ミランやレバークーゼンで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオールが古巣の監督に就任2017.03.10 19:51 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてミランやレバークーゼンなどで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオール氏(40)が、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)のイトゥアーノの監督に就任した。

▽ホッキ・ジュニオール氏は、パルメイラスから2000年1月にミランへと移籍。その後はリーズやシエナへとレンタル移籍をし、2004年7月にレバークーゼンへと完全移籍。2007年10月からはデュイスブルク、2008年4月からはカタールのアル・ラーヤンでプレー。2008年に母国へ戻り、古巣のパルメイラスへと加入した。2010年1月からはイトゥアーノでプレーするも、5月に現役を引退していた。引退後は、2016年5月からはラツィオユースで監督を務めていた。

▽イトゥアーノは、元ブラジル代表MFジュニーニョ・パウリスタ氏が代表を務めており、昨シーズンのカンピオナート・パウリスタでは10位に終わっていた。今シーズンはコリンチャンス、ボタフォゴ、サンベルナルドと同じグループAに所属し、最下位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

バカンブがビジャレアルとの契約解消! 年俸24億円での北京国安入り確実に

▽ビジャレアルは17日、契約解除金の支払いを受けてDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(26)との契約を解消したことを発表した。 ▽フランス『レキップ』が伝えるところによれば、予てより中国スーパーリーグの北京国安への移籍が取り沙汰されていたバカンブには、4000万ユーロ(約54億2000万円)の契約解除条項が設定されていたという。そして、北京国安が今回この契約解除金を支払ったことで、フリーの状態となった同選手は今後北京国安との交渉を経て正式に同クラブの一員となる。 ▽なお、バカンブは北京国安でアフリカ人史上最高額であり、現サッカー界のサラリーランキングトップ10入り確実となる、年俸1800万ユーロ(約24億4000万円)を受け取ることになる。 ▽2015年夏にトルコのブルサシュポルからビジャレアルに移籍したバカンブは、加入後すぐに主力として定着。キレのあるドリブルや抜群の決定力で活躍すると、今シーズンはリーガエスパニョーラ第17節終了時点で公式戦21試合14ゴールと、破壊力を示している。 2018.01.18 04:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エバートン、ウォルコット獲得を発表! クラブ在籍12年でアーセナルに別れ

▽エバートンは17日、アーセナルからイングランド代表FWセオ・ウォルコット(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年半となる。 ▽なお、移籍金は公表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2000万ポンド(約30億5000万円)と推定。また、背番号はオリンピアコスにレンタル移籍したベルギー代表FWケビン・ミララスが着用していた11番を着用する見込みだ。 ▽アーセナルを離れてエバートン加入を決断したウォルコットは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「僕はとても野心的で、このクラブを次のレベルに押し上げるためにここに来た」 「ここで新たな章を始められることに興奮しているし、ここが自分にとって正しい場所だと感じているよ」 「エバートンは素晴らしい歴史を持っており、サポーターはいつも情熱的で素晴らしいね。僕はこれまで対戦相手として、ここでプレーしたときはいつも厳しいプレーを強いられていたよ」 「これまでクラブはトロフィーを獲得してきたけど、僕はこれから新たなトロフィーを獲得したい。監督もトロフィーに飢えているし、僕たちにとって必要なものだ」 「個人的に自分の全てをチームに捧げるつもりだ。それはこれまでと同じことだよ」 「アーセナルから移籍するべきときが来たと感じていたんだ。もちろん、それは悲しいことだけど、それは同時にエキサイティングなことでもあるんだ。自分のキャリアを再点火させ、エバートンが再び過去に手にしてきた栄光を掴むためチームを押し上げていきたい」 ▽2006年1月に16歳でサウサンプトンからアーセナルに加入したウォルコットは、卓越したスピードとドリブルテクニックを武器に在籍12年で公式戦396試合に出場し108ゴールを記録するなど、長年ガナーズの両翼を支えてきた。また、在籍期間には3度のFAカップ制覇を成し遂げていた。 ▽クラブ生え抜きではないものの、元オランダ代表MFデニス・ベルカンプ氏、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ氏に次ぐアーセン・ヴェンゲル監督率いるスカッドで3番目のプレミアリーグ出場数を誇る最古参のウォルコットは常々クラブ愛を語ってきた。しかし、今季のプレミアリーグ出場が6試合のみという出場機会の少なさ、6月に行われるロシア・ワールドカップのメンバー入りを考慮し、愛するクラブを旅立つ決断をした。 2018.01.18 02:47 Thu
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、ヴォルフスブルクからフランス代表FWエンテプを今季終了までのレンタルで獲得

▽サンテチェンヌは17日、ヴォルフスブルクに所属するフランス代表FWポール=ジョルジュ・エンテプ(25)を今季終了までのレンタル移籍で獲得した。 ▽左ウイングを主戦場とするエンテプは、スピードを活かしたドリブル突破が持ち味のアタッカー。2012年にオーセルでトップチームデビューを果たすと、2014年1月にレンヌへ加入。レンヌでは在籍3シーズンで公式戦83試合に出場し18ゴールをマークした。 ▽レンヌでの活躍が認められ、2017年1月にヴォルフスブルクに移籍すると、昨季はブンデスリーガ10試合に出場。しかし、今季はここまでブンデスリーガ5試合の出場にとどまっていた。 ▽また、各年代のフランス代表に選出されてきたエンテプは、2015年5月にA代表に初招集されると、ここまで2試合に出場している。 2018.01.18 02:21 Thu
twitterfacebook
thumb

ベネヴェント、昨夏にインテルから加入したDFグラヴィジョンをペスカーラへ放出

▽ベネヴェントは17日、グアダループ人DFアンドリュー・グラヴィジョン(19)をセリエBに所属するペスカーラへ完全移籍で放出したことを発表した。 ▽インテルのプリマヴェーラで育ったセンターバックのグラヴィジョンは、昨夏にベネヴェントへ完全移籍で加入。セリエA第6節のクロトーネ戦でプロデビューを飾ると、これまでセリエAで2試合に出場していた。 2018.01.18 01:31 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプール、セルビア代表MFグルイッチが今季終了までカーディフにレンタル移籍!

▽リバプールは17日、セルビア代表MFマルコ・グルイッチ(21)が今シーズン終了までチャンピオンシップ(イングランド2部)のカーディフ・シティにレンタル移籍することを発表した。 ▽191cmの恵まれた体躯と戦術眼を武器とする大型セントラルMFのグルイッチは、2015年に行われたFIFA U-20ワールドカップでセルビアの初優勝に貢献するなど、将来を嘱望される若手の一人だ。 ▽しかし、2016年夏に母国レッドスター・ベオグラードから加入したリバプールでは、度重なるケガや厳しいポジション争いに苦戦し、加入2シーズンで公式戦14試合の出場にとどまっている。また、今季はEFLカップのレスター・シティ戦こそフル出場したものの、残りのリーグ戦(3試合)、チャンピオンズリーグ(1試合)ではいずれも試合終盤の途中投入で短いプレー時間しか与えられていなかった。 ▽ここまでセルビア代表で通算4キャップのグルイッチは現在、ロシア・ワールドカップ本大会のメンバー入りに向けて当落線上の立ち位置にいることもあり、出場機会を求めて今季ここまでチャンピオンシップ3位に位置するカーディフへのレンタル移籍を決断した。 2018.01.18 00:50 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース