鳥栖、コロンビア代表FWイバルボの期限付き移籍加入を正式発表…フィッカデンティとカリアリ以来の再タッグ2017.03.15 16:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は15日、カリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)の期限付き移籍加入を正式発表した。背番号は「32」に決定。加入期間は2017年3月13日~2017年12月31日までとなる。

▽イバルボはこれまでアトレティコ・ナシオナルやカリアリ、ローマ、ワトフォード、パナシナイコスでプレー。鳥栖を指揮するマッシモ・フィッカデンティ監督とは、カリアリ在籍時以来の再タッグとなる。

▽なお、カリアリは14日、抜群の推進力とフィジカルを武器とするイバルボの鳥栖への期限付き移籍を先んじて発表。買い取り義オプションが付随していることも併せて伝えている。

▽鳥栖に加入することになったイバルボはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「こんにちは、ビクトル イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレー出来ることを非常に嬉しく、幸せに思っております」

「改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥栖vsC大阪は打ち合いの末の4-4ドロー《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017のグループB第3節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が26日にベストアメニティスタジアムで行われ、4-4で引き分けた。 ▽初戦となった前節で引き分けた鳥栖と、ここまで1勝1分けでグループ首位のC大阪が激突した。鳥栖は、直近のヴィッセル神戸戦から、原川、鎌田、趙以外の8選手を変更。一方のC大阪は、直近のヴァンフォーレ甲府戦から、GKキム・ジンヒョン以外の10選手を入れ替え、清武や水沼、リカルド・サントスらを先発起用した。 ▽試合は、早々の6分にC大阪がスコアを動かす。リカルド・サントスが相手陣内で高橋のバックパスを奪う。そのまま仕掛けたリカルド・サントスがGKとの一対一を見事なループシュートで制して、C大阪が先行する。 ▽しかし、ここから鳥栖も反撃。すると、24分に同点に追いつく。右サイド深くから小野がクロスを入れると、中央の鎌田がトラップしてシュート。これが決まり、鳥栖が試合を振り出しに戻した。 ▽勢いづいた鳥栖は、続く37分にもゴールを奪う。左サイドの三丸が入れた好クロスに正面の富山がヘッド。これがゴール左に決まり、鳥栖が前半のうちに逆転する。 ▽さらに鳥栖は直後の40分、セカンドボールをボックス左手前で叩いた高橋が豪快なミドルシュートをゴール右上隅に突き刺し、3-1とする。 ▽2点差とされたC大阪だが、反撃の姿勢を強調すると、44分に点差を詰める。ボックス左に侵入した清武がグラウンダーのクロスを供給。中央に走り込んだ水沼がダイレクトで合わせてネットを揺らし、3-2とした。 ▽迎えた後半、1点を追うC大阪は61分にゴールを奪う。左CKを鳥栖GK赤星に弾かれると、そのボールをダイレクトボレーで合わせた正面の水沼がシュートをゴール左に流し込み、3-3とした。 ▽激しい叩き合いとなった試合、次にスコアを動かしたのは鳥栖。68分、ボックス左の鎌田が中に切れ込んで右足を振る。シュートがニアサイドのゴール左に決まり、鳥栖が再び勝ち越す。 ▽しかし、C大阪もこのままでは終わらない。スブットーニのクリアが中途半端になると、ルーズボールに反応したボックス右の田中がダイレクトボレー。豪快にネットを揺らし、C大阪がスコアを4-4の同点とする。 ▽その後、C大阪はアディショナルタイムに清武が際どいシュートを放つも、GK赤星に弾かれたボールはポストに直撃してゴールとはならず、そのまま試合終了。打ち合いの末、両者が勝ち点を分け合っている。 2017.04.26 21:12 Wed
twitterfacebook
thumb

趙東建の1点を死守した鳥栖が勝ち点3! 神戸は今季初の連敗…《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸がベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽7節を終えて、2勝2分け3敗で13位につける鳥栖と、5勝2敗で3位につける神戸の一戦。前節のジュビロ磐田戦で終了間際の劇的ゴールで1-2と敗れた鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更した。高橋義と小野、ビクトル・イバルボに代えて原川と小川、趙東建を起用した。趙東建はリーグ戦初先発となった。 ▽一方、前節の柏レイソル戦でアディショナルタイムの失点により逆転負けを喫し、首位から陥落した神戸はその一戦から先発メンバーを3人変更。中坂と藤田に代えて橋本と高橋秀人を起用した。また、前節の退場で出場停止となった岩波の位置には北本が入った。 ▽前節、アディショナルタイムの悲劇を味わった両者の一戦は、立ち上がりからオープンな展開となる。神戸は6分、渡邉がドリブルでボックス右へと侵攻すると、右足でシュート。こぼれ球に反応した小林成豪がプッシュを試みるも、オフサイドの判定が下されてしまう。 ▽すると、ピンチを脱した鳥栖が一瞬の隙から先制点。9分、最終ラインからのロングバスを趙東建が頭で落とすと、パスを受けた豊田が最終ラインの裏にスルーパスを出す。これに反応した趙東建がボックス内でGKとの一対一を迎え、一度はGKキム・スンギュに弾かれるもこぼれ球を自ら左足で押し込んだ。 ▽先制を許した神戸は19分、左サイドでボールを受けた橋本がボックス左にスルーパスを供給。これに抜け出した小林成豪が切り返しから右足を振り抜くも、GK権田の好守に阻まれる。 ▽その後も攻勢を続ける神戸は30分、敵陣中央左でのルーズボールを橋本がヘディングで前線へ送ると、これが最終ラインの裏へと転がる。これに反応した小林成がボックス内でシュートを放つも、わずかにゴール右を外れる。失点後は神戸がペースを引き寄せるも、0-1のビハインドで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまで押し込まれていた鳥栖が神戸へと迫る。48分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた鎌田がボックス手前に鋭いパスを供給。これを走り込んだ趙東建が収めて、GKとの一対一を迎えるも、カバーに入った高橋義希に身体を入れられてしまい、好機を逸してしまう。 ▽リードを広げたい鳥栖は62分、鎌田からパスを受けた福田が敵陣中央左からクロスを供給。これを中央の豊田がバックステップを踏みながらヘディングシュートで合わせるが、GKキム・スンギュのブロックに防がれる。 ▽対する神戸は63分、橋本のパスを受けた渡邉がボックス左から右足を振り抜く。強烈なシュートをGK権田が見送るも、右ポストに嫌われる。 ▽その後も勢いよくゴールに迫る神戸と、粘り強いディフェンスから速攻を仕掛ける鳥栖のオープンな展開が続くも1点が遠い両者。鳥栖は85分、趙東建に代えて小林祐を投入し、守備固めに入る。 ▽すると終盤、鳥栖が前がかりになった神戸ディフェンスの背後を突き、ダメ押しのチャンスを迎える。90分、自陣でのクリアボールを高橋義希が前線へ送ると、鎌田が反応。そのままボックス内へと侵攻し、フリーで右足を振り抜くが、わずかにゴール右を外れ、GKとの一対一を決め切ることができない。 ▽なんとか同点に追いつきたい神戸は後半アディショナルタイム2分、ボックス手前でセカンドボールを収めた田中順也がボックス右に流すと、高橋義希が右足を振り抜くも、GK権田の正面。最後まで鳥栖の牙城を崩すことができず、試合終了。趙東建の1点を守り切った鳥栖が勝ち点3を獲得した。一方の神戸は、今シーズン初の連敗を喫した。 2017.04.22 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

アダイウトン弾で追いついた磐田が、ムサエフの豪快AT弾で逆転勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第7節のジュビロ磐田vsサガン鳥栖がヤマハスタジアムで行われ、2-1で磐田が勝利した。 ▽前節の横浜F・マリノス戦で1-2の敗戦を喫した13位の磐田(勝ち点7)が、アルビレックス新潟に3-0と快勝した11位の鳥栖(勝ち点8)を迎えた。磐田は[3-4-2-1]のフォーメーションを採用し、鳥栖はおなじみの[4-4-2]を敷いた。 ▽試合は立ち上がりに鳥栖が攻め込む場面が多く見られるが、6分に得たFKのチャンスでは鎌田が入れ合ボールをボックス内の谷口が折り返すが、誰も合わせられずにチャンスを逸した。 ▽入りは押され気味だった磐田も徐々に流れを呼びこむと10分に、森下のクロスから前線の川又が飛び込む。しかしここはGK権田が立ちはだかった。磐田は19分にもチャンス。中村俊、ムサエフとボールを繋ぎ、ムサエフはそのままボックス手前まで持ち込んで川辺とワンツーでさらに進攻。しかし相手に寄せに阻まれてこのチャンスを活かせなかった。 ▽磐田はその後も中村俊を起点として、セットプレーやサイドを使った攻撃から鳥栖を押し込んでいく。鳥栖も33分に高橋のフィードに抜け出した豊田が頭で落とし、福田がボックス内から狙うがクロスバーを越える。41分にもロングボールで中盤を飛ばした鳥栖は、鎌田がサイドからゴール前にクロスを入れるが、誰も押し込めず前半はゴールレスで終えた。 ▽すると鳥栖はハーフタイムで高橋を下げて原川を投入する。しかし前半同様にお互いにスペースを消す戦いを選択することで、なかなか決定機が作り出せない。 ▽磐田は54分、右CKのチャンスに中村俊が入れたインスイングのボールに高橋がニアサイドで合わせるが、相手に当たってゴールラインを割る。2度目のCKは鳥栖の選手に直接あたってラインを割り、磐田は立て続けに3本のCKを獲得。今度は左CKとなり、中村俊がふわりとしたボールをゴール前に入れるが、ここは豊田がしっかりとクリアしてチャンスとはならなかった。 ▽磐田は59分、左サイドから相手陣内に攻め込み、ボックス手前に横パスが出ると、これを櫻内が右足のアウトサイドで合わせる。吉田にディフレクトしたシュートはGK権田が好セーブを見せて得点とはならなかった。 ▽磐田は69分にもチャンスを迎えるが、大井が裏に出したボールに反応した川又が、マーカーとうまく駆け引きをしてスペースを作って右足で狙う。しかしここも枠を捉えきれず、ゴールが遠い。 ▽鳥栖は75分、GK権田のパントキックが相手陣内へ。GKカミンスキーがバウンドの目測を誤り後逸すると、ボールはゴール方向に向かったがポストを叩いて決まらなかった。 ▽お互いに決定機を決めきれない展開の中、88分に試合が動く。右CKを獲得した鳥栖は、豊田が大井に競り勝ってヘディングシュートを沈める。ついに試合の均衡が破れると、今度は磐田が反撃を開始し、89分には自陣からのロングボールをボックス右で受けた中村俊が、キックフェイントから持ち替えて左足でクロスを入れると、中央のアダイウトンが押し込んで、すぐさま振り出しに戻った。 ▽すると後半アディショナルタイム4分、磐田は左サイドのアダイウトンが入れたクロスを川辺が頭で落とすと、後方から走り込んだムサエフが右足を一閃。これがネットを揺らし、直後に試合終了のホイッスルが吹かれ、磐田が土壇場で逆転勝利を収めた。 2017.04.16 16:58 Sun
twitterfacebook
thumb

豊田連発に小野&18歳FW田川が今季初ゴール! 鳥栖が新潟に3発快勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第6節、サガン鳥栖vsアルビレックス新潟が8日にベストアメニティスタジアムで行われ、ホームの鳥栖が3-0で勝利した。 ▽14位の鳥栖と、16位新潟による浮上のキッカケを探る下位対決。前節、FC東京と激しい3-3のドローゲームを演じた鳥栖は、前節と同じ11人を先発起用し、前線はビクトル・イバルボと豊田の2トップに鎌田のトップ下という並びになった。一方、一度は逆転に成功するも終盤の連続失点でガンバ大阪に敗れた新潟は、端山を今季初出場させるなど、今季初勝利に向けて2選手を変更した。 ▽試合は今季初勝利に向けて積極的な入りを見せた新潟が、ホニとチアゴ・ガリャルドのブラジル人コンビのスピードを生かした攻めで押し気味に試合を進める。10分過ぎにはチアゴ・ガリャルドのスルーパスにホニが抜け出すが、ここは決定機に繋げられない。さらに14分には加藤がミドルシュートを放つが、これはGK権田の守備範囲。 ▽一方、押し込まれる入りを強いられた鳥栖だったが、序盤のピンチを乗り切ると、26分にボックス内で仕掛けたイバルボがDF富澤に倒されてPKを獲得。これをキッカーの豊田が冷静にゴール左隅へ流し込み、ワンチャンスを生かした鳥栖が先制に成功した。 ▽敵地で先制を許した新潟は、すぐさま反撃を開始。30分にはチアゴ・ガリャルドの右クロスの流れから、こぼれ球に反応した山崎が右足を振り抜くが、このシュートは左ポストに阻まれる。その後も攻勢を仕掛ける新潟は再三フィニッシュまで持ち込むが、決定力を欠いて前半を1点ビハインドで終えた。 ▽後半も一進一退の攻防が続く中、ホームの鳥栖は60分に高橋を下げて福田を同ポジションで投入。対する新潟は62分、端山を下げてストライカーの鈴木武蔵を投入し、攻勢を強めていく。 ▽後半は互いになかなか決定的なシーンを作り出せずにいたが、70分過ぎに試合が動く。71分、鳥栖が相手陣内で得た距離のあるFKの場面でゴール前に入れたボールをGK大谷がパンチングでクリアを試みるも、距離が出ない。これをボックス付近で拾った小野が右足でシュート。大谷が何とか反応したものの、ボールの勢いは衰えぬままゴールネットに吸い込まれた。 ▽痛恨の2失点目を喫した新潟は、本間、田中達とベテランを続けて投入し、ここから反撃を試みる。だが、2点リードで完全に守りを固めた鳥栖の守備をこじ開けられない。すると87分、鳥栖に決定的な3点目が生まれる。鎌田のスルーパスに抜け出した途中出場の18歳FW田川がDFを引き連れながらボックス内に持ち込み、左足のシュートを放つと、これがゴール右隅の絶妙なコースに決まった。 ▽そして、今季トップチーム昇格の田川のプロ初ゴールで試合を決めた鳥栖が、3-0で快勝。3試合ぶりの今季2勝目を手にした。一方、前節に続き3失点を喫した新潟は、今季2度目の連敗となり、またしても今季初勝利を逃した。 2017.04.08 17:27 Sat
twitterfacebook
thumb

サガン鳥栖、倖田來未さんの全国ツアーをサポート…5月には特別企画も発表

歌手の倖田來未さんが8日から開始する47都道府県ツアー「KODA KUMI LIVE TOUR 2017 ~ W FACE ~」をサガン鳥栖がスペシャルサポートすることが決まった。6日、倖田さんの公式サイトが発表した。<br><br>倖田さんはFW豊田陽平がエイベックス・スポーツとマネジメント契約したことをきっかけに鳥栖の試合を観戦し、応援している。2016年7月にはサイン入りビッグフラッグを寄贈し、オフィシャルソング「BRING IT ON !!」を提供していた。2017年からはスペシャルサポーター「勝利の女神」に就任していた。開幕戦の柏レイソル戦では国歌斉唱も務め、コラボレーション企画などを実施してきた。<br><br>なお、5月上旬には特別企画を発表する予定で、同企画には公演のチケットが必要になるという。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.07 13:47 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース