超ワールドサッカー

U-20日本代表のグループステージ対戦相手決定…南アフリカ、イタリア、ウルグアイと激突《U-20W杯》2017.03.15 15:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽国際サッカー連盟(FIFA)は14日、今年5月に韓国で行われるU-20ワールドカップ(W杯)の組み合わせ抽選会を行った。

▽5大会ぶり9回目出場のU-20日本代表は、2020年の東京オリンピック世代。グループステージで南アフリカ、イタリア、ウルグアイら強敵と同居のグループDに組み込まれた。

▽24カ国が6グループに分かれるグループステージは、5月20日に開幕。組み合わせは以下のとおり。

◆グループA
韓国
ギニア
アルゼンチン
イングランド

◆グループB
ベネズエラ
ドイツ
バヌアツ
メキシコ

◆グループC
ザンビア
ポルトガル
イラン
コスタリカ

◆グループD
南アフリカ
日本
イタリア
ウルグアイ

◆グループE
フランス
ホンジュラス
ベトナム
ニュージーランド

◆グループF
エクアドル
アメリカ
サウジアラビア
セネガル

コメント

関連ニュース

thumb

グループB終了、ベネズエラとメキシコ突破でドイツは他グループ結果待ち《U-20ワールドカップ》

▽FIFA U-20ワールドカップのグループB最終節が26日に行われた。 ▽ここまで1分け1敗と苦しむU-20ドイツ代表は、2連敗中のU-20バヌアツ代表と対戦。ドイツは27分、バドゥのゴールで先行すると、32分にはボックス右から味方が折り返したボールをファーのリーセが詰めて2点目を挙げる。迎えた後半も、ドイツは50分にボックス右奥からリーセが折り返したボールをイヨハが合わせて3点目。その後、ドイツはB・カロに2ゴールを奪われたが、逃げ切りに成功した。他会場の結果、ドイツは3位となり、他グループの3位との成績いかんで決勝トーナメント進出する可能性がある(※6グループの各組3位のうち、成績上位4チームが決勝トーナメント進出)。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170526_33_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、1勝1分けのU-20メキシコ代表と、2連勝中のU-20ベネズエラ代表の試合は、ベネズエラが1-0で勝利した。一進一退の攻防を経て、32分にゴール正面のコルドヴァがGKをかわしてシュートを決め、ベネズエラが先制。後半は、メキシコが前に出る中、ベネズエラもカウンターで応戦する。そして、そのままシャットアウトしたベネズエラが3連勝で首位通過。メキシコは2位での決勝トーナメント行きを決めた。 ◆グループB最終節 U-20ドイツ代表 3-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 U-20バヌアツ代表</span> 【ドイツ】 バドゥ(前27) リーセ(前32) イヨハ(後5) 【バヌアツ】 B・カロ(後7,後32) U-20メキシコ代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 U-20ベネズエラ代表</span> 【ベネズエラ】 コルドヴァ(前33) 2017.05.26 20:32 Fri
twitterfacebook
thumb

グループFはサウジ&アメリカ勝利で混戦に《U-20W杯》

▽25日に行われたFIFA U-20ワールドカップのグループF第2節、U-20エクアドル代表vsU-20サウジアラビア代表は、1-2でサウジアラビアが勝利した。 ▽初戦ドローのエクアドルと黒星スタートのサウジアラビアが対戦した。試合は早々の7分、ディフェンスラインを破ったアルヤミがボックス内から鋭いシュートを突き刺し、サウジアラビアが先制。一方のエクアドルは前半アディショナルタイムにPKを獲得するも、カベザスのシュートがGKにストップされる。迎えた後半もエクアドルはゴールに近づいたが、サウジアラビアGKアルブハリが好守連発。すると84分、右サイドからのクロスにファーのアルヤミが合わせてサウジアラビアが追加点を獲得する。その後、エクアドルはカイセドの得点で1点を返すも、そのまま試合終了。サウジアラビアが勝ち点3を獲得した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170525_41_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日に行われたグループF第2節のもう1試合、U-20セネガル代表vsU-20アメリカ代表は、0-1でアメリカが勝利した。 ▽白星スタートのセネガルと、初戦をドローで終えたアメリカが激突。試合は前半34分に動く。ボックス右の味方から正面でパスを受けたサージェントが鋭い反転から鋭いシュートを突き刺して、アメリカが先制。迎えた後半はセネガルの反撃に遭ったアメリカだが、守備陣の奮闘もあって何とか逃げ切りに成功した。この結果、アメリカは勝ち点4まで伸ばし、グループ首位に立っている。 ◆グループF U-20エクアドル代表 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 U-20サウジアラビア代表</span> 【エクアドル】 カイセド(後44) 【サウジアラビア】 アルヤミ(前7,後39) U-20セネガル代表 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 U-20アメリカ代表</span> 【アメリカ】 サージェント(前34) 2017.05.25 22:43 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG所属FWオギュスタン2発で2連勝のフランスが決勝T進出《U-20W杯》

▽23日に行われたFIFA U-20ワールドカップのグループE第2節、U-20フランス代表vsU-20ベトナム代表は、4-0でフランスが勝利した。 ▽試合は前半7分、フランスがPKを獲得するも、キッカーのオギュスタンが失敗。それでも、18分にCKからテュラムがヘディングシュートを決めて、フランスが先制する。さらにフランスは、22分にオギュスタンが汚名返上のゴール。45分にもオギュスタンが今大会3得点目となるゴールを決めたフランスは、後半に入ってポハが52分にミドルシュートでネットを揺らして4点目を挙げた。開幕2連勝のフランスは、最終節を前にグループステージの突破を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170525_42_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日に行われたグループE第2節のもう1試合、U-20ニュージーランド代表vsU-20ホンジュラス代表は、3-1でニュージーランドが勝利した。 ▽初戦で引き分けたニュージーランドと、黒星スタートとなったホンジュラス代表による対戦。試合は開始早々の1分、ボックス右に抜け出したベヴァンが角度の厳しいところから鋭いシュートをニアに突き刺して、ニュージーランドが先制。さらに23分には、アシュワースがセットプレーからへディングで決めて、ニュージーランドがリードを広げる。後半、ニュージーランドは1点を返されるも、56分にはベヴァンがPKを決めて3-1。そのまま逃げ切ったニュージーランドは勝ち点4まで伸ばし、フランスに次ぐ2位につけている。 ◆グループE <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20フランス代表 4</span>-0 U-20ベトナム代表 【フランス】 テュラム(前18) オギュスタン(前22,前45) ポハ(後7) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20ニュージーランド代表 3</span>-1 U-20ホンジュラス代表 【ニュージーランド】 ベヴァン(前1,後11[PK]) アシュワース(前23) 【ホンジュラス】 J・アルバレス(後5) 2017.05.25 22:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ戦で負傷のFW小川航基が左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷でU-20日本代表を離脱《U-20W杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は25日、U-20日本代表FW小川航基(ジュビロ磐田)が負傷により途中離脱することを発表した。 ▽小川は、U-20日本代表の一員として韓国で行われているU-20ワールドカップに出場。グループステージ第1戦のU-20南アフリカ代表戦では同点ゴールを記録し、チームの勝利に貢献していたが、24日に行われた第2節のU-20ウルグアイ代表戦で試合中に負傷。そのまま担架で運ばれ、ピッチを後にし、FW久保建英と交代していた。 ▽JFAの発表によると、小川は左ヒザ前十字じん帯断裂および左ヒザ半月板損傷と診断。全治は明らかにされていない。また、28日に帰国する予定だ。 2017.05.25 17:54 Thu
twitterfacebook
thumb

ザンビアが後半4発でイランに逆転勝利! ポルトガルとコスタリカはPK1本ずつで痛み分け《U-20W杯》

▽24日に行われたFIFA U-20ワールドカップのグループC第2節、U-20ザンビア代表vsU-20イラン代表は、4-2でザンビアが勝利した。 ▽試合はイランが序盤に先制点を奪う。7分、GKマンガニ・バンダのパスをボックス左手前で奪ったレザ・シャカリがボックス内へと侵攻し、冷静にゴール右隅へ流し込み先制する。 ▽1点リードで試合を折り返したイランは49分、ノラフカンがボックス内で倒されてPKを獲得。これをレザ・シャカリがゴール左下隅へ沈め、追加点を奪った。 ▽2点差にリードを広げられたザンビアだったがここから反撃に出る。54分、自陣中央右からのロングボールがボックス左へ流れると、サカラが左足ワンタッチで中央へ切れ込み、右足でニアサイドを射抜き1点を返す。さらに59分、ボックス手前で細かくつなぎ、最後はムウェプが左足でゴール右下隅へと突き刺し、一気に同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻したザンビアは65分、ゴール前まで迫ると、最後は混戦の中でゴール前のエマヌエル・バンダが右足で押し込み、ついに逆転に成功。71分にもボックス手前でパスを受けたダカが右足を振り抜いて、ゴール左に突き刺しリードを広げた。 ▽その後はイランに反撃を許さず、ザンビアが4-2でそのまま逃げ切りに成功。前半に2得点を許すも、後半の17分間で4得点を奪ったザンビアが逆転で2連勝を飾った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170524_39_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽また、同日に行われたグループC第2節のもう1試合、U-20コスタリカ代表vsU-20ポルトガル代表は、1-1の引き分けに終わった。 ▽試合は前半からポルトガルが攻勢に出る。すると32分、エウデルのパスをボックス右外で受けたジオゴ・ダロトがクロスを入れると、ディエゴ・メセンの手に当たりPKを獲得。これをキッカーのジオゴ・ゴンサウベスが右足を振り抜くと、GKピネダの右手を弾いてゴールに吸い込まれ、ポルトガルが先制する。 ▽1点ビハインドで試合を折り返したコスタリカは、後半の立ち上がりに同点のチャンスを得る。イアン・スミスがボックス右外から強引にクロスを供給。これに反応したジョナサン・マルティネスがボックス内でいち早く反応すると、出遅れた相手DFの足がかかり、PKを獲得する。これをジミー・マリンが右足でゴール左隅を狙うと、GKジオゴ・コスタに反応されるも、ゴールに吸い込まれ同点に追いつく。 ▽その後は、同点ゴールを許したポルトガルがコスタリカを押し込むものの、勝ち越し点は奪えず試合終了。互いにPKを1本ずつ決めて、1-1の引き分けに終わり、勝ち点1を分け合った。 ◆グループC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">U-20ザンビア代表 4</span>-2 U-20イラン代表 【ザンビア】 サカラ(後9) ムウェプ(後14) エマヌエル・バンダ(後20) ダカ(後26) 【イラン】 レザ・シャカリ(前7) レザ・シャカリ(後49[PK]) U-20コスタリカ代表 1-1 U-20ポルトガル代表 【コスタリカ】 ジミー・マリン(後3[PK]) 【ポルトガル】 ジオゴ・ゴンサウベス(前32[PK]) 2017.05.24 23:02 Wed
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース