インシーニェのドッピエッタなどでナポリがクロトーネに快勝《セリエA》2017.03.13 00:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ナポリは12日、セリエA第28節でクロトーネを本拠地サン・パオロに迎え、3-0で快勝した。

▽前節ローマ戦をメルテンスのドッピエッタで制し、チャンピオンズリーグ(CL)自動出場権の得られる2位ローマに2ポイント差と迫った3位ナポリ(勝ち点57)は、5日前に行われたCLレアル・マドリー戦を1-3と逆転負けし、ベスト16で敗退。そのレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。メルテンスやA・ディアワラ、アルビオルといった主力がベンチスタートとなった。

▽前節サッスオーロ戦を0-0で引き分けて連敗を5で止めた19位クロトーネ(勝ち点14)に対し、最前線にパヴォレッティを起用したナポリが立ち上がりから攻勢に出ると、7分にカジェホンが枠内シュートを浴びせる。続く11分にはボックス左からインシーニェがコントロールシュートを放つも、GKコルダスの好守に阻まれた。

▽そして20分にトロッタのシュートでゴールを脅かされたナポリだったが、枠を外れて助かると、31分にボックス左で仕掛けたインシーニェがサンピリージに倒されたとしてPKを獲得。これをインシーニェ自らゴール左に決めてナポリが先制した。

▽先制後もハーフコートで試合を進めるナポリは、41分に追加点のチャンス。インシーニェの浮き球パスに抜け出したカジェホンがボックス左へ侵入。シュートを放ったが、GKにセーブされ、1点のリードで前半を終了した。

▽迎えた後半開始3分、ボックス左への侵入を許したファルシネッリに決定的なシュートを浴びるも、GKレイナがセーブしたナポリは、51分にパヴォレッティのヘディングシュートで追加点に迫る。

▽その後、パヴォレッティに代えてメルテンスを投入したナポリは、64分にハムシクがボックス左でサンピリージに倒されてPKを獲得。これをメルテンスがゴール左へ決めて2-0とした。

▽さらに70分、ジョルジーニョのフィードをボックス中央で受けたインシーニェがGKとの一対一を難なく決めて3-0としたナポリが快勝。レアル・マドリー戦の敗戦を払拭する勝利を飾って2位ローマにプレッシャーをかけている。

コメント

関連ニュース

thumb

カジェホン&インシーニェ弾のナポリがニースに連勝で本選出場《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ2ndレグのニースvsナポリが22日に行われ、0-2でナポリが勝利した。この結果、2戦合計スコア4-0としたナポリが本選出場を決めている。 ▽1週間前に敵地で行われた1stレグを9人となって0-2と敗戦したニースは、3日前に行われたギャンガン戦を2-0と勝利し、今季初白星を挙げた。そのギャンガン戦のスタメンから2選手を変更。1stレグで退場となったプレアが欠場となってバロテッリが先発に復帰し、スナイデルがギャンガン戦に続いてスタメンとなった。 ▽一方、メルテンスの1ゴール1アシストで2-0と先勝したナポリは、3日前に行われ3-1と勝利したセリエA開幕節のヴェローナ戦のスタメンから4選手を変更。ミリクらがベンチスタートとなってメルテンスやアルビオルらベストメンバーを投入した。 ▽少なくとも2点が必要なニースが4バックを採用してきたのに対し、ナポリがポゼッションしていくと、14分に決定機。セリのミスパスをカットしたメルテンスがボックス中央へ侵入してシュートを放ったが、GKカルディナーレにビッグセーブで阻まれた。 ▽続く26分に左サイドからカットインしたインシーニェが際どいシュートを浴びせたナポリは、35分には左クロスにメルテンスがヒールでうまく合わせるもシュートは枠を捉えきれない。 ▽サン=マクシマンのスピードを活かしたカウンターに活路を見い出しにかかるニースに対し、前半終了間際にもカジェホンが決定的なシュートを浴びせたナポリが主導権を渡さず、0-0で終えた。 ▽迎えた後半開始3分、ナポリが待望のアウェイゴールを獲得する。インシーニェのスルーパスに抜け出したボックス左のハムシクのクロスをフリーのカジェホンが押し込んだ。 ▽続く49分にメルテンスが右ポスト直撃のシュートを浴びせたナポリは、4点が必要となったニースに押し込まれる展開を強いられるも、決定的なシュートは打たせない。 ▽すると64分にチャンス。ジエリンスキのスルーパスに抜け出してボックス左に侵入したインシーニェがシュート。しかしGKカルディナーレにセーブされた。 ▽終盤にかけては諦めたニースをナポリがいなして時間を消化。90分にグラムの左クロスを受けたインシーニェがナポリ通算50ゴール目を決めて、2-0でタイムアップ。2戦合計スコア4-0としたナポリが本選出場権を手にした。 2017.08.23 05:48 Wed
twitterfacebook
thumb

3冠コンビ、バロテッリ&スナイデルのCL出場可能性にナポリ指揮官は警戒

22日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ、ニースvsナポリを翌日に控え、両指揮官は記者会見に臨んだ。<br><br>1stレグを2-0で制したナポリが優位と見られるが、ニースのホーム、アリアンツ・リヴィエラで行われる2ndレグに向けて、指揮官マウリツィオ・サッリは気を引き締めた。次戦には、筋肉系のトラブルに見舞われていたニースのエース、FWマリオ・バロテッリそしてガラタサライから加入したMFヴェスレイ・スナイデルが名を連ねる。サッリは規格外の2選手のプレーを警戒している。<br><br>「全く別の試合になるだろう。ニースは自分たちの武器に自信を持ってより攻撃的に挑んでくるだろう。より複雑な試合になる。バロテッリとスナイデルは重要な歴史(インテルでの3冠)を担った。試合において決定的な形で爪痕を残せる力がある。我々は上手くニースの攻撃の可能性を阻止しなければならない。1stレグの2-0という結果を忘れるべきだ。スコアをコントロールするのは難しいので、勝ちに行くためにも、自分たちのプレーに徹するべきだ」<br><br>一方ニースの指揮官ルシアン・ファブレは、CL本選初出場へ向けて、経験豊かなバロテッリとスナイデルの2枚看板に期待を寄せている。<br><br>「スナイデルは1試合出場した。(アン・アヴァン)ギャンガン戦で85分間プレーした後の回復状態を見極める。マリオ・バロテッリは予定通り25分間プレーした。非常に集中できている。素晴らしいプレーを見せて、本選出場へ向けて手助けしてくれるだろう。2人の連携についてだが、長い間一緒にプレーしていない。それでもサッカーはできるのだから、お互いに理解できるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ミリク弾など3発でナポリが昇格組ヴェローナに快勝《セリエA》

▽ナポリは19日、セリエA第1節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、3-1で快勝した。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグでニースに2-0と先勝したナポリは、サッリ体制3季目で熟成路線を採る中、ニース戦のスタメンから4選手を変更。メルテンスやアルビオルに代えてミリクやジエリンスキを起用した。 ▽1年でセリエAに復帰し、新戦力のチェルチやカセレスを先発させたヴェローナに対し、開始3分にインシーニェが決定的なシュートを放ったナポリは、18、19分とインシーニェが得意の左45度の位置から際どいシュートを浴びせた。 ▽攻勢を続けるナポリは26分にショートカウンターからカジェホンがシュートに持ち込むも、GKにセーブされる。 ▽それでも32分、ナポリが押し切る。左CKを得てクロスボールを入れると、クリアにかかったスープライェンのオウンゴールを誘った。 ▽さらに39分、ナポリはインシーニェの絶妙な右足アウトにかけたラストパスをボックス右のミリクが右足で決めてリードを広げた。 ▽迎えた後半、2点を追うヴェローナがアグレッシブな入りを見せてきた中、ナポリは53分のヴェルデのボレーシュートをGKレイナが好守で阻止する。 ▽守護神のセーブで2点のリードを保ったナポリは、CKからキリケシュがヘディングシュートを浴びせれば、相手のミスパスからミリクが決定的なシュートを浴びせていく。そしてミリクに代えてメルテンスを投入すると、62分にダメ押しゴールを奪いきった。 ▽浮き球パスに抜け出したメルテンスのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをグラムが詰めて3-0とした。 ▽終盤にかけてもナポリが優勢に試合を運ぶと、78分にはインシーニェがGKを強襲するシュートを浴びせる。しかし82分、ボックス内に侵入したベッサをヒサイが倒して2枚目のイエローカードを受けるとともにPKを献上してしまう。このPKをパッツィーニに決められ、1点を返された。 ▽その後、CKからカセレスに、FKからヴァロティにそれぞれ際どいヘディングシュートを許したナポリだったが、いずれも枠を外れて助かり、3-1で勝利。順当に白星スタートを切っている。 2017.08.20 05:47 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA・シーズンプレビュー】7連覇目指す本命ユーベにナポリ、ローマ、ミラノ勢が挑戦

▽2017-18シーズンのセリエAが19日に開幕する。昨季はローマとナポリの健闘が光ったものの、ユベントスの史上初の6連覇で幕を閉じた。一強時代を長らく築いてきた王者ユベントスだが、新シーズンはミラノ勢の復活が期待でき、群雄割拠のスクデット争いが繰り広げられそうだ。また、チャンピオンズリーグ出場枠がこれまでの3枠から4枠に増えることもあってスクデット争いのみならず上位争いも例年以上に盛り上がりを見せることが期待される。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/2017-18seriea_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><B>◆ボヌッチとD・アウベス流出で目指す7連覇~ユベントス~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_44_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽就任4季目のアッレグリ監督率いる本命のユベントスだが、守備の要であり攻撃の起点ともなっていたDFボヌッチがアッレグリ監督との確執からミランへ電撃移籍したことは大きな戦力ダウンとなる。また、未だに世界最高の右サイドバックであることを証明し、ストロングポイントとなったDFダニエウ・アウベスが退団したのも痛手だ。 ▽守備面でネガティブな要素がある一方、攻撃面では打開力に優れる高速ウインガーのFWドグラス・コスタ、次代のアッズーリを担うFWベルナルデスキを獲得できた点は、オフェンスのバリエーションを増やす意味でプラスに働きそうだ。10番を背負うことになったFWディバラ、エースFWのイグアインらと、彼らがどのような連係を築いていけるかによって、守備面での不安を圧倒的な攻撃力で打ち消せるかどうかの分岐点となる。さらに懸案だった中盤には攻守両面で幅広くピッチをカバーできるマテュイディを2年超しに獲得できたのも好材料だ。 <B>◆熟成路線で悲願達成へ~ナポリ~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_31_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユベントスの対抗に推したいのは現在のセリエAで最もスペクタクルなサッカーを展開するナポリだ。3季目を迎えるサッリ監督に率いられたチームは主力に流出がなく、DFマリオ・ルイとMFウナスのみを補強し、バックアッパーを充実させるに留まった。 ▽それでも、1989-90シーズン以来となる悲願のスクデット獲得へ向けて熟成路線で十分に狙えるチーム力を誇っている。得点力を開花させたFWメルテンス、一流選手に成長したFWインシーニェ、ケガの癒えたFWミリクらアタッカーをキャプテンのMFハムシクがいかにオーガナイズしていけるかがナポリの悲願が成就するかどうかの鍵となる。 <B>◆新監督の手腕次第~ローマ~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_32_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ナポリの次に推したいのがディ・フランチェスコ監督を迎えたローマだ。サッスオーロをヨーロッパリーグ出場に導くなど着実に実績を積み上げたローマの2000-01シーズンのスクデットメンバーであるディ・フランチェスコ監督は、FWサラー、MFパレデス、DFリュディガー、GKシュチェスニーといった主力を失った中、スクデット獲得を目指すことになる。 ▽主力を一部失った一方、セビージャで多くの好人材を発掘してきた目利きに優れるモンチSD(スポーツ・ディレクター)によってDFモレーノ、DFコラロフ、MFゴナロン、MFペッレグリーニ、FWデフレル、FWジェンギズといった名より実を取った補強を実施。昨季15ゴールを挙げた快速アタッカーであるサラーの抜けた穴を埋めるのは至難の業だが、新戦力たちをディ・フランチェスコ監督がいかに機能させていくかがダイレクトにチームの結果に直結しそうだ。 <B>◆大型補強敢行で一新~ミラン~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_33_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽近年不振が続いていたミランが中国資本をバックに大型補強を敢行し、一気に新シーズンの目玉チームに変貌している。一時は移籍確実と見られたGKドンナルンマの残留を皮切りに、DFボヌッチの電撃加入。ポルトガルの次代を担うストライカーのFWアンドレ・シウバ、ブンデスリーガからFK達人のMFチャルハノールと、高精度クロスが売りのDFリカルド・ロドリゲス、躍進のアタランタからMFケシエとDFコンティ、ベテランMFのビリアとDFムサッキオとレギュラークラスをこぞって獲得した。 ▽獲得してきた選手たちの実力は確かなだけに、手腕に定評のあるミラン2季目のモンテッラ監督がいかに新戦力たちをスムーズにフィットさせていくかがスクデット争いに食い込めるかのポイントとなりそうだ。最低でも4位以内を確保し、チャンピオンズリーグ出場権を獲得することがファイナンシャル・フェアプレーを考慮するとノルマとなる。 <B>◆スパレッティ招へいが最大の補強~インテル~</B><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170815_34_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季は2度の監督交代を行うなど、不安定なシーズンを過ごした。そんなインテルにとってローマで好結果を残し続けてきたスパレッティ監督を引き抜けたのは、何よりの補強と言える。 ▽なりふり構わない補強を敢行したライバルのミランに対し、インテルは要所に的確な補強を施した印象だ。リーグ屈指の攻撃陣に比べ、脆弱な守備陣にパワー系センターバックのDFシュクリニアル、リーグ・アン最高の左サイドバックと評されるDFダウベルト・エンリケを補強。そしてフィオレンティーナの中盤の要であったMFボルハ・バレロとMFヴェシーノを両獲りするなど、実力者を加えた。実績十分の指揮官と、ウィークポイントを確実に補った新戦力がうまく融合すれば、リーグ戦一本に集中できることもあってスクデット争いに十分絡める陣容と言えそうだ。プレシーズンマッチで一定の存在感を示して構想外を免れたDF長友佑都だが、ダウベルトとのポジション争いは厳しいものとなりそうだ。 <B>◆SPAL、ベネヴェントは生き残れるか~昇格組~</B> ▽例年、苦戦を強いられる昇格組だが、新シーズンも1年での復帰を果たしたヴェローナ以外は厳しい戦いを強いられそうだ。資金力にある程度余裕のあるヴェローナはFWカッサーノこそ電撃引退したものの、FWパッツィーニ、FWチェルチ、DFカセレスにDFウルトーとセリエAでの実績が十分な有力選手たちを揃え、残留できるだけの戦力を整えている。 ▽一方でSPALとベネヴェントは苦戦必至のシーズンを送ることになりそうだ。まずはセリエBで優勝し、49年ぶりのセリエA昇格を果たしたSPALだが、守護神のGKメトレを再レンタルできたのは幸運だったものの、新戦力として獲得したのはFWパロスキにMFヴィヴィアーニ、DFマッティエッロにDFフェリペとかなり小粒な感は否めない。 ▽そしてセリエBで5位となりながら昇格プレーオフでセリエA初昇格を勝ち取ったベネヴェントは、さらに苦しい。セリエBで15ゴールを挙げたFWコーダのみが期待できる新戦力で、彼以外はビッグクラブで出場機会を得られない若手のみと、セリエA残留を果たせれば偉業と言えそうだ。 2017.08.19 12:01 Sat
twitterfacebook
thumb

メルテンスの1G+PK獲得でナポリが9人のニースに快勝《CLプレーオフ》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグのナポリvsニースが16日に開催され、2-0でナポリが先勝した。 ▽昨季のセリエAで3位となったサッリ監督3季目のナポリは、今季初の公式戦に向けてハムシクやインシーニェ、メルテンスら昨季の主力を起用した。 ▽一方、予選3回戦でアヤックスに対し2戦合計スコア3-3となりながらもアウェイゴール差で勝ち上がった昨季リーグ・アン3位のニースは、リーグ戦2連敗スタートとなった中、直近のトロワ戦のスタメンからスラルフィに代えてジャレのみを変更した。 ▽5バックを敷いてきたニースに対し、ナポリが立ち上がりから押し込むと、8分に決定機を演出。ハムシクの絶妙なフィードに反応し、ボックス内でフリーとなったカジェホンがヘディングシュート。しかし、枠の上に外してしまった。 ▽それでも13分、インシーニェのフィードに抜け出したメルテンスが飛び出したGKカルディナーレを交わして無人のゴールにシュートを流し込み、ナポリが先制した。 ▽ゴール後にもカジェホンの抜け出しで揺さぶったナポリは、21分にメルテンスがゴール至近距離から枠内シュートを浴びせる決定機を演出。これはGKの守備範囲に飛んだが、前半半は以降も敵陣でのプレーを続けていった。 ▽劣勢のニースは35分に中盤から飛び出したコジエッロが、40分にサン=マクシマンが決定的なシュートをそれぞれ浴びせるもいずれも枠を捉えきれない。 ▽ひやりとしたナポリは前半終盤、インシーニェのミドルシュートやアルビオルのヘディングシュートでゴールに迫ったが、前半を1点のリードで終えた。 ▽後半開始直後にインシーニェのボレーシュートでゴールに近づいたナポリは、51分にも決定機。メルテンスのミドルシュートをGKが弾いたルーズボールを、インシーニェがプッシュ。しかし、左ポストに阻まれた。 ▽追加点のチャンスを決めきれないナポリは、57分にプレアのミドルシュートでゴールを脅かされると、ハムシクに代えてジエリンスキを投入する。 ▽すると66分、インシーニェがミドルシュートでGKを強襲。そして69分、メルテンスがボックス左に侵入したところでジャレに倒されてPKを獲得。これをジョルジーニョが確実に決めて待望の追加点を獲得した。 ▽続く76分にインシーニェが決定的なシュートを浴びせたナポリは、79分に数的優位となる。コジエッロがジエリンスキを削って一発退場となった。さらに抗議でプレアが2枚目のイエローカードを受け、ニースは9人となってしまう。 ▽その後、ミリクに決定機があったものの決めきれなかったナポリは、2-0で先勝。22日に敵地で行われる2ndレグに向けてアドバンテージを得ている。 2017.08.17 05:41 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース