超ワールドサッカー

ミランがヴィオラにレンタル中の元スペイン代表FWテージョに興味!?2017.03.14 02:57 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランが、バルセロナからフィオレンティーナへレンタル移籍で加入中の元スペイン代表FWクリスティアン・テージョ(25) に興味を示しているようだ。スペイン『Iberico Sport』の記事を『フットボール・イタリア』が伝えている。

▽『フットボール・イタリア』によると、ミランは今冬にエバートンからレンタル移籍で獲得した元スペイン代表FWジェラール・デウロフェウの後釜として獲得に興味を示しているようだ。

▽バルセロナのカンテラ出身であるテージョは、エスパニョールを経由し2012年にトップチームで公式戦デビュー。しかし、出場機会を順調に増やすことができず、2014-15シーズンにポルトへレンタル移籍で加入。今シーズンは、2015-16シーズンに続きフィオレンティーナに買い取りオプション付きのレンタル移籍で加入している。

▽フィオレンティーナでは、これまでセリエA26試合(先発:16試合)に出場し3ゴール3アシストとインパクトのある活躍は見せておらず、ヴィオラも買い取りオプションを行使するかは、まだわかっていない。

コメント

関連ニュース

thumb

ミランのスペイン人FWがSNSで意味深メッセージ…本田同様退団を示唆?

ミランのFWジェラール・デウロフェウが28日、インスタグラムを更新し、サポーターへの感謝のメッセージを綴った。<br><br>ミランは28日、セリエA最終節でカリアリと対戦し、1-2で敗れたが、デウロフェウはフィジカルのトラブルにより招集外となっていた。デウロフェウは今年1月にエバートンからレンタル移籍でミランに加入。セリエAでは17試合に出場し、4ゴールをマークした。デウロフェウの所有権はエバートンにあるが、バルセロナが1200万ユーロ(約15億円)での選手の買い戻し権利を持っており、これを行使するかどうかが注目されている。<br><br>来シーズンの去就が不透明な中、デウロフェウはカリアリ戦終了後、今シーズン限りでのミラン退団を表明しているMF本田圭佑と同様に、インスタグラムにてサポーターへの感謝のメッセージを送っている。<br><br>「シーズンが終わった。ミランには感謝の言葉しか出ない。チームメートやサポーターに愛され、支えられて僕は幸せだった。本当にありがとう」<br><br>ミランへの別れの挨拶のように見えるが、23歳のスペイン人FWの今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

キャプテンとしてミランでの最終戦を終えたFW本田圭佑がメッセージ「3年半ありがとうございました」

▽今シーズン限りでミランを退団する日本代表FW本田圭佑が、自身のインスタグラムを通じてミランファンにメッセージを送った。 ▽2014年1月にCSKAモスクワからミランへと移籍加入した本田は、自身の夢であった背番号「10」を背負うことに。思うような結果が出ないながらも、試合に出場を続けていた本田だったが、今シーズンはヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想外となり出場機会が激減していた。 ▽それでも今シーズンのホーム最終戦となった 21日のボローニャ戦ではリーグ戦4試合ぶりの出場を果たすと、直接FKを叩き込み今シーズン初ゴールを記録。28日に行われた最終戦となったカリアリ戦では、キャプテンマークを巻き今シーズン2度目の先発出場を果たすも、チームは2-1で敗れていた。 ▽試合後、本田は自身のインスタグラムを更新。ミランファンへ感謝のメッセージを送った。 「3年半ありがとうございました。みなさんの幸運を祈ります!!」 ▽本田はミランで3シーズン半を過ごし、公式戦通算92試合に出場し11ゴール14アシストを記録。今後の去就は、現段階で未定となっている。 2017.05.29 13:13 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の最終戦に伊紙「主将としてミランに別れを告げたことに意味がある」

カリアリ戦で先発フル出場した日本代表のMF本田圭佑について、イタリアメディアは平均並みの評価を与えた。<br><br>ミランは28日、セリエA最終節でカリアリと対戦し、1-2で敗れた。今シーズン限りでミランを退団する本田はキャプテンマークを巻き、左ウインガーとして先発フル出場を果たした。指揮官のヴィンチェンツォ・モンテッラは「彼は偉大なプロフェッショナルな選手だがあまりチャンスを与えられなかったので、ご褒美をあげたいと思った」と話し、本田へのはなむけだったことを明かしている。<br><br>『ユーロスポーツ』は本田に対し平均的な「5.5」を与え、「開始直後は控え目だったが、後半にサイドが変わると、積極的にゲームに参加した。しかし爪痕を残すことはできなかった。主将としてミランを去ったが、パフォーマンスは印象に残るものではなかった」としている。なおチーム内の最高評価は30分、FWスソに代わり途中出場したFWルーカス・オカンポスの「6,5」、最低評価はPKを外したFWカルロス・バッカの「4,5」となっている。<br><br>またイタリア紙『レプブリカ』も本田に対し、平均的な「5.5」を与えた。「キャプテンマークを巻いてミランに別れを告げた。ミランのユニフォームを着てプレーした最後の試合で、彼にとって最も意味ある出来事であった」として、本田のパフォーマンス自体よりも、キャプテンマークを託されたことを称えた。なお最高評価は後半開始から途中出場したFWジャンルカ・ラパドゥーラの「6,5」、最低評価は2枚目の警告を受け、退場処分となったDFガブリエル・パレッタの「4」となっている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 13:02 Mon
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、最終戦は主将でフル出場「ミランでの3年半を誇りに思う」…指揮官の計らいにも感謝

日本代表MF本田圭佑は、ミランでのラストマッチにキャプテンとしてフル出場し、思いの丈を語った。<br><br>ミランは28日、セリエA最終節でカリアリと対戦。本田は左ウィンガーで先発した。試合前にもイタリア『スカイ』でインタビューを受けていた本田は「誰がキャプテンをやるかは重要ではない」と話し、このように続ける。<br><br>「ミランでの時間を誇りに思います。素晴らしいチャンスでしたし、ファンにも感謝したいです。今季はもっとプレーできると思っていました。でも僕らには良い選手がたくさんいますし、僕もベストのプレーができなかったです」<br><br>「今後、どうするかはまだわかりません。3年半がこんなに早いことに驚きました。このユニフォームを着られたことを誇りに思います。(ヴィンチェンツォ)モンテッラ監督の(キャプテンにするという)計らいにも感謝したい。多くの美しい瞬間が合ったし、そうじゃない時もありました。ミランは来季ヨーロッパに行けるし、上手くやれることを期待しています。テレビの前で応援すると思いますね」<br><br>「残念ながら、ここでは10番としてあまりプレーすることができませんでした。でも諦めなかったし、常にベストを尽くしました。毎試合、すべての練習に情熱を持って取り組んでいたつもりです」<br><br>最終戦でカリアリに1-2と敗れたミランは、本田の最終戦を勝利で飾ることはできなかった。それでもキャプテンとして最後の試合をフル出場した本田は偉大な足跡をミランで残したと言えるのかもしれない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.05.29 06:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン最終戦の本田がキャプテンでフル出場もラストプレー被弾で黒星フィニッシュ《セリエA》

▽ミランは28日、セリエA最終節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ミランのMF本田圭佑はフル出場している。 ▽前節ボローニャ戦を本田の直接FK弾などで3-0と勝利したミランは6位を確定させ、来季のヨーロッパリーグ出場権を獲得した。そのミランは今季限りでクラブを去ることを明言した本田がキャプテンマークを巻いて今季2度目のスタメンを飾った。 ▽13位カリアリに対し、本田が[4-3-3]の左ウイングで先発した一戦。キックオフ直後、ボッリエッロのダイビングヘッドでゴールを脅かされたミランは、続く6分にはロングカウンターを受けてイオニタにバー直撃のシュートを浴びせられる。 ▽序盤、立て続けにピンチを招いたミランは徐々にポゼッションを高めて盛り返していったが、17分に失点する。ボッリエッロのスルーパスに抜け出したJ・ペドロにボックス左へ侵入され、GKドンナルンマとの一対一を制された。 ▽先制されたミランは21分、本田の左CKの流れからゴールエリア右にいたバッカがシュートに持ち込むも、GKクロスタのファインセーブに阻まれる。 ▽その後、ディオラのロングシュートでGKドンナルンマを強襲されたミランは、26分にも大ピンチ。D・ファリアスの独走を許してGKと一対一に。しかし、ドンナルンマが好飛び出しで防いだ。 ▽30分に負傷したスソに代えてオカンポスを投入せざるを得なくなったミランは、攻撃の起点を作れずシュートに持ち込めない状況が続く。前半追加タイム3分にようやくクツカがゴール至近距離からヘディングシュートを浴びせるも、GKの正面を突き1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半からヴァンジョーニに代えてラパドゥーラを2トップの一角に投入したミランは、[3-5-2]に変更。圧力をかけて敵陣でのプレーを続けていくと、61分にPKを獲得する。 ▽セットプレーの流れからパレッタがボックス内でイオニタに倒された。しかし、キッカーのバッカがゴール右を狙ったシュートはGKクロスタにセーブされ、同点に追いつくことはできない。 ▽北朝鮮人の18歳FWハン・クァンソンを投入してきたカリアリに対し、ミランは71分にこの試合2つ目のPKを獲得する。オカンポスの左クロスを受けたバッカがGKに倒された。そして、このPKをラパドゥーラがゴール正面に決めてミランが試合を振り出しに戻す。 ▽ところが75分、ハン・クァンソンの突破を止めたパレッタが2枚目のイエローカードを受け、今季5度目の退場となってしまう。10人となったミランは79分にハン・クァンソンにネットを揺らされるもオフサイドに助けられ、80分にはD・ファリアスにGKドンナルンマが強襲される。 ▽終盤にかけ、劣勢を強いられたミランは終了間際の追加タイム3分、J・ペドロの直接FKはGKドンナルンマが何とか弾くも、ルーズボールをピザカーネに詰められて1-2で敗戦。後味悪く黒星でシーズンを終えている。 2017.05.29 00:06 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース