ドルトムント、カストロと2020年までの新契約を締結!2017.03.15 22:55 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは15日、元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロ(29)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。

▽ドルトムントとの新契約にサインしたカストロは、同クラブの公式サイトで喜びのコメントを残している。

「クラブが僕をここに連れてきて、新たな契約の話を持ってきてくれたことを、本当に嬉しく思っているよ。そして、この黄色と黒のユニフォームを着用し、素晴らしいサポーターの前でプレーできることを、心から誇りに思う」

▽また、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)は、「ゴンソは、我々のチーム構成においてスポーツ面とパーソナリティー面の2つの側面で、非常に価値のある存在に成長している」と、同選手に賛辞を送っている。

▽2015年に下部組織時代を含め、16年間を過ごしたレバークーゼンからドルトムントに加入したカストロは、今シーズンの公式戦31試合に出場し、3ゴール7アシストを記録するなど、同クラブの主力として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

ホームで敗戦のドルトムント…先発出場香川真司の評価は厳しめ「印象的なプレーはほぼなし」

ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。<br><br>グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。<br><br>先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。<br><br>地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。<br><br>『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.22 11:59 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:ドルトムント 1-2 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽ドルトムント採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 38 ビュルキ 6.0 2失点も前半終盤に幾つかのビッグセーブを披露。それだけに、試合終盤の負傷が気がかり (→ヴァイデンフェラー -) DF 15 トルヤン 5.0 痛恨のボールロストで同点ゴールのキッカケに。思うように攻撃に出られず 5 バルトラ 5.0 ケインとのフィジカル勝負で苦戦。2失点目ではデレ・アリに振り切られた 2 ザガドゥ 5.0 球際やスピードなど、良さもあったが、全体的に雑な印象。後半途中に負傷交代 (→トプラク -) 29 シュメルツァー 5.5 オーリエに背後を取られる場面が多かった。それでも、最後まで身体を張り続けた MF 9 ヤルモレンコ 6.0 先制点をアシスト。キープ力や気の利いたパスで唯一の攻め手に 10 ゲッツェ 5.0 2失点目ではバルトラと共に緩い対応だった。無難に捌いたが、後半は完全に消された 33 ヴァイグル 5.5 相手のプレッシャーに晒されながらも、無難に捌く。守備では要所で良い対応があった 23 香川真司 5.5 前回対戦と同様に良い時間帯はアクセントになったが、後半は消された (→カストロ 5.0) 流れを変えることができず 13 ラファエウ・ゲレイロ 5.5 先制点の起点に。ただ、攻撃的なポジションでの起用だっただけにもっと積極的にプレーしたかった FW 17 オーバメヤン 5.5 禊ぎの1ゴールもそれだけだった。裏へのスピードを活かした抜け出しは機能も、その後の質が低かった 監督 ボス 5.0 多くの負傷者の影響で思うような戦い方ができず、妥当な敗戦… ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171122_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点は致し方なし。守備範囲の広さを生かして最小失点でまとめた DF 15 E・ダイアー 6.0 失点直後にオーバメヤンの抜け出しを見事にケア。セットプレーでゴールに迫るなど、上々のパフォーマンスだった 6 D・サンチェス 6.0 身体能力の高さを生かしてオーバメヤンを概ね封じた 5 ヴェルトンゲン 6.0 慣れないメンバー構成でややラインコントロールに苦戦も一対一の局面では安定感が光った MF 24 オーリエ 6.0 積極的に背後のスペースに飛び出し、攻撃の起点となった 29 ウィンクス 6.0 エリクセンの力を借りながら無難な捌きでリズムを作る。守備でもハードワークを怠らず 20 デレ・アリ 6.5 前半は決定機に絡めたかったものの、後半に2アシストを記録。 (→デンベレ -) 23 エリクセン 6.5 決定力を欠いたものの、抜け目ないフリーランで決定機に絡む。ゲームメークも秀逸 (→ムサ・シッソコ -) 3 ローズ 6.5 先制点に繋がるボール奪取など、コンディションの良好さをうかがわせる、らしいプレーを随所に見せた FW 10 ケイン 6.5 さすがのフィニッシュで今季CL6点目。ポストプレーの質も申し分なし (→ジョレンテ-) 7 ソン・フンミン 7.0 ドルトムントキラーぶりを発揮し、前回対戦に続くゴールを記録。積極的な仕掛けや抜け出しで相手の脅威に 監督 ポチェッティーノ 6.5 オーバメヤン対策でダイアーとD・サンチェスの位置を入れ替えるなど、相手に合わせたゲームプランできっちり勝ち切った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ソン・フンミン(トッテナム) ▽慣れ親しんだドイツの地で躍動。とりわけ、ゴールシーンでは一連の流れ、シュート精度共に見事だった。 ドルトムント 1-2 トッテナム 【ドルトムント】 オーバメヤン(前31) 【トッテナム】 ケイン(後4) ソン・フンミン(後31) 2017.11.22 07:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ケイン&ソニー弾で逆転のスパーズが首位通過! 香川先発も敗戦ドルトムントはGS敗退…《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節、ドルトムントvsトッテナムが21日にBVBシュタディオン・ドルトムントで行われ、アウェイのトッテナムが2-1で逆転勝利した。この結果、トッテナムの首位通過およびドルトムントの敗退が決定した。なお、ドルトムントのMF香川真司は先発出場し66分までプレーした。 ▽ライバル2クラブとの敗戦に加え、グループ最弱と目されたアポエル(勝ち点2)相手の痛恨の連続ドローによって敗退危機に陥る3位ドルトムント(勝ち点2)。既に突破を決めている首位トッテナム(勝ち点10)をホームに迎えた今節では勝利が必須。しかし、直近の公式戦8試合で1勝4敗3分けと絶不調のチームは、1-2で敗れたシュツットガルト戦から先発3人を変更。“規律違反”で欠場となったオーバメヤンが復帰を果たしたほか、ラファエウ・ゲレイロ、ザガドゥが先発に復帰した。 ▽一方、今節の勝利で首位通過が決定するトッテナムだが、直近のリーグ戦では宿敵アーセナルとのノースロンドン・ダービーで屈辱的な敗戦を喫しており、バウンスバックの意味ではしっかりとした戦いをみせ、調子を取り戻したいところ。ポチェッティーノ監督はアーセナル戦から先発4人を変更。ウイングバックをオーリエとローズのコンビに入れ替え、ソン・フンミンと負傷明けのウィンクスが先発のピッチに立った。 ▽立ち上がりから中盤での攻防、相手の背後を狙う攻撃を仕掛け合う両チーム。開始3分にはカウンターから右サイドを抜け出したソン・フンミンにシュートチャンスも、ここは戻ったDFの対応に遭う。 ▽一方、[4-1-4-1]に近い並びでスタートしたドルトムントは、なかなか相手陣内の深い位置までボールを運べずにいたが、19分には相手の不揃いな最終ラインに対してヤルモレンコが浮き球のスルーパスを送ると、これに抜け出したオーバメヤンがGKと一対一となるが、オフサイドを気にしたか、やや焦って放ったシュートは枠の右に外れて絶好機を逸した。 ▽その後は質の高いサイドチェンジでサイドの深い位置を取るトッテナムが、24分にオーリエの折り返しからソン・フンミン、30分にはヴェルトンゲンの左サイドからのアーリークロスに再びソン・フンミンがボレーで合わせるが、相手GKに阻まれて先制点とはならない。 ▽すると直後の31分、左サイドで香川とパス交換したラファエウ・ゲレイロがバイタルエリア中央のヤルモレンコに斜めのパスを入れる。これをヤルモレンコが巧みなヒールパスでボックス中央のスペースに流すと、抜け出したオーバメヤンが右足のシュートをファーポストに流し込んだ。エースの禊ぎ弾でホームのドルトムントが先制に成功した。 ▽前半終盤にかけてはビハインドを負ったトッテナムが猛攻を仕掛ける。40分には左サイド深くで仕掛けたローズのグラウンダーの折り返しを中央に走り込んだエリクセンがダイレクトシュート。直後の41分にはエリクセンの右CKをニアで競り勝ったエリック・ダイアーが頭で合わすが、いずれもGKビュルキのビッグセーブに阻まれ、前半はドルトムントの1点リードで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、前半から優勢に試合を運んでいたトッテナムが早々に追いつく。49分、左サイドの高い位置でローズがDFトルヤンからボールを奪うと、ボックス手前でデレ・アリから短い横パスを受けたケインが相手DF2枚の間を抜く見事な右足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽エースの同点弾で完全に勢い付いたトッテナムは、動きが重いホームチームを攻守に圧倒。決定機まであと一歩という、鋭い攻撃を続けて主導権を掌握する。対して、後半に入ってから何もできない状況が続くドルトムントは66分、やや消えていた香川を下げてカストロをピッチに送り出す。 ▽だが、一度掴んだ流れを離さないトッテナムは、76分に勝ち越しゴールを奪う。左サイドでゲッツェとバルトラの2枚を振り切ったデレ・アリがそのままボックス内に持ち込み、DF3枚を引き付けて中央でフリーのソン・フンミンにマイナスで折り返す。これを巧みなファーストタッチでスムーズにシュート体勢を作った韓国代表FWがゴール右上隅に右足のシュートを突き刺した。 ▽ドルトムントキラー、ソン・フンミンのゴールで試合を引っくり返したトッテナムは、その後デレ・アリ、エリクセン、ケインと主力3人をベンチに下げつつも持ち味のソリッドな守備で相手の反撃を冷静に凌いでいく。 ▽一方、何とか追いつきたいドルトムントだったが、失点場面で痛めたザガドゥに続き、試合終了間際には相手FWジョレンテとの交錯でGKビュルキが負傷するアクシデントに見舞われ、今季初出場のヴァイデンフェラーの投入を余儀なくされる、苦しい展開に。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、またしても今季CL初勝利を逃したドルトムントのグループステージ敗退が決定。最終節はヨーロッパリーグ出場を懸けてレアル・マドリー相手の勝利を目指す。なお、アーセナルとのダービー敗戦をきっちり払拭したトッテナムは、最終節を残して首位通過も確定させた。 2017.11.22 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

キッカケはトゥヘル前監督? 元スカウトが愛するドルトムントを離れた理由とは…

ドルトムントのスカウトを10年務めた後、アーセナルに加わることになったスヴェン・ミスリンタートが、クラブを離れた理由を明かした。『SportBild』の報道をもとに、『daily Mirror』が伝えている。<br><br>ドルトムントで長年スカウトを務めてきたミスリンタート氏。まだ欧州の舞台で際立った活躍を見せていなかった香川真司やロベルト・レヴァンドフスキ、ピエール=エメリク・オーバメヤンやウスマーヌ・デンベレら、数々の選手のポテンシャルを見極め安価で獲得するなど、ドイツ国内では高い評価を受けている。<br><br>そんな45歳のドイツ人スカウトに対し、アーセナルは違約金100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、クラブのスカウティング部門のトップに引き入れた。アーセン・ヴェンゲル監督も、公式HP上でミスリンタート氏の加入を喜んでいる。<br><br>「(以前は)クラブを離れることなんて考えもしなかった」と話すミスリンタート氏だが、トーマス・トゥヘル前監督時代のある出来事がキッカケとなったようだ。<br><br>昨夏の移籍市場で、トゥヘル監督は当時アトレティコ・マドリーに所属していたMFオリベル・トーレスを求めていたという。しかしO・トーレスはポルトへの期限付き移籍を選択し、ドルトムントは獲得に失敗。代わりにMFマリオ・ゲッツェが復帰したが、この出来事で指揮官とミスリンタート氏の関係が悪化し、トゥヘル監督が練習場への立ち入りを禁じる事態にまで発展した。<br><br>「監督から練習場への立ち入り禁止処分を科され、何年も緊密に働いてきた選手やスタッフ、友人と離れなくてはならなくなった。これは私の考えに大きな影響を及ぼした」<br><br>「ドルトムントではいつも、ミヒャエル(ツォルクSD)やアキ(ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO)がサポートしてくれた。彼らはいつも会合に私を呼んでくれた。スカウトチームは本当に、本当に高いレベルで行われていたよ。ある人物(トゥヘル)がいたかどうかにかかわらずね。私にとっては重大な出来事だった」<br><br>以前にはドイツ王者バイエルンからも誘いがあったというミスリンタート氏。しかしドルトムントへの愛から、国内の他クラブでの仕事は考えなかったと明かしている。<br><br>「以前にもオファーはあった。だけど、クラブを変えようとは思わなかったね。ここで生まれ、ここで育ってきたんだ。2006年から仕事をしてきたし、私は完全なるボルシアの人間だ」<br><br>提供:goal.com 2017.11.21 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

規律違反のオーバメヤン、大一番トッテナム戦で復帰へ…ボス監督が明言

ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンは、トッテナム戦で復帰することになるようだ。ピーター・ボス監督が明言している。<br><br>オーバメヤンは17日のシュツットガルト戦を「規律違反」による出場停止で欠場。エース不在のドルトムントは1-2で敗れていた。<br><br>そしてドルトムントは21日、チャンピオンズリーグ第5節でトッテナムと対戦する。最低でも勝利しなければ、グループステージ敗退が決定するという厳しい状況で、ボス監督はオーバメヤンを出場させることを決断した。<br><br>「オーバメヤンはプレーする。彼とチームとも話した。練習もこなしたし、プレーすると断言できるよ」<br><br>また、ここ数試合不調に陥るドルトムントは、サポーターがボス監督に圧力をかけている。指揮官はファンの不満も「理解している」と話した。トッテナム戦の直後には25日にシャルケとのダービーマッチを控えているだけに、ボス監督にとっては重要な一週間となりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 11:31 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース