超ワールドサッカー

若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

C大阪が神戸を下し、グループB首位浮上!《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループBの第6節セレッソ大阪vsヴィッセル神戸が24日に行われ、1-0でホームのC大阪が勝利を収めた。 ▽グループBの上位対決となったこの試合。首位の神戸を勝ち点1差で追う2位のC大阪は前節1-0で勝利したアルビレックス新潟戦から、GKキム・ジンヒョン、マテイ・ヨニッチ、舩木、山口、清原、リカルド・サントスの6選手に代え、GK丹野、藤本、酒本、水沼、西本、澤上を起用して臨んだ。 ▽一方、ここまで4戦全勝の神戸はC大阪より消化が1試合少ないながらも首位に立ち有利な状況。2-1でヴァンフォーレ甲府に勝利した前節から藤谷、渡部、松下、中坂に代えて、高橋、伊野波、田中順、ウエスクレイを先発に起用した。 ▽序盤はパスを回しながら相手の出方を窺う両チーム。神戸はDFラインからパスを繋ぎながら攻撃を試みるが、なかなかシュートまで運べない。対するC大阪は、ロングボールを活用しながら、効果的な攻撃を見せる。 ▽すると11分、C大阪が敵陣中央左でFKを得ると、田中裕がロングボールをファーサイドへ送ると、木本が頭で折り返し、待ち構えた藤本が倒れ込みながらダイレクトシュート。勢いはなかったものの、GKキム・スンギュの手の届かないコースへ飛び、ネットを揺らしてC大阪が先制した。 ▽先制を許した神戸は、細かくパスを繋ぎながらC大阪ゴールへ迫るも、高い集中力を見せる守備陣を崩すことが出来ない。前半を通して、神戸がC大阪を押し込む時間がほとんどだったが、シュートまで持ち込むことが出来ず、1-0のまま後半へ向かう。 ▽迎えた後半も、神戸が小気味よくパスを回して相手を敵陣に押し込むが、決定的なパスが出せないため、思うようにシュートを打つことが出来ない。そんな中、渡邉やウエスクレイがシュートを狙うが、GK丹野を脅かすまでには至らず。 ▽時間が経つにつれて守備に重心を据えるC大阪が何度かカウンターで攻撃に転じると31分、そのカウンターを止めようとした三原が相手を倒してしまう。すでに1枚イエローカードを受けていた三原はこのプレーで退場に。1点を追う神戸が、一人少ない状況となった。 ▽それでも攻め続ける神戸は84分、右サイドのクロスに渡邉が頭で合わせると、シュートは枠を捉えたが、GK丹野のビッグセーブに遭い同点にすることはできなかった。 ▽終盤にかけても攻め続ける神戸だったが、粘り強いC大阪の牙城を落とすことが出来ずこのまま試合終了。前半のゴールを守り切ったC大阪が、神戸を下し逆転で首位に立った。 2017.05.24 22:23 Wed
twitterfacebook
thumb

土壇場PKで鳥栖に逆転勝利! ウーゴ2発で横浜FMがPO進出へ前進《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが24日に行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽2分け2敗で5位につける鳥栖と、2勝2敗で4位につける横浜FMが激突した。自力でのプレーオフステージ進出の可能性が消滅し、全勝が最低条件の鳥栖は、直近のリーグ戦から先発メンバー9人を変更。藤田や水野を起用。肺気胸で離脱していた豊田も復帰を果たした。 ▽一方、ルヴァンカップで連勝中の横浜FMは、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。山中やダビド・バブンスキー、ウーゴ・ヴィエイラが先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの横浜FMが鳥栖ゴールへと迫る。5分、ボックス左手前から山中が左足を振り抜く。しかし、強烈な無回転シュートはゴール右へと逸れる。対する鳥栖は8分、太田のパスを受けた小川がボックス中央手前から丁寧に右足でゴール右上隅を狙うも、枠を捉え切れない。 ▽前半半ばに入ると、横浜FMが攻勢を強める。22分、敵陣中央右からダビド・バブンスキーがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせるも、GK権田のファインセーブに阻まれる。さらに24分、山中が味方のスルーパスでボックス左へ侵攻し、左足でシュート。しかし、今度は左ポストに嫌われる。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しさを増す。すると64分、横浜FMが均衡を破る。ボックス右深い位置でダビド・バブンスキーが強引に中央へ切れ込み、ウーゴ・ヴィエイラにパス。これをウーゴ・ヴィエイラがワントラップで一人をかわし、右足でゴールネットを揺らして横浜FMが先制した。 ▽先制を許した鳥栖だったが76分、ボックス左外でボールを受けた三丸が左足でクロスを供給。これをゴール中央の富山が頭でゴール右隅へと流し込み、同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻された横浜FMは81分、吉尾に代えて仲川を投入。迎えた後半アディショナルタイム2分、その仲川がボックス右へ侵攻すると、太田に倒されてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラがゴール左へ突き刺し、勝ち越しに成功。そのまま試合終了し、2-1で横浜FMが勝利した。勝った横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラの2発の活躍でプレーオフ進出に前進。対する鳥栖は、グループステージ敗退が決定した。 2017.05.24 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

甲府が2発で今大会初勝利! 新潟は未だ白星なし《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のアルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府が24日に行われ、2-0で甲府が勝利した。 ▽4試合を消化し1分け3敗で7位に沈む新潟と、2分け2敗で6位につける甲府が対戦した。すてに敗退が決定し、呂比須ワグナー監督招へい後、公式戦2試合目を迎える新潟は、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK守田や大野、本間らが先発に名を連ねた。 ▽一方、プレーオフステージ進出にわずかな望みを残す甲府は、直近のリーグ戦から先発メンバーを10人変更。GK岡西やオリヴァー・ボザニッチを起用した。また、2種登録の入間川も先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの甲府が積極的な入りを見せる。3分、ボックス左手前の曽根田が強引に右足を振り抜くと、こぼれ球を拾った石原がボックス内からシュート。しかし、これはGK守田に弾かれる。 ▽対する新潟は前線から激しいプレスでボールを奪うも、バイタルエリアで丁寧さを欠き、チャンスを作ることができない。 ▽すると新潟はセットプレーからチャンスを迎える。21分、加藤の右CKをファーサイドに走り込んだ酒井高が頭で合わせるがバーに直撃する。 ▽ゴールを脅かされた甲府もすぐさま応戦。35分、左サイドを突破した曽根田が敵陣深い位置からクロス。これは相手DFにクリアされるも、ボックス手前に転がったこぼれ球を島川が右足ダイレクトでシュート。しかし、GK守田の好守に阻まれる。 ▽後半に入ると、前半とは一転、試合がこう着する。すると67分、甲府が一瞬の突破からビックチャンスを獲得する。左サイドでボールを受けた曽根田が島川とのワンツーでボックス内へと侵攻し、縦への突破を図ると、相手に倒されてPKを獲得。これをオリヴァー・ボザニッチが冷静にゴール左へと沈め、甲府が先制する。 ▽先制点を奪われた新潟は72分に鈴木、79分にホニを投入し、攻勢を強めるが、甲府の粘りの守備にゴール前へ侵攻することができない。 ▽すると終盤、甲府が一瞬の隙から新潟を引き離す。85分、土屋がオーバーラップから右サイドの敵陣深くでボールを受けると、グラウンダーのクロスを供給。これをゴール前に走り込んだ保坂が右足で押し込み、リードを2点に広げ試合を決定づけた。 ▽結局、後半に2点を奪っ甲府がグループステージ突破に望みをつなぐ勝利。対する新潟は、ルヴァンカップで未だ勝利がない状態が続いている。 2017.05.24 21:46 Wed
twitterfacebook
thumb

前田弾を死守したFC東京が首位を追走! 柏はGS敗退が決定…《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループA第6節の柏レイソルvsFC東京が24日に行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽4試合を消化し1勝2分け1敗で5位につける柏と、3勝1敗で2位につけるFC東京が激突した。グループステージ突破に向けて大一番を迎える柏は、直近のリーグ戦から先発メンバーを9人入れ替え。細貝とディエゴ・オリヴェイラ、ハモン・ロペスらを起用した。 ▽一方、上位をしっかりとキープしたいFC東京も直近のリーグ戦から先発メンバーを同じく9人変更。梶山やピーター・ウタカらを起用した。また、現在ニューヒーロー賞の投票で上位をキープしている中島も先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、ホームの柏がディエゴ・オリヴェイラ、ドゥドゥ、ハモン・ロペスの前線3人を起点とし、積極的に敵陣へと攻め入る。前半の半ばに差し掛かっても、柏はパスを細かく繋ぎ、両サイドを攻略するが、幾度となくラストパスをカットされてしまい、決定機を作ることができない。 ▽依然としてFC東京に反撃を許さない柏は29分、ようやく決定機を迎える。ボックス左外からのハモン・ロペスのクロスがGK林に弾かれると、ボックス手前でボールを拾った栗澤が右足でコントロールシュート。しかし、これがわずかにゴール右上に外れる。 ▽その後はFC東京も多少ボールを保持できるようになるが、互いにシュートチャンスを作れないこう着した状態が続く。それでも柏は前半終盤、ディエゴ・オリヴェイラのクロスをハモン・ロペスが詰めると、ボックス中央でこぼれ球を拾ったドゥドゥが右足でシュートを放つが決め切ることができない。 ▽後半に入るとここまで押し込まれていたFC東京が攻勢に転じる。58分、中島の右CKをニアサイドに走り込んだ橋本がヘディングシュート。しかし、枠を捉え切れない。それでも71分、リズムを取り戻したFC東京が先制点を奪う。ボックス右手前で中島のパスを受けた徳永がボックス中央にクロスを送ると、途中出場の前田が左隅へと流し込んだ。 ▽先制を許した柏は73分に武富、80分に手塚を入れて攻勢を強める。88分、ボックス右手前でFKを獲得すると、手塚が左足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール右上を外れてしまう。 ▽追いつきたい柏は、終了間際にもボックス手前でFKを獲得するが、好機を生かせず試合終了。FC東京が前田のゴールで白星を飾り、首位を追走。対する柏はグループステージ敗退となった。 2017.05.24 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

アウェイで逆転勝利を収めた仙台が首位キープ! 札幌は最終節に3位入りを目指す《YBCルヴァンカップ》

▽24日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第6節の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台が札幌ドームで行われ、1-2で仙台が勝利を収めた。 ▽ここまで4試合を消化し、2勝1分け1敗で勝ち点7の4位につける札幌と、5試合を消化し3勝1分け1敗の勝ち点10で首位に立つ仙台の一戦。札幌はマセードが約2カ月ぶりの復帰となり、仙台は好調のクリスランが1トップに入った。 4分、ジュリーニヨガ左サイドへ展開すると、石井がボックス内左からクロス。これをフリーの上原がどんぴしゃヘッドで叩き込み、札幌が先制する。 ▽先制した札幌はジュリーニョを中心に攻撃を組み立てる。12分にはジュリーニョが高い位置でボールを奪うと、左サイドまでドリブルで持ち上がりクロス。しかし、上原が合わせたシュートは枠を捉えられない。 ▽すると17分、仙台がチャンスをものにする。西村からのパスを受けたクリスランがボックス中央ではたいたボールを、佐々木が巧みなターンでDFをかわし、そのままシュート。これがネットを揺らし、仙台が同点に追いつく。 ▽勢いづく仙台は20分、右サイドでFKを獲得すると、三田がゴール前にクロス。これをボックス中央で石川が頭で合わせ、仙台が逆転に成功する。 ▽仙台は前半アディショナルタイム1分にもチャンス。小島ががアーリークロスを送るも、菊地が何とかクリアし試合終了。1-2と仙台が1点をリードして前半を終える。 ▽1点ビハインドの札幌は後半開始から、攻撃の中心だったジュリーニョに代えて菅を投入。攻撃の活性化を図る。菅の投入で推進力を得た札幌は、セットプレーのチャンスを多く創出。小野が幾度となくクロスを送るも、味方に合わずゴールを奪えない。 ▽リードしている仙台はリスクを犯して攻め込むことはなく、しっかりをブロックを作って対応。荒野に代えて宮澤、小野に代えて都倉を投入し、勝負に出る。 ▽76分にはその都倉が決定機。上原がドリブルで仕掛け都倉にパスを送ると、ボックス手前からシュート。しかし、これはGK関がセーブする。 ▽防戦が続く仙台は、両サイドを使って攻撃を仕掛けるも、クロスが味方に合わない。その後も攻め込む札幌、守る仙台の構図が続くが、最後までゴールは生まれず。仙台が1-2で札幌を下し首位をキープした。一方の札幌は、最終節に3位浮上を目指す。 2017.05.24 21:15 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース