元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

岡崎が“レスター不動のエース”へ? チェルシー、ヴァーディを急襲か

▽チェルシーが、レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディ(30)の獲得に乗り出すようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽これまでの報道によれば、チェルシーのアントニオ・コンテ監督が今オフシーズンにFWジエゴ・コスタに新シーズンの構想外であることを通達。しかし、チェルシーは1stターゲットのFWロメル・ルカクを取り逃した結果、FWアルバロ・モラタを獲得した。 ▽それでも、センターフォワードはプレミアリーグ未経験のモラタとFWミッチー・バチュアイでは心もとない状況。そのため、チェルシーはヴァーディ獲りに動くもようだ。 ▽仮にヴァーディがレスターを離れることになれば、残りの移籍市場期間を考えれば大物の後釜ストライカーを確保するのが難しい状況。そのため、開幕から2戦連続スタメンでいずれもゴールを挙げている日本代表FW岡崎慎司のチームでの存在価値がさらに増すことになることが予想される。 2017.08.23 12:11 Wed
twitterfacebook
thumb

関根貴大加入のインゴルシュタットが開幕3連敗で監督を解任

▽MF関根貴大が所属するブンデスリーガ2部のインゴルシュタットは22日、マイク・バルプルギス監督(43)の解任を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽バルプルギス監督は、2016年11月からインゴルシュタットの指揮官に就任。2016-17シーズンはブンデスリーガで指揮を執っていたが、チームは2部に降格。今シーズンも2部で第3節まで指揮を執っており、DFBポカール1回戦の1860ミュンヘン戦も指揮。しかし、リーグでは3連敗とここまで白星がなく解任となった。 ▽なお、後任にはU-21チームを指揮していたシュテファン・ライトル氏(39)が昇格することとなる。現役時代は2007年から2013年の現役引退までインゴルシュタットでプレー。キャプテンも務めていた。 2017.08.23 11:18 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のMF中島翔哉がポルティモネンセへ期限付き移籍!

▽FC東京は23日、MF中島翔哉(23)がポルトガル1部のポルティモネンセに期限付き移籍することが決定したことを発表した。移籍期間は2017年8月27日から2018年6月30日まで。 ▽東京ヴェルディの下部組織で育った中島は、2012年にトップチーム登録。2014年にFC東京入りした後、カターレ富山への期限付き移籍を経て、同年8月に復帰した。今シーズンは明治安田生命J1リーグ20試合に出場。2得点を記録した。昨年には、リオ・デジャネイロ オリンピックに臨むU-23日本代表メンバーに選出。背番号「10」を背負った。 ▽ポルティモネンセは過去、鹿島アントラーズに所属する日本代表FW金崎夢生が在籍。昨シーズンは2部で優勝を飾り、今シーズンから7シーズンぶりに1部を舞台に戦う。期限付き移籍が決定した中島は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび、ポルトガルのポルティモネンセに移籍することが決まりました。FC東京では、うまくいくことばかりではありませんでしたが、素晴らしいチームメイトとスタッフに囲まれ、とても貴重な経験をすることができました」 「そして、不器用な自分をどんな時も応援してくれたファン・サポーターのみなさまには本当に感謝しています。FC東京で得た経験をポルティモネンセでもしっかりと活かせるように頑張ります。そして、引き続きサッカーを楽しんでいきたいと思います!これからも、中島翔哉をよろしくお願いいたします」 2017.08.23 10:24 Wed
twitterfacebook
thumb

やっぱり諦めない! バルサ、コウチーニョ獲得に向け4度目194億円オファーへ

▽バルセロナは、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)獲得に向けて4度目のオファーを提示するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏、パリ・サンジェルマンに契約解除金2億2200万ユーロ(約286億円)でFWネイマールを引き抜かれたバルセロナは、その後釜としてコウチーニョの獲得を目指していることが伝えられてきた。先日には、3度目のオファーを退けられたバルセロナがコウチーニョ獲得から撤退する見込みであることが伝えられていたが、同クラブは4度目のオファーを提示するようだ。 ▽『スカイ・スポーツ』によれば、バルセロナは基本金1億100万ポンド(約142億円)+ボーナス3700万ポンド(約52億円)で4度目となるオファーを提示。ボーナス部分はチャンピオンズリーグの出場試合に関連するものとみられており、条件クリアは困難なものではないと伝えられている。 ▽バルセロナの4度目の破格オファーは、頑なに放出を拒絶しているリバプールを納得させることができるのだろうか。 2017.08.23 09:42 Wed
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、ラツィオからオランダ代表DFホードを獲得! 吉田ライバルか、ファン・ダイク後釜か

▽サウサンプトンは22日、ラツィオからオランダ代表DFヴェスレイ・ホード(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽イギリス『テレグラフ』で1500万ポンド(約21億円)での加入と報じられたホードは、サウサンプトンの公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「ここに来ることができて本当に嬉しいよ。僕にとってサウサンプトンはビッグクラブだ。だから、ここに来たことはステップアップだと思っているよ。プレミアリーグでプレーし、チームの助けとなるために全力を注ぐつもりだ」 ▽また、サウサンプトンのレス・リード副会長は、希少価値の高い左利きの若きセンターバックの獲得に満足感を示している。 「ヴェスレイはヨーロッパのディフェンダーの中で非常に有望なタレントだ。現在、トップレベルのセンターバックを見つけることは非常に難しい。彼はオランダ代表として6試合に出場している。さらに、左利きのプレーヤーを見つけることはより困難だ。彼はここ12カ月の我々の補強リストのトップに居たプレーヤーの1人だった」 「彼はオランダ代表、ラツィオでのプレーを通じて自身の価値を証明してきた。そして、代表のチームメートでもあるヴィルヒル・ファン・ダイクやジャック・スティーブンス、吉田麻也、ヤン・ベドナレク、フロリン・ガルドシュらと共に成長してくれると思っている」 ▽母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍。加入1年目は戦術的なセリエAへの適応に苦しみ、軽率なプレーを批判されることが多かったが、2年目の昨シーズンは持ち味のフィジカルを活かしたソリッドな対応をみせ、公式戦26試合に出場し3ゴールを挙げるなど、主力として活躍した。 ▽また、ラツィオでの活躍が評価され、今年に入ってオランダのフル代表デビューも飾っていた。 2017.08.23 04:17 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース