酒井高が先発復帰のHSV、ボルシアMGに逆転勝利で残留圏内の13位に浮上《ブンデスリーガ》2017.03.13 03:49 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ハンブルガーSVは12日、ブンデスリーガ第24節でボルシアMGをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。HSVのDF酒井高徳はフル出場している。

▽前節ヘルタ・ベルリン戦を1-0と辛勝した16位HSV(勝ち点23)が、3日前にシャルケとのヨーロッパリーグを戦った9位ボルシアMGをホームに迎えた一戦。

▽前節久々にスタメンを外れた酒井高がボランチで先発に戻った一戦。ボルシアMGにポゼッションを譲って試合を進めていたHSVは、23分に先制点を許す。左サイド絞った位置からのヴェントのFKを、G・ユングに競り勝ったA・クリステンセンにヘディングシュートで決められた。

▽その後、HSVは28分にウッドがネットを揺らすも、その前にエクダルがオフサイドでノーゴールに。その直後、ダフードの右クロスをゴール至近距離のドルミッチにシュートされたが、GKアドラーが好セーブで凌ぐ。

▽すると36分、右サイドからのディークメイアーのクロスをコスティッチが打点の高いヘッドでゴール左へ押し込み、HSVが同点とした。そして、44分にはヘアマンにスルーパスに抜け出されるも、GKアドラーが一対一を制して1-1のまま前半を終えた。

▽迎えた後半は同点としたHSVの攻勢が続く。敵陣でのポゼッションを続け、ボルシアMGを押し込んだ。ただ、シュートに持ち込めない状況が続き、ボルシアMGを押しきれない。そんな中75分、酒井高が左足ミドルでGKゾンマーを強襲。

▽すると80分、コスティッチの左クロスのルーズボールをウッドが押し込んで逆転に成功。終盤にかけてのボルシアMGの反撃を許さずに逃げ切ったHSVが残留圏内の13位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

ハンブルガーSVのDF酒井高徳、負傷者続出のボランチ出場に「やれと言われたときのために準備を」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、埼玉スタジアム2002のサブグラウンドでトレーニングを再開した。 ▽練習終了後、DF酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。負傷者が続出のボランチとしてプレーする可能性に「やれと言われたときのために準備をしておきたい」と述べた。 <span style="font-weight:700;">◆DF酒井高徳</span>(ハンブルガーSV/ドイツ) <span style="font-weight:700;">──UAE戦を振り返って</span> 「点を取るタイミングがすごく良かった。プレッシャーの部分で行ききれていなかったところや、点を取ったあとに危ないシーンもあったけど、全体的に見たらチームとして良い戦いを見せることができていたと思う」 <span style="font-weight:700;">──選手同士の話し合いが顕著だった</span> 「プレッシャーがある状況とか、ハセさんが…とかっていう状況になると、周りが異常に騒がしくなる傾向がある。実際のところ、そんなことはなくて、チーム全体で昔からコミュニケーションを取ってきた。なので、変わったことをやったというよりも、前からやっていたことだと思っている」 <span style="font-weight:700;">──UAE戦への準備</span> 「チーム全体で、オマルを注意して見る必要があった。どっちのサイドでプレーしていても、どちらかに流れてくることがある選手だということはわかっていたので、自分の近くにいたときはマークしようと」 「あと、初戦で痛い目に遭ったカウンターの注意やバランスに気をつけていた。後半に2-0にするまで、試合はわからない状況でもあったし、仮に入ったときはその辺を意識しようと考えていた」 <span style="font-weight:700;">──ボランチでのプレー</span> 「自分では『ない』とは言っているけど、必要とされたり、しなければいけない状況が来たときに向けて、準備はしておきたい。考えだったり、慣れだったり、少しずつできる時間の中でやりたいと思っている」 「それ前提の話で、いつも『ない』と言っている。いつも左右のサイドバックでやっているように、チームでもボランチなどでやっている中で、与えられたポジションでプレーすることもプロとしての仕事。自分の強みとして売りにしているところでもあるので、やれと言われたときのために準備をしておきたい」 2017.03.26 00:15 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高徳所属のHSV、ギスドル監督と2年間の契約延長!

▽日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)は22日、マルクス・ギズドル監督(47)との契約を2年間延長したことを発表した。今回の契約延長によって、同監督は2018-19シーズン終了までチームを率いることになった。 ▽ギズドル監督は、昨年9月末にブルーノ・ラッバディア前監督の下、開幕5試合で1分け4敗と未勝利が続いていたHSVの新監督に就任。その後、シーズン初勝利まで8試合を要すも、昨年12月4日の第13節のダルムシュタット戦で初勝利。そこからチームを立て直した同監督は、順位こそ残留・昇格プレーオフ圏内の16位に留まるも、RBライプツィヒやレバークーゼン、ボルシアMGなど格上を撃破するなど、シーズン終盤に向けて調子を上げている。 ▽そして、ギズドル監督の手腕を評価するクラブは、今季終了後に満了する契約を2年間延長した。 2017.03.24 05:00 Fri
twitterfacebook
thumb

フランクフルトvsHSVは見せ場なしのゴールレス…酒井フル出場もヒザ手術発表の長谷部不在で日本人対決は実現せず《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第25節、フランクフルトvsハンブルガーSV(HSV)が18日にコメルツバンク・アレーナで開催され、0-0のドローに終わった。なお、フランクフルトのMF長谷部誠はケガの影響でベンチ外。HSVのDF酒井高徳はフル出場した。 ▽前節、首位バイエルンに完敗し、泥沼のリーグ戦5連敗となった6位フランクフルトは、トップ4争いに踏みとどまるため、正念場を迎える。だが、この重要な一戦の前にはバイエルン戦で負傷した長谷部が、ヒザの手術を受けることが発表され、フランクフルトに激震が走った。 ▽一方、ヘルタ・ベルリン、ボルシアMGを続けて撃破するなど、ギスドル新体制で復調したHSV。順位は残留・昇格プレーオフ圏内の16位も、今節の結果次第で13位アウグスブルクを抜く可能性もあり、絶不調のフランクフルト相手に敵地で勝ち点3奪取を目指した。 ▽互いにシビアな状況に身を置く両チームは、先に失点したくないという気持ちが強く、リスクを恐れてロングボールが飛び交うクローズな攻防を続ける。 ▽互いにほとんどシュートまで持ち込めない状況が目立つ中、29分にはファビアンのFKからゴール前のフルゴタに決定機も、ここはシュートを枠に飛ばすことができず、ホームチームは絶好の先制機を逃した。結局、前半は互いに枠内シュート0という見せ場の少ない形で終わった。 ▽ゴールレスで迎えた後半、球際での激しさとは裏腹に前半同様決定機が少ない堅い展開が続く。立ち上がりには背後を狙うレビッチやガシノビッチに惜しい場面が訪れるも、相手GKアトラーの果敢な飛び出しに阻まれる。 ▽守備は機能するものの、攻撃面で流れを掴めないHSVは、ホルトビー、フントを下げて、グレゴリッチュ、ニコライ・ミュラーらスピードのあるアタッカーを投入していく。対するフランクフルトは、タワサ、マイヤーと交代カードを切っていく。72分には両チームを通じて最初の決定機。セットプレーの流れからゴール前で混戦が生まれ、こぼれ球に反応したヘクターが枠の左を捉えたシュートを放つが、これはGKアトラーがビッグセーブで阻む。 ▽その後も引き分け良しとする両チームは、攻撃にリスクを冒さないまま、試合はゴールレスでタイムアップ。攻撃面で見せ場がほとんどなかったやや退屈な一戦は、痛み合分けのドローに終わり、フランクフルトは辛くも連敗を「5」でストップ。一方、敵地から勝ち点1を持ち帰ったHSVだが、残留争いのライバルが揃って勝ち点を積み重ねたため、16位脱出とはならなかった。 2017.03.19 04:27 Sun
twitterfacebook
thumb

酒井高途中出場のHSVが原口先発ヘルタに競り勝ち残留圏内浮上《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第23節ハンブルガーSVvsヘルタ・ベルリンが5日に行われ、1-0でHSVが勝利した。HSVのDF酒井高徳は73分からプレーし、ヘルタのFW原口元気は84分までプレーしている。 ▽前節バイエルン戦を0-8と惨敗し、残留プレーオフに回らなければならない16位に後退したHSVは、4日前に行われたDFBポカールのボルシアMG戦では善戦しながらも1-2の敗戦。流れが悪い中、酒井高はベンチスタートとなった。 ▽一方、前節フランクフルト戦を2-0と勝利し、5位に浮上したヘルタはCL圏内の4位ホッフェンハイムを1ポイント差で追走。攻撃面で見せ場を作れなかった原口だが、引き続き右MFで先発となった。 ▽4分にダリダのミドルシュートでゴールに迫ったヘルタだったが、一進一退の攻防が続くと、HSVに19分ビッグチャンス。フントの浮き球パスに抜け出したN・ミュラーがボックス右へ侵入。トラップからゴール左を捉えるシュートを放ったが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。 ▽ハーフタイムにかけても膠着状態が続く中、互いに決定機は生み出せずに前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半も睨み合いが続いたため、ベンチが動く。ヘルタはシュタルクに代えて10番を背負うドゥダを、HSVはホルトビーに代えてコスティッチを投入した。 ▽すると65分にHSVはN・ミュラーがボレーシュートでGKを強襲。そして73分に酒井高をボランチに投入すると、77分に均衡を破った。ウッドがプラッテンハールトからボールを奪ってショートカウンターに転じると、フントの横パスをボックス中央のエクダルがシュートを流し込んだ。 ▽これが決勝点となってHSVが3試合ぶりの勝利。ヴォルフスブルクを得失点差でかわして残留圏内の15位に浮上している。 2017.03.06 03:28 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井高徳は“ミスター100%”…カップ戦準々決勝敗退も地元紙は奮闘を称える

ハンブルガーSVに所属する&lt;日本代表DFの酒井高徳が、DFBポカールのボルシアMG戦で対人勝率100%を記録した。地元紙『ハンブルガー・モーゲンポスト』が報じている。<br><br>ハンブルガーSVは1日、DFBポカール準々決勝でボルシアMGと対戦し、1-2で敗れた。チームは敗戦を喫したが、酒井高徳は全てのデュエルで勝利した。<br><br>酒井自身は「全く気付いていなかったです。数字というのは、本当に重要なものではないと思います。次のラウンドへと進みたかったです」とチームとして結果が出なかったことを悔やんだが、次の試合に向けて気持ちを切り換えた。「チーム全体でしっかりと走って戦うことができれば、僕らは簡単には負けないはずです」<br><br>ハンブルガーSVは5日、ブンデスリーガ第23節で原口元気擁するヘルタ・ベルリンと対戦する。<br><br>提供:goal.com 2017.03.03 13:20 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース