ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント、主力CB放出を拒否…アッレグリがボヌッチ後釜にリストアップも

ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、DFソクラティス・パパスタソプロスのユベントス移籍を否定している。ドイツ『キッカー』が伝えた。<br><br>ソクラティスは今夏、「タイトルが欲しい」と語り、移籍市場でステップアップを模索する考えも示唆していた。ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督はミランへ電撃移籍したレオナルド・ボヌッチの後釜として第一候補に考えていると伝えられたが、ドルトムント側が拒否の姿勢を示した。<br><br>プレミアリーグのチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも興味を示しているといううわさの29歳ギリシャ代表DFについてツォルクはこのように語っている。<br><br>「我々はパパを新シーズンの構想に含めている。このクオリティを持つ選手を失いたくはないね」<br><br>ソクラティスは昨シーズン、公式戦41試合に出場。自身のキャリア初となるDFBポカール制覇を経験している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.25 23:44 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップ監督「あれは物語のようだった」ドルトムント時代の連覇を回顧

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、ドルトムント時代に達成したリーグ2連覇について言及した。イギリスメディア『ミラー』が報じている。<br><br>同監督はドルトムント時代の10-11、11-12シーズンに香川真司、マリオ・ゲッツェ、ロベルト・レヴァンドフスキらを主軸に据えブンデスリーガを連覇。<br><br>当時と同様のことをリバプールで実現できるか問われ、「あの時のドルトムントはまさに物語のようだった。若い選手たちを起用して、躍進を果たすことができたね。ただ、それは良いアイデアだったから実現できたことではなくて、クラブにお金がなかったからだ」と述べている。<br><br>また、「プレミアリーグとブンデスリーガではまた状況が違う。みんな勝利を目指しているが、良い選手を獲得しなければ躍進することは難しい。ただ、いい選手を外から連れて来るだけでもダメだ。やはり自分のクラブで選手を育てることも重要なんだよ」と発言。ドルトムント時代の躍進をイングランドで再現することは難しいとの見解を示しながらも、生え抜きを育てることの重要性を説いている。<br><br>クロップ監督は「(昨シーズン)プレミアリーグで4位を成し遂げることができたのは、選手たちの頑張りがあってこそだ。新シーズンでもより上を目指せるよう頑張るさ。他のチームと違って僕らは主軸を失っていないしね」と続け、新シーズンの躍進を誓うとともに、引き抜きのうわさが絶えないフィリペ・コウチーニョが非売品であることを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.24 23:29 Mon
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンが冬に90億円で中国移籍?ドルトムントは真っ向から否定

ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンは冬に中国へ渡ることになるかもしれない。<br><br>先日、オーバメヤンは今夏の残留が濃厚になったと伝えられていた。同選手が退団した場合、ドルトムントは代役確保の時間を必要とするため、移籍に期限を設けていたが、すでに&ldquo;時間切れ&rdquo;で残留は決定的となっている。<br><br>しかし、ドイツ紙『ビルト』は、1月にオーバメヤンが中国の天津権健へ移籍するとスクープ。ドルトムントは7000万ユーロ(約90億7000万円)を手にすると報じられている。<br><br>また、ドルトムントのメディアディレクターを務めるサシャ・フリッゲ氏はドイツ『スカイ』で「オーバメヤンの移籍に関する契約はない。冬の移籍についてなんて話していない」と真っ向から否定している。<br><br>チームを率いるピーター・ボス監督は22日に行われたボーフム戦後、「新聞は読んでいない。ミヒャエル・ツォルクと話したが、『うわさは事実ではない』と言っていた。ナンセンスだね」と話している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.23 23:38 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルト主将DFシュメルツァー、足首じん帯を部分断裂…4週間の離脱に

▽日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは20日、主将のドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが足首外側側副じん帯の部分断裂により、4週間の離脱になると発表した。 ▽事前の報道によれば、シュメルツァーはアジアツアー中に負傷。18日に中国で行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2017のミラン戦を欠場し、ひと足先にドイツに帰国していた。 ▽ドルトムントの発表によれば、シュメルツァーは今後、8月19日に開幕するブンデスリーガ第1節のヴォルフスブルク戦での復帰を目指して、リハビリに励むという。 2017.07.21 09:00 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季得点王レースに敗れたレヴァンドフスキ、オーバメヤンのドルト残留を歓迎「競争が維持される」

バイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキは、FWピエール=エメリク・オーバメヤンがボルシア・ドルトムントに残留することを歓迎しているようだ。ドイツ誌『シュポルト・ビルト』がコメントを伝えている。<br><br>昨シーズンのリーグ戦で30ゴールをマークしたレヴァンドフスキは、最終節で2ゴールを決めた自身の古巣に所属するオーバメヤンに得点王の座を譲ることとなった。そのオーバメヤンは今夏国外への移籍の可能性が盛んに報じられ続けたが、先日ドルトムント幹部が同選手の放出を容認しない決断を下したことを発表した。<br><br>オーバメヤンが当面ドルトムントに残ることになったことについてレヴァンドフスキは「ブンデスリーガにとって良いこと。優れたプレーヤーが必要だからね。僕たちにとっても良い」と言及。「僕たちは2年前や3年前早い時期に優勝を決め、終盤は少しばかり緊張感が不足し、最高なフォームではなかったのでね。でも、(他チームに優れた選手がいることで)競争やプレッシャーが維持される」と続けた。<br><br>レヴァンドフスキは以前、フライブルクとの最終節で自らゴールを決められなかったことで、同僚やカルロ・アンチェロッティ監督からのサポートが足りなかったと苦言を呈していた。そのことについては「自分の意見はインターナショナルブレイクに話した。それを繰り返してまた同じことを言う必要はないだろう」と意見が変わっていないことを示唆した。<br><br>また新シーズンに向けては「チャンピオンズリーグがないと、常に何かが不足している気分だね。ここ2シーズンは連続で(リーグ戦)30ゴールを決められたことは僕にとってナイスなストーリーさ。昨シーズンは国内カップも制覇できなかったので、今シーズンはより良い形で過ごせればと願っている」とのコメントを残し、昨季リーグタイトルの1冠のみにとどまったことへの悔しさをのぞかせた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.21 02:49 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース