超ワールドサッカー

元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

リバプール、ローマからサラーを獲得! 移籍金は両クラブレコードの総額62億円に!

▽リバプールは22日、ローマからエジプト代表FWモハメド・サラー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は11。契約期間は長期とのみ発表されている。 ▽なお、リバプールのサラー獲得発表後、ローマによって発表された声明では、ローマは今回の移籍で4200万ユーロ(約52億1000万円)を受け取り、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)のボーナスを受け取るという。そのため、移籍金の総額は5000万ユーロ(約62億円)となる。 ▽ユルゲン・クロップ監督からの熱烈なラブコールを受け、チェルシー時代以来となるプレミアリーグ復帰を決めたサラーは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ここに居られることにとても興奮しているよ。そして、とても嬉しい気分だ」 「僕はこのクラブのために100パーセントの力を発揮し、全てを捧げるつもりだ。このクラブで何かを勝ち取りたいと思っている」 「ここには素晴らしいプレーヤーとチームがある。昨年から試合をチェックしていたし、チームの全員が100パーセントを捧げていたと思う」 「同時にコーチも全てを与えてくれていると思う。そして、クラブやサポーター、自分たちのため、チーム全員が何かを成し遂げるために全てを捧げていきたい」 ▽サラーは2014年1月にチェルシー入り。チェルシーではインパクトを残せなかったものの、レンタル移籍したフィオレンティーナ、ローマで評価を高めた。2016-17シーズンは、完全移籍で加入したローマで、公式戦41試合に出場し、19得点を記録。ローマのセリエAでの2位フィニッシュに貢献していた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、2022年までの5年契約にサインしたサラーは、年俸550万ユーロ(約6億8000万円)を受け取ることになる。また、前述の移籍金は両クラブにとってクラブレコードとなる模様だ。 ▽ローマは、トッテナムにアルゼンチン代表MFエリク・ラメラを売却した際の3500万ユーロ(約43億4000万円)がこれまでの最高売却額。一方、リバプールはニューカッスルからイングランド代表FWアンディ・キャロル(現ウェストハム)を獲得した際に支払った3500万ポンド(約50億円)が、最高獲得額といわれている。 2017.06.23 05:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

デポルティボ、U-20W杯でシルバーボール獲得のU-20ウルグアイ代表MFバルベルデをレンタルで獲得!

▽デポルティボは22日、レアル・マドリー・カスティージャからU-20ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、今回の契約には買い取りオプションは含まれていない。 ▽母国の名門、ペニャロールで輝きを放った守備的MFの逸材は、2016年にレアル・マドリーのリザーブチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャに加入。今季はリーグ戦30試合に出場し、3ゴールを挙げていた。 ▽また、今月11日まで韓国で開催されていたFIFA U-20ワールドカップ(W杯)2017では、4位フィニッシュしたU-20ウルグアイ代表の中盤で絶大な存在感を放ち、大会で2番目に優秀な選手に与えられるシルバーボール賞を受賞していた。 2017.06.23 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

レバンテが電撃監督交代! ムニス前監督退団でビジャレアルBを率いたパコ・ロペス氏を招へい

▽レバンテは22日、今季までセグンダB(スペイン3部)のビジャレアルBを率いていたパコ・ロペス氏(49)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽レバンテは今月16日、クラブをセグンダA(スペイン2部)優勝に導き、1年でのプリメーラ復帰を達成したファン・ムニス前監督(48)と2年間の契約延長を発表。だが、それから1週間も経たない22日にパコ・ロペス氏の新監督招へいを発表した。 ▽レバンテは今回の電撃監督交代に関して明確な説明を行っておらず、ファン・ムニス前監督(写真)とのトラブル、あるいは健康問題、他クラブからの引き抜きなど、何らかの問題が発生した模様だ。 2017.06.23 03:14 Fri
twitterfacebook
thumb

HSV退団の元ドイツ代表GKアトラーがマインツに加入!

▽マインツは22日、ハンブルガーSV(HSV)を退団した元ドイツ代表GKレネ・アトラー(32)がフリートランスファーで加入したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽5年間を過ごしたHSVを退団し、マインツを新天地に求めたアトラーは、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「マインツへの移籍は、僕にとって適切なタイミング、ステップで行われたものだと思う。それにここの静かで穏やかな空気は僕に合っていると思う」 「ルーベン・シュレーダー、サンドロ・シュワルツとの話し合いの中でとても感銘を覚えたんだ。僕たちはすぐに合意に達し、ここでの新たな物語の始まりを心待ちにしているよ」 ▽2006年にレバークーゼンでプロキャリアをスタートしたアトラーは、2012年にHSVに完全移籍。ここまでのプロキャリアを通じて、ブンデスリーガ通算255試合に出場。今季は2度に渡る負傷離脱を経験も、リーグ戦19試合に出場していた。 2017.06.23 01:36 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース