ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント指揮官、リーグ戦開幕から無失点無敗に満足…バイエルンから首位も奪還

ドルトムントを率いるピーター・ボス監督は、ハンブルガーSV(HSV)の勝利に喜びを露わにしている。<br><br>ドルトムントは20日、ブンデスリーガ第5節でHSVと対戦。香川真司の先制弾などで3-0と快勝し、首位を再びバイエルンから奪い返した。リーグ戦5試合すべてで無失点を記録し、いまだ無敗をキープするチームにボス監督は満足感を示している。<br><br>「誇りに思う。簡単なことではないし、最も難しい試合でさえあった。HSVがこれほどプレッシャーをかけてくるとは想像していなかった」<br><br>「無失点で、3ゴールを奪えばチームを誇りに思うだろう。今の私だよ。勝利できたことはとても嬉しいね」<br><br>リーグ戦で好調をキープするドルトムントは次節、23日にボルシアMGと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.09.21 15:51 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が今季初ゴールで日本人のブンデス得点ランキングは“ダブル・シンジ"が並ぶ!!

▽ドルトムントの香川真司が、ブンデスリーガの日本人得点ランキングでトップに並んだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽2010年にセレッソ大阪からドルトムントに移籍した香川は、デビュー3戦目となるヴォルフスブルク戦で、リーグ戦初ゴールをマーク。そのシーズンは8ゴールを奪い、チームの9年振りとなるリーグ優勝に貢献した。 ▽主力として臨んだ2011-12シーズンは、13ゴールを挙げる好パフォーマンスでチームのリーグ連覇、DFBポカールの2冠達成に貢献。翌シーズンからは活躍の場をマンチェスター・ユナイテッドに移した。 ▽しかし2014-15シーズンにドルトムントへ復帰を果たすと、毎シーズンゴールを奪い、迎えた20日のブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSV戦では今季初ゴールを奪取。このゴールで、ブンデスリーガでは通算37ゴールとし、これまで歴代1位だった日本代表FW岡崎慎司(現:レスター・シティ)の記録に並び、日本人最多タイとなってる。 ◆香川真司のシーズン別ゴール数(ブンデスリーガ) 2010-11シーズン:8ゴール 2011-12シーズン:13ゴール 2014-15シーズン:5ゴール 2015-16シーズン:9ゴール 2016-17シーズン:1ゴール 2017-18シーズン:1ゴール ◆日本人選手得点ランキング 1位 岡崎慎司(37ゴール/128試合) 1位 香川真司(37ゴール/130試合)※ 3位 奥寺康彦(26ゴール/234試合) 4位 高原直泰(25ゴール/135試合) 5位 清武弘嗣(17ゴール/117試合) 6位 武藤嘉紀(14ゴール/44試合)※ 7位 大迫勇也(11ゴール/87試合)※ 8位 長谷部誠(7ゴール/240試合)※ 8位 乾貴士(7ゴール/75試合) 10位 原口元気(4ゴール/88試合)※ ※現役ブンデスリーガ所属選手 2017.09.21 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

香川が酒井高の前で今季初ゴールをマーク! ドルトムントが単独首位に《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第5節、ハンブルガーSVvsドルトムントが20日に行われ、0-3でドルトムントが快勝した。HSVのDF酒井高徳は48分までプレーし、ドルトムントのMF香川真司は66分までプレーして24分に今季初ゴールを決めている。 ▽前節ハノーファー戦を0-2で敗戦して今季2敗目を喫したハンブルガーSVは、ここ2試合途中出場の酒井高を今季初めてスタメンで起用した。 ▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝して3勝1分けスタートとしたドルトムントは、ケルン戦のスタメンから2選手を変更。前節出番のなかった香川が[4-3-3]の左インサイドでリーグ戦初先発を飾った。 ▽序盤の一進一退の攻防を経て、16分にドルトムントに決定機。右サイドからのヤルモレンコのクロスをオーバメヤンがヘディングシュート。しかし、右ポストに阻まれた。 ▽それでも24分、香川の今季初ゴールで先制する。右サイドからのヤルモレンコのFKをトプラクがヘディングで競り勝つと、ルーズボールをゴール前の香川が蹴り込んだ。 ▽先制されたHSVは31分に同点のチャンス。しかし、ホルトビーの左クロスにハーンが合わせたヘディングシュートはGKビュルキのセーブに阻まれてしまう。ハーフタイムにかけてはドルトムントがペースを握った中、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半開始3分、低調なパフォーマンスに終始していた酒井高が交代を告げられ、ドウグラスが投入される。 ▽そして63分、プリシッチのパスを受けたヤルモレンコがボックス右に侵入。右足でシュートを放つと、ルーズボールをファーサイドのオーバメヤンが押し込んで加点した。 ▽その後、香川をお役御免としたドルトムントは79分に勝負を決定付ける。ダフードのパスを受けたプリシッチがボックス右に侵入。ゴール左へシュートを流し込んだ。このまま3-0で快勝したドルトムントが単独首位に躍り出ている。 2017.09.21 06:08 Thu
twitterfacebook
thumb

4ヵ月ぶり復帰のヴァイグル「誰にも会わず引きこもろうと思った日もあった」

▽4ヵ月の離脱期間を乗り越えて、17日にトップチームに復帰したドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが、インタビューに応じた。ブンデスリーガ公式サイトが掲載した。 ▽2015年の夏にドルトムントに入団したヴァイグルは、落ち着いたプレーと正確なキックを武器に頭角を現すと、加入後すぐに主力として定着して評価を高めた。マンチェスター・シティやバルセロナといった、欧州のメガクラブからの興味も取り沙汰されるほどの活躍をみせていた同選手だったが、昨シーズン終盤の5月13日に行われたブンデス第33節アウグスブルク戦で負傷。足首の骨折のため4ヵ月の離脱を強いられた。 ▽長く戦線を離れていたヴァイグルは、17日のブンデス第4節ケルン戦で、66分から途中出場して待望の復帰を果たした。試合後、ブンデス公式サイトのインタビューに応じたヴァイグルが、心境を語った。 「(復帰できて)夢のようだったよ! あれ以上は想像できないくらいだ。きついリハビリが報われて、とてつもなく楽しかった」 「(負傷は)僕にとっては初めての経験だったし、苦しい時期もあった。なかなか前に進めず、仲間が外で練習している間も、ひたすらトレーニングルームで過ごさなければならなかったからね。僕はポジティブ思考の人間だから、なるべくプラス面をみようとしていたけど、誰にも会わずに家にこもっていたいと思う日もあった」 「それでもランニングを再開できたり、ボールに再び触れることができたり、1つ1つやってくる前進のプロセスを乗り越えようという気持ちでいた」 「2週間前はまだどこか不安が残っていた。ケガのことが頭にあって、無意識に競り合いで腰が引けてしまっていたんだ。けれど、(ドルトムントの)U-23チームの試合に出たことが助けになった。ちょうど骨折した箇所を蹴られてドキッとしたんだけど、全く痛みがないことに気づいた。この時に、もう大丈夫なんだと思えて不安が消えたね」 2017.09.20 17:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に大迫ケルンvs長谷部フランクフルト、酒井高HSVvs香川ドルトムント

▽先週末に行われた第4節ではバイエルンが武藤のマインツを、ドルトムントが大迫のケルンをそれぞれ一蹴して勝利を取り戻した。迎える第5節はミッドウィークに開催され、水曜日に大迫ケルンと長谷部フランクフルト、酒井高のハンブルガーSVと香川ドルトムントによる日本人対決が行われる。 ▽ドルトムント戦では中盤で起用されたものの守備に忙殺されて何もできなかった大迫は、チームを開幕4連敗の泥沼から救うことはできなかった。大迫は引き続き先発予想となっているが、相棒のコルドバと共に長谷部が軸となっているフランクフルト守備陣からゴールをこじ開けることはできるか。 ▽一方、前節アウグスブルク戦ではボランチとしてフル出場した長谷部は、チームを1-2の敗戦から救うことはできなかった。内容的には押し込む展開としたものの、FKとファインゴールに沈む形となった。引き続き、守備のバランスを取ることが長谷部には求められるが、大迫が前線で起点となるケルン攻撃陣を封殺できるか。 ▽2試合連続途中出場となったハンブルガーSVの酒井高だが、チームは前節ハノーファー戦を0-2で落とし、今季2敗目を喫した。その酒井高は今節もベンチスタート予想となっているが、格上ドルトムント相手にリードしている状況でクローザーとしての役割を果たしたいところだ。 ▽一方、前節ケルン戦をオーバメヤンとM・フィリップのドッペルパックで5-0と大勝したドルトムントは、3勝1分けスタートとした。出番のなかった香川は今節もベンチスタート予想だが、守備に徹してくることが予想されるケルン相手にゴールが欲しい状況で投入された際には期待に応えたい。 ▽マインツに4-0と快勝して白星を取り戻したバイエルンは、火曜日にシャルケとのアウェイ戦に臨む。温存されたリベリやハメス・ロドリゲス、トリッソらがスタメン予想となっている中、フレッシュな面々のパフォーマンスが鍵を握りそうだ。 ▽内容は芳しくないものの、3勝1敗と好スタートを切ったシャルケとしては王者相手に善戦することで自信を深めたい。 ▽その他、バイエルン戦ではまさかのベンチスタートとなったマインツの武藤はホッフェンハイムとのホーム戦を戦い、ここ3試合途中出場となっているシュツットガルトの浅野はボルシアMGとのアウェイ戦を、途中出場が続くヘルタ・ベルリンの原口はレバークーゼンとのホーム戦に臨む。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/19(火) 《25:30》 ボルシアMG vs シュツットガルト 《27:30》 ヴォルフスブルク vs ブレーメン アウグスブルク vs ライプツィヒ シャルケ vs バイエルン ▽9/20(水) 《25:30》 ケルン vs フランクフルト 《27:30》 マインツ vs ホッフェンハイム フライブルク vs ハノーファー ハンブルガーSV vs ドルトムント ヘルタ・ベルリン vs レバークーゼン 2017.09.19 23:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース