ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

オーバメヤンが冬に90億円で中国移籍?ドルトムントは真っ向から否定

ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは冬に中国へ渡ることになるかもしれない。<br><br>先日、オーバメヤンは今夏の残留が濃厚になったと伝えられていた。同選手が退団した場合、ドルトムントは代役確保の時間を必要とするため、移籍に期限を設けていたが、すでに&ldquo;時間切れ&rdquo;で残留は決定的となっている。<br><br>しかし、ドイツ紙『ビルト』は、1月にオーバメヤンが中国の天津権健へ移籍するとスクープ。ドルトムントは7000万ユーロ(約90億7000万円)を手にすると報じられている。<br><br>また、ドルトムントのメディアディレクターを務めるサシャ・フリッゲ氏はドイツ『スカイ』で「オーバメヤンの移籍に関する契約はない。冬の移籍についてなんて話していない」と真っ向から否定している。<br><br>チームを率いるピーター・ボス監督は22日に行われたボーフム戦後、「新聞は読んでいない。ミヒャエル・ツォルクと話したが、『うわさは事実ではない』と言っていた。ナンセンスだね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 23:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルト主将DFシュメルツァー、足首じん帯を部分断裂…4週間の離脱に

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、主将のドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが足首外側側副じん帯の部分断裂により、4週間の離脱になると発表した。 ▽事前の報道によれば、シュメルツァーはアジアツアー中に負傷。18日に中国で行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のミラン戦を欠場し、ひと足先にドイツに帰国していた。 ▽ドルトムントの発表によれば、シュメルツァーは今後、8月19日に開幕するブンデスリーガ第1節のヴォルフスブルク戦での復帰を目指して、リハビリに励むという。 2017.07.21 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季得点王レースに敗れたレヴァンドフスキ、オーバメヤンのドルト残留を歓迎「競争が維持される」

バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキは、FWピエール=エメリク・オーバメヤンがボルシア・ドルトムントに残留することを歓迎しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』がコメントを伝えている。<br><br>昨シーズンのリーグ戦で30ゴールをマークしたレヴァンドフスキは、最終節で2ゴールを決めた自身の古巣に所属するオーバメヤンに得点王の座を譲ることとなった。そのオーバメヤンは今夏国外への移籍の可能性が盛んに報じられ続けたが、先日ドルトムント幹部が同選手の放出を容認しない決断を下したことを発表した。<br><br>オーバメヤンが当面ドルトムントに残ることになったことについてレヴァンドフスキは「ブンデスリーガにとって良いこと。優れたプレーヤーが必要だからね。僕たちにとっても良い」と言及。「僕たちは2年前や3年前早い時期に優勝を決め、終盤は少しばかり緊張感が不足し、最高なフォームではなかったのでね。でも、(他チームに優れた選手がいることで)競争やプレッシャーが維持される」と続けた。<br><br>レヴァンドフスキは以前、フライブルクとの最終節で自らゴールを決められなかったことで、同僚やカルロ・アンチェロッティ監督からのサポートが足りなかったと苦言を呈していた。そのことについては「自分の意見はインターナショナルブレイクに話した。それを繰り返してまた同じことを言う必要はないだろう」と意見が変わっていないことを示唆した。<br><br>また新シーズンに向けては「チャンピオンズリーグがないと、常に何かが不足している気分だね。ここ2シーズンは連続で(リーグ戦)30ゴールを決められたことは僕にとってナイスなストーリーさ。昨シーズンは国内カップも制覇できなかったので、今シーズンはより良い形で過ごせればと願っている」とのコメントを残し、昨季リーグタイトルの1冠のみにとどまったことへの悔しさをのぞかせた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 02:49 Fri
twitterfacebook
thumb

「オーバメヤンはワンプレーで試合を変える」ドルトムントDFが同僚に賛辞

中国遠征を行っていたドルトムントは17日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)でセリエAのミランと対戦し、3-1で勝利を収めた。<br><br>ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンにとって、ミランは自身の古巣でもあるが、ミラン首脳陣はブンデスリーガ得点王に輝いた同選手を高く評価しており、今夏の移籍市場で関心を示していたとされる。<br><br>ドルトムント幹部のミヒャエル・ツォルク氏は、オーバメヤンについて「いくら大金を積まれても売るつもりはない」と公言し、獲得のオファーに完全拒否の姿勢を見せていた。<br><br>そのオーバメヤンに対して、ケルンへのレンタルから復帰したセルビア代表DFネヴェン・スボティッチが『Goal』に対して語ってくれた。<br><br>「オーバメヤンについて回る退団のうわさを聞くと複雑な思いだったけど、現時点で彼がここに居てくれることに安心しているよ。彼はたった1度のスプリント、1度のシュートチャンスで試合を変えることができる選手だからね。ここ数年でも、突出したキープレーヤーだと思うよ」<br><br>また、スボティッチは「オーバメヤンはチームプレーヤーでもある。ディフェンス面でもしっかりと貢献するし、チーム全体にとっても彼の役割は重要なんだ」と続け、オーバメヤンが守備面でもチームに大きく貢献していると強調した。<br><br>ライバルチームのバイエルンにリーグ5連覇を許していることについて、スボティッチは「サッカー界にはあらゆることが起こり得るが、バイエルンが我々とは財政的に大きく異なるという点はよく理解している。17-18シーズンも彼らが優勝候補の筆頭であることは変わりないだろう。だけど、僕らは最善を尽くしてバイエルンからリーグタイトルを奪うつもりだ。ただ、それは彼らとの戦いだけでなく、自分たちと向き合うことへの挑戦でもあるね」と語り、新シーズンでのバイエルンの6連覇阻止に向けて気概を示している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.19 18:46 Wed
twitterfacebook
thumb

オーバメヤン、ドルトムント残留が決定か…今後は約130億円以上のオファーが必要と独誌報道

ボルシア・ドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンは新シーズンも同クラブでプレーすることになるようだ。ドイツ誌『キッカー』が報じている。<br><br>以前には中国の天津権健やパリ・サンジェルマン、最近ではミランやチェルシーに向かう可能性が騒がれてきたオーバメヤンだが、ドルトムントは今夏のマーケットで同選手を手放さない決断を下した模様。『キッカー』によると、実際にドルトムントは移籍先として最も有力視されたオーバメヤンの古巣でもあるミランと先週に接触したが、取引成立には至らなかったという。<br><br>ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は先日、『ヴェルト・アム・ゾンターク』でクラブと2020年までの契約を残すオーバメヤンの去就について「あと数日間は待つが、そう長くは待たない」とのコメントを残している。同選手が退団した場合、代役の確保に時間を必要とするため、移籍市場終盤の移籍を容認しない考えを強調していた。<br><br>だが、内部で設けられたとされるオーバメヤンの&rdquo;移籍期限&rdquo;はもはや切れた様子だ。『キッカー』では、これまでは7000万ユーロ(約90億円)の移籍金で交渉に入ると見られたドルトムントは今後、1億ユーロ(約129億1000万円)を大きく上回るオファーが提示されない限り交渉に応じないだろう、との見解が述べられている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.18 22:41 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース