G大阪が鹿島FW赤崎秀平を期限付き移籍で獲得「1日でも早く青黒のユニフォームを纏って戦えるように」2017.03.11 22:07 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ガンバ大阪は11日、鹿島アントラーズのFW赤崎秀平(25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。期限付き移籍期間は2017年3月12日~2018年1月31日まで。なお、契約により期限付き移籍期間中に鹿島アントラーズと対戦するすべての公式戦には出場できない。

▽赤崎は佐賀東高校から筑波大学へと進学。2014年に鹿島に入団した。在籍4シーズンでJ1通算62試合出場14得点を記録していた。赤崎はG大阪を通じてコメントしている。

「鹿島アントラーズから加入した赤崎秀平です。1日でも早く青黒のユニフォームを纏って戦えるように日々の練習から精進します。人生で初めての都会に住むことになるので少し緊張していますが、ガンバ大阪に関わる全ての皆様と勝利の味を共有できるよう、精一杯頑張ります」

▽また、鹿島を通じてもコメント。ファン・サポーターへ感謝の気持ちを述べると共に、新天地での飛躍を誓った。

「このたび、ガンバ大阪に期限付き移籍することになりました。鹿島アントラーズには、筑波大学に在籍している時から試合に出場させてもらいました。当時から応援をしてくれたファン・サポーターの皆様、特にどんな時も18番のユニフォームを着て共に戦ってくれた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」

「その方たちから離れるのは大きな決断でしたが、成長した姿を見せることが僕にできる恩返しだと思っています。アントラーズを離れても、赤﨑秀平を応援していただけるよう、サッカーと真摯に向き合い頑張ります」

コメント

関連ニュース

thumb

京都U-18が16年ぶり2度目の載冠! G大阪ユースとの関西勢対決を制す《Jユースカップ》

▽2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会決勝の京都サンガF.C.U-18vsガンバ大阪ユースが19日に長野Uスタジアムで行われ、2-1で京都U-18が勝利した。京都U-18がクラブ2度目のJユースカップを果たした。 ▽16年ぶりのファイナル進出を果たした京都U-18と、3年ぶりに決勝に勝ち進んだG大阪ユースの関西勢によるタイトルマッチ。試合は、序盤から互いに攻めの姿勢を潰し合う一進一退の攻防となる。その中で、京都U-18は後半アディショナルタイム1分にカウンターで応戦。左サイドの背後で味方のスルーパスを受けた上月がGKとの一対一を制し、京都U-18が均衡を破った。 ▽1点を追うG大阪は、迎えた後半も立ち上がりから相手を圧倒。その中で右ポスト直撃のシュートでゴールに迫るなど猛攻に出る。だが、その直後の53分に京都U-18がカウンターを発動。臼井のオウンゴールを誘い、京都U-18が効率よくゴールを積み重ねた。それでも、G大阪は56分、右サイドで得たFKからセカンドボールに反応した中島が左足でプッシュ。反撃の狼煙を上げる。 ▽すぐさま1点を返したことでより反撃の色を強めたG大阪ユースは、その後も優位な試合運びを展開。だが、決定機をことごとくモノにできず、試合を振り出しに戻すことができない。結局、試合はこのまま終了。最多優勝回数の4度を誇るG大阪ユースの反撃から逃げ切った京都U-18が16年ぶり2度目のJユースカップ優勝を果たした。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C.U-18 2</span>-1 ガンバ大阪ユース 【京都U-18】 上月壮一郎(前45+1) OG(後8) 【G大阪ユース】 中島大雅(後11) 2017.11.19 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

今節の鹿島優勝を阻止! 終盤のエウシーニョ弾で川崎がG大阪を撃破《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の川崎フロンターレvsガンバ大阪が18日に等々力陸上競技場で行われ、1-0で川崎Fが勝利した。 ▽1試合消化の多い首位の鹿島アントラーズを7ポイント差で追う2位の川崎(勝ち点63)が、10位に位置するG大阪(勝ち点42)にホームに迎えた。この試合で敗れれば鹿島に優勝を決められる川崎は、セレッソ大阪に敗れたルヴァンカップ決勝からエドゥアルドと三好に代えて奈良と阿部を起用。対するG大阪は、1-1で引き分けた前節のベガルタ仙台戦から中原、長沢、赤崎に代えて米倉、高木、呉屋を起用した。 ▽試合は序盤、川崎が押し気味に試合を進める。まずは11分、ボックス左手前から阿部が右足でファーサイドを狙ったコントロールシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の右にはずれた。さらに15分には、大島の浮き球パスから正面に抜けた中村がボレーを放つも、今度はバーの上にはずれて枠を捉えられない。 ▽ハーフタイムにかけても川崎Fペースが続く。26分にはボックス右手前から小林が入れたクロスに正面のエウシーニョが合わせる。しかし、これはミートさせることができず、シュートはわずかに枠の左にはずれる。 ▽迎えた後半も先にゴールへ近づいたのは川崎Fだった。50分、ペナルティアーク左手前で小林から横パスを受けた阿部がコントロールシュートを放つ。鋭いボールがゴール右に飛んだが、これは右ポストの外側を叩いた。 ▽さらに川崎Fは54分、G大阪ディフェンスがクリア処理でもたついたところで、小林がボールをうまく掻っ攫う。そのままゴール前に運んだ小林がシュートに持ち込むも、素早く間合いを詰めてきたGK東口のファインセーブに遭う。 ▽攻勢を強める川崎Fは続く60分にもビッグチャンス。左サイドでFKを得ると、キッカーの中村がゴール前にクロスを入れる。これに合わせたヘディングシュートがゴール右を捉えるが、GK東口のビッグセーブに阻まれた。さらに76分には左から中村が折り返したボールに正面の家長がフリーで合わせるも、シュートを枠に飛ばせず絶好機を逸する。 ▽それでも、川崎Fは82分にゴールをこじ開けた。中村の右CKに家長が頭で合わせたシュートはミートせずも、ファーに流れたボールをエウシーニョが足で押し込んでGK東口の牙城を崩し、川崎がついに均衡を破った。 ▽その後、川崎は最後までリードを保って逃げ切り。鹿島との勝ち点差を4ポイントに縮めた。 2017.11.18 16:09 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】負ければ即鹿島V2、川崎Fは逆境乗り越えられるか《川崎FvsG大阪》

▽首位の鹿島アントラーズを勝ち点7差で追う2位の川崎フロンターレ。代表ウィーク明け初戦の18日に行われる明治安田生命J1リーグ第32節では、負ければ即座に鹿島の優勝が決定してしまう絶体絶命の中、10位に沈むガンバ大阪という難敵をホームの等々力陸上競技場で迎え撃つ。 <span style="font-weight:700;">◆必勝義務</span>〜川崎フロンターレ〜 ▽悲願の初タイトルが懸かったセレッソ大阪との2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝でクラブ4度目の準優勝。またしても対戦相手の喜ぶ姿をただただ見届けるにとどまった選手たちのメンタル面が気がかりだ。その中で、負ければ即座に鹿島の優勝が決まる一戦を迎えるが、逆をいえば、目の前の試合に勝つことで川崎Fも逆転優勝の可能性を繋げることができる。川崎Fにとって、クラブとしての真価が試される一戦になる。MF中村憲剛らを筆頭に大きな敗戦後の初戦でどのようなリアクションを見せてくれるのか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆飢えた選手の活躍</span>〜ガンバ大阪〜 ▽一方、近年では珍しくタイトルも降格も何ひとつ懸かっていないG大阪は、いわゆる消化試合が続く。そうした影響からか、現在は1995年以来のクラブワーストタイ記録が迫る7試合連続未勝利(3分け4敗)で、2011年以来の17試合連続失点中と悪いデータが並ぶ。さらに、長谷川健太監督の今シーズン限りでの退任決定後、公式戦10試合で白星なし。チームとして目標を失った今、目の前の試合を消化試合にするのではなく、来シーズンに繋がる戦いを見せることが必要となる。出場機会と結果に飢えたMF中原彰吾や、MF井出遥也ら若手の活躍に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆鉾と鉾</span> ▽リーグ戦の対戦成績は12勝5分け8敗でG大阪がリード。昨シーズンのリーグ最終戦(2-3でG大阪が勝利)など、派手な打ち合いが展開されることの多いカードとなる。実際にデータ的にも、過去J1で20試合以上行われた各カードの中で、最も1試合平均得点(4.12)が多いのが川崎FとG大阪の一戦。ちなみに、今シーズンのJ1でも試合最後15分間に最もゴールを決めているのが川崎F(18点)で、それに次ぐのがG大阪(15点)である。最後まで目が離せない戦いになることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_9000_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:エドゥアルド・ネット、大島僚太、家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達 ▽主力に大きな故障者なく、MF大島僚太、MF家長昭博、MF中村憲剛、MF阿部浩之、FW小林悠らベストメンバーが先発に揃うことになるだろう。日本代表の欧州遠征から戻ってきたDF車屋紳太郎も出場の見込み。盤石の面々でG大阪に立ち向かう。 <span style="font-weight:700;">◆ガンバ大阪</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_9000_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:初瀬亮、三浦弦太、今野泰幸、藤春廣輝 MF:遠藤保仁、井手口陽介、米倉恒貴、倉田秋、泉澤仁 FW:赤崎秀平 監督:長谷川健太 ▽こちらは、代表ウィーク前と同様に負傷離脱者が多く、苦しい台所事情に変わりない。今節も多数の主力を欠いた戦いが余儀なくされる。その中で、代表帰りのGK東口順昭、DF三浦弦太、MF井手口陽介、MF倉田秋は先発の見通し。FW呉屋大翔ら若手にチャンスが巡ってきそうだ。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF家長昭博</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_9000_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽川崎Fのキープレーヤーは、“天才”家長だ。シーズン序盤こそ独特なチームスタイルへの適応に苦しんだものの、試合を重なるごとにアジャスト。今や阿部、大島、中村とともに魅惑の中盤カルテットの一翼を担う。今節は縁深き古巣G大阪戦。自身を尊敬するG大阪時代の後輩である倉田の前でより決定的な仕事をしたい。 <span style="font-weight:700;">◆MF倉田秋</span>(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171117_9000_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽G大阪からピックアップする注目選手は倉田だ。今シーズンはここまでJリーグ全試合に先発出場し、得点数もチーム2位の8ゴール。その中で、最近の日本代表としても常連になりつつあり、評価は高まる。だが、右足小指骨折の影響もあってか、今回の代表戦で出番なく帰国の途に。舞台は違うが、自身の憧れとする家長擁する川崎Fを相手にうっ憤を晴らしたい。 2017.11.17 14:45 Fri
twitterfacebook
thumb

Jユース杯決勝カード決定! 京都U-18vsG大阪ユースの関西勢対決に《Jユースカップ》

▽2017Jユースカップ 第25回Jリーグユース選手権大会の決勝進出クラブが決定した。 ▽Jクラブ運営の高校年代育成組織で争う同大会は、10月14日に開幕。福島ユナイテッドFC、藤枝MYFC、FC琉球を除く51クラブのJリーグ育成組織に加えて、東日本、関東、中日本、西日本の地域予選を勝ち上がった4クラブを合わせた計55チームのトーナメント方式で行われる。 ▽今大会の決勝に駒を進めたのは、京都サンガF.C.U-18と、ガンバ大阪ユースの関西勢に。勝ち上がった2チームは、19日に長野Uスタジアムで行われる決勝(13時キックオフ)を戦う。準決勝の対戦結果は以下のとおり。 ◆京都サンガF.C.U-18vsサンフレッチェ広島ユース ▽11時キックオフの第1試合は、2大会連続のベスト4進出クラブ同士の激突となった。11分にMF松本大弥のゴールで広島ユースが先制するが、1点を追う京都U-18も64分にU-17日本代表で主将を務めたMF福岡慎平が同点弾。続く70分にFW服部航平のゴールで一気に形勢逆転した京都U-18がそのまま逃げ切り、2001年以来となるファイナル進出を果たした。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C.U-18 2</span>-1 サンフレッチェ広島ユース 【京都U-18】 福岡慎平(後19) 服部航平(後25) 【広島ユース】 松本大弥(前11) ◆ガンバ大阪ユースvs川崎フロンターレU-18 ▽14時キックオフの第2試合は、3年ぶりの準決勝進出となるG大阪ユースと、4年ぶり進出の川崎F U-18が対戦。タレント揃いの試合は激しい点の取り合いとなる。2点ビハインドで80分を迎えたG大阪ユースだったが、83分にDF中島大雅、87分にFW大谷優斗、後半アディショナルタイム2分にMF丹羽匠がゴール。終盤の猛追で逆転したG大阪が最多5度目の優勝を懸けて決勝に進出した。 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪ユース 4</span>-3 川崎フロンターレU-18 【G大阪ユース】 岩本翔(後2) 中島大雅(後38) 大谷優斗(後42) 丹羽匠(後45+2) 【川崎F U-18】 デューク・カルロス(前32) 宮代大聖(後24) 宮城天(後29) 2017.11.12 16:15 Sun
twitterfacebook
thumb

プロ20年目の遠藤保仁らしいゆる〜い見解、選手として長続きの秘訣とは…

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁が長くキャリアを続けていける秘訣を明かした。 ▽長らく日本を代表するパサーとして活躍する遠藤は1998年にプロデビュー。今シーズン節目のキャリア20年目を迎えた。 ▽G大阪のオフィシャル番組『GAMBA FAMILY』に出演した遠藤は、インタビューの中で長く現役を続ける秘訣について、らしい見解を示した。 「(長くトップレベルで選手を続けていられる秘訣) あまりないです。秘訣がね。ないです。サッカーも、遊びも楽しむことですかね」 「(全力で?) いや、手を抜きながら。絶対、仕事で手を抜くことあるじゃないですか。あるでしょ? あるんですよ、みんな。絶対、100%真面目にやってきた人なんていない。そこは全力で否定しますわ。誰でも、1回は手を抜いたりしていると思うので」 「(肩の力が入り過ぎないことが良い?) うまく休むっていうね。僕らで言うと、ボールを回しながら体力を温存していくことを練習中も、遊びの中でもやって行けば良いんじゃないですか。それが秘訣かなと思います」 ▽37歳の遠藤は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで28試合に出場して1ゴールをマーク。選手として長生きするためには、マイペースかつゆるい性格で知られる遠藤ほどいかないまでも、自然体であることが大事なのかもしれない。 2017.11.09 15:00 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース