好調サンプドリアがムリエル弾でジェノヴァ・ダービーをシーズンダブル《セリエA》2017.03.12 06:55 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セリエA第28節ジェノアvsサンプドリアのジェノヴァ・ダービーが11日に行われ、0-1でサンプドリアが勝利した。

▽前節エンポリ戦で11試合ぶりの勝利を飾った15位ジェノア(勝ち点29)と、ここ6試合負け(4勝2分け)のない10位サンプドリア(勝ち点38)によるジェノヴァ・ダービー。

▽立ち上がりの主導権争いを経て、まずはサンプドリアが9分に中央の位置からムリエルがミドルシュートを浴びせてゴールへ近づく。

▽その後もオープンな攻防が続くと、18分にジェノアに立て続けに決定機。シメオネがスルーパスに抜け出してGKと一対一となるも、シュートは威力を欠いてGKにセーブされる。続く19分にはシメオネの左クロスを受けたピニージャがゴール至近距離からシュートに持ち込んだが、GKヴィヴィアーノの好守に阻まれた。

▽引き続きテンションの高い攻防が続いたが、ハーフタイムにかけては互いに決定機を生み出すには至らずゴールレスで前半を終える。

▽迎えた後半、サンプドリアがポゼッションを高めていくと、51分にチャンス。ムリエルの強烈なミドルシュートがわずかに枠の上へ外れた。続く56分にはクアリアレッラの反転シュートでゴールに迫ると、71分にサンプドリアがスコアを動かした。エンチャムの横パスをムリエルがムニョスの前でカット。ボックス中央へ侵入し、そのままGKとの一対一を制した。

▽劣勢のジェノアは終盤、パッラディーノやターラブトといったアタッカーを投入するも、チャンスを生み出すには至らない。結局、ムリエルのゴールが決勝点となったサンプドリアがジェノアとのダービーでシーズンダブルを果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

心臓に問題が見つかったシック、ユベントス移籍破談

▽サンプドリアは18日、ユベントスのメディカルチェックを受けていたものの、心臓に問題が見つかったチェコ代表FWパトリック・シック(21)が、残留することを発表した。 ▽移籍金2500万ユーロ(約32億3000万円)でサンプドリアとクラブ間合意し、6月22日にユベントスのメディカルチェックに臨んだシックだったが、『スカイ・スポーツ・イタリア』によれば心臓に問題が見つかったと報じられていた。 ▽シックの移籍について両クラブが交渉し、ユベントスは買い取りオプション付きのレンタルに切り替えて獲得する可能性も噂されたが、移籍は破談に終わった。 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.07.19 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリアがウィルシャー獲得へ11億円オファーか

▽サンプドリアがアーセナルに所属するイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(25)の獲得に乗り出したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を引用して報じた。 ▽昨シーズン、アーセナルからレンタルでボーンマスに加わったウィルシャー。プレミアリーグ第33節のトッテナム戦で左腓骨骨折の重傷を負い、残りのシーズンを棒に振ったものの、出場したリーグ戦29試合で2アシストを記録した。 ▽伝えられるところによると、昨シーズンにセリエAを10位で終えたサンプドリアがウィルシャーの獲得を画策。移籍金600万ポンド+ボーナス150万ポンド(約11億円)のオファーを提示した模様だ。 ▽現在、クリスタル・パレスもローンでの獲得に関心を寄せているとみられるウィルシャー。しかし、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、同選手が今シーズンにアーセナルでプレーすることに期待を寄せている。 「ジャック(・ウィルシャー)は次のシーズン、アーセナルと共にあるだろう」 「アーセナルに復帰し、チームで一生懸命プレーしなくてはならない。しかし、彼が復帰して、チームと一緒に練習することはそう遠くはないだろうね」 2017.07.18 11:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス移籍が決まらないシック、心臓に問題と報道

▽ユベントスのメディカルチェックに臨んだものの、加入発表が未だになされないチェコ代表FWパトリック・シック(21)について、『スカイ・スポーツ・イタリア』がシックの心臓に問題があると報じている。 ▽移籍金2500万ユーロ(約32億3000万円)でサンプドリアとクラブ間合意し、6月22日にユベントスのメディカルチェックに臨んだシックだが、それ以降続報がない状況となっていた。 ▽報道によれば心臓に何らかの問題があるとのことで、ユベントスがシックの獲得に慎重になっているという。一方でサンプドリアはこれまで問題なくプレーしていたことから、深刻なものではないと主張しているとのことだ。 ▽2016-17シーズン、チェコのスパルタ・プラハからサンプドリアに加入したシックは公式戦35試合に出場し、13得点をマーク。185センチという体格ながら足元の技術も高く、鋭いゴールへの嗅覚を持つ期待の若手だ。チェコ代表では各下部年代で選ばれており、2016年5月にデビューしたフル代表では5試合1得点を記録している。 2017.07.13 05:25 Thu
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、U-21ポーランド代表FWコフナツキを獲得!

▽サンプドリアは11日、レフ・ポズナンからU-21ポーランド代表FWダヴィド・コフナツキ(20)を獲得した。 ▽母国の強豪レフ・ポズナンの下部組織出身のコフナツキは、2013年にトップチームに昇格。昇格初年度はサブメンバーとしてリーグ戦13試合に出場。その後、レギュラーに定着したコフナツキは、在籍4シーズンで117試合に出場し27ゴール11アシストを記録した。 ▽また、各年代のポーランド代表に選出されてきたコフナツキは、6月に行われたU-21欧州選手権にポーランド代表として出場。U-21スウェーデン代表戦とU-21イングランド代表戦に出場し、1ゴール1アシストを記録した。なお、デビューはしていないが、2015年にはフル代表に初招集された。 2017.07.12 00:05 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャがサンプドリアのコロンビア代表FWムリエルを完全移籍で獲得

▽セビージャは8日、サンプドリアのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(26) を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年間で、移籍金はスペイン『マルカ』によればセビージャ史上最高額の2000万ユーロ(約26億円)とのことだ。 ▽2015年冬にウディネーゼからサンプドリアにレンタル移籍したストライカーのムリエルは、2014-15シーズン終了後に完全移籍となり、在籍2シーズン半で公式戦85試合に出場して24ゴールを記録。2016-17シーズンはセリエAで31試合に出場して11ゴールを挙げ、2012-13シーズン以来となる二桁ゴールをマークしていた。 ▽なお、将来的にセビージャがムリエルを売却する場合、サンプドリアは移籍金の20%を手にする権利があるとのことだ。 2017.07.09 04:56 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース