バルサ、今夏中盤にトップクラスの選手を加える方針? 目玉補強としてヴェッラッティの名が浮上2017.03.14 20:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バルセロナは今夏、中盤にトップクラスの選手を加える考えだという。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じている。

バルセロナはすでに次の夏の市場に向けて動き始めているとみられる。地元メディアによると、クラブはトップターゲットとしてパリ・サンジェルマン(PSG)のMFマルコ・ヴェッラッティに狙いを定めているようだ。

昨年PSGと2021年までの契約延長を行ったばかりのヴェッラッティだが、イタリア代表MFは最近フランスメディアで厳しい批判の対象となっている。この状況に不満を募らせる同選手はドナト・ディ・カンプリ代理人に他クラブからのオファーに耳を傾けるよう依頼したとされている。

しかしながらバルセロナにとって、ヴェッラッティ獲得は簡単なオペレーションとはならないだろう。移籍金は7000万ユーロ(約84億円)程度といわれるが、ユベントス、バイエルン、レアル・マドリー、チェルシーなど競争相手には事欠かず、PSGが移籍金をつり上げる可能性も十分にあり得る。

奇しくも、バルセロナで長年プレーしたMFチャビ・エルナンデス(現アル・サッド)は、先日自身の後継者としてヴェッラッティの名を挙げていた。チャビをはじめ、バルセロナの関係者がヴェッラッティのプレースタイルを気に入っているのは確かだと言えそうだが、果たしてこの夏の大型移籍は実現するだろうか。


提供:goal.com

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース