超ワールドサッカー

敵地でパレルモ一蹴のローマが公式戦連敗を「3」でストップ! ゼコが今季リーグ戦20ゴール&公式戦30ゴール達成!《セリエA》2017.03.13 06:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節、パレルモvsローマが12日にレンツォ・バルベーラで開催され、アウェイのローマが3-0で勝利した。

▽現在、公式戦3連敗と今季最大の不調に陥っているリーグ2位のローマは、連敗ストップに向けて18位に低迷するパレルモとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークに逆転突破を目指すヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を控えるスパレッティ監督は、ゼコやストロートマン、デ・ロッシ、エメルソン・パルミエリなど多数の主力を温存。移籍後リーグ初先発となるマリオ・ルイ、グルニエを抜擢した。

▽ゼコやトッティ出場時の1トップ2シャドーという前線の構成から、エル・シャーラウィとサラーがサイドに開き気味の2トップに入り、ナインゴランがトップ下に入る[3-4-1-2]に近い布陣で臨んだローマ。開始直後から押し気味に試合を進めるチームだが、5分にはネストロフスキに背後を取られてゴールネットを揺らされる。しかし、これはオフサイドの判定で取り消しとなった。

▽冷や汗を欠いたものの、その後は冷静にボールを繋いで相手を押し込むローマは、比較的長いボールを使い、ナインゴランが高い位置でセカンドボールを奪ってショートカウンター気味の仕掛けを続けていく。すると22分、ボックス手前右のグルニエから絶妙な浮き球のワンタッチパスがゴール前に入ると、これに反応したエル・シャーラウィがGKの股間を抜くシュートで先制点を奪った。

▽早い時間帯に先行したローマは、前がかりになった相手に対して、2トップのスピードを生かした高速カウンターで2点目を狙う。29分にはブルーノ・ペレスから縦パスを受けたエル・シャーラウィがドリブルで持ち上がりボックス手前から右足を振り抜くが、このシュートは枠の右に外れた。

▽前半終盤にかけても攻勢が続くローマは、グルニエとレアンドロ・パレデスの両ボランチが正確なキックで長短交えた配球をみせ、ゲームをコントロール。37分にはセットプレーからリュディガー、39分にはパレデスが強烈なミドルシュートを放つ。さらに43分にはカウンターからグルニエの絶妙なスルーパスに抜け出したナインゴランに決定機も、ボックス左フリーで放ったシュートは枠の左に外れた。

▽迎えた後半、ビハインドを追うパレルモはエンバロに代えて、ベテランMFディアマンティを投入するが、後半最初の決定機はローマに訪れる。

▽49分、先制点と似たようなシチュエーションからグルニエのワンタッチパスに反応したボックス左のエル・シャーラウィが胸トラップからシュートを狙うが、ここはもたついたところをGKに詰められ、2点目とはならず。すると、直後の50分にはチョチェフの高い位置でのボール奪取からディアマンティに決定機も、左足のシュートはGKシュチェスニーの好守に阻まれた。

▽後半立ち上がり以降、不用意なボールロストから相手の反撃を受ける場面が目立つローマは、59分にもセットプレーの流れからモルガネッラに強烈なシュートを打たれるが、ここはGKシュチェスニーが冷静に弾き出す。流れを変えたいスパレッティ監督は、64分に初先発で疲れの見えたグルニエを下げてゼコを投入。この交代でナインゴランがボランチに下がり、最前線のゼコの下にエル・シャーラウィとサラーが並ぶ本来の[3-4-3]の布陣に変更した。

▽ここから攻勢に出たいローマは、70分にボックス内でルーズボールに反応したゼコがダイレクトボレーを狙うが、このシュートは大きく枠を外れる。流れを引き寄せ切れないローマは、72分にエル・シャーラウィに代えてストロートマンを入れ、ナインゴランのポジションを再び1列上げた。

▽すると、76分にようやく追加点が決まる。ナインゴランの浮き球パスに反応したゼコが胸トラップでボックス左に抜け出し、飛び出したGKの寸前で左足のシュートを流し込んだ。このゴールでゼコは今季のリーグ戦20ゴールを達成すると共に、公式戦のゴール数を30ゴールの大台に乗せた。

▽頼れるエースストライカーの働きで試合を決定付けたローマは、サラーを下げてデ・ロッシを投入し、試合をクローズにかかる。試合終了間際にはカウンターからストロートマンのラストパスを受けたブルーノ・ペレスがダメ押しの3点目を決め、敵地で3-0の完勝。格下相手のアウェイゲームできっちり勝ち切って公式戦の連敗を「3」でストップしたローマが、16日にホームで行われるELラウンド16・2ndレグのリヨン戦に向けて大きな弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ、サラー後釜にスイス代表シャキリ?ストークは否定的か

ストーク・シティにスイス代表MFジェルダン・シャキリ売却の意思は無いようだ。ピーター・コーツ会長が明言している。<br><br>2015年にインテルからストーク・シティに加入したシャキリは、2シーズンで合わせて公式戦54試合に出場し、7ゴール8アシストを記録している。ローマが、リバプールへの移籍が決定したモハメド・サラーの後釜としてシャキリ獲得を狙っているとうわさされているが、コーツ会長はこの件について『ザ・ストーク・センチネル』でコメントを残している。<br><br>「彼を売りに出そうとは考えていない。彼はここでとても心地良さそうに見えるし、シーズン終盤にはケガから復帰できて、良いプレーをしてくれた。我々も彼に満足している。そして、来季も彼にとって良いシーズンになることを望んでいる」<br><br>なお、シャキリのストーク・シティとの現行契約は2020年の夏までとなっている。バーゼル、バイエルン・ミュンヘン、インテルと渡り歩いてきたシャキリは来シーズンもストーク・シティでプレーすることになりそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.23 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、ローマからサラーを獲得! 移籍金は両クラブレコードの総額62億円に!

▽リバプールは22日、ローマからエジプト代表FWモハメド・サラー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は11。契約期間は長期とのみ発表されている。 ▽なお、リバプールのサラー獲得発表後、ローマによって発表された声明では、ローマは今回の移籍で4200万ユーロ(約52億1000万円)を受け取り、パフォーマンス次第で最高800万ユーロ(約10億円)のボーナスを受け取るという。そのため、移籍金の総額は5000万ユーロ(約62億円)となる。 ▽ユルゲン・クロップ監督からの熱烈なラブコールを受け、チェルシー時代以来となるプレミアリーグ復帰を決めたサラーは、同クラブの公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ここに居られることにとても興奮しているよ。そして、とても嬉しい気分だ」 「僕はこのクラブのために100パーセントの力を発揮し、全てを捧げるつもりだ。このクラブで何かを勝ち取りたいと思っている」 「ここには素晴らしいプレーヤーとチームがある。昨年から試合をチェックしていたし、チームの全員が100パーセントを捧げていたと思う」 「同時にコーチも全てを与えてくれていると思う。そして、クラブやサポーター、自分たちのため、チーム全員が何かを成し遂げるために全てを捧げていきたい」 ▽サラーは2014年1月にチェルシー入り。チェルシーではインパクトを残せなかったものの、レンタル移籍したフィオレンティーナ、ローマで評価を高めた。2016-17シーズンは、完全移籍で加入したローマで、公式戦41試合に出場し、19得点を記録。ローマのセリエAでの2位フィニッシュに貢献していた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、2022年までの5年契約にサインしたサラーは、年俸550万ユーロ(約6億8000万円)を受け取ることになる。また、前述の移籍金は両クラブにとってクラブレコードとなる模様だ。 ▽ローマは、トッテナムにアルゼンチン代表MFエリク・ラメラを売却した際の3500万ユーロ(約43億4000万円)がこれまでの最高売却額。一方、リバプールはニューカッスルからイングランド代表FWアンディ・キャロル(現ウェストハム)を獲得した際に支払った3500万ポンド(約50億円)が、最高獲得額といわれている。 2017.06.23 05:21 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、DFマノラスのゼニト移籍が決定的に! 37億円で売却へ

▽ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(26)のゼニト移籍が決定的となったようだ。イタリア『メディアセット・プレミアム』など複数メディアが伝えている。 ▽『メディアセット・プレミアム』の伝えるところによれば、新シーズンからゼニトの新指揮官に就任したロベルト・マンチーニ監督は、マノラスの獲得をクラブにリクエストしたという。そして、指揮官の要望を受けて、ゼニトはローマの新スポーツ・ディレクターのモンチ氏とドイツで交渉を行い、3000万ユーロ(約37億2000万円)の条件で合意に達した模様だ。 ▽また、マノラス自身もロシア行きを受け入れており、年俸400万ユーロ(約5億円)の3年契約で個人間合意に至っているようだ。 ▽2015年にオリンピアコスからローマに加入したマノラスは、ここまで公式戦131試合に出場し、2ゴールを記録。卓越した身体能力と読みを利かせた守備でセリエA屈指のセンターバックと評されていた。 ▽なお、『フットボール・イタリア』の伝えるところによれば、ローマはマノラスの後釜として、ラス・パルマスのウルグアイ人DFマウリシオ・レモス(21)、エストゥディアンテスのU-20アルゼンチン代表DFフアン・フォイス(19)の獲得に動いているようだ。 2017.06.22 23:16 Thu
twitterfacebook
thumb

サラーが本日にもリバプール移籍のメディカルチェックへ

▽ローマに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(24)のリバプール移籍完了が近づいている。イギリス『ガーディアン』が報じた。 ▽ユルゲン・クロップ監督の獲得に熱心とされており、かねてから今夏に報じられてきたサラーのリバプール移籍。『ガーディアン』によれば、サラーは現地時間の22日中にもリバプール移籍へのメディカルチェックに臨む見込みのようだ。移籍金は、3900万ユーロ(約48億円)と伝えられている。 ▽サラーは2014年1月にチェルシー入り。チェルシーではインパクトを残せなかったものの、レンタル移籍したフィオレンティーナ、ローマで評価を高めた。2016-17シーズンは、完全移籍で加入したローマで、公式戦41試合に出場し、19得点を記録。ローマのセリエAでの2位フィニッシュに貢献していた。 2017.06.22 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、サラー獲得に向けてローマとクラブ間合意か!? 3年半追い求めた恋人が間もなく加入へ

▽リバプールが、エジプト代表MFモハメド・サラー(25)獲得に向けてローマと合意に至ったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽今夏のリバプールは攻撃陣の補強が見込まれており、その筆頭として伝えられているのがサラーだ。一部メディアは今月、リバプールがローマに対して2800万ポンド(約39億3600万円)のオファーを提示したと報道。しかしローマ側はこれを拒否していた。 ▽リバプールはその後も粘り強くローマと交渉。また、ユルゲン・クロップ監督が直々にサラーを口説いたとも言われている。そんな中、『スカイ・スポーツ』は、この度両クラブ間で移籍が合意したと報道。移籍金に関しては触れていないものの、近日中に正式な発表があるとみている。 ▽リバプールは、ブレンダン・ロジャーズ政権だった2014年1月、バーゼルに所属していたサラー獲得に迫った。しかし移籍は合意せず、サラーはプレミアリーグのライバルであるチェルシーに加入した。サラーはその後、フィオレンティーナとローマにレンタルで加入。今シーズンはローマに完全移籍を果たし、リーグ戦31試合15ゴールを奪う活躍を見せている。 2017.06.21 08:59 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース