ミランやレバークーゼンで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオールが古巣の監督に就任2017.03.10 19:51 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてミランやレバークーゼンなどで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオール氏(40)が、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)のイトゥアーノの監督に就任した。

▽ホッキ・ジュニオール氏は、パルメイラスから2000年1月にミランへと移籍。その後はリーズやシエナへとレンタル移籍をし、2004年7月にレバークーゼンへと完全移籍。2007年10月からはデュイスブルク、2008年4月からはカタールのアル・ラーヤンでプレー。2008年に母国へ戻り、古巣のパルメイラスへと加入した。2010年1月からはイトゥアーノでプレーするも、5月に現役を引退していた。引退後は、2016年5月からはラツィオユースで監督を務めていた。

▽イトゥアーノは、元ブラジル代表MFジュニーニョ・パウリスタ氏が代表を務めており、昨シーズンのカンピオナート・パウリスタでは10位に終わっていた。今シーズンはコリンチャンス、ボタフォゴ、サンベルナルドと同じグループAに所属し、最下位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

ブライトン、昨季プレミア昇格に貢献したイスラエル代表FWヘメドと契約延長!

▽ブライトンは16日、イスラエル代表FWトメル・ヘメド(30)との契約延長を発表した。新契約は2019年6月30日までとなる。 ▽イスラエルの強豪マッカビ・ハイファの下部組織出身のヘメドは、マジョルカやアルメリアを経て、2015年6月にブライトンへ加入。加入後はレギュラーとして活躍すると、これまで在籍3年間で公式戦97試合に出場し33ゴール10アシストをマーク。昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では11ゴールを記録し、チームのプレミア昇格の立役者の1人となった。 ▽また、各年代のイスラエル代表に選出されてきたヘメドは、2011年6月にフル代表デビュー。これまで29キャップに出場し15ゴールを記録している。 2017.11.17 05:57 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルとマン・C、サンチェスとスターリングをトレード?

▽アーセナルがマンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリング(22)の獲得に興味を持っているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽今夏、アーセナルでは契約が今季限りとなっているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(28)の契約延長交渉が進展せず、同選手はシティ移籍の報道が広く伝えられていた。しかし、アーセナルはサンチェスの代役として獲得に動いていたモナコMFトマ・レマルの補強に失敗。そのため、サンチェスをクラブにとどめていた。 ▽しかし、サンチェスは引き続きシティへとの関連が伝えられている。アーセナルは、シティにサンチェスを放出するかわりに、スターリングの獲得を求めているようだ。 ▽スターリングは今季、シティでの公式戦15試合で10得点3アシストという素晴らしい成績を残している。シティのジョゼップ・グアルディオラ監督はスターリングをサンチェス獲得のオペレーションに含めることを拒否したとされているが、アーセナルは再度1月にスターリングの獲得に向けて挑戦する構えとみられている。 2017.11.16 14:54 Thu
twitterfacebook
thumb

レジェンドGKセニ氏が来季ブラジル2部昇格チームの新指揮官就任! 愛するサンパウロを初めて離れることに

▽カンピオナート・ブラジレイロ・セリエC(ブラジル3部)に所属するフォルタレーザECは15日、2018シーズンから元ブラジル代表GKロジェリオ・セニ氏(44)が新監督に就任することを発表した。 ▽セニ氏は、1992年にサンパウロFCに入団。サンパウロ一筋で24年間プレーし、2015シーズン限りで現役を引退した。 ▽GKながら、FKやPKのキッカーを務めるセニ氏は、GKとして世界最多得点記録を持ち、生涯で131得点を記録。ギネス世界記録にも認定されていた。 ▽2017シーズンには愛するサンパウロで監督業初挑戦も、開幕から極度の不振に見舞われたチームは、ブラジル全国選手権第11節終了時点で3勝6敗2分けと低迷。そして、降格圏の17位に転落した責任を取り、今年7月に辞任を発表していた。 ▽なおセニ氏が現役、監督を通じて一筋のキャリアを築いたサンパウロを離れ、初めて在籍することになるフォルタレーザは、来季のセリエB昇格を決めている。 2017.11.16 07:10 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表、60年ぶりのW杯出場逃す大失態演じたヴェントゥーラ監督を解任!

▽イタリアサッカー連盟(FIGC)は15日、イタリア代表を率いるジャンピエロ・ヴェントゥーラ監督(69)の解任を発表した。 ▽2016年7月に、前任のアントニオ・コンテ監督を引き継ぐ形でイタリア代表の指揮官に就任したヴェントゥーラ監督。ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選では強豪スペイン代表と同居したグループGで、7勝2分け1敗の成績ながらも2位となりプレーオフに回った。 ▽そのプレーオフでは、スウェーデン代表相手に敵地での1stレグを0-1、ホームで行われた2ndレグを0-0で終え、2戦合計0-1のスコアで敗退。なお、1962年大会から14大会連続で本大会に出場し続けていたアズーリにとっては、60年ぶりに予選敗退となる大失態となった。 ▽また、自身の志向する[4-2-4]のシステムの機能不全や、FWロレンツォ・インシーニェの起用法、スペイン代表戦や今回のプレーオフにおける“無策”と揶揄される戦術面などに多くの批判が集まっていた。 ▽ヴェントゥーラ監督は予選敗退後に辞任を拒否する意向を表明していたものの、今回の失態を重く受け止めたFIGC幹部並びにイタリアの各カテゴリーの代表者は15日にローマで行われた会合の場で、指揮官の更迭を決断した。 ▽なお、ヴェントゥーラ監督の後任人事に関しては、現在フリーで筆頭候補とされるカルロ・アンチェロッティ氏を始め、前指揮官のコンテ氏(現チェルシー)、ロベルト・マンチーニ氏(現ゼニト)らの名前が挙がっている。 2017.11.16 02:48 Thu
twitterfacebook
thumb

サンテチェンヌ、オスカル・ガルシア監督との契約を解消! 今夏就任で6位も早期退団に

▽サンテチェンヌは15日、オスカル・ガルシア監督(44)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。なお、契約期間は2019年6月までとなっているが、違約金や今後のサラリーの支払いは行われない。 ▽現役時代にバルセロナやバレンシア、エスパニョールなどスペインの数クラブでプレーしたガルシア監督は、引退後の2009年から指導者のキャリアをスタート。マッカビ・テルアビブやブライトン、ワトフォードなどを率いると、2015年にザルツブルクの監督に就任。ザルツブルクでは、2年連続で国内4冠を達成するなど、その手腕を発揮した。 ▽そして、今夏には7年半に渡ってクラブを率いてきたクリストフ・ガルティエ前監督の後任として、サンテチェンヌの新指揮官に就任。今季は開幕3連勝の好スタートを切るも、直近3試合では宿敵リヨンとの“ローヌ・ダービー”で0-5の大敗を喫するなど、2敗1分けで3戦勝利から遠ざかっていた。 ▽それでも、第12節終了時点で5勝4敗分けの6位という順位は上々の成績であり、本来は契約解消に値しない。そのため、クラブ幹部との確執や他クラブからの引き抜きの可能性も指摘されている。 ▽なお、サンテチェンヌはガルシア監督の後任として、下部組織を率いていたクラブOBのジュリアン・サブレ氏(37)の新監督就任を併せて伝えている。 2017.11.16 02:25 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース