ラミレス弾で江蘇蘇寧に敗れたG大阪がホーム連敗《ACL2017》2017.03.15 20:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第3節で江蘇蘇寧(中国)をホームに迎え、0-1で敗れた。

▽この一戦を1勝1敗で迎えたG大阪は、先の明治安田生命J1リーグ第3節のFC東京戦から、左頬骨骨折で離脱した東口に代わって、今冬加入の鈴木が初先発。それ以外は、同じ顔ぶれをスターティングメンバーに起用した。

▽Jリーグ開幕から無敗で好調をキープするG大阪は、グループステージ2連勝で首位の江蘇蘇寧を相手に引き続き3バックを採用。丁寧に繋ぎで攻め手を探っていくが、アレックス・テイシェイラを中心としたカウンターの脅威に晒され、リズムを作り出せない。

▽立ち上がりから70%以上のボールポゼッションを握りながらも、相手の堅守速攻に苦しみ、攻め手を見いだせないG大阪。キックオフから30分を過ぎてもシュートを打つことができず、流れを引き寄せられない。

▽そうした状況の中、G大阪が37分に決定機。数人の絡んだパスワークから遠藤が右足でクロスを送り、ファーサイドでフリーの今野が右足のボレーシュートを放つ。しかし、これは惜しくも左ポストの外側を叩く。

▽すると、G大阪40分に失点。元チェルシーのラミレスが味方の落としに反応し、バイタルエリア中央から左足インサイドで合わせる。ゴールマウス外側から巻いてくるボールがそのまま左隅に吸い込まれた。

▽1点ビハインドで試合を折り返したG大阪は50分に決定機。右サイドに走り込んだ倉田が右足でクロスを上げると、長沢を越えて、ファーサイドの今野が頭で合わせる。しかし、ここは左に外れてしまう。

▽その後、60分に初瀬を下げて堂安をピッチに送り込んだG大阪は猛攻を続ける中、76分に今野に代えて泉澤を途中起用。84分にはアデミウソンのパスをボックス右で受けた堂安が左足で狙うが、惜しくもゴール右のサイドネットを揺らすに留まる。

▽結局、作り出した決定機をことごとくモノにできなかったG大阪は、ラミレスの鮮やかな一発に沈み、前節の済州ユナイテッド戦に続くホームで黒星。4月11日に行われる次節は、江蘇蘇寧とのアウェイゲームに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

来シーズンのACLから優勝賞金が倍増! ノックアウトステージでは勝利ボーナスも

▽アジアサッカー連盟(AFC)は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の分配金の変更について発表した。 ▽AFCの発表によると、TV放映権の拡大により、2018シーズンのACLからノックアウトステージへのボーナスを増額すると発表。ラウンド16以降の試合で勝利すると5万ドル(約555万円)、引き分けた場合は1万ドル(約111万円)がボーナスとして与えられることとなる。 ▽さらに、優勝クラブには300万ドル(約3億3400万円)が賞金として支払われ、2位には150万ドル(約1億6700万円)が支払われることとなる。なお、これまでは優勝賞金が150万ドルだったため、賞金は倍増したことになる。 2017.07.27 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

AFCが浦和とのACLで問題を起こした済州ユナイテッド2選手への処分を軽減

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合後に問題を起こし処分を与えていた済州ユナイテッドFCの2選手に関して、処分を軽減することを発表した。 ▽対象選手はチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの2選手。両選手は5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたACL決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で問題を起こしていた。 ▽試合中に退場処分が下されたものの、審判への抗議、試合後の乱闘に参加したチョ・ヨンヒョンに関しては、6カ月の出場停止処分と2万ドル(220万円)の罰金処分を下していたが、1年間の執行猶予付きの3カ月の出場停止処分に軽減することを発表。これにより、9月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽また、ベンチから飛び出し試合中に浦和MF阿部勇樹に暴行を働いていたペク・ドンギュには3カ月の出場停止と1万5000ドル(約170万円)の罰金処分が下されていたが、出場停止処分を2カ月に軽減した。これにより、8月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽同日には川崎フロンターレが「旭日旗問題」に対して上訴していた問題を棄却しており、1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)が確定。Jリーグクラブにとっては不可解な裁定が続くこととなった。 2017.07.20 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

AFCが全面棄却…川崎F、訴え叶わず「旭日旗問題」で処分へ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレの「旭日旗問題」に対する上訴を全面棄却したと発表した。 ▽発端は、4月20日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の水原三星ブルーウィングス戦。川崎Fの一部サポーターによる旭日旗を掲げての応援が、水原側のサポーターとの衝突を生んでいた。 ▽差別的かつ韓国民を傷つける行為と判断したAFCは5月4日、川崎Fに1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を発表。川崎F側は処分撤回を求め、異議を唱えていた。 2017.07.20 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪MF遠藤保仁、ACL初制覇の2008年大会回想…印象的な試合は「準決勝の浦和戦」

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁が、自身も50試合以上の出場数を数えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から最も印象に残る試合として、2008年に行われた浦和レッズとの準決勝2試合を挙げた。AFC公式サイトが伝えている。 ▽この年、G大阪と浦和はベスト4で激突。第1戦、第2戦ともに浦和が先制する展開が続いたが、G大阪が底力を見せ、トータルスコア4-2で決勝進出を果たした。 ▽その後、G大阪はアジア初制覇。しかし、遠藤にとって、自身も2ゴールを挙げた準決勝の浦和戦が、アデレード・ユナイテッドとの決勝戦よりも強く印象に残っているようだ。 「一番面白かったのは、2008年のセミファイナルですね。浦和戦が一番記憶に残っていますね」 「決勝に進む大事な2試合で、なおかつ、その当時の最大のライバル。ホームが1-1、アウェイが3-1だったかな。快勝することができたので」 「ACLの準決勝で、国内のライバルチームと当たるのは特別な思い出だったかなと思います」 ◆第1戦 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 遠藤保仁(後36分[PK]) 【浦和】 細貝萌(前22分) ◆第2戦 浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪 【浦和】 高原直泰(前36分) 【G大阪】 ルーカス(前37分) 遠藤保仁(前43分) 安田理大(後23分) 2017.06.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース