ダービーがマクラーレン監督を就任から5カ月で解任…昇格PO圏内と勝ち点差10で決断2017.03.13 17:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービーは12日、スティーブ・マクラーレン監督(55)の解任を発表した。後任は数日以内に発表されるとのことだ。

▽マクラーレン監督は、ミドルズブラやイングランド代表、トゥベンテ、ヴォルフスブルク、QPRなどで監督を務めており。2013年10月にダービーの監督に就任。その後、ニューカッスルの指揮官に就任するも、昨年10月に再びダービーの監督に就任していた。

▽プレミアリーグ昇格を目指すダービーは、チームの軌道修正を図ろうとナイジェル・ピアソン前監督を解任し、マクラーレン監督を招へい。就任当初こそ7連勝など順位を5位まで上げたものの、2017年になってからはリーグ戦で3勝4分け7敗と低迷。順位も10位まで落ち、プレーオフ圏内の6位シェフィールド・ウェンズデイと勝ち点差が10に広がったため、マクラーレン監督の解任に踏み切った。

コメント

関連ニュース

thumb

関根貴大が所属するインゴルシュタットがライトル監督と正式契約

▽MF関根貴大が所属するインゴルシュタットは22日、8月からチームを指揮していたシュテファン・ライトル監督(39)と正式に契約することを発表した。契約期間は2019年までとなる。 ▽ライトル監督は、バイエルンの下部組織出身でニュルンベルクやダルムシュタットでプレー。2007年7月からインゴルシュタットでプレー。キャプテンも務めていた。 ▽引退後はインゴルシュタットのU-17、U-21チームで監督を務めていたが、今年8月に開幕3連敗を喫したマイク・バルプルギス監督(43)が解任。後任として昇格していた。就任後はリーグ戦4試合を率い、2勝1分け1敗と結果を残している。 2017.09.24 13:19 Sun
twitterfacebook
thumb

ジダンの甥っ子・ドリスがスペイン2部Bのウニオン・アダルベに加入

▽スペイン2部Bのウニオン・アダルベは22日、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督の甥っ子であるドリス・ヤニス・ジダン(22)の加入を発表した。 ▽ヤニスは、マルセイユのアカデミー出身で、サンテチェンヌのリザープチームに所属。ジダン監督も8月にトレーニングの様子を見学に来ていたようだ。 ▽ヤニスは自身のインスタグラム(driss__zidane7)でウニオン・アダルベへの入団を明かし、「新しいクラブで新たな冒険をスタートすることに誇りに思っている」と投稿していた。 ▽ウニオン・アダルベは今シーズンからスペイン2部Bに昇格。ここまで5試合を終えて0勝3分け2敗の勝ち点3で16位(20チーム中)に位置している。 2017.09.24 12:28 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー、M・ジョレンテと新契約締結

▽レアル・マドリーは23日、スペイン代表MFマルコス・ジョレンテ(22)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月30日までとなる。 ▽レアル・マドリー下部組織出身のM・ジョレンテは昨夏、アラベスにレンタル移籍。今シーズンからレアル・マドリーに復帰し、ここまでリーガエスパニョーラ3試合に出場している。 ▽レアル・マドリーでは最近、主力との契約延長が続いている。M・ジョレンテは、FWカリム・ベンゼマ、MFイスコ、DFマルセロ、DFダニエル・カルバハルに続く新契約締結者となる。 2017.09.24 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスのレジェンドで副会長のネドベド氏が故郷クラブで現役復帰

▽チェコのレジェンドであり、現在はユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏(45)が、故郷のクラブFKスカルナで現役復帰した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽チェコのプラハで生まれたネドベド氏は、スカルナで幼少期を過ごした。その後、スパルタ・プラハで飛躍すると、1996年にラツィオへと移籍。ラツィオでも活躍していたが、クラブの財政危機もあり2001年にユベントスへと移籍。2009年の現役引退までユベントスでプレーした。 ▽ユベントス時代にはセリエAで2度優勝、個人でも2003年にバロンドールを受賞する活躍を見せ、引退後はクラブの副会長に就任していた。 ▽契約の詳細は明かされておらず、またユベントスの副会長の仕事もあるために、どの程度試合に出場するかは確定していないとのことだ。 2017.09.24 10:34 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンチェス代役にメルテンス獲得へ?

▽アーセナルが今夏、ナポリに所属するベルギー代表FWドリエス・メルテンス(30)の獲得を狙っていたようだ。イタリア『calciomercato』が報じている。 ▽伝えられるところによれば、アーセナルは今夏にウインガーを目指していた。しかし、移籍報道が出ていたFWアレクシス・サンチェスが最終的に残留し、新たなウインガーを補強することはなかった。 ▽『calciomercato』によれば、アーセナルはユベントスMFフアン・クアドラードやレスター・シティMFリヤド・マフレズらと共にメルテンスもリストアップしていたという。ただ、メルテンスは昨シーズン終了後にナポリとの契約を更新したため、アーセナルは交渉に持ち込むことができなかったようだ。 ▽それでも、メルテンスの現行契約には3000万ユーロ(約40億円)の解除条項があるとのことで、アーセナルはサンチェス流出の可能性が高い今シーズン終了後、再びメルテンス獲得の動きを進める可能性があるとのことだ。 ▽マウリシオ・サッリ監督の下で輝きを放っているメルテンスは昨シーズン、セリエAで35試合に出場して28得点11アシストを記録。今シーズンもここまでリーグ戦5試合で6得点を挙げている。 2017.09.23 14:45 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース