ダービーがマクラーレン監督を就任から5カ月で解任…昇格PO圏内と勝ち点差10で決断2017.03.13 17:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービーは12日、スティーブ・マクラーレン監督(55)の解任を発表した。後任は数日以内に発表されるとのことだ。

▽マクラーレン監督は、ミドルズブラやイングランド代表、トゥベンテ、ヴォルフスブルク、QPRなどで監督を務めており。2013年10月にダービーの監督に就任。その後、ニューカッスルの指揮官に就任するも、昨年10月に再びダービーの監督に就任していた。

▽プレミアリーグ昇格を目指すダービーは、チームの軌道修正を図ろうとナイジェル・ピアソン前監督を解任し、マクラーレン監督を招へい。就任当初こそ7連勝など順位を5位まで上げたものの、2017年になってからはリーグ戦で3勝4分け7敗と低迷。順位も10位まで落ち、プレーオフ圏内の6位シェフィールド・ウェンズデイと勝ち点差が10に広がったため、マクラーレン監督の解任に踏み切った。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコ、U-18ポルトガル代表DFがウルブスにレンタル移籍

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のウォルバーハンプトンは20日、モナコからU-18ポルトガル代表DFルベン・ヴィナグリ(18)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽スポルティング・リスボンの下部組織出身のヴィナグリは、2015年にモナコの下部組織に加入。同クラブではトップチームデビューを果たしていないものの、左サイドのスペシャリストはポルトガルの世代別代表でチームで活躍する逸材だ。 ▽なお、前ポルト指揮官のヌーノ・エスピリト・サント新監督が率いるウォルバーハンプトンはは、ポルトからポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(20)、リオ・アヴェからポルトガル人DFロデリック・ミランダ(26)を獲得するなど、ポルトガル化が進んでいる。 2017.07.21 00:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ストークの重鎮MFウィーランがアストン・ビラに完全移籍!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のアストン・ビラは20日、ストーク・シティからアイルランド代表MFグレン・ウィーラン(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2019年6月30日までの2年となる。 ▽9年間を過ごしたストークを去り、ビラを新天地に選んだウィーランは、クラブ公式サイトで意気込みを語った。 「ストーク・シティで素晴らしい時間を過ごしてきた。だけど、今は新たなフットボールの冒険に出る時だと思ったんだ。そして、アストン・ビラでの挑戦を選んだ」 「僕たちはチャンピオンシップでの戦いに臨むけど、クラブに関わるすべての人たちがプレミアリーグでの戦いを熱望している。プレーヤーにはこのクラブがいるべき場所に戻すことが期待されている仕事だ」 ▽マンチェスター・シティでプロキャリアをスタートしたウィーランは、シェフィールド・ウェンズデイを経て2008年にストークに完全移籍で加入。闘争心と優れた戦術眼を武器に、献身的な守備や冷静なボール捌きで中盤を支えるいぶし銀のセントラルMFは、同クラブ在籍9シーズンで公式戦337試合に出場していた。また、アイルランド代表では2008年のデビュー以降、81試合に出場している。 ▽なお、スティーブ・ブルース監督の下で2年ぶりのプレミア復帰を目指すビラは、今夏の移籍市場で元イングランド代表DFジョン・テリー(36)に加え、エジプト代表MFアーメド・エルモハマディ、ウィーランと経験豊富なベテランを獲得している。 2017.07.21 00:15 Fri
twitterfacebook
thumb

リヨン、ポーランド代表DFリブスのロコモティフ・モスクワ移籍を発表

▽リヨンは20日、ポーランド代表DFマチェイ・リブス(27)がロコモティフ・モスクワに完全移籍したことを発表した。 ▽なお、フランス『レキップ』の伝えるところによれば、移籍金は175万ユーロ(約2億3000万円)となる見込みだ。 ▽昨夏、ロシアのテレク・グロズヌイからリヨンにフリートランスファーで加入したリブスは、昨シーズンの公式戦28試合に出場するなど、準主力として活躍した。だが、今夏の移籍市場でクラブがブラジル人DFマルカル(30)、フランス人DFフェルランド・メンディ(22)という2人の左サイドバックを獲得したことで、わずか1年でリヨンを去ることになった。 2017.07.21 00:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、指揮官古巣から快速FWデフレル獲得! 買い取り義務付きのレンタルで移籍金は最大30億円に

▽ローマは20日、サッスオーロからフランス人FWグレゴワール・デフレル(26)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽なお、ローマの発表によると、ローマはレンタル料金として500万ユーロ(約6億5000万円)を支払い、出場試合数など特定のスポーツ面の条件を達成した場合、今シーズン終了後に1500万ユーロ(約19億5000万円)で買い取ることになるという。また、選手のパフォーマンス、クラブの成績に応じて最大300万ユーロ(約3億9000万円)の追加ボーナスを支払うことになる。 ▽今年1月にも加入の噂があった中、晴れてローマ入りが決定したデフレルは、クラブ公式サイトで喜びのコメントを残している。 「ローマのためにプレーできることは、僕にとってたくさんのことを意味する。イタリア国内で最高のチームの1つである、この強力なグループの一員となる」 「ここに来ることができたことを本当に嬉しく思っているし、チームのために全てを捧げるつもりだ」 ▽ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ゼコのバックアップと、左右のウイングでプレー可能な多彩なアタッカーの獲得に成功したモンチSD(スポーツ・ディレクター)は、今回のオペレーションに満足感を示している。 「最終的にグレゴワールをチームに迎え入れることができて本当に満足している」 「彼は我々にとってトップターゲットだった。それは彼こそが我々の求めるスタイルのストライカーだったからだ」 「彼は前線で異なる3つのポジションでプレー可能であり、速く、チームのためにプレーできる。同様にチームの攻撃に深みを与え、ゴールへの素晴らしい嗅覚を持ち合わせている」 ▽パルマの下部組織出身のデフレルは、2012年に加入したチェゼーナで台頭。本職はセンターフォワードながら卓越したスピードとテクニックを武器に、左右のウイングでもプレー可能な左利きのアタッカーは、昨シーズンのサッスオーロで公式戦38試合に出場し16ゴール5アシストの数字を残していた。 ▽なお、デフレルはアメリカでプレシーズンツアーを行っているチームにすぐさま合流する予定だ。 2017.07.20 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、ボヌッチ加入を改めて公式発表! 選手はすでに中国滞在のチームに合流

▽ミランは20日、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(30)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽両クラブは14日までにボヌッチの移籍成立を発表していたが、20日に書類上の手続きなどが全て完了し、改めての正式発表となった。なお、ボヌッチはすでにインターナショナルチャンピオンズカップ(ICC)2017の中国ラウンドに参戦しているチームに合流するため、中国に旅立っている。 ▽インテルユース出身のボヌッチは、2005-06シーズンにトップデビュー。2009年のバーリ移籍を経て、2010年夏にユベントス入りした。同クラブに在籍した7シーズンで公式戦319試合に出場し22ゴールを記録。2011-12シーズンからのセリエA6連覇や3度のコッパ・イタリア制覇に貢献していた。 ▽なお、ユベントスは先日、ボヌッチの移籍金に関して4200万ユーロ(約54億2000万円)を3年間に渡って受け取ることを発表していた。また、年俸に関しては800万ユーロ(約10億3000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億6000万円)となる見込みだ。 2017.07.20 22:13 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース