岡崎先発のレスターが逆転で初のベスト8進出! ナスリ愚行にエンゾンジPK失敗のセビージャは初の8強ならず…《CL》2017.03.15 06:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、レスター・シティvsセビージャが14日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、レスターが2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-2としたレスターがベスト8進出を決めた。なお、レスターのFW岡崎慎司は先発出場し、64分までプレーした。

▽先月22日にセビージャのホームで行われた1stレグではセビージャが圧倒した中、2-1と先勝している。

▽劣勢ながらもヴァーディの一発でアウェイゴール1つを奪ったレスターは、その数日後に昨季プレミアリーグ優勝に導いたラニエリ監督を電撃解任。しかし、チームはそこからリーグ戦2連勝と復調。シェイクスピア監督を正指揮官とし、逆転突破を目指すレスターは、直近2試合と同じスタメンを採用。2トップには岡崎とヴァーディが並んだ。

▽一方、1stレグでレスターを一方的に押し込みながらもホアキン・コレアのPK失敗などで2ゴールを奪うに留まったセビージャは、その後のリーグ戦4試合を2勝2分けとしているが、ここ2試合は格下相手に引き分けており、ややチーム状態は下降気味。サンパオリ監督は多数の主力を温存した直近のレガネス戦からGKセルヒオ・リコ、ラミ、サラビアを除く8人を変更。ナスリやエンゾンジ、ビトロら主力が先発に復帰した。

▽いつも通りの[4-4-2]の布陣を採用したレスターに対して、立ち上がりの布陣に注目が集まったセビージャは、1stレグで採用した[4-1-4-1]から、トップ下にナスリ、1トップにイェデルを配した[4-2-3-1]でスタート。開始4分には右サイドをえぐったサラビアの折り返しをボックス右で受けたナスリに決定機も、ニアを狙ったシュートはGKシュマイケルの好守に阻まれた。

▽一方、2戦合計でビハインドに立つレスターは、前からボールを奪いに行く積極的な入りを見せる。11分にはセットプレーの流れからクリアボールに反応したドリンクウォーターがダイレクトボレーを狙うが、このシュートはゴール前の密集で相手DFにブロックされた。

▽その後は中盤で潰し合う展開が続く中、ホームのレスターが得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。27分、ボックス左角手前でヴァーディが得たFKの場面でキッカーのマフレズが左足で速いボールを入れる。これがゴール前の混戦を抜けると、ファーサイドでモーガンの出した右足に当たったボールがゴール右隅に吸い込まれ、レスターが2戦合計スコアで逆転した。

▽やや不運な失点により2戦合計スコアで逆転を許したセビージャは、すぐさま反撃を開始。だが、先制した勢いを生かして出足鋭い守備を見せるホームチームに対して、ビルドアップの場面で苦戦。前線のタレントになかなか良い形でボールを供給できない。また、サイドで縦への仕掛けを狙うビトロとサラビアの両翼も、献身的なプレスバックで数的優位の守備を続ける相手の守備に挟み込まれ、局面を打開できない。30分にはエスクデロのヘディングパスを受けたイェデルがボックス付近で足を振り抜くが、このシュートは枠を捉えきれず。前半はレスターの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、ビハインドを追うセビージャはメルカド、サラビアを下げて、ハーフタイム明けにマリアーノ、ヨベティッチを投入する二枚替えを敢行。この交代で長身MFイボーラをイェデルと2トップ気味に最前線に張らせ、右ウイングにビトロ、左ウイングにヨベティッチを配す[4-4-2]に布陣を変更した。53分にはエスクデロが意表を突いたロングシュートを放つが、ドライブ回転のかかったボールは左ポストの上部を叩き、同点ゴールとはならず。

▽一方、シンプルなカウンターで追加点を目指すレスターは、54分に貴重な2点目を奪う。岡崎のシュートのこぼれ球を繋ぎ、マフレズの右サイドからのクロスがDFラミのクリアミスを誘う。これをボックス中央で拾ったオルブライトンの左足シュートが、ゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽これで勝ち抜けには2点が必要となったセビージャは、まずは1点を返して2戦合計スコアをタイに戻そうと、攻勢に出る。68分にはイェデルを下げて、最後の交代カードとして1stレグでゴールを決めているコレアを投入。対するレスターは64分、疲れが見え始めた岡崎を下げてセットプレー時の守備でも貢献できるスリマニをピッチに送り出した。

▽時間の経過と共にセビージャが押し込む展開となった中、73分にはボックス右のコレアが際どいシュートを放つが、これはGKシュマイケルが弾き出す。すると、この直後の74分には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生。ヴァーディと小競り合いを起こしたナスリにこの試合2枚目の警告が与えられ、セビージャはビハインドに加え、数的不利を背負うことになった。

▽それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは79分、ボックス右に抜け出したビトロがGKシュマイケルに倒され、PKを獲得。このPKをキッカーのエンゾンジが右を狙って蹴るが、1stレグに続きGKシュマイケルに完璧に読み切られてセーブされ、千載一遇のチャンスを逸した。

▽その後、PK失敗で意気消沈となった10人のセビージャの反撃をきっちり凌ぎ切ったレスターが、ホームでの2ndレグを2-0で完勝。この結果、2戦合計3-2としたレスターが逆転でクラブ史上初のベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

レーティング:レスター・シティ 2-3 リバプール《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、レスター・シティvsリバプールが23日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが3-2で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。 ▽レスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_11_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュマイケル 5.5 3失点も幾つか好守を見せた DF 2 シンプソン 5.5 攻守に気迫をみせ、及第点の出来 5 モーガン 5.5 チームがビハインドを背負う展開でカウンターの対応に追われた 15 マグワイア 6.0 3失点目に繋がるロストは頂けないが、それ以外は攻守に存在感が光った 3 チルウェル 5.5 1失点目ではボールウォッチャーになったが、攻撃面では要所でポテンシャルを発揮 MF 26 マフレズ 5.0 今日は完全に乗れていない日だった。仕掛けてもボールを失う場面が目立った (→グレイ 5.5) 2点目に絡むなど、攻撃を活性化させた 25 エンディディ 5.5 ポテンシャルの高さは折り紙つきも、3失点目の場面で緩慢な戻りを見せるなど、意識の低さが見え隠れした 10 アンディ・キング 5.0 ハードワークしてはいたが、中盤の争いで劣勢に 11 オルブライトン 6.0 2点に絡むなど、正確なキックで見せ場を作った (→スリマニ -) FW 20 岡崎慎司 6.0 泥臭いフィニッシュで対リバプール2連発となる今季リーグ3点目。攻守のリンクマンとして働いた (→イヘアナチョ 5.0) あまり効果的なプレーはなかった 9 ヴァーディ 6.5 PK失敗は痛恨だったが、1ゴールを奪うなど相手にとって最も嫌な存在だった 監督 シェイクスピア 5.5 意地は見せたが、やや選手交代が機能しなかった ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170924_11_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ミニョレ 6.0 自ら与えたPKをストップするなど、好守と拙守が混ざった評価し辛いパフォーマンス DF 12 J・ゴメス 5.5 要所で集中力を欠き場面があったが、概ね安定していた 32 マティプ 5.5 早い時間帯のカードによってヴァーディにやや苦戦 6 ロブレン 5.5 相棒と同様にカードの足かせが響く対応が散見 18 A・モレーノ 6.5 コウチーニョとの好連係で攻撃に厚みを加え、マフレズも抑え込んだ MF 23 ジャン 6.5 攻守にダイナミズムを発揮し、中盤を優勢にした (→ミルナー 5.5) 堅実に役割を果たす 14 ヘンダーソン 6.5 決勝点を記録。攻守両面で判断の良さが光った 5 ワイナルドゥム 6.0 目立ったプレーはさほど多くなかったが、献身的なプレーで味方をサポート FW 11 サラー 6.5 貴重な先制点を記録。いつもほど突破の回数は多くなかったが、きっちり存在感を示した 9 フィルミノ 5.5 コンディションの問題か、かなり大人しいパフォーマンスだった (→スタリッジ 6.5) 決勝点をアシストするなど、やるべき仕事をきっちり把握して途中出場の鑑のようなパフォーマンス 10 コウチーニョ 7.0 後半終盤はさすがにバテたが、圧巻の直接FKで今季初ゴールを決めるなど、絶大な存在感だった (→チェンバレン -) 監督 クロップ 6.0 相変わらず試合運びに難があったが、何とか逃げ切り公式戦5戦ぶりの白星 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! コウチーニョ(リバプール) ▽運動量など、まだまだ100パーセントの状態ではない中、錆び付かないテクニックと戦術眼を生かして1ゴール1アシストの大活躍。 レスター・シティ 2-3 リバプール 【レスター・シティ】 岡崎慎司(前48) ヴァーディ(後24) 【リバプール】 サラー(前15) コウチーニョ(前23) ヘンダーソン(後23) 2017.09.24 03:49 Sun
twitterfacebook
thumb

岡崎が対リバプール2連発で今季リーグ3点目も、逃げ切ったリバプールが公式戦5戦ぶりの勝利《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、レスター・シティvsリバプールが23日にキングパワー・スタジアムで行われ、アウェイのリバプールが3-2で勝利した。レスターのFW岡崎慎司は74分までプレーし、前半アディショナルタイムに今季3点目を決めた。 ▽強豪との対戦が続いたリーグ序盤戦を1勝3敗1分けで終えたレスターだが、直近のEFLカップでは途中出場の岡崎の1ゴール1アシストの活躍でリバプールを撃破し、復調の気配を見せる。リバプールとの連戦でリーグ4戦ぶりの勝利を目指すレスターは、EFLカップで温存した一部主力を復帰させたほか、岡崎を先発で起用した。 ▽一方、9月初めのマンチェスター・シティ戦で喫した大敗以降、公式戦4戦未勝利と苦戦が続くリバプールは、直近のEFLカップで完敗したレスター相手にリベンジを狙う。シティ戦での一発退場で引き続きマネが出場停止となったものの、負傷を抱えて欠場の疑いがあったロブレンとマティプの主力センターバック、ジャンが揃って先発入りした。 ▽対リバプールの常套手段である自陣のスペースを消すことを意識しつつ、岡崎とヴァーディの2トップをスイッチに要所で前からプレスを仕掛けるレスターは6分、岡崎のパスに抜け出したヴァーディがボックス左でシュートを放つが、これはGKミニョレのセーブに遭う。 ▽一方、コウチーニョやサラーの個人技で相手守備ブロックの攻略を図るリバプールは13分、ボックス手前でサラーからパスを受けたジャンが豪快に右足を振ると、低い弾道のシュートが左ポストを叩く。さらに、この跳ね返りにサラーが反応もシュートを枠に飛ばせない。 ▽それでも、この試合最初の決定機を作ったリバプールは、直後の15分に先制点を奪う。ボックス左付近でアルベルト・モレーノとパス交換してクロスのタイミングをうかがったコウチーニョがファーサイドに絶妙なクロスを送ると、DFチルウェルの背後を取ったサラーが頭でニアサイドに決めた。 ▽早い時間帯の先制点で勢いづくリバプールはここから攻勢を強めると、23分にはドリブルで中央突破したモレーノがエンディディに倒されて好位置でFKを獲得。これをキッカーのコウチーニョが壁の上をギリギリ越える見事な右足のシュートで直接ゴール左隅に突き刺し、今季のリーグ戦初ゴールを奪った。 ▽ホームで2点のビハインドを背負ったレスターは、すぐさま反撃を開始。相手の高速カウンターに背筋を寒くしながらも、リスクを冒して攻撃に出る。この流れの中でヴァーディやマフレズがフィニッシュの場面に顔を出すも、なかなか決定機を作れない。 ▽しかし、前半終了間際の後半アディショナルタイムにマフレズのFKからヴァーディのヘディングシュートでGKミニョレを脅かすと、前半最後のプレーで1点を返す。左CKの場面でキッカーのオルブライトンがゴール前に入れたボールを飛び出したGKミニョレが触れず、ファーサイドのマグワイアに当たってゴール方向に向かう。これにいち早く反応した岡崎が泥臭く押し込み、直近のEFLカップに続きリバプールから2試合連続ゴールを奪った。 ▽岡崎のゴールで興味が繋がった後半立ち上がりは拮抗した展開に。互いにゴール前に迫るシーンを増やしていくが、最後の場面でうまくいかない。 ▽流れを変えたいレスターは61分、やや精彩を欠いていたマフレズに代えてグレイを投入。対するリバプールは65分、こちらも疲労の色が見えていたフィルミノに代えてスタリッジをピッチに送り出す。すると、この選手交代をキッカケに試合が動く。 ▽68分、中盤で持ち上がったマグワイアがボールを奪われてリバプールがカウンターを発動。中央を持ち上がったスタリッジがGKとDFを引き付けてボックス左に走り込むヘンダーソンへ丁寧なラストパス。これをレッズのキャプテンが難なく流し込んだ。 ▽ミスからの失点で意気消沈と思われたレスターだったが、失点からわずか1分後に再びゴールを奪う。左サイドを突破したオルブライトンのクロスがファーサイドのグレイに流れると、グレイが胸トラップからすかさずシュート。これはGKミニョレに弾かれるが、こぼれ球をヴァーディが頭で流し込んだ。 ▽このゴールで息を吹き返したレスターは、直後の72分に背後へのボールに抜け出したヴァーディがボックス内でGKミニョレと交錯。このプレーに対して主審はミニョレのファウルを取り、レスターにPKが与えられる。だが、キッカーのヴァーディが豪快に振り抜いた右足のシュートはコースが甘くGKミニョレに弾き出され、同点ゴールとはならず。 ▽その後、逃げ切りを図るリバプールはジャンとコウチーニョを下げてミルナー、チェンバレンを投入。一方、絶好の同点機を逸したレスターは岡崎とオルブライトンの労働者2人を下げて、イヘアナチョとスリマニの長身アタッカーを投入する。 ▽試合終盤にかけてはボールを保持して時間を進めるリバプールに対して、レスターが得意のパワープレーで同点ゴールを目指したが、GKシュマイケルの攻撃参加も実らず、試合はこのままタイムアップ。レスターとの激しい打ち合いを制したリバプールが、EFLカップのリベンジを果たすとともに公式戦5試合ぶりの勝利を手にした。 2017.09.24 03:48 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプールに悲報…岡崎に朗報? リバプール主力DF2枚がレスター戦欠場へ

▽リバプールは23日、敵地で行われるプレミアリーグ第6節でレスター・シティと対戦する。だが、この一戦を前に主力数人が欠場を余儀なくされる見込みだ。リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が公式会見で明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽現在、公式戦4戦未勝利(2敗2分け)と厳しい状況が続くリバプールは、直近のEFLカップ3回戦で敗戦したレスター相手のリーグ戦で公式戦5試合ぶりの勝利を目指す。 ▽だが、この重要な一戦を前にDFジョエル・マティプとDFデヤン・ロブレンの主力センターバック2人の欠場が濃厚なようだ。 「(ロブレンに関して)それは大きなケガではないが、彼はここ2試合を欠場しており、十分にトレーニングができていない。したがって、彼が今週末のゲーム(レスター戦)への出場が難しいことを意味している」 「ロブレンとは異なる状況だが、ジョエル・マティプとエムレ・ジャンも直近のゲームを逃がしており、今後の状況を見守る必要がある。幸い、彼は今日(木曜)、あるいは明日(金曜)のトレーニングで復帰する見込みだ。ただ、我々は待つ必要がある」 ▽なお、マティプとロブレンの2選手が欠場した場合、レスターとのEFLカップでプレーしたDFラグナル・クラバン、DFジョー・ゴメスが引き続き代役を担うことになる。その試合で1ゴール1アシストの活躍を見せたレスターFW岡崎慎司にとっては、朗報といえるはずだ。 ▽また、FWサディオ・マネはマンチェスター・シティ戦での一発退場で3試合の出場停止を受けているマネは、今回の一戦までが出場停止の対象となっており、引き続き欠場する。 2017.09.22 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官が1G1Aの岡崎を称賛「シンジが流れを変えた」

▽レスター・シティは、19日に行われたEFLカップ3回戦でリバプールと対戦し、2-0で勝利した。レスターのクレイグ・シェイクスピア監督は、この試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた日本代表FW岡崎慎司を称賛している。 ▽岡崎は0-0で迎えた後半、53分にFWレオナルド・ウジョアの負傷を受けて途中出場。すると、65分にCKの流れからMFビセンテ・イボーラの落としたボールに反応した岡崎がゴール正面からシュートを決めた。 ▽さらに岡崎は78分、右サイドの仕掛けからFWイスラム・スリマニのゴールをお膳立て。2-0の勝利に貢献し、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。また、イギリス『BBC』も、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに岡崎を選んでいる。 ▽試合後、シェイクスピア監督は試合の流れを変えたとして岡崎を褒めたたえた。 「打撲したレオ(ウジョア)との交代でシンジ(岡崎)がチャンスを得た。それが我々にとってのキーとなった」 「シンジが入り、観客の雰囲気も含めて流れが変わった。勝利の大きな要因だった」 「我々はしっかりと反発心を個性を見せていた。後半は本当にいいパフォーマンスだったと思うよ」 2017.09.20 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

途中出場の岡崎弾でレスターがリバプール撃破《EFLカップ》

▽EFLカップ3回戦、レスター・シティvsリバプールが19日に行われ、2-0でレスターが勝利している。レスターの岡崎は53分から出場し、65分にゴールを決めている。 ▽3日前に行われたリーグ戦のハダースフィールド戦を1-1と引き分けたレスターは、そのハダーズフィールド戦のスタメンから大幅に8選手を変更。マフレズやイヘアナチョがベンチスタートとなり、イボーラが移籍後初スタメンを飾った。岡崎は引き続きベンチスタートとなった。 ▽一方、バーンリー戦で1-1の引き分けに終わったリバプールは、スタメンを大幅に8選手変更。コウチーニョは引き続き先発し、チェンバレンが移籍後初スタメンとなった。 ▽今週末にリーグ戦でも対戦する両チームの一戦は、 [4-3-3]を採用し前線の3トップに右からチェンバレン、ソランケ、コウチーニョと並べたリバプールが、スリマニとウジョアの2トップとする[4-4-2]を採用したレスターを攻め立てる展開で推移していく。 ▽すると、まずは6分に決定機。ボックス左のロバートソンのクロスをチェンバレンがシュート。しかしDFにブロックされた。直後の左CKの流れからゴールエリア右のソランケがシュートに持ち込んだが、枠を捉えきれなかった。 ▽攻勢を続けるリバプールは22分にロバートソンの左クロスからソランケがボレーで合わせるも枠を捉えきれない。ハーフタイムにかけてもボールを一方的に保持したリバプールだったが、ゴールを割れずに前半を終えた。 ▽迎えた後半、攻め手のないレスターは負傷したウジョアに代えて53分に岡崎を投入。すると65分、CKの流れからイボーラが頭で落としたボールをボックス中央で受けた岡崎がシュート。これが決まり、レスターが先制した。 ▽その後も守勢に回ったレスターだったが、78分に突き放す。岡崎のパスを受けたスリマニがペナルティアーク右から左足を一閃。これがゴール左上に突き刺さった。 ▽直後、80分のグレイのコントロールシュートはGKの好守に凌がれたレスターだったが、2点のリードを守り切って勝利。リバプールを撃破している。 2017.09.20 05:47 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース