途中出場のハーフナーが貴重な決勝ヘッド! ADOが最下位を脱出《エールディビジ》2017.03.12 13:17 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽11日に行われたエールディビジ第26節のADOデンハーグvsNECは、1-0でADOが勝利した。FWハーフナー・マイクは66分から出場し、チームの決勝点を記録した。

▽残留争いに巻き込まれている最下位のADOにとっては大事な一戦。しかし、前半から決定力を欠き、得点が生まれない。

▽こう着状態を打開しようとADOはグヨン・フェルナンデスに代えて、66分にハーフナー・マイクを投入。すると72分、左サイドで得たFKからのクロスを、ハーフナー・マイクがニアサイドでヘッド。フリーで放たれたヘッドがネットを揺らし、ADOが先制した。

▽結局このゴールが唯一のゴールとなり、ADOが勝利。勝ち点3を積み上げて16位に浮上した。

ADOデンハーグ 1-0 NEC
【ADO】
ハーフナー・マイク(後27)

コメント

関連ニュース

thumb

スランプが続く原口元気、ヘルタ幹部は決断を要求「調子が良いゲンキが必要」

ヘルタ・ベルリンに所属する日本代表FW原口元気はここ数カ月スランプに陥っている。パル・ダルダイ監督はドイツ誌『キッカー』で、問題解決に向けて同選手と「じっくり話すつもり」であることを明かした。<br><br>原口は2016-17シーズン序盤、好パフォーマンスを披露し続け、チームに欠かせない主力選手となっていた。だが昨秋以降は好調を維持できず、ダルダイ監督も同選手が「過剰なモチベーション」を理由に、気負いすぎていることを何度か口にしてきた。原口がその課題を解決できていない状況に、ヘルタの責任者たちも頭を抱えているようだ。<br><br>「調子が良いゲンキが必要」と語るハンガリー人指揮官は『キッカー』に対して「ゲンキと近々にじっくり話すつもりだ。コーヒーとケーキ、そして通訳を用意する」とミーティングを予定していることを明かした。「オープンかつ誠実な対話を求めている。彼の頭の中で何が起こっているのか知りたいんだ。彼がまだ多くのことを理解できていないような気がするのでね」と話している。<br><br>ヘルタと2018年までの契約を結んでいる原口だが、昨秋から続く契約延長交渉は難航中だ。同選手は代理人をヒール・デッカー氏から3年前に浦和レッズからの移籍を担当したトーマス・クロート氏に戻したが、それでも進展が見られない。ミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は「ゲンキは自由になれていない。原因は交渉だね」とコメントし、本人はプレーに集中できていないことを指摘した。<br><br>プレーツSDはまた「彼はこのクラブに早々に馴染み、この3年間の間、常に我々の助けとなる時期を迎えてきた。そういったフォームを取り戻してほしい」とも言及。新契約について「このテーマを早く片づけなければならない。我々は(彼側の)決断を必要としている」と原口サイドの決断を求めた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.27 20:18 Thu
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタットが元U-19日本代表MF渡邊凌磨と2019年6月まで契約延長…来季はトップ昇格へ

▽インゴルシュタットは26日、日本人MF渡邊凌磨(20)との契約延長を発表した。新契約は2年間で2019年6月30日までとなる。 ▽前橋育英高校出身の渡邊は、高校3年次に全国高校サッカー選手権大会で準優勝に貢献。その後早稲田大学へと進学するも、2015年9月にインゴルシュタットのU-23に加入していた。渡邊はトップチームでの出場こそないものの、トレーニングやテストマッチではプレー。来シーズンからはトップチームに昇格する予定とのことだ。 ▽スポーツディレクターを務めるトーマス・リンケ氏は渡邊との新契約についてコメント。高く評価していると語った。 「渡邊凌磨はU-23で目覚ましい成長を遂げている。彼はテストマッチだけでなく、プロの選手とのトレーニングにも定期的に参加しており、技術とゲームでの賢さで我々を納得させた」 ▽インゴルシュタットは、今シーズンのブンデスリーガで30試合を終えて勝ち点28と降格圏の17位に低迷。プレーオフ圏の16位アウグスブルクとは勝ち点差4、残留圏の13位マインツ、14位ヴォルフスブルク、15位ハンブルガーSVとは勝ち点差5と熾烈な残留争い中となっている。残り4節のインゴルシュタットの成績にも注目だ。 2017.04.27 12:06 Thu
twitterfacebook
thumb

試合終盤のOGで逃げ切ったアーセナルが公式戦3連勝! 岡崎途中出場のレスターは5戦未勝利…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第28節延期分のアーセナルvsレスター・シティが26日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-0でアーセナルが勝利した。レスターの日本代表FW岡崎慎司は、70分からプレーした。 ▽3月11日に行われたFAカップ準々決勝にアーセナルが出場したため、順延となっていた一戦。公式戦2連勝中で復調の兆しを見せる7位アーセナル(勝ち点57)は、直近に行われたFAカップ準決勝のマンチェスター・シティ戦からスタメンを4人変更。ジルー、チェンバレン、ラムジー、ホールディングに代えてウォルコット、コクラン、ギブス、ベジェリンをスタメンで起用した。 ▽一方、対戦相手のトッテナムがFAカップ準決勝に出場したため、中7日と休養十分の15位レスター(勝ち点37)は、ヴァーディとウジョアを2トップに配置した[4-4-2]のフォーメーションを採用。岡崎はベンチスタートとなった。 ▽試合はアーセナルが前線からプレッシングを仕掛けて主導権を握りにかかる。しかし、最初のチャンスはレスターに生まれる。7分、バイタルエリア左手前で獲得したFKがサンチェスのクリアミスを誘発すると、マフレズとのパス交換でオルブライトンがボックス左へ侵入。折り返したボールをヴァーディがシュートするも、サイドネットに外れた。 ▽拮抗した展開で試合が進む中、レスターは22分にフックスのロングスローから決定機。相手DFのクリアミスをファーサイドのマフレズがハーフボレーで狙ったが、これはGKチェフのファインセーブに阻まれた。 ▽ゴールの遠いアーセナルは27分、ボックス右でパスを受けたベジェリンのロストボールをボックス内で拾ったウォルコットがカットインから右足を振り抜く。だが、これはGKシュマイケルのセーブに防がれた。 ▽ボールポゼッションでレスターを圧倒するアーセナルは、人数を掛けてレスターゴールに迫る場面を見せていくが、レスター守備陣を崩しきれない。前半終了間際の45分には、ボックス左手前でパス受けたサンチェスがカットインからミドルシュートを放つも、クロスバーに嫌われ、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、最初の決定機はアーセナルに訪れる。55分、右サイドからカットインしたベジェリンのパスをゴール前で受けたサンチェスがシュートモーションに入るも、これは素早くプレスをかけたベナルアンのクリアに阻まれる。 ▽さらにアーセナルは65分、ショートCKの流れからボックス右手前でボールを受けたベジェリンがクロスを供給。これをゴール前のコシエルニが頭で合わせるが、これはGKシュマイケルの正面を突いた。 ▽ゴールレスが続く中、先に動いたのはアーセナル。68分、ギブスを下げてウェルベックを投入。[3-4-3]からサンチェスを1トップに配置した[4-2-3-1]に布陣を変更した。一方のレスターは70分、ウジョアを下げて岡崎をピッチに送り出した。 ▽さらにアーセナルのヴェンゲル監督は、75分にウォルコットとコクランを下げてジルーとラムジーを投入。すると、この交代でチャンスを作り出したのはレスター。78分、ロングパスのクリアボールをマフレズが頭で繋ぐと、これを受けた岡崎がボックス右まで持ち込みシュート。しかし、これはガブリエウのスライディングブロックに阻まれた。 ▽試合も終盤に差し掛かり、ゴールレスのまま試合終了かと思われたが86分、アーセナルに待望のゴールが生まれる。モンレアルのパスで左サイドを抜け出したサンチェスがクロス供給。このセカンドボールをボックス手前でエジルが繋ぐと、ボックス左で受けたモンレアルがダイレクトシュート。これがブロックに入ったフートに当たると、そのままゴール右に吸い込まれた。 ▽結局、このゴールが決勝点となり激闘を制したアーセナルが公式戦3連勝。一方のレスターは公式戦5試合未勝利となった。 2017.04.27 05:54 Thu
twitterfacebook
thumb

南野の2ゴールなど大量5ゴールを奪ったザルツブルクがオーストリアカップ4連覇に王手!《オーストリアカップ》

▽ザルツブルクは26日、オーストリアカップ準決勝でアドミラ・ヴァッカーと対戦し、5-0で勝利した。日本代表FW南野拓実は2ゴールを記録し、フル出場を果たした。 ▽昨季のオーストリアカップ決勝と同一カードとなった一戦は、4連覇を目指すザルツブルクが先手を取る。7分、ライマーのスルーパスで相手DFの裏に抜け出した南野がボックス右からゴール右にシュートを突き刺した。 ▽先制したザルツブルクは、29分に南野のスルーパスから加点。南野のパスをボックス右深くで受けたラザロがダイレクトで折り返すと、相手GKの弾いたボールをヴァンデルソンが押し込み、追加点を奪った。 ▽ザルツブルクの2点リードで折り返した試合は、後半開始早々の動く。48分、味方とのワンツーで左サイドを抜け出したウルマーのクロスをニアサイドのライマーが右足で合わせ、3点目。さらに60分には、中盤からのカウンターを最後はラザロがゴールに沈め、試合を決定付ける4点目を奪取した。 ▽その後も主導権を掌握するザルツブルクは87分にも、ファン・ヒチャンのラストパスから南野がこの日2点目のゴールを挙げ、アドミラ・ヴァッカーを圧倒。大量ゴールを奪い、4年連続の決勝進出を決めた。 2017.04.27 03:33 Thu
twitterfacebook
thumb

ヘント指揮官がアウェイでの勝利に安堵…首位アンデルレヒト猛追に意気込む

25日に行われたベルギーリーグの優勝プレーオフで、ヘントはズレテ・ワレヘムとのアウェー戦で2-0の勝利を収めた。この試合で日本代表FW久保裕也は先発フル出場を果たし、24分に先制ゴールを決めて勝利に貢献している。<br><br>試合後ヘントのハイン・ファンハーズブルック監督がメディアの前で勝利の喜びを語った。<br><br>「我々はこれまで長い間、リーグ戦で競争力を保ってきた。ズレテ・ワレヘム戦で最初に20分はプレーオフのここまでの試合で最も良かったかもしれないね」<br><br>監督は「ただし、後半にズレテ・ワレヘムが逆襲を狙って前がかりになってきた時に、リスクを冒すことができなかった。それが難しかったね」と続け、24分に決まった久保裕也の先制ゴールで先行したことで、試合を優位に進めることができたと語っている。<br><br>また、「これで優勝プレーオフではアウェー戦の3試合で勝ち点7(2勝1分け)を獲得した。これは悪くない内容だと思う。ただ、次は(首位の)アンデルレヒトとの大一番がある。まだ気が抜けない戦いが続くね」と続け、ファンハーズブルック監督はアンデルレヒト戦への意気込みを示した。<br><br>ヘントは5月1日に首位アンデルレヒトとの大一番がホームで控えている。アンデルレヒトは現時点で試合消化数が2位ヘントより1試合少ない状態で、勝ち点差は5離れている状態。果たして、ヘントはアンデルレヒトを下してプレーオフの逆転優勝に向けて弾みをつけることができるのか、注目が集まる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.26 13:35 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース