元レアル・マドリーのディ・マリア、PSG退団でバルセロナ移籍を希望か2017.03.15 12:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(29)にバルセロナ移籍の可能性が浮上した。フランス『Le10Sport』が伝えている。

▽レアル・マドリー退団後、マンチェスター・ユナイテッドを経て、PSGに活躍の場を移したディ・マリア。結果的にチャンピオンズリーグ決勝トーナメント敗退という結果に終わったものの、先のホームで行われた1stレグでバルセロナを敗退の淵まで追い詰める好パフォーマンスを披露した。

▽報道によれば、その活躍が印象に残ったバルセロナは今夏の移籍市場で獲得に乗り出す意向を示している模様。ディ・マリア本人も代表でチームメートであり、友人であるバルセロナのFWリオネル・メッシとクラブレベルでもプレーしたいとの願望を抱いているという。

コメント

関連ニュース

thumb

9度目の正直…メッシ、“苦手”チェルシーを克服

▽バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが“苦手”を克服した。 ▽バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグでチェルシーのホームに乗り込み、1-1のドロー。先制を許す苦しい展開を強いられたが、75分に生まれたメッシの同点弾により、アウェイで貴重な引き分けに持ち込んだ。 ▽バルセロナの公式サイトによれば、メッシは、2006年2月22日に行われたCL決勝トーナメント1回戦1stレグでチェルシー戦に初出場。それから通算8度出場して不発に終わっていたが、約12年の歳月を経て、9度目のチェルシー戦で遂にジンクスを破った。 ▽なお、『Opta(@OptaJoe)』によれば、メッシにとって、通算30本目のシュートがチェルシーの壁を打ち破る一発に。そして、通算9つ目の枠内シュートがジンクス打破に繋がったという。 2018.02.21 08:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:チェルシー 1-1 バルセロナ《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、チェルシーvsバルセロナが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 13 クルトワ 5.5 難しい枠内シュートは皆無。危なげないゴールキーピングを見せた DF 28 アスピリクエタ 6.0 ゲームキャプテンとして周囲に声をかけながら守備ブロックをオーガナイズ。モーゼスとの連係でアルバの攻め上がりにも対応 27 A・クリステンセン 4.5 味方と良い距離感を保ちながら中央の守備をきっちり締める。だが、あまりにも不用意なパスが痛すぎる結果を招いた… 2 リュディガー 5.5 時折、淡白な対応が見受けられたものの身体を張った守備を続ける MF 15 モーゼス 6.0 攻撃面の貢献はいまひとつも自慢の走力を対アルバの守備で見せた 4 セスク 5.5 古巣相手に泥臭く守備をする。攻撃面ではなかなか違いを作れず (→ドリンクウォーター -) 7 カンテ 6.0 持ち味の攻撃的な守備ではなく味方との距離感に気を配りながらきっちりスペースを埋めた 3 マルコス・アロンソ 5.5 モーゼス同様に攻め上がりを自重し最終ラインのサポートに奔走 FW 22 ウィリアン 7.0 2度の決定機がポストに阻まれるも、3度目で見事に決め切った。アザールと共にカウンターアタックをけん引 10 アザール 6.5 ゼロトップで起用された中、幾度か得意な左サイドのプレーエリアで違いを生んだ 11 ペドロ 5.5 古巣初対戦。前線から味方を助ける守備をみせたが、攻撃ではノーインパクト (→モラタ -) 監督 コンテ 5.5 チームとしてのプランは機能したが、個人のミスで厳しい結果に… ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180221_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 テア・シュテーゲン 5.5 枠内シュートを冷静に阻止。ビルドアップの場面でもきっちり貢献 DF 20 セルジ・ロベルト 5.5 流れてくるアザールの対応に奔走。持ち上がってマークを剥がすなど、ビルドアップの場面でも主体性を持ってプレー 3 ピケ 6.0 相手の鋭いカウンターに対して落ち着いて対応した 23 ユムティティ 6.0 持ち味の対人対応でアザールやウィリアンを抑え込んだ 18 ジョルディ・アルバ 5.5 飛び出すスペースを消されたうえ、快足モーゼスを剥がし切れず。それでも、守備は無難にこなした MF 15 パウリーニョ 5.5 球際で強さを見せたが、やや軽いプレーでカウンターを招く場面も (→A・ビダル 5.0) 起用に応えるような違いは生めず 4 ラキティッチ 5.5 序盤にカードをもらったことで、守備時にやや危うい対応があったが、動揺することなく仕事を継続 5 ブスケッツ 6.0 カウンターで難しい対応があったが、何とか粘る。スペースとギャップを見つけては正確なパスを味方に繋げる 8 イニエスタ 6.5 密集の中でも正確なプレーを見せたが、チームメートとの距離感が遠かった。それでも、メッシの同点弾をお膳立て (→アンドレ・ゴメス -) FW 10 メッシ 6.5 対チェルシー9戦目で待望の初ゴール。徹底マークに遭いながらも優れたキープ力とドリブルで見せ場は作った 9 スアレス 5.5 前半は完全に消える展開となったが、後半は盛り返した 監督 バルベルデ 5.5 相手のやりたい試合展開に持ち込まれ、持ち味の修正力もいまひとつ機能せず。それでも、勝負強さを発揮してアドバンテージを持ち帰る ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ウィリアン(チェルシー) ▽味方の痛恨のミスでヒーローになり損ねたが、試合を通して最も脅威を与えるプレーヤーだったことに間違いない。2度の決定機を逃した中、素晴らしい精度のシュートで決め切った勝負強さも見事だった。 チェルシー 1-1 バルセロナ 【チェルシー】 ウィリアン(後17) 【バルセロナ】 メッシ(後30) 2018.02.21 06:55 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシが通算9戦目で対チェルシー初ゴール! 先行許すも相手のミスを突き敵地で貴重なドロー《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦1stレグ、チェルシーvsバルセロナが20日にスタンフォード・ブリッジで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽グループステージでは、ローマとアトレティコ・マドリーと同居した“死の組C”を2位で勝ち抜いたチェルシー。しかし、2018年は公式戦4試合連続ドローで開けると、最近ではリーグ戦で降格圏に沈む格下相手に連敗を喫し、コンテ監督の去就問題が紛糾。それでも、直近の公式戦2試合では合計7得点を奪って連勝し、一先ず雑音を払ってこの試合を迎えた。なお、直近のFAカップ、ハル・シティ戦からは先発7人を変更。GKクルトワ、アスピリクエタ、クリステンセンの守備陣、モーゼス、マルコス・アロンソの両ウイングバックが復帰したほか、カンテとアザールも戻り、前線はウィリアンとペドロ、アザールという“ゼロトップ”が採用された。 ▽一方のバルセロナは、ユベントスと同組となったグループDで4勝2分けの首位通過。また、リーガエスパニョーラでも無敗を維持し直近のエイバル戦での勝利で、リーグ戦31試合連続無敗記録を達成。3大会ぶりのCL優勝に向けて第一関門となるチェルシー戦に向けてはそのエイバル戦と全く同じメンバーを起用し、対チェルシー9戦目にして初ゴールを目指すメッシとスアレスが2トップを組んだ。 ▽互いに慎重な入りを見せた中、より前から圧力をかけるチェルシーが少しずつペースを掴んでいく。相手のカウンターを警戒してか、攻撃に枚数はかけられないもののアザールとウィリアン、ペドロの前線3枚で何とかフィニッシュまで持ち込もうとする。5分にはボックス手前右からカットインしたアザールがファーストシュートを放つが、これは枠を大きく外れる。さらに9分にはウィリアンの右CKをゴール前でフリーのリュディガーが頭で合わすが、これも枠の左に外れる。 ▽一方、中盤ダイヤモンドではなくフラットの[4-4-2]で臨んだバルセロナは後方から丁寧にボールを動かしながら極力リスクを冒さず、ボールを大事にした戦い方を見せる。時折、中央で浮くメッシにボールが入ると、1人、2人と相手DFをドリブルでかわしてチャンスに結び付ける。16分にはそのメッシの浮き球の左クロスからゴール前のパウリーニョに決定機もヘディングシュートは枠の左に外れる。 ▽立ち上がりの15分を過ぎると、チェルシーが前から追わなくなったことで、徐々にバルセロナが70パーセントを超えるボール支配率で完全に試合をコントロールし始める。ただ、 堅固なブロックを敷くホームチームに対して、メッシとイニエスタのコンビプレー以外にスイッチが入らず、こう着した状況が続く。 ▽この初戦でよりゴールがほしいチェルシーは前半半ばを過ぎたあたりから再び圧力を強めていく。そして、より高い位置で相手のパスを引っかけてカウンターに持ち込み始めると、ここから続けて決定機を作っていく。33分にはカウンターから左サイドでタメを作ったアザールの横パスを受けたウィリアンがカットインから右足のシュート。しかし、これは右ポストを叩く。さらに41分には再びボックス手前でルーズボールに反応したウィリアンが右足を振り抜くが、今度は左ポストを叩きゴールとはならず。クローズな展開が目立った中、前半終盤ホームチームに2度の決定機が訪れるも、試合はゴールレスで折り返した。 ▽迎えた後半、キックオフ直後からボールを保持して相手を押し込むバルセロナは53分、前半消えていたスアレスが左サイドを個人技で突破して際どい左足のシュートでGKクルトワを脅かす。その後もスアレスを起点に攻勢を見せ始めるアウェイチームだが、中央に人数をかけた相手の守備を崩し切れない。 ▽一方、前半終盤と同様に前から圧力をかけるチェルシーは後半最初の決定機を先制点に結び付ける。62分、左CKの場面でショートコーナーを選択すると、ボールを持ったアザールがペナルティアーク付近でフリーのウィリアンへ浮き球のパスを通す。これを冷静なボールタッチで収めたブラジル代表MFは右への鋭い持ち出しで対面のブスケッツを外し、枠の外から内に巻いていく見事なグラウンダーのシュートをゴール右隅に突き刺す。そして、この試合3度目の決定機を見事に決め切った。 ▽先制点を許したバルセロナは失点直後にパウリーニョを下げて右サイドハーフにアレイシ・ビダルを投入する。ここからリスクを冒して攻撃に出るが、5バックに加えてカンテやセスクが中央のエリアを固めるチェルシーの堅守を前に攻めあぐねる。 ▽しかし、ホームチームの信じがたいミスから、試合前に煽りに煽られていたバルセロナのエースが対チェルシー9戦目にして待望のゴールを奪う。75分、ロングボールに抜け出したスアレスがDFリュディガーとボックス内で交錯。あわやPKという場面も主審はプレーを流す。だが、スアレスが猛抗議を行うなど、やや試合の流れが止まった中で自陣左サイド深くのDFクリステンセンがゴール前を横切るリスキーなパスを出す。これが痛恨のミスパスとなり、ボックス左でイニエスタがカット。そして、中央へ走り込むメッシに丁寧に繋ぐと、最後はアルゼンチン代表FWが左足ダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。 ▽注目のメッシの対チェルシー初ゴールで振り出しに戻った試合はここからヒートアップしていく。何とか勝ち越したいチェルシーは古巣対戦のペドロ、セスクを下げてモラタとドリンクウォーターを続けて投入。対するバルセロナはイニエスタに代えてアンドレ・ゴメスをピッチに送り出し、このまま時間を進める選択肢を選ぶ。 ▽球際の激しさと裏腹にその後は互いに決定機を作れぬまま試合は1-1でタイムアップ。苦戦を強いられながらも相手のミスからメッシが貴重なアウェイゴールを奪ったバルセロナが、小さくないアドバンテージを手にして来月14日にカンプ・ノウで行われる2ndレグを迎えることになった。 2018.02.21 06:54 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシ、セスク、ピケがCLの舞台で再会...カンテラ時代を共に過ごした3選手

20日に行われるチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグで、バルセロナとチェルシーが対戦する。この試合で再会を果たす3選手がいる。<br><br>1987年生まれのバルセロナDFジェラール・ピケ、FWリオネル・メッシ、チェルシーMFセスク・ファブレガスは、いずれもバルセロナのカンテラ(下部組織)出身選手だ。同3選手は中学生年代にあたるカデーテBの頃から一緒にプレーしていた。<br><br>だが道は分かれる。ピケは17歳でマンチェスター・ユナイテッドに、セスクは16歳でアーセナルへと渡った。その後、ピケが2008年に、セスクが2011年にバルセロナに復帰したが、セスクは2014年に再び新天地を求めチェルシーに移籍した。<br><br>メッシ、ピケ、セスク。互いをよく知る3選手が、チェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで再会する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.20 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

メッシ好調の秘訣は綿密な体調管理?ラキティッチ「あれだけ身体を気遣うのは見たことない」

バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1stレグのチェルシー戦に臨む。前日会見に出席したMFイバン・ラキティッチは、2ndレグのことを意識せず、勝利を狙いに行く必要性を説いている。<br><br>ラウンド16屈指の好カードは、初戦はチェルシー本拠地「スタンフォード・ブリッジ」で行われる。難しい敵地の試合を前に、クロアチア代表MFはスペイン紙『マルカ』に対し、結果にこだわりたいと語っている。<br><br>「ホームの試合を考えずに、この試合に取り組まなければならない。できる限り良い試合をして、ゴールを決めて勝利をつかみたいと思う。僕たちの考えは勝つことだけにあり、その後に何をすべきかなんて、あとで考えればいい」<br><br>またバルセロナが最近に4&minus;3&minus;3ではなく、4&minus;4&minus;2のシステムを使用していることにも言及した。<br><br>「ストライカーが2人か3人かで、プレーは変わってくる。ピッチ上で起きていることを把握するのが重要だ。中盤に4人いる方が、カウンターを防ぎやすいというのはあるね」<br><br>リーガ・エスパニョーラ首位を快走するチームの中で、FWリオネル・メッシはリーグ戦24試合20ゴール12アシストと、キャリアハイに迫る活躍を見せている。ラキティッチは、30歳となったメッシが、以前よりもコンディション調整に気を使うようになったと感じているようだ。<br><br>「とても集中しているように感じる。あれだけジムに通って、身体に気遣っている彼は見たことがない。キレを保つために最大限のことをしているし、それは僕たちの助けになる。僕たちには彼が必要だ」<br><br>提供:goal.com 2018.02.20 18:55 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース