岡崎先発のレスターが逆転で初のベスト8進出! ナスリ愚行にエンゾンジPK失敗のセビージャは初の8強ならず…《CL》2017.03.15 06:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、レスター・シティvsセビージャが14日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、レスターが2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-2としたレスターがベスト8進出を決めた。なお、レスターのFW岡崎慎司は先発出場し、64分までプレーした。

▽先月22日にセビージャのホームで行われた1stレグではセビージャが圧倒した中、2-1と先勝している。

▽劣勢ながらもヴァーディの一発でアウェイゴール1つを奪ったレスターは、その数日後に昨季プレミアリーグ優勝に導いたラニエリ監督を電撃解任。しかし、チームはそこからリーグ戦2連勝と復調。シェイクスピア監督を正指揮官とし、逆転突破を目指すレスターは、直近2試合と同じスタメンを採用。2トップには岡崎とヴァーディが並んだ。

▽一方、1stレグでレスターを一方的に押し込みながらもホアキン・コレアのPK失敗などで2ゴールを奪うに留まったセビージャは、その後のリーグ戦4試合を2勝2分けとしているが、ここ2試合は格下相手に引き分けており、ややチーム状態は下降気味。サンパオリ監督は多数の主力を温存した直近のレガネス戦からGKセルヒオ・リコ、ラミ、サラビアを除く8人を変更。ナスリやエンゾンジ、ビトロら主力が先発に復帰した。

▽いつも通りの[4-4-2]の布陣を採用したレスターに対して、立ち上がりの布陣に注目が集まったセビージャは、1stレグで採用した[4-1-4-1]から、トップ下にナスリ、1トップにイェデルを配した[4-2-3-1]でスタート。開始4分には右サイドをえぐったサラビアの折り返しをボックス右で受けたナスリに決定機も、ニアを狙ったシュートはGKシュマイケルの好守に阻まれた。

▽一方、2戦合計でビハインドに立つレスターは、前からボールを奪いに行く積極的な入りを見せる。11分にはセットプレーの流れからクリアボールに反応したドリンクウォーターがダイレクトボレーを狙うが、このシュートはゴール前の密集で相手DFにブロックされた。

▽その後は中盤で潰し合う展開が続く中、ホームのレスターが得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。27分、ボックス左角手前でヴァーディが得たFKの場面でキッカーのマフレズが左足で速いボールを入れる。これがゴール前の混戦を抜けると、ファーサイドでモーガンの出した右足に当たったボールがゴール右隅に吸い込まれ、レスターが2戦合計スコアで逆転した。

▽やや不運な失点により2戦合計スコアで逆転を許したセビージャは、すぐさま反撃を開始。だが、先制した勢いを生かして出足鋭い守備を見せるホームチームに対して、ビルドアップの場面で苦戦。前線のタレントになかなか良い形でボールを供給できない。また、サイドで縦への仕掛けを狙うビトロとサラビアの両翼も、献身的なプレスバックで数的優位の守備を続ける相手の守備に挟み込まれ、局面を打開できない。30分にはエスクデロのヘディングパスを受けたイェデルがボックス付近で足を振り抜くが、このシュートは枠を捉えきれず。前半はレスターの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、ビハインドを追うセビージャはメルカド、サラビアを下げて、ハーフタイム明けにマリアーノ、ヨベティッチを投入する二枚替えを敢行。この交代で長身MFイボーラをイェデルと2トップ気味に最前線に張らせ、右ウイングにビトロ、左ウイングにヨベティッチを配す[4-4-2]に布陣を変更した。53分にはエスクデロが意表を突いたロングシュートを放つが、ドライブ回転のかかったボールは左ポストの上部を叩き、同点ゴールとはならず。

▽一方、シンプルなカウンターで追加点を目指すレスターは、54分に貴重な2点目を奪う。岡崎のシュートのこぼれ球を繋ぎ、マフレズの右サイドからのクロスがDFラミのクリアミスを誘う。これをボックス中央で拾ったオルブライトンの左足シュートが、ゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽これで勝ち抜けには2点が必要となったセビージャは、まずは1点を返して2戦合計スコアをタイに戻そうと、攻勢に出る。68分にはイェデルを下げて、最後の交代カードとして1stレグでゴールを決めているコレアを投入。対するレスターは64分、疲れが見え始めた岡崎を下げてセットプレー時の守備でも貢献できるスリマニをピッチに送り出した。

▽時間の経過と共にセビージャが押し込む展開となった中、73分にはボックス右のコレアが際どいシュートを放つが、これはGKシュマイケルが弾き出す。すると、この直後の74分には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生。ヴァーディと小競り合いを起こしたナスリにこの試合2枚目の警告が与えられ、セビージャはビハインドに加え、数的不利を背負うことになった。

▽それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは79分、ボックス右に抜け出したビトロがGKシュマイケルに倒され、PKを獲得。このPKをキッカーのエンゾンジが右を狙って蹴るが、1stレグに続きGKシュマイケルに完璧に読み切られてセーブされ、千載一遇のチャンスを逸した。

▽その後、PK失敗で意気消沈となった10人のセビージャの反撃をきっちり凌ぎ切ったレスターが、ホームでの2ndレグを2-0で完勝。この結果、2戦合計3-2としたレスターが逆転でクラブ史上初のベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎慎司が先発のレスター、WBAとのPK戦を制し決勝進出《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

▽19日、プレミアリーグ・アジアトロフィーが香港スタジアムで行われ、レスター・シティvsWBAは1-1のドロー。PK戦を7-6で制したレスターが勝利した。 ▽プレミアリーグのクラブがアジアで試合を行う今大会。レスターの日本代表FW岡崎慎司は先発出場し、アルジェリア代表FWイスラム・スリマニと2トップを形成。中盤にはアルジェリア代表MFリヤド・マフレズも先発した。 ▽一方のWBAは、北アイルランド代表DFジョニー・エバンスや元イングランド代表GKベン・フォスターらが出場。サウサンプトンから加入したFWジェイ・ロドリゲスも先発した。 ▽試合は10分、サウサンプトンから今夏加入したFWジェイ・ロドリゲスがボックス手前中央から右足一閃。ゴール左隅に強烈なシュートが突き刺さり、WBAが先制する。 ▽レスターは13分、右サイドからのグラウンダーのパスをボックス内で岡崎が受けると、シュートを狙うも横パス。後方から走り込んだMFマッティ・ジェームズがミドルシュートも、枠を外してしまう。それでも24分、ドリブルで持ち込んだマフレズがボックス手前から左足を振り抜き、レスターが同点に追いつく。 ▽前半は1-1のまま終了。岡崎は前半のみで下がり、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディと交代。その他、多くの選手が交代する中、両チームとも決め手を欠き得点を奪えず。ヴァーディも持ち前のスピードを活かして裏を狙っていくが、ゴールを奪えなかった。 ▽90分間を1-1で終えた両チームは、PK戦に突入。ABBA方式で行われるPK戦は、WBAが先攻となった。互いに5人目まで全員成功し、続く6人目も成功。しかし、WBAの7人目、サム・フィールドのシュートを、GKベン・ハマーがセーブ。レスターは7人目のMFマーク・オルブライトンがしっかりと沈め、決勝へと駒を進めた。 レスター・シティ 1-1(7-6) WBA 【レスター】 リヤド・マフレズ(前24) 【WBA】 ジェイ・ロドリゲス(前10) 2017.07.19 22:32 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターがハルから元スイス代表GKヤクポビッチを獲得…3年契約を締結

▽レスターは19日、ハル・シティから元スイス代表GKエルディン・ヤクポビッチ(32)を獲得したことを発表した。契約は2020年までの3年間。なお、移籍金は明らかにされていない。 ▽シュートブロックに定評があるヤクポビッチは、ユース出身でもある母国のグラスホッパーやトゥーンでプレーし、2006年1月にロコモティフ・モスクワへ移籍。その後はギリシャに渡り、オリンピアコス、アリス・テッサロニキでプレー。2012年7月に加入したハル・シティへと移籍し、イングランドにプレーの舞台を移した。 ▽ハル・シティからは2度にわたってレイトン・オリエントへとレンタル移籍。2014年3月からはハル・シティに戻り、2016-17シーズンはプレミアリーグで22試合に出場していた。 2017.07.19 21:16 Wed
twitterfacebook
thumb

レスターの主力CBフート、足首手術で全治6~8週間

▽日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティは18日、元ドイツ代表DFロベルト・フートが足首の手術を受け、全治6~8週間と診断されたと発表した。 ▽クレイグ・シェイクスピア監督は、「ロベルトにとっては残念だが、予想よりも軽かった。6~8週間ほど離脱することになるだろう」と言及している。 ▽伝えられるところによれば、フートは香港で行われるプレミアリーグ・アジアトロフィーに臨むチームから離脱。イングランドでリハビリを開始したという。 ▽なお、クラブによれば、フートはプレミアリーグ開幕戦を欠場する見通し。レスターは12日に行われる開幕節でアーセナルとのアウェイゲームに臨む。 2017.07.18 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマがレスター退団希望のマフレズに興味…サラーの後釜としてリストアップ

ローマがレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズに対して3500万ユーロ(約45億円)のオファーを準備しているようだ。『Goal』の取材により明らかとなった。<br><br>マフレズは今夏、すでにレスターからの退団希望を明言しており、移籍先を探している状況。そこで候補に挙がっているのがセリエAのローマで、モンチSDはすでにマフレズの代理人とコンタクトを取り、新シーズンはチャンピオンズリーグにも参戦するチームの目玉選手として迎え入れようとしているようだ。<br><br>ローマは6月にモハメド・サラーをリヴァプールに放出。同じくウイングとしてプレーできるマフレズは快足アタッカーの後釜として左右どちらかのサイドを任されることになると伝えられる。<br><br>なお、マフレズにはモナコも獲得に興味を示しているが、まだ具体的な交渉の段階には移っていないとされている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.07.16 18:03 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、移籍志願のMFマフレズに対するローマのオファーを拒否

▽レスター・シティがアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)に対するローマの2000万ポンド(約29億5000万円)のオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、ローマでスポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、レスターのスカウト部門を担当するエドゥアルド・マシア氏と会談を行ったという。その際にローマは2000万ポンドのオファーを掲示。しかし、レスターはマフレズの移籍金を3000万ポンド(約44億2000万円)に設定しており、今回のオファーを拒否したようだ。 ▽2014年にリーグ・ドゥ(フランス2部相当)のル・アーヴルから、当時チャンピオンシップ(イングランド2部相当)だったレスターに加入したマフレズは、チームの優勝に貢献。さらに、2014-15シーズンにチームの主力に定着すると、2015-16シーズンは公式戦39試合18ゴールを奪う活躍を見せてプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。 レスターに加入したマフレズは、移籍2年目となった2015-16シーズン、リーグ戦37試合17得点を記録しクラブのプレミアリーグ初制覇に大きく貢献。自身もPFA(イングランドサッカー選手協会)選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、さらにレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞を獲得した。 ▽同シーズン、マフレズはPFA(イングランドサッカー選手協会)の選手選出の最優秀選手賞、同協会のファン投票による最優秀選手賞、さらにレスターサポーター選出の年間最優秀選手賞を獲得している。そんな同選手は昨夏に移籍の噂が囁かれていたが、レスターとの契約を2020年6月末まで延長した。 ▽しかし2016-17シーズン、チームはプレミアリーグで苦戦。昨季の王者は残留争いに巻き込まれ、12位でフィニッシュ。この結果を受け、マフレズは今夏の市場での移籍を志願しているとイギリス各紙が報道していた。 2017.07.16 04:31 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース