若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

4強決定! G大阪vsC大阪の大阪ダービーが実現!《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップ準決勝進出の4チームが出揃った。 ▽4強入りを果たしたのはガンバ大阪、セレッソ大阪、川崎フロンターレ、ベガルタ仙台の4チーム。準決勝の対戦カードは、G大阪vsC大阪、仙台vs川崎Fに決まった。 ▽準決勝は、10月4日(水)に第1戦、8日(日)に第2戦が開催。勝者は11月4日(土)に埼玉スタジアム2002でタイトルを懸けて激突する。 ◆準決勝対戦カード ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 川崎フロンターレ vs ベガルタ仙台 2017.09.03 21:05 Sun
twitterfacebook
thumb

したたかに神戸を退けたG大阪が4季連続の4強! 準決勝でC大阪と激突《YBCルヴァンカップ》

▽3日に市立吹田サッカースタジアムで行われた2017Jリーグ YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のガンバ大阪vsヴィッセル神戸は、ホームのG大阪が2-0で勝利した。この結果、G大阪の4シーズン連続となるベスト4進出が決定している。 ▽8月30日に神戸のホームで行われた第1戦はゴールレスドロー。互いに勝ち上がりのチャンスを残したまま第2戦を迎えた。4年連続の4強入りを狙うG大阪は、第1戦から米倉、市丸、ファン・ウィジョに代えて、遠藤、アデミウソン、長沢を起用。一方、2年ぶり2度目のベスト4進出を見据える神戸は、前回対戦と同じ11名がスタメン入りを果たした。 ▽試合は序盤からボールの主導権が激しく入れ替わる展開となる。ただ、互いに要所を締めたことで、こう着状態に。その中で、徐々にボールを支配した神戸だが、ボックス内の枚数が足りず、ゴールをこじ開けられない。すると、G大阪も鋭いカウンターで応戦。アデミウソンがゴールに迫るなどシュートの形を見いだすが、いずれも枠に飛ばせない。 ▽張り詰めた空気が漂うままゴールレスで迎えた試合は、後半早々のセットプレーから動く。46分に左CKのチャンスを得たG大阪は、キッカーの遠藤が右足でクロスを供給。ボールがニアサイドを突くと、そこに今野と長沢が飛び込む。GK徳重の前に潜り込んだ長沢が頭で遠藤のクロスを押し込み、G大阪が均衡を破った。 ▽追いつけばトータルスコアで形勢逆転の神戸は中坂に代えてハーフナー・マイクを投入するが、試合はG大阪ペース。64分には、遠藤のボール奪取からカウンターで追加点を奪う。右サイドから上がったオ・ジェソクのアーリークロスが途中出場のファン・ウィジョの前を通過。ファーサイドでフリーの泉澤が難なく沈め、G大阪が引き離した。 ▽後がなくなった神戸は、最後の交代枠でピッチに送り込んだ田中順也を左ウィングバックに配置。リスクを冒した攻めでG大阪ゴールに襲いかかる。だが、経験値で上回るG大阪がしっかりと試合をコントロール。2-0で試合を終わらせたG大阪が4年連続の準決勝進出を果たしている。なお、準決勝では浦和レッズを下したセレッソ大阪と対戦する。 2017.09.03 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

阿部ハットの川崎Fが敵地でFC東京を5発粉砕! 仙台の待つ準決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017準々決勝第2戦のFC東京vs川崎フロンターレが3日に味の素スタジアムで行われ、1-5で川崎Fが勝利した。この結果、2戦合計スコア1-7とした川崎Fが準決勝に進出した。 ▽水曜日の第1戦ではホームの川崎Fが2-0で完勝。ホームで逆転を狙うFC東京は、太田とピーター・ウタカに代えて小川と前田を起用した。一方、川崎Fは、その第1戦から奈良とエドゥアルド、板倉、家長以外の7選手を変更して試合に臨んだ。 ▽両者共に集中した入りを見せる中、先にゴールへ近づいたのは川崎Fだった。仕掛けからボックス右に侵入した家長がクロス。これがゴール方面に飛ぶと、クロスバーに直撃して、FC東京を脅かした。 ▽前半の半ばにかけても川崎Fが押し気味に試合を進める。すると、28分に先制点を記録する。中村からのスルーパスで抜け出した阿部がボックス左に侵入。阿部は豪快にファーのゴール右上にシュートを蹴り込んで、川崎Fが試合の均衡を破る。 ▽さらに直後にも阿部が魅せる。バイタルエリアでボールを持つと、小林とワンツー。ゴール正面に入った阿部がゴール左にシュートを流し込み、川崎Fが2戦合計0-4とする2点目を奪取した。 ▽流れの悪いFC東京は、38分に梶山を下げて永井を投入し、攻撃への比重を上げる。しかし、ネットを揺らしたのはまたしても川崎Fだった。40分、ボックス右に侵入した板倉が枠内に鋭いシュートを放つ。これはGK林に防がれるも、ゴール前にこぼれたボールをエウシーニョが押し込み、川崎Fが前半だけで0-3とする。 ▽2戦合計で5点のリードを得た川崎Fは迎えた後半、家長を下げて谷口を投入して守備を意識。それでも、54分に好調の男が再びネットを揺らす。ゴール正面で右サイドのエウシーニョからクロスを受けた阿部が右足でシュート。これが決まり、阿部のハットトリックで川崎Fが4点目を挙げる。 ▽勢いの止まらない川崎Fは直後にも加点。ゴール正面に走り込んだエウシーニョが小林のラストパスを受けてループシュート。川崎Fが5点目を記録し、2戦合計0-7と勝負を決めた。 ▽その後、FC東京はアディショナルタイムに大久保が古巣相手に一矢報いるゴールを挙げるも、反撃はここまで。圧勝の川崎Fが3シーズンぶりの4強入りを果たした。川崎Fは準決勝で鹿島アントラーズを下したベガルタ仙台と対戦する。 2017.09.03 20:53 Sun
twitterfacebook
thumb

GK丹野の好守で逃げ切ったC大阪が前回王者浦和撃破で初のベスト4進出!《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017準々決勝第2戦の浦和レッズvsセレッソ大阪が3日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-2のドローに終わった。この結果、2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったC大阪の準決勝進出が決定した。 ▽現在J1で8位の浦和と5位のC大阪の対戦。敵地での初戦をゴールレスドローで終えた浦和は、その試合から先発7人を変更。温存していた興梠や阿部、ラファエル・シルバを復帰させ、負傷のマウリシオに代わって、これが公式戦初スタメンの18歳DF橋岡を3バックの一角で起用。対するC大阪も初戦から7人を変更。こちらは山下やマテイ・ヨニッチと最終ラインをレギュラー4人に戻し、山村と柿谷が2トップを組んだ。 ▽前から圧力をかけるアウェイチームに対して、フリックを交えたダイレクトプレーでボールを運ぶ浦和がまずは主導権を握る。7分には遠藤のフィードに抜け出した興梠がボックス右から右足を振り抜くが、これはGK丹野の好守に阻まれる。 ▽すると、直後の10分にC大阪がセットプレーからゴールをこじ開ける。左CKの場面でキッカーの丸橋がニアを狙ったアウトスウィングのクロスを入れると、これをニアに飛び込んだ山村がDFに競り勝ってフリック。これをファーでフリーのヨニッチがダイビングヘッドで流し込んだ。 ▽痛恨のアウェイゴールを献上した浦和はすぐさま反撃を開始。左右のセンターバックの攻撃参加でサイドで数的優位を作って局面の打開を図るが、中央をきっちり締める相手の守備に苦戦。加えて、連係ミスや球際の勝負で劣勢を強いられると、相手のカウンターからあわやという場面を作られる。 ▽一方、先制点を奪って思い通りの試合運びを見せるC大阪は34分、カウンターからボックス右の水沼と柿谷がワンツーを試みるが、ここは惜しくオフサイドの判定。それでも、前半終了間際の44分にボックス手前の好位置でFKを得ると、これをキッカーの丸橋が見事な左足のキックでゴール右隅に突き刺し、追加点を奪取。その後、前半アディショナルタイムにも再び好位置で得たFKを今度は右利きの水沼が狙うが、右隅を捉えたシュートはGK西川に阻まれ、前半のうちに試合を決めることはできなかった。 ▽迎えた後半、2戦合計で3点のビハインドを追う浦和は橋岡と矢島を代えて、ハーフタイム明けに森脇と武藤を同時投入する2枚替えを敢行。すると、この積極的な交代策が早速ゴールをもたらす。48分、右サイドで興梠から長いパスを受けた平川が鋭いクロスを入れると、これをニアに入り込んだ武藤が巧みに頭を振ってゴール左隅に決めた。畳みかける浦和は50分、ラファエル・シルバのキープから長澤のラストパスを受けたボックス左の平川に決定機も、ここは至近距離からのシュートをGK丹野のビッグセーブに阻まれる。 ▽後半に入って防戦一方のC大阪は54分、山下を下げてソウザを投入。この交代で山村を最終ラインに下げて[5-4-1]の守備的な布陣に変更。リードを守りつつカウンターの色合いを強めていく。だが、この交代で守備意識が強まり過ぎたか、ほとんど攻撃に出られず、相手の波状攻撃を許す。 ▽1点を返して完全に流れを掴んだ浦和は、その後も興梠やラファエル・シルバらに再三の決定機が訪れるも、あと一歩届かない。この状況を受けて70分、田村を下げて最後の交代カードとして高木を投入。すると71分、ファーストプレーで右CKのキッカーを務めた高木のニアを狙ったボールを興梠が巧みなヘディングでゴール左隅に流し込み、再び堀采配的中でゴールをこじ開ける。 ▽この得点で残り20分余りで1ゴールを奪えば逆転できる浦和は、勢いづいて攻め立てる。82分には左サイドから強引にカットインした高木が無回転気味のシュートをファーポストに蹴り込むが、ここはGK丹野のビッグセーブに遭う。さらに試合終了間際には興梠のシュートからラファエル・シルバに決定機も、再び丹野の身体を張ったプレーに阻まれた。 ▽ホーム浦和の猛攻実らず、試合はこのまま2-2でタイムアップ。2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったC大阪が浦和の連覇の夢を打ち砕き、クラブ史上初のベスト4進出を決めた。 2017.09.03 20:44 Sun
twitterfacebook
thumb

仙台が鹿島に敗戦もアドバンテージを生かしてクラブ史上初の4強《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017準々決勝第2戦の鹿島アントラーズvsベガルタ仙台が3日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、3-2で鹿島が勝利した。しかし、2戦合計スコア4-5で上回った仙台がクラブ史上初となる準決勝進出を決めている。 ▽水曜日に仙台ホームで行われた第1戦は3-1で仙台が勝利。逆転を期する鹿島は第1戦から5名を変更した。GKクォン・スンテ、西、鈴木、出場停止のレアンドロ、ブエノに代えて、GK曽ヶ端、三竿雄と伊東、中村、金崎を起用している。対する仙台は、増嶋と野沢に代えて椎橋と石原を起用する2点を変更した。 ▽立ち上がり、積極的な入りを見せたのは、予想に反してアドバンテージのある仙台だった。タイトな守備から果敢に前にボールを運び相手の出鼻を挫くと、6分にセットプレーから先行する。ペナルティアーク付近でFKを獲得すると、キッカーの三田が直接ゴールを狙う。左足のキックで壁の上を狙ったシュートがニアサイドに見事に決まり、仙台が2戦合計スコアを1-4とする先制点を決めた。 ▽ハーフタイムにかけては鹿島も反撃に転じ、一進一退の攻防となる。それでも、26分には仙台が再び決定機を演出する。ボックス左に走り込んだ西村が中野からボールを受けてクロス。ファーサイドで飛び込んだ奥埜がダイレクトで合わしたが、これは枠を捉えられない。 ▽なかなかゴールに近づけない鹿島だが、前半終了間際にはビッグチャンス。左サイド深くから三竿雄が入れたクロスにゴール至近距離の中村が飛び込む。しかし、合わせたシュートは目の前のゴールのバーの上にはずれ、この絶好機を生かせない。 ▽迎えた後半、最低でも3点が必要な鹿島は、小笠原を下げてアタッカーの鈴木を投入する。しかし、立ち上がりにスコアを動かしたのは、またしても仙台だった。48分、ボックス右で仕掛けた古林が三竿雄に倒されてPKを獲得。これを西村が冷静に沈めて、仙台が0-2とリードした。 ▽4点が必要になった鹿島は、58分に反撃。遠藤の右CKから正面の鈴木は打ちきれないものの、ルーズになったボールをすかさずシュート。この鈴木のシュートがネットを揺らし、鹿島が1点を返す。 ▽これで勢いづいた鹿島は、61分に中村に代えて安部を投入。すると、この期待の18歳がすぐさま仕事をする。ゴール正面で遠藤からの縦パスを受けた安部が冷静にゴール右にシュートを流し込み、スコアを2-2のタイとした。 ▽2戦合計3-5とした鹿島だが、勝ち抜けのためにはここから3点が必要な状況。だが、そのまま攻勢に出続けると、完全にムードを変える要因となった鈴木が2点目を挙げる。左サイドから永木が入れたクロスに正面で合わせた鈴木がヘディングシュートを決めて、鹿島が3-2と逆転する。 ▽勝ち抜けのために必要なのは2点となった鹿島だが、反撃もここまで、2戦合計4-5とした仙台がクラブ史上初となる準決勝進出を決めた。 2017.09.03 20:00 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース