超ワールドサッカー

テネリフェ柴崎岳、12日のヘタフェ戦で初のベンチ入りも出番なし《リーガエスパニョーラ2部》2017.03.13 08:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽テネリフェに所属する元日本代表MF柴崎岳が12日に行われたリーガエスパニョーラのセグンダ・ディビジョン(2部)第29節のヘタフェ戦で移籍後初のベンチ入りを果たした。

▽今冬の移籍市場ギリギリで鹿島アントラーズからテネリフェ移籍が決定した柴崎。しかし、チーム合流早々にコンディション不良などでトレーニングに参加できず、新天地デビューが遅れていた。

▽その柴崎がベンチ入りした3位のテネリフェと6位につけるヘタフェの1部昇格を目指す両者の試合は、立ち上がりから点を取り合う展開。互いに2点ずつを奪う一進一退の攻防が繰り広げられたが、2-2のドローに終わった。

▽前節に続き連続ドローに終わったテネリフェは19日に行われる次節、11位につけるレウス・デポルティウをホームに迎える。

コメント

関連ニュース

thumb

テネリフェ指揮官、ヘタフェとの決戦を前に柴崎をキーマンに指名「ガクに期待している」

テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督がヘタフェとの大一番を前に記者会見に出席し、MF柴崎岳を決戦のキーマンに指名した。スペイン紙『アス』がコメントを伝えている。<br><br>テネリフェは24日、1部昇格プレーオフ決勝2ndレグでヘタフェと対戦する。1stレグを1-0と制して敵地へと乗り込むテネリフェのマルティ監督は「このような素晴らしい状況で指揮を執れて本当に名誉に思う」と興奮していることを明かし、「チームは1部昇格の栄誉をつかむに相応しいチームに成長した」と誇った。<br><br>ホームでのヘタフェについて「90分間激しく来るだろう」と予想し、自分たちのスタイルでゴールを守りながら、逆境に耐えなければならないと語るマルティ監督。そんな指揮官が大一番のキーマンに指名したのが柴崎だ。マルティ監督はキャプテンのスソとともに日本人MFの名前を挙げて、このように話す。<br><br>「スソは言うまでもなく信頼しているし、スピードでチャンスを作って欲しい。ガクにも期待している。彼は試合を止め、そして動かすことができる。試合を読む目があるんだ」<br><br>この2人だけではなく、全員に信頼を置いていることを強調したマルティ監督。テネリフェはレギュラーシーズンでは上の順位であったヘタフェを退け、1部昇格の切符をつかむことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 10:32 Sat
twitterfacebook
thumb

柴崎岳のアシストを称える決勝点挙げたテネリフェDF「半分は彼のゴール」

ヘタフェ戦で決勝点を挙げたテネリフェのDFホルヘ・サエンスが、アシストを記録した柴崎岳について賛辞の言葉を送っている。<br><br>テネリフェは21日、1部昇格プレーオフ決勝ファーストレグでヘタフェと対戦。ホルヘ・サエンスは前半の22分、柴崎が蹴った右コーナーキックから頭で合わせてネットを揺らした。サエンスは柴崎が上げたボールについて「本当に素晴らしかった。合わせてゴールを決めるだけだった」と振り返る。<br><br>さらに、得点後柴崎にどのような言葉をかけたのかという質問には「よく覚えていないけど」と前置きしつつ、「喜びの言葉を口にしたと思う。嬉しかったし、何を言ったとしても足りないくらいだったよ」と語った。<br><br>また、テネリフェにおいて攻撃陣の主役となっている柴崎について「凄まじいポテンシャルを持っている選手だよ。今回のゴールも半分は彼のもの」と褒め称えた。<br><br>柴崎とホルヘ・サエンスの活躍でヘタフェとのファーストレグをものにしたテネリフェ。セカンドレグは24日、ヘタフェのホームで行われる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 12:27 Thu
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、テネリフェに確かな“居場所”…「ガク!」コールに見るファンの愛情

柴崎岳がテネリフェで存在感を発揮していることはピッチを見れば明らかだが、ピッチ外でも確かな居場所を確保している。<br><br>今冬の移籍市場でテネリフェに加入した柴崎は、当初は適応に苦しみながらも、ついにスペインで本領を発揮しつつある。18日に行われた1部昇格プレーオフ準決勝セカンドレグのカディス戦ではクロスから、右足で合わせてゴールを挙げ、チームを決勝進出へと導いた。<br><br>さらに、スペイン紙ではキーマンに指名されていたヘタフェとの決勝でも躍動。コーナーキックで決勝点をアシストしただけでなく、常にテネリフェの攻撃陣の中心に君臨し、チームをけん引した。地元メディアからも「技術の&ldquo;リサイタル&rdquo;を開いた」と記され、最高評価を受けている。<br><br>また、チーム屈指の技術を持つ日本人MFはすでにファンからの愛情も十分に受ける。ヘタフェとのファーストレグでは声援から見て取ることができた。60分に柴崎が右サイドのクロスからシュートを放つも、枠を外れる。すると、シュートの際の接触プレーでピッチに倒れ込んだ柴崎には、スタジアムから「ガク! ガク!」のチャントが送られた。さらに、83分の交代時には観客がスタンディングオベーションで再び「ガク!」コールを響かせている。<br><br>スタジアムを離れても柴崎へのファンの信頼は感じられる。テネリフェの人々は日本人を見れば「ガク!」と声をかけ、ハンバーガー店でも日本国旗を掲げながら、柴崎への愛情を爆発させていた。<br><br> <br><br>柴崎はすでにテネリフェの中心選手であり、アイドルにすらなりつつある。クラブを8シーズンぶりの1部へ導くことはできるのか。注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 12:20 Thu
twitterfacebook
thumb

決勝点演出の柴崎岳にスペインメディア「2部という舞台は彼に見合わない」

コーナーキックから決勝点をアシストしたテネリフェのMF柴崎岳に高評価が与えられている。<br><br>テネリフェは21日、1部昇格プレーオフ決勝1stレグでヘタフェと対戦。柴崎が蹴ったコーナーキックに、ホルヘ・サエンスが頭で合わせてネットを揺らした。結局この1点を守りきり、テネリフェがホームで先勝している。<br><br>スペイン『エルドルサル』は柴崎に10点満点中9点を与え、「フィジカルが完璧な状態にあるときには、ボールとともに再び技術の&ldquo;リサイタル&rdquo;を開き、ボールを持たなくてもそれは同じであった。今回はホルヘのゴールをアシスト。彼がブランキアスール(テネリフェの愛称)の成長及び、この最終局面において重要な役割を担っていることを疑う者など誰もいない」と手放しで称賛した。<br><br>さらに、地元メディア『デポルプレス』でも「ほかの試合で見せたような輝きがなくとも、異質な選手であると見て取れる。リーガ2部という舞台は彼に見合うものではない。熱心な姿勢を欠かず、選択を間違えなかった」と賛辞を惜しまなかった。<br><br>数字に残ったのはアシストのみという結果ながら、テネリフェの攻撃陣をけん引する柴崎。スペインメディアは柴崎の確かな技術と存在感を高く評価しているようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

テネリフェ指揮官、決勝点アシストの柴崎らを称賛「素晴らしいパフォーマンス」

▽テネリフェのホセ・ルイス・マルティ監督が、日本代表MF柴崎岳を称賛している。クラブ公式サイトが指揮官のコメントを伝えた。 ▽テネリフェは21日、リーガエスパニョーラ昇格プレーオフ決勝1stレグでヘタフェをホームに迎えた。先発出場を果たした柴崎は[4-2-3-1]の左MFにポジションを取る。迎えた22分、右CKのチャンスで柴崎が入れたボールにサエンスが頭で合わせてテネリフェが先制。柴崎は83分までプレーし、チームもこの1点を守り切って先勝した。 ▽ルイス・マルティ監督は試合を振り返り、勝利に満足しながらも1部昇格はまだ決まっていないと強調した。 「プレーオフを戦っている中で、それほど疲労はないと思っている。選手たちは1部でのプレーにあと一歩と迫った。今日の結果は、サポーターたちの声援のお陰でもあるね」 「今日の勝利はとても大きなものだ。我々が有利な立場に立てたが、昇格の決定打とはならない。土曜日が決勝だ。非常に難しい試合になるだろう。今はゆっくり休もうと思っている」 ▽また指揮官は、プレーオフの戦いを振り返り、柴崎ら数選手の名前を挙げて称えている。 「まず、今日の試合に関して言えば、主導権を握らなければいけないと感じていた。そこでガクとスソをサイドの位置で起用した。ビトロも良いプレーだったし、彼らがここまでチームを引っ張ってきてくれたと言える。彼らは素晴らしいパフォーマンスだった」 2017.06.22 08:45 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース