超ワールドサッカー

ミラン本田圭佑、ジェノア戦で出場のチャンスか…攻撃陣の駒不足が深刻化2017.03.14 16:09 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
18日に行われるセリエA第29節ジェノア戦に向けて、ミランはまもなく日本代表のMF本田圭佑のケガの状態を確認することになると、イタリア紙『トゥット・スポルト』が報じている。

ジェノア戦では、DFアレッシオ・ロマニョーリとMFホセ・ソサが出場停止となるほか、ケガでFWスソを欠く。また前節のユベントス戦(2-1でユベントスが勝利)で主審へ過剰な抗議を行ったFWカルロス・バッカについてはスポーツ裁判所が出場停止の処分を下す可能性が高く、ミランでは駒不足が懸念されている。

そのためミランは、2月26日のサッスオーロ戦で左目を負傷したDFイグナツィオ・アバーテや練習中に足を打撲し、ユベントス戦でベンチ外となっていた本田の復帰へ向けて状態の確認を近日中に行うことになる。

サイドバックについては、DFダビデ・カラブリアとDFルカ・アントネッリが復帰したほか、両サイドでプレーが可能なDFマッティア・デ・シリオもおり、緊急を要していない。しかし攻撃陣については人員が明らかに不足しており、本田の早い復帰が待たれる。

なおスソの欠場により、次戦先発の有力候補となっているFWルーカス・オカンポスだが1月の移籍市場でジェノアから加入して以来、現段階では指揮官の信頼を勝ち取れていない。このためイタリアのミラン情報サイト『Milanlive.it』は、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督が本田を抜擢する可能性もあると報じている。


提供:goal.com

コメント



U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース