左目負傷のミランDFアバーテが練習を再開2017.03.15 14:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミラン所属のイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテがトレーニングに復帰したようだ。イタリア『スカイ』の報道をもとに、『フットボール・イタリア』が報じている。

▽アバーテは、先月26日に行われたセリエA第26節のサッスオーロ戦(1-0でミランが勝利)で、左目を負傷。血腫による視力低下の問題が懸念され、戦列を離れていた。しかし、報道によれば14日のトレーニングに参加したとのこと。早期復帰の可能性が伝えられている。

▽現在セリエAで7位のミランは、18日に行われるセリエA第29節でジェノアをホームに迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

コスタクルタが80歳ミラン会長退任を要望「ベルルスコーニは高齢すぎて視野が狭い」

ミランの黄金期を支えたレジェンド、アレッサンドロ・コスタクルタ氏はシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長がクラブの経営に関わることに反対であると、イギリスメディア『BBC』のインタビューで自身の考えを明らかにした。<br><br>ベルルスコーニ会長は1986年にミランの会長に就任して以来、今年で31周年を迎えた。ベルルスコーニ体制の下、ミランはイタリア国内、ヨーロッパ、世界のタイトルを合わせて29個獲得してきた。またアッリゴ・サッキ氏やファビオ・カペッロ氏を監督に迎えることで、現代サッカーの発展に寄与してきた人物だ。<br><br>ミランでは、新オーナーとされていた中国資本のシノ・ヨーロッパ・スポーツ(SES)への譲渡手続きが行われていたが、SESの支払いが遅れ手続きが頓挫した。万が一譲渡が実現しなかった場合について、アドリアーノ・ガリアーニCEOがベルルスコーニ体制続行の可能性を示唆していた。<br><br>しかしコスタクルタはベルルスコーニに幕引きの時期が訪れたと強調し、新オーナーを歓迎した。<br><br>「クラブの経営者として、ベルルスコーニは高齢すぎる。クラブのためや政治活動のために高額な資金を投資してきたが今、変革の時が訪れたと思う」<br><br>「ベルルスコーニは将来へ向けた視野が狭い。ミランは新たな投資家を必要としている。ミランには改革が必要だ」<br><br>長きにわたったベルルスコーニの貢献は認めるものの、80歳となり高齢なため、将来へ視野が狭くなっていることを指摘した。<br>提供:goal.com 2017.03.27 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

伊紙「本田圭佑はもはやミランではなく日本代表の選手」…指揮官は新戦力獲得を希望

ミランが来夏に向けて、再びウィンガーの補強を検討していると、イタリア紙『クオティディアーノ』が報じている。<br><br>ミランは今シーズン、前半戦からウィンガーの駒不足が問題となっており、1月の移籍市場では、エヴァートンからFWジェラール・デウロフェウ、ジェノアからFWルーカス・オカンポスをいずれも今シーズン終了までのレンタルで獲得している。<br><br>デウロフェウについては、優先買い取り権を持つバルセロナが権利の行使を検討しており、ミラン残留へ向けて大きな壁となっている。またオカンポスについては、現段階ではヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を勝ち取れていない。<br><br>続いて日本代表のMF本田圭佑も今シーズン、セリエAで出場機会がわずか5試合96分と構想外の扱いになっている。ピッチに登場するのは代表戦ばかりで、「ケイスケ・ホンダはもはやミランの所属選手というより、日本代表の選手だ」との評もある。今シーズン終了後、契約満了とともにミランを去る可能性が高い。<br><br>このためミランは来シーズンに向けて、ラツィオのセネガル代表FWバルデ・ケイタまたは、ストーク・シティのスイス代表FWジェルダン・シャチリの獲得を目指している。2人はいずれもモンテッラ監督とクラブの希望を満たす選手とみられている。<br><br>ケイタはスペイン生まれの22歳で今シーズン、23試合に出場し8ゴールを決めた。素晴らしい活躍を見せているだけに、争奪合戦となる可能性が高い。一方、シャチリは所属先で実力を発揮できておらず、シーズン終了後にセリエAへの復帰を受け入れる可能性がある。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位のタイ戦について語るFW本田圭佑「思ったより厳しい試合になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、FW本田圭佑(ミラン)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。UAE戦を振り返るとともに、自身の置かれている状況についてもコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆FW本田圭佑</span>(ミラン/イタリア) <span style="font-weight:700;">──UAE戦を改めて振り返って</span> 「結果重視の試合でしたね。そういった意味では、言うことなかったと思います。失点もしなかったですし、(試合の)運び方も立ち上がりに点が取れて、後半も追加点。理想の勝利だったと思います」 <span style="font-weight:700;">──同じポジションの久保選手が得点を決めましたが、嬉しい面、悔しい面どちらもあったかと思いますが</span> 「嬉しいですよ。嬉しいですし、それは危機感がないということではなく、これがサッカーだというスタンダードです。何ら不思議なことではありません。最近僕がミランでもここでもレギュラーポジションを取られているだけの話で、逆に今までは取られていなかったということだけです」 「これは起こりうる現実なので、むしろそれぐらいのレベルに日本代表がなってきたと捉えていいと思います。逆にここで僕が競ることができて、ポジションを取り返すことができるような状況を作れれば、もっと日本代表が良い状態になって行くと思います」 <span style="font-weight:700;">──そのためには何が必要ですか</span> 「出られていない現状は、自分がチームで出られていないことが要因だと思っています。現状を打開する場がなかなかないので、本田は一体どういったプレーをするのかをみんなが分からないと思います。そこだけだと思います。見せることができて、点を取ることができれば、やっぱりこれぐらいはできるんだなとなればまたチャンスが増えてくると思います」 <span style="font-weight:700;">──短い時間でしたが自分のパフォーマンスについては</span> 「やっぱり点を取りたかったです。相手もバテててたし、あと10分くらい長ければもう1つ2つビッグチャンスを作ることはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──監督からはどのような役割を求められていたか</span> 「守備はシンプルに自分のポジションのマークを見ながら、ゾーンで守ると言うことです。攻撃に関してはいつも言われているように、相手が疲れていたのもあると思いますが、積極的に背後を狙っていけと、間に顔出せと言われました」 <span style="font-weight:700;">──色々な逆境をこれまで乗り越えてこられましたが、現状の出られえていない状況を1つの試練と感じているのか</span> 「僕は今が楽しいです。こういったことが起これば起こるほど、自分自身が試されている気がして、右肩上がりにどうしていこうかと考えている自分も好きですし、乗り越えられた自分も好きです。そしてそれを乗り越えた時に、自分の結果を見て喜んでくれている人たちを喜ばすことも好きです。この期間は自分も楽しんでいます。道筋は見えていますし、方法も考えていますが、ここで話すと長くなってしまうので…今やれることをやるだけです」 <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けては</span> 「タイ戦は思ったより厳しい試合になると思います。引かれると思うので、逆に今この代表がやっているサッカーは攻められる方が特徴が出せると思います。カウンターを阻まれる、させてもらえない訳なので、そこは大変かなと思います」 「(ボールを)保持してやるイメージが皆さんはわきますかと言う感じですね(笑)僕たちはわかさないといけないですけど、課題はあると思います。UAE戦だけではそれをイメージさせることはできていません。全くUAE戦と同じサッカーをすれば良いと言うわけではないのがサッカーです。全く違うサッカーになることをイメージしなくてはいけません」 <span style="font-weight:700;">──良い勝ち方をした後に最下位のタイが相手だと勝てるんじゃないかというムードが出ると思うが</span> 「緩くなるのは危ない兆候です。思った以上に締めた方がいいです。思った以上に難しい試合になるだろうと入っていって、基本的なところから入ることが大事です。簡単なパスを簡単にする、オシャレに2人抜いてやろうということじゃないです。タイは結構やりますよ」 2017.03.25 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

ミラン本田圭佑の対応が伊メディアで再び波紋「また日本代表に行くとしゃべる」

日本代表に招集されているミランのMF本田圭佑が20日、日本のメディアに対して意見を述べたことについて、複数のイタリアメディアが疑問を呈している。<br><br>日本代表は23日に行われたロシアワールドカップアジア最終予選のアラブ首長国連邦(UAE)戦に2-0で勝利し、本田自身も78分から途中出場した。<br><br>しかし今シーズン、本田はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が率いる若手主体のミランにおいて、出場がセリエAとコッパ・イタリアを含めて6試合96分にとどまっている。今年に入ってからは1度も出場機会を与えられていなかった。<br><br>そのため試合勘を不安視し、今回の代表への選出を懐疑する声もあった。それでもヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「今の代表は本田を必要としています」と話し、代表における本田の存在の重要性を説いていた。<br><br>しかし、本田が日本メディアに対し、「今回のクラブで出ていない人間が代表に選ばれるのはどうかという意見は理解できます」などと自身の意見を語ったことで、イタリアメディアの間でも波紋が広がった。<br><br>『ピアネータ・ミラン』は「毎度のように母国のメディアに対して発言した。日本人選手の言葉は重いものだ」と指摘した。<br><br>また『カルチョメルカート・コム』は「本田が日本で気持ちを吐露」と報道した。そして以前、シニシャ・ミハイロビッチ元監督が「ここでは何も言わないのに、日本へ行くといつもしゃべる」と発言し、本田の意見が常に日本メディアから伝わることに不快感を示していたことを紹介し、本田には「前歴」があると伝えた。<br><br>提供:goal.com 2017.03.24 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手! 左目負傷のイタリア代表DFアバーテが今季絶望に…

▽ミランは22日、イタリア代表DFイグナツィオ・アバーテが左目のケガにより今シーズンの残り試合を欠場することを発表した。 ▽アバーテは、先月26日に行われたセリエA第26節のサッスオーロ戦(1-0でミランが勝利)で、左目を負傷。血腫による視力低下の問題が懸念され、戦列を離れていた。 ▽ミランは公式サイトで以下の声明を発表している。 「サッスオーロ戦で目を負傷したアバーテは、イタリアでいくつかの検査を受けた後に眼の専門医がいるマイアミへ向かった。今回の訪問での検査結果はポジティブなもので、彼のケガは着実に回復している。今後は2017-18シーズンでの復帰に向け、回復プログラムを行う予定だ」 2017.03.23 01:00 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース