鳥栖、コロンビア代表FWイバルボの期限付き移籍加入を正式発表…フィッカデンティとカリアリ以来の再タッグ2017.03.15 16:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は15日、カリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)の期限付き移籍加入を正式発表した。背番号は「32」に決定。加入期間は2017年3月13日~2017年12月31日までとなる。

▽イバルボはこれまでアトレティコ・ナシオナルやカリアリ、ローマ、ワトフォード、パナシナイコスでプレー。鳥栖を指揮するマッシモ・フィッカデンティ監督とは、カリアリ在籍時以来の再タッグとなる。

▽なお、カリアリは14日、抜群の推進力とフィジカルを武器とするイバルボの鳥栖への期限付き移籍を先んじて発表。買い取り義オプションが付随していることも併せて伝えている。

▽鳥栖に加入することになったイバルボはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「こんにちは、ビクトル イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレー出来ることを非常に嬉しく、幸せに思っております」

「改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」

コメント

関連ニュース

thumb

イバルボ先発デビューの鳥栖を山村弾で下したC大阪が今季リーグ戦初白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のセレッソ大阪vsサガン鳥栖が18日にキンチョウスタジアムで行われ、1-0でC大阪が勝利した。 ▽ここまで2分け1敗のC大阪と、1勝1分け1敗の鳥栖が相まみえた。C大阪は、杉本を最前線に、柿谷、清武、ソウザ、山村、山口を起用。一方の鳥栖は、新加入のイバルボが早速スタメン入り。そのほか、豊田、鎌田、原川らが先発に名を連ねた。 ▽アウェイの鳥栖が積極的な立ち上がりを見せた中、C大阪は早々にアクシデント。左足の大腿部を痛めた山下がプレー続行不可能となり、木本との交代でピッチを後にする。 ▽そのC大阪は、時間の経過とともに支配率を高めていく。17分には、清武が中距離から思い切りよく左足を振る。しかし、このミドルシュートは枠を捉えることができない。 ▽なかなかフィニッシュに持ち込めない鳥栖だが、27分には際どいチャンス。鎌田を起点としたプレーから、最後はボックス左の原川がシュート。ファーサイドを狙ったコントロールシュートだったが、わずかにポスト右へそれていく。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、鳥栖は56分にイバルボを下げて田川を投入。イバルボは要所で持ち前のフィジカルの強さを発揮したが、決定的なプレーはできなかった。 ▽すると、70分に試合の均衡を破ったのはC大阪だった。ソウザの左CKが流れると、ボックス右角付近から清武がクロス。ファーサイドの木本が折り返すと、最後はゴール前で飛び込んだ山村がヘディングシュートでネットを揺らした。 ▽終盤にかけては、ビハインドを背負う鳥栖がリスクを負って攻める展開となる。86分には、左サイドを崩して田川が入れたクロスに、ゴール正面の鎌田が合わせる。しかし、シュートはバーの上へはずれ、この決定機をモノにすることができない。 ▽その後、最後まで鳥栖に得点を許さなかったC大阪が山村のゴールを守り切って今季リーグ戦初白星を手にしている。 2017.03.18 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

劇的結末! 途中出場のFW田中達也が2得点で新潟が鳥栖と引き分けに持ち込む《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループBのサガン鳥栖vsアルビレックス新潟がベストアメニティスタジアムで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦でサンフレッチェ広島に1-0と勝利し、今シーズン初白星を手にした鳥栖は、決勝ゴールのMF原川力やFW豊田陽平、MF鎌田大地らを温存。新加入のDFフランコ・スブットーニやMF太田徹郎、MF水野晃樹が初出場。MF小川佳純も初先発を飾った。対する新潟は、直近のリーグ戦で清水エスパルスに0-2で敗戦。FWチアゴ・ガリャルドやFW鈴木武蔵、FWロメロ・フランクを先発起用した。 ▽ホームの鳥栖は8分、やや離れた位置からのFKを水野が直接狙うもわずかに枠の右に外れる。10分にはFKから水野がクロスを入れると、FW趙東建が合わせるもGK大谷がセーブする。 ▽それでも22分、右サイドから田川がクロス。これを原がニアでクリアするも、こぼれ球を水野が左足ボレーで叩き込み鳥栖が先制する。 ▽新潟は24分、鈴木武蔵がボックスに差し掛かった所からシュートもGK権田が好反応でセーブする。29分には、鳥栖がチャンス。左からの田川のクロスをボックス内で趙東建が左足で合わせる。しかし、これは枠に飛ばない。 ▽鳥栖の1点リードで迎えた後半は新潟が圧力をかける。51分にはチアゴ・ガリャルドのクロスにソン・ジュフンが頭で合わせるも、枠に飛ばない。追いつきたい新潟はFW田中達也、MF本間勲のベテラン2人を投入。すると選手交代が効果を発揮する。 ▽66分、右サイドを鈴木が突破すると、グラウンダーのクロスを受けた田中がボックス内でシュート。これが左隅に決まり、新潟が同点に追いつく。 ▽その後は互いに攻勢を掛けるもスコアが動かず。このまま引き分けかと思われた90分、鳥栖は西村のクリアボールを途中出場の高橋が左足ボレー。これが決まり、鳥栖が土壇場で勝ち越しに成功する。 ▽そのまま逃げ切りたい鳥栖だったが、新潟が一瞬の隙を突く。浮き球のパスを受けた田中が、ボックス内右からフリーでシュート。これが左ポストを叩いて決まり、新潟が起死回生の同点ゴール。そのまま試合は終わり、2-2の引き分けに終わった。 2017.03.15 21:11 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリ、コロンビア代表FWイバルボを鳥栖へ買い取りOP付きのレンタル移籍で放出

▽カリアリは14日、コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍でサガン鳥栖へ放出したことを発表した。 ▽なお、イバルボの買い取りは一定の活躍に応じて義務に変更される模様で、鳥栖が買い取りオプションを行使した際は、イバルボと2020年6月30日まで契約を結ぶことになる。 ▽イバルボは、カリアリ、ローマでプレーしたセリエAでは130試合に出場し15得点14アシストを記録。ワトフォード時代にはプレミアリーグでも4試合に出場していた。今シーズンはパナシナイコスへとレンタル移籍し、リーグ戦8試合に出場。ヨーロッパリーグでは予選を含め9試合に出場し3得点を記録していた。 ▽鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、カリアリを指揮していた際にイバルボを指導。日本の地で再び仕事をすることなる。 2017.03.15 02:42 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリと鳥栖がFWイバルボのレンタル移籍で合意と報道…買取OP付きで行使の場合は2020年まで契約

▽サガン鳥栖への移籍加入が噂されるコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)だが、カリアリと鳥栖が買取オプション付きのレンタル移籍で合意したようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 ▽同メディアによると、イバルボの買取オプションを行使する場合は2020年までの契約が必要になるとのこと。13日にイバルボはすでに来日してメディカルチェックを行うと報じられていたが、すでに契約のサインとメディカルチェックは済んでおり、日本でプレーする準備が整ったと報じている。 ▽鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、カリアリを指揮していた際にイバルボを指導。日本の地で再び仕事をすることなる。 ▽イバルボは、カリアリ、ローマでプレーしたセリエAでは130試合に出場し15得点14アシストを記録。ワトフォード時代にはプレミアリーグでも4試合に出場していた。今シーズンはパナシナイコスへとレンタル移籍し、リーグ戦8試合に出場。ヨーロッパリーグでは予選を含め9試合に出場し3得点を記録していた。 2017.03.14 22:47 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖DF小林祐三に第二子となる長女が誕生「自分にとって忘れられない1日」

▽サガン鳥栖は14日、DF小林祐三に第二子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、小林の長女は11日に誕生したとのことだ。小林はクラブを通じてコメントしている。 「頑張ってくれた妻と子供に、心から感謝したいと思います。チームも今季初勝利、自分にとって忘れられない1日になりました。父親として、プレイヤーとして成長していけるように精一杯頑張ります」 ▽横浜F・マリノスから今シーズン加入した小林だが、右ヒザ蓋大腿関節症により4日に手術を受けていた。全治は約2カ月。 2017.03.14 12:33 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース