甲府、DF阿部翔平の期限付き移籍加入を発表…千葉から2シーズンぶりの古巣復帰2017.03.12 12:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヴァンフォーレ甲府は11日、ジェフユナイテッド千葉に所属するDF阿部翔平(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月13日~2018年1月31日まで。背番号は「27」に決定した。13日からチーム練習に合流する。

▽阿部は2006年に筑波大学から名古屋グランパスに入団。その後、2014年から2シーズンにわたって甲府でプレーし、2016年から千葉に加わり、明治安田生命J2リーグ33試合に出場した。

▽2シーズンぶりに古巣の甲府に帰還することになった阿部は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府
「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました阿部翔平です。山梨の温泉、美味しいフルーツ、そして何より皆さんの暖かい声援の中で再びプレーできることを嬉しく思います。左サイドは任せてください! よろしくお願いします」

◆ジェフユナイテッド千葉
「このたび、ヴァンフォーレ甲府に移籍することになりました。 チームがJ1昇格に向けて一丸となって戦っているこの時期での移籍は、決して簡単な選択ではありませんでした。ジェフユナイテッド市原・千葉で結果を出し、この仲間とともにJ1に昇格をしたいという気持ちもありましたが、一人のプロサッカー選手として、もう一度チャレンジしたいという思いが強く、決断しました」

「ジェフのファン・サポーターの皆さんの応援は私たち選手にとって非常に大きな力です。いつどんなときでも、温かく力強い声援を本当にありがとうございました。 そして、引き続き、ジェフをサポートしていただければと思います。私も陰ながら応援しています。1年少しと短い期間ではありましたが、このチームで皆さんとともに戦い、リーグ通算300試合出場を達成したことは決して忘れません。ジェフを愛するすべての皆さんと、また再会できる日を楽しみにしています」

コメント

関連ニュース

thumb

イッペイ・シノヅカのデビュー弾も横浜FM敗戦…ドゥドゥ躍動の甲府が7戦ぶり白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府vs横浜F・マリノスが23日に山梨中銀スタジアムで行われ、3-2で甲府が勝利した。 ▽ここまで4勝9分け13敗で降格圏の16位に位置する甲府と、14勝6分け6敗で5位につける横浜FMが激突した。甲府は1-2で敗れた前節のサガン鳥栖戦から橋爪と兵働に代えて島川と小出を起用。一方の横浜FMは、1-1で引き分けた前節の柏レイソル戦からパク・ジョンス、富樫に代えてミロシュ・デゲネクとウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽残留争い中のライバルである北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が勝ち点を得たことで勝ち点3が欲しい甲府に対して、横浜FMも優勝を狙っていく上で白星が必要な一戦となった。 ▽試合は12分に甲府が最初の決定機をモノにする。ショートカウンターからペナルティアーク付近のリンスが右足を一閃。このミドルシュートは左ポストに直撃したが、正面に跳ね返ったボールをドゥドゥが押し込み、甲府が先手を取った。 ▽先行された横浜FMは、さらに16分にアクシデント。負傷の金井がプレー続行不可能となり、松原との交代でピッチを後にする。 ▽ハーフタイムにかけても、得点により勢いづいた甲府が集中した守備と縦に速い攻撃を繰り出しながら試合を優位に進め、1点リードのまま前半を終える。 ▽迎えた後半、横浜FMは立ち上がりにボックス右に流れたウーゴ・ヴィエイラがハーフボレーを放つ。しかし、ファーを狙ったシュートは枠を捉えきれない。 ▽すると、相手のミスを突いた甲府が2点目を挙げる。デゲネクの味方へのバックパスが乱れると、これを掻っ攫ったドゥドゥが独走してGK飯倉と一対一に。冷静にこの一対一を制したドゥドゥの2発目で甲府がリードを広げた。 ▽苦しい状況となった横浜FMだが、早い段階で1点を返すことに成功する、58分、左サイドで縦突破を仕掛けたマルティノスがクロス。これに正面で飛び込んだウーゴ・ヴィエイラが胸でゴールに押し込み、横浜FMが2-1の1点差に詰め寄る。 ▽勢いに乗る横浜FMは、やや足を痛めた様子もプレーを続けていた齋藤を下げて、これがデビュー戦となる元U-18ロシア代表のイッペイ・シノヅカを投入する。 ▽しかし、次の得点は甲府だった。79分、ボールに反応してボックス右に走り込んだドゥドゥがGK飯倉に倒されてPKを獲得。これをリンスがきっちりと決めて、甲府がスコアを3-1とした。 ▽その後は横浜FMが攻め込むと、アディショナルタイム5分にはFKの流れからゴール正面のイッペイ・シノヅカがこぼれ球を押し込んでデビュー弾を決めるも、反撃はここまで。甲府が7試合ぶりとなる白星を手にした一方、横浜FMは逆転優勝が遠のく敗戦となった。 2017.09.23 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖が数的優位を活かしたパワープレーで甲府に逆転勝利!!《J1》

▽16日に明治安田生命J1リーグ第26節のサガン鳥栖vsヴァンフォーレ甲府がベストアメニティスタジアムで行われ、2-1で鳥栖が勝利した。 ▽前節のベガルタ仙台戦で4失点を喫した9位の鳥栖(勝ち点34)。2連敗となりその2試合で7失点を喫するなど、守備陣が崩壊している。対する15位の甲府(勝ち点21)は、清水エスパルスに0-1と惜敗し5試合白星から遠ざかっている。 ▽負の連鎖を断ち切りたい両チームの一戦は、早速8分に動きを見せた。自陣からカウンターを仕掛けた甲府は、リンスがボールを運ぶと右サイドへ展開。橋爪がダイレクトで折り返したボールを、逆サイドに詰めたリンスが押し込んで先制点を奪った。 ▽その後も主導権を握るのはアウェイの甲府で、11分にもカウンターからドゥドゥがボックス左から左足で狙うが、ここはサイドネットに阻まれる。しかし前半の中盤ごろになるとお互いに攻め手を欠いて攻撃が停滞していく。 ▽迎えた45分、右サイドの福田が入れたクロスボールにイバルボが頭で合わせるとこれがネットを揺らす。しかしイバルボのプレーがファウルを取られて、ノーゴールの判定に。前半はそのまま終了を迎えた。 ▽後半は追いかける鳥栖が立ち上がりから勢いを増して攻め立てる。まずは46分、左サイドの吉田が入れたクロスボールにイバルボが反応。ここはオフサイドを取られてシュートまで持ち込めなかったが、その後もチャンスを創出する。 ▽しかし甲府も62分、リンスが落としたボールにドゥドゥがダイレクトで合わせるが、ここはGK赤星がセーブ。両チームともにゴール前での攻防が増えていった。迎えた63分には甲府にアクシデント。橋爪が2枚目のイエローカードで退場となってしまう。すると65分、セットプレーからチョン・スンヒョンが押し込み、鳥栖が試合を振り出しへと戻す。 ▽そこからは鳥栖の波状攻撃が続くが、甲府もGK河田の好守などでゴールを割らせない。一方、防戦一方の甲府も84分には右CKからチャンスをつくるが、新里が左足で放ったシュートは相手のブロックに遭う。 ▽鳥栖も後半アディショナルタイムに左サイドを突破した吉田がGKを交わしてグラウンダーのクロスを配給。しかし豊田に渡る前に甲府にはじき出されて、チャンスを潰されてしまう。最後まで鳥栖はサイドからクロスを入れてゴールを目指したがあと一点が遠く。しかし試合終了間際、イバルボがドリブルでボックス内に攻め込みゴール前へと入れたクロスを、パワープレーで上がっていたキム・ミンヒョクがプッシュ。これが決まって試合は終了。鳥栖が土壇場で勝ち点3をもぎ取った。 2017.09.16 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府、FWウイルソンとの契約を解除

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、ブラジル人FWウイルソン(32)との契約を解除したことを発表した。 ▽コリンチャンスでキャリアをスタートさせたウイルソンは複数クラブへの移籍を経て、2012年にベガルタ仙台入りすると、リーグ戦13得点で同シーズンのベストイレブンを受賞した。しかし、3年目以降はケガも相次ぎ、昨シーズンで仙台を退団。今シーズンから甲府入りし、明治安田生命J1リーグ21試合に出場して2得点を記録していた。 2017.09.15 15:53 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、長身オーストラリア人FWを獲得

▽ヴァンフォーレ甲府は15日、オーストラリア人FWヴァシリオス・コンスタンティニディス(31)が加入することを発表した。登録名は、「ビリー」とのこと。アジア枠での選手登録となる。 ▽188km、85kgのFWのビリーは右利きで、背番号は29番をつける。これまではギリシャのクラブを転々としており、2016年9月から今年6月まではギリシャのヴェリアに所属していた。 ▽ビリーは甲府の公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「このクラブの一員になれて誇りに思います。ゴールとアシストを沢山もたらし、チームに貢献できるように全力でプレーします」 2017.09.15 15:46 Fri
twitterfacebook
thumb

清水、富士山ダービー勝利 M・デュークの好アシストから北川弾で甲府撃破《J1》

▽9日に山梨中銀スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第25節のヴァンフォーレ甲府vs清水エスパルスは、アウェイの清水が1-0で勝利した。 ▽J1残留“危険水域”の15位に低迷する甲府は、エデル・リマが出場停止で欠場。前節の川崎フロンターレ戦で加入後初ゴールのリンスが初先発を飾った。一方の清水は、13位に位置。負傷を抱えるカヌはベンチスタートとなった。 ▽残留を占う「富士山ダービー」は、序盤からボールの回収率を高めた甲府ペース。13分にリンスが右足ボレーを放つなど攻勢をかける。対する清水もミッチェル・デュークのダイビングヘッドでゴールに迫り、ねばり強い守備から反撃に出る。 ▽だが、試合は動かず、0-0のまま後半へ。その後もこう着した展開が続いた試合は、71分に動く。後方からのフィードに反応したミッチェル・デュークが相手との接触で痛がりながらもヒールパス。これを受けた途中出場の北川がシュートを沈め、清水が均衡を破った。 ▽リードを許した甲府は79分、ベンチスタートの山本、ウイルソンを同時起用。続く88分には松橋をピッチに送り込む。だが、逃げ切りの意識を高めた清水が最後までリードを守り抜き、1-0で勝利。連敗を「3」で止め、4試合ぶりの白星を手にしている。 2017.09.09 20:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース