左目負傷のミランDFアバーテが練習を再開2017.03.15 14:27 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミラン所属のイタリア代表DFイグナツィオ・アバーテがトレーニングに復帰したようだ。イタリア『スカイ』の報道をもとに、『フットボール・イタリア』が報じている。

▽アバーテは、先月26日に行われたセリエA第26節のサッスオーロ戦(1-0でミランが勝利)で、左目を負傷。血腫による視力低下の問題が懸念され、戦列を離れていた。しかし、報道によれば14日のトレーニングに参加したとのこと。早期復帰の可能性が伝えられている。

▽現在セリエAで7位のミランは、18日に行われるセリエA第29節でジェノアをホームに迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

来月開催のピルロ氏引退試合に豪華ビッグネームが集結…黄金期やW杯優勝メンバーも

元イタリア代表のレジェンド、アンドレア・ピルロ氏が23日、イタリアラジオ局『ラディオ・イタリア』のインタビューに応じ、5月21日に開催される引退試合の出場メンバーを明かした。<br><br>&ldquo;マエストロ&rdquo;ことピルロ氏は現役時代、ミランやユベントスで活躍。両クラブにおいて計6度のリーグ優勝を味わった。ミランでは2度のチャンピオンズリーグ優勝を果たしたほか、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップも制した。2015年夏からはMLSに拠点を移し、ニューヨーク・シティでプレーしていたが、昨年11月に現役生活を終える決断を下した。<br><br>ピルロ氏は23日、5月にサンシーロで行われるラストマッチ「ラ・ノッテ・デル・マエストロ(マエストロの夜)」へ参加するメンバーの一部を発表。古巣ミランの黄金期を代表するパオロ・マルディーニ氏やアレッサンドロ・ネスタ監督、フィリッポ・インザーギ監督、カフー氏らが名を連ねた。また2006年ドイツ・ワールドカップのイタリア代表優勝メンバーも参加。GKジャンルイジ・ブッフォンやMFダニエレ・デ・ロッシ、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督、フランチェスコ・トッティ氏、アレッサンドロ・デル・ピエロ氏らが登場する。<br><br>ピルロ氏は自身の引退試合について、「アメリカにおけるスポーツやサッカーの楽しみ方を見てきたので、お祭りのようになればと願っている。スタジアムには家族連れや子供たちにも来てほしい」と話している。<br><br>&nbsp;<br><br>現段階で発表されているメンバーは以下のとおり。MFおよびFWは後日、追加メンバーが発表される。<br><br>■GK<br><br>クリスティアン・アッビアーティ<br><br>ジャンルイジ・ブッフォン/ユベントス<br><br>ジダ<br><br>マルコ・ストラーリ/ミラン<br><br>■DF<br><br>ダニエレ・アダーニ<br><br>アンドレア・バルザーリ/ユベントス<br><br>ダニエレ・ボネーラ/ビジャレアル<br><br>レオナルド・ボヌッチ/ミラb<br><br>ファビオ・カンナヴァーロ/広州恒大(監督)<br><br>カフー<br><br>ジョルジョ・キエッリーニ/ユベントス<br><br>アレッサンドロ・コスタクルタ<br><br>ジュゼッペ・ファヴァッリ<br><br>チーロ・フェラーラ<br><br>ファビオ・グロッソ/バーリ(監督)<br><br>マレク・ヤンクロフスキ<br><br>カハ・カラーゼ<br><br>ステファン・リヒトシュタイナー/ユベントス<br><br>パオロ・マルディーニ<br><br>マルコ・マテラッツィ<br><br>アレッサンドロ・ネスタ/マイアミ(監督)<br><br>マッシモ・オッド/ウディネーゼ(監督)<br><br>セルジーニョ<br><br>ダリオ・シミッチ<br><br>ジャンルカ・ザンブロッタ<br><br>■MF<br><br>マウロ・カモラネージ<br><br>ダニエレ・デ・ロッシ/ローマ<br><br>ジェンナーロ・ガットゥーゾ/ミラン(監督)<br><br>シモーネ・ペッロッタ<br><br>■FW<br><br>アレッサンドロ・デル・ピエロ<br><br>アルベルト・ジラルディーノ/スペーツィア<br><br>フィリッポ・インザーギ/ヴェネツィア(監督)<br><br>ルカ・トーニ<br><br>フランチェスコ・トッティ/ローマ(幹部)<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.24 22:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、7位フィニッシュは悪夢? 来季最初の公式戦が7月になる可能性も

▽ミランの不振は来季にも影響を与えるかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ▽セリエA第34節でベネベントに敗れたミランは、アタランタに抜かれて7位に転落した。この順位は、ミランにとって非常に危険な位置だ。 ▽イタリアからは2チームが来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に出場できる。セリエAで5位のクラブと、コッパ・イタリアで優勝したクラブだ。セリエA6位のクラブはELの予選に参加して本大会出場を目指す。 ▽ミランにとって最悪のシナリオは、コッパ・イタリア決勝でユベントスに敗れ、セリエAを7位で終えることだ。コッパ・イタリア優勝で与えられるEL出場権がチャンピオンズリーグ出場権を有するユベントスに渡ると、その分のEL出場権はリーグ側に回される。 ▽その場合は7位まで欧州カップ戦に出場できることになるが、7位のクラブはELの予選2回戦から戦わなければいけない。この試合は7月26日の開催となる。新シーズンへの調整が早くなることはもちろん、プレシーズンの予定も大幅に変えなければいけない。 ▽すでにインターナショナル・チャンピオンズカップ参戦が決まっているだけに、プレシーズンツアーの収益面でも大きな打撃となることは間違いない。 ▽現在7位のミランは勝ち点54。6位のアタランタとは勝ち点1差だが、サンプドリアとフィオレンティーナが勝ち点3差で追ってきている。 2018.04.24 04:31 Tue
twitterfacebook
thumb

ビリアが頚椎骨折…ロシアW杯出場もピンチか

▽ミランは22日、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリアの負傷を発表した。 ▽ビリアは21日にホームで行われた第34節のベネヴェント戦(0-1でミランが敗戦)で負傷。検査の結果、頚椎に骨折が見つかった。今後のさらなる検査を受けることになるという。 ▽アルゼンチン代表としてロシア・ワールドカップ最終予選13試合に出場するなど主力を張るビリア。今夏の本大会に間に合えば良いが、果たして…。 2018.04.23 09:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランを気遣うベネヴェント指揮官「相手は疲れていた」「恥じることはない」

▽現地時間21日のセリエA第34節でベネヴェントはミランに1-0で勝利した。ロベルト・デ・ゼルビ監督は、「ミランの疲労」が勝因の一つと分析している。試合後の会見の様子を『ミランニュース』が伝えた。 ▽この試合で勝利を逃すとセリエB降格が決まる状況だったベネヴェントは、2月に同じ場所でインテルと対戦し、0-2で負けていた。 ▽ただ、デ・ゼルビ監督は「インテル戦の方が内容は良かった」とコメント。「我々が対戦したミランは疲れていた。そこを突くことができたね」と分析している。 ▽さらに指揮官は「ミランは何も恥じることはないと思う。我々はナポリやラツィオを含め、どんな相手も苦しめてきたのだからね」と語り、ベネヴェントがセリエAで立派に戦っていることを強調した。 ▽今季ここまで勝ち点17を獲得しているベネヴェントは、うち4ポイントをミランから獲得した。 2018.04.22 10:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ガットゥーゾ、最下位に敗れて怒り心頭「魂がなかった」

▽ミランは現地時間21日、セリエA第34節のベネヴェント戦を0-1で落とした。ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、まさかの敗戦に不満を爆発させている。試合後、『プレミアム・スポルト』にコメントを残した。 ▽第30節のユベントス戦で敗れてから4試合引き分けが続いていたミラン。久々の勝利を取り戻す相手として降格目前の最下位ベネベントは、格好の相手のはずだった。しかし、前半に先制を許すと、最後まで得点を奪うことはできず敗戦。ヨーロッパリーグ出場権獲得も微妙な位置となっている。 ▽ガットゥーゾ監督は「プレーしているときに魂がなかった。こんなみっともない姿勢ではダメだ」と不満を述べた。その一方で選手を擁護し、「まず責任があるのは私だ」とも話している。 ▽22日の結果次第では、6位を維持できないかもしれない。指揮官は、「多くのクラブがヨーロッパリーグ出場を狙っている。大事なのは相手じゃない。自分たちがこういった負けをしないことだ。チームのほぼ全体が、落ち着きのないプレーをしていたよ」と語った。 ▽これで6試合勝利なしのミラン。復調のきっかけはどこにあるのだろうか。 2018.04.22 07:02 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース