フットサル界の“レジェンド”、ペスカドーラ町田のFP甲斐修侍が負傷…現役最後の全日本フットサル選手権は出場できず…《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.12 17:16 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ペスカドーラ町田は11日、今シーズン限りで現役引退を発表しているFPP甲斐修侍の負傷を発表した。

▽クラブ公式サイトによると、甲斐は8日に行われたトレーニング中に負傷。右足関節列離骨折、右足関節三角靭帯断裂により、全治2カ月となった。そのため、決勝トーナメントから出場する第22回全日本フットサル選手権ではプレーすることが不可能となり、ゼビオFリーグでの出場が現役最後のプレーとなった。

▽なおペスカドーラ町田は、今シーズンのゼビオFリーグプレーオフFinal Roundに進出したために、第22回全日本フットサル選手権は決勝トーナメントからの出場となる。昨シーズンの同大会ではクラブ史上初となる優勝を達成しており、これまでに名古屋オーシャンズだけが成し遂げた同大会連覇を目指す。

コメント

関連ニュース

thumb

すみだが1点差を守りきり府中との準決勝へ!! 前回王者の町田が早くも姿を消す…《第22回全日本フットサル選手権》

▽18日に東京の国立代々木競技場第一体育館で、第22回全日本フットサル選手権準々決勝、フウガドールすみだ(Fリーグ/東京都)とペスカドーラ町田(Fリーグ/東京都)の東京ダービーが行われ、2-1ですみだが勝利した。 ▽準々決勝第3試合では、1次ラウンドのグループDを首位で通過したすみだと、Fリーグ2016/2017プレーオフFinal Roundに進出した町田のダービーマッチとなった。試合はお互いに相手陣内までボールを運ぶことができるもののフィニッシュの形が作れない硬い展開となった。 ▽それでも5分にすみだはボックス右でボールを受けた清水が反転シュートを放つと、6分には栗本がミドルシュートで町田を脅かす。町田も7分に横江が仕掛けてシュートまで持ち込んだが、ここはサイドネットを揺らした。 ▽7分にはすみだが太見の落としから宮崎がダイレクトで狙ったが、クロスバーを超える。19分には町田が右キックインの流れで森岡が入れたシュート性のパスに金山が飛び込むが合わせられず。前半終了間際にはお互いにチャンスを作り出したが決めきれないままハーフタイムを迎えた。 ▽後半は立ち上がりに試合が動きを見せる。開始53秒、ボックス内でボールを受けた宮崎が中央から左に流れると見せかけてフェイントを入れる。マーカーの体勢を崩すと右足で蹴り込んですみだが試合の均衡を破った。 ▽このゴールで勢いに乗ったすみだは24分、ロングボールに抜け出した清水が反転シュートを狙うがここは枠を外してしまった。26分には滝田がボールをかぶったところを見逃さなかった太見が右サイドから逆サイドにパス。宮崎がGKと一対一を迎えるが、ループシュートはイゴールに止められて追加点とはならない。それでも28分、相手陣内でロングボールの落としを受けた清水がネットを揺らして、すみだが2点目を奪った。 ▽リードを広げられた町田は29分に森岡が強引にシュートまで持ち込むが決めきれず。35分には左CKの流れで金山が逆サイドで合わせるがここも決めきれず。すると町田は36分から篠崎をGKに置いたパワープレーを開始。37分には横江、篠崎とつないで最後は金山がフィニッシュに持ち込むが、ここでもボールは枠を捉えきれない。 ▽しかし38分には右サイドの深い位置でボールを受けた金山の折り返しを森岡がねじ込んで町田が1点差に迫る。残り25秒では篠崎の強烈な左足のミドルシュートが枠を捉えたが、GK大黒がセーブ。試合はそのまま終了を迎え、すみだが府中の待つ準決勝に進出。一方、前回大会の王者である町田はベスト8での敗退となった。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">フウガドールすみだ 2</span>-1 ペスカドーラ町田 【すみだ】 宮崎曉(21分) 清水和也(28分) 【町田】 森岡薫(38分) 2017.03.18 17:18 Sat
twitterfacebook
thumb

プレーオフを勝ち上がった町田が年間1位の大阪を下して優勝決定は明日に持ち越し!!《ゼビオFリーグ》

▽3日に岸和田市総合体育館でSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017 プレーオフFinal Round第1戦のシュライカー大阪vsペスカドーラ町田が行われ、3-2で町田が勝利した。 ▽レギュラーシーズンを1位で終えた大阪と、レギュラーシーズンを3位で終えるもプレーオフを勝ち進み大阪への挑戦権を獲得した町田が、今シーズンの優勝を決する一戦に臨んだ。試合は開始からわずか40秒ほどで、町田のエースであるFP森岡薫が右足ハムストリングを負傷。そのままピッチを後にするなど、町田に嫌なムードが漂う。 ▽しかし9分に大阪の裏を取ったFP本田真琉虎洲がGKとの一対一を制して町田が先制する。さらに12分にも同様の形で抜け出した本田がこれも決め切り2点目を奪取。勢いに乗る町田は、14分に高い位置でボールを奪ったFP室田祐希がそのままゴールを奪い切り、町田が3-0と大阪を大きく突き放して前半を終えた。 ▽劣勢の大阪だが、後半開始からリーグ最多得点の攻撃陣が牙をむく。まずは25分、自陣でボールを奪ってカウンターを開始すると、ボールを運んだFPアルトゥールが右サイドから強烈なシュートを放つと、GKイゴールの牙城を打ち破ってネットを揺らす。さらに28分には町田ゴール前の混戦からGKイゴールが弾いたボールをFP田村友貴が押し込んで一気に1点とした。 ▽レギュレーション上、同点に追いつけば大阪の優勝が決まる中、町田もプレー強度を上げて大阪の攻撃を跳ね返し続ける。後1点が遠い大阪は37分からFP奥田亘をGKのポジションに入れたパワープレーを開始。しかし町田がしっかりと守りきって試合は終了。第1戦は町田が勝利したことで、優勝決定は翌日の第2戦ヘと持ち越しとなった。 2017.03.03 21:31 Fri
twitterfacebook
thumb

Fリーグの歴史がついに動く!! 森岡が古巣から先制弾の町田が、名古屋の10連覇を阻みプレーオフファイナルへ!!《ゼビオFリーグ》

▽25日に墨田区総合体育館でSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017の4/5位決定戦とプレーオフ2nd Roundが開催された。 <div id="ad"></div> ▽前日の試合で敗れたフウガドールすみだと、引き分けながらもレギュレーションにより敗退となった府中アスレティックFCによる4/5位決定戦は、0-4で府中が勝利。名古屋オーシャンズとペスカドーラ町田によるプレーオフ2nd Roundは、3-0で町田が勝利した。 ◆フウガドールすみだvs府中アスレティックFC ▽東京ダービーとなった一戦は、すみだが積極的な入りを見せるも17分にFP渡邉知晃のゴールで府中が先制する。追いかける展開となったすみだだが、決定力不足で得点が奪えずにいると27分にも渡邉がネットを揺らした。 ▽2点のリードとなり優位に試合を運ぶ府中は、37分にショートカウンターからFP柴田祐輔がダメ押しとなる3点目を奪う。するとすみだはGKにFP西谷良介を入れたパワープレーに入る。ところが、試合終了間際に柴田にパワープレー返しを決められて試合は終了。この結果、勝利した府中がレギュラーシーズンの順位をひっくり返して4位でフィニッシュ。敗れたすみだは府中との勝ち点差が「7」ながらも5位となった。 ◆名古屋オーシャンズvsペスカドーラ町田 ▽Final Roundで待つ大阪への挑戦権をかけた一戦は、お互いに球際で激しさを見せる熱い入りとなった。両チームともにチャンスを作りながらも、最後の部分で守備を打破できずゴールレスのまま試合は信仰。しかし15分、FP森岡薫が個人技で、古巣のゴールマウスをこじ開けて町田が先制する。 ▽そのまま前半を終えて迎えた22分、GKイゴールの矢のようなスローからFP金山友紀が頭で決めて、町田がリードを広げる。その後は追いかける名古屋が圧力を強めて町田を押し込んでいくがゴールは遠い。33分からパワープレーに入った名古屋だったが、38分にはGKイゴールのパワープレー返しが決まって勝負あり。町田が名古屋の10連覇を阻み、大阪が待つFinal Round進出を決めた。 2017.02.25 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

守護神・イゴール復帰の町田が浦安との“関東ダービー”を制す!《ゼビオFリーグ》

▽22日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第6節の1試合が行われた。ペスカドーラ町田vsバルドラール浦安の“関東ダービー”は、4-3で町田が勝利した。 <div id="ad"></div> <B>◆ペスカドーラ町田vsバルドラール浦安</B> ▽約1週間の中断期間を経て再開されたリーグ戦。町田は守護神であるフットサル日本代表GKピレス・イゴールが復帰した。試合は9分、ホームの町田がFKを獲得すると、これを横江怜が直接叩き込んで先制する。先制を許した浦安は前半残り59秒、鋭い縦パスに反応した小野大輔がトラップでゴール方向に運び、GKイゴールとの一対一を制して、前半のうちに追いつく。 ▽後半は互いに点の取り合いに。21分に町田の中井健介が勝ち越しゴールを奪えば、浦安は22分に相手陣内で得た間接FKから荒牧太郎がゴール前にボールを入れると、これがディフレクトしてネットを揺らし、すぐさま2-2と追いつく。しかし、30分に中井の強烈なボレーが決まって町田が3度目のリードを手にすると、36分にはカウンターから原辰介が体でボールを押し込んで加点。浦安は小宮山友祐が1点を返すも、町田が逃げ切って4-3で勝利した。 2016.07.22 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

町田とのダービー制した府中が2試合ぶり白星で開幕4戦負けなし《ゼビオFリーグ》

▽1日にSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第4節の1試合が行われた。金曜日唯一の開催となった府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田は、2-1で府中が競り勝った。 ◆府中アスレティックFCvsペスカドーラ町田 ▽ここまで開幕から2勝1分け無敗で上々の滑り出しを見せる府中と、1勝2敗で黒星先行の苦しい入りとなった町田が相まみえた。東京勢による一戦は、府中が2分に左サイドで得たFKのチャンスからキッカーの皆本晃が直接ゴールを決めて先制。ところが、町田も15分に室田祐希のヒールパスから中井健介がネットを揺らして同点に追いつく。 ▽球際に激しく、シュートの打ち合うダービーらしい展開は迎えた後半も続く。その中、39分に第2PKのチャンスを得た府中が山田ラファエルユウゴの一発で勝ち越し。町田とのダービーを制した府中が2試合ぶりの白星で4戦負けなしとした一方で、根負けした町田は前節の名古屋オーシャンズ戦に続く黒星で早くも今シーズン3敗目を喫した。 2016.07.02 00:00 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース