超ワールドサッカー

広島、GK大迫敬介とプロ契約締結…ユース出身のU-18日本代表GK2017.03.13 15:19 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンフレッチェ広島は13日、同クラブユースに所属するGK大迫敬介(17)とのプロ契約締結を発表した。なお、今シーズンは2種登録選手としてトップチームに帯同する。

▽鹿児島県出身の大迫は、身長185cm、体重82kgのU-18日本代表歴を持つGK。プロ契約締結を受けて、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今回、プロ契約をすることができて本当に嬉しく思っています。やっとスタート地点だという楽しみな気持ちの反面、今まで以上に厳しい環境に身を置くことに対する危機感もあります。1日1日の練習を大切にし、1日でも早く、そして多くの試合に出て、多くのサポーターに愛され応援される選手になりたいです。また、これまで自分を支え、応援してくださった方々に自分がプレーしている姿を見せて、恩返しがしたいです。応援をよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

低迷する広島が甲府を下して6試合ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のヴァンフォーレ甲府vsサンフレッチェ広島が20日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-2で広島が勝利した。 ▽ここまで3勝4分け4敗で13位の甲府と、1勝3分け7敗と苦しんでいる17位の広島が激突した。甲府は、0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦と同様のスタメン。一方の広島は、2-5で敗れた前節のセレッソ大阪戦から、千葉と工藤に代えて野上と皆川を先発起用した。 ▽試合は序盤、一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、この試合の最初の決定機で甲府が得点する。19分、左サイドのクロスがクリアされると、こぼれ球をバイタルエリアの小椋が右足で叩く。強烈なミドルシュートがバーの下を叩いてネットに収まり、小椋のスーパーゴールで甲府が先手を取った。 ▽ビハインドを背負った広島は、31分に反撃に転じる。なかなかアタッキングサードで仕掛けられない中、中央のアンデルソン・ロペスが強引にミドルシュート。強烈なシュートが枠に飛んだが、これはバーに嫌われた。さらに32分には右サイドからのアーリークロスに合わせた皆川のヘディングシュートが枠を捉えるも、今度はGK岡のセーブに阻まれる。 ▽それでも、相手を押し込み続けた広島が次のチャンスをモノにする。41分、皆川のポストプレーからボックス右のアンデルソン・ロペスにボールをつなげると、最後は正面の柴崎が折り返しをプッシュ。柴崎の今季2ゴール目で広島が試合を振り出しに戻す。 ▽1-1で迎えた後半は、早々に広島がスコアを動かす。50分、柴崎が蹴った左CKからニアサイドでそらしにいった野上がスルーのような形になると、正面に流れたボールを水本が頭で押し込み、広島が逆転に成功した。 ▽終盤にかけては、攻撃の比重を強める甲府に対して、広島がカウンターを狙う展開となる。状況を打開したい甲府は、ドゥドゥ、阿部、小椋を下げてボザニッチ、堀米、河本を投入。しかし、なかなかゴールに近づけない。 ▽結局、試合はそのまま終了。広島が第6節以来となるリーグ戦6試合ぶり白星を手にした。 2017.05.20 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ヨニッチ&杉本が2発! C大阪が今季最多5発で広島を一蹴《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節のセレッソ大阪vsサンフレッチェ広島が14日にキンチョウスタジアムで行われ、5-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで4勝4分け2敗で7位のC大阪と、1勝3分け6敗で16位と苦しんでいる広島が激突した。ホームのC大阪は、0-1で敗れた前節の柏レイソル戦と同様の先発。対する広島は、1-1で引き分けた前節のヴィッセル神戸戦から野上に代えて森崎和を起用する1点を変更した。 ▽先にビッグチャンスを迎えたのはC大阪だった。11分、バイタルエリアでソウザ、清武、柿谷とつなぐと、最後は正面でフリーとなった杉本が浮き球を丁寧にボレー。しかし、これはわずかに枠の右に外れる。 ▽すると、広島がチャンスをモノにする。13分、青山の縦パスからボックス左に抜け出した柴崎が折り返すと、正面のアンデルソン・ロペスがプッシュ。アンデルソン・ロペスのリーグ戦2試合連続弾で広島が先行する。 ▽比較的オープンな展開となった試合は、29分にC大阪が追いつく。右サイドで鋭い突破を見せた山村がグラウンダーのクロスを入れると、正面の杉本が右足で合わせる。DFにディフレクトしたボールがゴール右に吸い込まれ、C大阪が試合を振り出しに戻した。 ▽これで勢いに乗ったC大阪は、33分に加点する。ボックス左に抜け出した柿谷のシュートはニアポストに直撃するも、ゴール前に跳ね返ったボールを清武が押し込み、C大阪が前半のうちに逆転に成功した。 ▽さらに43分にもC大阪が得点を挙げる。丸橋が蹴った右CKにニアサイドで合わせたマテイ・ヨニッチがヘディングシュートを流し込んで、スコアを3-1とした。 ▽迎えた後半は、広島が前に出る。すると、56分に1点を返す。左サイドから柏が入れたクロスはDFにクリアされるも、このボールを正面のミキッチがダイレクトで叩く。ハーフボレーでのシュートがゴール左上に突き刺さり、広島が3-2とする。 ▽それでも、C大阪がすぐさま差を広げる。58分、ハーフウェーライン過ぎでボールを受けた杉本が、ゴールに向かってドリブルを仕掛ける。ペナルティアーク手前まで持ち込んだ杉本が、そのままシュートをゴール左に流し込み、C大阪が再び2点差とした。 ▽さらにC大阪は再びCKから加点。76分、丸橋の右CKをニアの杉本が頭でそらすと、最後は正面のヨニッチが詰める。ヨニッチのこの2得点目で、5-2と3点のリードを得る。 ▽その後、C大阪は広島の反撃を抑え、今季最多5得点でリーグ戦2試合ぶりの勝利。一方の広島はリーグ戦5試合未勝利と苦しんでいる。 2017.05.14 17:07 Sun
twitterfacebook
thumb

広島MF森島司が右足首の負傷でU-20日本代表離脱《U-20W杯》

▽12日、静岡県内で合宿中のU-20日本代表からサンフレッチェ広島のMF森島司が負傷離脱することが決定した。なお、追加招集については現段階では未定となっている。 ▽森島は、今回の合宿へ合流する前から右足首を痛めていた模様。11日のトレーニングでは、一部別メニューだったものの、ミニゲームなどは他のメンバーとともにこなしていた。 ▽今シーズンの森島は明治安田生命J1リーグで5試合に出場するなど経験を積み、U-20W杯でも主力としてプレーすることが期待されていた。 2017.05.12 11:37 Fri
twitterfacebook
thumb

フェリペ・シウバが個の力を見せつけた広島が1点を守り切り鳥栖を下す《YBCルヴァンカップ》

▽10日、JリーグYBCルヴァンカップ グループB第5節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖がエディオンスタジアム広島で行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽ここまで4試合を終えて1勝1分け2敗で4位につける広島と、3試合を終えて2分け1敗の5位鳥栖の対戦。広島は直近のリーグ戦から野上以外の10名を変更。1トップに皆川を起用する。一方の鳥栖は、直近のリーグ戦から全11名を変更。ビクトル・イバルボはるヴァンカップ初出場となった。 ▽序盤主導権を握ったのは広島。9分、左サイドを仕掛けた茶島が中央にカットイン。しかし、これはDFがブロックする。さらに12分には、左サイドから仕掛けると、清水のクロスをGK赤星がセーブ。こぼれ球をボックス内中央から松本が狙うも、シュートは枠を外れる。 ▽鳥栖はビクトル・イバルボを中心に攻勢をかける。しかし、厳しいディフェンスに遭い、決定機を作れない。 ▽広島はフェリペ・シウバを中心にサイドからクロスを上げ、皆川をターゲットにするも、精度を欠いてしまいシュートまでいけない。 ▽鳥栖は29分、やや離れた位置でFKを獲得。これを水野が直接狙うも、GK中林がセーブする。 ▽互いに攻め込むも決定機が作れない中、迎えた45分、清水からのパスを受けた稲垣がボックス手前左からダイレクトシュート。しかし、これも枠を捉えられない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、最初にチャンスを作ったのは鳥栖。52分、石川がミドルシュートを放つが、GK中林がキャッチする。56分には水野がミドルシュートを放つも、枠を外してしまう。 ▽鳥栖の時間が続く中迎えた67分、広島が先制する。相手のパスをカットしたフェリペ・シウバがドリブル突破。そのままボックス内で右足シュートを放つと、これがネットを揺らし、広島が待望の先制点を奪う。 ▽先制を許した鳥栖は72分にビクトル・イバルボに代えて池田を投入。75分には小川に代えて高橋を投入する。 ▽終盤にかけては互いに激しいぶつかり合いに。カードも乱れ飛ぶ展開となるが、そのまま試合終了。広島がフェリペ・シウバのゴールを守り切り、1-0で勝利した。 2017.05.10 21:59 Wed
twitterfacebook
thumb

広島vs神戸は痛み分けのドロー…神戸は連敗を「3」でストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節、サンフレッチェ広島vsヴィッセル神戸が6日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽リーグ戦3試合勝利がない16位の広島と、3連敗中で7位の神戸が今後に向けて巻き返しを図る一戦。前節、FC東京に敗れた広島は、その試合から高橋壮に代わってミキッチを復帰させた以外、同じメンバーを起用した。対する神戸はヴァンフォーレ甲府戦から先発2人を変更。松下、渡邉に代えて高橋秀、三原を起用し、広島に合わせた[3-4-2-1]の布陣を採用した。 ▽立ち上がりから緊迫感のある攻防が繰り広げられた中、狙いどころを定めた守備と冷静なパス回しを軸にホームの広島が主導権を握る。この流れの中から工藤のロングシュートなどでゴールに迫ると、25分にはボックス内で塩谷からパスを受けた柴崎に決定機も、シュートを枠に飛ばせない。 ▽一方、カウンターからチャンスを窺う神戸は、23分にドリブルでボックス内に進入したウェスクレイがシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。それでも、序盤から前線で良い連係を見せていた3人のアタッカーが先制点をもたらす。32分、バイタルエリアでボールを持った田中からクサビを受けたウェスクレイが粘って田中に落とすと、田中のラストパスに抜け出した大森がペナルティアーク付近で放ったシュートがゴール左に決まった。その後、攻勢に出た広島の反撃を危なげなく凌いだアウェイチームが1点リードで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、開始直後に工藤の中央突破から柏がいきなり決定機に絡むと、広島に同点ゴールが生まれる。52分、右サイドでミキッチが入れたクロスをGKキム・スンギュが弾いたボールがファーに流れる。これを柴崎が丁寧に折り返す。ゴール前のアンデルソン・ロペスのボレーシュートはDFにブロックされるも、このこぼれ球を再びアンデルソン・ロペスが蹴り込み、今季初ゴールを記録した。 ▽相手の勢いに呑まれて試合を振り出しに戻された神戸だが、すぐさま反撃を開始。56分、田中のスルーパスに抜け出したウェスクレイがボックス右から足首の柔軟性を生かしたシュートを放つが、これはきっちり詰めたGK林に阻まれる。 ▽畳みかけたい広島は、58分に野上を下げてより攻撃的な森崎を投入。ベテラン司令塔を起点にプレーのリズムを上げていくと、71分には柴崎の高い位置でのボール奪取からボックス付近でラストパスを受けた工藤が鋭いシュートを放つが、これはGKキム・スンギュのビッグセーブに遭う。さらに75分にもバイタルエリアでボールを収めたアンデルソン・ロペスが反転してシュートを狙うが、今度は枠を捉え切れない。 ▽後半に入って守勢が続く神戸は、75分にニウトン、ウェスクレイのブラジル人コンビを下げて、中坂と松下の若手コンビを同時投入する2枚替えを敢行。攻守にダイナミズムを加え、反撃を試みる。すると、82分にその若手コンビが決定機を創出する。ボックス手前で大森からの縦パスを中坂がフリックし、ボックス左に抜け出した松下にシュートチャンスも、左足のシュートはわずかに枠の右に外れ、絶好の勝ち越し機を逃した。 ▽その後も一進一退の攻防が続く中、試合終了間際の87分にはボックス手前やや右の位置でFKを得た広島が、塩谷の直接FKでゴールに迫るが、このシュートは右のサイドネットを叩く。結局、試合はこのままタイムアップを迎え、1-1のドローで決着。ビハインドを追いついた広島だが、またしてもホーム初勝利ならず。一方、連敗を3試合でストップした神戸も、やや消化不良の結果となった。 2017.05.06 21:08 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース