ルカク、エバートンの新契約オファーを拒否か2017.03.15 10:45 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽エバートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(23)がクラブとの契約延長を拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽エバートンとの現行契約を2019年まで残しているルカク。他クラブの関心がささやかれる中、以前から契約延長に向けた動きが伝えられていたが、エバートンが打診した新契約に首を縦に振らなかったという。

▽しかし、『スカイ・スポーツ』が伝えたところによれば、エバートンに諦めた様子はなく、今後も代理人のミノ・ライオラ氏を交えて会談を継続していくとのことだ。

▽ルカクは2014年に移籍金2800万ポンドでチェルシーから完全移籍。今シーズンのプレミアリーグで、ここまでトッテナムのFWハリー・ケインと並んでトップの19ゴールを記録している。

コメント

関連ニュース

thumb

右足骨折コールマンの手術が成功 しかし、離脱期間は医師もわからず…

▽24日のウェールズ代表戦で右足を骨折したエバートンのアイルランド代表DFシェイマス・コールマンの手術が無事成功したようだ。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選のアイルランドvsウェールズに先発出場したコールマンは、70分に相手DFニール・テイラーの悪質なタックルによって右足を骨折する重傷を負った。 ▽アイルランド代表を率いるマーティン・オニール監督は、25日にコールマンの手術が無事成功したことを明かした。 「彼は土曜(25日)の午前中に手術を受け、無事に成功した。彼は自分に起こったこと、失望の気持ち全てを理解している」 ▽また、オニール監督は、コールマンの離脱期間について「医師や執刀医にさえ正確なことはわかっていない」と語り、復帰には長い時間を要する見込みであると主張している。 「回復にはかなりの時間が必要となるだろう。彼のケガは二重骨折だ。現在、骨折箇所をボルトで固定している」 「(離脱期間に関して)私にはわからない。推測しかできない。医師や執刀医にさえ正確なことはわかっていないんだ」 「回復にはかなりの時間が必要となるだろう。しかし、シェイマスには強い決心がある。そういった前向きな姿勢は、往々にしてケガの回復を助けるものになる」 ▽キャプテンを務めるアイルランド代表と共に、エバートンで重要な役割を担うコールマンには、一刻も早い戦列復帰を期待したところだ。 2017.03.27 02:35 Mon
twitterfacebook
thumb

シュナイデルランがふくらはぎ負傷でマージーサイド・ダービー出場は状況次第に…

▽エバートンのフランス代表MFモルガン・シュナイデルランが、ふくらはぎを負傷したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽シュナイデルランは18日に行われたプレミアリーグ第29節のハル・シティ戦に先発出場を果たすも、30分に左足を負傷してバリーとの交代でベンチへと下がっていた。試合後は松葉杖をついてスタジアムを後にした同選手だが、クラブのメディカルスタッフによればふくらはぎを負傷しているものの、大事には至っていないと伝えられていた。 ▽エバートンは4月1日にリバプールとのマージーサイド・ダービーを控えているが、クラブの発表によればシュナイデルランの出場は今後の検査結果を見て判断するとのこと。 ▽今冬の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッドからエバートンに加入した同選手は、公式戦9試合に出場するなどロナルド・クーマン監督の下で出場機会を得ていた。 2017.03.22 11:23 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン首脳陣、ルカクの退団報道を一蹴…「我々の選手」と主張

エバートン筆頭株主のファルハド・モシリ氏は、FWロメル・ルカクが新契約を拒否したことに関する報道をイギリス『トークスポーツ』のインタビューで否定している。<br><br>ルカク代理人のミノ・ライオラ氏は、以前より2019年で契約の切れるベルギー代表ストライカーが「99.9%」エバートンと新契約を結ぶと話していた。しかしルカクの希望はチャンピオンズリーグに出場することであり、クラブとの新契約を拒否したと報じられている。これを受け、今夏の移籍に関する憶測が過熱しているが、モシリ氏はチームのストライカーはどこにも行かないと明言した。<br><br>「何も問題はない。クラブは選手とその代理人と良い関係性を築いている。まだ2年半も契約が残っており、新契約も準備している。誰一人としてそのことを心配していない。彼は我々の選手だ」<br><br>23歳のルカクは全公式戦で29試合に出場し、20得点を挙げ、チームの攻撃陣をけん引している。はたしてエバートンの最多得点記録を持つストライカーは今夏どのような決断を下すのだろうか。<br><br>提供:goal.com 2017.03.16 09:05 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムの今夏トップターゲットはバークリーか

▽トッテナムは今夏、エバートンに所属するイングランド代表MFロス・バークリー(23)の獲得にプライオリティを置いているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽ロナルド・クーマン監督就任の今シーズン、ここまで公式戦28試合5ゴール6アシストを記録しているバークリー。しかし、クーマン監督とバークリーの関係性において、あまり良好にいっていないとの見方が伝えられており、今夏の去就に注目が集まっている。 ▽そうした中、今回の報道によれば、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がクラブにバークリーの獲得をリクエスト。エバートンが売却金3000万ポンド(約41億8000万円)を見込むバークリー獲得を最優先事項に掲げているという。 2017.03.12 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【プレミア第28節プレビュー】上位勢FAカップの中、リバプール連勝なるか

▽前節のプレミアリーグは、リバプールがアーセナルを3-1で撃破。チェルシー、マンチェスター・シティ、スパーズの上位勢が揃って勝利した一方、マンチェスター・ユナイテッドはホームでボーンマスと1-1のドローに終わった。 ▽迎える今節は、FAカップが開催されるため、いくつかの試合が延期となっている。FAカップ準々決勝の4試合は、ミドルズブラvsマンチェスター・シティ、アーセナルvsリンカーン・シティ、スパーズvsミルウォール、そしてチェルシーvsマンチェスター・ユナイテッドの4試合。その影響で、5試合が延期となる。 <span class="AdVideo" data-category="video_ad_app" data-page-id-ios="cybird170309_ios" data-page-id-and="cybird170309_and" data-height="180px"></span> ▽開催されるプレミア4試合の中で注目なのは、日曜日の日本時間25時から行われるリバプールvsバーンリーだ。4位のリバプール(勝ち点52)は前節、フィルミノとサディオ・マネ、ワイナルドゥムのゴールにより、アーセナルを3-1で下した。ただ、直近8試合のリーグ戦では2勝3分け3敗と、勝ち点を伸ばしきれていない。一方、12位のバーンリー(勝ち点31)は、直近のリーグ戦4試合で2分け2敗と苦しんでいる。次節にエティハド・スタジアムでのシティ戦を控えているリバプールとしては、ホーム戦のここで連勝し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権争い中のライバルにプレッシャーをかけておきたい。 ▽また、CL権を狙える位置につける7位のエバートン(勝ち点44)は、8位のWBA(勝ち点40)をホームに迎える。エバートンは前節、スパーズを相手に2-3で敗戦。ここまで、ケインの19ゴールに次ぐ18ゴールを積み重ねているルカクは、直近リーグ4試合で6得点と好調を維持しており、引き続き活躍に期待がかかる。 ◆プレミアリーグ第28節 ▽3/8(水) マンチェスター・シティ 0-0 ストーク・シティ ▽3/11(土) 《24:00》 ハル・シティ vs スウォンジー エバートン vs WBA ボーンマス vs ウェストハム ▽3/12(日) 《25:00》 リバプール vs バーンリー ▽未定 クリスタル・パレス vs トッテナム ミドルズブラ vs サンダーランド サウサンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド チェルシー vs ワトフォード アーセナル vs レスター・シティ 2017.03.11 14:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース