若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京MF中島翔哉「面白い試合になると思う。楽しんでやれればいいなと」《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。 ▽多摩川クラシコとなったこの一戦。FC東京のMF中島翔哉は、対戦相手の川崎フロンターレMF大島僚太に対して、同世代として意識しつつ、「楽しんでやれればいいなと思います」と肩肘張っていない様子が窺えた。 <span style="font-weight:700;">MF中島翔哉</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──相手の印象は?</span> 「多摩川クラシコはすごく大事な試合なのですごく楽しみ。面白い試合ができるんじゃないかと。川崎Fはパスを多く繋いで、本当に日本で一番上手いチームだと思います」 <span style="font-weight:700;">──(MF大島に対して)同世代としてライバル意識はありますか</span> 「僚太は川崎Fの中心選手なのでそこはしっかりみんなで抑えつつ、お互いにいい試合ができるように頑張ります」 <span style="font-weight:700;">──ここから決勝Tですが、改めて意気込みを</span> 「2試合とも厳しい試合にはなると思いますけど、楽しんでやれればいいなと思います」 2017.07.31 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

鹿島DF西大伍、H&Aでの戦いに「ある程度勢いが大事だと思います」《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。 ▽鹿島アントラーズのDF西大伍は、ベガルタ仙台の本拠地・ユアテックスタジアムでの戦いを独特な雰囲気と表現し、初戦のアウェイ戦では「いい戦いをしたいと思います」と意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">DF西大伍</span>(鹿島アントラーズ) <span style="font-weight:700;">──オープンドローが終わっての率直な感想</span> 「暑かった(笑) 」 <span style="font-weight:700;">──相手のチームの印象</span> 「仙台はユアテックスタジアムではたくさんのお客様が来てくれているので、独特な雰囲気を感じています。(仙台の)選手たちはその声に押されてすごく走りますし、チーム一丸となって戦っているという印象です」 <span style="font-weight:700;">──この後チームに戻って、チームメイトから何を言われると思いますか?</span> 「わからないです(笑)」 <span style="font-weight:700;">──改めて決勝Tに向けて意気込みを</span> 「2試合で勝負を決するというところで、リーグとは違いますし、ある程度勢いが大事だと思います。初戦はアウェイですけどいい戦いをしたいと思います」 2017.07.31 18:24 Mon
twitterfacebook
thumb

仙台MF佐々木匠「僕たちはグループリーグで1位通過しているので、その勢いを全面に出して戦う」《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。 ▽ベガルタ仙台のMF佐々木匠は、対戦相手である鹿島アントラーズの勝負強さをリスペクトしながらも、グループリーグ首位通過の勢いそのままに戦うことを誓った。 <span style="font-weight:700;">MF佐々木匠</span>(ベガルタ仙台) <span style="font-weight:700;">──オープンドローが終わっての率直な感想</span> 「そうですね、暑かったです(笑)」 <span style="font-weight:700;">──相手のチームの印象</span> 「鹿島の選手たちは個の能力がすごく高いですし、それに加えて勝負強さも持ち合わせているので強いチームだと思います」 <span style="font-weight:700;">──この後チームに戻って、チームメイトから何を言われると思いますか?</span> 「『強いチームを引いてきたな』って言われると思います」 <span style="font-weight:700;">──改めて決勝Tに向けて意気込みを</span> 「ホーム&アウェイということで、戦い方がすごく大事になると思いますけど、僕たちはグループリーグで1位通過しているので、その勢いを全面に出して戦えればいいのかなと思います」 2017.07.31 18:24 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎FのMF大島僚太 ベスト8で対戦するFC東京へ意気込み 「“ビッグマウス翔哉”にやられることのないように」《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。 ▽川崎フロンターレのMF大島僚太は、準々決勝の対戦相手であるFC東京の同世代MF中島翔哉に対して、「やられることのないように」と意気込みを見せつつ、「2試合あるので、気持ち的に余裕をもって」と語った。 <span style="font-weight:700;">MF大島僚太</span>(川崎フロンターレ) <span style="font-weight:700;">──相手の印象は?</span> 「堅守速攻のイメージがあります」 <span style="font-weight:700;">──同世代としてライバル意識はありますか</span> 「ポジションが違うのであまりないですけど、お互いに試合に出たら“ビッグマウス翔哉”にやられることのないようにしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここから決勝Tですが、改めて意気込みを</span> 「ホーム&アウェイで2試合あるので、1試合目で負けても引きずることなく気持ち的に余裕をもって上を目指したいなと思います」 2017.07.31 18:20 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和MF武藤雄樹「決勝の埼スタで浦和が笑えるように」《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップのノックアウトステージ組み合わせ抽選が31日に行われ、準々決勝4つの対戦カードが決定した。 ▽浦和レッズのMF武藤雄樹は、準々決勝の対戦相手である好調セレッソ大阪を警戒しつつ、「前大会王者として恥ずかしくない試合を」と意気込み。また、「決勝で笑えるように」と本拠地の埼玉スタジアム2002で行われる決勝に向けてモチベーションを高めた。 <span style="font-weight:700;">◆MF武藤雄樹</span>(浦和レッズ) <span style="font-weight:700;">──ドローが終わっての感想は</span> 「去年僕が引いて優勝して、去年優勝した日に「来年もお前だな」と言われたので再来年も来られるように頑張りたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──相手の印象は?</span> 「すごく守備がしっかりしていて前線にもタレントが揃っているチームなので、すごく強いチームだと感じていますけど。負けないように頑張りたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──Jリーグでは好調なC大阪とやる意味ではどういうところを警戒していますか</span> 「すごく勢いのあるチームだと思いますし自信も持っていると思いますけど、僕たちも前回のチャンピオンとして恥ずかしくない試合をして、また優勝できるように頑張りたいと思っているので、この初戦がすごく大事だなと感じています」 <span style="font-weight:700;">──決勝に向けての意気込みを</span> 「今チームが苦しい状況にありますけど、今年もタイトルを獲りたいと思っているので、まずはこのルヴァンカップでタイトルが獲れるように、また決勝が埼玉スタジアムなので必ずそこで浦和レッズが笑えるように頑張りたいと思います」 2017.07.31 18:19 Mon
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース