岡崎先発のレスターが逆転で初のベスト8進出! ナスリ愚行にエンゾンジPK失敗のセビージャは初の8強ならず…《CL》2017.03.15 06:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、レスター・シティvsセビージャが14日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、レスターが2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-2としたレスターがベスト8進出を決めた。なお、レスターのFW岡崎慎司は先発出場し、64分までプレーした。

▽先月22日にセビージャのホームで行われた1stレグではセビージャが圧倒した中、2-1と先勝している。

▽劣勢ながらもヴァーディの一発でアウェイゴール1つを奪ったレスターは、その数日後に昨季プレミアリーグ優勝に導いたラニエリ監督を電撃解任。しかし、チームはそこからリーグ戦2連勝と復調。シェイクスピア監督を正指揮官とし、逆転突破を目指すレスターは、直近2試合と同じスタメンを採用。2トップには岡崎とヴァーディが並んだ。

▽一方、1stレグでレスターを一方的に押し込みながらもホアキン・コレアのPK失敗などで2ゴールを奪うに留まったセビージャは、その後のリーグ戦4試合を2勝2分けとしているが、ここ2試合は格下相手に引き分けており、ややチーム状態は下降気味。サンパオリ監督は多数の主力を温存した直近のレガネス戦からGKセルヒオ・リコ、ラミ、サラビアを除く8人を変更。ナスリやエンゾンジ、ビトロら主力が先発に復帰した。

▽いつも通りの[4-4-2]の布陣を採用したレスターに対して、立ち上がりの布陣に注目が集まったセビージャは、1stレグで採用した[4-1-4-1]から、トップ下にナスリ、1トップにイェデルを配した[4-2-3-1]でスタート。開始4分には右サイドをえぐったサラビアの折り返しをボックス右で受けたナスリに決定機も、ニアを狙ったシュートはGKシュマイケルの好守に阻まれた。

▽一方、2戦合計でビハインドに立つレスターは、前からボールを奪いに行く積極的な入りを見せる。11分にはセットプレーの流れからクリアボールに反応したドリンクウォーターがダイレクトボレーを狙うが、このシュートはゴール前の密集で相手DFにブロックされた。

▽その後は中盤で潰し合う展開が続く中、ホームのレスターが得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。27分、ボックス左角手前でヴァーディが得たFKの場面でキッカーのマフレズが左足で速いボールを入れる。これがゴール前の混戦を抜けると、ファーサイドでモーガンの出した右足に当たったボールがゴール右隅に吸い込まれ、レスターが2戦合計スコアで逆転した。

▽やや不運な失点により2戦合計スコアで逆転を許したセビージャは、すぐさま反撃を開始。だが、先制した勢いを生かして出足鋭い守備を見せるホームチームに対して、ビルドアップの場面で苦戦。前線のタレントになかなか良い形でボールを供給できない。また、サイドで縦への仕掛けを狙うビトロとサラビアの両翼も、献身的なプレスバックで数的優位の守備を続ける相手の守備に挟み込まれ、局面を打開できない。30分にはエスクデロのヘディングパスを受けたイェデルがボックス付近で足を振り抜くが、このシュートは枠を捉えきれず。前半はレスターの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、ビハインドを追うセビージャはメルカド、サラビアを下げて、ハーフタイム明けにマリアーノ、ヨベティッチを投入する二枚替えを敢行。この交代で長身MFイボーラをイェデルと2トップ気味に最前線に張らせ、右ウイングにビトロ、左ウイングにヨベティッチを配す[4-4-2]に布陣を変更した。53分にはエスクデロが意表を突いたロングシュートを放つが、ドライブ回転のかかったボールは左ポストの上部を叩き、同点ゴールとはならず。

▽一方、シンプルなカウンターで追加点を目指すレスターは、54分に貴重な2点目を奪う。岡崎のシュートのこぼれ球を繋ぎ、マフレズの右サイドからのクロスがDFラミのクリアミスを誘う。これをボックス中央で拾ったオルブライトンの左足シュートが、ゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽これで勝ち抜けには2点が必要となったセビージャは、まずは1点を返して2戦合計スコアをタイに戻そうと、攻勢に出る。68分にはイェデルを下げて、最後の交代カードとして1stレグでゴールを決めているコレアを投入。対するレスターは64分、疲れが見え始めた岡崎を下げてセットプレー時の守備でも貢献できるスリマニをピッチに送り出した。

▽時間の経過と共にセビージャが押し込む展開となった中、73分にはボックス右のコレアが際どいシュートを放つが、これはGKシュマイケルが弾き出す。すると、この直後の74分には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生。ヴァーディと小競り合いを起こしたナスリにこの試合2枚目の警告が与えられ、セビージャはビハインドに加え、数的不利を背負うことになった。

▽それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは79分、ボックス右に抜け出したビトロがGKシュマイケルに倒され、PKを獲得。このPKをキッカーのエンゾンジが右を狙って蹴るが、1stレグに続きGKシュマイケルに完璧に読み切られてセーブされ、千載一遇のチャンスを逸した。

▽その後、PK失敗で意気消沈となった10人のセビージャの反撃をきっちり凌ぎ切ったレスターが、ホームでの2ndレグを2-0で完勝。この結果、2戦合計3-2としたレスターが逆転でクラブ史上初のベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

首位との大一番でベンチの岡崎慎司…地元紙もピュエル監督の采配に驚き

レスター・シティは、18日に行われたプレミアリーグ第12節でマンチェスター・シティに0-2と敗れた。この試合でFW岡崎慎司はベンチスタートとなったが、地元紙『レスター・マーキュリー』は「サプライズだった」と伝えている。<br><br>クロード・ピュエル新監督就任後、これまでの4-4-2からフォーメーションを変更することも多くなったレスター。今季好調を維持し、すでに4ゴール奪っている岡崎は、初采配時はベンチからのスタートとなるなど定位置が確保されているとは言い難い状況になっている。引き分けた前節のストーク戦では、先発するも58分に途中交代となっていた。<br><br>そんななか迎えた首位とのビッグマッチで、岡崎は再びベンチスタートに。ピュエル監督は、これまでワイドのポジションで使われてきたMFマーク・オルブライトンをインサイドハーフで使う4-1-4-1を採用している。<br><br>この決断には『レスター・マーキュリー』も、「ピュエルは、2週間前のストーク戦から1人サプライズな変更をした。自身のもとでオルブライトンを初先発させ、岡崎を犠牲にした」と驚きを持って伝えている。<br><br>最終的に、岡崎は2点ビハインドの83分に途中出場するが、結果を残すには時間が足りず。チームもそのまま敗れている。<br><br>以前、岡崎を「構想外ではない」と強調していたピュエル監督。しかし、起用法を見ると全幅の信頼をおいているというわけではない。先日の欧州遠征に臨んだ日本代表メンバーからも落選した31歳のFWにとって、難しい状況が続いている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 09:42 Sun
twitterfacebook
thumb

危なげない試合運びを見せたシティがジェズス&デ・ブライネ弾でレスターに完勝《プレミアリーグ》

▽18日にプレミアリーグ第12節のレスター・シティvsマンチェスター・シティがキング・パワー・スタジアムで行われ、2-0でシティが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は83分から出場した。 ▽2連勝の後、前節のストーク・シティ戦をドローで終えた12位のレスター(勝ち点13)が、10勝1分けの無敗を維持している首位のシティ(勝ち点31)をホームに迎えた。 ▽ホームのレスターは[4-4-2]のフォーメーションを採用。前線はグレイとヴァーディが並び、岡崎はベンチスタートとなった。対するシティは[4-1-4-1]を採用し、前線はガブリエウ・ジェズス、2列目にスターリング、デ・ブライネ、シルバ、ザネを並べた。なお、代表戦で倒れたアグエロはベンチからのスタートとなった。 ▽立ち上がりからシティが縦に速い攻撃を仕掛けて主導権を握る。重心を下げられたレスターだったが、しっかりとブロックを作って対応。すると今度はシティが相手陣内でポゼッションを高める戦いに切り替え、結局はシティの流れで試合が進んでいく。 ▽21分にはシルバのスルーパスから左サイドのザネがダイレクトで中に折り返し、最後はデ・ブライネがシュートを放つ。最初の決定機だったが、ここはGKシュマイケルが止めた。23分にもシルバのスルーパスから左サイドのザネが上げたクロスにスターリングが飛び込むがボールを押し込むことはできず。ピッチの幅を使った攻撃でレスターを揺さぶるがゴールを奪えない。 ▽すると29分、シティにアクシデント。プレスバックしていたストーンズが右足のハムストリングを痛めて転倒。そのままプレー続行が不可能となり、マンガラとの交代を余儀なくされた。嫌な流れのシティだったが、41分にはスターリングが運んで最後はシルバがボックス手前中央からシュート。惜しくも枠は捉えきれなかったが、シティがチャンスを作っていく。 ▽すると45分、パス交換からボックス内に抜け出したシルバのラストパスをガブリエウ・ジェズスがらくらくと押し込み、シティが前半の内にゴールを奪って試合を折り返した。 ▽すると後半は追いかけるシティが勢いを持って入り、48分には押し込んだ状態からシュートまで持ち込むがポストを叩く。するとこのプレーでカウンターを仕掛けたシティは、最後は中央のミドルレンジでボールを受けたデ・ブライネの強烈なシュートがネットを揺らして2点目を奪った。 ▽まずはゴールが欲しいレスターだが、ヴァーディの抜け出しがオフサイドになるなどフィニッシュまで持ち込めない。逆にシティはカウンターから再三のチャンスを作り出すなど、試合の流れは変わらず。 ▽レスターは83分にイボーラを下げて岡崎を投入。しかし最後までゴールを奪うことはできずに試合は終了。シティがレスターに快勝し無敗を継続した。 2017.11.19 01:51 Sun
twitterfacebook
thumb

CASが“14秒”の男MFアドリエン・シウバの要求を拒否! 結局、レスターでのプレーは新年以降に…

▽スポーツ仲裁裁判所(CAS)は16日、スポルティング・リスボンから今夏レスター・シティへと移籍したポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(28)が要求した選手登録に関する“緊急措置”についての訴えを拒否したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽レスターは、今夏移籍市場の最終日である8月31日にスポルティング・リスボンからアドリエン・シウバを2200万ポンド(約31億1500万円)の移籍金で獲得することで合意と発表。しかし、書類の到着が“14秒”遅かったため、FIFA(国際サッカー連盟)からの国際移籍証明書が発行されず、選手登録が不可能とされていた。 ▽レスターやFAは、アドリエン・シウバの移籍を認めてもらうように訴えていたものの、FIFAはルールにのっとり訴えを却下。その後、FIFAの決定を不服としたアドリエン・シウバは、CASに登録を許可する緊急措置を要求し、上訴を行ったがCAS側もこの要求を拒否した。 ▽今回の決定により、アドリエン・シウバは来年1月になるまで、プレーすることができなくなった。 2017.11.17 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

初采配ではスタメン落ちも…レスター指揮官、FW岡崎慎司は構想外ではないと強調

レスターのクロード・ピュエル監督は、FW岡崎慎司らチームについて言及。日本代表FWは構想外になったわけではないと強調している。『レスター・マーキュリー』が伝えた。<br><br>先月17日に、6試合未勝利で降格圏に転落していたレスターは、クレイグ・シェイクスピア前監督を解任。暫定監督が指揮を採ったのち、後任としてピュエル監督を招へいした。<br><br>就任初采配となったプレミアリーグ第10節エバートン戦では、今季好調だった岡崎やMFマーク・オルブライトンらこれまでの主力選手の一部を外し、フォーメーションも4-2-3-1に変更。すると、この変更で出番を得たMFデマライ・グレイらが活躍し、2-0で勝利を収めた。続くストーク戦も2-2で引き分け、2試合負け無しで12位まで浮上している。<br><br>ピュエル監督は、多くの選手に出場機会を与えることが大切だとし、成長するためには耳を傾けることが大切だと語った。<br><br>「違う相手、違うシステム、違うスタイルで戦う時、選手にいくつかの出場機会を与えることはとても大切なことだ。彼らは全員から学び取っているから、新監督は選手とともにやっていくことが重要だ。選手たちは常に話を聞き、改善していかなければならない」<br><br>また、初采配でスターティングメンバーを外れた岡崎とオルブライトンについては、構想外になったわけではないと強調している。<br><br>「全選手と話し合いたいが、それが必ずしもできるわけではない。選手はみな私のオフィスに来ることができる。それは良いことだね。彼らは信頼をみせてくてくれることを必要としており、自分の将来などについて質問したり話したりすることが大切だからね」<br><br>「オカザキやオルブライトンにとって大事なことだ。メンバーを選ぶ時、彼らがなぜプレーして、なぜプレーしなかったのかを同じタイミングで全員に説明できる。私は彼らと良い関係を築いていかなかければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.08 08:24 Wed
twitterfacebook
thumb

レスター若手MF、岡崎慎司らチームの攻撃陣に言及「僕やシンジは脅威になれる」

レスターMFデマライ・グレイは、岡崎慎司らチームの攻撃陣に自信を見せている。地元紙『レスター・マーキュリー』が伝えた。<br><br>先月17日に、6試合未勝利で降格圏に転落していたレスターは、クレイグ・シェイクスピア前監督を解任。暫定監督が指揮を採ったのち、後任としてクロード・ピュエル監督を招へいした。<br><br>序盤戦はなかなか出番のなかったグレイだが、新指揮官初の試合となったプレミアリーグ第10節のエバートン戦でスタメンに名を連ねると、自ら1ゴールを上げるなどチームの全得点に絡んで2-0の勝利に大きく貢献。続くストーク戦(2-2)でも先発入りし、好パフォーマンスを披露して、多くの称賛を浴びている。<br><br>当時降格圏に沈んでいたレスターだが、監督交代後は負け無しで12位にまで順位を上げた。グレイは、岡崎やエースのFWジェイミー・ヴァーディに言及しつつ、チームの攻撃陣に自信を見せている。<br><br>「ヴァーディはラインを押し上げて、相手ディフェンスの裏をねうことができる。対峙する相手を混乱させることができるね」<br><br>「僕やシンジとリヤド(マフレズ)は、チャンスを作り続けないとね。ストーク戦ではそれができていたと思うよ。リヤドは得点を決めたし、シンジも何度かゴールに迫った。僕らがそれを続けていける限り、相手チームには脅威になれるだろうね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.07 09:30 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース