元レアル・マドリーのディ・マリア、PSG退団でバルセロナ移籍を希望か2017.03.15 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽レアル・マドリー退団後、マンチェスター・ユナイテッドを経て、PSGに活躍の場を移したディ・マリア。結果的にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント敗退という結果に終わったものの、先のホームで行われた1stレグでバルセロナを敗退の淵まで追い詰める好パフォーマンスを披露した。

▽報道によれば、その活躍が印象に残ったバルセロナは今夏の移籍市場で獲得に乗り出す意向を示している模様。ディ・マリア本人も代表でチームメートであり、友人であるバルセロナのFWリオネル・メッシとクラブレベルでもプレーしたいとの願望を抱いているという。

コメント

関連ニュース

thumb

マスチェラーノ、来年1月に古巣リーベル・プレート復帰へ

▽今年1月に中国の河北華夏に移籍したアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(33)は、来年1月に古巣のリーベル・プレートへ戻る可能性があるようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 ▽今年1月にバルセロナから河北華夏に移籍したマスチェラーノ。3月に開幕した中国スーパーリーグでは、開幕から先発フル出場を続け6試合で1アシストを記録している。 ▽中国でも上々の出だしを見せている“ヘフェシート”(マスチェラーノの愛称=小さなチーフ)は、すでに古巣への復帰を考慮しているようで、河北華夏との契約が切れる2020年1月を待たずして、来年1月の母国凱旋を目指しているという。 2018.04.19 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレス、出場機会減少も移籍の考えなし! 「バルセロナで成功したい」

▽バルセロナに所属するスペイン代表MFデニス・スアレス(24)が、同クラブでの成功を夢見ている。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽セビージャ、ビジャレアルでのプレーを経て、2016年夏に慣れ親しむバルセロナに帰還したデニス・スアレス。しかし、復帰2年目の今シーズンは、出場機会が減少したことに加えて、今冬にリバプールから加入したブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの加入したことで、ベンチ入りすらもままならない状況が続いている。 ▽そんな中、デニス・スアレスは17日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のセルタとのアウェイ戦で先発出場。メンバーを数名入れ替えた一戦で2-2と無敗継続に貢献した。 ▽試合後、デニス・スアレスは出場機会を求めて移籍する可能性について問われると、すぐさま否定。ユース時代に所属していたセルタへの復帰については、将来的には考えているものの、現時点では「バルセロナでの成功」を夢見ていることを強調している。 「このことについては何度も言ってきたし、考えは変わらないよ。僕は2年間の契約結んでいる。ここで成功したいと思っているんだ」 「今日は競争力があり、ポジティブな試合ができた。特にあまりプレーしていない選手たちで無敗を継続できたことも素晴らしいよ」 「(セルタ復帰の考えは)常に口にしてる通り、その可能性はまだないよ。バルセロナで成功したいからね」 「もちろんいつかはセルタに戻ると思うけど、今はまだあまりにも早いよ」 2018.04.19 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャDFラングレにバルセロナが興味…リバプールもすでに交渉済みか

▽バルセロナが、セビージャの元U-21フランス代表DFクレマン・ラングレ(22)に注目しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ▽バルセロナは、スペイン代表DFジェラール・ピケの高齢化やフランス代表DFサミュエル・ユムティティの不透明な去就に加え、新加入のジェリー・ミナがいまいちフィットしきれていないことから、今夏に新たなセンターバックを獲得するのではないかといわれている。そこで候補に挙がっているのが元U-21フランス代表DFラングレだ。 ▽昨年1月にナンシーからセビージャ入りしたラングレは、持ち前の守備センスとテクニックですぐにレギュラーの座を掴むと、今季もリーグ戦30試合に出場。3ゴールを挙げるなどセットプレーの強さも魅力の1つだ。 ▽セビージャのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督も「彼はバルセロナでプレーできる素質を持っている」と称賛。ラングレにはリバプールも獲得に興味を示しているとされており、すでに今夏の移籍に向けた交渉を行っているとみるメディアもある。 ▽なお、クラブとの契約が2021年までとなっているラングレには、4500万ユーロ(約61億円)程度の契約解除金が設定されているようだ。 2018.04.19 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

エル・クラシコの開催日時が決定! イニエスタ最後のクラシコか…

▽リーガエスパニョーラ第36節バルセロナvsレアル・マドリーの“伝統の一戦”は、日本時間5月6日の27:45にキックオフを迎えることが決定した。 ▽第33節を終えた時点で首位のバルセロナ(勝ち点83)と2位のアトレティコ・マドリー(勝ち点71)との勝ち点差は「12」となっており、アトレティコが1試合未消化ながらもバルセロナの2シーズンぶりのリーガ優勝はほぼ待ったなしの様相を呈している。 ▽そんな中行われる今回のエル・クラシコ。マドリー(勝ち点68)も現在3位に位置しており、優勝の行方を大きく左右するものではないが、幾つか注目すべき点がある。 ▽ひとつはバルセロナの無敗優勝を阻止できるかという点だ。現時点で25勝8分無敗と無類の強さを誇るバルセロナ。マドリーと当たる前に敗れる可能性はなくもないが、それまでの日程を考えると、やはりバルセロナに土をつけられるのはマドリーしかいない。しかし、マドリーはクラシコの前にチャンピオンズリーグ準決勝バイエルン戦を控えている。第2戦を戦って中4日の対戦となる中でバルセロナをどこまで苦しめられるだろうか。 ▽一方、バルセロナはMFアンドレス・イニエスタの最後のクラシコと見込まれている。中国行きが報じられているチームのバンディエラに、本拠地カンプ・ノウで勝利の花束を捧げたい。 ▽世界が注目する“エル・クラシコ”。今回も伝統の一戦に刮目だ。 2018.04.19 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、レイナの後釜にバルサのオランダ代表GKに照準か

▽ナポリが、バルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(28)獲得に興味を示しているようだ。『TRANSFERmarketWEB』が伝えている。 ▽スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナの契約満了が迫り、新たな守護神探しに奔走しているナポリ。後釜としてレバークーゼンのドイツ代表GKベルント・レノ(26)や、フィオレンティーナのイタリア人GKマルコ・スポルティエッロ(25)らの名前が挙がっているが、今回噂となっているのが、バルセロナのオランダ代表GKシレッセンだ。 ▽シレッセンは2016年夏にアヤックスからバルセロナに加入。現在はドイツ代表GKアンドレ・テア・シュテーゲンの控えに甘んじてはいるが、今季出場した公式戦9試合で7度のクリーンシートを達成している。 ▽オランダ代表としては39試合に出場しており、現在28歳と円熟味を増しているシレッセンの評価は高まっている。また、ナポリと同じくGKを探すリバプールもシレッセンの動向に注目しているとみられている。 2018.04.19 13:55 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース