敵地でパレルモ一蹴のローマが公式戦連敗を「3」でストップ! ゼコが今季リーグ戦20ゴール&公式戦30ゴール達成!《セリエA》2017.03.13 06:43 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節、パレルモvsローマが12日にレンツォ・バルベーラで開催され、アウェイのローマが3-0で勝利した。

▽現在、公式戦3連敗と今季最大の不調に陥っているリーグ2位のローマは、連敗ストップに向けて18位に低迷するパレルモとのアウェイゲームに臨んだ。来週ミッドウィークに逆転突破を目指すヨーロッパリーグ(EL)のリヨン戦を控えるスパレッティ監督は、ゼコやストロートマン、デ・ロッシ、エメルソン・パルミエリなど多数の主力を温存。移籍後リーグ初先発となるマリオ・ルイ、グルニエを抜擢した。

▽ゼコやトッティ出場時の1トップ2シャドーという前線の構成から、エル・シャーラウィとサラーがサイドに開き気味の2トップに入り、ナインゴランがトップ下に入る[3-4-1-2]に近い布陣で臨んだローマ。開始直後から押し気味に試合を進めるチームだが、5分にはネストロフスキに背後を取られてゴールネットを揺らされる。しかし、これはオフサイドの判定で取り消しとなった。

▽冷や汗を欠いたものの、その後は冷静にボールを繋いで相手を押し込むローマは、比較的長いボールを使い、ナインゴランが高い位置でセカンドボールを奪ってショートカウンター気味の仕掛けを続けていく。すると22分、ボックス手前右のグルニエから絶妙な浮き球のワンタッチパスがゴール前に入ると、これに反応したエル・シャーラウィがGKの股間を抜くシュートで先制点を奪った。

▽早い時間帯に先行したローマは、前がかりになった相手に対して、2トップのスピードを生かした高速カウンターで2点目を狙う。29分にはブルーノ・ペレスから縦パスを受けたエル・シャーラウィがドリブルで持ち上がりボックス手前から右足を振り抜くが、このシュートは枠の右に外れた。

▽前半終盤にかけても攻勢が続くローマは、グルニエとレアンドロ・パレデスの両ボランチが正確なキックで長短交えた配球をみせ、ゲームをコントロール。37分にはセットプレーからリュディガー、39分にはパレデスが強烈なミドルシュートを放つ。さらに43分にはカウンターからグルニエの絶妙なスルーパスに抜け出したナインゴランに決定機も、ボックス左フリーで放ったシュートは枠の左に外れた。

▽迎えた後半、ビハインドを追うパレルモはエンバロに代えて、ベテランMFディアマンティを投入するが、後半最初の決定機はローマに訪れる。

▽49分、先制点と似たようなシチュエーションからグルニエのワンタッチパスに反応したボックス左のエル・シャーラウィが胸トラップからシュートを狙うが、ここはもたついたところをGKに詰められ、2点目とはならず。すると、直後の50分にはチョチェフの高い位置でのボール奪取からディアマンティに決定機も、左足のシュートはGKシュチェスニーの好守に阻まれた。

▽後半立ち上がり以降、不用意なボールロストから相手の反撃を受ける場面が目立つローマは、59分にもセットプレーの流れからモルガネッラに強烈なシュートを打たれるが、ここはGKシュチェスニーが冷静に弾き出す。流れを変えたいスパレッティ監督は、64分に初先発で疲れの見えたグルニエを下げてゼコを投入。この交代でナインゴランがボランチに下がり、最前線のゼコの下にエル・シャーラウィとサラーが並ぶ本来の[3-4-3]の布陣に変更した。

▽ここから攻勢に出たいローマは、70分にボックス内でルーズボールに反応したゼコがダイレクトボレーを狙うが、このシュートは大きく枠を外れる。流れを引き寄せ切れないローマは、72分にエル・シャーラウィに代えてストロートマンを入れ、ナインゴランのポジションを再び1列上げた。

▽すると、76分にようやく追加点が決まる。ナインゴランの浮き球パスに反応したゼコが胸トラップでボックス左に抜け出し、飛び出したGKの寸前で左足のシュートを流し込んだ。このゴールでゼコは今季のリーグ戦20ゴールを達成すると共に、公式戦のゴール数を30ゴールの大台に乗せた。

▽頼れるエースストライカーの働きで試合を決定付けたローマは、サラーを下げてデ・ロッシを投入し、試合をクローズにかかる。試合終了間際にはカウンターからストロートマンのラストパスを受けたブルーノ・ペレスがダメ押しの3点目を決め、敵地で3-0の完勝。格下相手のアウェイゲームできっちり勝ち切って公式戦の連敗を「3」でストップしたローマが、16日にホームで行われるELラウンド16・2ndレグのリヨン戦に向けて大きな弾みを付けた。

コメント

関連ニュース

thumb

トッティ、心残りは「ロナウドとプレーできなかったこと」…最も相性が良かったのは?

ローマのレジェンド、FWフランチェスコ・トッティが23日、イタリアメディア『メディアセット』のテレビ番組に出演し、インタビューに応じた。<br><br>トッティは自身のキャリアを振り返り、最も心残りに思っていることとして、「(ブラジル代表の)怪物ロナウドと一緒にプレーできなかったことと、チャンピオンズリーグ(CL)で優勝できなかったことだ」を挙げた。<br><br>2011年に現役を引退したロナウドと、公式戦で一緒にプレーすることは不可能となった。CL優勝についても実現は難しいと考えている。<br><br>「もう無理だろうね。残された時間もないし、(ローマは)レアル・マドリーやバルセロナのレベルにはないからね」<br><br>また最も相性の良かったチームメートとして、現在無所属となっているFWアントニオ・カッサーノを挙げた。<br><br>「一緒にプレーできてラッキーだった。おかしな奴だけど、彼とが一番やり易かった。チームが見つからず、フリーになっているのは残念だ。実力の50%しか出せなかったけど、もしローマに残っていたら、オレとほぼ同じキャリアを送れただろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.24 17:32 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマDFマノラス代理人、残留を示唆しながらも「クラブによって決定される」

▽ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(25)の代理人がマノラスの残留を示唆しながらも、同選手の将来はクラブに委ねられていることを強調した。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽2014年夏にオリンピアコスからローマに加入したマノラスは今シーズンここまで、リーグ戦で24試合に出場している。そんな同選手には現在、インテルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなど欧州の複数クラブから獲得への関心が寄せられている。また、インテルが同選手獲得の交渉で口頭合意に達していると伝えられた。 ▽マノラスの代理人を務めるロアニス・エヴァンゲロプーロス氏は、言葉を濁しながらもマノラスの残留を示唆している。『Tuttomercatoweb』に話した。 「今はまだあまり言うことはできないが、コスタス(・マノラス)の将来については毎日話しているよ」 「インテルや他のクラブの噂はよく目にしたり、耳にしているよ。けど、彼はローマのままだよ。2019年6月30日まで契約が残っている。もう一度言おう。彼はローマの選手だ」 「彼がローマに留まるかって? それはクラブだけが答えられる質問だ。それでも、私は1つだけ言えることがある。彼の将来は、クラブによって決定される」 「もし、彼がこのクラブを離れる時が来るならば、それは彼らの選択だろう。どのクラブでもマノラスを獲得できる可能性はある。セリエA、日本や中国、他のリーグでさえね。だが、もしローマが彼を大切にするのであれば、我々にできることは何もないよ。彼には2019年まで契約が残っているからね」 2017.03.23 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

40歳トッティは来季も現役続行か…今季で契約満了も本人が新契約を示唆

ローマのバンディエラ、現在40歳のフランチェスコ・トッティが、もう1年間選手としてローマでプレーし続けることを示唆した。<br><br>トッティはイタリアのTV局『Canale 5』のインタビューで「ローマの取締役会でそういう話題があったみたいだけど、もう1年選手契約を新たに結ぶ可能性がある」と発言。<br><br>続けて「あるいは、代理人にでも転身して次のカンピオーネを見つける、ってこともあるかもね。いずれにしろ、僕はサッカー界での経験を生かしてこれからもサッカーに携わっていくことだけは確かだ」と、引退して代理人に転身する可能性についても含みを持たせている。<br><br>ローマの会長ジェームズ・パロッタ氏は先日、トッティに対してローマの監督として6年契約を打診する構想があることをメディアに明かしていた。<br><br>トッティが結んでいるローマとの契約は今年6月までの選手契約のみ。今シーズンはリーグ戦で11試合2ゴールの成績を残しているが、フル出場は1試合のみで、2ゴールはいずれもPKでのもの。<br><br>1992-93シーズンのトップデビューから、25シーズン目を迎えたトッティ。さらに新契約を結び、41歳になっても現役を続けているのか。はたまた、指揮官や代理人に転身するのか――。ローマの象徴トッティの来シーズンの去就について、近いうちに大きな発表がありそうだが、果たして&hellip;&hellip;。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.22 21:03 Wed
twitterfacebook
thumb

サラーの今季10点目にゼコが2戦連発! サッスオーロに逆転勝ちのローマが連勝で2位死守!《セリエA》

▽セリエA第29節、ローマvsサッスオーロが19日にスタディオ・オリンピコで開催され、ホームのローマが3-1で勝利した。 ▽前節、パレルモ相手に快勝し、公式戦の連敗を「3」でストップした2位ローマ。直近のヨーロッパリーグ・ラウンド16の2ndレグ、リヨン戦では2-1で勝利を飾るも、1stレグの敗戦が響きラウンド16での敗退が決定した。 ▽EL敗退からのバウンスバックが期待される今節では、3戦未勝利の15位サッスオーロをホームに迎えた。リヨン戦からのメンバー変更は4点。GKにシュチェスニーが戻り、マリオ・ルイ、デ・ロッシ、ゼコに代わってエメルソン・パルミエリ、レアンドロ・パレデス、エル・シャーラウィが先発に入り、システムは[3-5-2]を採用した。 ▽開始2分に相手の連係ミスからボックス内に侵入したサラーにいきなり決定機が訪れるが、ここはGKコンシーリのビッグセーブに阻まれる。さらに、こぼれ球をサラーがダイレクトで蹴り込むが、このシュートはサイドネットを叩いた。 ▽立ち上がりにいきなり決定機を演出したローマだったが、この直後にベラルディのクロスからデフレルに決定機を許す。すると9分、再び左サイドのベラルディのクロスから中央でポリターノがスルーして空けたスペースに入ってきたデフレルに見事な左足ダイレクトシュートをゴール左隅に流し込まれ、ホームで先制を許してしまった。 ▽すぐさま反撃に出るローマは、サラーのスピードを生かした攻めで相手の最終ラインに揺さぶりをかける。16分には右サイドでボールを受けたブルーノ・ペレスを起点にした攻めからサラーが丁寧に落とすと、パレデスがボックス手前で右足を一閃。地を這う弾道のミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ▽早い時間帯に勝ち越したいローマは、19分にナインゴランがボックス右で折り返したボールがファーサイドに流れると、これをエメルソンが左足ダイレクトで合わすが、この強烈なシュートはクロスバーを叩く。さらに、29分にも再びボックス左でボールを持ったエメルソンが強烈な左足のシュートを狙う。 ▽一方、追いつかれたものの、前線からのハイプレスや3トップのスピードを生かした攻めで果敢にゴールを目指すサッスオーロは、20分に最終ライン裏へ抜け出したポリターノが際どいシーンを作ると、前半終盤にかけてもダンカンの折り返しからデフレルがヒールシュート、さらにこのプレーで得たCKの流れからポリターノが際どいミドルシュートも、GKシュチェスニーの牙城を破れない。 ▽このまま1-1のイーブンで前半終了かに思われたが、ローマが一瞬の隙を突いて勝ち越しに成功する。前半アディショナルタイム2分、ファシオからの絶妙なスルーパスに抜け出したエル・シャーラウィがボックス内に持ち込んでシュート。これはGKに弾かれるも、こぼれ球を奪ったサラーが冷静に流し込み、今季リーグ戦10点目を奪った。 ▽ローマがリードして折り返した試合は、後半も打ち合いの様相を呈す。51分にはストロートマンのスルーパスに抜け出したサラーが、ボックス右から利き足とは逆の右足でファーポストを狙うが、このシュートはわずかに枠の左に外れた。 ▽一方、後半に入って攻撃的右サイドバックのリロラを投入するなど、攻撃な布陣でゴールを目指すサッスオーロは、度々ボックス内を陥れてデフレルに決定機も、DFファシオとDFマノラスの好守に阻まれる。だが、攻勢を強める中でデフレルが負傷してしまい、マトリとの負傷交代を強いられた。 ▽一方、早い時間帯に追加点を奪って試合を決めたいローマは、60分にブルーノ・ペレスを下げて、ここまで温存していたエースFWゼコを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。ゼコは投入直後にいずれもセットプレーからヘディングシュートとボレーシュートでゴールに迫ると、さすがの決定力を発揮してチームに3点目をもたらす。 ▽68分、ボックス手前でDF3人を引きずりながら強引に仕掛けたゼコは、近くのストロートマンにボールを預けてゴール前に走り込む。ここにストロートマンから絶妙な浮き球のリターンパスが届き、最後はヒザを使ったワントラップから右足シュートを流し込み、2試合連続となる今季のリーグ戦21ゴール目を奪った。 ▽この3点目で試合を決めたローマは、殊勲のサラーとパレデスを下げてペロッティ、デ・ロッシを投入し、逃げ切り態勢に入る。その後は自身にゴールがほしいエル・シャーラウィやペロッティが積極的にゴールを狙うも、試合はこのまま3-1でタイムアップ。ホームで先制を許すなど、厳しい展開を強いられた一戦をサラーやゼコのゴールで逆転し、リーグ2連勝で2位キープに成功した。 2017.03.20 06:46 Mon
twitterfacebook
thumb

敗退に落胆するナインゴラン「自分たちが強いチームだと示したが…」

▽ローマのベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、16日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのリヨン戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が報じている。 ▽1stレグを2-4で落としていたローマが、ホームのスタディオ・オリンピコにリヨンを迎えた一戦。16分に先制を許すも、直後の17分にはストロートマンの得点で追いつく。さらに60分には勝ち越しに成功するが、逆転突破のために必要なあと1ゴールを奪うことはできず。試合は2-1で勝利するも、2戦合計4-5で敗退となった。 ▽試合を振り返ったナインゴランはベストを尽くして戦ったが、あと一歩届かなかったことに落胆した。 「突破するためには3-1とするしかなくて、それでも俺たちは最後までベストを尽くしたと思う。チャンスを作り、得点を奪ったことは事実だ。結局のところ、1stレグの4点目がすべてを決めた。俺たちは今回もうまく試合に入れたと思うし、勝ちたい気持ちを示した」 「ローマが強いチームであることを示した。ただ、残念ながらあと1ゴール足りなかった。もう少しゲームをコントロールしなければいけなかったとも思うが、こういう結果に終わり、今は落ち着いて話せる状況にはない」 2017.03.17 09:40 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース