2017-18シーズン概要発表…6月10日に開幕《Fリーグ》2017.03.15 16:59 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー教会(JFA)は15日、2017-18シーズンのFリーグにおける概要を発表した。

▽2017-18シーズンのFリーグ開幕節は6月10日、11日に代々木体育館でセントラル開催。2018年1月8日に最終節を迎え、1月13日〜21日にかけてレギュラーシーズン上位チームによるプレーオフが催される。

▽なお、今シーズンから6クラブが1会場に集い、2日間にわたって各2試合を開催する方式が新たに導入。同日に2会場で行われる。

コメント

関連ニュース

thumb

アルトゥール不在も3発快勝! すみだを下した大阪が4連勝《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

▽4日にDUARIG Fリーグ2017/2018第18節の3試合が行われた。 ▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催は、4回目を迎えた。エコパアリーナには、J SPORTSシリーズとしてアグレミーナ浜松をはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪が集結した。 ▽第1試合のフウガドールすみだvsシュライカー大阪は、0-3で大阪が勝利した。第2試合のヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズは、3-2で名古屋が勝利。第3試合のアグレミーナ浜松vsペスカドーラ町田は、5-1で町田が勝利している。 ◆フウガドールすみだvsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170924_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は立ち上がりからすみだが攻勢に出る。しかし9分、押し込まれ気味だった大阪がFP田村友貴のゴールで先制する。一進一退の攻防が続いた中で迎えた後半、1点リードする大阪が攻勢を強め、FPチアゴが27分に追加点を奪う。終盤、すみだはパワープレーに移行してまずは1点を返すことを目指したがゴールは生まれない。対する大阪は40分、FPヴィニシウスが試合を決定づけるゴールを挙げて、試合終了。3-0ですみだを下した大阪が4連勝を飾った。 ◆ヴォスクオーレ仙台vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170924_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は1分、仙台がGKまで下げたボールにFPラファがすかさずチェック。GK鈴木紳一朗の蹴ったボールに対してFPラファがブロックすると、ボールはそのままゴールに吸い込まれ、名古屋が先制する。しかし、10分に名古屋が第5ファウルを犯してしまうと、直後の10分と13分に第2PKを仙台が獲得し、どちらもFPノエが沈めて仙台が逆転に成功する。2-1のまま迎えた後半終盤、名古屋がパワープレーを開始すると、FPラファが35分、37分と立て続けにゴールを奪い、FPラファのハットトリックで名古屋が逆転。試合もそのまま終了し、名古屋が3連勝を飾った。 ◆アグレミーナ浜松vsペスカドーラ町田<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170924_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は序盤から積極的に敵陣へと迫った町田が2分にFP横江怜のゴールで先制する。14分にもFP森岡薫に追加点を奪った町田。対する浜松は16分にFP田中智基が1点を返して試合を折り返す。迎えた後半、1点差のまま試合が進むと、終盤に町田がゴールラッシュを見せる。32分のFP日根野谷建のゴールを皮切りに、38分にはFP中井健介とFP森岡薫が立て続けにゴールネットを揺らし、試合を5-1にする。その後、浜松は猛攻を仕掛けたが、ゴールを奪うことができずそのまま試合終了。5ゴールで大勝した町田が11戦無敗をキープしている。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="https://goo.gl/FqGeca" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/600/image/fleague20170804_640_200.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> 2017.09.24 22:31 Sun
twitterfacebook
thumb

大分の猛追を振り切り、湘南が2連勝でPO圏内の5位に浮上!!《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽24日にDUARIG Fリーグ2017/2018第17節の3試合が行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が4回目を迎えた。べっぷアリーナには、AbemaTV シリーズとしてバサジィ大分をはじめ、エスポラーダ北海道、バルドラール浦安、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、デウソン神戸が集結した。 ▽第1試合のエスポラーダ北海道vsデウソン神戸は4-4の引き分けに終わり、第2試合、バルドラール浦安vs府中アスレティックFCの“関東ダービー”は2-2の引き分けに終わった。最終試合のバサジィ大分vs湘南ベルマーレは、4-3で湘南が勝利している。 ◆エスポラーダ北海道vsデウソン神戸 ▽第1試合は4分にFP齋藤秀人が直接FKを叩き込んで、神戸が先制する。そのまま前半を終えると、後半は一転してシーソーゲームに。北海道は23分にFP鈴木祐太郎、25分にFP酒井遼太郎のゴールで逆転。しかし神戸も29分にオウンゴールと、30分にFP川那部遼のゴールで再逆転する。ところが、北海道が38分に酒井、39分にFP水上玄太のゴールで再逆転。神戸も意地を見せると39分にFP森洸がPKから同点ゴールを奪い、試合は4-4で勝ち点を分け合った。 ◆バルドラール浦安vs府中アスレティックFC ▽試合は13分にFP荒牧太郎の退場で府中が数的優位となると、14分にFPマルキーニョのゴールで先制する。そのまま後半を迎えると21分には得点ランキングトップに立つFP渡邉知晃が追加点を奪った。しかしここから浦安も反撃。23分にカウンターから加藤竜馬がゴールを奪うと、38分にはFP青山竜也が同点ゴールを奪取。試合はその後動きを見せず、ドローに終わった。 ◆バサジィ大分vs湘南ベルマーレ ▽大分が押し気味に試合に入ったが、17分にFPロドリゴのゴールで湘南が先制。さらに20分には刈込真人が追加点を奪った。湘南は後半もゴールを奪い、29分にFP林田フェリペ良孝、33分に刈込がゴールを奪う。4点差を追いかける大分はパワープレーに入ると、34分にFP田村龍太郎、35分と38分に山蔦一弘がゴール。しかし追いつくことはできずに、湘南がに逃げ切りに成功した。 2017.09.24 19:32 Sun
twitterfacebook
thumb

東海ダービー制した名古屋が連勝! 浜松は善戦も5連敗《DUARIG Fリーグ-J SPORTSシリーズ-》

▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第17節の3試合が行われた。 ▽今シーズンから初の試みとなる6クラブ共同開催は、4回目を迎えた。エコパアリーナには、J SPORTSシリーズとしてアグレミーナ浜松をはじめ、ヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪が集結した。 ▽第1試合のフウガドールすみだvsペスカドーラ町田は、1-1の引き分け。第2試合のヴォスクオーレ仙台vsシュライカー大阪は、5-2で大阪が勝利した。第3試合のアグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズは、5-3で名古屋が勝利した。 ◆フウガドールすみだvsペスカドーラ町田<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170923_100_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽東京ダービーとなった一戦は立ち上がりから両者共に自陣への侵攻を許さない展開となる。そんな中、5分にすみだがこの試合がFリーグデビューとなったFP清水誠也のゴールで先制する。その後もすみだペースで試合が進むが、12分に町田のFP金山友紀がゴールネットを揺らして、試合を振り出しに戻す。後半に入ると、同点に追いついた町田が攻勢を強める。しかし、なかなかゴールは生まれない。終盤38分に町田はFP篠崎隆樹がGKと一対一を迎えたが、ループシュートはGK大黒章太郎に阻まれ、そのまま試合終了。東京ダービーは1-1の引き分けに終わった。 ◆ヴォスクオーレ仙台vsシュライカー大阪<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170923_100_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽試合は5分、大阪がFPヴィニシウスのゴールで先制すると、そのヴィニシウスが9分、10分と立て続けに追加点を奪い、試合開始わずか10分でハットトリックを達成する。攻勢を緩めない大阪は13分にFP芝野創太が、17分にはFP相井忍がゴールネットを揺らし、前半だけで5-0にする。後半、攻勢を強めた仙台は25分にFP南本晶のゴールで1点を返すと、31分にFP井上卓が追加点を奪うが、反撃はここまで。大阪が3連勝を飾った。 ◆アグレミーナ浜松vs名古屋オーシャンズ<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20170923_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽東海ダービーとなった一戦は、ホームの浜松がFPフィネオ・アラウージョのゴールで先制する。しかし、名古屋も9分にFP西谷良介が同点ゴールを奪う。追いつかれた浜松だったが17分、FPジョン・レノンが勝ち越しゴールを奪って前半を折り返す。迎えた後半、首位を走る名古屋が猛攻を仕掛ける。すると23分にFPルイジーニョ、26分にFP平田ネトアントニオマサノリがゴールを奪って、名古屋が逆転に成功する。このゴールでペースを引き寄せた名古屋は35分にFP星龍太が追加点を奪うと、38分に浜松のFPフィネオ・アラウージョに1点を返されたが、直後にも名古屋のFPルイジーニョが追加点を奪い、5-3で試合終了。東海ダービーを制した名古屋が連勝を飾った。 <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><a href="https://goo.gl/FqGeca" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/600/image/fleague20170804_640_200.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> 2017.09.23 23:04 Sat
twitterfacebook
thumb

湘南が相撲パワーで浦安に圧勝!! 地元・大分は北海道に3点差を追いつく《DUARIG Fリーグ-AbemaTVシリーズ-》

▽23日にDUARIG Fリーグ2017/2018第17節の3試合が行われた。 ▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が4回目を迎えた。べっぷアリーナには、AbemaTV シリーズとしてバサジィ大分をはじめ、エスポラーダ北海道、バルドラール浦安、府中アスレティックFC、湘南ベルマーレ、デウソン神戸が集結した。 ▽第1試合のバサジィ大分vsエスポラーダ北海道は、3-3の引き分けに終わった。第2試合の府中アスレティックFCvsデウソン神戸は、6-1と府中が大勝。最終試合、バルドラール浦安vs湘南ベルマーレの“関東ダービー”は8-1で湘南が勝利した。 ◆バサジィ大分vsエスポラーダ北海道 ▽第1試合は3分にFP十川祐樹がFKの流れからネットを揺らして北海道が先制する。さらに13分にはFP高山剛寛、16分にはF小幡貴一が続けてネットを揺らす。ここまでは北海道が優位に試合を進めていたが、19分にFP白方秀和がFKを直接たたき込むと流れは大分へ。35分、38分とFP田村研人が連続でゴールを奪って、大分が試合を振り出しに戻した。しかしその後はゴールが生まれず、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 ◆府中アスレティックFCvsデウソン神戸 ▽第2試合は、立ち上がりから府中が優勢に試合を進めると、4分に得点ランキングトップに立つFP渡邉知晃のゴールで先制。さらに7分にはFP上福元俊哉が追加点を奪った。神戸は12分、FP宮田樹が個人技でゴールを奪い、点差を縮める。しかし府中の勢いを抑えきれず、18分にFP柴田祐輔、19分に再び渡邉にゴールを許して、前半は4-1で終える。後半も府中ペースとなると、28分にFP皆本晃、39分にFP内田隼太がネットを揺らして勝負あり。府中が大勝した。 ◆バルドラール浦安vs湘南ベルマーレ ▽先日、チームで大相撲を観戦した湘南ベルマーレは「相撲取りたちの気迫を見習い、自分たちのできるものを出し切ろう」(キャプテン・刈込真人)との意気込みで試合に臨と、その考えが功を奏す。アグレッシブに試合に入った湘南は、2分にFP本田真琉虎洲のゴールで先制すると、その後もゴールを重ねて、前半を4-0と大差をつけて終える。後半も22分のFP鍛代元気のゴールを皮切りに8ゴールを奪いきった。対する浦安は試合終盤にFP荒牧太郎が1点を返すが反撃はここまで。湘南が相撲パワーで浦安に大勝した。 2017.09.23 21:35 Sat
twitterfacebook
thumb

北海道が連敗を「5」でストップ! 6発大勝で浜松撃破《DUARIG Fリーグ》

▽18日にDUARIG Fリーグ2017/2018第16節のアグレミーナ浜松vsエスポラーダ北海道が浜松アリーナで行われ、6-3で北海道が勝利した。 ▽前節敗れて3連敗中の浜松と、5連敗中の北海道の一戦。試合は9分、アウェイの北海道が右サイドからのキックインをうまく合わせたFP水上玄太のゴールで先制する。 ▽追いかける立場となったホームの浜松は攻勢を強めて反撃に出る。すると15分、コーナーキックをボックス中央のFP山桐正護が押し込んだ。 ▽試合を振り出しに戻された北海道だったが、すぐさま応戦。16分、キックインからの味方のシュートをFP水上玄太がファーサイドで合わせた。 ▽2-1で試合を折り返すとリードしている北海道が浜松を一気に畳みかける。21分にコーナーキックからオウンゴールを誘発すると、直後にもFP 十川祐樹が追加点を奪う。さらに26分にもカウンターから最後はFP鈴木裕太郎が押し込んでリードを4点に広げる。 ▽終盤に差し掛かるとこのままでは終われない浜松はパワープレーを開始。しかし、その気持ちとは裏腹に北海道のFP田辺陸にパワープレー返しを決められてしまう。 ▽その後も浜松はパワープレーを継続。すると40分にFPフィネオ・アラウージョ、終了間際にもFP中村友亮がゴールを奪って試合を3-6にするが、反撃はここまで。6ゴールで浜松を退けた北海道が連敗を「5」でストップさせた。 2017.09.18 16:58 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース