元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのプルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、プルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、プルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

元アメリカ代表FWドノバンが2度目の現役引退…「私は決断した。もう、プレーすることはない」

▽元アメリカ代表FWランドン・ドノバン(35)が23日、自身2度目となる現役引退を発表した。アメリカ『Yahoo! Sports』のインタビューで語った。 ▽2014年に現役引退を発表していたドノバンは、昨年9月にアメリカ代表FWギャシ・ザルデスの長期離脱を受け、古巣であるメジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーと短期契約を結び、2年ぶりに現役復帰。昨シーズンはリーグ戦9試合に出場し、1ゴールを挙げていた。 ▽だが、新シーズンに向けてはLAギャラクシーのプレシーズンキャンプには参加しておらず、かねてより2度目の現役引退の可能性が報じられていた。 ▽ドノバンは、『Yahoo! Sports』のインタビューで以下のように語り、2度目の現役引退を認めた。 「私は決断した。もう、プレーすることはないよ。もう、観衆の前でプロとしてプレーすることはないよ。それは間違いない事実だ」 ▽ドノバンは2005年から2014年までLAギャラクシーに所属(その間にバイエルンやエバートンにレンタル移籍している)し、リーグ戦とプレーオフ通算384試合に出場し、160ゴール151アシストを記録。また、2008年には得点王を獲得し、2009年にはMVPに輝くなどMLSで輝かしい功績を残してきた。 ▽また、アメリカ代表では通算157試合に出場し、歴代最多となる57ゴールを記録していた。 2017.03.25 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

酒井高徳所属のHSV、ギスドル監督と2年間の契約延長!

▽日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)は22日、マルクス・ギズドル監督(47)との契約を2年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同監督は2018-19シーズン終了までチームを率いることになった。 ▽ギズドル監督は、昨年9月末にブルーノ・ラッバディア前監督の下、開幕5試合で1分け4敗と未勝利が続いていたHSVの新監督に就任。その後、シーズン初勝利まで8試合を要すも、昨年12月4日の第13節のダルムシュタット戦で初勝利。そこからチームを立て直した同監督は、順位こそ残留・昇格プレーオフ圏内の16位に留まるも、RBライプツィヒやレバークーゼン、ボルシアMGなど格上を撃破するなど、シーズン終盤に向けて調子を上げている。 ▽そして、ギズドル監督の手腕を評価するクラブは、今季終了後に満了する契約を2年間延長した。 2017.03.24 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

スウェーデン代表DFオルソン、9年間過ごしたWBAを退団! 母国ユールゴーデンに加入

▽WBAは23日、スウェーデン代表DFヨナス・オルソン(34)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。また、同選手は母国のユールゴーデンと今季終了までの契約を交わした。 ▽2008年にオランダのNECからWBAに加入したオルソンは、持ち味の空中戦の強さを武器に以降、8シーズンに渡ってレギュラーセンターバックとして活躍。だが、今季はポジション争いに敗れ、リーグ戦の出場は7試合にとどまっていた。 ▽9年間を過ごしたWBAを去ることになったオルソンは、クラブ公式サイトで別れのメッセージを残している。 「それは思いがけない早さで全てのことが起きた。多くの人たちにサヨナラを告げる時間もなかったよ」 「僕は最初のチャンスを逃さずに、母国に戻ることを決めた。ただ、今回の移籍成立に向けて助けとなってくれたクラブ関係者に感謝を示したい」 「個人的にはあと数年、良いプレーができると思っている。だけど、アルビオンでのポジション争いを勝ち抜くのが、難しいと感じていたことも事実なんだ」 「アルビオンはいつも僕の人生の大部分を占めているんだ。そして、そのような強い気持ちを残して去ることを素晴らしく感じているよ」 ▽なお、オルソンはWBAで公式戦253試合に出場し、14ゴールを記録していた。 2017.03.24 04:54 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、頼れる第2GKモジャとの契約を1年延長!

▽アトレティコ・マドリーは22日、スペイン人GKミゲル・アンヘル・モジャ(32)との契約を1年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同選手は来シーズン終了までアトレティコでプレーすることになる。 ▽2014年にヘタフェからアトレティコに加入したモジャは、同時期にベンフィカから加入したスロベニア代表GKヤン・オブラクとのポジション争いを制し、加入1年目はリーグ戦27試合に出場。だが、その翌シーズンからはオブラクにポジションを譲り、控えGKを務めている。 ▽今シーズンは、オブラクの負傷離脱に伴い、リーグ戦9試合に出場するなど、ここまで公式戦18試合に出場し、安定したパフォーマンスを披露している。 2017.03.23 04:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがシュバインシュタイガーのシカゴ・ファイアー移籍を発表

▽マンチェスター・ユナイテッドは21日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに移籍することで合意したと発表した。 ▽シュバインシュタイガーはビザの取得とメディカルチェックを通過後、シカゴ・ファイアーに加入するとのこと。シカゴ側は早期の加入を望んでいるとのことだ。 ▽アメリカ『シカゴ・トリビューン』によると契約期間は1年間で、年俸450万ドル(約5億円)が支払われるとのこと。MLSで最高の給与を得るトップ10に入り、1年間の契約延長オプションも付いているとのことだ。 ▽シュバインシュタイガーは、バイエルンの下部組織で育ち、2002年7月にトップチームに昇格。2015年7月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。加入1年目はルイス・ファン・ハール監督の下でプレミアリーグ18試合に出場。しかし、今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外となり、ここまで公式戦4試合の出場に留まり、プレミアリーグでは出場機会がなかった。 2017.03.21 18:35 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース