広島、GK大迫敬介とプロ契約締結…ユース出身のU-18日本代表GK2017.03.13 15:19 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンフレッチェ広島は13日、同クラブユースに所属するGK大迫敬介(17)とのプロ契約締結を発表した。なお、今シーズンは2種登録選手としてトップチームに帯同する。

▽鹿児島県出身の大迫は、身長185cm、体重82kgのU-18日本代表歴を持つGK。プロ契約締結を受けて、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今回、プロ契約をすることができて本当に嬉しく思っています。やっとスタート地点だという楽しみな気持ちの反面、今まで以上に厳しい環境に身を置くことに対する危機感もあります。1日1日の練習を大切にし、1日でも早く、そして多くの試合に出て、多くのサポーターに愛され応援される選手になりたいです。また、これまで自分を支え、応援してくださった方々に自分がプレーしている姿を見せて、恩返しがしたいです。応援をよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

高木俊幸2発のC大阪が首位討ち! 広島は完封負けで今季2敗目《J1》

▽20日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第15節のサンフレッチェ広島vsセレッソ大阪は、アウェイのC大阪が2-0で勝利した。 ▽首位の広島は、日本代表復帰の青山がスタメン入り。1試合未消化で5位のC大阪は、同じく代表入りを果たした山口がスターティングメンバーに名を連ね、ベンチスタートの柿谷に代わって、ヤン・ドンヒョンが起用された。 ▽試合は、C大阪が守備的な入りを見せる広島を相手にボールを動かす展開に。だが、流れは次第にパトリックを中心にシンプルな攻撃を仕掛ける広島のペースとなっていく。 ▽後ろでボールを落ち着かせながら攻撃の糸口を探るC大阪は、杉本をターゲットとした仕掛けを使いながらゴールに迫る。だが、淡白な攻撃が続き、なかなか攻め手を見いだせない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、早々に清武の負傷交代に見舞われたC大阪を尻目に主導権を握った広島。57分、左CKから野上がヘディングシュートを放つが、惜しくも左ポストを叩く。 ▽続く64分にも広島にビッグチャンス。左サイドからのクロスにゴール前のパトリックが頭で合わせる。これおがワンバウンドして枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンに阻まれる。 ▽C大阪は75分、オスマルの高い位置でのインターセプトから絶好機。そのままボックス左深くに持ち上がったオスマルの折り返しに杉本が合わせるが、野上の好ブロックに遭う。 ▽劣勢続くC大阪だが、81分にGKキム・ジンヒョンのパントキックをヤン・ドンヒョンが頭で繋ぐと、最終ラインの背後を取った高木の下へ。ボックス内から左足シュートを決め、C大阪が先制した。 ▽続く84分にも高木が大仕事。左サイド深くからオスマルが上げたクロスはクリアされたものの、こぼれ球を拾った高木がバイタルエリア左から右足を振り抜く。これがゴール右に突き刺さった。 ▽結局、清武との交代でピッチに入った高木の2発により、C大阪が2連勝で中断期間へ。ホーム初黒星の広島はシーズン2敗目となり、連勝が4で止まっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.20 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

広島DF佐々木翔に第二子となる次男が誕生!

▽サンフレッチェ広島は19日、DF佐々木翔の第二子となる次男が18日に誕生したことを発表した。 ▽クラブ公式サイトによると、第二子は広島市内の病院で誕生。その他の詳細については公開されていない。 ▽2012年に神奈川大学からヴァンフォーレ甲府に入団した佐々木は、2015年に広島へと完全移籍。今シーズンは、ここまで公式戦14試合に出場して2ゴールを記録している。 2018.05.19 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】5戦無敗で中断期間を迎えるのは? 日本代表ボランチ対決にも注目!《広島vsC大阪》

▽W杯による中断期間前最後の一戦となる明治安田生命J1リーグ第15節が20日から21日にかけて行われる。注目は、エディオンスタジアム広島で行われる首位・サンフレッチェ広島vs5位・セレッソ大阪の上位対決だ。 <span style="font-weight:700;">◆復活の広島と昨季2冠のC大阪が激突</span> ▽昨シーズン残留争いを強いられた広島は、城福浩新体制を迎え快進撃を披露している。スキのない堅守を構築し、攻撃面でも時間の経過と共にエースFWパトリックを生かした戦いに幅を広げ、ここまで12勝1分け1敗。第5節に立った首位の座をキープし続け、現在は2位・FC東京に勝ち点10差をつける目覚ましい成績を残している。 ▽一方、昨シーズンに2冠(YBCルヴァンカップ、天皇杯)を達成したC大阪も、序盤こそ勝利を手にするのに苦労したが、以降は負傷者も続出した中、しぶとく勝ち点を積み重ね一試合未消化で、6勝5分け2敗で5位。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)は敗退したものの、同大会と並行した過密日程でも粘り強い戦いを見せている。 ▽現在広島は4連勝中。対してC大阪も4試合無敗を継続しており、どちらも黒星で中断期間を迎えたくないはずだ。広島が独走状態をキープし続けるか。それともC大阪が首位の勢いを寸断するか。後半戦に向けて両者にとって重要な一戦となる。 <span style="font-weight:700;">◆ルヴァン敗退払拭へ</span>~サンフレッチェ広島~ ▽前節のベガルタ仙台戦では先制点を許したが、崩れることなく3発逆転勝利。しかし、4日後に行われたルヴァン杯の浦和レッズ戦では今シーズン初の完封負けでグループステージ敗退が決定した。悔しさを味わった城福浩監督は、「あと二つの大会(リーグ戦と天皇杯)、どちらも獲りにいきたい」と決意。まずはリーグ戦で昨季2冠を達成したC大阪を撃破して、ルヴァン杯敗退の悔しさを払拭したい。 <span style="font-weight:700;">◆負傷者復帰&ベストコンディション</span>~セレッソ大阪~ ▽徐々に堅実な戦い方を取り戻してきたC大阪。前節のV・ファーレン長崎戦でも、主力を欠く中で3-1で勝利を飾った。今節に関しては、鹿島アントラーズがACLを戦った関係で前節がなくなり、2週間の準備期間が与えられたことでコンディションは万全。さらにここに来て、右内転筋を痛めていたFW杉本健勇、右ふくらはぎを痛めていたMF清武弘嗣、そして3月末に負傷したMFソウザも練習に合流。万全の態勢が整いつつあるだけに、ここまでわずか1敗の首位・広島を撃破して中断期間を迎えたい。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">広島vsC大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:林卓人 DF:和田拓也、野上結貴、水本裕貴、佐々木翔 MF:柴崎晃誠、青山敏弘、稲垣祥、柏好文 FW:パトリック、渡大生 監督:城福浩 ▽アクシデントがない限り、前節と同様の先発メンバーを起用するだろう。ボランチには18日に発表された日本代表メンバーに選出されたMF青山敏弘が入る。前線ではリーグ戦2桁ゴールに到達したパトリックがFW渡大生と2トップを組む。 <span style="font-weight:700;">◆セレッソ大阪</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、山下達也、丸橋祐介 MF:水沼宏太、山口蛍、オスマル、清武弘嗣 FW:杉本健勇、柿谷曜一朗 監督:尹晶煥 ▽上述通り、杉本と清武が先発復帰。ソウザに関してはベンチスタートで、オスマルが先発することになりそうだ。相方は日本代表に選出されたMF山口蛍が務める。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF青山敏弘</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽5連勝へのカギを握るのは、2015年3月以来の代表復帰を果たした青山だ。結果としてはサプライズとなったが、今シーズンの快進撃を続ける広島を支えている姿を見れば納得である。経験に裏打ちされたボール奪取とゲームコントロールでC大阪を押し込んでいけるか。「選ばれたのは広島が好調だからこそ」と語っていた主将は、この勢いのまま代表に合流したいはず。どのようにして勝利へ導くか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆MF山口蛍</span>(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180519_200_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽C大阪のキーププレーヤーは、青山同様に日本代表に選出された山口だ。主将に再就任した今シーズンはここまでリーグ戦全試合フル出場。鋭い読みや配球力でソウザ不在の中盤で奮闘している。「清武選手と杉本選手の分まで頑張り、最後の23名に選ばれる」と意気込む山口が、負傷から戻ってきた主力選手をどこまでサポートできるか。青山とのボランチ対決にも目が離せない。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">広島vsC大阪をDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.05.19 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

広島MF青山敏弘、2015年以来の代表復帰にクラブへ感謝「選ばれたのは広島が好調だからこそ」《キリンチャレンジカップ》

▽日本サッカー協会(JFA)は18日、30日に行われるキリンチャレンジカップ2018のガーナ代表戦に向けた日本代表メンバー27名を発表した。 ▽2015年3月以来の代表復帰を果たしたサンフレッチェ広島のMF青山敏弘は、クラブ公式サイトで次のようにコメント。「選ばれたのは広島がJリーグで好調だからこそ」と語り、全力を尽くすことを誓った。 「日本代表に選出されて光栄です。今回、選ばれたのはサンフレッチェ広島がJリーグで好調だからこそだと思っています。ここまで支え、応援していただいた方々に心から感謝します。ワールドカップで勝つために、今の自分にできることをすべて発揮し、全力でチームに貢献したいと思います」 2018.05.18 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

パトリック、2発で今季リーグ戦2桁到達! 首位・広島が仙台に逆転勝利で4連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第14節のベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島が12日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-1で広島が勝利した。 ▽ここまで5勝4分け4敗で7位につける仙台(勝ち点19)が、11勝1分け1敗で首位を走る広島(勝ち点34)をホームに迎えた。前節の湘南ベルマーレ戦を3-1で勝利して6試合ぶり白星を飾った仙台は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。契約上の理由により出場できない野津田に代えて富田を起用した。 ▽一方、前節のヴィッセル神戸戦を2-0で勝利して初黒星を喫した第10節のFC東京戦以降、3連勝と見事に立て直した広島は、神戸戦から先発メンバーを前節同様のメンバーを先発に送り出した。 ▽序盤から攻勢に出る仙台の攻撃を安定したディフェンスで跳ね返す広島は9分、左サイドでキープした柏のパスを青山がボックス手前からシュート。これはわずかにゴール左外へと外れた。対する仙台は11分、右サイドからのグラウンダーのクロスを石原がスルーして西村がダイレクトでシュートを放つも、枠をとらえることができない。 ▽それでも仙台は12分、3試合クリーンシート中の広島から先制点を奪う。敵陣中央右から蜂須賀がファーサイドにクロス。これを西村が相手と競り合うと、こぼれ球を拾った奥埜が鋭い反転から左足を振りぬいてゴール右隅へと突き刺した。 ▽先制に成功した仙台は広島を押し込んで追加点を狙う。しかし、広島も粘りのディフェンスからチャンスを作らせない。すると徐々に広島が仙台を押し込み始める。31分、渡が一瞬の隙からボックス右に走りこみ、稲垣からのスルーパスを呼び込む。しかし、GK関の好判断な飛び出しに阻まれて、シュートまで持ち込むことができない。 ▽それでも広島は41分、敵陣中央やや右でFKを獲得するとキッカーの柴崎がクロスを選択。これをボックス中央でパトリックが競り勝ち、右サイドネットに押し込んだ。 ▽広島が1-1とスコアを振り出しに戻して試合を折り返すと、勝ち越した仙台がチャンスを迎える。54分、右サイドでボールを持った蜂須賀が緩急で相手をかわし、ゴールライン際から中央へ侵攻。折り返しに奥埜が飛び込んだが、GK林のセーブに遭い、決めきることができない。 ▽このピンチを守った広島が次第に仙台を織り込み始めると71分、ついに逆転に成功する。味方のスルーパスに抜け出した柏が左サイドからボックス左に持ち込み、カットインから右足を振りぬく。豪快なシュートはゴール右上に突き刺した。 ▽2-1と試合をひっくり返した広島はさらに終盤、勝利を確固たるものにする。89分、ハーフウェイライン付近右からの和田の縦パスを敵陣中央で受けるとドリブルを開始。力強いドリブルで相手DFを寄せ付けず、ボックス内に侵攻してGK関との一対一を制した。 ▽結局試合は3-1で終了。終わってみれば首位チームの強さを見せつける形となった広島が4連勝。一方の仙台は連勝を飾ることができなかった。 2018.05.12 18:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース