ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

規律違反続くオーバメヤンは移籍すべき?地元記者が放出を推奨「もう我慢の限界だ」

アーセナルからの関心が伝えられるドルトムントFWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ドイツメディア『Bild』のヘニング・ファイント記者は移籍するのが最善との見解を示している。<br><br>今冬の移籍市場で、アレクシス・サンチェスのマンチェスター・ユナイテッド移籍が濃厚となっているアーセナルは、エースの代役探しに奔走している。その候補の1人として、オーバメヤンをリストアップしていると伝えられており、ドルトムントに6000万ユーロ(約81億円)という移籍金を提示して獲得を目指しているという。<br><br>そんな中、『Bild』のファイント記者は、ドルトムントにとってガボン代表ストライカーを放出することが最善の策だとの見解を示している。<br><br>オーバメヤンは、13日に参加が義務付けられていたチームミーティングを無断欠席し、クラブから規律違反のため制裁処分を受けている。これにより、翌日のヴォルフスブルク戦では欠場となり、ドルトムントは3度目となるオーバメヤンの規律違反を重く考えているという。ファイント記者は、これらの行為で監督やクラブの信頼を失ってしまったと綴っている。<br><br>「ペーター・シュテーガー監督は、オーバを残したいと考えている。しかし、彼は監督らと握手をかわすのではなく、その期待をすべて裏切った。ファンのお気に入りだが、彼はすべての同情を失い、クラブももう我慢の限界だ。&ldquo;エゴメヤン&rdquo;は(昨夏無断で練習を欠席し続けバルセロナへ移籍した)ウスマン・デンベレに続き、クラブがプレー意欲のないスター選手に対しいかに無力であるか示す好例だ」<br><br>そして、「ファンの愛情を獲得できない」とし、高額で売却できるうちに放出するべきだとの見解を示している。<br><br>「可能な限り高額で放出するべきだろう。新天地でオーバが幸せになれるかはわからない。しかし、この移籍で彼はファンの愛情と感謝を得ることはできないだろう。オーバは自身の行いで両方を失ってしまった」<br><br>これまで何度となく移籍希望ともとれる発言をしてきたオーバメヤン。果たして、今冬ついにドルトムントを離れることになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.18 08:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、オーバメヤンの後釜候補はバチュアイ?チェルシーからの獲得に着手か

ドルトムントは、チェルシーに所属するベルギー代表FWミッチー・バチュアイの獲得に動き出しているようだ。ドイツ紙『ビルト』が伝えている。<br><br>エースのFWピエール=エメリク・オーバメヤンが退団となる可能性が高まっているドルトムント。一部報道ではガボン代表FWがアーセナルに向かうと伝えられている中、クラブはその後釜としてチェルシーで出場機会に恵まれていないバチュアイの獲得に乗り出しているという。<br><br>2016年夏にマルセイユからチェルシーに移籍したバチュアイだが、アントニオ・コンテ監督の下ではほとんど先発起用されることなく、今シーズンもリーグ戦での出場は11試合(合計263分)にとどまっている。そのため、ベルギー代表としてのワールドカップ出場を逃さないためにも、セビージャへのレンタル移籍を望んでいた。<br><br>しかし『ビルト』によれば、ここに来て2016年にも獲得に動いていたとされるドルトムントがバチュアイの新天地となる可能性が浮上しているとのことだ。オーバメヤンの控えとしてでなければ、ベルギー代表FWはシグナル・イドゥナ・パークへ向かうことになるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.01.17 23:04 Wed
twitterfacebook
thumb

新センターバックの到着でバルトラがドルトムント退団を決心か…1月中にスペイン復帰へ?

スペイン代表DFのマルク・バルトラ(27)は、この冬にもボルシア・ドルトムントを離れることになるかもしれない。ドイツ誌『シュポルトビルト』が伝えている。<br><br>2016年夏にバルセロナから加入したバルトラは、センターバックを本職としているが、ピーター・ボス前監督の下では主に右SBで起用されると、ペーター・シュティガー新監督の下ではまだリーグ戦でプレーしておらず、ベンチに甘んじている。<br><br>また、クラブがDFマヌエル・アカンジを獲得したことでドルトムントにCBが6人所属。状況がさらに苦しくなると見られるバルトラだが、ロシア・ワールドカップへの出場を逃したくない同選手はコンスタントな出場時間を見込める環境を求めているとのこと。報道によれば、スペインのクラブへの移籍を目指しているという。<br><br>一方、2008年からドルトムントに属するDFネヴェン・スボティッチも近々に移籍が実現する可能性が浮上。昨シーズン後半戦はレンタルでケルンに渡ったCBの獲得にはフランスのサンテティエンヌが動き出しているようだ。<br><br>なお『WAZ』によると、ドルトムントは今夏にレバークーゼンからドイツ代表DFヨナタン・ターを獲得する狙いだという。契約に契約解除条項が盛り込まれており移籍金は2500万ユーロに設定されていると見られる同選手だが、複数のプレミアリーグクラブからの関心も伝えられている。<br><br>提供:goal.com 2018.01.17 17:37 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナル、オーバメヤン獲得を確信

▽アーセナルは、ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(28)の獲得に自信を深めているようだ。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽アーセナルでは、FWアレクシス・サンチェスの移籍が間近に迫っているとみられる。クラブは、チリ代表アタッカーの穴埋めとして、ボルドーのU-23ブラジル代表FWマルコムやマンチェスター・ユナイテッドMFヘンリク・ムヒタリアンを候補に挙げているとみられるが、オーバメヤンの獲得にも接近しているようだ。 ▽報道によれば、アーセナルは既にドルトムントとオーバメヤンの移籍に関して会談を実施。推定移籍金は6000万ユーロ(約82億円)ほどとみられているが、現在も金銭面の交渉が続いているとのことだ。 ▽なお、アーセナルはオーバメヤンを獲得したとしても、4000万ポンド(約61億円)でマルコムを引き入れることを望んでいる模様。さらに、ムヒタリアンに関しては、サンチェスの移籍オペレーションの一部としてユナイテッドから引き入れる可能性が伝えられている。 2018.01.16 10:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムントが22歳スイス代表DFアカンジを獲得、推定移籍金は約29億円

▽ドルトムントは15日、バーゼルからスイス代表DFマヌエル・アカンジ(22)を獲得したことを発表した。契約は2022年6月30日まで。背番号は「16」になるようだ。 ▽母国スイスのヴィンタートゥール出身のアカンジは2015年夏にバーゼルに移籍。強靭なフィジカルと鋭い反応を生かした守備が持ち味のセンターバックで、ディフェンスだけでなく得点力にも目を見張るものがある。昨季はケガでシーズンの大半を棒に振ったものの、リーグ戦15試合で4ゴール。今季もここまでのリーグ戦19試合で1ゴール1アシストを記録している。 ▽アカンジはクラブの公式サイトで「ドルトムントの監督と話をしていい感覚を掴むことができた。それが移籍の決断になったね」と移籍の経緯を説明。さらに「僕はドルトムントのフットボールが好きなんだ。ここでの生活を楽しみにしている。ベストを尽くすよ」と意気込みを語った。 ▽なお、移籍金は公表されてないがドイツ『キッカー』によれば、移籍金は推定2150万ユーロ(約29億円)の模様。マンチェスター・ユナイテッドも関心を寄せていたようだ。 2018.01.16 00:00 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース