ミランやレバークーゼンで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオールが古巣の監督に就任2017.03.10 19:51 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてミランやレバークーゼンなどで活躍した元ブラジル代表DFホッキ・ジュニオール氏(40)が、カンピオナート・パウリスタ(サンパウロ州選手権)のイトゥアーノの監督に就任した。

▽ホッキ・ジュニオール氏は、パルメイラスから2000年1月にミランへと移籍。その後はリーズやシエナへとレンタル移籍をし、2004年7月にレバークーゼンへと完全移籍。2007年10月からはデュイスブルク、2008年4月からはカタールのアル・ラーヤンでプレー。2008年に母国へ戻り、古巣のパルメイラスへと加入した。2010年1月からはイトゥアーノでプレーするも、5月に現役を引退していた。引退後は、2016年5月からはラツィオユースで監督を務めていた。

▽イトゥアーノは、元ブラジル代表MFジュニーニョ・パウリスタ氏が代表を務めており、昨シーズンのカンピオナート・パウリスタでは10位に終わっていた。今シーズンはコリンチャンス、ボタフォゴ、サンベルナルドと同じグループAに所属し、最下位に位置している。

コメント

関連ニュース

thumb

シュバインシュタイガーのシカゴ・ファイアー移籍が完了! 今週末のモントリオール・インパクト戦でMLSデビューへ

▽マンチェスター・ユナイテッドは29日、元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガー(32)のメジャーリーグ・サッカー(MLS)所属のシカゴ・ファイアーへの移籍が完了したと発表した。 ▽ユナイテッドは、今月21日にシュバインシュタイガーのシカゴ・ファイアー移籍合意を発表していたが、今回ビザの取得とメディカルチェックが完了したことを受け、移籍の完了を発表した。 ▽アメリカ『シカゴ・トリビューン』によると契約期間は1年間で、年俸450万ドル(約5億円)が支払われるとのこと。MLSで最高の給与を得るトップ10に入り、1年間の契約延長オプションも付いているとのことだ。 ▽なお、シュバインシュタイガーは今週末に行われるモントリオール・インパクト戦でMLSデビューを飾る予定のようだ。 ▽シュバインシュタイガーは、バイエルンの下部組織で育ち、2002年7月にトップチームに昇格。2015年7月にマンチェスター・ユナイテッドへと移籍した。加入1年目はルイス・ファン・ハール監督の下でプレミアリーグ18試合に出場。しかし、今シーズンから指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督の下では構想外となり、ここまで公式戦4試合の出場に留まり、プレミアリーグでは出場機会がなかった。 2017.03.30 02:29 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノ、サンパウロからU-20ブラジル代表DFリャンコを獲得!

▽トリノは29日、サンパウロからU-20ブラジル代表DFリャンコ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などの詳細は明かされていないが、正式加入は2017年7月1日以降となる。 ▽セルビアとブラジルの二重国籍を持つリャンコは、ボタフォゴの下部組織を経て2015年からサンパウロに在籍。2015年にトップチームデビューを飾ると、サンパウロでリーグ戦通算21に出場していた。 ▽また、188cmの大柄なセンターバックは、U-19セルビア代表でのプレー経験があるものの、その後生まれ育ったブラジルのU-20代表としてプレーしている。 ▽なお、登録の問題で公式戦には出場できないリャンコだが、既にトリノのトップチームと共にトレーニングを開始している。 2017.03.29 23:26 Wed
twitterfacebook
thumb

UAE代表のマフディ・アリ監督が辞任を表明…オーストラリア戦後に明かす

▽UAE代表を率いるマフディ・アリ・ハッサン・レダ監督(51)が、オーストラリア代表戦後に辞任を表明したようだ。オーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』が報じた。 ▽UAEは28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第7節でオーストラリアとアウェイで対戦。2-0で敗れ、W杯出場が厳しい状況となっていた。 ▽試合終了後の記者会見で、マフディ・アリ監督が辞任を表明。23日にホームで日本代表相手に0-2で敗戦したことが、UAEサッカー協会の不満を買っていたようで、この日の敗戦で決断したとのことだ。 「私にとって、代表チームで13年間を過ごし、A代表では5年間を過ごした。我々はチームと多くの実績を積み、とても活躍した。今私は離れるべき時だと考える」 「我々はUAEであり、代表チームに多くの選手を抱えているわけではない。多く言っている訳ではなく、87名だろう」 「我々の今のリーグの状態で大きなチームと戦うことは難しい。私は我々の最善を尽くしたとカンた得ている。自分たちのベストを出すことにトライした。起こってしまったことについて、何も不平は言えない。ただ、今が離れるべき時だ」 「私にとってはとても良くない瞬間だ。私はより良い状態のままで代表チームを去ることができた」 「しかし、これは人生であり、我々はそれを受け入れなければならない。私にとってとても厳しいことだが、持っているものを使ってベストを尽くした。ただ、監督はチームの一部にしか過ぎないと思っている」 「私は自分のベストを尽くした。全てのファン、全てのUAE国民、全ての選手、全てのスタッフに謝罪する。そして、全てに感謝する。でも、私は離れる時だと考えている」 ▽2003年にU-16UAE代表監督に就任すると、U-19やU-20、U-23の代表チーム監督を歴任。2012年からA代表を率いていた。2015年のアジアカップでは、準々決勝で日本を破りベスト4に進出。ロシアW杯アジア最終予選では、初戦の日本代表戦で勝利を収めるなど幸先良いスタートを切ったかに思われたが、オーストラリア、サウジアラビアには敗戦。タイ、イラクには勝利したものの、今月の日本、オーストラリアと連敗を喫していた。 2017.03.28 22:40 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島ユースDF松浦航洋、スペイン3部FCフミーリャに加入

▽鹿島アントラーズは28日、鹿島ユースに所属するDF松浦航洋(18)がスペイン・セグンダ・ディビジョンB(スペイン3部)のFCフミーリャに加入することが決定したことを発表した。 ▽茨城県出身の松浦は、身長178cm、体重72㎏のディフェンダー。同選手はジュニア時代から鹿島の下部組織でプレーしており、28日にスペインへと出発する。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定だ。 2017.03.28 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インゴルシュタット、今季途中就任のヴァルプルギス監督との契約を1年延長

▽インゴルシュタットは27日、マイク・ヴァルプルギス監督(43)との契約を2018年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽ヴァルプルギス監督は、昨年11月にマルクス・カウチンスキ前監督の後任として、インゴルシュタットの新指揮官に就任。ブンデスリーガで10試合を終えて2分け8敗と未勝利のチームの再建を託された同監督は、ブンデスリーガ初采配ながらも堅実な采配をみせ、就任以降の15試合で5勝2分け8敗というまずまずの成績を残していた。 ▽残留圏内の15位ヴォルフスブルクと勝ち点10差の17位と、チームは依然として厳しい状況にいるが、ヴァルプルギス監督の手腕を評価するクラブは、今季終了までの契約を1年間延長した。 2017.03.28 05:38 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース