超ワールドサッカー

元レアル・マドリーのディ・マリア、PSG退団でバルセロナ移籍を希望か2017.03.15 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽レアル・マドリー退団後、マンチェスター・ユナイテッドを経て、PSGに活躍の場を移したディ・マリア。結果的にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント敗退という結果に終わったものの、先のホームで行われた1stレグでバルセロナを敗退の淵まで追い詰める好パフォーマンスを披露した。

▽報道によれば、その活躍が印象に残ったバルセロナは今夏の移籍市場で獲得に乗り出す意向を示している模様。ディ・マリア本人も代表でチームメートであり、友人であるバルセロナのFWリオネル・メッシとクラブレベルでもプレーしたいとの願望を抱いているという。

コメント

関連ニュース

thumb

泣き虫スアレス、古巣ナシオナルで錦を飾り、感極まる

▽以前からエモーショナルな男として知られるバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、古巣ナシオナルを訪問した際にまたしても感極まって涙した。『ESPN』が伝えている。 ▽以前から喜怒哀楽の激しい選手として知られるスアレスは、チャリティー活動の場で子供たちを前に幾度も涙する姿が確認されてきた。そんな“泣き虫”のスアレスは22日、古巣ナシオナルで自身の名前を冠した練習場の記念式典に参加し、多くの後輩を前にスピーチを行った際に感極まって涙を流した。 「ここナシオナルでは、目を見張るほどに特別な扱いを受けてきたんだ。ここでキャリアをスタートできたことを本当に誇りに思っているよ。これまでの多くの偉大なプレーヤーたちと同様に、自分の名前がピッチに刻まれることは、特権だと思う」 「今から、新たな混合ピッチ(天然芝と人工芝のハイブリッド)でプレーする機会を得た君たち(後輩)に話をしたいと思う。僕の時代はボールがどんなふうに弾むのか、わからなかったよ」 「このピッチでのプレーを楽しんでほしい。13歳、15歳、18歳、24歳とどんな年齢でも大変な時期を過ごすと思うけど、決して諦めてはダメだ。そして、君たちの傍にいる人たちの大切さを常に感じて取ってほしい」 ▽また、過去の噛みつき事件など、紆余曲折のキャリアを歩んできたスアレスは、「君たち一人ひとり、そして自分を誇りに思う気持ちのため、僕は決して諦めてはいけないということを伝えたい。フットボールには多くのセカンドチャンスがあるんだ。そのチャンスを最大限に生かさないとダメだ。僕自身、多くのことを経験したから、それを君たちに伝えたいんだ」と、実感のこもったアドバイスを後輩に送った。 ▽スアレスはスピーチの最後に、涙を浮かべながら妻のソフィアさんへ感謝の言葉を伝えている。 「子供たちにこの美しい瞬間を一緒に見てほしかったんだ。パパが何処からやってきたのか、この13年間に渡って常にサポートをしてくれたママに感謝を伝えるところをね」 ▽多くの希望を持った後輩たち、愛する家族を前に自身のキャリアをスタートした古巣に錦を飾ったスアレス。ここまで決して簡単ではなかったキャリアだっただけに、エモーショナルな感覚になることはよく理解できる。 ◆後輩たちを前に感極まる https://twitter.com/nacional/status/877562061580099584 2017.06.23 02:46 Fri
twitterfacebook
thumb

O・デンベレ獲得に向け、代理人とバルサSDが会合…今夏最初のビッグディール実現か?

▽バルセロナがドルトムントのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)獲得に近づいているという。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽バルセロナの今夏のターゲットと伝えられるO・デンベレ。今シーズン、レンヌからドルトムントに加入した同選手は、その類稀なる才能を開花させ、今季のサッカー界の話題をさらった。クラブの公式戦では49試合に出場し、10ゴール21アシストを記録。その活躍が評価され、昨年9月にはフランス代表デビューを飾り、ここまで7ゴールをマークしている。 ▽そんなO・デンベレは移籍マーケットでも話題の一人に。マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリーも獲得を狙っていると言われる中、移籍有力候補のバルセロナの新アンバサダーとなったエリック・アビダル氏もバルサ移籍を後押しするようなコメントを残している。 ▽また、『マルカ』はドイツ『ビルト』の報道から、バルセロナのスポーツ・ディレクターであるロベルト・フェルナンデス氏とO・デンベレの代理人のムサ・シソコ氏がすでに会合を行ったと伝えている。なお、移籍金は9000万ユーロ(約111億6000万円)にも上る見込みで、成立すればブンデスリーガ史上最高の移籍金となる。 2017.06.22 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ヴェッラッティはチャビの後継者? 数字が示すプレースタイルの違い

バルセロナ移籍の可能性が取りざたされるパリ・サンジェルマンMFマルコ・ヴェッラッティだが、彼はMFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)の後継者になるのだろうか。<br><br>バルサは2015年夏に退団したチャビの代わりを追い求め、今夏ヴェッラッティ獲得に動いているとされる。だが両者のプレースタイルは明らかに異なる。<br><br>スペイン『マルカ』は、チャビが定位置を確保していた2013-14シーズンと、ヴェッラッティの昨シーズンの成績を比較。リーグ戦とチャンピオンズリーグ(CL)は分けられている。<br><br>チャビはリーグ戦30試合出場でパス成功本数2406本、CL10試合出場で1020本だ。対してヴェッラッティはリーグ戦28試合出場でパス成功本数2164本、CL7試合出場で547本となっている。<br><br>一方、ヴェッラッティの強みが出ているのはデュエル(1対1)とボール奪取の部分だ。ヴェッラッティはリーグ戦でデュエル勝数232回、CLで58回。チャビはリーグ戦でデュエル勝数63回、CLで13回としている。<br><br>ボール奪取に関しては、ヴェッラッティはリーグ戦で180回、CLで57回とし、チャビはリーグ戦で112回、CLで53回を記録している。<br><br>チャビは&ldquo;チームの心臓&rdquo;としてオーガナイズの役割を担った。ヴェッラッティはグラディエイター(剣闘士)として、守備面で大きく貢献するタイプだと言える。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 18:58 Thu
twitterfacebook
thumb

ゼニトがバルサのカンテラーノ・ムニル獲得へ

▽ゼニトがバルセロナの元スペイン代表FWムニル・エル・ハダディ(21)の獲得に近づいているようだ。カタルーニャメディア『Tot costa』の情報を基に、スペイン『CCMA』が伝えている。 ▽伝えられるところによると、ゼニトはバルセロナが要求する2000万ユーロ(24億8000万円)の移籍金を支払うつもりのようだ。ゼニトを率いるロベルト・マンチーニ監督とフロント陣が補強について話を詰めたうえで、同じく興味を示しているとされるナポリが獲得に動かないようであれば、交渉は数日で終わるだろうと推測している。 ▽バルサの下部組織出身のムニルは2015-16シーズンにトップチームデビューを果たすも、15試合の出場に留まりインパクトを残せなかった。しかし、今シーズンはレンタル移籍でバレンシアに活躍の場を移すと、リーグ戦33試合に出場。チーム最多タイの6得点をマークするなど印象的なシーズンを送った。 ▽しかし同メディアによると、バルセロナのアーネスト・バルベルデ新監督は、ムニルを来季の構想には入れていないようだ。また、『フットボール・エスパーニャ』によるとバレンシアも同選手の獲得に向けて交渉を行っていたようだが、最終的にはゼニト移籍で決着がつきそうだ。 2017.06.22 17:49 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、地元ライバル・エスパニョールからカリコルを獲得か

▽バルセロナが、左サイドバックの補強に向けてエスパニョールの元スペインU-19代表DFアーロン・マルティン・カリコル(20)に関心を寄せているようだ。スペイン『RAC1』が伝えた。 ▽新たな左サイドバックを探すバルセロナは、アトレティコ・マドリーのU-19フランス代表DFテオ・エルナンデス(19)の獲得に動いていたが、ライバルのレアル・マドリーが獲得合意との報道。これを受け、カリコルにターゲットを変更した模様だ。1月にクラブとの契約を2022年までとしたカリコルは、契約解除金が3000万ユーロ(約37億2000万円)に設定されており、バルサは獲得のために満額支払う必要性があるとのこと。なお、2018年6月30日以降になると、その解除金は4000万ユーロ(約49億6000万円)にまで上昇するという条件が含まれているようだ。 ▽エスパニョールの下部組織出身のカリコルは、CKを任されるなど高いキック精度を備えている。また、チャンスと見るやリスクを恐れず積極的に攻撃を仕掛けるハートの持ち主だ。守備でも1対1でボールを奪いきる場面がよく見受けられるなど、バランスのとれたDFとして注目されている。 2017.06.22 15:32 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース