カリアリ、コロンビア代表FWイバルボを鳥栖へ買い取りOP付きのレンタル移籍で放出2017.03.15 02:42 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽カリアリは14日、コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(26)を買い取りオプション付きのレンタル移籍でサガン鳥栖へ放出したことを発表した。

▽なお、イバルボの買い取りは一定の活躍に応じて義務に変更される模様で、鳥栖が買い取りオプションを行使した際は、イバルボと2020年6月30日まで契約を結ぶことになる。

▽イバルボは、カリアリ、ローマでプレーしたセリエAでは130試合に出場し15得点14アシストを記録。ワトフォード時代にはプレミアリーグでも4試合に出場していた。今シーズンはパナシナイコスへとレンタル移籍し、リーグ戦8試合に出場。ヨーロッパリーグでは予選を含め9試合に出場し3得点を記録していた。

▽鳥栖のマッシモ・フィッカデンティ監督は、カリアリを指揮していた際にイバルボを指導。日本の地で再び仕事をすることなる。

コメント

関連ニュース

thumb

レフェリーの味方VAR、セリエAレフェリーの見解は?

▽セリエAで導入されたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について、現役レフェリーのパオロ・マッツォレーニ氏が、自身の見解を述べている。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽セリエAでは2017-18シーズンからVARを導入し、開幕戦となったユベントスvsカリアリの一戦では37分に早速効果を発揮。アレックス・サンドロがボックス内でチョップを倒した場面でVARにより、主審はPKの判定を下した。 ▽その後もたびたびVARが効果を発揮し、レフェリーが両指で四角を囲みPKスポットを指さす、VARによってPKを与えるというジェスチャーを見る機会が増えた。 ▽正当なレフェリングができるとして称賛を浴びる一方で、試合の流れに水を差すとの否定的な思いもあるVAR。現役のレフェリーを務めるマッツォレーニ氏は、このシステムの導入を称えている一方で、完全なシステムとして機能するまでには時間がかかるとの見方を示した。 「このシステムの導入で、本当に多くのことが変わった。我々レフェリーは、オープンな精神を持ってこのシステムを受け入れている。それに、我々がやる仕事自体に大きな変わりはないからね」 「これは大事なプロジェクトだ。今は試験段階だが、試行錯誤していくことでサッカー界に大きな利益をもたらすだろう。そこまでには多くの時間がかかる。もっと判定までの時間を省くことができれば、より完璧なシステムとなるだろう」 2017.11.07 10:52 Tue
twitterfacebook
thumb

インモービレがドッピエッタのラツィオ、リーグ戦4連勝《セリエA》

▽ラツィオは22日、セリエA第9節でカリアリをホームに迎え、3-0で快勝した。 ▽前節ユベントス戦をインモービレのドッピエッタで2-1と逆転勝利した3位ラツィオ(勝ち点19)は、3日前に行われたヨーロッパリーグ(EL)のニース戦を3-1と勝利。公式戦5連勝と好調のチームは、ニース戦のスタメンから6選手を変更。インモービレやL・アルベルト、パローロにルーカス・レイバら主力がスタメンに戻り、[3-5-2]を採用した。 ▽ラステッリ監督を解任し、ロペス監督を3年ぶりに招へいした13位カリアリ(勝ち点6)に対し、開始2分にL・アルベルトが決定的なヘディングシュートを浴びせたラツィオは、6分にPKを獲得する。パローロのスルーパスに反応してボックス右に抜け出したインモービレがGKクロスタに倒された。これをインモービレ自ら決めてラツィオが先制した。 ▽その後も試合をコントロールしていたラツィオは、20分に一瞬の隙を突かれてD・ファリアスにネットを揺らされるも、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によってオフサイドとなり、救われる。 ▽前半半ば以降も敵陣でポゼッションしたラツィオは、41分に突き放す。左サイドからのルリッチのクロスをファーサイドのマルシッチが折り返し、最後はゴール前のインモービレが頭で押し込んだ。 ▽迎えた後半開始4分、左サイドからのFKにバストスがボレーで合わせて3点目を奪ったラツィオは、自陣に引いてカリアリの攻撃を受け止める余裕の展開に持ち込む。 ▽そのまま3-0とリードを保つラツィオは、ルーカス・レイバやラドゥをベンチに下げていった。 ▽結局、終盤にかけてもカリアリに何もさせなかったラツィオが快勝。リーグ戦4連勝としている。 2017.10.23 05:37 Mon
twitterfacebook
thumb

カリアリが新指揮官にディエゴ・ロペスを招へい! 3年ぶりの復帰

▽カリアリは18日、ディエゴ・ロペス氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月までとなる。 ▽カリアリは17日、2015年に就任以降、セリエB優勝、11位でのセリエA残留に導いてきたマッシモ・ラステッリ監督(48)を成績不振を理由に解任した。 ▽イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアは、後任監督の候補にベッペ・イアキーニ氏やマッシモ・オッド氏の名前を挙げていたが、新指揮官には2013年6月から2014年4月までクラブを率いていたウルグアイ人指揮官が就任することになった。 ▽なお、これまでカリアリ、ボローニャの指揮官を歴任してきたディエゴ・ロペス氏は、今年1月から4月までパレルモの監督を務めていた。 ▽ディエゴ・ロペス氏の下で巻き返しを図るカリアリは、セリエA第8節終了時点で2勝6敗の14位に位置している。 2017.10.18 22:55 Wed
twitterfacebook
thumb

カリアリがラステッリ監督を解任! 今季セリエA初の解任に

▽カリアリは17日、マッシモ・ラステッリ監督(48)を解任したことを発表した。 ▽2015年に2部に降格したカリアリの新指揮官に就任したラステッリ監督は、就任1年目で同クラブをセリエB優勝に導き、1年でのセリエA復帰に貢献。その翌シーズンも11位でセリエA復帰シーズンを余裕の残留圏内で終えるなど、優れた手腕を発揮していた。 ▽だが、今シーズンはユベントス、ミラン相手に開幕2連敗を喫すると、その後クロトーネとSPAL相手に連勝して巻き返すも、直近の4連敗を受けて、解任の憂き目を味わうことになった。 ▽なお、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアは、後任監督の候補にベッペ・イアキーニ氏やマッシモ・オッド氏の名前を挙げている。 ▽例年、早期の監督交代が多いセリエAだが、その他の主要リーグで早期交代が目立つ中、意外にもラステッリ監督が今季の解任第1号だった。 2017.10.17 23:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ハムシクが“マラドーナ越え”迫る今季初弾! ナポリが開幕7連勝《セリエA》

▽ナポリは1日、セリエA第7節のカリアリ戦に臨み、3-0と快勝した。 ▽イタリア王者ユベントスと共に開幕6連勝の好スタートを切ったナポリ。今節は、13位につける2連敗中のカリアリを本拠地サン・パオロで迎え撃った。先発は前節から3名を変更。マクシモビッチ、ジエリンスキ、アマドゥ・ディアワラに代わり、アルビオル、アラン、ジョルジーニョがスターティングメンバーに名を連ねた。 ▽立ち上がりからボールの主導権を握ったナポリ。インシーニェ、メルテンス、カジェホンの3トップを軸に攻め立てると、開始4分にカリアリの牙城を破る。メルテンスにボールを叩いたハムシクがバイタルエリア左からボックス内にスプリント。メルテンスの絶妙なスルーパスに反応したハムシクが綺麗に相手の背後を取って左足のシュートを沈め、ナポリが幸先良く先制した。 ▽マラドーナ氏が持つ115得点のクラブ最多得点記録まであと1得点に迫るハムシクのシーズン初ゴールでリードしたナポリ。39分にも自慢の攻撃陣が躍動する。左サイドにボールを引き出したインシーニェが鋭いスルーパスをボックス内に供給。これに反応したメルテンスが相手DFに倒されてPKのチャンスを獲得すると、自ら決め切り、効果的にゴールを積み重ねた。 ▽2点リードで試合を折り返したナポリは開始早々の47分、敵陣右サイドでFKのチャンス。キッカーを務めたジョルジーニョのクロスにボックス右深くで反応したクリバリが押し込み、ナポリがカリアリを突き放した。セーフティリードを手にしたナポリは、その後もカリアリを圧倒。結局、最後まで危なげない戦いぶりでカリアリを下したナポリが開幕7連勝を飾っている。 2017.10.01 21:30 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース