超ワールドサッカー

若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップのプレーオフステージはFC東京vs広島、C大阪vs札幌《YBCルヴァンカップ》

▽31日、2017JリーグYBCルヴァンカップのプレーオフステージの組み合わせが決定した。 ▽31日にYBCルヴァンカップの最終節が行われ、Aグループ、Bグループの順位が確定。Aグループは2位のFC東京、3位の北海道コンサドーレ札幌が、Bグループは2位のセレッソ大阪、3位のサンフレッチェ広島がプレーオフステージに進出した。 ▽この結果、FC東京(Aグループ2位)vsサンフレッチェ広島(Bグループ3位)、セレッソ大阪(Bグループ2位)vs北海道コンサドーレ札幌(Bグループ3位)のカードに決定した。なお、プレーオフステージはホーム&アウェイ方式でノックアウトステージ進出チームが決定する。 ▽ノックアウトステージには、Aグループ1位のベガルタ仙台が4年ぶり、Bグループ1位のヴィッセル神戸が4年連続で出場。加えて、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の4チームがすでに進出。プレーオフステージの勝者である2チームが加わり、8チームでタイトルを争うことになる。なお、ノックアウトステージの組み合わせ抽選会は7月31日(月)にオープンドローにて行われる。 ◆2017Jリーグ YBCルヴァンカップ プレーオフステージ日程 【第1戦】 ▽6月28日(水) 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs セレッソ大阪 [札幌ドーム] サンフレッチェ広島 vs FC東京 [エディオンスタジアム] 【第2戦】 ▽7月26日(水) 《19:00》 セレッソ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌 [キンチョウスタジアム] 《19:30》 FC東京 vs サンフレッチェ広島 [味の素スタジアム] 2017.06.01 10:04 Thu
twitterfacebook
thumb

好調柏を下した札幌が3位滑り込みでプレーオフへ《YBCルヴァンカップ》

▽31日に札幌厚別公園競技場で行われたJリーグYBCルヴァンカップ2017グループAの最終節、北海道コンサドーレ札幌vs柏レイソルは、ホームの札幌が2-1で勝利した。 ▽他会場の結果次第ながら勝利すれば3位でのグループステージ突破の可能生がある札幌と、リーグ戦の好調ぶりと裏腹にグループステージ突破の芽が潰えている6位の柏が激突した。札幌は小野が先発。対する柏は、負傷明けの大津が先発復帰した。 ▽試合は、序盤から決定機を作り出す札幌が38分に先制。宮澤のパスを中央で受けた福森が左足のミドルシュートを放つ。正確にコントロールされたシュートがゴール左隅に突き刺さり、札幌がリードする。 ▽その札幌は1点リードで試合を折り返すと、57分に小野のヒールパスから追加点。ボックス左の早坂が中央に折り返し、ニアサイドにいた都倉の間を通過したボールをフリーでゴール前に走り込んだマセードが押し込んだ。 ▽突き放された柏は、65分に大津を下げてクリスティアーノを投入。攻勢を強める。すると、73分には栗澤のパスをクリスティアーノがワンタッチで後方に叩き、その流れから宮本が左足を振り抜く。これが決まり、柏が1点差に詰め寄った。 ▽その柏は89分に同点機を迎えるが、ハモン・ロペスがボックス右から放ったシュートはクロスバーを直撃。結局、柏の反撃を1点に食い止めた札幌が、この最終節を落としたジュビロ磐田に抜いて3位に滑り込み、プレーオフ進出を果たした。 2017.05.31 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖がイバルボ加入後初ゴールなどで甲府に競り勝つ《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループB最終節のヴァンフォーレ甲府vsサガン鳥栖が31日に行われ、2-3で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで1勝2分け2敗で5位の甲府、2分け3敗で6位の鳥栖と、すでにグループステージ敗退が決まっている同士が対戦した。甲府は、直近のFC東京戦(1-1)から全選手を入れ替え、河本やボサニッチを先発起用。対する鳥栖は、直近のコンサドーレ札幌戦(1-0で鳥栖が勝利)からGK権田とキム・ミンヒョク以外の9選手を変更し、イバルボや水野がスタメン入りした。 ▽試合は14分、鳥栖がゴールに近づく。ゴール正面で得たFKで水野が直接狙う。このシュートが壁にディフレクトしてコースが変わると、右ポストに直撃した。 ▽冷や汗をかいた甲府だが、直後には反撃して先行する。自陣から新井がディフェンスライン裏を狙ってスルーパス。これでゴール前に抜け出した河本がGKとの一対一を制し、試合の均衡を破る。 ▽しかし、鳥栖もすぐさまやり返す。24分、小川のボール奪取からボールを持ったイバルドがボックス内に進入。そのまま左足のシュートでネットを揺らし、イバルボの加入後初ゴールで鳥栖が試合を振り出しに戻す。 ▽1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのは甲府だった。52分、フィードからボックス内の石原が潰れると、ルーズボールを拾った河本がシュート。河本のこの日2点目となるゴールが決まり、甲府が再びリードを手にする。 ▽再びビハインドを背負った鳥栖は、66分に決定機を迎える。敵陣右サイド深くからイバルボがロングスローを入れると、正面でボールを拾った石川がシュート。しかし、これは右ポストに弾かれた。 ▽それでも、鳥栖は75分に追いつく。水野のインフロントに巻いた右CKがゴール方向に飛ぶ。これを甲府GK岡西が弾ききれずゴールイン。このゴールで勢いに乗った鳥栖はさらに78分、ボックス内で池田が落としたボールを叩いた富山が決めて、3-2と逆転する。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、鳥栖が勝利。札幌戦に続く公式戦2連勝を決めた。 2017.05.31 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

新潟を下した神戸が逆転で首位通過《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループB最終節のアルビレックス新潟vsヴィッセル神戸が31日に行われ、0-1で神戸が勝利した。 ▽ここまで1分け4敗で最下位でのグループステージ敗退が決まっている新潟と、同4勝1敗で2位の神戸が相まみえた。新潟は、直近のベガルタ仙台戦(1-2で新潟が敗戦)から全選手を入れ替え、平松や成岡を先発起用。一方、この試合で勝利すれば首位で勝ち抜けが確定する神戸は、直近のセレッソ大阪(1-2で神戸が敗戦)からGKキム・スンギュ、渡部、伊野波、高橋、大森を引き続き起用した。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。19分には、神戸が決定機を創出。ウエスクレイのフィードに抜け出した小川がGKと一対一に。ボックス内に進入した小川がそのままシュートに持ち込んだが、これはわずかに枠の左に外れる。 ▽対する新潟は、31分に反撃。右サイドでFKを得ると、キッカーの端山がファーサイドにクロス。打点の高いヘディングで合わせた酒井高がシュートを飛ばすが、これはGKキム・スンギュのセーブに遭った。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、スコアを動かしたのは神戸だった。52分、伊野波が右サイド深くからクロスを入れると、ファーサイドに流れたボールを大森が折り返す。最後は正面の田中順が左足で決めて、神戸が先手を取る。 ▽終盤にかけては、伊藤、成岡、平松に代えてロメロ・フランク、鈴木、そして16歳の本間至を入れた新潟が同点弾を狙って前に出る。88分には、その本間至が右サイドで鋭い仕掛けを見せて、ラストパス。最後は正面の鈴木が枠内シュートに持ち込んだが、これはGKの正面を突いた。 ▽結局、そのまま神戸が逃げ切りに成功。この結果、グループ首位に躍り出た神戸がノックアウトステージ進出を決めた。 2017.05.31 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMとの直接対決を制した広島がプレーオフ権獲得《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ2017グループB最終節の横浜F・マリノスvsサンフレッチェ広島が31日に行われ、1-2で広島が勝利した。 ▽ここまで3勝2敗で3位の横浜FMと、同2勝1分け2敗で4位の広島がプレーオフ進出圏内(2位、3位)入りを懸けて激突した。横浜FMは直近の清水エスパルス戦(3-1で勝利)から全選手を入れ替え、富樫やバブンスキー、中島らを起用。対する広島も直近のジュビロ磐田戦から11名を変更し、工藤やフェリペ・シウバ、森島らを先発させた。 ▽試合は、23分に広島が動かす。ゴール前でやや混戦となると、最後はゴール至近距離の工藤がヒールシュート。これが決まり、広島が試合の均衡を破った。 ▽ハーフタイムにかけて同点弾を狙う横浜FMは、39分にセットプレーからチャンス。左サイドからバブンスキーがゴール前にFKを入れると、新井が飛び込む。だが、ボールはバーの上にはずれ、ゴールとはならなかった。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから横浜FMが積極的に前へ出る。ビハインドを背負う横浜FMは58分、ゴール至近距離で仲川、中町と立て続けにシュートに持ち込むも、GK中林の好セーブと広島守備陣の身体を張ったディフェンスに遭い、ネットを揺らせない。 ▽しかし、攻め続ける横浜FMは、61分に追いつく。ボックス右に走り込んだ新井が投入されたばかりの齋藤からのパスを受けて折り返しのボールを入れる。これに正面の仲川が合わせ、横浜FMがスコアを1-1のイーブンに戻した。 ▽その後、終盤にかけては、77分に富樫に代えてウーゴ・ヴィエイラを投入した横浜FMが勝ち越し弾を狙う広島を制しながら試合を進める。それでも、広島は86分に勝ち越し弾を挙げる。ボックス左で仕掛けた柏のクロスに正面の宮吉がヘッド。これが決まり、広島がリードした。 ▽結局、このゴールが決勝点となり、試合終了。広島が横浜FMを上回り、グループステージ3位でのフィニッシュでプレーオフ権を獲得した。プレーオフでは、グループAで2位のFC東京と対戦する。 2017.05.31 21:07 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース