イカルディ&バネガのWトリプレッタのインテルがアタランタを7発粉砕《セリエA》2017.03.13 00:56 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節インテルvsアタランタが12日に行われ、7-1でインテルが圧勝した。インテルのDF長友佑都はベンチ入りも出場はしなかった。

▽前節カリアリ戦を5発圧勝して勝利を取り戻した6位インテル(勝ち点51)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位ナポリを6ポイント差で追走。そのインテルはカリアリ戦と同様のスタメンを送り出した。

▽対する5位アタランタ(勝ち点52)は、前節フィオレンティーナ戦では優勢ながらも0-0に終わった。そのアタランタはA・マジエッロが出場停止となった一方、ケシエが出場停止から復帰した。

▽立ち上がりから主導権争いが続いた中、ペターニャのポストプレーを起点に徐々に流れを引き寄せたアタランタは8分、アレハンドロ・ゴメスがミドルシュートでゴールに迫る。

▽しかし17分、インテルが最初のチャンスを生かす。バネガの直接FKは壁に当たるも、ルーズボールをボックス中央のイカルディが蹴り込んで先制点をもたらした。

▽さらに23分、イカルディがボックス内でスピナッツォーラとうまく入れ替わると、飛び出したGKベリシャに倒されてPKを獲得。これを自らイカルディがクッキアイオで決めて追加点を獲得した。

▽そして26分、CKのショートコーナーを受けた右サイドゴールライン際のバネガのクロスをニアサイドのイカルディが頭で合わせてネットを揺らし、9分間でハットトリック達成。続く31分にはボックス右ゴールライン際からのカンドレーバの折り返しをバネガが合わせて4-0としたインテルは、34分にもカンドレーバの右サイドからの折り返しをバネガが合わせて5-0とした。

▽その後、42分にフロイラーにドリブルシュートを決められたインテルだったが、5-1で前半を終えた。

▽迎えた後半開始7分、インテルがさらに1点を追加する。ボックス左のバネガの横パスをガリアルディーニがダイレクトでゴール左上へ叩き込んだ。

▽ガリアルディーニの古巣への恩返し弾で6-1としたインテルは、アレハンドロ・ゴメスのミドルシュートでゴールを脅かされるも、GKハンダノビッチが好守で阻止する。すると68分、ゴール正面で得たFKをバネガがゴール右へ決めてイカルディと共にハットトリック達成。

▽7-1としたインテルは終盤にかけてアタランタに何もさせずに圧勝。CL出場権争いに食らいついている。

コメント

関連ニュース

thumb

前節先発落ちも伊紙が長友佑都の重要性を説く「温存されたナガトモはインテルの主軸」

インテルに所属する日本代表のDF長友佑都について、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』はルチアーノ・スパレッティ率いるチームでは主軸であることに変わらず「温存」されたと論じた。<br><br>19日に行われたセリエA第13節アタランタ戦(2-0でインテルが勝利)において、これまでほとんど出場機会が与えられていなかったDFダヴィデ・サントンが左サイドバックにサプライズで先発起用された。この試合でベンチスタートとなった長友について、休養が与えられたと分析されている。<br><br>長友には、「昨シーズン終盤に(抗議の)口笛が浴びせられたが、今シーズンはロッカールームへ向かう際、まさにスタンディングオベーションで見送られた」と振り返り、昨シーズンと比較し、チーム内で長友の立場が大きく変わったことに言及。「これまで左サイドで9試合に先発し、場合によっては(右サイドのダニーロ)ダンブロージオの代わりを務めることもできる」と綴り、両サイドをこなせる長友がインテルにおける貴重な戦力であることを強調した。<br><br>一方で同じポジションのライバル、ダルベルトは今夏ニースから加入したものの、現在もイタリアへの適応が遅れており、「セリエAにおいて直近の6試合での出場は0分」となっている。ブラジル人選手は2000万ユーロ(約26億円)に及ぶ高額な移籍金で加入しただけに、スパレッティは焦って起用してキャリアを潰すようなことはせず時間を与えているようだが、ダルベルトの奮起は期待されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.23 16:56 Thu
twitterfacebook
thumb

パストーレ、どこに行く? セビージャも獲得レースに名乗り

▽パリ・サンジェルマン(PSG)で将来が不透明な状況に陥るアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(28)にリーガエスパニョーラ挑戦の可能性が浮上した。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 ▽2011年にパレルモからPSG入りしたパストーレ。だが、近年は度重なる故障や、ブラジル代表FWネイマールら有力なタレントの加入に伴い、定期的な出場機会を確保できず、PSGの放出リストに名が挙がっているとみられている。 ▽そのアルゼンチンのファンタジスタを巡っては現在、バレルモ時代に慣れ親しんだセリエAのユベントスやインテルの興味が伝えられるほか、プレミアリーグのチェルシーやリバプールも後に続いているという。 ▽だが、その獲得レースにリーガエスパニョーラからもセビージャが参戦の意向を示している模様。伝えられるところによれば、セビージャは2000万ユーロ(26億3000万円)で獲得できると自信を深めているようだ。 2017.11.22 13:25 Wed
twitterfacebook
thumb

復調気配も…マドリ―はベンゼマに変わりインテルFWに熱視線!? 元清水のあの選手が証言!

▽レアル・マドリーが新たなストライカーの獲得に興味を持っているようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽マドリ―ではこれまでフランス代表FWカリム・ベンゼマがセンターフォワードのポジションを勝ち取っていた。しかし今シーズンは不振に陥っており、リーグ戦8試合で1ゴールにとどまっている。 ▽21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節のアポエル戦では2ゴールを奪うなど復調気配があるベンゼマだが、クラブは同選手のパフォーマンスに満足していないようで、すでに新たなストライカーを探しているという。 ▽『マルカ』によると、マドリ―はインテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディに興味を持っているようだ。さらに同メディアは、かつてフィオレンティーナやミラン、さらに清水エスパルスで活躍した元イタリア代表FWダニエレ・マッサーロ氏のコメントを引用。「来年、イカルディはベンゼマのポジションでプレーしているだろう」と、来夏のマドリ―入りを予想した。 ▽2013年からインテルでプレーするイカルディは、同クラブのキャプテンとして活躍中。今シーズンはリーグ戦13試合で13ゴールをマークし、得点ランキングでは2位につけている。なお、同選手は2016年10月に、インテルとの契約を2021年まで延長しており、契約解除金は1億ユーロ(約131億7800万円)以上になると見られている。 2017.11.22 10:28 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初先発の長友佑都ライバル、ポジション争いに自信「ここで幸せ。準備はできているよ」

インテルは、19日に行われたセリエA第13節のアタランタ戦に2-0で勝利した。この試合で今季初先発を飾ったDFダビデ・サントンは、勝利を喜びつつ、ルチアーノ・スパレッティ監督との間に問題はないと語っている。<br><br>ここまでリーグ戦無敗をキープし、難敵アタランタをホームに迎えたインテル。51分にFKからエースのイカルディの頭のゴールで先制すると、さらにその8分後に再びイカルディがヘディングで決め、相手の攻撃を最後までシャットアウト。リーグの無敗記録を「13」にまで伸ばしている。<br><br>この試合で、日本代表DF長友佑都に代わって左サイドバックで先発したサントンは、今季初の先発フル出場を果たしている。26歳のイタリア人は、フル出場は「幸せ」と語りつつ、難敵相手の勝利を喜んでいる。<br><br>「約1年ぶりのフル出場は嬉しかったよ。アタランタと対戦するのはいつだってハードだ。今日も難しかったけど、勝利と2位浮上は良いことだね。多彩でフィジカルなベルガモのチーム相手に良い試合ができたし、クリーンシート達成は誇らしいことだと思うよ。僕らは試合毎に改善しているし、良い準備をしてきたから、勝利に値しただろう」<br><br>今季は長友の活躍もあり、ここまで出場時間は7分にとどまっていたサントンだが、スパレッティ監督とは問題はないとし、ポジション争いの準備はできていると語っている。<br><br>「スパレッティとの間には、誠実でリスペクトを持った関係性がある。僕はインテルを愛している。クラブとファンはシンプルに最高だ。定位置争いの準備はできている。監督の選択に従うし、選手は選ばれたらいつでもプレーする準備をしないとね」<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.21 13:48 Tue
twitterfacebook
thumb

長友に代わって先発のDF、インテル勝利も最低評価「興味深い決断だった」

インテルのDF長友佑都に代わって先発でチャンスを得たDFダビデ・サントンだったが、アピールに失敗している。<br><br>インテルは19日、セリエA第13節でアタランタと対戦。この試合で左サイドバックを務めたのは長友でも今夏加入したダウベルト・エンリケでもなく、リーグ戦でいまだ先発出場のなかったサントンであった。<br><br>試合はエースのマウロ・イカルディが2ゴールを挙げてインテルが勝利。開幕からの無敗を守り、2位をキープしている。しかし、リーグ戦初先発のサントンの評価は厳しいものとなった。<br><br>『フットボール・イタリア』では、サントンに対してチーム最低タイとなる「5」の採点を与え、以下のように寸評を記した。<br><br>「今季セリエAでは初先発となったが、(イヴァン)ペリシッチとの関係性と最後のボールの供給に苦しんだ。長友佑都とダルベルトをベンチに置いたことを考えれば、サントンを先発にするというのは興味深い決断だった」<br><br>なお、最高は「9」を獲得したイカルディとなっている。9月24日ジェノア戦以来の出番なしに終わった長友だが、次節のカリアリ戦では再び出場機会が巡ってくることが期待される。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.20 13:12 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース