元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

昇格組ブライトン、チェルシーからU-20イングランド代表FWブラウンを獲得!

▽ブライトン&ホーヴ・アルビオンは25日、チェルシーからU-20イングランド代表FWイザイア・ブラウン(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽WBAでプロデビューを飾ったブラウンは、2013年にチェルシーに完全移籍で加入。2014-15シーズンには同クラブでプレミアデビューを果たすも、その翌シーズンにはフィテッセ、昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のロザラム、ハダースフィールドへのレンタル移籍を繰り返していた。なお、ハダースフィールドでは公式戦21試合に出場し5ゴールを挙げ、同クラブのプレミアリーグ昇格に貢献していた。 ▽また、セカンドトップを主戦場に2列目の複数ポジションをこなす多彩なアタッカーは、イングランドの世代別代表の常連でもある。 2017.07.26 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーがムバッペ獲得でモナコと基本合意報道、移籍金は史上最高額の234億円

▽スペイン『マルカ』は25日、レアル・マドリーがモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)の獲得がクラブ間合意に達したと報じている。 ▽年俸は700万ユーロ(約9億1000万円)の6年契約で、移籍金は史上最高額の1億8000万ユーロ(約234億5000万円)。この移籍金は昨夏にマンチェスター・ユナイテッドがフランス代表MFポール・ポグバに投じた1億500万ユーロを大幅に更新する額となっている。ただ、モナコはフランス『Nice Matin』で合意はしていないと主張している。 ▽2013年からモナコでプレーするムバッペは、2015年12月にプロデビュー。爆発的なスピードと圧倒的なスキルを武器に、2016-17シーズンはモナコで公式戦44試合26ゴール14アシストを記録し、チャンピオンズリーグではベスト4、リーグ・アンでは17シーズンぶりの優勝に導いていた。 ▽一躍ブレイクを果たした18歳の超新星には、レアル・マドリーの他、アーセナルやパリ・サンジェルマンなど、錚々たるビッグクラブが獲得に関心を示していた。 2017.07.25 22:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがアダム・スミスと2021年夏まで契約延長

▽ボーンマスは25日、イングランド人DFアダム・スミス(26)との契約を2021年夏まで延長したことを発表した。 ▽トッテナムの下部組織出身のスミスは、2014年1月にボーンマスに完全移籍を果たした。昨季は、主にライトバックとしてリーグ戦36試合に出場。1ゴール5アシストを記録し、チームのプレミアリーグ9位フィニッシュに大きく貢献した。 ▽チェリーズと契約延長をしたスミスはクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「嬉しいよ。ここに落ち着いてからはチームメイトたちとも上手くやっている。このクラブ以外に行きたいところなんてないよ。ピッチの中でも外でもあらゆることが順調だ。ここで続けられることを楽しみにしているよ」 2017.07.25 20:22 Tue
twitterfacebook
thumb

ポルトガル化が進むウルブス、今度はアトレティコの“ポルトガルの新星”ジオゴ・ジョッタをレンタルで獲得!!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)に所属するウォルバーハンプトンは25日、アトレティコ・マドリーのU-21ポルトガル代表FWジオゴ・ジョッタ(20)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 ▽ポルトガルのパコス・フェレイラの下部組織出身のジョッタは、2014-15シーズンにトップチームデビューを果たすと、そこから2シーズンで公式戦47試合に出場し、18ゴール14アシストを記録した。2016年夏には、5年契約でアトレティコに移籍すると、そのシーズンはポルトにレンタル移籍。そのポルトでは、ヌーノ・エスピリト・サント監督(現ウォルバーハンプトン監督)の下、リーグ戦27試合に出場し8ゴール7アシストを記録した。 ▽両ウイングやセカンドトップなど2列目のポジションを得意とする若きアタッカーは、クラブの公式サイトで加入の喜びを語っている。 「とても興奮しているよ。ウルブスは巨大で歴史のあるクラブだ。イングランドでプレーするのは僕の夢だったんだ。素晴らしい機会になったよ」 「ぼくはいつでもファンの為にベストを尽くすつもりだ。沢山走って、できればゴールもアシストも狙いたいね」 ▽なおウォルバーハンプトンは、ポルトからポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(20)、リオ・アヴェからポルトガル人DFロデリック・ミランダ(26)、モナコからU-18ポルトガル代表DFルベン・ヴィナグリ(18)を獲得するなど、ポルトガル化が進んでいる。 2017.07.25 19:13 Tue
twitterfacebook
thumb

ベジクタシュ、トルコの新星MFオルカン・チュナルを獲得

▽ベジクタシュは24日、ガジアンテブスポルからU-21トルコ代表MFオルカン・チュナル(21)を獲得したことを発表した。契約期間は明かされていないものの、『トランスファーマーケット』によると2022年までの5年契約となるようだ。 ▽ドイツ出身のチュナルはヴォルフスブルクの下部組織育ちで、2015年夏にトルコのガジアンテブスポルに完全移籍。2016-17シーズンはケガによる離脱もありながらも、チームの10番を背負い公式戦21試合に出場。3ゴール1アシストの記録を残した。 ▽右ウイングや右サイドハーフを主戦場とするナチュルは、得意の左足でカットインし、クロスやシュートに繋げるプレーを得意としている。また、各年代の代表にも選ばれているチュナル。U-21トルコ代表ではキャプテンを任されるなど、国内でその評価を高めている。 2017.07.25 16:12 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース