若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップ決勝は昨年と同じ埼玉スタジアム2002で11月4日に開催《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは21日、2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝の開催日、試合会場、テレビ放送を発表した。 ▽今大会の決勝は、昨年同様に埼玉スタジアム2002が試合会場となり、11月4日(土)に開催される。なお、キックオフ時間は未定。テレビ放送はフジテレビ系列にて全国生中継される。 ▽昨シーズンの決勝ラウンドからヤマザキナビスコカップからYBCルヴァンカップに大会名称が変更。初代ルヴァンカップ王者にはガンバ大阪をPK戦の末に下した浦和レッズが輝いている。 2017.03.21 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

菅が2得点に絡んだ札幌が磐田に競り勝ち白星発進!《YBCルヴァンカップ》

▽15日、YBCルヴァンカップ2017が開幕。グループA第1節のジュビロ磐田vs北海道コンサドーレ札幌がヤマハスタジアムで行われ、0-2で札幌が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグを3試合終えて、1勝1敗1分で10位に位置しているホームの磐田は、前節の大宮アルディージャ戦からDF櫻内渚とDF藤田義明、MFムサエフ以外のスタメン8人を変更。一方、2敗1分で17位の札幌は、前節のセレッソ大阪戦からGKク・ソンユンとMF石井謙伍以外のスタメン9人を変更した。 ▽低調な立ち上がりを見せる中、まずチャンスを作ったのは札幌。8分、敵陣中央右から菅がFKでゴール前に放り込む。これをヘイスが頭で合わせるも、ゴール左に外れる。対する磐田は10分、敵陣中央左で小川航がボールを受けると、ボックス手前まで運び、右足を振り抜く。ボールはゴール左隅を捉えるも、GKク・ソンユンに阻まれる。 ▽その後も、試合のペースを握る磐田は30分、左サイドでボールを受けた松本がボックス手前にワンタッチパスを送ると、小川航がトラップでマークを外して右足でシュート。しかし、枠を捉えることができない。 ▽一方、攻め込まれる苦しい展開が続く札幌が一瞬の隙からチャンスを作る。33分、永坂がボックス内にロングボールを供給すると、これに反応した荒野が抜け出し、GKと一対一。しかし、左足で放ったシュートはミートせず、ゴールの上へと外してしまう。 ▽対する磐田はその直後に決定機を迎える。34分、小川大のパスをボックス右外で受けた山本が鋭いクロスを供給すると、ニアサイドの小川航が左足アウトサイドで合わせるも、左ポストに嫌われる。43分にも細かいパス回しから山本がボックス手前から右足でコントロールシュートを放つも、わずかにゴール右へと外れ、スコアレスのまま試合を折り返す。 ▽すると後半、ここまで防戦が続いた札幌が均衡を破る。56分、右サイドからマセードがクロスを供給。これを菅が左足で折り返すと、Gk八田がファンブル。こぼれ球を上原が左足で押し込み、ネットを揺らした。 ▽まさかの展開となった磐田は60分、ムサエフに代えて松井を投入。攻撃の枚数を増やして厚みを加える。しかし、攻撃のスイッチを入れるパスが前線と合わず、思うように攻めることができない。 ▽すると札幌がカウンターから磐田を畳みかける。69分、自陣左サイドでボールを受けた菅が縦へと仕掛ける。そのままボックス左に侵攻すると、中央へラストパス。これを走り込んだ金園がシュートを放つも、GK八田のファインセーブに防がれる。 ▽その後も、磐田に猛攻を仕掛けられるも、耐え凌ぐ札幌は82分、ヘイスに代えて都倉を投入。すると87分、左サイドを菅がドリブルで駆け上がると、右サイドにスルーパス。これをフリーで受けた都倉がボックス内で左足を振り抜くと、ニアサイドを射抜いて試合を決定づけた。試合のペースを握られるも、少ないチャンスから2得点を奪った札幌が勝ち点3を獲得した。 2017.03.15 21:41 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪がセットプレーから2発で横浜FMを下す《YBCルヴァンカップ》

▽15日、YBCルヴァンカップ2017が開幕。グループB第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスがキンチョウスタジアムで行われ、2-0でC大阪が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグを3試合終えて、1敗2分で13位につけるホームのC大阪は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメン全員を変更。一方、2勝1敗で5位につける横浜FMも、前節の鹿島アントラーズ戦から先発メンバー全員を入れ替えた。 ▽立ち上がりから両者ともに相手陣内へと積極的に攻め入ると13分、C大阪が横浜FMゴールを脅かす。13分、ボックス左外でボールを受けた関口が右足でクロスを供給。これをファーサイドのリカルド・サントスが頭で合わせるも、バーの上。22分には敵陣中央左から中央に切れ込んだ関口が意表を突いたロングシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽一方の横浜FMは23分、左サイドでボールを受けた中島が切り返しからクロスを送ると、中央の中町がヘディングシュート。しかし、これはGK圍に正面でキャッチされる。 ▽その後、横浜FMに立て続けにゴール前へと迫られたC大阪だが、セットプレーから均衡を破る。31分、舩木からの右CKをファーサイドでフリーになった茂庭が頭で折り返す。これを、走り込んだ木本が右足で押し込みゴールネットを揺らした。 ▽後半開始直後、横浜FMは決定機を迎える。47分、左サイドを抜け出した高野がクロスを供給。これを富樫が落とすと、走り込んだ中島がボックス中央からシュートを放つも、ボールはゴール頭上を越えてしまう。 ▽難を逃れたC大阪はセットプレーから追加点を奪う。56分、舩木からの右CKが混戦になると、こぼれ球がゴール前へと転がる。これを待ち構えていたリカルド・サントスが流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げられた横浜FMはその直後に前田、65分に伊藤を投入し、攻撃の活性化を図る。すると78分、高野の左CKに新井が頭で合わせるも、GK圍の正面へ飛んでしまい決めきることができない。C大阪は82分、茂庭に代えてマテイ・ヨニッチを投入して、試合をシャットアウト。セットプレーから2得点を奪ったC大阪が白星スタートを飾った。 2017.03.15 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

プロデビューの手塚が鮮やかボレー弾! 清水を下した柏が白星スタート《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループAの柏レイソルvs清水エスパルスが日立台サッカー場で行われ、ホームの柏が1-0で勝利した。 ▽J1リーグ開幕から1勝2敗で連敗中の柏と、2連勝中の清水が激突した。悪い流れをここで断ち切りたい柏は、8選手を入れ替え。対する清水は、10選手のメンバー変更を行い、リーグカップ戦白星スタートを狙った。 ▽試合は早々に動く。3分、小池が右サイドの敵陣深くからクロスを供給する。これは相手にクリアされたものの、この試合がプロデビュー戦の手塚がセカンドボールに反応。バイタルエリア中央からダイレクトで左足を振り抜くと、ゴール右に沈めた。 ▽早々に先制した柏は、その後も15分に手塚、20分に大島が積極的にシュート。しかし、いずれも決め切ることができずにいると、清水も反撃に出る。しかし、柏の高い守備意識に阻まれ、同点に追いつくことができない。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した清水は、ハーフタイム明けから金子を下げて野津田を投入。さらに、60分に二見を下げて松原をピッチに送り込み、流れを引き寄せにかかるが、柏が手放さない。 ▽大津の推進力を生かしたカウンターで清水ゴールに迫る柏。しかし、何度か迎えた決定機を武富がモノにすることができない。結局、試合はそのまま終了。J1連勝中の清水を止めた柏が白星スタートを切った。 2017.03.15 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

控え中心のメンバーで臨んだ広島vs甲府は決定力を欠きゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループBのサンフレッチェ広島vsヴァンフォーレ甲府がエディオンスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦でサガン鳥栖に1-0と敗れた広島は、MF青山敏弘やFW工藤壮人、MFミキッチら主力の大半を温存。若手主体で臨んだ。一方の甲府は、浦和レッズに4-1で大敗。こちらも控えメンバー中心で臨んだ。 ▽試合は3分、川崎のタックルを受けた河本が足を痛めピッチに倒れ込み試合が中断。一旦はピッチを後にするも、戻ってプレーを継続した。 ▽甲府は10分、河本がドリブルで運びパス。これを曽根田が受けてクロスを上げるも、クリアされてしまう。さらに22分には、河本の浮き球のパスに保坂が抜け出してシュート。しかし、これはGK廣永が好セーブを見せる。 ▽エンジンがかからない広島はセットプレーからチャンスを窺う。CKのキッカーを務める森島がクロスを入れるも、わずかに合わずに得点を奪うには至らない。 ▽35分には古巣対決となった稲垣が鋭いミドルシュートを放つもGK河田がセーブ。37分には左サイドを抜け出した長沼が中央に折り返すも、味方には合わない。 ▽ゴールレスで前半を終えると、後半は互いに攻め合う展開に。50分には皆川、宮吉とつなぐと、クロスをアンデルソン・ロペスが合わせるも、ゴールは決まらない。 ▽徐々に広島がサイド攻撃からチャンスを作り出す機会が増えていったが、フィニッシュの精度を欠き決定機を作れず。75分には青山を投入して流れを変えにかかるが、甲府の集中した守備の前にゴールに迫れない。 ▽終盤にかけては甲府が堀米を投入して勢いをつけるも、広島が体を張って守り得点を許さず。結局そのまま試合は終了し、0-0の引き分けに終わった。 2017.03.15 21:24 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース