超ワールドサッカー

甲府、DF阿部翔平の期限付き移籍加入を発表…千葉から2シーズンぶりの古巣復帰2017.03.12 12:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヴァンフォーレ甲府は11日、ジェフユナイテッド千葉に所属するDF阿部翔平(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月13日~2018年1月31日まで。背番号は「27」に決定した。13日からチーム練習に合流する。

▽阿部は2006年に筑波大学から名古屋グランパスに入団。その後、2014年から2シーズンにわたって甲府でプレーし、2016年から千葉に加わり、明治安田生命J2リーグ33試合に出場した。

▽2シーズンぶりに古巣の甲府に帰還することになった阿部は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府
「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました阿部翔平です。山梨の温泉、美味しいフルーツ、そして何より皆さんの暖かい声援の中で再びプレーできることを嬉しく思います。左サイドは任せてください! よろしくお願いします」

◆ジェフユナイテッド千葉
「このたび、ヴァンフォーレ甲府に移籍することになりました。 チームがJ1昇格に向けて一丸となって戦っているこの時期での移籍は、決して簡単な選択ではありませんでした。ジェフユナイテッド市原・千葉で結果を出し、この仲間とともにJ1に昇格をしたいという気持ちもありましたが、一人のプロサッカー選手として、もう一度チャレンジしたいという思いが強く、決断しました」

「ジェフのファン・サポーターの皆さんの応援は私たち選手にとって非常に大きな力です。いつどんなときでも、温かく力強い声援を本当にありがとうございました。 そして、引き続き、ジェフをサポートしていただければと思います。私も陰ながら応援しています。1年少しと短い期間ではありましたが、このチームで皆さんとともに戦い、リーグ通算300試合出場を達成したことは決して忘れません。ジェフを愛するすべての皆さんと、また再会できる日を楽しみにしています」

コメント

関連ニュース

thumb

甲府が2発で今大会初勝利! 新潟は未だ白星なし《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のアルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府が24日に行われ、2-0で甲府が勝利した。 ▽4試合を消化し1分け3敗で7位に沈む新潟と、2分け2敗で6位につける甲府が対戦した。すてに敗退が決定し、呂比須ワグナー監督招へい後、公式戦2試合目を迎える新潟は、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。GK守田や大野、本間らが先発に名を連ねた。 ▽一方、プレーオフステージ進出にわずかな望みを残す甲府は、直近のリーグ戦から先発メンバーを10人変更。GK岡西やオリヴァー・ボザニッチを起用した。また、2種登録の入間川も先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの甲府が積極的な入りを見せる。3分、ボックス左手前の曽根田が強引に右足を振り抜くと、こぼれ球を拾った石原がボックス内からシュート。しかし、これはGK守田に弾かれる。 ▽対する新潟は前線から激しいプレスでボールを奪うも、バイタルエリアで丁寧さを欠き、チャンスを作ることができない。 ▽すると新潟はセットプレーからチャンスを迎える。21分、加藤の右CKをファーサイドに走り込んだ酒井高が頭で合わせるがバーに直撃する。 ▽ゴールを脅かされた甲府もすぐさま応戦。35分、左サイドを突破した曽根田が敵陣深い位置からクロス。これは相手DFにクリアされるも、ボックス手前に転がったこぼれ球を島川が右足ダイレクトでシュート。しかし、GK守田の好守に阻まれる。 ▽後半に入ると、前半とは一転、試合がこう着する。すると67分、甲府が一瞬の突破からビックチャンスを獲得する。左サイドでボールを受けた曽根田が島川とのワンツーでボックス内へと侵攻し、縦への突破を図ると、相手に倒されてPKを獲得。これをオリヴァー・ボザニッチが冷静にゴール左へと沈め、甲府が先制する。 ▽先制点を奪われた新潟は72分に鈴木、79分にホニを投入し、攻勢を強めるが、甲府の粘りの守備にゴール前へ侵攻することができない。 ▽すると終盤、甲府が一瞬の隙から新潟を引き離す。85分、土屋がオーバーラップから右サイドの敵陣深くでボールを受けると、グラウンダーのクロスを供給。これをゴール前に走り込んだ保坂が右足で押し込み、リードを2点に広げ試合を決定づけた。 ▽結局、後半に2点を奪っ甲府がグループステージ突破に望みをつなぐ勝利。対する新潟は、ルヴァンカップで未だ勝利がない状態が続いている。 2017.05.24 21:46 Wed
twitterfacebook
thumb

低迷する広島が甲府を下して6試合ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のヴァンフォーレ甲府vsサンフレッチェ広島が20日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-2で広島が勝利した。 ▽ここまで3勝4分け4敗で13位の甲府と、1勝3分け7敗と苦しんでいる17位の広島が激突した。甲府は、0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦と同様のスタメン。一方の広島は、2-5で敗れた前節のセレッソ大阪戦から、千葉と工藤に代えて野上と皆川を先発起用した。 ▽試合は序盤、一進一退の攻防が繰り広げられる。そんな中、この試合の最初の決定機で甲府が得点する。19分、左サイドのクロスがクリアされると、こぼれ球をバイタルエリアの小椋が右足で叩く。強烈なミドルシュートがバーの下を叩いてネットに収まり、小椋のスーパーゴールで甲府が先手を取った。 ▽ビハインドを背負った広島は、31分に反撃に転じる。なかなかアタッキングサードで仕掛けられない中、中央のアンデルソン・ロペスが強引にミドルシュート。強烈なシュートが枠に飛んだが、これはバーに嫌われた。さらに32分には右サイドからのアーリークロスに合わせた皆川のヘディングシュートが枠を捉えるも、今度はGK岡のセーブに阻まれる。 ▽それでも、相手を押し込み続けた広島が次のチャンスをモノにする。41分、皆川のポストプレーからボックス右のアンデルソン・ロペスにボールをつなげると、最後は正面の柴崎が折り返しをプッシュ。柴崎の今季2ゴール目で広島が試合を振り出しに戻す。 ▽1-1で迎えた後半は、早々に広島がスコアを動かす。50分、柴崎が蹴った左CKからニアサイドでそらしにいった野上がスルーのような形になると、正面に流れたボールを水本が頭で押し込み、広島が逆転に成功した。 ▽終盤にかけては、攻撃の比重を強める甲府に対して、広島がカウンターを狙う展開となる。状況を打開したい甲府は、ドゥドゥ、阿部、小椋を下げてボザニッチ、堀米、河本を投入。しかし、なかなかゴールに近づけない。 ▽結局、試合はそのまま終了。広島が第6節以来となるリーグ戦6試合ぶり白星を手にした。 2017.05.20 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

無失点に凌いだ横浜FMが1点差で勝利し連敗脱出!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府が14日に行われ、1-0で横浜FMが勝利を収めた。 ▽同じ勝ち点13で並ぶ甲府をホームに迎える、11位の横浜FMは現在3連敗中。前節からのスタメンの変更点は、扇原に代えて喜田を起用した1点のみ。一方、ここ5試合でわずか1勝と、なかなか波に乗れない甲府は、前節から河本に代えてウィルソンを起用。こちらもスタメンの変更は1点のみとなった。 ▽両者堅い守備で、得点機を生み出せない展開を見せる中、21分に横浜FMに大きなチャンスが訪れる。右サイドからマルティノスが左足でクロスを上げると、伊藤が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定に遭い、先制点とはならなかった。 ▽攻める横浜FMは、セットプレーからからチャンスを作る。32分、FKの流れから、金井がシュートを狙うが、ゴールライン手前でDFにブロックされてしまった。 ▽前半アディショナルタイムの1分、攻め続けた横浜FMがついに均衡を破る。右サイドの深い位置でFKを得ると、キッカーはバブンスキー。シンプルなクロスをミロシュデゲネクが頭で合わせると、これはGKに弾かれるものの、詰めていた金井が押し込んで先制点を挙げる。 ▽先制点を許した甲府は、後半開始直後に、ビッグチャンスを迎える。46分、エデル・リマがハーフウェイラインから右サイドのウィルソンにスルーパスを送ると、そのままボックス内まで持ち込んだウィルソンが、右足で強烈なシュート。しかし、シュートはGKの正面に飛び、防がれてしまう。 ▽65分にも甲府が再びチャンスを作る。ボックス左から中央にパスを送ると、小椋がゴール前でシュートを打つが、GK飯倉にセーブされ、同点にすることができない。 ▽その後、甲府は前線の選手を次々と投入するが、横浜FMの守りを崩し切ることができず、このまま試合は終了。前半の先制点を守り切った横浜FMが1-0で勝利し、連敗から抜け出した。甲府はこれで、6試合で1勝と不調から抜け出せないままに終わった。 2017.05.14 16:31 Sun
twitterfacebook
thumb

U-20日本代表DF藤谷の活躍で神戸が逆転勝利! 開幕4連勝で首位キープ 《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第5節のヴィッセル神戸vsヴァンフォーレ甲府が10日に行われ、2-1で神戸が勝利を収めた。 ▽現在3戦3勝で首位を走る神戸は、サンフレッチェ広島との直近のリーグ戦では1-1で引き分けた。その試合から、先発を5人代えて、試合に臨む。 ▽対する甲府は、2分け1敗とまだ勝利がなく、6位に位置している。その甲府は、無得点で引き分けに終わった直近のリーグ戦のジュビロ磐田戦から一挙10人を代えて、神戸戦に挑んだ。 ▽試合の立ち上がりはお互い中盤で精彩を欠き、なかなかシュートまで持っていくことができない。だが、前半の半ばにかけて試合は徐々に熱を帯びてくる。 ▽まずは首位の神戸が怒涛の攻撃を見せる。18分、右サイドを突破した藤谷のクロスに、小林が頭で合わせる。しかし、これは右ポストに直撃し、惜しくもゴールにはならなかった。直後の19分には、渡邉のスルーパスから橋本がシュートを狙うが、DFに阻まれる。さらに21分には、左CKから渡邉がヘディングシュートで狙うが得点には至らない。 ▽しばらく神戸の流れが続いたが、それを耐え切った甲府も反撃に転じる。24分、スルーパスから堀米がシュートを放つと、これはDF岩波にブロックされる。しかし、これで得た右CKを、土屋が頭で合わせてネットを揺らす。劣勢かと思われていた甲府が、42歳のベテラン弾で先制点を奪った。 ▽少ないチャンスをものにした甲府だったが、首位の神戸が黙ってはいなかった。前半終了間際の43分、藤谷が右サイドでDFをかわすと、ボックス内ニアに待っていた小林がクロスに合わせて同点に。攻め続けていた神戸がようやく得点に成功した。 ▽同点に追いついた勢いそのままに、神戸はさらに攻勢に出る。54分と55分に立て続けに甲府ゴールを脅かすと、69分、ついに逆転に成功する。藤谷の浮き球のパスを田中が落とすと、中坂がダイレクトで狙う。田中に当たってコースが変化したシュートは、ゴールに吸い込まれるように入った。 ▽その後も攻め続けた神戸は、追加点こそ奪えなかったが、甲府に反撃の隙を与えず。先制を許したものの、見事な逆転勝利を収め、開幕から4連勝を飾った。一方、逆転負けを喫した甲府は、これで2分け2敗。今大会初勝利とはならなかった。 2017.05.10 22:36 Wed
twitterfacebook
thumb

数的優位の甲府が10人の磐田を崩せずゴールレスドロー《J1》

▽7日、明治安田生命J1リーグ第10節のヴァンフォーレ甲府vsジュビロ磐田が山梨中銀スタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽前節のヴィッセル神戸戦で1-0と勝利した13位甲府と、前節の北海道コンサドーレ札幌戦を2-2で引き分けたものの、ここ3試合負けなしと調子を上げつつある9位磐田の対戦。前節の神戸戦からは堀米に変えてドゥドゥを起用した。一方の磐田は、GKカミンスキー、森下、中村俊が2試合ぶりに復帰し、負傷離脱していたムサエフは3試合ぶりに復帰を果たした。 ▽試合は甲府が立ち上がりからディフェンスラインの裏を狙ったロングボールを使い、磐田ゴールを目指すものの、復帰したGKカミンスキーが広い守備範囲を生かしピンチを未然に防ぐ。磐田は11分、中村俊がGKの位置を見てロングシュート。しかし、シュートは枠を外してしまう。 ▽甲府は16分、左サイドを突破した阿部がボックス左からクロス。これにドゥドゥが頭で合わせるも、ミートすることができない。19分には右サイドから崩すと、河本のパスを受けたドゥドゥがボックス内右からシュート。しかし、シュートは大きく枠を外してしまう。 ▽磐田は30分、右CKを得ると、中村俊のクロスをGK岡がパンチング。こぼれ球を川又が競り勝つも、シュートは打てない。甲府は36分、ディフェンスラインの裏に抜けた河本がボックス内に侵入。DFをドリブルで剥がしてシュートも、ブロックされる。 ▽甲府は43分にビッグチャンス。左からのクロスのこぼれ球を兵働がボックス手前で左足一閃。ゴール右隅をシュートが捉えるも、GKカミンスキーが好反応を見せてセーブする。 ▽ゴールレスで折り返した後半、磐田は松浦に代えてU-20日本代表に選ばれた小川航を投入し攻撃の活性化を図る。後半先にチャンスを迎えたのは甲府。50分、阿部が左サイドから走りこむと松橋がヘディングシュート。しかし、GKカミンスキーがセーブする。56分、ロングボールに抜け出した川又がボックス内左からシュートも、GK岡がセーブする。 ▽59分には甲府がビッグチャンス。ボックス内右でパスを受けたドゥドゥがGKカミンスキーと一対一に。これを落ち着いて落とすと、走り込んだ松橋がボックス内右でシュート。しかし、シュートはゴール右に外れる。 ▽ピンチを逃れた磐田は62分、中村俊の浮き球のパスに反応した川又がボックス内でトラップ。ハンドにも見えたがそのままシュート。しかし、GK岡が間一髪セーブする。すると直後のプレーで磐田にアクシデント。CKのこぼれ球から甲府がカウンターを仕掛けると、ドリブルで持ち上がった小椋に対してファウルを犯した松浦がイエローカード。これがこの試合2枚目となり、退場処分となる。 ▽数的優位となった甲府は60分、左CKを得ると兵働のクロスに畑尾が頭で合わせるも、シュートは枠を越えていく。さらに71分にはボックス手前右で甲府がFKを獲得。兵働が直接狙うと、シュートはクロスバーを直撃してしまう。 ▽その後は数的優位の甲府が磐田陣内でプレーする時間が増えるものの、精度を欠いて決定機を作れず。堀米、ウイルソンと攻撃のカードを切るも、不発に終わる。 ▽終盤にかけても甲府が猛攻。両サイドを使い磐田ゴールを目指すが、クロスの精度を欠いてしまう。アディショナルタイム3分にはボックス手前からエデル・リマがミドルシュートを狙うも枠外に。結局試合はそのまま終わり、0-0の引き分けに終わった。 2017.05.07 15:56 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース