元チェルシーのMFエッシェンがインドネシア1部クラブに加入!2017.03.14 20:48 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インドネシア・スーパーリーグのペルシブ・バンドンは14日、チェルシーやレアル・マドリー、ミランでプレーした元ガーナ代表MFマイケル・エッシェン(34)の獲得を発表した。契約には1年間の延長オプションがついているとのこと。

▽エッシェンは2003年7月にバスティアからリヨンに加入すると、2005年8月にチェルシーへと移籍。チェルシーでは2度のプレミアリーグ制覇やチャンピオンズリーグ制覇を経験。2012年8月からレアル・マドリーへと1年間のレンタル移籍を経験すると、2014年1月にミランへ移籍。2015年7月からはパナシナイコスでプレーしていた。

▽プレミアリーグでは168試合に出場し17得点、リーガエスパニョーラでは21試合に出場し2得点。セリエAでは20試合に出場した。また、チャンピオンズリーグでは76試合に出場し11得点を記録。ガーナ代表としても58キャップを記録し、2006年、2014年のワールドカップに出場した。

▽パナシナイコス退団後、メルボルン・ビクトリーへの移籍も噂されたエッシェンだったが交渉は破談。現役を引退するとも言われていたが、インドネシアを新天地に選んだようだ。

▽また、ペルシブ・バンドンには、シャルケのセカンドチームや愛媛FCでプレーした国士舘大学出身のFW松永祥兵(28)が在籍。エッシェン獲得を発表した3月14日は、ペルシブ・バンドンにとってクラブ創設84年目の記念日であり、最高の補強を行ったと喜びを露わにしている。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコ、モナコのフランス代表MFトマ・レマル獲得を正式発表

▽アトレティコ・マドリーは19日、モナコに所属するフランス代表MFトマ・レマル(22)のメディカルチェックを終え、正式にサインしたことを発表した。具体的な条件については明かされていない。 ▽2015年にカーンからモナコに加入したレマルは、卓越した左足の技術とパス精度、攻撃センスを武器にリーグ・アン屈指の攻撃的MFに成長。昨夏にはレアル・マドリーやプレミアリーグのビッグクラブからの関心が伝えられた中、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(現マンチェスター・ユナイテッド)の後釜としてアーセナル加入寸前にまで迫ったものの、結局交渉は破談となり、移籍は実現しなかった。 ▽今シーズンも公式戦38試合3ゴール10アシストを記録したレマルにはアトレティコが強い関心を示しており、先日にスペイン『アス』は9000万ユーロ(約115億円)の巨額オファーを掲示する準備があると報道。そんな中、 アトレティコとモナコは12日に条件面で大筋合意に至ったことを発表していた。 ▽なお、フランス『レキップ』の12日の報道によると、具体的な金額に関しては言及していないものの、今回の契約には2年間の買い戻しオプションが組み込まれている模様。また、背番号10を着用する見込みであることも伝えられていた。 2018.06.19 09:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、フランス代表のグリーズマン&リュカと契約延長!

▽アトレティコ・マドリーは19日、フランス代表FWアントワーヌ・グリーマン(27)と同国代表DFリュカ・エルナンデス(22)の契約を延長したことを発表した。契約期間はグリーズマンが2023年6月30日、リュカが2024年6月30日まで。 ▽2014年7月にレアル・ソシエダからアトレティコ・マドリーに加入したグリーズマン。これまで公式戦209試合に出場して112ゴール40アシストを記録している。今シーズンも29ゴール15アシストという成績を残し、ヨーロッパリーグ優勝にも貢献。これまでマンチェスター・ユナイテッドやバルセロナへの移籍が有力となっていた中で、14日にはアトレティコ残留を明言していた。 ▽アトレティコの下部組織出身であるリュカは、2014-15シーズンにトップチームデビュー。今シーズンは公式戦44試合に出場して、フランス代表にも初招集された。現在はグリーズマンと共にロシア・ワールドカップに参戦している。 2018.06.19 08:31 Tue
twitterfacebook
thumb

鬼軍曹ミハイロビッチが内部崩壊中のスポルティング新指揮官に就任

▽スポルティング・リスボンは18日、シニシャ・ミハイロビッチ氏(49)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は3年間となる。 ▽現役時代に名ディフェンダーとして活躍したミハイロビッチ氏は、現役引退後にカターニャやフィオレンティーナ、セルビア代表、サンプドリア、ミランなどの監督を歴任。今年1月まではトリノを率いていた。 ▽今シーズンのプリメイラ・リーガを3位で終えたスポルティングは、5日に2015年からクラブを指揮してきたジョルジェ・ジェズス監督の退任を発表していた。 ▽現在のスポルティングは、今シーズン中に発生したブルーノ・デ・カルバーリョ会長と選手の確執や一部サポーターグループによる練習場襲撃事件などで内部崩壊を起こしており、一部の主力選手は家族や自身の安全を考慮しクラブとの契約を破棄する動きを見せている。 2018.06.19 04:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトン、ロシアW杯参戦中のポルトガル代表GK獲得を発表!

▽来シーズンからプレミアリーグに復帰するウォルバーハンプトンは18日、スポルティングからポルトガル代表GKルイ・パトリシオ(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までの4年間となる。 ▽2000年にスポルティングの下部組織に入団したルイ・パトリシオは、2006年にトップチームに昇格。トップチーム昇格後は、スポルティング一筋を貫き在籍12年間で公式戦460試合に出場した。 ▽また、各年代のポルトガル代表に選出されてきたルイ・パトリシオは、2010年11月に行われた国際親善試合のスペイン代表戦でA代表デビューを飾ると、これまで70試合に出場し、ユーロ2016の初優勝に貢献するなど、歴代最高の守護神との評価を得ている。 ▽また、現在開催中のロシア・ワールドカップ(W杯)のポルトガル代表にも選出されているルイ・パトリシオは、15日に行われたグループB第1節のスペイン戦(3-3の引き分け)にもフル出場していた。 2018.06.19 01:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ストークの演出家ジョー・アレン、4年間の新契約にサイン!

▽ストーク・シティは18日、ウェールズ代表MFジョー・アレン(28)との契約更新を発表した。期間は4年間となる。 ▽ウェールズ代表としても活躍するジョー・アレンは、2007年にスウォンジー・シティでプロデビュー。2012年8月にリバプール移籍を果たした後、2016年夏からストークに活躍の場を移した。今シーズンは公式戦38試合で4得点7アシスト。チームに欠かせないボールの繋ぎ手として、不動の地位を確立している。 ▽長期契約を勝ち取ったジョー・アレンは、クラブ公式サイトで「シーズンが終わって、トニー・スコールズ(最高経営責任者)と話をしたとき、クラブに売却の意思がなく、僕を必要としていることを明かしてくれた。クラブの姿勢や、僕の幸福度を考えても、簡単な決断だった」とコメントしている。 2018.06.18 19:35 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース