岡崎先発のレスターが逆転で初のベスト8進出! ナスリ愚行にエンゾンジPK失敗のセビージャは初の8強ならず…《CL》2017.03.15 06:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、レスター・シティvsセビージャが14日にレスター・シティ・スタジアムで行われ、レスターが2-0で勝利した。この結果、2戦合計3-2としたレスターがベスト8進出を決めた。なお、レスターのFW岡崎慎司は先発出場し、64分までプレーした。

▽先月22日にセビージャのホームで行われた1stレグではセビージャが圧倒した中、2-1と先勝している。

▽劣勢ながらもヴァーディの一発でアウェイゴール1つを奪ったレスターは、その数日後に昨季プレミアリーグ優勝に導いたラニエリ監督を電撃解任。しかし、チームはそこからリーグ戦2連勝と復調。シェイクスピア監督を正指揮官とし、逆転突破を目指すレスターは、直近2試合と同じスタメンを採用。2トップには岡崎とヴァーディが並んだ。

▽一方、1stレグでレスターを一方的に押し込みながらもホアキン・コレアのPK失敗などで2ゴールを奪うに留まったセビージャは、その後のリーグ戦4試合を2勝2分けとしているが、ここ2試合は格下相手に引き分けており、ややチーム状態は下降気味。サンパオリ監督は多数の主力を温存した直近のレガネス戦からGKセルヒオ・リコ、ラミ、サラビアを除く8人を変更。ナスリやエンゾンジ、ビトロら主力が先発に復帰した。

▽いつも通りの[4-4-2]の布陣を採用したレスターに対して、立ち上がりの布陣に注目が集まったセビージャは、1stレグで採用した[4-1-4-1]から、トップ下にナスリ、1トップにイェデルを配した[4-2-3-1]でスタート。開始4分には右サイドをえぐったサラビアの折り返しをボックス右で受けたナスリに決定機も、ニアを狙ったシュートはGKシュマイケルの好守に阻まれた。

▽一方、2戦合計でビハインドに立つレスターは、前からボールを奪いに行く積極的な入りを見せる。11分にはセットプレーの流れからクリアボールに反応したドリンクウォーターがダイレクトボレーを狙うが、このシュートはゴール前の密集で相手DFにブロックされた。

▽その後は中盤で潰し合う展開が続く中、ホームのレスターが得意のセットプレーからゴールをこじ開ける。27分、ボックス左角手前でヴァーディが得たFKの場面でキッカーのマフレズが左足で速いボールを入れる。これがゴール前の混戦を抜けると、ファーサイドでモーガンの出した右足に当たったボールがゴール右隅に吸い込まれ、レスターが2戦合計スコアで逆転した。

▽やや不運な失点により2戦合計スコアで逆転を許したセビージャは、すぐさま反撃を開始。だが、先制した勢いを生かして出足鋭い守備を見せるホームチームに対して、ビルドアップの場面で苦戦。前線のタレントになかなか良い形でボールを供給できない。また、サイドで縦への仕掛けを狙うビトロとサラビアの両翼も、献身的なプレスバックで数的優位の守備を続ける相手の守備に挟み込まれ、局面を打開できない。30分にはエスクデロのヘディングパスを受けたイェデルがボックス付近で足を振り抜くが、このシュートは枠を捉えきれず。前半はレスターの1点リードで終了した。

▽迎えた後半、ビハインドを追うセビージャはメルカド、サラビアを下げて、ハーフタイム明けにマリアーノ、ヨベティッチを投入する二枚替えを敢行。この交代で長身MFイボーラをイェデルと2トップ気味に最前線に張らせ、右ウイングにビトロ、左ウイングにヨベティッチを配す[4-4-2]に布陣を変更した。53分にはエスクデロが意表を突いたロングシュートを放つが、ドライブ回転のかかったボールは左ポストの上部を叩き、同点ゴールとはならず。

▽一方、シンプルなカウンターで追加点を目指すレスターは、54分に貴重な2点目を奪う。岡崎のシュートのこぼれ球を繋ぎ、マフレズの右サイドからのクロスがDFラミのクリアミスを誘う。これをボックス中央で拾ったオルブライトンの左足シュートが、ゴール右隅の絶妙なコースに決まった。

▽これで勝ち抜けには2点が必要となったセビージャは、まずは1点を返して2戦合計スコアをタイに戻そうと、攻勢に出る。68分にはイェデルを下げて、最後の交代カードとして1stレグでゴールを決めているコレアを投入。対するレスターは64分、疲れが見え始めた岡崎を下げてセットプレー時の守備でも貢献できるスリマニをピッチに送り出した。

▽時間の経過と共にセビージャが押し込む展開となった中、73分にはボックス右のコレアが際どいシュートを放つが、これはGKシュマイケルが弾き出す。すると、この直後の74分には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生。ヴァーディと小競り合いを起こしたナスリにこの試合2枚目の警告が与えられ、セビージャはビハインドに加え、数的不利を背負うことになった。

▽それでも、諦めずに攻め続けるセビージャは79分、ボックス右に抜け出したビトロがGKシュマイケルに倒され、PKを獲得。このPKをキッカーのエンゾンジが右を狙って蹴るが、1stレグに続きGKシュマイケルに完璧に読み切られてセーブされ、千載一遇のチャンスを逸した。

▽その後、PK失敗で意気消沈となった10人のセビージャの反撃をきっちり凌ぎ切ったレスターが、ホームでの2ndレグを2-0で完勝。この結果、2戦合計3-2としたレスターが逆転でクラブ史上初のベスト8進出を果たした。

コメント

関連ニュース

thumb

FW岡崎慎司が得意のヘッドで代表通算50得点を記録!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が、28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦で日本代表通算50得点を記録した。 ▽タイ戦に先発した岡崎は、日本代表通算108試合目の出場となった。MF香川真司のゴールで先制した日本は19分、右サイドでパスを受けたFW久保裕也がアーリークロス。これに反応した岡崎はニアに飛び込むと、得意のヘッドで合わせ狭いニアサイドを打ち抜き、日本の2点目を記録した。 ▽岡崎は日本代表通算50得点とし、歴代3位。55得点で2位の三浦知良(横浜FC)の記録まであと5点に迫った。なお、1位の釜本邦茂氏は75得点を記録している。 1位 釜本邦茂…75点 2位 三浦知良…55点 3位 岡崎慎司…50点 4位 原博実……37点 5位 本田圭佑…36点 2017.03.28 20:16 Tue
twitterfacebook
thumb

今の活躍はなかったか? カンテがレスター入り前にマルセイユ行きを考えていたと明かす

▽チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが、レスター・シティではなくマルセイユに行く可能性があったことを明かした。フランス『カナル・プリュス』が伝えた。 ▽2015年8月にリーグ・アンのカーンからレスターへと加入したカンテ。当時の評価は決して高いものではなかったが、レスターではボランチのポジションで大活躍。昨シーズンのレスター奇跡の優勝に大きく貢献し、一気にスターダムを駆け上がった。 ▽カンテは2016年7月にはプレミアリーグ挑戦わずか1年でチェルシーへと移籍。今シーズンもここまでリーグ戦27試合に出場し1得点を記録するなど、首位を独走するチームを支えている。 ▽フランス代表としてもポジションを掴んだカンテだが、レスター移籍の前にマルセイユ行きを迷っていたことを告白した。 「僕を獲得したいクラブにはマルセイユとレスターがあったんだ。最初は、自分のキャリアのためにもフランスのビッグクラブにを通らなければいけないと思っていた」 「僕はママドゥ・ニアン、フランク・リベリー、サミル・ナスリなどの世代を覚えているし、そのチームが好きだった。特にチャンピオンズリーグではね」 「でも、両クラブとも合意はしていなかったし、ギリギリのところには行きたくなかった。プレミアリーグのクラブに加入することは良いと考えていた。そして、プレミアリーグに最初の一歩を踏み入れた。後悔はしていないし、本当に素晴らしい1年を過ごしたよ」 2017.03.27 12:03 Mon
twitterfacebook
thumb

フックスが解任されたラニエリとの不仲説を否定「感謝の気持ちしかない」

2月下旬にレスターの指揮官クラウディオ・ラニエリが解任されたことについて、選手たちがラニエリの更迭を希望していたという報道もあったが、クリスティアン・フックスがそのうわさを否定している。<br><br>フックスはドイツの雑誌『11Freunde』の取材で、「ラニエリがいなくなる直前、オーナーから僕らに対して説明や会合といったものは一切なかった」と言及。<br><br>「オーナーがラニエリを更迭したことは勇気がいる判断だったと思う。サッカー界はビジネスの側面もあるし、レスターを良くするためのきっかけになればと思っての解任だったはずだ」<br><br>フックスは「ラニエリは解任が決まったあと、練習場に来て選手たちにこれからの幸運を祈ると言ってくれた」と、ラニエリとの別れについて振り返った。<br><br>また、「僕はサッカー選手として16年間やってきて、15人の異なる監督に指導を受けた。そんな中でもラニエリが僕に与えてくれたポジティブな要素は忘れがたいもので感謝の気持ちしかない。クラブの決断は残酷だったかもしれないけど、それを受け入れて前を向くしかない」と続け、ラニエリとの関係は最後まで良好だったことを強調している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.23 15:07 Thu
twitterfacebook
thumb

岡崎慎司への厚い信頼…レスター指揮官がチームプレーの重要性を語る

レスター・シティを率いるクレイグ・シェイクスピア監督の、FW岡崎慎司への評価は高いようだ。『OMNISPORT』が伝えている。<br><br>レスターは18日、プレミアリーグ第29節でウェスト・ハムと対戦。チームは3-2で勝利したものの、先発出場した岡崎は得点に絡むことはできず。イギリスメディアの評価も及第点となっている。しかし、就任以降4連勝で、4試合連続で岡崎を先発起用しているシェイクスピア監督は、その重要性を語っている。<br><br>「(得点できなかったとしても)シンジがチームのために果たしてくれていることは、とても重要だ。得点者や守護神に賛辞が集まることが多いが、チームパフォーマンスにおいて何がチームのために重要か、を理解することはとても重要なんだよ」<br><br>指揮官からの信頼が厚いことが明らかになった岡崎。それでもさらなる貢献のため、ゴールでチームを助けたいと考えていることは間違いないだろう。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.21 12:24 Tue
twitterfacebook
thumb

プランデッリ「ラニエリがどんな目にあったか…」レスターからの監督オファーを拒否

イタリア人指揮官、チェーザレ・プランデッリがレスターから指揮官就任の打診があったとフランスメディア『SFR Sport』に述べている。<br><br>「実は、レスターからアプローチがあったんだ。だけど、すぐさま&ldquo;ノー&rdquo;と返事をしたよ。(クラウディオ)ラニエリが歴史的な偉業を成し遂げたにもかかわらず、どのような扱いを受けてクラブを追われたのかを見たら、その場所に行きたいとは思わないだろう?」<br><br>プランデッリは「サッカーのチームマネージメントはとても難しいものだが、やりがいのある仕事だ。サッカーチームがうまくいかない時もある。ただ、それはクラブと監督の両方にどういう事情があって機能しなくなったのか、よく把握しなければならない」と語り、監督業の難しさについても言及している。<br><br>レスターはアシスタントコーチだったクレイグ・シェイクスピアが正式に後任監督となり、ラニエリ解任後は公式戦4連勝と盛り返しに成功しつつある。<br><br>今シーズン、ラニエリはバレンシアの指揮官として指導していたが、昨年12月に途中退任。レスターの新指揮官に就任することはなかったが、クラブをリーグ優勝に導いたラニエリを残酷にも更迭したことでレスターに対する拒否反応があったことを明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.19 17:32 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース