若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

戴冠ならず…川崎Fの鬼木達監督「自分の力不足を感じる」《ルヴァンカップ》

▽4日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪vs川崎フロンターレが埼玉スタジアム2002で行われ、C大阪が2-0で勝利。川崎Fは主要タイトル獲得をまたしても逃すこととなった。 ▽試合後、川崎Fの鬼木達監督が記者会見に出席し、自身の采配で攻撃を活性化できなかったことを「自分の力不足を感じる」と反省。また、今後に向けてクオリティの向上に意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆鬼木達監督</span> (川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──試合を振り返って</span> 「多くのサポーターに来て頂いた中で、勝てなかったことは本当に悔しいですし、自分の力不足を感じています。何が何でも選手たちにタイトルを獲らせてあげたいという思いがありましたけど、なかなかそういう結果に結びつけることができず残念であります」 「試合の方は、最初にアクシデント的なところから失点してしまいましたけど、そのあと全員が声を掛け合いながらしっかりとゲームはコントロールしていたと思います。ただ、その中でもどこか少しずつパスのズレやそういったものが、最後まで改善されることなく終わってしまいました」 「ゴールへの意欲はありましたけど、最後の質というところを本当にこだわらなくてはいけなかったです。もしかしたら焦りというものがあったのかもしれないと今は思っています」 <span style="font-weight:700;">──自分の力不足とおっしゃったが、どの辺に力不足を感じたか</span> 「やはり一つは交代の部分も含めて、もっともっとパワーを出せたのではないかという思いがあります。もう一つは、やはりゴールへの意欲というか、崩しの部分に支障が多くゴール前のところに人を注ぐことができませんでした。そこを90分間通して改善することができなかったという思いがあります」 <span style="font-weight:700;">──今後、リーグタイトルの奪還に向けてどのようにチームをモチベートしていくか</span> 「今日は終わったばかりで選手たちも相当落ち込んでいます。メンタルの回復が一番大事になってくると思いますけど、試合後に言ったのは気持ちの部分はもちろん、もう一度サッカーの質にこだわるということ。あれだけ押し込んでいても最後に点が獲れないということころの部分に尽きると思うので、トレーニングでやっていくしかないと思っています」 <span style="font-weight:700;">──交代の部分でもっとパワーをとおっしゃったが、具体的な部分は</span> 「後悔という形はないですけど、最後パワープレーのような形になった場面も含めて、我慢強くもう少し戦えたのかなと思います。そこでバランスを崩してしまったということも自分の中で感じています。(ゴール)が入っていればそうではなくなるのだと思いますけど、選手と共に今シーズンは我慢強く戦おうとしてきた中で、そこの部分が難しかったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──後半開始にはMF長谷川竜也を投入して攻撃が活性化しつつも得点が奪えなかったが</span> 「前半もそうですけど、サイドから崩していた中で中央に人数をかけることができませんでした。例えば、小林悠がサイドに開けば、中が薄くなります。そういった中央の人数の部分が一つ問題だったのかなと。あとはやはり最後のクオリティやシュートへの意欲がもっともっと必要だったと思います」 <span style="font-weight:700;">─-MF阿部浩之を投入する場面で、下げる選手をMF大島僚太からMFエドゥアルド・ネットに変更したが</span> 「そこは一つ迷っていました。彼(大島僚太)が少し疲れているのかなという雰囲気もありましたけど、どっちにしても攻撃の場面で前に出ていけるのは僚太かなという思いで、交代をネットにしたという形です。後ろがどうしても重かったので一つ前に人が欲しかったという狙いでした」 <span style="font-weight:700;">──DFエウシーニョを下げたことについてと立ち上がりに硬さがあったように見えたが</span> 「試合に対して硬さはあったと思います。そういうのも含めて今日はそういう試合だよという話をしていましたし、やっているうちに想像以上に疲れが出てきた選手が多かったのかなと思います」 「エウシーニョに関しては、一つはイエローカードを貰っていたことが気になっていました。もう一つは普段出ないようなミスが今日は非常に多かったです。最後に点を奪いに行くということで(長谷川)竜也のドリブルに期待して右サイドバックの位置に移しました。ただ、その部分でうまくいったかというと疑問が残ります」 <span style="font-weight:700;">──C大阪のゲームプランや出来に苦しめられた部分もあったと思うが</span> 「ひとつはウチが早めに失点してしまったということで、彼らの守備意識をより高めてしまったと思います。前半はウチにもチャンスがあった中で、C大阪が1点リードしていることで相手がバタつかなかったですし、そういうメンタルを上げさせてしまいました」 2017.11.04 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

何故? 初載冠のC大阪主将FW柿谷曜一朗「自分が不甲斐ない」《ルヴァンカップ》

▽セレッソ大阪は4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレに2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪がクラブ史上初のタイトルを獲得した。 ▽試合後、C大阪で主将を務めるMF柿谷曜一朗がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。クラブが初タイトルを獲得したにも関わらず、とある理由で「自身が不甲斐ない」と後悔の念を強めた。 <span style="font-weight:700;">◆FW柿谷曜一朗</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──優勝の瞬間はベンチだったが</span> 「最後までみんなと戦いたかったから、個人的には優勝どうこうよりもそこに不甲斐なさを感じる。(最後までピッチに)立つべきだと思っていたので、それができなくて、自分に不甲斐なさがある。ただ、これだけ注目された中で結果を残せて良かった」 <span style="font-weight:700;">──表彰台から見た景色について</span> 「すごく不思議な気持ち。一番思うのは川崎の選手の気持ちが…ピッチに残されていたので。もう何度も経験しているんでしょうけど、僕らはそこも経験していないのに、こっち(優勝)に来てしまったので…。でも、勝負事なので良かった。そういうチームになれたとは思ってないし、今日みたいな試合を続けていけるようにならないといけない。このチームにいれて良かった」 <span style="font-weight:700;">──かなりボールの主導権を握られたが</span> 「持たせているつもりはなくて、持たれてたという感じ。あれだけ技術の高い選手に共通意識を持たれてプレーされると、なかなか僕らもサッカーできない。でも、ディフェンスも、ボランチも、前線もよく走ったことが今日の結果に繋がったと思う」 <span style="font-weight:700;">──出ていなかった選手たちの思いについて</span> 「名前を挙げるのはあれだけど、色々な形でチームに関わってくれている人がいて、色々な思いがある中で、僕自身は『本当にシャケ(DF酒本憲幸)さんと一緒に優勝したい』という思いを持ちながらプレーした」 「今日、シャケさんのユニフォームを借りて一緒に戦ってもらって、最後までピッチに立つ姿を見てもらいたかった。こういうチャンスってなかなかないじゃないですか。なので、そういうチャンスを生かせなかったことの悔しさがすごくある」 「だからこそ、こういうチャンスを作れるように、こういう試合ができるように、この悔しさをバネに頑張っていきたい」 2017.11.04 19:36 Sat
twitterfacebook
thumb

また元旦に! C大阪MF清武弘嗣、リーグカップに続き天皇杯制覇も視野《ルヴァンカップ》

▽セレッソ大阪は4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレに2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪がクラブ史上初のタイトルを獲得した。 ▽試合後、C大阪のMF清武弘嗣がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。優勝に安堵の様子を浮かべつつ、早くも次戦、そしてベスト4に勝ち残る天皇杯制覇を目指した。 <span style="font-weight:700;">◆MF清武弘嗣</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──優勝について</span> 「まだ優勝した実感がみんなにはないみたいだけど、時間が経てば湧いてくると思う」 <span style="font-weight:700;">──展開について</span> 「ちょっと先制が早かったし、試合がどうなるかわからなかった。相手が明らかに僕のサイドを押し込んできていたので、そこで割り切って、守備に専念して、カウンターを狙うことにした。結果的に、勝ててよかった」 <span style="font-weight:700;">──相手をよく研究していたように思えたが</span> 「リーグ戦で1-5で負けていたので、中で自由にやらせないようにしようと。フロンターレの選手のポジショニングは掴みづらくて、今日も崩されてるシーンはあった。でも、相手のシュートミスだったりがあって、そこらへんで少し運があった」 <span style="font-weight:700;">──2点目について</span> 「時間も時間だったし、あれはソウザがうまかった。ディフェンスが1人しかいなかったし、チャンスだった。そうしたら(水沼)宏太が後ろから全力で走ってきたので、人任せにパスを出した。ゴールが入って良かった」 <span style="font-weight:700;">──決勝に臨むにあたっての気持ちについて</span> 「監督も決勝のメンバー選考に悩んだと思う。ここまで戦ってきたメンバーは、リーグ戦に出られていない選手ばかりなので、多分僕らより悩んだんじゃないかなと。そういう気持ちは監督にあったと思う。正直、激しく戦える集団になったのは監督のおかげだけど、本当に感謝しないといけないのはルヴァン組。本当に感謝したい」 <span style="font-weight:700;">──この優勝を今後の戦いにどう繋げていくか</span> 「今年の目標がタイトルを獲ることだったので、それができて良かった。でも、もう終わったことなので、次はリーグ戦が始まる。何人か代表に行くので休みがないけど、僕らはちょっと休んで、リーグ戦に備えてACL出場のために頑張りたい。また元旦(の天皇杯決勝で埼玉スタジアム2002)に戻ってくるチャンスがあるので、ここに戻ってきたい」 <span style="font-weight:700;">──クラブ史上初のタイトル獲得について</span> 「いつも優勝争いや決勝で負けてきたチームなので、『歴史を変えるのは僕らしかない』という気持ちで戦った。みんな壇上に上がったとき、『これが優勝かー』って言っていたし、すごく新鮮だった。もう1回、この場所に戻ってきたい」 2017.11.04 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

優勝の実感なきC大阪MF水沼宏太「セレッソに初めて星をつけた一員になれて幸せ」《ルヴァンカップ》

▽セレッソ大阪は4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝で川崎フロンターレに2-0で勝利。大会初優勝を飾ったC大阪がクラブ史上初のタイトルを獲得した。 ▽試合後、C大阪のMF水沼宏太がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「セレッソのに初めて星をつけた一員として、ピッチに立つことができて幸せ」と語った。 <span style="font-weight:700;">◆MF水沼宏太</span>(セレッソ大阪) <span style="font-weight:700;">──優勝について</span> 「騒いではいたけど、実感がない。『優勝した先に何が見えるんだろう』っていう話はしていたけど、騒ぎすぎて、あまり覚えてない」 <span style="font-weight:700;">──今大会を振り返って</span> 「この大会にほぼ全員が出て、全員が気持ちで戦って、ここまで繋いできてくれた。最後もそういう戦いができた。僕ららしいサッカーはできなかったけど、みんなで守って、みんなで攻めて、みんなで勝ち取ることが優勝だと思う。セレッソに初めて星をつけた一員として、ピッチに立つことができて幸せ」 2017.11.04 18:56 Sat
twitterfacebook
thumb

「正直、自分の中でもわからない」…川崎FのMF中村憲剛、リーグカップ4度目の準Vに困惑《ルヴァンカップ》

▽川崎フロンターレは4日、埼玉スタジアム2002で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝でセレッソ大阪に0-2で敗戦。クラブ史上初の主要タイトル獲得を逃した。 ▽試合後、川崎Fで主将を務めるMF中村憲剛がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。前身のナビスコカップを含めて4度目の準優勝という結果に、「どれだけ積んでいけば良いのか」と困惑した様子を浮かべ、足りなかったものについても「正直、自分の中でもわからない」と首をかしげた。 <span style="font-weight:700;">◆MF中村憲剛</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──準優勝という結果について</span> 「まず最初のところで失点したのは今シーズンに関してほぼ初めてのこと。それがこの決勝で来るというのもまた難しさ。相手の隙を突こうとした中で、逆に僕らが失点した」 「そこから逆転した試合がこれまでいっぱいあったけど、今日1つ違ったのは向こうが割り切って守備に入れるチームだったということ。もう死に物狂いで1点を守ろうって割り切って入ってきたので、ゲームの構図というか、早々に決まってしまった」 <span style="font-weight:700;">──焦りはあったか</span> 「ないとは言えない。向こうは自分たちがバイタルエリアに入ったときに潰しに来てた。そこを掻い潜るために球際のところで叩かないといけない。そこを突破できれば、ゴール前のところまで入れれたけど、向こうからしたら前から取りに来ないで、来たら取るみたいな。こっちもより神経質にならないといけなくて、狙いやすかったと思う。もっとオープンな展開で、0-0でいってればどうなっていたかはわからない。全ては結果論」 <span style="font-weight:700;">──またタイトルを獲れなかったが</span> 「どの試合(タイトルマッチ)も同じじゃない。今回のようなケースは初めてのこと。『どれだけ積んでいかなきゃいけないのかな』っていう思いは正直あるけど、準優勝という結果は事実。これをどうやって、残り3試合に繋げていくかだと思う。今日は僕を含めてみんなすごく落ち込んでいる。ここでシーズンが終わったわけじゃないので、どれだけ切り替えていけるかが大事になる」 <span style="font-weight:700;">──サポーターもかなり駆けつけていたが</span> 「今日もたくさん来てくれていたし、後押しもしてくれた。今回のことは、それに結果で応えられなかった自分たちの責任。サポーターは良い準備をしてくれた」 <span style="font-weight:700;">──足りなかったものとは</span> 「それがわかっていたら優勝できていた。負けた後に話すことは色々できる。戦前からそういったことを潰していこうと話しているのに、それが出て、挽回できなかった。正直、自分の中でもわからない。サッカーはゴールで動く。ましてやファイナルでならなおさら。1点を獲ってあからさまに引くことができるチームだったということもあると思う。そのときに起こったことでしか対処できない」 <span style="font-weight:700;">──どんな状況であっても崩すのがフロンターレの印象だが</span> 「質も必要だし、監督からもトレーニングの必要性を言われた。まだまだやってくしかない。今日の負けで全てが終わったわけじゃない。自分たちがやってきたことがなくなるわけでもない。ただ、もっともっと個々が隙を見せないことだったり、技術のところを高めたりをやっていかないと。気持ちの部分は両チームとも言われなくともあった。またやっていきたい」 2017.11.04 18:35 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース