アメリカ遠征に臨むU-17日本代表が発表! デュッセルドルフU17のアベルカムプ真大を招集《スペイン遠征》2017.03.13 17:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、アメリカ遠征に臨むU-17日本代表メンバーを発表した。

▽今年10月にインドで行われるU-17ワールドカップに出場するU-17日本代表。今回のメンバーには、この世代の中心選手であるMF平川怜(FC東京U-18)やFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)、FW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)らが招集されている。

▽U-17日本代表は16日から25日までアメリカ遠征を行い、U-17アメリカ代表、U-17 IMG Academy'sなどと親善試合を行う。今回発表されたメンバーは以下のとおり。

◆U-17日本代表メンバー
GK
23.高田侑真(東山高)
1.青木心(JFAアカデミー福島U18)
12.石井僚(浦和レッズユース)

DF
16.松井蓮之(矢板中央高)
20.デューク・カルロス(川崎フロンターレU-18)
2.池髙暢希(浦和レッズユース)
21.大桃伶音(浦和レッズユース)
19.菊地健太(JFAアカデミー福島U18)
3.監物拓歩(清水エスパルスユース)
5.瀬古歩夢(セレッソ大阪U-18)
7.菅原由勢(名古屋グランパスU18)

MF
8.井川空(コンサドーレ札幌U-18)
6.大垣勇樹(興国高)
4.平川怜(FC東京U-18)
15.鈴木冬一(セレッソ大阪U-18)
18.椿直起(横浜F・マリノスユース)
10.福岡慎平(京都サンガF.C.)
17.松本大弥(サンフレッチェ広島ユース)
24.アペルカムプ真大カール(フォルトゥナ・デュッセルドルフU17)

FW
9.山田寛人(セレッソ大阪U-18)
11.宮代大聖(川崎フロンターレU-18)
14.棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)
13.中村敬斗(三菱養和SCユース)
22.橋村龍ジョセフ(FC町田ゼルビアユース)

コメント

関連ニュース

thumb

広島ユースMF鮎川峻がケガのためU-17日本代表不参加…川崎FのMF有田恵人を追加招集《UAE遠征》

▽日本サッカー協会は22日、サンフレッチェ広島ユースに所属するMF鮎川峻がケガのため、UAE遠征に臨むU-17日本代表への不参加を発表した。また、川崎フロンターレU-18のMF有田恵人を追加招集することも併せて発表している。 ▽U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を実施。遠征先ではUAEフットボールカップに参戦し、U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 2018.02.22 17:24 Thu
twitterfacebook
thumb

U-17日本代表、UAE遠征メンバーを発表 G大阪ユースのMF岩本翔が招集

▽日本サッカー協会(JFA)は19日、UAE遠征に臨むU-17同国代表メンバー20名を発表した。 ▽メンバーリストを見ると、ガンバ大阪ユースのMF岩本翔が招集。U-17日本代表は23日に出発し、3月3日まで遠征を行う。 ▽遠征先でUAEフットボールカップに参戦。U-17ロシア代表(26日)、U-17UAE代表(28日)、U-17バーレーン代表(3月2日)と対戦する。 ◆U-17日本代表メンバー GK 三井大輝(名古屋グランパスU-18) 板橋洋青(サガン鳥栖U-18) DF 山崎大地(サンフレッチェ広島ユース) 橋本柊哉(市立船橋高校) 岩井龍翔司(横浜F・マリノスユース) 木村誠二(FC東京U-18) 馬場晴也(東京ヴェルディユース) 半田陸(モンテディオ山形ユース) 畑大雅(市立船橋高校) MF 岩本翔(ガンバ大阪ユース) 松田詠太郎(横浜F・マリノスユース) 山崎稜介(清水エスパルスユース) 松本凪生(セレッソ大阪U-18) 鮎川峻(サンフレッチェ広島ユース) 小林夏生(横浜F・マリノスユース) 山本理仁(東京ヴェルディユース) FW 藤尾翔太(セレッソ大阪U-18) ブラウンノア賢信(横浜F・マリノスユース) 宮城天(川崎フロンターレU-18) 斉藤光毅(横浜FCユース) 2018.02.19 18:00 Mon
twitterfacebook
thumb

来季のU-16日本代表監督に森山佳郎氏が就任!! 今年は久保建英らU-17世代を率いてW杯に出場

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、来シーズンのU-16日本代表監督に森山佳郎氏(50)が就任することを発表した。 ▽森山氏は、今年行われたU-17ワールドカップインド大会で、U-17日本代表を率いた。FC東京の久保建英らを擁したチームは決勝トーナメントに進出している。 ▽なお、U-16日本代表は来年行われるAFC U-16選手権マレーシアに出場。チームは2019年に行われるU-17ワールドカップを目指す世代で構築される。 2017.12.14 16:56 Thu
twitterfacebook
thumb

【育成年代総括ブリーフィング】「魔法はない。日常を変えていかなければ」木村浩吉ユースナショナルチームダイレクターが育成年代代表の総括を報告

▽日本サッカー協会(JFA)は27日、今年行われたFIFA U-17ワールドカップ(W杯)、FIFA U-20W杯の大会総括につき、メディア向けの報告会を実施。木村浩吉JFAユースナショナルチームダイレクターが、総括の内容を説明した。 ▽同会では冒頭に、U-20日本代表、U-17日本代表、U-19日本代表、U-16日本代表の今年度の試合結果を報告。W杯に挑んだU-20、U-17日本代表がそれぞれベスト16、W杯出場権をかけてアジアで争われる、AFC選手権に挑んだU-19、U-16日本代表がそれぞれ3戦全勝となったことに触れ、「アジアでは勝てるものの、世界の強豪とは未だに差がある」と日本のサッカー育成における立ち位置を査定した。 ▽続いて木村氏は、世界と戦う際の日本のストロングポイント、ウィークポイントを共有。ストロングポイントとしては「組織力、規律、団結力」を挙げ、「前線からプレスをかけられた時やリトリートされた際の対応、時間の使い方、ずる賢さ、フィジカル」をウィークポイントとして認識していることを示した。 ▽また、「日本の育成は間違っていないと感じるが、強豪との差を縮める必要がある。そのためにどうするべきかに多くの時間を割いて話し合った」と語り、日本のフル代表コーチを務める手倉森誠氏、U-23日本代表の森保一監督を含む、各世代の代表スタッフとの議論の中で出た意見を紹介した。 ▽まず大前提として掲げたのが、「魔法はない。すぐに結果が出るということはないため、日常を変えていかなければ」という発言だ。バルセロナのカンテラで育ったFC東京の久保建英の名前を好例として出し、「日本の良い環境で育つと劣悪な環境に対応できなくなるのではないか」、「グループ練習に多くの時間を割いているため、個の技術を磨く練習が少ないのでは」といった問題意識を持っていることを説明した。 ▽さらに、この日繰り返し語られた“日常を変える”という部分に関しては、「日本のユース年代の選手は自身の練習や試合と、プロリーグの開催日時が被ることがあり、あまり試合を観ることができていない。スタジアムに行って、匂いであったり、空気、風を感じながら生で試合を観戦する必要がある。日常的にダメな試合も観て、判断力を養うべき」、「日本の選手は指導者の言うことを聞き過ぎる。自分で考えなくてはならない」と警笛を鳴らしている。 ▽2020年に開催される東京オリンピックの中心世代となるこの年代。“日常”から変化させ、ここからの2年間で強豪との差を埋めることはできるのだろうか。本大会での活躍に期待したい。 2017.11.27 20:22 Mon
twitterfacebook
thumb

スペインを5発大勝で破ったイングランドがU-17ワールドカップを初制覇!!《U-17W杯》

▽28日にFIFA U-17ワールドカップ(W杯)決勝のU-17イングランド代表vsU-17スペイン代表がインドのソルトレイクスタジアムで行われ、5-2でイングランドが勝利し、U-17W杯初優勝を飾った。 ▽試合は前半から打ち合いの様相を呈す。まずは10分、左サイドからのクロスをイングランドのDFが処理を誤ると、こぼれ球を拾ったセルヒオ・ゴメスが押し込み、スペインが先制した。 ▽さらに31分にも、バルセロナのカンテラーノが火を噴く。今度は右サイドの突破から、ボックスでパスを受けたセルヒオ・ゴメスは浮き球を左足で突き刺し、リードを2点に広げた。 ▽だが、イングランドも黙ってはいなかった。前半終了間際の44分、リバプールの下部組織出身のリアン・ブリュースターのゴールで、1-2で試合を折り返すと、後半はイングランドのゴールショーが幕を開ける。 ▽58分、フィル・フォデンのスルーパスでボックス右に侵入したスティーブン・セセニョンの折り返しをモーガン・ギブス=ホワイトが難なく押し込み同点。69分には左サイドをドリブルで突破したハドソン・オドイのグラウンダーのクロスに、逆サイドから走り込んだフィル・フォデンが流し込み、逆転に成功した。 ▽イングランドの攻撃はまだまだ終わらない。84分には敵陣中央左からのFKをハドソン・オドイがゴール前に蹴り込むと、最後はマーク・ゲヒが押し込んで4点目。試合終了間際の88分にも、再びハドソン・オドイの絶妙な浮き球スルーパスで右サイドを抜け出したフィル・フォデンがそのまま流し込み5点目を決めた。 ▽ここで試合終了の笛。2点を先攻されたイングランドだが、終わってみれば5-2の大勝を収め、U-17日本代表を破った同代表がU-17W杯初優勝を飾った。 2017.10.29 02:31 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース