超ワールドサッカー

ユベントス戦で猛抗議のバッカに1試合の出場停止処分2017.03.15 01:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レガ・セリエAは14日、ミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカに対し、1試合の出場停止処分と1万ユーロ(約122万円)の罰金を科すことを発表した。

▽バッカは10日に行われたセリエA第28節ユベントス戦(1-2でミラン敗戦)での終了間際のPKに猛抗議し、副審に詰め寄っていたところをヴィンチェンツォ・モンテッラ監督に制止されていた。ユベントス戦でもゴールを挙げていたバッカは、今季セリエAで11ゴールをマーク。ミランの得点源として活躍している。

▽ミランは次節、ジェノアとのホーム戦を18日に控える。

コメント

関連ニュース

thumb

「レアル・マドリーに“ノー”とは言えない」元伊代表FWがドンナルンマの状況を分析

元イタリア代表FWで、レアル・マドリー在籍経験もあるアントニオ・カッサーノは、ジャンルイジ・ドンナルンマについてビッグクラブからの興味を拒否することは難しいとしている。<br><br>ドンナルンマは先日、ミランからの契約延長オファーを拒否。そのため、移籍金が発生する今夏の移籍が有力と見られ、レアル・マドリーやユベントス、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得に興味を示している。ミランでもマドリーでもプレーした経験を持つカッサーノはイタリア『スカイ』で「俺だったら、あと数年はミランに残る」と話しながら、このように続けた。<br><br>「セリエAの歴史に名を刻みたいと思っているなら、イタリアのサッカー界にとってもプラスになるだろう。ただ、レアル・マドリーが興味を示しているのだとしたら、彼らに&ldquo;ノー&rdquo;と言うことはできないのも事実だね」<br><br>ミランでプロデビューを果たしながら、18歳にしてステップアップが確実視されるドンナルンマ。報道通りスペインへ渡ることになるのか、注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 13:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ビリア獲得目指すミランは25億円提示も、31億円求めるラツィオとの交渉は平行線…

▽ミランは、アルゼンチン代表MFルーカス・ビリア(31)の獲得を巡ってラツィオとの交渉が平行線をたどっているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ミランは今年4月、31年続いたシルヴィオ・ベルルスコーニ体制が終焉を迎え、中国資本のロッソネーリ・スポーツ・インベストメント・ルクセンブルクが経営権を確保した。そのため今夏の移籍市場では、ビジャレアルからアルゼンチン代表DFマテオ・ムサッキオ、アタランタからコートジボワール代表MFフランク・ケシエ、ヴォルフスブルクからスイス代表DFリカルド・ロドリゲスを獲得。さらに今月12日にはポルトからポルトガル代表FWアンドレ・シウバを獲得するなど積極的な動きを見せている。 ▽そんなミランは、以前からラツィオのキャプテンを務めるビリアの獲得も目指して動いており、5月末には年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の3年契約で個人合意に達し、移籍金は2000万ユーロ(約24億8100万円)で折り合いがついたと報じられていた。 ▽しかし現時点で移籍の合意は発表されておらず、『フットボール・イタリア』によると、両クラブ間で移籍金の合意が得られていないようだ。同メディアによればラツィオが2500万ユーロ(約31億円)を要求しており、ミラン側が譲歩しない限りは話が進展しないだろうとしている。 ▽なお、ビリアはラツィオとの契約が2018年6月までとなっており、来夏にはフリートランスファーで退団することが可能となっている。 2017.06.22 12:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマをトップチームに引き上げたミハイロビッチ監督がアドバイス「愛するクラブで成長するべき」

▽トリノのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、かつての愛弟子にアドバイスを送っている。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽2015-16シーズンにミランを率いたミハイロビッチ監督は、当時プリマヴェーラに所属していたイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマをトップチームに引き上げた。その後同選手はミランの守護神として活躍し、イタリア代表にも名前を連ねるようになった。 ▽そんなドンナルンマは今月に入り、2018年6月までとなっているミランとの契約の延長交渉を打ち切った。これに対して一部のサポーターが激怒し、ドンナルンマに対する殺害予告が送られるなどの異様な事態となっている。 ▽教え子の苦境にミハイロビッチ監督は、今後のプロキャリアを考えるならば、今は愛するクラブで成長することがベストだとコメント。また、ドンナルンマの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏についても言及し、代理人として素晴らしい活躍を見せていると称えた。 「ドンナルンマはとても優れたGKだ。ただ、まだ18歳であることを忘れてはいけない。選手として完成するまでには、まだまだ時間が必要だ。仮に、私が彼であるならば、愛するクラブで成長したいと思う。クラブと共に成長できるだろう」 「ライオラに関して、彼の行動は理解できるものだ。代理人として良く働いている。クライアントのために、多くのお金を稼ごうとしているのだ。どちらにせよ、ドンナルンマはまだ若く、焦ることはない」 2017.06.21 10:04 Wed
twitterfacebook
thumb

契約延長拒否から一転、ドンナルンマがミラン残留を考慮か

▽ミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(18)が、ミランとの契約延長を考慮しているようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ミランとの契約が2018年となっているドンナルンマに対して、クラブ側は契約延長の交渉を行ってきた。しかし今月15日、クラブ側はドンナルンマとの契約延長交渉を打ち切ると発表し、退団が決定的となった。 ▽ドンナルンマの態度に、ファンやサポーターは激怒。現在行われているU-21欧州選手権のデンマーク戦では、一部のサポーターが1ドル紙幣の偽札をピッチに投げ込み、スタンドには「“ドル”ラルンマ」のバナーが掲げられる試合が一時中断した。さらに親族の下には殺害予告も届くなど異常な事態となっている。 ▽『フットボール・イタリア』によると、これらの状況を受けてドンナルンマはミラン残留に傾きつつあるという。さらに、ミラン側は交渉の再開もやぶさかではないようだ。そのため、代理人であるミーノ・ライオラ氏が、ドンナルンマの意思を確認するために、U-21欧州選手権が行われているポーランドに飛び立つようだ。その会談の結果次第では、再びミランとの契約延長交渉が再開されるかもしれない。 2017.06.21 09:32 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン元指揮官、ドンナルンマの決断を批判…カカやシェフチェンコを例に出し説明

アリゴ・サッキ氏がミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの決断を批判した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。<br><br>ドンナルンマは2016-17シーズン、公式戦41試合に出場。シーズンを6位で終えたミランで守護神として活躍した。18歳の若きGKには、欧州各国のビッグクラブが獲得に興味を示しているとされ、先日ミランとの契約延長交渉は難航していた。そして先日、ドンナルンマがクラブの契約延長オファーを拒否したことが発表。サッキ氏は以下のようなコメントを残している。<br><br>「ドンナルンマのことは人間としても選手としても高く評価していた。しかし、クラブを低く評価していることには驚かされた。もちろんこれは彼の判断だから仕方がない。しかし、私は彼の忠誠心だけでなく、将来のキャリアについても疑問を抱くようになった。カカやアンドリー・シェフチェンコのようにお金を優先してミランを去った選手はその後決断を後悔することになったからね」<br><br>ドンナルンマにはユヴェントスやレアル・マドリーが興味を示しているとされているが、新シーズンはどこのクラブでプレーすることになるのだろうか。今後の動向に注目が集まる。<br><br>提供:goal.com 2017.06.20 17:30 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース