元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

バルサとユナイテッド、エジルが望むのは…

▽アーセナルに所属するドイツ代表MFメスト・エジル(29)は、クラブを退団することになった場合、マンチェスター・ユナイテッド移籍を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今シーズン限りでアーセナルとの契約が満了するエジルに関しては、マンチェスター・ユナイテッドとバルセロナとの関連が強く伝えられている。一時はバルセロナが有力とみられていたが、『デイリー・メール』によればエジルは同クラブよりもユナイテッド移籍を望んでいるとのことだ。 ▽伝えられるところによれば、エジルはアーセナルからの週給23万5000ポンド(約3500万円)のオファーを既に拒否。週給30万ポンド(約4500万円)近くを求めており、レアル・マドリー時代に共闘したジョゼ・モウリーニョ監督に再び師事を受けることを望んでいるとのことだ。 2017.12.15 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー退団確実? ベイルはユナイテッドと合意済みか

▽ウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)のレアル・マドリー退団は決定的なのだろうか。スペイン『Diario Gol』は、ベイルとクラブが退団に関して基本合意済みだと報じている。 ▽近年、レアル・マドリーで度重なる負傷により定期的な出場が難しくなっているベイル。移籍に関する報道も多くなっている中、『Diario Gol』によれば来夏の退団に関してクラブと基本合意しているとのことだ。 ▽移籍先には、ジョゼ・モウリーニョ監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドとの関連が広く伝えられている。モウリーニョ監督は来夏のベイル獲得について上層部を説得しており、既にベイルとも話し合いを行い、納得させた模様とのことだ。 ▽ベイルは今シーズン、公式戦の出場数は11試合ながら4得点5アシストと一定の結果を残している。先日のクラブ・ワールドカップ準決勝のアルジャジーラ戦でも途中出場から値千金の決勝弾を挙げるなど存在感を示したが、スパーズ時代に活躍したプレミアリーグに戻ることになるのだろうか。 2017.12.15 11:48 Fri
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイス、移籍の最後通告か

▽チェルシーに所属するブラジル代表DFダビド・ルイス(30)が移籍を示唆しているようだ。イギリス『エクスプレス』が報じた。 ▽昨シーズン、チェルシーの3バックのセンターとしてレギュラーを張り、プレミアリーグ制覇に大きく貢献したD・ルイス。しかし、今シーズン途中にアントニオ・コンテ監督との関係性が悪化したとされており、出場機会が減少している。 ▽現在ベンチ外が続いているD・ルイスに関しては負傷中との報道も出ている中、『エクスプレス』によれば、コンテ監督と今後についての話し合いが行われたようだ。 ▽その中でD・ルイスは再びファーストチームのレギュラー格としての地位を返してもらうことを望んだようだ。それが無理ならば、退団することを厭わない姿勢を示したという。 ▽なお、D・ルイスに関してはマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリー、バイエルンといったメガクラブが獲得に関心を示しているとのことだ。 2017.12.15 11:04 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、トップチーム定着のU-21イングランド代表3選手と新契約締結!

▽エバートンは14日、U-21イングランド代表FWドミニク・カルバート=ルーウィン(20)と、同DFメイソン・ホルゲイト(21)、同DFジョンジョ・ケニー(20)の3選手と新契約を締結したことを発表した。 ▽昨夏、シェフィールド・ユナイテッドから加入したカルバート=ルーウィン(写真)は、加入1年目にリーグ戦11試合に出場し1ゴールを記録。さらに、加入2年目となった今シーズンはチームが序盤から苦しんでいる中、ここまでのリーグ戦17試合すべてに出場し、チーム最多となる6アシストに加え2ゴールを記録している。なお、前線の複数ポジションをこなす強さと巧さを兼ね備えた万能アタッカーは、2023年までの長期契約にサインした。 ▽また、2015年にバーンズリーから加入したホルゲイトは、本職のセンターバックに加え、右サイドバックや右ウイングバックをカバーする守備のマルチロール。ここまでは公式戦34試合に出場。今季はリーグ戦8試合、ヨーロッパリーグ(EL)4試合に出場していた。なお、今回の新契約によって2021年まで同クラブでプレーすることになった。 ▽前述の2選手とは異なり、エバートン生え抜きのケニーは、2015-16シーズンにトップチームデビュー。以降、2シーズンはウィガンやオックスフォードへのレンタル移籍を経験したが、今季はリーグ戦10試合に出場するなど、右サイドバックの主力として活躍。そして、今回2022年までの契約にサインした。 2017.12.15 06:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、生え抜きの右SBカラブリアと2022年までの新契約締結!

▽ミランは14日、U-21イタリア代表DFダビデ・カラブリア(21)と2020年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 ▽ミランの下部組織出身の右サイドバックであるカラブリアは、2015年5月のアタランタ戦でトップチームデビュー。縦への推進力とクロス精度に優れる同選手は、デビュー2年目にセリエA6試合、3年目の昨シーズンに12試合に出場するなど、徐々に出場機会を増やしている。 ▽クラブが大型補強を敢行した今シーズンは大幅な出場機会の減少が予想されたものの、同じポジションでプレーするイタリア代表DFアンドレア・コンティの長期離脱を受けて、ここまで公式戦10試合に出場している。 ▽また、イタリア世代別代表の常連のカラブリアは、現在U-21イタリア代表でプレーしている。 2017.12.15 02:40 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース