鳥栖、コロンビア代表FWイバルボの期限付き移籍加入を正式発表…フィッカデンティとカリアリ以来の再タッグ2017.03.15 16:25 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サガン鳥栖は15日、カリアリに所属するコロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)の期限付き移籍加入を正式発表した。背番号は「32」に決定。加入期間は2017年3月13日~2017年12月31日までとなる。

▽イバルボはこれまでアトレティコ・ナシオナルやカリアリ、ローマ、ワトフォード、パナシナイコスでプレー。鳥栖を指揮するマッシモ・フィッカデンティ監督とは、カリアリ在籍時以来の再タッグとなる。

▽なお、カリアリは14日、抜群の推進力とフィジカルを武器とするイバルボの鳥栖への期限付き移籍を先んじて発表。買い取り義オプションが付随していることも併せて伝えている。

▽鳥栖に加入することになったイバルボはクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「こんにちは、ビクトル イバルボです。まずは、私を招いてくださった竹原社長、クラブ、そして監督に感謝を申し上げたいです。日本でプレーした多くの友人たちから日本は素晴らしい国だと聞いています。そして代表チームのメンバー、すべての友人選手からJリーグは質が高いと聞いています。サガン鳥栖の強い情熱によって、その様な日本のJリーグでプレー出来ることを非常に嬉しく、幸せに思っております」

「改めて感謝を申し上げます。私のサッカー人生で学んできたこと全てを表現したいと思います。そして私自身も日本の落ち着き、謙虚さを習ってサッカー選手として人間としてさらに成長していきたいと思っております。ファン・サポーターの皆さま、早いうちにスタジアムでお会いしましょう!ありがとうございます」

コメント

関連ニュース

thumb

イバルボ2発含む3ゴールで大宮粉砕! 鳥栖が3試合ぶりの白星《J1》

▽19日に明治安田生命J1リーグ第21節のサガン鳥栖vs大宮アルディージャがベストアメニティスタジアムで行われ、3-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで8勝7分け7敗で10位につける鳥栖が、5勝4分け13敗で16位につける大宮をホームに迎えた。前節の横浜F・マリノス戦を0-1で敗れ、2試合白星がない鳥栖は、その一戦から先発メンバーを4人変更。藤田と青木、趙東建、田川に代えてキム・ミンヒョクと小林、豊田、FC東京から加入した河野を起用した。 ▽一方、前節のアルビレックス新潟戦を1-0で勝利し、6試合ぶりに勝ち点3を奪った大宮は、その一戦から先発メンバーを3人変更。奥井とマテウス、茨田に代えて山越と横谷、岩上を起用した。 ▽ホームの鳥栖は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとのコラボマッチとなり、白ベースの赤いストライプが入った『鷹の祭典2017』コラボユニフォームを着用してこの一戦に臨んだ。 ▽試合は立ち上がり、ホームの鳥栖が積極的に大宮陣内へと攻め入る。しかし、時間の経過とともに大宮も応戦。20分、マルセロ・トスカーノのパスでボックス右へ抜け出した岩上がボックス手前へポストプレー。走り込んだマルセロ・トスカーノがそのまま右足を振り抜くが枠を捉えることができない。 ▽対する鳥栖は35分、敵陣中央から細かいパス回しでボックス手前に侵攻し、最後は河野のパスを受けたビクトル・イバルボが右足で強烈なシュートを放つが、GK加藤に阻まれてしまう。 ▽終盤に差し掛かると徐々に鳥栖がペースを握り始める。迎えた44分、味方のスルーパスに反応したビクトル・イバルボがワントラップから強引に相手最終ラインへ抜け出して、飛び出したGK加藤との一対一を制した。 ▽1-0で試合を折り返すと、追いかける大宮が攻勢を強める。押し込まれる時間帯が続いた鳥栖だったが、一瞬の隙から追加点を奪う。60分、ビクトル・イバルボが左サイドでスローインを受けると、そのままボックス内へとカットイン。シュートフェイントを織り交ぜながら相手DF3枚を剥がしてゴール右上隅へ突き刺した。 ▽リードを広げた鳥栖は74分、GK権田からのロングフィードを豊田が頭で競り勝つ。これをボックス左手前で拾ったビクトル・イバルボが落とすと、これを受けた原川がそのままボックス中央やや左へ侵攻して、ゴールに流し込んだ。 ▽試合を難しくされた大宮は終盤、マテウスがボックス手前から強烈なシュート。しかし、GK権田に冷静に対処されてしまい、一矢報いることもできず、そのまま試合終了。ホームの鳥栖が3発で3試合ぶりの白星を飾った。 2017.08.19 21:37 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FMがウーゴ・ヴィエイラ弾で12戦無敗の3連勝!!《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節の横浜F・マリノスvsサガン鳥栖がニッパツ三ツ沢球技場で行われ、1-0で横浜FMが勝利した。 ▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、3位の横浜FM(勝ち点40)と9位の鳥栖(勝ち点31)が対戦。11戦無敗と好調の横浜FMは、勝利した前節のコンサドーレ札幌戦から変更はなしで臨む。 ▽一方、前節の柏レイソル戦をゴールレスで終えて3連勝とはならなかったが3戦無敗と調子を上げている鳥栖は、その試合から3名を変更。DFキム・ミンヒョク、MF水野、FW豊田に代えてDF青木、FW趙東建、FW田川を起用した。 ▽試合は開始2分に鳥栖が最初のチャンスを作り出す。ボックス手前でボールを受けたビクトル・イバルボが、左から中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGK飯倉に防がれて得点とはならず。すると今度は横浜FMがチャンスを迎える。9分にカウンターから左サイドを抜け出した山中が、ミドルレンジから左足でねらう。これはGK権田が弾くも、こぼれ球にいち早く反応したウーゴ・ヴィエイラが押し込んで、最初のチャンスでネットを揺らした。 ▽リードを許した鳥栖は15分に田川がドリブルでボックス左に侵入。三丸とのパス交換でさらに抜け出してシュートを放つが、この決定機はGK飯倉が好セーブを見せる。さらに45分にも、三丸のクロスをGK飯倉が弾いたところにビクトル・イバルボが詰めるが押し込むことはできず。前半は横浜FMが1点をリードして終えた。 ▽後半開始早々に齋藤が得意のドリブルで切り込むなど横浜FMが積極的な入りを見せる。ポゼッションを握る鳥栖を相手に、両サイドを使ったカウンターから攻め込んでいくが、決定機までは作れず。対する鳥栖も、帰陣が早い横浜FMの守りの前になかなかフィニッシュまで持ち込めないまま時間が過ぎていく。 ▽すると追いかける鳥栖が先に動きを見せる。23分には直前のプレーで頭を打った趙東建を下げて豊田を投入。さらに田川も下げて池田を送り出すなど2枚代えを敢行した。すると70分、右サイドの池田が入れたクロスをビクトル・イバルボが落とし、福田がボックス右から鋭いボールをゴール前に入れ直したが、誰もこのパスに反応できず。 ▽試合終盤にかけては追いかける鳥栖がさらに攻勢に出るが、横浜FMが粘り強い守備で決定機を作らせず。試合はそのまま終了のホイッスルを迎え、横浜FMが12戦無敗の3連勝を飾った。 2017.08.13 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

新潟が鳥栖からFW富山貴光を期限付き移籍で獲得「自分の持ってる力全てをチームに尽くしていきたい」

▽アルビレックス新潟は12日、サガン鳥栖に所属するFW富山貴光(26)を期限付き移籍で獲得した。契約期間は2018年1月31日となっている。 ▽栃木県出身の富山は、2013年に早稲田大学から大宮アルディージャに入団。2016シーズンから鳥栖に活躍の場を移すと、昨シーズンは明治安田生命J1リーグ25試合5得点を記録。 ▽しかし、今シーズンはここまでリーグ戦8試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。富山は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました富山貴光です。 J1残留のために、自分の持ってる力全てをチームに尽くしていきたいと思います。 アルビレックス新潟のファン・サポーターの皆さまどうぞよろしくお願いいたします。」 ◆サガン鳥栖 「この度、アルビレックス新潟に期限付き移籍する事になりました。急な移籍となり、本当に申し訳なく思っています。サガン鳥栖のファン・サポーターの皆さまには、良い時も悪い時も温かい言葉をたくさん頂いてすごく励みになりました!チームの力になれなくて申し訳ありませんでした。この1年半、本当にありがとうございます。成長して、またいいお知らせが出来るように頑張ってきます!」 2017.08.12 17:54 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟、鳥栖からMF小川佳純を期限付き移籍で獲得「一丸となって闘いましょう」

▽アルビレックス新潟は12日、サガン鳥栖に所属するMF小川佳純(32)を期限付き移籍で獲得した。契約期間は2018年1月31日となっている。 ▽小川は明治大学から2007年に名古屋に入団。10シーズン在籍し、2009年からは背番号10を背負ってプレーしたが、昨年11月に退団を発表。しかし、今季から加入した鳥栖では出場機会に恵まれず、ここまで明治安田生命J1リーグで5試合、YBCルヴァンカップ4試合、天皇杯1試合の出場に留まっていた。小川は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「このたび、アルビレックス新潟に加入することになりました小川佳純です。 J1残留に向けて自分の持てるものを全て注ぎ込み、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。 ファン、サポーターの皆さん、一丸となって闘いましょう。 よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「この度、アルビレックス新潟に期限付き移籍することになりました。シーズンの途中にこのような形でチームを離れること、なかなかチームの勝利に貢献できなかったことを申し訳なく思います」 「純粋に選手としてピッチに立ちたいという気持ちが強くこの決断に至りました。半年間という短い期間でしたが、ファンやサポーターの方々が温かく迎えてくれて、応援してくれたことは忘れません。本当にありがとうございます」 2017.08.12 17:48 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がFC東京MF河野広貴を完全移籍で獲得…恩師・フィッカデンティと再タッグ

▽サガン鳥栖は9日、FC東京のMF河野広貴(27)を完全移籍で獲得することを発表した。 ▽河野は東京ヴェルディの下部組織出身で、2012年からFC東京でプレー。FC東京では公式戦通算138試合に出場し18得点を記録していた。なお、今シーズンは明治安田生命J1リーグで8試合、YBCルヴァンカップ、天皇杯では1試合ずつの出場に留まっていた。 ▽鳥栖を率いるマッシモ・フィッカデンディ監督の下では、3トップや2トップなど様々なポジションでレギュラーとして活躍していた。河野は両クラブを通じてコメントしている。 ◆サガン鳥栖 「はじめまして!FC東京から加入する事になりました河野広貴です。自分の持ち味であるドリブルと前線からのプレッシングで攻守に貢献したいと思います。早くチームの一員としてサガン鳥栖の勝利のために闘います。ご声援よろしくお願いします!」 ◆FC東京 「まずは、6年前に移籍加入したとき、温かく迎え入れていただき本当にありがとうございました。小平や味スタで、常に支えて励まして下さったことに感謝しています。今回の移籍について、心から悩み、色々な人に相談しました。その中でサッカー選手として、環境を変えてもう一歩チャレンジしたい気持ちが強くなりました」 「大好きな“東京”から離れる事は苦渋の決断であり、みなさんと別れるのは本当に寂しくもありますが、とにかく頑張ってきます。ファン・サポーターのみなさんには、「俺のトーキョー」をこれからも愛してもらえればと思います。そして、ほんの少し河野広貴を思い出し、気にかけてもらえたら嬉しいです。今まで、本当にありがとうございました」 2017.08.09 21:32 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース