元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

浅野拓磨がハノーファーに1年間のレンタル移籍! 「信頼に応えるため全力を尽くす」

▽ハノーファーは23日、アーセナルから日本代表FW浅野拓磨(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽既報通り、ハノーファー入りが決定した浅野はクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「ハノーファーに来ることができてとても嬉しいです。クラブが自分に示してくれた信頼に応えるために全力を尽くし、ハノーファーのファンに幸せを届けたいと思っています」 ▽一方、ハノーファーを率いるアンドレ・ブライテンライター監督は「タクマは多彩なアタッカーだ。彼は非常にスピードがあり、ピッチ内でアクションを起こすことができる。同時に強靭なメンタルも持ち合わせている。我々は彼が素晴らしいポテンシャルを持っており、このハノーファーで進化を遂げて次のステップに踏み出すことを確信している」と、浅野への大きな期待を口にしている。 ▽2016年夏にサンフレッチェ広島からアーセナルへ完全移籍で加入した浅野は、すぐさまシュツットガルトにレンタル移籍。昨シーズンはブンデスリーガ2部で26試合に出場し4ゴールを挙げ、優勝に貢献した。 ▽しかし、今シーズンはハネス・ヴォルフ前体制下で出場機会を得ていたものの、シーズン後半戦に就任したタイフン・コルクト監督の下では一度も出場機会を与えられず。ブンデスリーガ初年度は15試合出場で1ゴールという結果に終わっていた。 ▽なお浅野は現在、日本代表の最終候補メンバーとしてガーナ代表との国際親善試合に向けて国内合宿の真っ只中だ。 2018.05.23 19:43 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、フランクフルト守護神を獲得! 流出濃厚レノの後釜に

▽レバークーゼンは23日、フランクフルトからフィンランド代表GKルーカス・フラデツキー(28)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの5年となる。 ▽フランクフルトでのDFBポカール優勝を置き土産にレバークーゼンに加入することになったフラデツキーはクラブ公式サイトで新天地での意気込みを語った。 「レバークーゼンはブンデスリーガを代表するクラブであり、素晴らしい攻撃的なサッカーをみせているチーム。それに来季は欧州の舞台にも復帰するよ」 「このレベルで引き続き成長していきたいと思ったんだ。そしてこれからこのレバークーゼンは確かな成功を収めていけると確信しているよ」 ▽一方、リーグ屈指のGKの獲得に成功したレバークーゼンのルディ・フェラーSDは「素晴らしいGKを迎え入れることができた。とてもうれしいよ。ルーカス・フラデツキーはブンデスリーガにおいて素晴らしいGKと認識されており、代表も含め国際舞台での経験も豊富だ。それにフランクフルトではリーダー的存在としての地位を確立していた。そのクオリティは、先日のポカール優勝でも実証されたね」と、喜びのコメントを残している。 ▽チェコ生まれのフィンランド人GKのフラデツキーは母国TPSでプロキャリアをスタート。その後、エスビャウ、ブレンビーとデンマークのクラブを経て2015年にフランクフルトに加入。同クラブでは3シーズンに渡って絶対的な守護神に君臨していた。 ▽また、2010年にデビューを果たしたフィンランド代表では通算36試合に出場している。 ▽なお、フラデツキーの獲得を受けて、レバークーゼンで長らく正GKを務めてきたドイツ代表GKベルント・レノ(26)の退団が濃厚な情勢に。同選手にはナポリやプレミアリーグ勢からの関心が伝えられている。 2018.05.23 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

アーセナルが長期政権ヴェンゲルの後任にエメリを招へい

▽アーセナルは23日、新指揮官にウナイ・エメリ監督(46)を招へいすることを発表した。 ▽エメリ監督は、アルメリアやバレンシア、スパルタク・モスクワなどで指揮。2013年1月から指揮していたセビージャでは、3シーズン連続でヨーロッパリーグを制覇。2016年7月からパリ・サンジェルマンを率いると、2016-17シーズンにクープ・ドゥ・フランス、クープ・ドゥ・ラ・リーグを制覇。2017-18シーズンはリーグ・アン、クープ・ドゥ・フランスを制していた。 ▽アーセナルのイワン・ガジディスCEO(最高経営責任者)は、エメリ新監督について「ウナイ(・エメリ)はキャリアを通して成功した功績を残しており、ヨーロッパで最も優れた若い才能を育てた。アーセナルにピッタリな刺激的で革新的なサッカースタイルをみせている」とコメント。「彼の勤勉で情熱的なアプローチとピッチ内外での価値観は、我々を前進させるのに理想的な人物だ」と高く評価している。 2018.05.23 17:50 Wed
twitterfacebook
thumb

2部降格のストーク、今季ダービー率いたローウェット監督を招へい

▽ストーク・シティは22日、ポール・ランバート前監督(48)の後任としてゲイリー・ローウェット氏(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年となる。 ▽今季のプレミアリーグを19位で終えたストークは18日、ランバート前監督との契約を双方合意の下で解消した。そして、新指揮官にはこれまでバートン・アルビオンやバーミンガム、ダービーとチャンピオンシップ(イングランド2部)のクラブの指揮官を歴任してきたローウェット氏が選ばれた。 ▽なお、ダービーは今季のチャンピオンシップを昇格プレーオフ圏内の6位で終えるも、プレーオフ準決勝で3位フルアムに敗れて昇格のチャンスを逃していた。 2018.05.23 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタ、来季新監督はアルゼンチン人のアントニオ・モハメド氏に決定!

▽セルタは23日、アルゼンチン人指揮官のアントニオ・モハメド氏(48)を新監督に招へいしたことを発表した。 ▽今シーズン13位に終わったセルタは先日、フアン・カルロス・ウンスエ監督の退任を発表。後任に指名されたA・モハメド監督は、現役時代にフィオレンティーナやボカジュニアーズ、モンテレイなどでプレーし2003年に現役を引退。引退後はプロデビューを飾った古巣のウラカンで指導者の道をスタートさせると、母国アルゼンチンやメキシコのクラブで指揮を執った。 ▽2010年にインデペンディエンテでコパ・スダメリカーナを制覇すると、2012年には、ティフアナでリーガMX前期を優勝。さらに2014年にも、メキシコの名門クラブ・アメリカを指揮しリーガMX前期優勝に導いている。 ▽現在のところ、契約年数などは公表されていないが、スペイン『アス』によれば1年契約を結ぶ見通しとのことだ。 2018.05.23 14:20 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース