広島、GK大迫敬介とプロ契約締結…ユース出身のU-18日本代表GK2017.03.13 15:19 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽サンフレッチェ広島は13日、同クラブユースに所属するGK大迫敬介(17)とのプロ契約締結を発表した。なお、今シーズンは2種登録選手としてトップチームに帯同する。

▽鹿児島県出身の大迫は、身長185cm、体重82kgのU-18日本代表歴を持つGK。プロ契約締結を受けて、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今回、プロ契約をすることができて本当に嬉しく思っています。やっとスタート地点だという楽しみな気持ちの反面、今まで以上に厳しい環境に身を置くことに対する危機感もあります。1日1日の練習を大切にし、1日でも早く、そして多くの試合に出て、多くのサポーターに愛され応援される選手になりたいです。また、これまで自分を支え、応援してくださった方々に自分がプレーしている姿を見せて、恩返しがしたいです。応援をよろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

土居&鈴木のゴールで広島に快勝の鹿島が優勝に向けて前進!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節、鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が14日に行われ、2-0で鹿島が勝利した。 ▽代表ウィークを挟んで2週間ぶりに再開されたJ1リーグ。優勝に向けて独走態勢に入りつつある首位の鹿島(勝ち点61)は前節の鳥栖戦では痛恨の敗戦。その試合から金崎を代えてペドロ・ジュニオールを先発に起用した。対する15位の広島(勝ち点27)も残留に向けて負けられない戦いが続く。広島は前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じスタメンで臨んだ。 ▽序盤から攻勢に出る鹿島は、4分に間接FKからボックス右の中村がシュートを放つがDFにブロックされる。さらに攻め続ける鹿島に対して、広島も最終ラインが集中した守りを見せ得点を許さない。前半半ばにかけては広島も反撃に出る。23分、フェリペ・シウバがボックス手前からゴール左をかすめるシュートを放つと、28分にはカウンターからパトリックがゴールに迫るがファーストタッチがずれてDFのクリアに遭う。 ▽広島がチャンスをものにできないでいると、常勝軍団鹿島が一気に牙をむく。30分、敵陣でボールを奪った鹿島は、三竿健斗から土居にパスを送る。土居はドリブルで敵陣中央を切り裂きボックスに侵攻すると、最後は千葉をかわして勢いよくシュートを突き刺した。 ▽失点を許した広島はパトリックを中心に攻める。38分に右CKからパトリックが頭で狙う。42分には、左サイドの柏のクロスをパトリックが胸で落としてアンデルソン・ロペスが押し込むがGK曽々端がファインセーブを見せ、同点には至らない。 ▽鹿島の1点リードで迎えた後半、積極的に攻める鹿島は52分、中村とのパス交換からペドロ・ジュニオールがボックス右からシュートに行くが、青山が身体でブロック。攻撃に転じたい広島だが、鹿島の守備を前に攻撃がかみ合わない。そんな中、丹羽と交代した茶島がゴールに迫る。68分、そのまま右サイドバックに入った茶島が、ボックス外右から左足でクロスバー直撃のミドルシュートを放つ。 ▽少しずつ攻撃の形が出来てきた広島だったが、鹿島に痛恨の2点目を許してしまう。84分、途中出場の伊東が右サイドを突破しグラウンダーのクロスを送る。ニアで土居が潰れてこぼれたところを、こちらも途中出場の鈴木が押し込んで追加点を挙げた。 ▽試合はこのまま終了し、鹿島が危なげない試合運びで2-0と快勝。優勝に向けて大きな勝ち点3を手にした。 2017.10.14 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】立場は違えど目標に突き進みたい両者《鹿島vs広島》

▽14日、明治安田生命J1リーグ第29節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島が県立カシマサッカースタジアムで行われる。 ▽首位を走る鹿島アントラーズが、残留争いまっただ中のサンフレッチェ広島を迎える一戦。両者にとって意味合いは違うが、勝ち点3を得なくてはいけない試合となる。 <span style="font-weight:700;">◆立場は違えど好調維持の両者</span> ▽鹿島は現在勝ち点61で首位。J1連覇に一歩ずつ近づいている。しかし、前節はアウェイでサガン鳥栖相手に1-0で敗戦。連勝が「5」でストップし、2位の川崎フロンターレとは勝ち点差が「5」に縮まった。 ▽インターナショナルマッチウィークでは試合がなく、日本代表に招集された2選手以外はチームでトレーニング。優勝に向けて、リスタートを切る準備は整っている。 ▽一方の広島は、現在勝ち点27で15位。残留ラインギリギリではあるが、降格圏の16位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点で並んでいる。ここ6試合で3勝3分けと一気に勝ち点を伸ばし、降格圏を脱出したが、まだ気は抜けない。元王者の力をみせ、一気に安全圏に浮上したいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆ラストスパートへの一歩〜鹿島アントラーズ〜</span> ▽前述のとおり、5連勝で2位以下を突き放しにかかっていた鹿島だが、前節は完封負け。ゴールが生まれなかったのは5月の第12節以来、16試合ぶりの出来事だった。 ▽そんな中、今節はチーム最多の11得点を記録しているMF金崎夢生が出場停止。前節復帰したFWペドロ・ジュニオールが先発に復帰することが濃厚だ。大岩剛体制の序盤でゴールを量産していたペドロ・ジュニオールの復帰はプラスに働くはずだ。 ▽ベンチ入りメンバーを含め、優勝を掴むためにはチーム全員の力が必要だ。ペドロ・ジュニオールが結果を残せれば、一気に優勝へ加速するだろう。 <span style="font-weight:700;">◆地力を見せられるか〜サンフレッチェ広島〜</span> ▽広島もここ数試合で結果を残しているチーム。降格圏に位置しながら、3勝3分けと6試合で勝ち点12を稼げたことは大きい。何よりもゴールを奪えるようになったことが大きな変化であり、ヤン・ヨンソン監督が推し進めてきたシステム変更が、結果に繋がっている。 ▽リーグ優勝を経験しているMF青山敏弘やDF千葉和彦、DF水本裕貴、MF柏好文らの長所を生かし、さらにガンバ大阪から勝利の味を知っているFWパトリック、DF丹羽大輝が加入。2人もチームにすぐさまフィットし、チームの好調に一役買っている。 ▽FWアンデルソン・ロペス、MFフェリペ・シウバもここに来てパフォーマンスが向上。チーム力が上がってきている印象だ。残留を一気に掴むためにも、王者相手に勝利し、下を突き放したい。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆鹿島アントラーズ</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:西大伍、植田直通、昌子源、山本脩斗 MF:中村充孝、三竿雄斗、レオ・シルバ、レアンドロ FW:土居聖真、ペドロ・ジュニオール 監督:大岩剛 出場停止:金崎夢生<hr>▽金崎を出場停止で欠くものの、その他はベストメンバーで挑めるだろう。金崎の代わりは、ケガから復帰したペドロ・ジュニオール。さらに、日本代表に招集されていたDF植田直通、DF昌子源も先発すると見る。広島のカウンターを封じ、カウンター返しでゴールを奪いたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆サンフレッチェ広島</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中林洋次 DF:丹羽大輝、千葉和彦、水本裕貴、椋原健太 MF:稲垣祥 MF:アンデルソン・ロペス、青山敏弘、柏好文、フェリペ・シウバ FW:パトリック 監督:ヤン・ヨンソン<hr>▽4バックを取り入れたヤン・ヨンソン監督は、[4-2-3-1]から、より攻撃に比重を置ける[4-1-4-1]にシフトをし始めている。青山や柏がインサイドに入り、アンデルソン・ロペス、フェリペ・シウバをワイドに置くことで、相手の守備に的を絞らせない。1トップのパトリックの強さを生かし、どこからでもゴールを奪える状況を作り出している。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MFレアンドロ</span>(鹿島アントラーズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鹿島の注目選手はMFレアンドロをピックアップ。先発復帰濃厚のペドロ・ジュニオールも注目だが、そのペドロ・ジュニオールとのコンビで爆発が期待されるのがレアンドロだ。前回対戦では広島から2得点を奪う活躍。ペドロ・ジュニオールが入ったことで、躍動感を取り戻しての結果だ。出場した直近5試合でも6得点を記録。エース金崎の穴を埋める活躍で、勝利に導きたい。 <span style="font-weight:700;">◆MFフェリペ・シウバ</span>(サンフレッチェ広島)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171013_8_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽対する広島は、MFフェリペ・シウバに注目だ。中々結果を残せなかったフェリペ・シウバだが、第26節のセレッソ大阪戦で初ゴールを記録。第27節の清水エスパルス戦でもゴールを奪い、第28節の北海道コンサドーレ札幌戦では久々に先発に復帰した。チームにフィットしきれなかったフェリペ・シウバだが、今はイマジネーションと正確なテクニックで攻撃を牽引。パトリック、アンデルソン・ロペスとのブラジルトリオで鹿島の牙城を崩しにかかる。 <span style="font-weight:700;">◆優勝へ、残留へ</span> ▽置かれている状況は間逆だが、両チームにとっては目標に向けて落とせない一戦となる。鹿島は、敗れることがあれば2位以下に接近される可能性があり、1ゲームでひっくり返されてしまう状況にもなる。一方で、広島は残留への崖っぷち。団子状態の残留争いから抜け出せるかどうかが懸っている。 ▽かつては優勝を争っていた両者だけに、この戦いもレベルの高い試合が期待される。王者として連覇への意地を見せるのか、過去の降格・優勝を知る選手たちが意地を見せるのか。優勝争いvs残留争いの一戦は、14日(土)の15時00分にキックオフを迎える。 2017.10.13 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

広島、MF森崎和幸が右ヒザ内側側副靭帯損傷で全治3週間…

▽サンフレッチェ広島は10日、MF森崎和幸(36)の負傷を発表した。全治は3週間の見込み。 ▽森崎和は7日に行われたトレーニングで負傷。10日に広島県内の病院で検査を受けた結果、右ヒザ内側側副靭帯損傷と診断された。 ▽広島県出身の森崎は、双子の兄であるMF森崎浩司とともに1999年に広島ユースからトップチームに昇格。これまで在籍19年で、公式戦435試合に出場したが、今シーズンは度重なる負傷の影響から公式戦13試合の出場にとどまっている。 2017.10.10 22:36 Tue
twitterfacebook
thumb

広島MFミキッチに三女が誕生!

▽サンフレッチェ広島は3日、クロアチア人MFミキッチに第三子となる三女が、9月10日にクロアチアの病院で誕生したことを発表した。選手本人のコメントや、その他の詳細などは公開されていない。 ▽クロアチアでキャリアをスタートさせたミキッチは、2009年に広島に入団した。加入間もなく、右サイドで主力として重宝されるようになると、2012年・2013年には明治安田生命J1リーグの連覇に貢献。今シーズンこそクラブは15位と低迷し、出場機会も公式戦15試合にとどまっているものの、通算では広島での公式戦247試合出場と、クラブを支える功労者の1人だ。 2017.10.03 15:52 Tue
twitterfacebook
thumb

広島vs札幌の残留争い中同士の直接対決はドロー決着《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のサンフレッチェ広島vs北海道コンサドーレ札幌が30日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝8分け13敗で15位に位置する広島(勝ち点26)と、7勝6分け14敗で14位の札幌(勝ち点27)が激突した。リーグ5戦負けなしと好調の広島は、1-3で勝利した前節の清水エスパルス戦から野上と柴崎に代えて稲垣とフェリペ・シウバを起用。対する札幌は2-2で終えた前節のアルビレックス新潟戦から兵藤、ヘイスに代えて荒野、都倉を起用した。 ▽試合は、先に札幌がゴールに近づく。4分、相手陣内でボールを奪うと、ペナルティアーク手前の都倉が左足を振る。このミドルシュートは、わずかに枠の右にはずれた。さらに19分には福森がゴール前にFKを入れると、頭で合わせたジェイがわずかに枠をはずれるヘディングシュートを放って広島を脅かす。 ▽ハーフタイムにかけてはボールを保持して相手を押し込む広島に対して、札幌がカウンターを狙う展開となる。やや膠着状態が続いたが、広島は32分に決定機を演出する。ボックス左手前から柏が高いクロスを入れると、ファーサイドのパトリックがゴール前でヘディング。しかし、このシュートはバーの上にはずれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、試合が動いたのは60分だった。ボックス内のアンデルソン・ロペスが菊地に倒されてPKを獲得。アンデルソン・ロペスは自らPKを蹴ってゴール左に決めるが、これは味方がキックの前にボックス内に入ったとしてやり直しになる。それでも、アンデルソン・ロペスはプレッシャーがかかる中で同コースに再びPKを決めて、広島が貴重な先制点を記録した。 ▽しかし、札幌もすぐさま反撃に転じると、69分に追いつく。広島MF稲垣が自陣ボックス内でのボール処理の際にハンドを犯したことで、札幌がPKを獲得。これを都倉がきっちりと沈めて、札幌が試合を振り出しに戻した。 ▽終盤にかけてはフェリペ・シウバ、青山を下げて皆川、森崎和を送り出した広島がホームで勝ち点3を狙いにいく。84分にはボックス内で皆川の落としに反応して正面に走り込んだ柏がフリーでシュート。しかし、これはわずかに枠の左にはずれる。 ▽結局、試合はそのまま終了。残留争い中のチーム同士による直接対決は両者が勝ち点を分け合った。 2017.09.30 17:56 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース