ラミレス弾で江蘇蘇寧に敗れたG大阪がホーム連敗《ACL2017》2017.03.15 20:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は15日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第3節で江蘇蘇寧(中国)をホームに迎え、0-1で敗れた。

▽この一戦を1勝1敗で迎えたG大阪は、先の明治安田生命J1リーグ第3節のFC東京戦から、左頬骨骨折で離脱した東口に代わって、今冬加入の鈴木が初先発。それ以外は、同じ顔ぶれをスターティングメンバーに起用した。

▽Jリーグ開幕から無敗で好調をキープするG大阪は、グループステージ2連勝で首位の江蘇蘇寧を相手に引き続き3バックを採用。丁寧に繋ぎで攻め手を探っていくが、アレックス・テイシェイラを中心としたカウンターの脅威に晒され、リズムを作り出せない。

▽立ち上がりから70%以上のボールポゼッションを握りながらも、相手の堅守速攻に苦しみ、攻め手を見いだせないG大阪。キックオフから30分を過ぎてもシュートを打つことができず、流れを引き寄せられない。

▽そうした状況の中、G大阪が37分に決定機。数人の絡んだパスワークから遠藤が右足でクロスを送り、ファーサイドでフリーの今野が右足のボレーシュートを放つ。しかし、これは惜しくも左ポストの外側を叩く。

▽すると、G大阪40分に失点。元チェルシーのラミレスが味方の落としに反応し、バイタルエリア中央から左足インサイドで合わせる。ゴールマウス外側から巻いてくるボールがそのまま左隅に吸い込まれた。

▽1点ビハインドで試合を折り返したG大阪は50分に決定機。右サイドに走り込んだ倉田が右足でクロスを上げると、長沢を越えて、ファーサイドの今野が頭で合わせる。しかし、ここは左に外れてしまう。

▽その後、60分に初瀬を下げて堂安をピッチに送り込んだG大阪は猛攻を続ける中、76分に今野に代えて泉澤を途中起用。84分にはアデミウソンのパスをボックス右で受けた堂安が左足で狙うが、惜しくもゴール右のサイドネットを揺らすに留まる。

▽結局、作り出した決定機をことごとくモノにできなかったG大阪は、ラミレスの鮮やかな一発に沈み、前節の済州ユナイテッド戦に続くホームで黒星。4月11日に行われる次節は、江蘇蘇寧とのアウェイゲームに臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

ハルビンが2Gで今大会最多タイの9得点目! 試合はドロー決着で2戦合計6-2としたアル・ヒラルが決勝進出! 《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグのペルセポリス(イラン)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)が、17日に中立地のオマーンで行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計でのスコアを6-2としたアル・ヒラルが決勝進出を決めた。 ▽先月26日に行われた準決勝1stレグでペルセポリスに4-0の大勝を収めたアル・ヒラルは、その試合でハットトリックを決めたハルビンを再び最前線で起用。出場停止のアティーフに代えてジャハファリを先発とした他、前回対戦と同様のスタメンをチョイスして決勝進出を懸けた試合に臨んだ。 ▽最低でも4得点以上が求められるペルセポリスは、序盤から攻勢に出る。すると17分に得点が生まれた。右サイドのアミリがDFともつれ合いながらも縦に突破。左足アウトでクロスを上げると、ファーで競り合いに勝ったメンシャが頭で合わせ、ネットを揺らした。 ▽しかし30分、逆転突破に向けて前がかりになるペルセポリスは、痛恨のアウェイゴールを献上することに。アンサリィがボックス内で相手を倒すとPKの判定。これをキッカーのハルビンが落ち着いて決めた。この失点によって、ペルセポリスはさらに5点を追う展開となる。 ▽そのまま後半に入ると、アル・ヒラルがボールを持つ展開となったが、61分にカウンターからペルセポリスが2点目を決めた。アンサリティが左サイドからボックス内にクロスを供給すると、アリプルがヒールで落とす。駆け上がったメンシャが左足で蹴り込んだ。 ▽しかし76分、アルドサリの右サイドからのクロスに反応したハルビンが確実に決め、試合は再び同点に。ハルビンの上海上港FWフッキに並ぶ今大会最多タイとなる9得点目で、ペルセポリスの巻き返しはさらに困難な状況となる。結局この後、両クラブともに加点することはできず。試合はドローで終了となった。 ▽この結果、2戦合計が6-2となり、アル・ヒラルが決勝に進出。浦和レッズ(日本)か上海上港(中国)の勝者と対戦することになる決勝戦は、来月18日に1stレグ、来月25日に2ndレグが開催される予定となっている。 2017.10.18 03:08 Wed
twitterfacebook
thumb

柏木弾で上海上港とドロー! 浦和が貴重なアウェイゴールで第2戦へ《ACL2017》

▽浦和レッズは27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・準決勝1stレグの上海上港とのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。 ▽13日に行われた川崎フロンターレとの準々決勝第2戦を4-1で勝利し、第1戦の1-3で先勝を許した状況から大逆転を飾って9年ぶりのベスト4進出を決めた浦和。準決勝第1戦では、広州恒大をPK戦の末に勝利した上海上港のホームに乗り込んだ。 ▽10年ぶりの決勝進出を目指す浦和は、上海上港戦に向けて直近に行われた明治安田生命J1リーグ第27節のサガン鳥栖戦から先発メンバーを4人変更。森脇と高木、駒井、矢島に代えてラファエル・シルバと柏木、長澤、青木を起用した。対する上海上港はオスカルとエウケソン、フッキらが先発に名を連ねた。 ▽試合は序盤からホームの大歓声を受ける上海上港に浦和がやや押し込まれる展開となる。11分、オスカルのパスを受けたウー・レイに左サイドの突破からクロスを入れられると、ボックス内のフッキに通る。しかし、ここは走り込んでいたエウケソンとフッキが衝突し、シュートを打たれずに済む。 ▽難を逃れた浦和だったが、その後もリズムを作ることができず。すると浦和は、警戒しなくてはいけない男に一瞬の隙からゴールを奪われてしまう。15分、敵陣中央やや右でボールを持ったフッキにボックス手前への侵攻を許す。そのまま左足を振り抜かれてゴール右隅へと突き刺された。 ▽先制を許してしまった浦和は20分にも、エウケソンにボックス右からゴールを脅かされ、我慢の時間帯が続く。しかし、これを耐え続けると27分、貴重なアウェイゴールが生まれる。青木のボックス右への浮き球のパスに抜け出した興梠がポストプレー。この落としに反応した柏木が右足で合わせ、ゴール左隅へと押し込んだ。 ▽少ないチャンスをモノにして同点に追いついた浦和は、すぐさま反撃に出る上海上港に再び押し込まれる。39分にはオスカルにボックス手前への侵攻を許し、右足を振り抜かれる。これが味方DFに当たってコースが若干変わるも、ここはGK西川がファインセーブ。こぼれ球にゴール前左でウー・レイに頭で合わせられたが、ゴール右へと外れた。 ▽その後も浦和は43分にボックス右からオスカルのシュート、前半アディショナルタイムには敵陣中央からフッキのFKでゴールを狙われたが、GK西川の好守もあり、1-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、浦和は積極的な出足からプレスをかける。すると50分、右サイドで相手のバックパスを奪ったラファエル・シルバがボックス右へと侵攻し、右足でシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽これを決め切れないでいると浦和は、上海上港に攻め込まれてしまう。57分、アフメドフのパスでオスカルに抜け出されてしまい、ボックス内からシュートを許すが、ここもGK西川が立ちはだかる。 ▽常に押し込まれる苦しい時間帯が続く浦和はさらに69分、マウリシオがボックス左手前でファウルを与えてしまう。これをキッカーのオスカルに右足を振り抜かれると、GK西川は一歩も動けず。しかし、これが右ポストに直撃し、助けられる。 ▽終盤に入ると、浦和は集中したディフェンスでボックス付近で自由を与えない。しかし、前からの圧力を強める上海上港に対して、一瞬の気の緩みを見せてしまう。自陣中央左で高木のバックパスがウー・レイに奪われてしまうと、そのままボックス内への侵攻を許す。シュートに持ち込まれるが、これはゴール左へと外れる。 ▽ヒヤリとする場面を切り抜けた浦和は終了間際、幾度となく上海上港にCKからゴールに迫られたが、冷静な守備を見せて試合を終わらせた。浦和が貴重なアウェイゴールで1-1のドローに持ち込み、10月18日にホームで行われる2ndレグを前にアドバンテージを得ている。 2017.09.27 22:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】攻撃は脅威も守備が手薄に…浦和が上海上港の穴を突けるか《上海上港vs浦和》

▽27日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2047の準決勝1stレグ、上海上港(中国)vs浦和レッズが中国の上海体育場で行われる。 ▽決勝進出を懸けた東アジア勢の対決。2007年以来のアジア制覇を目指す浦和にとって、超えなくてはいけない中国の赤い壁が立ちはだかる。 <span style="font-weight:700;">◆圧巻の攻撃力〜上海上港〜</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽“爆買い”と称される大型補強で戦力を上げ続けている中国スーパーリーグの上海上港。かつて広州恒大でも活躍したFWエウケソンだけでなく、かつてJリーグでもプレーしたブラジル代表FWフッキが所属。そして、今シーズンはチェルシーからブラジル代表MFオスカルを獲得した。 ▽ACLには登録上の関係で出場できないものの、チェルシーやレアル・マドリーなどで一時代を築いた元ポルトガル代表DFリカルド・カルバーリョも在籍。豪華な面々を率いるのは、これまたチェルシーやポルト、ゼニトなどで指揮を執ったアンドレ・ビラス=ボアス監督だ。 ▽上海上港は、今シーズンのACLで圧巻の攻撃力を発揮。グループステージは6試合で15ゴールを記録すると、決勝トーナメントでも4試合で10ゴールの爆発力を見せつけている。準々決勝では広州恒大との中国勢対決でホームの1stレグで4-0と快勝。2ndレグでは広州恒大の猛反撃に合うも、PK戦で勝ち上がるなど勝負強さも発揮している。 <span style="font-weight:700;">◆不安定な戦いも復調傾向〜浦和レッズ〜</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ▽準々決勝の川崎フロンターレとの対戦では、1stレグで大きなビハインドを負ったものの、2ndレグで大逆転勝利。ラウンド16の済州ユナイテッドFC戦を超える激闘で、見事に逆転でのベスト4入りを果たした。 ▽そのまま勢いに乗るかと思われたが、17日の明治安田生命J1リーグ第26節のジュビロ磐田(1-1)、23日の第27節サガン鳥栖戦(2-2)と勝ち切れず。完全に復調したとは言えない苦しい状況は続いている。 ▽川崎F戦、磐田戦、鳥栖戦と常に相手に先行される展開から、逆転、または同点と盛り返す粘りは継続している。しっかりと試合をコントロールできる状態にまで戻れば、強い浦和が見られそうだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:森脇良太、マウリシオ、阿部勇樹、槙野智章 MF:ラファエル・シルバ、柏木陽介、青木拓矢、武藤雄樹、高木俊幸 FW:興梠慎三 監督:堀孝史<hr>▽堀体制で採用している[4-1-4-1]のシステムを継続して採用。遠征に帯同している柏木はACLに照準を合わせているだけに、出場すると考える。また、守備面でミスが目立つDF遠藤航をはずし、MF阿部勇樹が最終ラインに。アンカーにはMF青木拓矢を配置すると予想。別メニューだったFWラファエル・シルバも復帰と予想する。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWフッキ</span>(上海上港)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ここまで8試合で8ゴールを記録し、上海上港の攻撃陣を牽引しているフッキに注目。言わずもがな、破壊力抜群のキックは健在で、身体の強さも持ち合わせている。ワールドクラスのストライカーに対し、浦和の守備陣がどう対応するのか。フッキが自由にプレーするようであれば、悪夢の大量失点も考えられる。 <span style="font-weight:700;">◆FW高木俊幸</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽浦和の注目選手には堀体制でのキーマンになりつつあるMF高木俊幸を挙げたい。左のアウトサイドを任されている高木は、大一番に強い傾向があり、川崎Fに勝利した準々決勝2ndレグの決勝ゴールも高木が記録している。攻撃センスもさることながら、献身的な動き出しで前線を活性化させており、MF武藤雄樹とともに上海上港の守備を混乱に陥らせることが期待される。 <span style="font-weight:700;">◆カギはアウェイゴール</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170927_21_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽準決勝で対戦する両チームは、グループステージでも対戦済み。上海上港はホームで3-2と勝利、浦和はホームで1-0で勝利と五分の成績だ。そのままの結果であれば、アウェイゴール差で浦和が勝ち抜けることになり、是非とも再現が望まれる。 ▽とは言え、上海上港の攻撃力を考えれば浦和としては不用意な失点を避けたいところ。しかし、ゼロに抑えることに終始すると後手を踏む可能性もある。 ▽また、上海上港は守護神のGKヤン・チュンリン、キャプテンのDFワン・シンチャオ、DFウェン・ジャジが出場停止により欠場。守備に不安を残しているだけに、浦和としてはアウェイゴールを持ち帰る気持ちを忘れずに、上海上港の穴を突きたい。 ▽ともに激闘を制してベスト4入りを果たしているだけに、気を引き締めて臨むことは間違いない。上海上港はリーグ2位、浦和はリーグ7位とチーム状態に差はあるものの、一戦必勝の決戦。注目の準決勝1stレグは、27日の21時00分にキックオフを迎える。 2017.09.27 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

上海上港監督ビラス=ボアス、27日浦和戦での指揮可能に…暴言による処分は罰金150万円のみ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は26日、上海上港を率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督に対する処分を発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝で広州恒大と対戦したビラス=ボアス監督は、ホームでの1stレグを4-0の大勝。続く2ndレグで0-4のスコアに持ち込まれたものの、結果的に延長戦後のPK戦で何とか勝ち上がりを決めた。 ▽ビラス=ボアス監督は試合後、「似たような2台の車が我々の前で3回事故に遭遇した」と会場に向かうチームバスが不自然な事故に遭遇したと主張すると共に、広州恒大を優遇しているとして、AFCや判定らを非難していた。 ▽AFCは審判に対する暴言行為を働いたとして、ビラス=ボアス監督に罰金1万4000ドル(約150万円)の処分を決定。その他の処分は科されておらず、27日にホームで行われる準決勝1stレグの浦和レッズ戦は指揮可能となる。 2017.09.27 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃の訴え…激闘となった広州恒大vs上海上港の試合前に謎の事故多発で上海上港のバス到着が遅れる

▽激闘の末、広州恒大とのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝を勝ち抜き、ベスト4に進出した上海上港。しかし、試合の前に驚くべき戦いが既に始まっていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽中国スーパーリーグで戦う両者が激突したACL準々決勝。上海上港は、ホームで行われた1stレグで4-0と勝利し、2ndレグに臨んだ。 ▽しかし、広州恒大のホームで行われた2ndレグでは、広州恒大が意地を見せて4ゴールを奪い延長戦に突入。上海上港はフッキのゴールで勝ち越すも、リカルド・グラルのゴールで追いつかれPK戦へ。4-5でなんとか勝利し、ベスト4に進出した。 ▽思わぬ激闘となった一戦だったが、アンドレ・ビラス=ボアス監督が広州恒大からの妨害行為に遭っていたと発言。謎の事故が多発したことで、チームバスのスタジアム到着が遅れたことを明かした。 「我々はこの試合にバスでやって来た。似たような2台の車が、我々の前で3回事故に遭遇した。これは問題だ」 「これは、上海上港にとって、これまでで最大の成果だ。なぜなら、1つのクラブがAFCを支配しているように思えるし、このクラブはすべてを実行することができるからだ」 「彼らはホテルを封鎖し、我々の前で事故を起こさせることができる…それは恥ずべきことだよ」 ▽この発言に対し、広州恒大は特にメッセージを出しては居ない。1stレグでは、広州恒大のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、ロッカールームのエアコンが故障しており、サウナのようだったとコメントしていたが、今回の件は仕返し(?)ということなのだろうか。 2017.09.14 12:48 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース