イカルディ&バネガのWトリプレッタのインテルがアタランタを7発粉砕《セリエA》2017.03.13 00:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節インテルvsアタランタが12日に行われ、7-1でインテルが圧勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場はしなかった。

▽前節カリアリ戦を5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。そのインテルはカリアリ戦と同様のスタメンを送り出した。

▽対する5位アタランタ(勝ち点52)は、前節フィオレンティーナ戦では優勢ながらも0-0に終わった。そのアタランタはA・マジエッロが出場停止となった一方、ケシエが出場停止から復帰した。

▽立ち上がりから主導権争いが続いた中、ペターニャのポストプレーを起点に徐々に流れを引き寄せたアタランタは8分、アレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでゴールに迫る。

▽しかし17分、インテルが最初のチャンスを生かす。バネガの直接FKは壁に当たるも、ルーズボールをボックス中央のイカルディが蹴り込んで先制点をもたらした。

▽さらに23分、イカルディがボックス内でスピナッツォーラとうまく入れ替わると、飛び出したGKベリシャに倒されてPKを獲得。これを自らイカルディがクッキアイオで決めて追加点を獲得した。

▽そして26分、CKのショートコーナーを受けた右サイドゴールライン際のバネガのクロスをニアサイドのイカルディが頭で合わせてネットを揺らし、9分間でハットトリック達成。続く31分にはボックス右ゴールライン際からのカンドレーバの折り返しをバネガが合わせて4-0としたインテルは、34分にもカンドレーバの右サイドからの折り返しをバネガが合わせて5-0とした。

▽その後、42分にフロイラーにドリブルシュートを決められたインテルだったが、5-1で前半を終えた。

▽迎えた後半開始7分、インテルがさらに1点を追加する。ボックス左のバネガの横パスをガリアルディーニがダイレクトでゴール左上へ叩き込んだ。

▽ガリアルディーニの古巣への恩返し弾で6-1としたインテルは、アレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKハンダノビッチが好守で阻止する。すると68分、ゴール正面で得たFKをバネガがゴール右へ決めてイカルディと共にハットトリック達成。

▽7-1としたインテルは終盤にかけてアタランタに何もさせずに圧勝。CL出場権争いに食らいついている。

コメント

関連ニュース

thumb

バレンシア、財政難でMFコンドグビア買い取り断念か

▽スペイン『マルカ』は、バレンシアがフランス代表MFジェフリー・コンドグビア(25)の買い取りオプションを行使するには財政的に難しいと伝えている。 ▽『マルカ』によると、収入の減少や欧州連合(EU)からの利息額の返還要求などで財政難に陥っているバレンシアが、コンドグビアの買い取りオプション“2500万ユーロ(約33億円)”を行使するには、主力選手を数名売り払う必要があるという。 ▽また、同紙はバレンシアが今冬の移籍市場でアーセナルからフランス人MFフランシス・コクラン(26)を完全移籍で獲得したことに触れ、万が一コンドグビアの買い取りが失敗しても、その影響は軽減されたと伝えている。 ▽今季インテルからレンタル移籍で加入したコンドグビアは、ここまで素晴らしいパフォーマンスを披露しており、公式戦25試合で3ゴールを記録。3位と躍進するクラブを中盤の底から支えている。 2018.02.20 03:40 Tue
twitterfacebook
thumb

「インテルは7,8人がほかを排除しようとしていた」。元監督が異様な状況を明かす

▽元インテル監督のフランク・デ・ブール氏が、イタリアでの経験を振り返った。オランダ『Ziggoスポーツ』に対するコメントをイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが伝えた。 ▽デ・ブール氏は2016年8月にインテルの監督に就任したが、周囲の信頼を得るには至らず、同年11月に解任された。 ▽同氏は「インテルでは7、8人の選手がほかを排除しようとした。経験したことがなかった。私の練習は役に立たないもののように扱われた」と、古巣について語っている。 ▽インテルでの練習は「まさに混乱だった」とデ・ブール氏。「選手たちは好き勝手やっていた。ベースとなるポジションを定めようとしたが、あんなのは見たことがなかった。アヤックスのユースチームの選手たちの方がよくやっていたくらいだ」。 ▽インテルは当時、シーズン開幕直前にロベルト・マンチーニ監督がクラブを去り、急きょデ・ブール氏を招へいしていた。 2018.02.20 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

負けて4位のインテル、第25節を終え不振の昨季と同ポイント&同ゴール数に

セリエA第25節を終え、インテルは昨シーズンと同じ48ポイントにとどまっている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が18日、報じた。<br><br>今シーズン、ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは、開幕直後から12月上旬にかけて、無敗の快進撃を続け、一時はナポリやユベントスを抑え、順位表でトップに立った。しかし、12月3日のキエーボ戦(5-0)を最後に、約2カ月間、勝利から遠ざかると、優勝争いからずるずると後退。前節のボローニャ戦(2-1)において、久々の勝利を手にしたのだが、17日のジェノア戦(0-2)では敗れ、再び勢いは止まった。<br><br>インテルは現在、25試合を終えて48ポイントで4位につけるが、この成績はフランク・デ・ブールおよびステファノ・ピオリが指揮した昨シーズンと重なる。昨シーズンは第25節を終えて15勝7敗3分。13勝3敗9分の今シーズンより、勝利が多かった分、負けも多く、同ポイントとなった。また不振が大々的に報じられた昨シーズンとは、ポイントだけにとどまらず、ゴール数も40得点と重なる。<br><br>開幕後の&ldquo;好調&rdquo;から一転、昨年と同レベルの&ldquo;不振&rdquo;に陥ったスパレッティは、『Raiスポーツ』のインタビューにおいて、「フロントとは関係にひびが入ったわけではないが、私の仕事を分析するだろうし、決断を下す可能性だってある。幹部が私を評価するのは普通のことだ」と述べ、覚悟を決めている。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 18:47 Mon
twitterfacebook
thumb

40歳ブッフォンの来季の可能性にトルド氏「フィジカルが昔と違う。私なら辞める」

元イタリア代表GKのフランチェスコ・トルド氏が18日、イタリアメディア『Tgcom24』のインタビューにおいて、ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンについて、自身の見解を示した。<br><br>40歳の守護神は当初、チャンピオンズリーグ(CL)でユベントスが優勝しない限り、今年行われるロシア・ワールドカップ終了後の現役引退を示唆していた。しかし、イタリアは11月のW杯欧州予選プレーオフでスウェーデンに敗れて本大会出場を60年ぶりに逃したほか、ブッフォン自身は12月に負傷。今シーズン中に予定されていたセリエA最多出場記録の更新も不可能になった。<br><br>このためブッフォンは、チームや同僚の事情を考慮しつつ、来シーズンの現役続行を検討し始めているが、トルド氏は後輩の去就について考えを述べた。<br><br>「プレーを続けられるか? 難しい質問だね。本人だけしか分からないことだ。まだ闘争心を保っているからこそ、若手選手以上のパフォーマンスを見せられるのだろう。だが残念なことに、フィジカルが以前とは違う。ただ彼は非常に頭が良く、それがいつも彼の強みだった。それからCLの結果にもよるだろう。だが私が彼の立場だったら、今シーズン終了後に辞めると思う」<br><br>一方、今シーズン序盤の快進撃とは裏腹に、不振にあえぐ古巣インテルについても言及している。<br><br>「素晴らしいスタートだっただけに、インテルへの期待が高まっていた。それからクリスマスを前に行き詰ってしまった。不振から抜け出せることを願っている。(ルチアーノ)スパレッティは偉大な指揮官だから、諸問題を解決してくれるだろう」<br><br><br>提供:goal.com 2018.02.19 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

名将スパレッティでもインテルは変わらない…? 勝ち点は昨季と同じ

▽不振が続くインテルは、結局昨シーズンとほぼ同じだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 ▽インテルはセリエA第25節まで消化して4位。獲得した勝ち点は48で、昨季の25節終了時と同じである。 ▽昨シーズンのインテルは、フランク・デ・ブール監督が11月に解任され、ステファノ・ピオリ現フィオレンティーナ監督が後を引き継いだ。最終的な順位は7位で、ネガティブなシーズンとなっている。 ▽ルチアーノ・スパレッティ監督を招へいした今シーズンのインテルは、序盤戦で絶好調だったが、一気に調子を落とした。第24節ボローニャ戦で久々の白星を手にしたあと、第25節ジェノア戦で再び負けており、ファンも苛立ちを抱えている。 ▽この結果、「スパレッティのインテル」と「デ・ブール&ピオリのインテル」が並んだ。 ▽今季も昨季も4位で勝ち点48は同じ。昨季は15勝3分け7敗で、今季は13勝9分け3敗となっている。 ▽インテルはここから調子を上げて、チャンピオンズリーグ出場権という目標を達成できるか。スパレッティ監督の手腕に注目だ。 2018.02.19 07:24 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース