元レアル・マドリーのディ・マリア、PSG退団でバルセロナ移籍を希望か2017.03.15 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽レアル・マドリー退団後、マンチェスター・ユナイテッドを経て、PSGに活躍の場を移したディ・マリア。結果的にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント敗退という結果に終わったものの、先のホームで行われた1stレグでバルセロナを敗退の淵まで追い詰める好パフォーマンスを披露した。

▽報道によれば、その活躍が印象に残ったバルセロナは今夏の移籍市場で獲得に乗り出す意向を示している模様。ディ・マリア本人も代表でチームメートであり、友人であるバルセロナのFWリオネル・メッシとクラブレベルでもプレーしたいとの願望を抱いているという。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、マルセリーノ監督が次節バルセロナ戦で指揮できず...技術委員会が決定

バレンシアに痛手だ。マルセリーノ・ガルシア・トラル監督がベンチ不在の状態で次戦のビッグマッチを迎えることになった。<br><br>クラブ史上初の8連勝を飾り、現在リーガエスパニョーラで2位に位置するバレンシア。26日に行われるリーガ第13節では、本拠地メスタージャに首位バルセロナを迎える。<br><br>だが、その一戦でマルセリーノ監督がベンチ入り禁止になる。マルセリーノ監督はリーガ第12節エスパニョール戦(2-0)で敵将キケ・サンチェス・フローレス監督と言い合いになったとされ、退席処分を命じられていた。<br><br>ただ、映像では問題のシーンにおいて、マルセリーノ監督とキケ監督は口論ではなく敬意を持って話し合っていたように見える。そのためバレンシアは異議申し立てを行ったが、スペインの審判技術委員会は22日にマルセリーノ監督の2試合ベンチ入り禁止処分を決定している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 23:31 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ移籍はありえない!? メッシとペップの関係はとっくに冷めている?

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(30)が、マンチェスター・シティに移籍することはないようだ。スペイン『Diario Gol』が伝えた。 ▽バルセロナとの契約が今季限りとなっているメッシに関しては、今年7月にクラブが2021年までの契約延長合意を発表したが、現在まで正式サインの発表が行われていない状況。そんな中、かねてよりジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・シティがメッシの獲得に動いていることが報じられ、最近スペインメディアは、シティが4億ユーロ(約527億円)を市場に投入する準備をしているとまで伝えた。 ▽しかし、今回の報道によるとメッシがシティに移籍することはないという。現在シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督はバルセロナ時代にメッシらと共に3度のリーグ優勝や2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝など数々のタイトルを獲得してきた。しかし、自身がバルサの監督として最後の年となった2011-12シーズンではリーガエスパニョーラとCLの優勝を逃し、バルセロナで過ごす最後のシーズンに両者の関係は冷めていたとのことだ。また、グアルディオラ監督は、バルセロナとそのファンにダメージを与えるような動きを見せたいとは考えないという。 2017.11.23 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エジルとバルサが合意と報道 アーセナル挟んだ禁断移籍か

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル(29)が1月のバルセロナ移籍で合意しているとの報道がスペイン方面から出ている。『Catalunya Radio』の報道を基にイギリス『エクスプレス』が伝えた。 ▽アーセナルとの契約が今季限りとなっているエジルだが、契約延長交渉の進展が滞っていることが伝えられている。レアル・マドリー時代に共闘したジョゼ・モウリーニョ監督率いるマンチェスター・ユナイテッドとの関連も伝えられてきたが、最近になってバルセロナ行きの噂も出ていた。 ▽今回の報道によれば、カタルーニャのリポーターであるキケ・ガスク氏が『Catalunya Radio』に対して、バルセロナがエジルの代理人と交渉し、3年半の契約に合意したことを明かしたようだ。移籍金は2000万ユーロ(約26億3000万円)になるという。 ▽エジルはアーセナル入りする前の2010年から2013年までレアル・マドリーでプレー。今回の報道が事実ならアーセナル経由での“禁断の移籍”となるが…。 2017.11.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

ノイアーvsデ・ヘア最高論争にちょっと待った!「今、世界一のGKはテア・シュテーゲン」

▽バルセロナに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュが、同クラブのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(25)を「世界一のGK」と評した。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽2014年夏にボルシアMGからバルセロナ入りしたテア・シュテーゲンは、初年度と2シーズン目はGKクラウディオ・ブラーボの存在もありチャンピオンズリーグ中心のGKとしてプレーしていたが、昨シーズンから完全な守護神に定着。とりわけ今シーズンは開幕から秀逸なパフォーマンスを続けている。 ▽22日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第5節のユベントス戦でも圧巻のゴールキーピングを披露したテア・シュテーゲンについて、ディーニュは以下のように語った。 「僕にとって、テア・シュテーゲンは今現在、世界最高のGKだ」 「彼は極めて高いレベルでプレーしている」 ▽現在、実績を除いた際の“最高GK議論”では、バイエルンのGKマヌエル・ノイアーとGKダビド・デ・ヘアの名前が挙げられることが多い印象だ。テア・シュテーゲンも現在の活躍を続けていけばこの2人に割って入ることになるかもしれない。 2017.11.23 20:04 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサのレジェンド、イニエスタに敵地サポがスタンディングオベーション…メッシは?

22日に行われたチャンピオンズリーグ、グループD第5節ユベントス対バルセロナ戦(0-0)において、MFアンドレス・イニエスタにスタンディングオベーションが贈られた。『Goal』の取材により明らかになった。<br><br>今年で33歳を迎えてなおバルセロナの&ldquo;頭脳&rdquo;として活躍を続けるイニエスタ。ユベントス戦ではスターティングメンバーに名を連ね、この日も最高レベルのプレーを披露してみせた。82分にMFジョルディ・アルバと交代してピッチを去る際には、ユベントスの本拠地ユベントススタジアムの観客が総立ちとなり、スタンディングオベーションで見送られた。イニエスタは突然の拍手喝采に驚く素振りも見せたが、自身も手を叩いて敵地の観客に応えた。<br><br>『ガゼッタ・デロ・スポルト』も観客席から沸き起こった拍手は「準備されたものではなく、感じるままに自然と生まれた」と描写しており、「とても美しい拍手」だと評した。<br><br>なお『Goal』の現地記者は、イニエスタがユベントスのレジェンドであるGKジャンルイジ・ブッフォンに対する賛辞を贈っていたことも、敵地サポーターの心をつかむ要因となったと分析している。またバルセロナのもう1人の英雄、FWリオネル・メッシは56分にFWジェラール・デウロフェウに代わりピッチに入ったが、メッシには通常どおりの拍手が贈られた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 15:52 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース