超ワールドサッカー

鳥栖、コロンビア代表FWイバルボの期限付き移籍加入を正式発表…フィッカデンティとカリアリ以来の再タッグ2017.03.15 16:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は15日、カリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)の期限付き移籍加入を正式発表した。背番号は「32」に決定。加入期間は2017年3月13日~2017年12月31日までとなる。

▽イバルボはこれまでアトレティコ・ナシオナルやカリアリ、ローマ、ワトフォード、パナシナイコスでプレー。鳥栖を指揮するマッシモ・フィッカデンティ監督とは、カリアリ在籍時以来の再タッグとなる。

▽なお、カリアリは14日、抜群の推進力とフィジカルを武器とするイバルボの鳥栖への期限付き移籍を先んじて発表。買い取り義オプションが付随していることも併せて伝えている。

▽鳥栖に加入することになったイバルボはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「こんにちは、ビクトル イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレー出来ることを非常に嬉しく、幸せに思っております」

「改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」

コメント

関連ニュース

thumb

フランクフルトが鳥栖MF鎌田大地との合意を発表…来週にもメディカルチェックを受け正式契約

▽フランクフルトは25日、サガン鳥栖のMFMF鎌田大地(20)の契約に迫っていることを発表した。クラブが公式に鎌田について触れることは初となる。 ▽フランクフルトの発表によると、鎌田は来週にもメディカルチェックを受けるためにフランクフルトに来るとのことだ。 ▽スポーツディレクターのフレディ・ボビッチ氏は鎌田について「我々はクラブ、選手と合意し、今後数日間で正式に発表できることを望む」とコメントしている。 ▽鎌田は、愛媛県生まれでガンバ大阪ジュニアユース出身。2015年に東山高校から鳥栖に入団。類まれなるパスセンスでFW豊田陽平とともに鳥栖の攻撃をリードする存在としてプロ1年目から活躍した。 ▽25日に行われた明治安田生命J!リーグ第16節の浦和レッズ戦にも先発フル出場。チームの2-1の勝利に貢献し、本拠地でサポーターとのお別れセレモニーを実施した。プロ3年目の今シーズンは、J1リーグ16試合に出場して3ゴール。J1通算で65試合13ゴールを記録した。 ▽移籍先となるフランクフルトは現在、元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督が率い、今シーズンのブンデスリーガを11位でフィニッシュ。過去に高原直泰(現・沖縄SV)、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現・エイバル)が在籍したクラブで、現在はMF長谷部誠が在籍している。 2017.06.25 21:38 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、リーグ3連敗…鳥栖が鎌田のラストマッチを勝利で飾る《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、サガン鳥栖vs浦和レッズが25日に行われ、2-1で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで5勝5敗5分けで12位に位置している鳥栖(勝ち点20)は、21日に行われた 天皇杯2回戦の松江シティFC戦は3-0で快勝。その試合から藤田、小川、豊田を小林、早川、小野にスタメン変更し、試合に臨んだ。 ▽対する浦和(勝ち点23)は、7勝5敗2分けで現在8位。リーグ戦では2連敗していたものの、控え中心で挑んだ天皇杯では、グルージャ盛岡を3-2で退け、勝ち星を取り戻した。今節はその試合から全メンバーを変更。槙野や柏木、興梠にラファエル・シルバといった主力メンバーを並べた布陣でリーグ戦4試合ぶりの勝利を目指した。 ▽試合は立ち上がりから攻撃に重きを置く両チームの激しい試合展開になる。6分、ボックス右に侵入したビクトル・イバルボが倒されるも、笛はならず。15分には興梠が右足で狙うが、枠の外へ。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、22分に鳥栖に決定機。イバルボがディフェンスラインを抜け出すと、そのままGKもかわして、無人のゴールへ。しかし、寸前のところで駒井のブロックに遭い、ゴールには至らなかった。対する浦和も41分に右CKから槙野が頭で合わせるが、GK権田がセーブ。無得点のまま前半を終えた。 ▽迎えた後半、両者攻め込むもなかなか得点を奪うことができないでいる中、65分に鳥栖がCKから試合を動かす。フランクフルトへの移籍が決まっている鎌田のCKから、小野がダイビングヘッドで合わせ先制点をもたらした。 ▽同点に追いつきたい浦和は、何度かゴール前まで攻め込むものの、精細さを欠きゴールを奪うことができない。すると終了間際の90分、相手のバックパスを奪った田川のパスを受けた福田がGKとの1対1の場面に。福田は冷静に流し込み、鳥栖が決定的となる2点目をあげた。 ▽諦めない浦和は、後半アディショナルタイム5分に、ペナルティエリア内でキム・ミンヒョクが足裏を見せたとしてPKの判定。李がこれを決め1点を返したが、時すでに遅し。2点を守り切った鳥栖が2-1で勝利し、鳥栖でのラストマッチとなった鎌田を花道で送った。敗れた浦和はこれでリーグ戦3連敗となった。 2017.06.25 21:27 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト幹部、初めて鎌田大地の獲得に言及…ドイツメディアは移籍金についても報道

サガン鳥栖から日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトへと移籍する予定のMF鎌田大地だが、フランクフルト幹部のフレディ・ボビッチ取締役がメディアの前で初めて同選手の名を口にした。<br><br>鳥栖の竹原稔社長は23日に開かれた会見で、鎌田の移籍がクラブ間で基本合意に至ったと報告。また鳥栖は公式ツイッターを通じて「(25日の)浦和レッズ戦の試合終了後、鎌田選手のセレモニーを行う予定です」と伝え、その後に同選手がフランクフルトへ「完全移籍することでクラブ間の基本合意に達しました」と正式に発表した。<br><br>この移籍について、ドイツメディアは日本の報道を伝えるにとどまっていたが、フランクフルトのスポーツ部門を担当するボビッチ取締役が鎌田について言及。23日に行われたクラブの新メインスポンサー発表イベントで「まだ取引は完了していないよ。でなければ鎌田はすでにここにいるはずだろう」と語り、契約締結前であるためか慎重な姿勢を貫いた。<br><br>しかし、それでもドイツ紙『ビルト』は「アタッカーの鎌田大地、250万ユーロ(約3億1000万円)で新たな日本人に」と題した記事で、同選手のフランクフルト加入を報じている。鳥栖の報告を受けてか、25日の浦和戦後に「この移籍が実現することになるだろう」とも伝え、正式発表は近々に行われると予想しているようだ。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖、MF鎌田大地のフランクフルト移籍合意を発表…MF長谷部誠とチームメートに

▽サガン鳥栖は24日、MF鎌田大地(20)がフランクフルトに完全移籍することで基本合意したと発表した。25日に行われる明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズ戦がラストゲームとなり、試合終了後にセレモニーが実施される。 ▽愛媛県生まれでガンバ大阪ジュニアユース出身の鎌田は、2015年に東山高校から鳥栖に入団。類まれなるパスセンスでFW豊田陽平とともに鳥栖の攻撃をリードする存在としてプロ1年目から活躍した。プロ3年目の今シーズンは、J1リーグ15試合に出場して3ゴール。J1通算で64試合13ゴールを記録した。 ▽移籍先となるフランクフルトは現在、元クロアチア代表MFのニコ・コヴァチ監督が率い、今シーズンのブンデスリーガを11位でフィニッシュ。過去に高原直泰(現・沖縄SV)、MF稲本潤一(現・北海道コンサドーレ札幌)、MF乾貴士(現・エイバル)が在籍したクラブで、現在はMF長谷部誠が在籍している。 2017.06.24 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がDF鄭昇炫を獲得、リオ五輪出場の韓国人CB

▽サガン鳥栖は23日、Kリーグクラシックの蔚山現代FCに所属する韓国人DF鄭昇炫(チョン・スンヒョン/23)の加入合意を発表した。 ▽鄭昇炫は、対人に長けた身長188cmのセンターバックで、リオ・デジャネイロ オリンピックの韓国代表にも選出された経歴の持ち主。同大会の4試合に全て先発出場を果たした。 ▽鳥栖は今シーズンの明治安田生命J1リーグ第15節終了の現時点で5勝5分け5敗の勝ち点20で12位に位置。25日に行われる次節は、ホームに8位の浦和レッズを迎え撃つ。 2017.06.23 10:20 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース