ダービーがマクラーレン監督を就任から5カ月で解任…昇格PO圏内と勝ち点差10で決断2017.03.13 17:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービーは12日、スティーブ・マクラーレン監督(55)の解任を発表した。後任は数日以内に発表されるとのことだ。

▽マクラーレン監督は、ミドルズブラやイングランド代表、トゥベンテ、ヴォルフスブルク、QPRなどで監督を務めており。2013年10月にダービーの監督に就任。その後、ニューカッスルの指揮官に就任するも、昨年10月に再びダービーの監督に就任していた。

▽プレミアリーグ昇格を目指すダービーは、チームの軌道修正を図ろうとナイジェル・ピアソン前監督を解任し、マクラーレン監督を招へい。就任当初こそ7連勝など順位を5位まで上げたものの、2017年になってからはリーグ戦で3勝4分け7敗と低迷。順位も10位まで落ち、プレーオフ圏内の6位シェフィールド・ウェンズデイと勝ち点差が10に広がったため、マクラーレン監督の解任に踏み切った。

コメント

関連ニュース

thumb

2部降格が迫るダルムシュタットがDFホランドと2020年まで契約延長

▽2部降格が迫るダルムシュタットは18日、DFファビアン・ホランド(26)との契約延長を発表した。ホランドは2020年6月までの契約となる。 ▽ヘルタ・ベルリンの下部組織出身のホランドは、2014年7月にダルムシュタットへとレンタル移籍。2015年7月に完全移籍で加入していた。今シーズンのブンデスリーガでは左サイドバックとして22試合に出場していた。 ▽ダルムシュタットは、昨シーズンクラブ史上初の1部昇格を果たすと14位でフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から厳しい状況が続き、ここまで5勝3分け21敗の勝ち点18で最下位に沈んでいた。自動降格を免れられる16位のアウグスブルクとは勝ち点差が14あり、今週末のハンブルガーSV戦で勝利しなければ2部降格が決定する。 2017.04.19 14:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ゾラ監督が辞任のバーミンガムがレドナップ氏を新監督に招へい

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムは18日、かつてトッテナムなどで指揮をしたハリー・レドナップ氏(70)が新監督就任で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽レドナップ氏は、ボーンマスやウェストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナム、QORなどで関東を務め、2016年3月にはヨルダン監督に臨時就任。2週間で退任し、その後はセントラル・コースト・マリナーズでアドバイザーを務めていた。 ▽バーミンガムは、17日にジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表。2月27日のウォルバーハンプトン戦での勝利を最後に9試合勝利から遠ざかり、チャンピオンシップで20位(24チーム中)と低迷。残留争いを繰り広げている。 2017.04.18 21:03 Tue
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがチェコの新星MFヤンクトと2021年まで契約延長

▽ウディネーゼは14日、チェコ代表MFヤクブ・ヤンクト(21)との契約延長を発表した。新契約は2021年6月までとなる。 ▽2014年にウディネーゼの下部組織に入団したヤンクトは、2015年にトップチームに昇格。昇格初年度はプロの経験を積むため、セリエBのアスコリにレンタル移籍で加入するとリーグ戦34試合に出場。ウディネーゼに復帰となった、今季もこれまでリーグ戦22試合に出場で5ゴールをマークしている。 ▽また、各年代のチェコ代表に選出されてきたヤンクトは、3月22日に行われたリトアニア代表との国際親善試合でA代表デビューを飾ると、この試合で代表初ゴールを記録するなど勝利に貢献した。 2017.04.15 03:36 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプールやユベントスでプレーした元マリ代表MFモハメド・シッソコがインドネシアに上陸

▽インドネシア・スーパーリーグのミトラ・クカールは14日、リバプールやユベントスなどで活躍した元マリ代表MFモハメド・シッソコ(32)の獲得することを発表した。正式契約はメディカルチェック後になるとのことだ。 ▽M・シッソコはオセールの下部組織で育ち、2003年7月にバレンシアへと移籍。2005年7月にはリバプールに加入した。2008年1月にはユベントスへと移籍すると、その後はパリ・サンジェルマン、フィオレンティーナ、レバンテでプレー。2015年6月には中国スーパーリーグの上海申花に加入した。2016年10月にはインド・スーパーリーグのプネ・シティに加入。今年2月にセリエBのテルナーナに加入したが、わずか1カ月で退団していた。また、マリ代表としても2003年からプレーし、34キャップを記録している。 ▽インドネシアのクラブは今回の移籍市場で積極的な補強を敢行。ペルシブ・バンドンは元チェルシーのMFマイケル・エッシェン、FWカールトン・コールを獲得。マドゥーラ・ユナイテッドは、WBAやストーク・シティなどで活躍したFWピーター・オデムウィンギーを獲得している。また、ミトラ・クカールは、かつて鹿島アントラーズなどでプレーしたDF金古聖司が2012年に所属していた。 2017.04.14 22:55 Fri
twitterfacebook
thumb

リーズやリバプールで活躍したキューウェル氏がワトフォードU-23監督からの退任を発表

▽ワトフォードのU-23チームで監督を務めていたハリー・キューウェル氏(38)が、自身のツイッターで監督を辞めることを明かした。 ▽リーズやリバプールなどで活躍したキューウェル氏は、2014年7月に母国オーストラリアのメルボルン・シティで現役を引退。2015年7月からワトフォードU-23の監督を務めていた。 ▽しかし、今シーズンは9月からわずかに2勝と大きく苦しんでおり、監督を辞めることを決意。その中でも、3選手がトップチームデビューを果たしたことを誇りに感じていると明かした。 「残念ながら、私とワトフォードのU-23チームは別れることとなった」 「残念なことに結果は私についてこなかった。しかし、3選手がトップチームでデビューし、5選手がチームのメンバーに入ったことはとても誇りに感じている」 「このような機会をくれたワトフォードには感謝し、クラブと僕の選手たちが未来に向けて全力をつくすことを願っている。私は次のチャンレンジを楽しみにしている」 2017.04.14 10:10 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース