アメリカ遠征に臨むU-17日本代表が発表! デュッセルドルフU17のアベルカムプ真大を招集《スペイン遠征》2017.03.13 17:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、アメリカ遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。

▽今年10月にインドで行われるU-17ワールドカップに出場するU-17日本代表。今回のメンバーには、この世代の中心選手であるMF平川怜(FC東京U-18)やFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)、FW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)らが招集されている。

▽U-17日本代表は16日から25日までアメリカ遠征を行い、U-17アメリカ代表、U-17 IMG Academy'sなどと親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。

◆U-17日本代表メンバー
GK
23.高田侑真(東山高)
1.青木心(JFAアカデミー福島U18)
12.石井僚(浦和レッズユース)

DF
16.松井蓮之(矢板中央高)
20.デューク・カルロス(川崎フロンターレU-18)
2.池髙暢希(浦和レッズユース)
21.大桃伶音(浦和レッズユース)
19.菊地健太(JFAアカデミー福島U18)
3.監物拓歩(清水エスパルスユース)
5.瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)
7.菅原由勢(名古屋グランパスU18)

MF
8.井川空(コンサドーレ札幌U-18)
6.大垣勇樹(興国高)
4.平川怜(FC東京U-18)
15.鈴木冬一(セレッソ大阪U-18)
18.椿直起(横浜F・マリノスユース)
10.福岡慎平(京都サンガF.C.)
17.松本大弥(サンフレッチェ広島ユース)
24.アペルカムプ真大カール(フォルトゥナ・デュッセルドルフU17)

FW
9.山田寛人(セレッソ大阪U-18)
11.宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)
13.中村敬斗(三菱養和SCユース)
22.橋村龍ジョセフ(FC町田ゼルビアユース)

コメント

関連ニュース

thumb

スペイン遠征に臨むU-17日本代表が発表! スコットランド、ロシア、ベルギーと対戦《スペイン遠征》

▽日本サッカー協会(JFA)は15日、スペイン遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。 ▽今年10月にインドで行われるU-17ワールドカップに出場するU-17日本代表。今回のメンバーには、この世代の中心選手であるMF平川怜(FC東京U-18)やFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)、FW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)らが招集されている。 ▽U-17日本代表は20日から3月3日までスペイン遠征を行い、U-17スコットランド代表、U-17ロシア代表、U-17ベルギー代表と親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-17日本代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> 12.<span style="font-weight:700;">青木心</span>(JFAアカデミー福島U18) 1.<span style="font-weight:700;">谷晃生</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">DF</span> 20.<span style="font-weight:700;">デューク・カルロス</span>(川崎フロンターレU-18) 17.<span style="font-weight:700;">池髙暢希</span>(浦和レッズユース) 19.<span style="font-weight:700;">菊地健太</span>(JFAアカデミー福島U18) 16.<span style="font-weight:700;">監物拓歩</span>(清水エスパルスユース) 5.<span style="font-weight:700;">瀬古歩夢</span>(セレッソ大阪U-18) 7.<span style="font-weight:700;">菅原由勢</span>(名古屋グランパスU18) 3.<span style="font-weight:700;">小林友希</span>(ヴィッセル神戸U-18) <span style="font-weight:700;">MF</span> 8.<span style="font-weight:700;">井川空</span>(コンサドーレ札幌U-18) 4.<span style="font-weight:700;">平川怜</span>(FC東京U-18) 18.<span style="font-weight:700;">椿直起</span>(横浜F・マリノスユース) 10.<span style="font-weight:700;">福岡慎平</span>(京都サンガF.C.) 6.<span style="font-weight:700;">喜田陽</span>(セレッソ大阪U-18) 2.<span style="font-weight:700;">東俊希</span>(サンフレッチェ広島ユース) <span style="font-weight:700;">FW</span> 9.<span style="font-weight:700;">山田寛人</span>(セレッソ大阪U-18) 11.<span style="font-weight:700;">宮代大聖</span>(川崎フロンターレU-18) 15.<span style="font-weight:700;">森海渡</span>(柏レイソルU-18) 14.<span style="font-weight:700;">棚橋尭士</span>(横浜F・マリノスユース) 13.<span style="font-weight:700;">中村敬斗</span>(三菱養和SCユース) 2017.02.15 17:47 Wed
twitterfacebook
thumb

U-16日本代表候補メンバーが発表! C大阪U-18、G大阪ユースと練習試合《トレーニングキャンプ》

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、10月31日〜11月3日にかけてJ-GREEN堺で行われるトレーニングキャンプに臨むU-16日本代表候補メンバーを発表した。 ▽今回のメンバーには、Jリーグクラブの下部組織所属選手が大半を占める中、高校サッカー部からも8名が選出されている。 ▽U-16日本代表候補は、トレーニングを行い、11月2日に履正社高と、同3日にはセレッソ大坂U-18、ガンバ大阪ユースと練習試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆U-16日本代表候補メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">伊藤元太</span>(松山工業高) <span style="font-weight:700;">松田亮</span>(東福岡高) <span style="font-weight:700;">林祥太郎</span>(セレッソ大阪U-18) <span style="font-weight:700;">高山汐生</span>(湘南ベルマーレU-15平塚) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">松井蓮之</span>(矢板中央高) <span style="font-weight:700;">池髙暢希</span>(浦和レッズユース) <span style="font-weight:700;">岡井駿典</span>(市立船橋高) <span style="font-weight:700;">山下諒時</span>(ベガルタ仙台ユース) <span style="font-weight:700;">大川智己</span>(九州国際大付属高) <span style="font-weight:700;">高吉正真</span>(川崎フロンターレU-18) <span style="font-weight:700;">関川郁万</span>(流通経済大付属柏高) <span style="font-weight:700;">大越寛人</span>(サンフレッチェ広島ユース) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">井川空</span>(コンサドーレ札幌U-18) <span style="font-weight:700;">奥野耕平</span>(ガンバ大阪ユース) <span style="font-weight:700;">鈴直樹</span>(サンフレッチェ広島ユース) <span style="font-weight:700;">福島隼斗</span>(大津高) <span style="font-weight:700;">郡司篤也</span>(市立船橋高) <span style="font-weight:700;">椿直起</span>(横浜F・マリノスユース) <span style="font-weight:700;">本間至恩</span>(アルビレックス新潟U-18) <span style="font-weight:700;">松本大弥</span>(サンフレッチェ広島ユース) <span style="font-weight:700;">津野絢世</span>(京都サンガF.C. U-18) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">石井快征</span>(サガン鳥栖U-18) <span style="font-weight:700;">今村涼一</span>(FC東京U-18) <span style="font-weight:700;">森海渡</span>(柏レイソルU-18) <span style="font-weight:700;">榊原彗悟</span>(横浜F・マリノスユース) 2016.10.26 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

リトルなでしこの主将MF長野風花が大会MVP! 前回大会の杉田妃和に続き2大会連続《U-17女子W杯》

▽21日にヨルダンで開催中のU-17女子ワールドカップ(W杯)の全日程が終了した。決勝戦終了後に大会最優秀選手賞および大会得点王が発表された。 ▽北朝鮮代表の優勝で幕を閉じたU-17女子W杯で、大会最優秀選手に与えられるゴールデンボールに輝いたのは、惜しくも大会連覇を逃したものの、全試合フル出場で準優勝の日本をキャプテンとしてけん引したMF長野風花。2大会連続出場の長野は、前回大会で優勝に貢献したMF杉田妃和(INAC神戸)に続き、日本代表として2大会連続のMVPに輝いた。 ▽また、日本は今大会でFIFAフェアプレー賞も受賞している。なお、大会得点王に与えられるゴールデン・ブーツは、8ゴールを記録したスペインFWロレーナ・ナバーロが獲得している。U-17女子W杯の各賞受賞者は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンボール(最優秀選手賞)</span> <span style="font-weight:700;">MF長野風花</span>(日本) <span style="font-weight:700;">・シルバーボール</span> <span style="font-weight:700;">FWリ・ハヨン</span>(北朝鮮) <span style="font-weight:700;">・ブロンズボール</span> <span style="font-weight:700;">FWデイナ・カスティージャ</span>(ベネズエラ) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデンブーツ(大会得点王)</span> <span style="font-weight:700;">FWロレーナ・ナバーロ</span>(スペイン) <span style="font-weight:700;">・シルバーブーツ</span> <span style="font-weight:700;">FWリ・ハヨン</span>(北朝鮮) <span style="font-weight:700;">・ブロンズブーツ</span> <span style="font-weight:700;">FWデイナ・カスティージャ</span>(ベネズエラ) <span style="font-weight:700;">◆ゴールデングローブ(大会最優秀GK)</span> <span style="font-weight:700;">GKノエリア・ラモス</span>(スペイン) <span style="font-weight:700;">◆FIFAフェアプレー賞</span> <span style="font-weight:700;">日本代表</span> 2016.10.22 06:15 Sat
twitterfacebook
thumb

PK戦までもつれこんだ北朝鮮との激闘に敗れ、リトルなでしこの連覇はならず…《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は21日、ヨルダンで開催中のU-17女子ワールドカップ決勝でU-17北朝鮮女子代表と対戦し、0-0で引き分けた。その後、行われたPK戦を4-5で落とした日本は大会連覇を逃がし、準優勝という結果に終わった。 ▽史上初の大会連覇を目指す日本は、準決勝でU-17スペイン代表を3-0で撃破し、2大会連続ファイナル進出を決めた。偉業達成に向けて意気込むリトルなでしこは、準決勝でU-17ベネズエラ代表を破ったアジアのライバル、北朝鮮との決勝に臨んだ。 ▽準決勝からのメンバー変更は3点。チーム得点王(4ゴール)のFW植木理子、MF宮澤ひなたが先発に復帰し、キャプテンのMF長野風花、FW高橋はなと共にゴールデンボール(大会MVP)候補選出の4人が、決勝のピッチに立った。 ▽試合は開始直後、日本に決定機が訪れる。2分、前線へのロングボールを高橋がフリックすると、ボックス右に抜け出した植木がシュートを放つが、これはやや力なくGKの正面を突いた。さらに10分には押し込んだ流れからボックス右で折り返しを受けたMF宝田沙織が果敢にシュート。ゴール前で相手DFにディフレクトしたボールが枠を捉えるが、相手GKにキャッチされた。 ▽立ち上がり以降は、時おり相手の強靭なフィジカルに苦戦し反撃を許したものの、ボールの主導権を掴む日本。20分には相手陣内中央で得たFKの場面でキッカーの長野がGKの手前でバウンドするボールでファンブルを誘うと、これに詰めた高橋に絶好機。だが、左足のシュートはDFがわずかに触り、枠の右に外れた。 ▽その後も押し気味に試合を運ぶ日本は、28分にボックス手前左から宮澤が強烈なミドルシュートを放つが、これはクロスバーの上部を叩く。さらに30分過ぎにはボックス内の植木がDF4人に囲まれながらもフィニッシュの場面を作る。逆に、前半終了間際にはロングボールへの反応が遅れたGK田中桃子が先にFWリ・ハヨンに頭で触られるが、これは枠の右に外れ、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半の立ち上がり、日本はいきなりピンチを招く。ややオフサイド気味に裏へ抜け出した相手FWとGK田中が交錯し、ボールがボックス内にこぼれる。これをすかさず蹴り込まれるも、必死に戻ったDF高平美憂の身体を張ったブロックで凌いだ。 ▽相手の鋭い出足に苦戦する日本だったが、61分に後半最初の決定機。MF菅野奏音の強烈なミドルシュートを相手GKが弾くと、ボックス右でフリーの宝田の足下に。だが、このシュートチャンスで宝田は中央への折り返しを選択すると、相手DFにブロックされてしまった。 ▽後半も半ばを過ぎると、互いに連戦の消耗が色濃く出るこう着状態に陥る。流れを変えたい日本は、67分にDF金勝里央、74分にFW遠藤純を投入する。83分には右CKの場面でファーサイドの宝田が打点の高いヘディングシュートを放つが、ここは相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後、試合終盤に宝田が負傷交代となるアクシデントに見舞われた日本は、MF千葉玲海菜を投入。試合終了間際には遠藤のクロスからあわや相手のオウンゴールという場面を誘発するが、試合はこのまま0-0のままでタイムアップ。決着はPK戦へと持ち越される。 ▽運命のPK戦では、互いに3人目まで成功。先攻の日本は4人目の金勝がシュートをクロスバーの上に外してしまい、痛恨の失敗。その後、5人目の長野は決めるも、5人全員が成功した北朝鮮が、PK戦を5-4で制して2008年以来、2度目の優勝を決めた。 ▽一方、PK戦で敗れたものの90分間の戦いでは、5勝1分けの得失点差プラス17と圧倒的な強さを見せた日本は、誇れる準優勝という結果だ。なお、同日行われた3位決定戦では、ベネズエラを4-0で破ったスペインが3位入賞を果たしている。 <span style="font-size:14px;">U-17北朝鮮女子代表 0-0(PK5-4) U-17日本女子代表 【日本メンバー】 GK:田中桃子 DF:冨田実侑(→67分 金勝里央)、高平美憂、脇阪麗奈、北村菜々美 MF:宝田沙織(→90分+3 千葉玲海菜)、長野風花、菅野奏音、宮澤ひなた(→74分 遠藤純) FW:高橋はな、植木理子</span> 2016.10.22 04:23 Sat
twitterfacebook
thumb

リトルなでしこ、FW高橋の2発などでスペイン破り、連覇に王手! 決勝は北朝鮮とのアジア勢対決に《U-17女子W杯》

▽U-17日本女子代表は17日、ヨルダンで開催中のU-17女子ワールドカップ準決勝でU-17スペイン女子代表と対戦し、3-0で勝利した日本が2大会連続の決勝進出を決めた。 ▽史上初の大会連覇を目指す日本は、準々決勝でU-17イングランド代表を3-0で撃破し、ベスト4進出を果たした。2大会連続の決勝進出を目指すチームは、強豪スペインとの一戦に臨んだ。 ▽前節、2ゴールのFW植木理子をベンチに置くなど、前節から数名のメンバー変更を行った日本は、やや押し込まれる入りとなる。だが、11分にキャプテンのMF長野風花のスルーパスに抜け出したMF千葉玲海菜がボックス内でGKと一対一を迎えるが、このシュートはわずかに触られて枠の左に外れた。 ▽最初の決定機を逸した日本だったが、14分に先制点を奪う。左サイドでの巧みなキープでDFを引き付けたMF遠藤純のスルーパスに抜け出したDF冨田実侑がニアポストへ絶妙なグラウンダーの折り返しを送る。これをゴール前に走り込んだFW高橋はながスライディングで押し込んだ。 ▽幸先良く先制に成功した日本だったが、先制直後の19分にはボックス右に抜け出した相手FWピナに決定的なシュートを許すが、ここはGK田中桃子のファインセーブで凌いだ。その後も押し込まれる時間が続く日本は、30分過ぎにもピンチを招くが、田中の好守とピナのシュートミスに助けられ、同点ゴールを許さない。 ▽苦戦を強いられながら1点リードで試合を折り返した日本は、後半立ち上がりに貴重な追加点を奪う。48分、ボックス手前で千葉の落としを受けた長野が、ボックス右に走り込む冨田に圧巻のスルーパスを通す。サイドを深くえぐった冨田のマイナスの折り返しが、相手DFルシアのオウンゴールを誘発した。 ▽試合をコントロールする日本は、61分に遠藤を下げてMF宮澤ひなた、68分に2点を演出した冨田に代えてDF牛島理子を投入し、逃げ切りを図る。すると76分、ボックス内に抜け出した高橋が相手DFに引き倒され、PKを獲得。これを高橋自ら冷静に蹴り込み、試合を決定付ける3点目を奪った。 ▽その後、78分にMF野島咲良を投入し、試合をクローズに懸かった日本は、強豪スペイン相手に3-0の完勝し、決勝進出。大会史上初の連覇に王手を懸けた。なお、日本は21日に行われる決勝戦でU-17ベネズエラ代表を3-0で一蹴したU-17北朝鮮代表とのアジア勢対決に臨む。 <span style="font-size:14px;">U-17スペイン女子代表 0-3 U-17日本女子代表 【日本】 高橋はな(前14) オウンゴール(後3) 高橋はな(後31[PK]) 【日本メンバー】 GK:田中桃子 DF:冨田実侑(→68分 牛島理子)、高平美憂、脇阪麗奈、北村菜々美 MF:千葉玲海菜、長野風花、菅野奏音、遠藤純(→61分 宮澤ひなた) FW:高橋はな、小嶋星良(→78分 野島咲良)</span> 2016.10.18 02:48 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース