若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

【出場停止情報】大宮DF大屋翼がルヴァンカップ第3節で出場停止

▽Jリーグは13日、2017JリーグYBCルヴァンカップ第3節の出場停止選手を発表した。 ▽今回出場停止が発表されたのは、大宮アルディージャのDF大屋翼のみとなっている。大屋は12日に行われたルヴァンカップ第2節の柏レイソル戦に先発出場したが、2度の警告を受けて退場していた。大屋は26日に行われるルヴァンカップ第3節の北海道コンサドーレ札幌戦に出場できない。 <B>【YBCルヴァンカップ】</B> <B>DF大屋翼</B>(大宮アルディージャ) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第3節 vs北海道コンサドーレ札幌(4/26) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.04.13 12:50 Thu
twitterfacebook
thumb

19歳佐々木が1G1Aの活躍! 仙台が磐田に勝利《YBCルヴァンカップ》

▽12日、YBCルヴァンカップ2017のグループA第2節、ベガルタ仙台vsジュビロ磐田が行われ、2-0で仙台が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグ第6節で浦和レッズに0-7の大敗を喫したホームの仙台は、浦和戦から、大岩、平岡、藤村、三田を除く7人のメンバー変更。対するアウェイの磐田は、J1第6節の清水エスパルス戦から、高橋、宮崎、川辺以外の8人を変えて試合に臨んだ。 ▽両者落ち着いた立ち上がりで始まった前半。最初にチャンスを迎えたのは磐田だった。12分、中村太がペナルティアーク手前からミドルシュート。GKが弾いたこぼれ球を拾った磐田が波状攻撃を仕掛けると、最後は川辺がネットを揺らすも、ゴール前にいた磐田の選手がオフサイドを取られ、ゴールは認められない。23分には、右サイドの松本から、グラウンダーのクロスが入ると、小川が反応。滑り込みながら右足で合わせるも、シュートはゴールの右をかすめる。 ▽その後は、終始お互いに精彩を欠き、なかなかゴールチャンスを作り出せないまま時間が経過。仙台は42分、FKから何とかチャンスを作り出そうとするも、ゴール前の混戦からの石原のバックヘッドは、勢いなくGKにキャッチされてしまう。 ▽44分には、左サイドでパスを受けた佐々木が、ボックス左まで持ち込んでゴールを狙うが、シュートはバーの上に外れる。前半は磐田がやや優勢に進めたものの、両者とも細かいミスが目立ち、ゴールレスで折り返す。 ▽迎えた後半、早々に試合が動く。51分、敵陣中央のやや左でパスを受けた佐々木が、縦に走り込んでいたクリスランにスルーパス。キーパーと1対1になったクリスランが冷静にこれを決めて、仙台が先制に成功した。 ▽先制点を奪った仙台は、さらに攻勢に出る。64分、左サイドでパスを回すと、DFの背後に走り込んだ三田に、佐々木が浮き球でスルーパス。三田はさらにDFを一人かわし、ボックス左の深い位置からシュートを放つ。しかし、これはGKに弾かれ追加点を奪えない。 ▽それでも、攻め立てる仙台が追加点を奪う。68分、右サイド深くからクロスを入れた菅井が、一度はブロックされるも、こぼれ球を拾いボックス左の佐々木にパス。佐々木はGKの位置を確認し、冷静にループシュート。ボールはGKの頭上を抜く綺麗な軌道でネットに吸い込まれた。 ▽その後は守りに重きを置く仙台に対し、攻撃のアイデアが見出だせない磐田が攻めあぐねる時間帯が続き試合終了。2-0でホームの仙台が勝利し、0-7で大敗した浦和戦の汚名を払拭した。 2017.04.12 22:06 Wed
twitterfacebook
thumb

大宮vs柏は両者ポストに嫌われゴールレスドロー…大宮は公式戦の連敗ストップ《YBCルヴァンカップ》

▽12日、YBCルヴァンカップ2017グループA第2節の大宮アルディージャvs柏レイソルがNACK5スタジアム大宮で行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽第1節が休みだった大宮は今大会初戦。開幕からリーグ戦6連敗と絶不調の中、直近の明治安田生命J1リーグ第6節のヴィッセル神戸戦(0-2で敗北)から先発メンバーを山越と清水以外の9人変更。渡部、高山が今季初出場となった。 ▽一方、第1節の清水エスパルス戦を1-0で勝利した3位の柏は、直近の明治安田生命J1リーグ第6節の清水戦(0-2で敗北)から、大宮と同じ9人変更。中山と輪湖が続けて先発し、GKに桐畑を起用。シュツットガルトから加入した細貝が先発し、今井は初の古巣対決となった。 ▽試合は立ち上がりから両チームともに攻勢に出ると、柏が先にチャンス。5分、右サイドで伊東のパスを受けた今井がクロスを供給。大島が合わせるも、わずかにゴール左へと外れる。 ▽対する大宮は10分、渡部が右サイドからクロスを入れると、こぼれ球を大山がボックス右からダイレクトでシュート。強烈なシュートはゴール左隅を捉えるも、GK桐畑の好守に阻まれる。 ▽ピンチを凌いだ柏は18分、大島のパスをボックス右外で受けた伊東がゴール前にクロスを送ると、フリーの小林が頭で合わせる。その直後にもドゥドゥのポストプレーから細貝がダイレクトで右足を振り抜くが、どちらもGK塩田に対応される。 ▽その後は両者攻勢を続けるも、こう着状態に。それでも前半終了間際に大宮が決定機を作る。ボックス手前で縦パスを受けた黒川がすかさずボックス左にスルーパス。これに反応したネイツ・ペチュニクがフリーで抜け出すも、GK桐畑の飛び出しに防がれる。 ▽ゴールレスで試合を折り返すと、試合を優勢に進めていた柏が後半開始から大島に代えてディエゴ・オリヴェイラを投入する。すると55分、そのディエゴ・オリヴェイラがドリブルを開始。ボックス手前まで切れ込み、スルーパスをボックス右で受けた伊東がクロス。こぼれ球をディエゴ・オリヴェイラが左足で狙うも、GK塩田にキャッチされる。 ▽後半半ばには大宮がビックチャンスを迎える。69分、右サイドでボールを受けた大山が鋭いクロスを供給すると、反応した高山がボックス中央からヘディングシュート。しかし、これをGK桐畑が触れ、バーに当たり得点とはならない。 ▽すると先制のチャンスを逃した大宮にアクシデントが起こる。70分、右サイドを伊東に突破されると、たまらず大屋がファール。これでこの日2枚目のイエローカードを提示され、大宮は数的不利を余儀なくされる。 ▽それでも攻勢に出続けた大宮は83分、ドラガン・ムルジャのパスを受けた大山がゴール前にふわりとしたクロスを入れると、ファーサイドに走り込んだ清水が頭で合わせるも、左ポストに直撃。 ▽最後まで得点を奪いにいった両者だが、互いに決め切ることができず、ゴールレスのまま試合終了。大宮はドロースタートとなり、今季初の勝ち点を獲得。一方の柏は同大会での勝ち点を4に伸ばしている。 2017.04.12 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸に屈した横浜FMが連敗《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、横浜F・マリノスvsヴィッセル神戸が12日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、0-2で神戸が勝利した。 ▽初戦で黒星スタートとなった横浜FMと、これがグループ最初の試合となる神戸が対戦した。栗原がキャプテンの横浜FMは、ルーキーの高野を左サイドバックのポジションで起用。一方、J1リーグで首位を快走する神戸は、大槻と渡邉の2トップで試合に入った。 ▽試合序盤は一進一退の攻防となる。神戸は、12分に高い位置でのボール奪取からチャンス。ペナルティアーク手前で藤田から横パスを受けた田中順が、得意の左足を振る。しかし、鋭いミドルシュートは、わずかに枠を捉えることができない。 ▽しかし、神戸は次のチャンスをモノにする。16分、高橋秀がハーフウェーライン付近で出したスルーパスで大槻が最終ライン裏に抜け出す。ボックス外に飛び出してきたGK杉本を冷静にかわした大槻が無人のゴールにシュートを流し込み、神戸がスコアを1-0とした。 ▽ハーフタイムにかけても神戸が押し気味に試合を進める。流れをつかめない横浜FMは、41分にCKからゴール前の中島が枠内シュートに持ち込む場面があったものの、神戸GK徳重の好処理に遭い、チャンスを生かせず。神戸が1点リードしたまま前半が終了する。 ▽迎えた後半、前に出た横浜FMは65分に吉尾に代えてウーゴ・ヴィエイラを投入。72分には、ボックス左で仕掛けた伊藤がカットインシュートに持ち込む。しかし、DFにブロックされたシュートは、わずかに枠の左にはずれる。 ▽同点弾が欲しい横浜FMは、76分に中島を下げて17歳のMF山田康太を送り出す。リスクを冒す横浜FMは80分、高い位置でのボール奪取から、ペナルティアーク付近の新井がミドルシュート。しかし、これも惜しくもゴール上にそれていく。 ▽すると、耐えた神戸が大きな2点目を手にする。田中順の右CKにニアサイドの小林がヘッド。これがゴール右に突き刺さり、神戸がスコアを0-2とした。 ▽結局、試合はそのまま終了。神戸が初戦をモノにした一方、横浜FMは第1節に続く敗戦で連敗スタートとなっている。 2017.04.12 21:27 Wed
twitterfacebook
thumb

茶島弾の広島がアウェイで新潟を撃破《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第2節、アルビレックス新潟vsサンフレッチェ広島が12日にデンカビッグスワンスタジアムで行われ、0-1で広島が勝利した。 ▽第1節で引き分けスタートとなった両者が相まみえた。新潟はトップに鈴木を先発で起用。広島は、U-21日本代表の長沼や森島がスタメンに名を連ねた。 ▽序盤は、堀米の仕掛けを軸とする新潟が積極的にシュートを狙いにいくが、広島も徐々にポゼッション率を高めて巻き返す。しかし、広島はトップの工藤に良質なボールをなかなか供給することができず、決定機をつくるまでには至らない。 ▽それでも、試合の均衡を破ったのは広島だった。30分、ボックス右に流れた森島が縦パスをダイレクトで折り返す。最後はゴール前の茶島が丁寧に合わせてネットを揺らし、広島が先行した。 ▽広島リードのまま迎えた後半は、新潟が反撃に転じる。なかなか同点弾に迫れない新潟は、端山、鈴木、本間勲と下げていき、田中、山崎、ホニを送り出していく。新潟は73分、左サイドで仕掛けた堀米のクロスに正面の加藤が合わせる。だが、このシュートもバーの上にはずれる。 ▽終盤にかけては、新潟がリスクを冒してゴールを狙いにいくも、堅実な守備で相手を封じた広島が最後までリードを保ったまま逃げ切り。1勝1分けの広島が勝ち点4まで伸ばした。 2017.04.12 21:13 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース