ルカク、エバートンの新契約オファーを拒否か2017.03.15 10:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(23)がクラブとの契約延長を拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽エバートンとの現行契約を2019年まで残しているルカク。他クラブの関心がささやかれる中、以前から契約延長に向けた動きが伝えられていたが、エバートンが打診した新契約に首を縦に振らなかったという。

▽しかし、『スカイ・スポーツ』が伝えたところによれば、エバートンに諦めた様子はなく、今後も代理人のミノ・ライオラ氏を交えて会談を継続していくとのことだ。

▽ルカクは2014年に移籍金2800万ポンドでチェルシーから完全移籍。今シーズンのプレミアリーグで、ここまでトッテナムのFWハリー・ケインと並んでトップの19ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

EFLカップ4回戦の対戦カードが決定!! 前回王者のユナイテッドはスウォンジーと対戦!!《EFLカップ》

▽20日にEFLカップ3回戦の全日程が終了し、4回戦の対戦カードが決定した。 ▽前回王者のユナイテッドは3回戦でバートンと対戦し4-1と快勝して4回戦進出が決定。その4回戦では、レディングに2-0で勝利したスウォンジーとの対戦となる。 ▽その他、昨季のプレミアリーグ王者であるチェルシーは、今夏に大型補強を行ったエバートンと対戦。その他のプレミアリーグ勢同士の対戦はトッテナムとウェストハムの一戦となっている。 ▽EFLカップ4回戦は10月23日に開催予定となっている。その他の対戦カードは以下の通り。 ◆EFLカップ4回戦 トッテナム vs ウェストハム ブリストル vs クリスタル・パレス スウォンジー vs マンチェスター・ユナイテッド アーセナル vs ノリッジ チェルシー vs エバートン マンチェスター・シティ vs ウォルバーハンプトン レスター・シティ vs リーズ ボーンマス vs ミドルズブラ 2017.09.21 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

小児ガンで他界したファンへ粋なはからい…エバートン、サンダーランドが1試合限定で胸スポンサーを変更

▽今週のミッドウィークに行われるカラバオ・カップ(EFLカップ)で、エバートンとサンダーランドが粋なはからいを計画しているようだ。両クラブが公式サイトで発表した。 ▽20日に、EFLカップ3回戦でエバートンvsサンダーランドが行われる。その際、両チームは「ブラッドリー・ローリー財団」を宣伝するユニフォームを着用することになる。 ▽ブラッドリー・ローリー君は、生後18カ月で神経芽細胞腫(小児ガン)と診断。今年7月7日に6歳で他界していた。昨シーズンまでサンダーランドでプレーし、現在はボーンマスでプレーするイングランド代表FWジャーメイン・デフォーとも親交があり、昨シーズンはプレミアリーグのサンダーランドvsエバートンに招待。クラブマスコットのブラック・キャッツと共にピッチに降り立っていた。 ▽両クラブは、チームの胸スポンサーである「SportPesa」(エバートン)、「Dafabet」(サンダーランド)と今回の取り組みについて合意。8月に発足した「ブラッドリー・ローリー財団」を胸に記したユニフォームでプレーすることで、ガンやその他の命を脅かす病との戦いに挑む子供たちを支援するために設立された財団のアピールをすることにした。 ▽ブラッドリー君の母親であるジェマさんは「私たちはシャツの前面に財団のロゴを見ることができて、とても感激しています」とコメントしている。 2017.09.19 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

飲酒運転で逮捕のルーニーが出廷…2年間の運転禁止など処分に「判決は全て受け入れる」

▽エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーは18日、裁判所に出頭し、自身の飲酒運転を認めた。イギリス『BBC』が報じた。 ▽今シーズンからエバートンに復帰したルーニーは9月1日の早朝、チェシャー州のウィルムズローで運転中に警察に車両をストップさせられ逮捕。基準値を超えるアルコールが検出されていた。 ▽ストックポート裁判所への出廷が言い渡されていたルーニーは、18日に予定通り出廷。飲酒運転により、2年間の運転禁止処分と共に12カ月の社会奉仕活動、100時間のボランティア活動が命じられた。さらに、罰金170ポンド(約2万5600円)も科せられたという。 ▽裁判所によると、ルーニーは逮捕時の呼吸検査で、100ml中のアルコールレベルが104マイクログラムもあったとのこと。イングランドとウェールズの飲酒運転の限度は、35マイクログラムであり、基準値の3倍であったことが明かされた。 ▽ルーニーは今回の飲酒運転に関して、改めて謝罪。判決を受け入れると語った。 「法的な制限を超えて運転したことは、許されない判断であったことを公に謝罪したいと思う。それは完全に誤りでした」 「私はすでに家族や監督、会長、そしてエバートンに関わる全ての人に対し、申し訳なく思っています。全てのファン、キャリアを通じて私を支えてくれている人にもお詫び申し上げます」 「もちろん、裁判所の判決は全て受け入れます。そして、社会奉仕活動を通じて、少しでも償いができることを望んでいます」 2017.09.18 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣戦で喜び爆発パフォのルカク「おちょくった」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが古巣エバートン戦にもかかわらず、問答無用に喜びを爆発させたゴールパフォーマンスの真意を明かした。 ▽今夏にエバートンからユナイテッドに活躍の場を移したルカク。17日に行われたプレミアリーグ第6節の古巣エバートン戦で1得点の活躍を見せると、ゴール時に喜びを爆発させた。 ▽試合後、イギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたルカクは、ゴールパフォーマンスについて次のようにコメントしている。 「僕がFKを外したときに、彼ら(エバートンのサポーター)からブーイングが飛んだから、ちょっとばかりおちょくっただけさ。ゴールを決められて嬉しいよ」 「でも、それはこれまで挙げてきたゴールの1つに過ぎない。勝つことができて本当に満足している。チームとしてもリーグのトップにいるわけだからね」 2017.09.18 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、初凱旋となったルーニーへのサポーターの拍手に「功労者がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいもの」

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、エバートンの一員としてオールド・トラフォードに戻ってきた元イングランド代表FWウェイン・ルーニーへのユナイテッドサポーターの対応について言及している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第5節でエバートンをホームに迎え、4-0で勝利した。この一戦は、13年間にわたってユナイテッドでプレーし、今夏の移籍市場で古巣であるエバートンへ移籍したルーニーの初めてのオールド・トラフォードへの凱旋試合となった。先発出場を果たしたルーニーは、82分までプレー。ピッチを去る際にはユナイテッドサポーターからスタンディングオーベーションに見送られた。 ▽試合後、モウリーニョ監督はルーニーへのユナイテッドサポーターの対応についてコメント。「チームに貢献した選手がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいものだ」と語った。 「(ルーニーに大きな拍手が送られていたことについて)クラブにとって大きな存在で、クラブの歴史にとって重要な役割を果たしていた選手を歓迎することは、イングランドサポーター、ビッククラブの本質だ」 「私は、スタンフォード・ブリッジとオールド・トラフォードでのことついてしか話すことはできないが、どちらもチームに貢献した選手がスタジアムに帰ってきた時の対応は素晴らしいものだ。あらゆるイングランドのクラブはそうするだろう。驚くことではない」 「ここは彼のホーム。そして、いつの日かまたここに戻ってくることを信じているよ」 2017.09.18 10:21 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース