若手の登竜門・ルヴァンカップで観たいヤングガンズ14名!《YBCルヴァンカップ》2017.03.15 18:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕する。25周年を迎えるリーグカップ戦は、AFCチャンピオンズリーグに出場している鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪を除くJ1所属の14チームがグループステージから参加する。

▽今大会からレギュレーションで、21歳以下の選手1名以上のスタメン起用が決定しており、若手の公式戦出場機会の確保を実現。各チームともにユース出身、高校からの新入団選手をスタメンに起用することになる。

▽そこで、開幕を前に超ワールドサッカー編集部が各チームの21歳以下の選手を1名ずつピックアップ。グループステージに登場する14チームの注目ヤングガンズを紹介する。

【グループA】
◆FW菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
1998年9月10日(18歳)
▽札幌が誇るアカデミー育ちの至宝。昨シーズンは2種登録されると、明治安田生命J2リーグで5試合に出場。天皇杯でも2試合でプレーした。

◆MF茂木駿佑(ベガルタ仙台)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1996年10月2日(20歳)
▽仙台ユース出身の期待の若手。2015年にトップチーム昇格を果たすと、デビューシーズンにJ1で11試合に出場。2016年1月にはアイスランド1部リーグのヴィキングル・レイキャビクに練習参加するなど将来が期待されている。

◆MF黒川淳史(大宮アルディージャ)
1998年2月4日(19歳)
▽大宮のユース出身で、U-20日本代表候補にも選ばれる逸材。期待された昇格1年目は開幕前に左ヒザ前十字じん帯損傷の大ケガを負い、1年目を棒に振った。今シーズンの飛躍に注目。

◆DF古賀太陽(柏レイソル)
1998年10月28日(18歳)
▽今シーズンすでにJ1デビューを果たし、先発出場も経験。柏の下部組織で育った右サイドバックで、その名の通り“柏の太陽”になることが期待されている。

◆DF小川諒也(FC東京)
Getty Images
1996年11月24日(20歳)
▽正確なクロスが売りの左サイドバック。昨シーズン序盤は先発出場を続けポジションを確保したかに思われたが、徐々にパフォーマンスを落とし18試合の出場に留まった。今シーズンはDF太田宏介の復帰でポジション争いが激化。カップ戦での活躍でポジションを奪えるか。

◆FW北川航也(清水エスパルス)
Getty Images
1996年7月26日(20歳)
▽昨シーズンのJ2では途中出場がメインながら30試合に出場し9得点を記録。経験を積み、結果も残している。今季はカップ戦での活躍でスタメン奪取を目指したい。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)
(C)CWS Brains,LTD.
1998年10月15日(18歳)
▽ボールの扱いに長けており、攻撃の起点になることが期待される高卒新人。まだプロデビューは果たしていないものの、司令塔としての成長が期待されている。カップ戦で経験を積み、磐田の主軸になることが期待される。

【グループB】
◆MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)
Getty Images
1997年11月22日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場が多かったもののJ1で23試合に出場。U-19日本代表としても活躍し、5大会ぶりのU-20W杯出場に貢献した。右サイドでの縦への推進力が魅力で、今シーズンはゴールに期待したい。

◆FW森晃太(ヴァンフォーレ甲府)
Getty Images
1997年6月13日(19歳)
▽昨シーズンは途中出場から攻撃のアクセントになる機会が多かったものの、負傷により戦線を離脱。ポテンシャルは高いものを持っており、ゴールの匂いがする選手。

◆MF原輝綺(アルビレックス新潟)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1998年7月30日(18歳)
▽高卒新人ながら開幕戦でJ1デビューを果たすと、3試合連続で先発出場。センターバックとしては異例の抜擢と言える。U-20日本代表としてもプレーし、今後の成長から目が離せない。

◆MF丸岡満(セレッソ大阪)
1996年1月6日(21歳)
▽ドルトムントでの経験を経て、昨シーズン復帰した丸岡。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか3試合の出場に終わったが、今シーズンはここまでJ1で2試合に出場。経験を積んで先輩たちに追いつきたい所だ。

◆MF中坂勇哉(ヴィッセル神戸)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年8月5日(19歳)
▽昨シーズンもルヴァンカップでブレイクを果たし、ニューヒーロー賞の候補にもノミネートされていた。ボックス付近での落ち着いたプレーと攻撃センスはピカイチ。今シーズンもカップ戦での活躍が期待される。

◆MF森島司(サンフレッチェ広島)
(C)J.LEAGUE PHOTOS
1997年4月25日(19歳)
▽昨シーズンはリーグ戦の出場機会がなかったものの、今シーズンは開幕から3試合全てに出場。2シャドーの一角として持ち前のドリブルテクニックを駆使し、ゴールに絡むプレーが観たいところだ。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)
1999年2月11日(18歳)
▽今シーズンからトップチームに昇格した田川は第2節の川崎フロンターレ戦でデビュー。サンフレッチェ広島戦にも出場し、着実に経験を積んでいる。まずはカップ戦で初ゴールを奪い、鳥栖の攻撃陣の一角を担う存在に成ることが期待される。

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァンカップ決勝進出の古巣C大阪にMF香川真司「タイトルを必ず獲ってほしい」

▽日本代表としてキリンチャレンジカップ2017に臨んでいるドルトムントのMF香川真司が、古巣であるセレッソ大阪について語った。 ▽日本代表は8日、10日に行われるキリンチャレンジカップ2017のハイチ代表戦に向け、試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 ▽香川は、トレーニング後にミックスゾーンで取材に応対。同日に行われたJリーグ YBCルヴァンカップ準決勝2ndレグのガンバ大阪戦で、劇的な勝利を収めた古巣のセレッソ大阪についてコメント。試合を観ていたことを明かした。 「試合は観ていました。最後決めた時は、今の日本代表はセレッソの選手も多いので、みんな喜んでいました」 ▽C大阪は、15分に柿谷曜一朗のゴールで先制。60分にG大阪がMF泉澤仁のゴールで同点に追いつき試合は終盤へ。このままG大阪が勝ち上がるかと思われた後半アディショナルタイム5分に、右サイドからのクロスをDF木本恭生がヘディングで合わせゴール。1-2で勝利したC大阪が初の決勝進出を達成していた。 ▽これまでタイトルを1度も獲得したことがないC大阪。香川は初タイトルに手がかかった古巣に対し、「ぜひ初めてのタイトルを必ず獲ってほしいです」とタイトル獲得を熱望した。 2017.10.08 23:49 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝カードはC大阪vs川崎Fに決定! どっちが勝っても初タイトル!《YBCルヴァンカップ》

▽2017Jリーグ YBCルヴァンカップ決勝進出の2チームが決定した。 ▽決勝の舞台に勝ち進んだ2チームは、初の決勝進出となったセレッソ大阪と、8大会ぶりの決勝進出を決めた川崎フロンターレ。両者は11月4日(土)に埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽C大阪は、Jリーグ加盟以降獲得したタイトルはここまでなし。川崎Fは1999年、2004年にJ2優勝を果たしているものの、J1やリーグカップ、天皇杯でのタイトルはない。 ◆決勝戦 ▽11月4日(土) 《13:05》 セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [埼玉スタジアム2002] 2017.10.08 17:39 Sun
twitterfacebook
thumb

川崎Fが悲願の初タイトルに王手! 采配に応える三好&長谷川の活躍で8大会ぶりの決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽8日に等々力陸上競技場で行われた2017JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦の川崎フロンターレvsベガルタ仙台は、3-1で勝利した。この結果、2戦合計スコア5-4で川崎Fが8大会ぶりの決勝進出を決めた。 ▽4日に行われた第1戦から中3日で運命の一戦を迎えた。アウェイの地で行われた第1戦を2-3で落とした川崎Fは、その一戦から先発メンバーを2人変更。板倉と長谷川に代えて登里と三好を起用した。 ▽一方、これまで等々力での公式戦通算成績が1勝4分け12敗と相性の悪いものの、何としても逃げ切りたい仙台は第1戦から先発メンバーを2人変更。第1戦で負傷交代した椎橋とイエローカード2枚で退場処分となった石原に代えて、平岡と古林を起用した。また、第1戦で負傷交代し、この一戦への出場が危ぶまれていたクリスランは先発に名を連ねた。 ▽8大会ぶりの決勝進出を目指す川崎Fと、初の決勝進出を目指す仙台の一戦。試合は立ち上がりからホームサポーターの後押しを受ける川崎Fが積極的に敵陣へと攻め入る。5分にはCKの流れから森谷のパスを受けたエウシーニョがボックス手前やや左から左足を振り抜くが、ゴール右へと外れる。 ▽立ち上がりを経過しても仙台ゴールに迫る川崎Fは13分、ボックス左手前で登里から家長、三好と細かくつないで最後は中村がボックス左に抜け出し、左足でシュート。しかし、GK関の攻守に阻まれる。 ▽その後も小林、家長がシュートを放つなど川崎Fに押し込まれる時間帯が続く仙台。高い位置でのプレスから素早くゴールに迫ろうとするが、前線の枚数が足りず、単調な攻撃に終わってしまう。 ▽川崎Fペースで試合が進み迎えた29分、逆転突破を目指す川崎Fが先制点を奪う。敵陣中央やや右から森谷が縦パスを供給。これを受けた中村がヒールでボックス右へと流すと、走り込んでいた三好がGKとの一対一を迎え、左足で冷静にGK関の左腕脇を通してゴールネットを揺らした。 ▽2戦合計スコアが3-3になるもアウェイゴールの差でこのままでは敗退となってしまう仙台は直後、同点のチャンスを迎える。右サイドからのグラウンダーのクロスをボックス中央の中野が右足でゴールに流し込む。しかし、これが詰めていたクリスランがGKチョン・ソンリョンを妨害してしまい、キーパーチャージの判定が下される。 ▽チャンスを不意にしてしまった仙台は35分、ボックス手前でパスを受けた中野の落としを増嶋がボックス左手前からシュート。しかし、右足で巻いたボールはわずかにゴール右へと逸れた。前半終盤に差し掛かると、攻防がより激しくなったが互いに譲らず、1-0で試合を折り返す。 ▽後半、1点をリードする川崎Fが仙台を畳み掛ける。中村のパスをボックス右外で受けた三好がカットインから左足を振り抜くが、ゴール左へと外れる。それでも49分、ボックスやや右手前でパスを受けた森谷がワンタッチでボックス右にボールを送る。走り込んだエウシーニョがシュートを放ち、GK関の弾いたボールをゴール前の三好が右足で押し込んだ。 ▽2戦合計スコア4-3で逆転に成功した川崎Fだったが、直後にアクシデント。52分、中野を倒した奈良がこの日2枚目のイエローカードで退場処分が下される。数的不利となった川崎Fはこの事態に森谷を下げて板倉を投入し、対応を図る。 ▽ここから流れを引き寄せたのは仙台。59分、左CKを獲得すると、キッカーの中野がショートコーナーを選択し、再びリターンを受けてドリブルを開始。ボックス内へ切れ込みながら相手DF3人をかわして右足を振り抜く。ボールはゴール右上隅へと突き刺さった。 ▽このゴールで勢いに乗る仙台は一気に猛攻を仕掛ける。65分にはボックス左手前の三田のクロスからクリスランがヘディングシュートを放つが、枠を捉えきることができない。 ▽押し込まれる嫌なムードが漂う川崎Fだが、66分に三好に代えて長谷川を投入して攻撃の活性化を図る。しかし、その後も押し込まれる時間帯が続き、攻撃で時間を使うことができない。 ▽それでもなんとか耐え続ける川崎Fは83分、小林に代えてハイネルを投入する。すると川崎Fはカウンターからチャンスを作り始めて迎えた90分、エドゥアルド・ネットのパスをボックス右手前で受けた長谷川がカットインして左足を振り抜く。ボールはゴール左上隅へと吸い込まれた。 ▽合計スコアを5-4にして決勝進出を大きく手繰り寄せた川崎Fはその後、最後まで攻勢を続けて試合をクローズ。鬼木監督の采配に応える三好と長谷川の活躍で川崎Fが8大会ぶりの決勝進出を決めた。11月4日に埼玉スタジアムで開催される決勝戦では、準決勝でガンバ大阪を退けたセレッソ大阪と対戦する。 2017.10.08 17:23 Sun
twitterfacebook
thumb

DF木本の劇的後半AT弾でG大阪を下したC大阪が大会初の決勝進出!《ルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦、ガンバ大阪vsセレッソ大阪が8日に市立吹田サッカースタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。この結果、合計スコアを4-3としたC大阪が大会初の決勝進出を決めた。 ▽4日に行われた第1戦では、終了間際のMF井出の同点ゴールで、アウェイで2-2の引き分けに持ち込んだG大阪。若干のアドバンテージを得て、第2戦をホームの吹田で迎えたG大阪は、前回のスタメンから市丸を米倉に変更して臨み、大会史上初の4年連続決勝進出を目指した。 ▽一方、第1戦では若手主体のチームを組み、ホームながらも引き分けに持ち込まれたC大阪は、この第2戦に向けて温存していた主力を起用。前回から大幅に7人を変更し、松田や田中、マテイ・ヨニッチ、柿谷らが先発に名を連ねた。 ▽C大阪のキックオフで始まった一戦。4分に斧澤がボックス手前からゴールを狙うなど、積極的な入りを見せる。中盤での潰し合いが続く中でG大阪は11分、中原のアーリークロスに赤崎がゴール前で収めるが、オフサイドを取られてしまう。 ▽大阪ダービーらしい試合展開となる中、試合を動かしたのはアウェイのC大阪だった。15分、相手のパスを遠藤がクリアし損ねると、このボールを柿谷がボックス右でキープ。相手とボールの間に上手く身体を入れてゴールを向いた柿谷は、そこから左足を振り抜きネットに突き刺した。 ▽24分には、敵陣でボールを奪ったC大阪が田中の左サイドからのクロスに澤上が頭で合わせるが、GKの正面。前半の半ばにかけては、相手のエリアでボールを回すG大阪と、カウンターを狙うC大阪の構図となる。ポゼッションを高めるG大阪だが、ゴールへ繋がるキラーパスが出せない。 ▽カウンターを狙うC大阪は、水沼を走らせて攻撃を仕掛けるが、俊足の藤春がここはきっちり守ってみせた。徹底してカウンター狙いのC大阪は44分にも水沼がボックス右から狙うが、DFに当たって枠の外へ。前半もアディショナルタイムに入り、G大阪にもチャンスが訪れる。47分、左サイドの遠藤のFKから、今野がヘディングシュートを狙うが、ゴールとはならず。 ▽C大阪の1点リードで迎えた後半。49分にG大阪の最終ラインを抜け出そうとした柿谷を今野が倒してしまい、イエローカードを提示されてしまう。そのFKでは、ソウザがやや距離がある位置からブレ球シュートを放ち、GK藤ヶ谷を強襲する。 ▽後半に入ってより激しさが増す大阪ダービー。攻め続けるG大阪が有利となる1点をもぎ取る。60分、遠藤の浮き球スルーパスから初瀬が右サイドを抜け出す。ゴール前を確認し丁寧に上げられたクロスに、ファーで飛び込んだ泉澤が押し込んで1-1とした。 ▽このままいけばアウェイゴールでG大阪の決勝進出が決まる中、C大阪は70分に右サイドのクロスのこぼれ球に反応した斧澤が、惜しくも枠の左に逸れる際どいシュートを放つ。すると直後には、G大阪の初瀬がボックス手前中央から狙いすましたシュートを狙うが、GK丹野がビッグセーブで防ぐ。 ▽ゴールが必要なC大阪は、G大阪を自陣に閉じ込め一方的な攻勢を見せるが、ゴール前にがっちり蓋をするG大阪守備陣をこじ開けることができない。しかし、最後の最後でドラマが待っていた。 ▽後半アディショナルタイム5分、G大阪がゴール前を固める中、C大阪は右サイドに展開。フリーの水沼がクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだ木本が頭で叩き込んで2点目をもぎ取った。興奮冷めやらぬ中、試合はこのまま終了。この結果、2戦合計4-3としたC大阪が大会初の決勝進出を決めた。 2017.10.08 16:21 Sun
twitterfacebook
thumb

【ルヴァンカップ準決勝第2戦プレビュー】川崎Fの逆転突破か、仙台の鬼門突破か《川崎Fvs仙台》

▽8日、Jリーグ YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の川崎フロンターレvsベガルタ仙台が等々力陸上競技場で行われる。逆転勝利で8大会ぶりの決勝進出を目指す川崎Fと、初の決勝進出に王手をかける仙台の対戦だ。 <span style="font-weight:700;">◆仙台先勝も川崎Fの射程圏内に</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171007_10_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽4日にユアテックスタジアムで行われた第1戦では、仙台の積極的なプレッシングが3バック採用の川崎Fに猛威を振るった。FW石原直樹のゴールで先制した仙台はその後、FWクリスランの2発で3-0にしたが、川崎FもDF奈良竜樹、FW知念慶の得点により、2つのアウェイゴールをゲット。ホームで先勝した仙台だが、川崎Fも決勝進出に可能性を残す形でリターンマッチを迎えることとなった。 <span style="font-weight:700;">◆アウェイ2発を生かして逆転突破へ</span>〜川崎フロンターレ〜 ▽前半の内容こそ今シーズン1番と言っても良いほど悪い出来だったが、2つのアウェイゴールを持ち帰ったことで逆転突破の可能性を残した。その中で、第1戦で負傷から復帰したMF登里享平が左サイドバックとして、代表合流のDF車屋紳太郎の不在を埋める安定したパフォーマンスを披露。車屋の不在で使用を控えていた常用の[4-2-3-1]を第2戦から再び採用する目処が立ったのも大きい。決勝進出の条件は勝利のみ。これまで様々な劇的ゲームを演じてきた舞台のホーム等々力で、決勝行きの切符を掴み取りたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆総力と意思統一で鬼門突破へ</span>〜ベガルタ仙台〜 ▽第1戦を勝利で飾ったものの、2つのアウェイゴールを許したのは印象が悪い。さらに、その第1戦でDF椎橋慧也とクリスランの負傷者や、石原の退場者も相重なっており、第2戦に向けて不安要素は山積。また、データ的にも川崎Fとのアウェイ公式戦通算で1勝4分け12敗と相性もひどく悪い。勝ち抜け条件は勝利か、引き分け。鬼門中の鬼門である等々力で、総力戦に持ち込めるか。東北の地にクラブ初となる決勝進出の一報を届けたい。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF中村憲剛</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171007_53_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽逆転勝利を狙う川崎FからはMF中村憲剛をチョイスする。第1戦の前半こそ良い形で攻撃に絡めていなかったが、4バックに戻した後半からトップ下の位置に入ると、本来の存在感を発揮。決定機を創出し、CKからのアシストも記録した。上述のとおり、チームの決勝進出条件は勝利のみ。中村の創造者としての活躍が不可欠だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF奥埜博亮</span>(ベガルタ仙台)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171007_54_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽初の決勝進出へカギを握るのはMF奥埜博亮だ。第1戦はボランチとして出場。守備で球際の強さを見せつけてチームに安定感をもたらしつつ、攻撃でも2ゴールの起点になるなど躍動した。仙台生え抜き選手である奥埜にとって、クラブのタイトル獲得に対する思いは誰よりも強い。第1戦に続く活躍に注目したい。 2017.10.07 22:01 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース