たちが信じていることのために戦わなければなりません。僕は最近自分の身に起きたことを通じて、自分のすべての強さと共にそういった生き方を考えています。僕は生きているし、すべての良いことはこれから来るはずです。#WeStandTogether」 2017.05.24 01:18 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース