超ワールドサッカー

千葉、DFキム・ボムヨンの期限付き移籍加入を発表…3つのクラブが絡んだ移籍に2017.03.13 15:01 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジェフユナイテッド千葉は13日、清水エスパルスに所属する韓国人DFキム・ボムヨン(26)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「37」に決定。契約により、清水との公式戦に出場することはできない。

▽2013年にモンテディオ山形でプロキャリアをスタートさせたキム・ボムヨンは昨年、サンフレッチェ広島に移籍。同年夏から期限付き移籍で清水に加入し、明治安田生命J2リーグ8試合に出場していた。

▽なお、清水エスパルスは同日、キム・ボムヨンが広島から完全移籍で加入することを発表。そのため、キム・ボムヨンは清水からのレンタルプレーヤーとして千葉に加わることになる。

▽千葉でプレーすることになったキム・ボムヨンは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆ジェフユナイテッド千葉
「清水から加入しましたキム ボムヨンです。山形や清水でのJ1昇格経験を活かして、今シーズンは、千葉で昇格達成できるように最善を尽くします。自分が試合に出場することでチームに貢献するだけでなく、日頃の練習からチームにプラスの力を与えられるように努力したいと思います。よろしくお願いします」

◆清水エスパルス
「今シーズンがまだ始まったばかりにも関わらず、移籍することになり残念な気持ちもあります。清水のサポーターは熱く、試合中もよく声が聞こえてくるので、とても感動したことを覚えています。エスパルスのことをいつも応援しています」

コメント

関連ニュース

thumb

千葉が終盤の指宿弾で熊本と1-1ドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節のジェフユナイテッド千葉vsロアッソ熊本が21日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで5勝4分け5敗で12位の千葉と、4勝2分け8敗で18位の熊本が相まみえた。試合序盤は、ボールを保持して攻める千葉に対し、熊本がカウンターを狙う展開となる。千葉は、20分にゴールに迫る。ボックス左手前から清武が放ったミドルシュートが枠を捉えたが、これはGK野村のセーブに遭った。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、熊本は前半終了間際に決定機。ロングボールからバイタルエリアで仕掛けたグスタボが左足を振る。決定的なシュートだったが、GK佐藤優のスーパーセーブに遭い、先制点とはならなかった。 ▽ハーフタイム明け、千葉はアランダ、船山に代えて町田と菅嶋を投入する。その後半は、よりオープンな展開となる。すると、50分に熊本が試合の均衡を破る。清武の自陣ゴール方向へのクリアボールに反応したグスタボが最終ライン裏に抜け出す。GKの一対一を制したグスタボのゴールが決まり、熊本が先行する。 ▽終盤にかけては、千葉がリスクを冒して前に出ていく。68分には山本真に代えてラリベイを投入。しかし、72分に決定機を演出したのは熊本だった。カウンターから自陣の林がパス&ゴーで長い距離を走り、グスタボとワンツー。しかし、そのままGKと一対一となった林が放ったシュートは、左ポストに嫌われる。 ▽すると、諦めない千葉が同点に追いつく。83分、ボックス正面で左サイドの町田から浮き球パスを受けた指宿がDFを背負いながら仕掛けてシュート。これがネットを揺らし、指宿の見事なプレーで千葉がスコアを1-1とした。 ▽その後、千葉は追加点を狙うも、熊本も踏ん張り、1-1で終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

注目の外国人新指揮官対決はロティーナに軍配! 東京Vが千葉とのオリジナル10対決に完勝《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の東京ヴェルディvsジェフユナイテッド市原・千葉が17日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-0で快勝した。 ▽2戦連続ドロー中の4位東京Vと、前節V・ファーレン長崎に5-0の大勝を収めた12位千葉によるオリジナル10対決。前節、7試合ぶりのクリーンシートを記録もカマタマーレ讃岐相手にゴールレスドローとなった東京Vは、その試合から先発2人を変更。橋本と高木大に代わって、渡辺とこれが開幕戦以来の先発となる中野が起用された。一方、今季初の連勝を目指す千葉は、4日前の長崎戦から先発3人を変更。佐藤勇、高橋、指宿に代わって、町田、熊谷、ラリベイが先発に復帰した。 ▽共にスペイン1部のクラブを率いた経験を持つ外国人新指揮官同士の注目の一戦は、開始3分にいきなり決定機。カウンターからラリベイが起点を作り、アランダが浮き球スルーパスをゴール前に送ると、これに抜け出した町田がシュートを放つ。しかし、このシュートはGK柴崎の好守に阻まれた。 ▽一方、相手にボールを持たれて守勢が続くホームチームは13分、安在が右サイドから左足で低いクロスを入れてニアに飛び込んだ中野が合わせるが、これは相手GK佐藤優に阻まれる。 ▽その後も千葉がボールを保持して東京Vが粘り強い守備から反撃を試みる展開が続くが、互いにロングボールや中盤での潰し合いが目立ちこう着状態に陥る。39分には右サイドへの大きな展開から安在のワンタッチパスに抜け出したアラン・ピニェイロが右足アウトにかけたダイレクトシュートでゴールに迫るが、先制点とはならず。すると、直後の41分にはボックス付近でパスを繋いだ千葉が、町田の浮き球パスに抜け出した船山に決定機。だが、ゴール前で放った左足ダイレクトボレーは枠を外れて、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半も千葉に決定機。開始3分、清武のスルーパスに抜け出したラリベイが左サイド深くで折り返す。これをファーで船山が中央に落とすと、ゴール前フリーのアランダが右足でシュート。だが、このシュートは左ポストを叩いた。 ▽押し込まれる状況が続いたことを受けて東京Vのロティーナ監督は、54分に中野を下げてドウグラス・ヴィエイラを投入。すると、この交代が先制点をもたらす。55分、中央をドリブルで持ち上がったドウグラスがボックス右に走り込むアランへ絶妙なスルーパスを通すと、アランが冷静に左足のシュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽ブラジル人コンビの活躍で先制点を奪った東京Vは、直後にアランダに決定機を許すも、相手のお株を奪う鋭い攻撃でドウグラスやアラン、安在が次々に決定機に絡む。69分には内田のロングフィードに抜け出した安在が、全速力で追いつき左サイド深い位置でグラウンダーのクロス。これを中央で後ろ向きにキープした高木善が巧みな反転シュートを左隅に流し込み、貴重な追加点を奪取した。 ▽再三の決定機逸と相手の勢いを止められず、2点のビハインドを負った千葉はラリベイ、アランダを下げて指宿、高橋を投入。ここから攻勢を強めるが、連戦の疲れや攻め急ぎが重なり、ビルドアップの場面でミスを連発。なかなか攻撃の形を作り出せない。 ▽一方、渡辺に代えて橋本を投入した東京Vは77分、井林のロングフィードにドウグラスと高木善が抜け出すと、ドウグラスがDFをブロックして高木善にシュートチャンスが訪れると、ボックス中央の高木善が左足の豪快ボレーをネットに突き刺し、試合を決める3点目を奪った。その後、殊勲の高木善を下げて梶川を投入したホームチームは相手の反撃を無失点で凌ぎ切って、3-0の快勝。千葉とのオリジナル10対決を制した東京Vが2試合連続完封で3試合ぶりの勝利を手にした。 2017.05.17 21:47 Wed
twitterfacebook
thumb

千葉MF高橋壱晟がプロA契約を締結「J1昇格に向けて日々精進していきたい」

▽ジェフユナイテッド千葉は15日、MF高橋壱晟(19)とプロA契約を結んだことを発表した。 ▽高橋は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第13節のV・ファーレン長崎戦で先発出場を果たし前半のみプレー。これにより、プロA契約締結条件を満たしたため、新契約を結んだようだ。 ▽高橋はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「まず1つ目標であったA契約になることができて嬉しく思います。応援してくださる全ての方々への感謝の気持ちを忘れることなく、これからもJ1昇格に向けて日々精進していきたいと思います。 引き続き、応援よろしくお願いします」 ▽なお、高橋は青森山田高から今シーズンより千葉に加入。J2リーグでは12試合に出場し2ゴールを挙げている。 2017.05.15 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

船山2発に清武3発の千葉、今季1試合最多得点で長崎一蹴《J2》

▽13日にフクダ電子アリーナで行われた明治安田生命J2リーグ第13節のジェフユナイテッド千葉vsV・ファーレン長崎は、ホームの千葉が5-0で勝利した。 ▽ゴールデンウィーク3連戦を1勝1分け1敗で終えた14位の千葉と、ファンマ3戦4発で2勝1分け無敗で乗り切った6位の長崎が対峙した。 ▽試合を動かしたのは、2戦未勝利中の千葉。6分、キッカーの清武が右足でファーサイドにクロスを送ると、古部の背後に抜け出したキム・ボムヨンが頭で合わせる。これを船山が押し込み、千葉が幸先良く先制する。 ▽1点リードで試合を折り返した千葉は後半の頭から高橋に代えて町田を投入。すると、開始早々の46分には、右サイドからのクロスを指宿が頭でフリックする。最終ラインの背後に抜け出した清武が右足でネットを揺らした。 ▽押せ押せムードの千葉は55分、バイタルエリア左の位置でFKのチャンスを獲得。キッカーに名乗りを上げた清武が右足で直接ゴールを狙う。鋭いシュートが壁を越えて、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽完全に流れを掴んだ千葉は65分にダメ押しの4点目。自陣でのボール奪取から指宿がドリブルで運び、逆サイドにパスを送る。これをボックス左で受けたフリーの清武が右足のシュートをしっかりと決め切った。 ▽清武の後半3発で試合の勝敗の行方をほぼほぼ決めた千葉が、79分に仕上げの5点目。相手のミスパスを高い位置で拾った船山がドリブルでゴール前に持ち込み、右足シュートを突き刺した。 ▽結局、清武がハットトリックを記録した千葉は今シーズン最多1試合5ゴールで長崎を一蹴。長崎に4試合ぶりの黒星をつけ、3試合ぶりの勝ち点3を手にした。 2017.05.13 16:58 Sat
twitterfacebook
thumb

千葉が下部組織出身の明治大学DF鳥海晃司の来季加入内定を発表

▽ジェフユナイテッド千葉は9日、明治大学のDF鳥海晃司(22)の来季加入内定を発表した。 ▽鳥海は千葉の下部組織出身で、U-18から明治大学へと進学していた。鳥海はクラブを通じてコメントしている。 「この度、来シーズンより明治大学から加入することになりました、鳥海晃司です。ジェフ千葉という、アカデミー時代から育てていただいた歴史と伝統のあるクラブでまたプレーできることを大変嬉しく思います。これまでに支えてくれた家族、指導者、チームメイト、全ての方々に感謝をしています。謙虚な気持ちを忘れずに少しでもクラブに貢献、恩返しをしていけるように精進していきます。応援よろしくお願いします」 2017.05.09 22:09 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース