甲府、DF阿部翔平の期限付き移籍加入を発表…千葉から2シーズンぶりの古巣復帰2017.03.12 12:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽ヴァンフォーレ甲府は11日、ジェフユナイテッド千葉に所属するDF阿部翔平(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月13日~2018年1月31日まで。背番号は「27」に決定した。13日からチーム練習に合流する。

▽阿部は2006年に筑波大学から名古屋グランパスに入団。その後、2014年から2シーズンにわたって甲府でプレーし、2016年から千葉に加わり、明治安田生命J2リーグ33試合に出場した。

▽2シーズンぶりに古巣の甲府に帰還することになった阿部は両クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆ヴァンフォーレ甲府
「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました阿部翔平です。山梨の温泉、美味しいフルーツ、そして何より皆さんの暖かい声援の中で再びプレーできることを嬉しく思います。左サイドは任せてください! よろしくお願いします」

◆ジェフユナイテッド千葉
「このたび、ヴァンフォーレ甲府に移籍することになりました。 チームがJ1昇格に向けて一丸となって戦っているこの時期での移籍は、決して簡単な選択ではありませんでした。ジェフユナイテッド市原・千葉で結果を出し、この仲間とともにJ1に昇格をしたいという気持ちもありましたが、一人のプロサッカー選手として、もう一度チャレンジしたいという思いが強く、決断しました」

「ジェフのファン・サポーターの皆さんの応援は私たち選手にとって非常に大きな力です。いつどんなときでも、温かく力強い声援を本当にありがとうございました。 そして、引き続き、ジェフをサポートしていただければと思います。私も陰ながら応援しています。1年少しと短い期間ではありましたが、このチームで皆さんとともに戦い、リーグ通算300試合出場を達成したことは決して忘れません。ジェフを愛するすべての皆さんと、また再会できる日を楽しみにしています」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ中間評価】順位は想定内も深刻な得点力不足で不安残す折り返しに《ヴァンフォーレ甲府》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はヴァンフォーレ甲府編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆課題の守備改善も深刻な得点力不足に…</span> 勝ち点16/3勝7分7敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707kofu_senseki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンは年間14位で終え、4年連続のJ1残留を決めた甲府。今シーズンは5年連続のJ1残留を最大使命に、柏レイソルやアルビレックス新潟で指揮を執りポゼッションスタイルのフットボールを志向する吉田達磨新監督を招へい。より攻撃的なスタイルへの転換を目指したものの、蓋を開けてみれば、実質5バックに近い[3-3-2-2]の守備的な布陣でいかにも甲府らしい堅守を軸としたスタイルで前半戦を戦った。 ▽ガンバ大阪との敵地での開幕戦を1-1のドローでスタートした甲府は、第3節で浦和レッズに1-4の大敗を喫するも、大宮アルディージャ(1-0)と北海道コンサドーレ札幌(2-0)に連勝を記録するなど、第9節のヴィッセル神戸戦までは真骨頂である堅守を軸とした戦いで順調に勝ち点を積み重ね、余裕の残留圏内をキープ。だが、その後は深刻な得点力不足に陥り、第10節のジュビロ磐田戦から前半戦最終戦の第17節サガン鳥栖戦まで8戦未勝利(4敗4分け)と急失速し、降格圏と2ポイント差の14位で前半戦を終えた。とりわけ、直近4試合で無得点という内容は後半戦に向けて大きな不安を残す。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707kofu_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】70点/100点満点 ▽17試合で18失点。昨シーズン前半戦の31失点から大幅な改善を見せており、今シーズンのJ1でも失点数に関しては8位タイと上々の数字だ。攻守両面で存在感を放つDFエデル・リマ、守護神に抜擢されたGK岡大生、ここにきて調子を上げるDF新里亮を中心に粘り強く守れている印象だ。また、自身の理想をひと先ず脇に置き、現実的な守備重視の戦術を採用する吉田新監督の采配も失点減の大きな要因だ。 【MF】40/100点満点 ▽アンカーポジションで優れた戦術眼と高精度の左足を武器に“レジスタ”としてプレーするMF兵働昭弘、インサイドハーフで持ち味のボール奪取や守備センスを遺憾なく発揮するMF小椋祥平のベテラン新加入組の活躍が目立った。また、J1屈指のスプリント回数を誇る右ウイングバックのMF松橋優、MF田中佑昌と豊富な運動量とアグレッシブさを誇る2選手の貢献も大きかった。ただ、守備面が機能した一方、攻撃面に関しては前線との連係に問題を抱えており、厳しい前半戦となった。 【FW】10/100点満点 ▽前半戦でわずか10ゴールと深刻な得点力不足に陥った中、ストライカー陣が奪ったゴールはわずかに「5」。前線からの守備や起点作りなど、得点以外の貢献を考慮に入れても、評価に値しない体たらくだ。もちろん、守備的スタイルの弊害や後方からのサポート不足が得点力不足の一因だが、主力として起用されながらも2人でわずかに2ゴールのFWドゥドゥとFWウイルソンの不振が痛恨だった。また、2年ぶりの復帰を果たしたMF堀米勇輝はチーム最多の2ゴールを記録もインパクトを欠き、FW河本明人や途中加入のFWジュニオール・バホスもバックアッパーの域を出なかった。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707kofu_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>DFエデル・リマ(31歳/No.6) 明治安田生命J1リーグ:15試合(先発14回)/1ゴール ▽攻守両面で異彩を放つ左利きのブラジル人センターバックを選出。プレシーズンの負傷で出遅れたものの、第4節の大宮アルディージャ戦から左ストッパーとして先発を飾ると、以降のリーグ戦全試合でスタメン出場を継続中だ。187cmながら痩身の31歳は、快速とリーチの長さを生かした見事な対人守備で最終ラインに安定をもたらせば、攻撃の場面では豪快な持ち上がりや左足の正確な球出しで存在感を放った。第5節の北海道コンサドーレ札幌戦では利き足とは逆の右足で圧巻のボレーを決め、初ゴールも記録。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> FWウイルソン(32歳/No.9) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発13回)/1ゴール ▽待望の点取り屋としてベガルタ仙台から今シーズン新加入も、前半戦で決めたゴールはPKによる1ゴールのみと大きく期待を裏切った。前線で基準点となるプレーや後方の味方を助けるプレスバックなど、全体的な貢献度が著しく低かったわけではないが、開幕から一向にコンディションが上がってこないのは気がかりだ。また、競り合いでの消極的な姿やプレッシャーが少ないサイドに流れる場面が目立つなど、決定機での慌てぶりに加えて、自信を失っている印象。同じく不調のFWドゥドゥと共に後半戦に向けて心身共にコンディションを整えられるかが、クラブの5年連続J1残留のカギとなるはずだ。 <span style="font-weight:700;">◆戦術転換と助っ人コンビの覚醒で停滞感を振り払えるか</span> ▽順位と勝ち点を考えれば、いずれも残留を果たした過去4シーズンとあまり変わらない想定内の立ち位置と言える。だが、残留を争うライバルが監督交代や積極補強を起爆剤に心機一転を図る中、予算的に限りがあるクラブは、後半戦も継続路線でチームとしての上積みを図っていくしかない。 ▽その中で一番に改善すべき点は、深刻な得点力不足の解消だ。元々、攻撃的なポゼッションスタイルを志向する吉田監督にとって、攻撃的なスタイルへの転換は得意とするところ。その一方で、ここまで勝ち切れなかったものの、決して大崩れしていたわけではない現状からのスタイル転換は、これまで積み上げてきた堅守を崩壊させる、リスクも孕んでいる。そのため、理想を言えば現状のスタイルをベースに少ない手数で攻め切る中、FWウイルソンやFWドゥドゥといった個人の覚醒、前半戦で機能しなかった連係面の擦り合わせで得点力を向上させたい ▽しかし、前半戦のように助っ人コンビの状態が上がらなければ、ボールを保持してより前に人数をかけて攻める、よりリスキーな攻撃スタイルへの転換も必要となるかもしれない。堅守を維持しつつ、得点力を伸ばせるかが残留へのカギを握るだろう。 2017.07.14 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府MF黒木聖仁が左ヒザ外側半月板損傷で手術…全治約3カ月

▽ヴァンフォーレ甲府は12日、MF黒木聖仁が11日に左ヒザ外側半月板損傷で手術を行った結果、全治約3カ月と診断されたことを発表した。 ▽2016年にV・ファーレン長崎から加入した黒木は今シーズン、明治安田生命J1リーグでここまで1試合に出場。また、YBCルヴァンカップでは、2試合に出場していた。 2017.07.12 17:44 Wed
twitterfacebook
thumb

川又のゴールで磐田が5連勝! 甲府は9試合未勝利《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第18節、ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府が8日に行われ、1-0で磐田が勝利を収めた。 ▽リーグ戦も後半戦に突入した今節。4連勝で順位を上げてきた7位の磐田(勝ち点28)は、好調のチームをいじらず、前節と同じメンバーで試合に臨んだ。対する14位の甲府(勝ち点16)は、ここ8試合未勝利と、残留に向けて安心できない状況。こちらは前節から兵働を代えて小椋を先発に起用した。 ▽試合立ち上がりは磐田のペースで進んだ。6分、磐田が左CKを獲得すると、キッカーは中村俊。このクロスに大井が頭で合わせるが、クロスバーの上へ。直後の14分、主導権を握った磐田が先制に成功する。中村俊の縦パスから、川辺がダイレクトで前のスペースに出すと、そこへ川又が走り込む。そのままドリブルでボックス左に侵入した川又は、GKの股を抜く見事なシュートで、ネットを揺らした。 ▽その後も磐田が攻勢を続ける。22分、中村俊がボックス外から左足で狙うが、枠を捉えられず。対する甲府は、ゴール前まで運ぶことはできるものの、最後のところで精彩を欠き、なかなかシュートに持ち込めない。それでも前半終了間際の45分、阿部の右CKから、ウイルソンが右足で合わせるが、惜しくもクロスバーの上へ。少ない決定機を生かすことができなかった。 ▽迎えた後半開始直後の47分に甲府がチャンスを作る。左サイドからのクロスに、最後はドゥドゥがこぼれ球を右足で狙うが、相手に当たって枠を外れた。その後はしばらく甲府がボールを持つ展開が続いたが、磐田は64分にFKの流れから、宮崎がボックス手前から強烈なシュートを放つが、惜しくも枠の外へ。 ▽追いつきたい甲府は、立て続けに選手を投入し、チームの活性化を図る。しかし守りを固める磐田を脅かすことはできない。その後は磐田が交代枠を使いながら、無理に攻めることはせずうまく時間を使う。 ▽そして、試合はこのまま終了。川又のゴールを守り切った磐田が5連勝を飾った。一方の甲府はこれで9試合勝利なし。なかなか降格圏付近から離れられない厳しい戦いが続いている。 2017.07.08 22:10 Sat
twitterfacebook
thumb

お互いに決定機を決めきれず…甲府と鳥栖が痛み分け《J1》

▽2日に明治安田生命J1リーグ第17節のヴァンフォーレ甲府vsサガン鳥栖が山梨中銀スタジアムで行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽今節で前半戦が終了するJ1リーグ。3勝6分け7敗の勝ち点15で14位の甲府は、リーグ戦8試合ぶりの白星を目指す。対する鳥栖は6勝5分け5敗の勝ち点23で10位。前節は浦和レッズに勝利して3試合ぶりの白星を飾り今季初の連勝を狙う。 ▽甲府は[3-5-2]のフォーメーションを採用し、前線はウィルソンとドゥドゥが務める。一方の鳥栖は鎌田がフランクフルトに移籍したことでフォーメーションを変更。[4-3-2-1]で、趙東建を最前線にシャドーの位置は小野と田川が務めた。 ▽試合は立ち上がりから鳥栖が主導権を握る。中盤の高橋、福田、原川が上手くパスを繋ぎながら、前線に展開していく。対する甲府は自陣でブロックを作りながら鳥栖の攻撃を跳ね返し、ボールを奪えばドゥドゥやウィルソンに展開して押し上げていく。しかしお互いに集中した守りを見せてチャンスがなかなか作り出せない。 ▽迎えた14分、自陣の低い値でボールを受けた兵働が前線にロングボールを送る。ウィルソンがマーカー二人に挟まれながらもボールを収め、ボックス内へ侵入したところで倒される。しかし主審の笛は吹かれず、甲府はPKを得られなかった。対する鳥栖も18分に右サイドからグラウンダーのクロスを入れると、ニアサイドで田川が合わせる。しかしボールは枠を捉えきれずに、先制のチャンスを逸した。 ▽迎えた24分には甲府が決定機を迎える。再び兵働のロングボールにウィルソンが抜け出す。ボックス右からマイナスの折り返しを入れるが、ここは戻った吉田がクリアする。しかしそのボールは新井の前にこぼれると、新井がすかさずシュートを狙うが、精度を欠いてしまいゴールマウスを大きく外してしまった。 ▽甲府は30分に相手陣内ゴール正面の位置でFKを獲得。兵働が左足で直接狙うが、GK権田がパンチングではじき出す。一方の鳥栖は攻撃の形が作り出せず、37分頃には小野を右サイドに回した[4-4-2]にシステムを変更する。しかし鳥栖は大きなチャンスを作れないまま前半を終えた。 ▽お互いに交代なしで迎えた後半も先にチャンスを作ったのは甲府。48分に相手陣内でのFKでクイックリスタートを選択すると、ボックス左でボールを受けたドゥドゥのクロスに畑尾が頭で合わせる。しかしGK権田の正面を付いてしまい、ゴールとはならなかった。 ▽鳥栖も52分、左サイドに持ち出した福田が左足でインスイングのボールを配給。これに小野が頭であわせるがGK岡が好セーブでボールを弾くとクロスバーを直撃。こぼれたところに田川が詰めるが、ボールはクロスバーを越えて決めきれず。しかし鳥栖はこのプレーを境に、チャンスを作り出していく。57分には右サイドで縦に仕掛けた小野がクロスを入れるとフリーの趙東建へ。しかしこのボールに触れず、またも鳥栖は決定機を逸した。 ▽迎えた58分、鳥栖は趙東建に変えて豊田を投入すると、より相手陣内に攻め込む機会が増えていく。押され気味の甲府だったが、65分にはエデル・リマが2度のワンツーでボックス左に侵入。そこからシュートを狙うが、利き足ではない右足でのシュートは枠を外した。 ▽甲府は85分、途中出場の河本が抜け出してボックス内からシュートを放つ。しかし鳥栖も小林がしっかりとスライディングでコースを消して、ボールを飛ばさせない。結局試合はゴールレスのまま終了のホイッスルを迎え、勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.07.02 19:56 Sun
twitterfacebook
thumb

二見弾で甲府に勝利した清水がリーグ10戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の清水エスパルスvsヴァンフォーレ甲府が25日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 ▽ここまで3勝6分け6敗で13位の清水と、同3勝6分け6敗で14位の甲府が相まみえた。清水は、1-1で引き分けた前節のセレッソ大阪戦と同様のメンバー。一方の甲府は、0-0で引き分けた前節の柏レイソル戦から橋爪とドゥドゥに代えて阿部と河本を起用した。 ▽序盤は一進一退の攻防で進む。清水はチアゴ・アウベスの仕掛けのプレーやキックを生かして攻撃。対する甲府は、相手ディフェンスラインの裏をウイルソンが狙うなど、縦に速い仕掛けでゴールを目指す。 ▽ハーフタイムにかけても拮抗した展開となる。両者共にリスクをかける場面が少なく、なかなか決定機創出には至らない。結局、堅い展開が続いた前半は、互角の内容で推移し、ゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、試合を動かしたのは清水だった。60分、チアゴ・アウベスの左CKで競り合いになってボールがこぼれると、これに反応したゴールエリア右の二見がシュート。このシュートが決まり、清水が試合の均衡を破る。 ▽ビハインドを背負う甲府は、67分にボザニッチと河本に代えて、田中とジュニオール・バホスを投入し、同点弾を目指す。対する清水は69分、チアゴ・アウベスに代えて金子を送り出す。 ▽その後、甲府はリスクを冒して同点弾を狙いにいくも、清水がこれを凌いで逃げ切り。清水はこれが第6節の柏レイソル戦以来、リーグ戦10試合ぶりの勝利となった。 2017.06.25 20:02 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース