若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

中島&遠藤らのゴールで横浜FMが新潟に4発快勝《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が26日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、4-1で横浜FMが勝利した。 ▽2連敗スタートとなった横浜FMと、1分け1敗の新潟が対戦。横浜FMは、直近の柏レイソル戦から、扇原、前田、ウーゴ・ヴィエイラの3選手以外を変更し、バブンスキーやU-21の中島を先発起用した。対する新潟は、直近のFC東京戦から全選手を入れ替え、鈴木や端山、成岡といった選手がスタートからピッチに立った。 ▽先にチャンスを作ったのは横浜FM。7分、ボックス左手前から吉尾がシュートを放つが、これはわずかにバーの上へはずれる。 ▽対する新潟は11分、端山の左CKに平松が頭で合わせる。しかし、このヘディングシュートは枠を捉えることができない。 ▽それでも、新潟は18分にスコアを動かす。ボックス左に侵入した鈴木が仕掛けて正面のジャン・パトリックにパス。ジャン・パトリックが冷静にシュートをゴールに流し込み、新潟が先行する。 ▽ビハインドを背負った横浜FMだが、32分に同点に追いつく。ウーゴ・ヴィエイラがジャン・パトリックのヒジ打ちを受けてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが確実に決めて1-1とした。 ▽迎えた後半、62分に前田に代えて齋藤を投入して積極的に2点目を狙いにいった横浜FMは、65分に勝ち越す。左サイドで得たFKで、キッカーの吉尾がクロスを入れる。最後は混戦から正面の中島がシュートをねじ込み、横浜FMが逆転する。 ▽勢いに乗った横浜FMは、72分に遠藤のクロスに合わせた伊藤のヘディングシュートがポストに直撃。それでも、83分にバイタルエリアで仕掛けてボックス右に侵入した遠藤がファーにプロ初ゴールとなるシュートを決めて3-1とする。 ▽さらに横浜FMは88分、扇原が豪快なミドルシュートを決めて4点目。そのまま快勝した横浜FMが、今季のルヴァンカップ初勝利を挙げた。 2017.04.26 21:51 Wed
twitterfacebook
thumb

仙台が椎橋の初ゴールなどで逆転勝利! 清水はフレイレの退場が響き3連敗《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のベガルタ仙台vs清水エスパルスがユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で仙台が勝利した。 ▽ルヴァンカップでは2試合を終えて1勝1敗の4位につける仙台と、2試合で2連敗の6位につける清水の一戦。仙台はU-21枠として椎橋、茂木、西村を起用。一方の清水はユースから昇格した立田、そして2種登録の新関を起用した。 ▽試合は立ち上がりからアウェイの清水がペースを握る。8分、ミッチェル・デュークのパスに反応したチアゴ・アウベスが走り込むも、GK関が対応する。 ▽仙台は15分、三田がスペースにパスを出すと、走り込んだ茂木がボックス内左からシュートも、GK植草が対応する。仙台が攻め込む時間帯が続くものの、フィニッシュの精度を欠いて得点を奪えない。すると31分、ミッチェル・デュークからのパスを受けた村田が右サイドをドリブルで持ち上がると、マイナスのボールをチアゴ・アウベスが蹴り込んで、清水が先制する。 ▽先制した清水は34分、この試合がデビュー戦となった新関が前線でボールを奪うとそのまま持ち込みシュート。しかし、GK関がビッグセーブを見せて得点を許さない。その後も清水が攻め込むが、前半アディショナルタイムにアクシデント。セットプレーからバイシクルシュートを狙ったフレイレがこの試合2枚目のイエローカードをもらい、前半で退場となってしまう。 ▽数的不利ながらリードを得て後半を迎えた清水は、新関に代えて村松を投入。しかし、仙台がその立ち上がりを狙い同点ゴールを奪う。46分、ボックス付近で細かくパスをつなぐと、三田が冷静に沈めて同点に追いつく。 ▽同点に追いついた仙台は数的有利の状況を生かして攻勢を強める。すると68分、左サイドでFKを得ると、三田のクロスを椎橋がダイビングヘッド。プロ初ゴールで逆転に成功する。 ▽反撃に出たい清水だったが、選手交代もなかなかはまらず。80分には村田に代えてプロ初出場となる滝を投入。しかし83分、佐々木がセンターサークル付近でスルーパスを出すと、上手く抜けだしたクリスランがそのまま独走。冷静に沈め、リードを2点に広げる。 ▽その後も試合の主導権を握り続けた仙台が、得点を許さずに試合終了。3-1で清水を下した。 2017.04.26 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖vsC大阪は打ち合いの末の4-4ドロー《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が26日にベストアメニティスタジアムで行われ、4-4で引き分けた。 ▽初戦となった前節で引き分けた鳥栖と、ここまで1勝1分けでグループ首位のC大阪が激突した。鳥栖は、直近のヴィッセル神戸戦から、原川、鎌田、趙以外の8選手を変更。一方のC大阪は、直近のヴァンフォーレ甲府戦から、GKキム・ジンヒョン以外の10選手を入れ替え、清武や水沼、リカルド・サントスらを先発起用した。 ▽試合は、早々の6分にC大阪がスコアを動かす。リカルド・サントスが相手陣内で高橋のバックパスを奪う。そのまま仕掛けたリカルド・サントスがGKとの一対一を見事なループシュートで制して、C大阪が先行する。 ▽しかし、ここから鳥栖も反撃。すると、24分に同点に追いつく。右サイド深くから小野がクロスを入れると、中央の鎌田がトラップしてシュート。これが決まり、鳥栖が試合を振り出しに戻した。 ▽勢いづいた鳥栖は、続く37分にもゴールを奪う。左サイドの三丸が入れた好クロスに正面の富山がヘッド。これがゴール左に決まり、鳥栖が前半のうちに逆転する。 ▽さらに鳥栖は直後の40分、セカンドボールをボックス左手前で叩いた高橋が豪快なミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、3-1とする。 ▽2点差とされたC大阪だが、反撃の姿勢を強調すると、44分に点差を詰める。ボックス左に侵入した清武がグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだ水沼がダイレクトで合わせてネットを揺らし、3-2とした。 ▽迎えた後半、1点を追うC大阪は61分にゴールを奪う。左CKを鳥栖GK赤星に弾かれると、そのボールをダイレクトボレーで合わせた正面の水沼がシュートをゴール左に流し込み、3-3とした。 ▽激しい叩き合いとなった試合、次にスコアを動かしたのは鳥栖。68分、ボックス左の鎌田が中に切れ込んで右足を振る。シュートがニアサイドのゴール左に決まり、鳥栖が再び勝ち越す。 ▽しかし、C大阪もこのままでは終わらない。スブットーニのクリアが中途半端になると、ルーズボールに反応したボックス右の田中がダイレクトボレー。豪快にネットを揺らし、C大阪がスコアを4-4の同点とする。 ▽その後、C大阪はアディショナルタイムに清武が際どいシュートを放つも、GK赤星に弾かれたボールはポストに直撃してゴールとはならず、そのまま試合終了。打ち合いの末、両者が勝ち点を分け合っている。 2017.04.26 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

田中順&中坂が2発! 広島に4発快勝の神戸が首位浮上《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、ヴィッセル神戸vsサンフレッチェ広島が26日にノエビアスタジアム神戸で行われ、4-1で神戸が勝利した。 ▽初戦となった前節で勝ち点3を獲得した神戸と、ここまで1勝1分けの広島が対戦。神戸は直近のサガン鳥栖戦から、GKキム・スンギュ、橋本、高橋秀、松下以外の7選手を変更し、U-21の藤谷や中坂を起用した。広島は、前節に引き続き、U-21日本代表の長沼や森島がスタメンに名を連ねた。 ▽試合は、落ち着く間もない開始早々に神戸が動かす。ボックス手前で田中順が得意の左足を振る。このミドルシュートが広島GK廣永に触れられるもゴール左に収まり、広島がリードを手にした。 ▽幸先よく先制した神戸は、相手のミスから手にした次のチャンスもモノにする。10分、高い位置でウエスクレイが稲垣からボールを奪取し、仕掛けてラストパス。ゴール正面でパスを受けた中坂が冷静にGKとの一対一を制し、スコアを2-0とした。 ▽2点のビハインドを背負った広島は、22分にビッグチャンスを迎える。フェリペ・シウバのスルーパスでボックス左に抜け出した茶島がシュート。しかし、これはコースが甘く、GKのセーブに遭う。 ▽すると、スコアを動かしたのは、またしても神戸だった。25分、ボックス右の手前で中坂からボールを受けた田中順が切り返して左足シュート。コントロールされた見事なシュートがファーサイドのゴール左に吸い込まれ、田中順の2発目で神戸が3-0とする。 ▽さらに神戸の勢いは止まらない。42分にはウエスクレイのシュートがGKに弾かれたところを中坂がしっかりと詰めて、この日2ゴール目。神戸が前半だけで4-0としてハーフタイムを迎えた。 ▽ハーフタイム明け、広島の森保監督はフェリペ・シウバと稲垣を下げて、青山と野上を投入。後半開始から攻撃の姿勢を強調し、まずは1点を返しにかかる。 ▽しかし、広島はなかなかゴールをこじ開けることができない。72分には茶島に代えてアンデルソン・ロペスを投入。なんとか反撃に転じようとするが、78分にアンデルソン・ロペスが放った枠内シュートはGKキム・スンギュの好守に阻まれる。 ▽それでも、広島は88分にようやくゴールを奪う。森島の仕掛けのプレーから、最後はボックス左でこぼれ球に反応した長沼がシュート。これが決まり、広島が1点を返した。 ▽しかし、広島の反撃もここまで。2連勝の神戸が、1試合未消化ながらもグループ首位に浮上している。 2017.04.26 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

磐田FW小川航基がプロ初弾を含むハットトリックの活躍でFC東京を一蹴《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のジュビロ磐田vsFC東京がヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで2試合を戦い、2連敗で最下位の磐田と消化試合が1試合ながら1勝で3位につけるFC東京の一戦。直近のリーグ戦からは互いにメンバーを入れ替え、控えメンバーを中心的に起用した。 ▽試合はホームの磐田がいきなり動かす。11分、右サイドからのクロスをアダイウトンがボックス中央で豪快にヘッド。GKが弾くも、こぼれ球に反応した小川航がしっかりと詰めてプロ初ゴール。これで磐田が先制する。 ▽先制を許したFC東京は14分、高萩のロングパスをディフェンスライン裏に抜け出した阿部がボックス内右からシュート。これは枠を捉えるもGK志村がしっかりとセーブする。 ▽磐田は18分、左サイドからのボールをディフェンスラインの裏に抜けたアダイウトンがトラップ。すると、これをGK大久保が倒してしまい一発退場。これにより、ネイサン・バーンズに代えてユース昇格組のルーキーGK波田野を入れる。しかし、PKを小川航がしっかりと右隅に沈め、磐田が2点のリードを得る。 ▽思わぬアクシデントに見舞われたFC東京は26分、FC東京はボックス手前でFKを獲得。これを中島が直接狙うとシュートは壁を超えてゴールへ。しかし、左ポストを直撃し、得点とはならない。 ▽磐田は31分、上田が自陣からロングボールを送ると、これを裏に抜けた小川航が受けてボックス内右からシュート。しかし、これはGK波田野が触り、クロスバーに防がれてしまう。 ▽62分、上田のシュート性のボールをボックス内で受けた小川航が落ち着いて蹴り込み、ハットトリックを達成する。 ▽88分、中島のパスに抜け出したピーター・ウタカがドリブルで持ち込みシュート。しかし、これは左ポストに嫌われる。89分には中島のシュートがゴールに向かうも、クロスバーに嫌われる。 ▽ボックス内右から齋藤がシュートもGK波田野がセーブ。こぼれ球を松井がバイシクルで狙うも、ファウルを取られてしまう。FC東京は86分、左CKからのクロスに吉本が頭で合わせて1点を返すも反撃はここまで。3-1で勝利した磐田が、グループステージ初勝利を飾った。 2017.04.26 21:05 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース