群馬が韓国人DFチェ・ジュンギの加入を発表…U-12からU-18まで韓国代表を経験2017.03.10 18:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は10日、延世大学の韓国人DFチェ・ジュンギ(22)の加入を発表した。背番号は「36」。

▽チェ・ジュンギュは、蔚山現代のジュニアユース出身。U-12からU-18まで韓国代表を経験しており、2015年、2016年には韓国大学選抜として日韓デンソーカップに出場していた。チェ・ジュンギュはクラブを通じてコメントしている。

「はじめまして、チェ・ジュンギです。今回、ザスパクサツ群馬に加入することになって大変うれしいです。1日でも早くチームの役に立ち、勝利に貢献できるよう、精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

アラン&ドゥグの助っ人コンビの活躍で東京Vが3戦ぶり白星で暫定首位浮上! 群馬は開幕9戦未勝利…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第9節の東京ヴェルディvsザスパクサツ群馬が22日に味の素スタジアムで行われ、ホームの東京Vが3-1で勝利した。 ▽今季初の連敗を喫した3位の東京Vと、今季未勝利で最下位に沈む群馬の一戦。前節、モンテディオ山形に惜敗した東京Vは、その一戦からメンバー変更2点。安西、梶川に代わって、高木大、ドウグラス・ヴィエイラが先発に復帰した。。一方、水戸ホーリーホックとの“北関東ダービー”に敗れた群馬は先発3人を変更。岡庭や石田の若手に代わって、松下と鈴木崇のベテランが起用された。 ▽出足鋭い群馬の勢いに晒される入りとなった東京Vは、高井の個人技に苦戦を強いられるが、時間の経過と共にドウグラス・ヴィエイラとアラン・ピニェイロのキープ力を起点に押し込んでいく。15分には左サイドで平が上げたクロスのこぼれ球からゴール前のアランに決定機も、これはうまくミートできない。 ▽その後、互いにミスが目立つ大味な展開の中、前半終盤に続けて決定機が訪れる。39分、安在の強烈なミドルシュートが枠を捉えるが、これは相手GK清水の好守に遭う。このプレーで得た右CKの場面では中後のファーを狙ったクロスをアランが頭で合わすが、今度はクロスバーを叩く。それでも、攻め続ける東京Vは前半アディショナルタイム2分、ボックス内で高木善が松下に倒されて得たPKをキッカーのドウグラスが冷静に決め、待望の先制に成功した。 ▽ドウグラスの今季初ゴールでリードを持って後半に臨んだ東京Vは、中後に代えて橋本をハーフタイム明けに投入。開始直後にはゴール前でフリーの高井に決定機を許すも、ここはGK柴崎のビッグセーブで凌ぐ。すると53分、畠中のロングフィードに反応して右サイドに抜け出したドウグラスが味方の攻め上がりを待ってクロス。これをゴール前に走り込んだアランが頭で右隅に流し込んだ。アランの4試合ぶりの今季5点目で追加点を奪った東京Vは、この直後に高木大に代えて安西を投入。ここから逃げ切り態勢に入る。 ▽一方、後半に入って良い攻めを見せながらも先に失点した群馬だが、60分に1点を返す。鈴木の左CKの場面でニアに飛び込んだチェ・ジュンギがフリックしたボールをゴール前の岡田が流し込んだ。 ▽岡田の移籍後初ゴールで再び拮抗した展開となった中、追いついた群馬が攻勢を仕掛けていく。だが、東京Vも身体を張った守備で2点目を許さない。すると87分、安在の強引な仕掛けからゴール前にこぼれたボールを群馬DFがお見合い、この隙を突いたアランが冷静に右隅へ蹴り込み、値千金の3点目を奪った。この3点目で試合を決定付けた東京Vが、連敗をストップすると共にリーグ3試合ぶりの勝利を手にし、暫定首位に浮上した。一方、意地は見せるも競り負けた群馬は2連敗でまたしても今季初勝利を逃した。 2017.04.22 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

林のゴールを守り切った水戸が群馬との“北関東ダービー”を制する!《J2》

▽15日、明治安田生命J2リーグ第8節のザスパクサツ群馬vs水戸ホーリーホックが正田醤油スタジアム群馬で行われ、0-1で水戸が勝利した。 ▽今シーズンここまで0勝1分け6敗で最下位の群馬と、2勝1分け4敗の17位に位置する水戸の“北関東ダービー”。群馬は1-1のドローに終わった前節のジェフユナイテッド千葉戦と同じ11人をピッチに送り出す。対する水戸は前節のFC岐阜戦で2-1と敗戦。伊藤に変えて、細川を最終ラインに起用した。 ▽試合は序盤からアウェイの水戸が主導権を握る。4分、前田がスピードを生かして最終ラインの裏を突くと、ボックス右からシュート。しかし、これはGK清水がセーブする。 ▽その後も攻め立てる水戸は21分、ボックス右から白井がグラウンダーのクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ林が蹴り込み、水戸が先制する。 ▽先制した水戸はその後も攻勢をかける。対する群馬は、30分に石田に代えて高橋を投入。早い時間帯でカードを切り、今シーズン初勝利を目指す。 ▽水戸が1点リードで前半を折り返すと、後半は群馬が反撃。47分、舩津のパスを高井がボックス内で受けるも、シュートは打てず。水戸は群馬の攻撃に対し、引いて守りを固める。 ▽スペースができたことで反撃の糸口を見つけたい群馬は、右サイドの川田を中心に攻撃。56分には川田が右サイドの深い位置からクロス。高井が頭で合わせ、最後は山岸がシュートもミートできない。 ▽押し込まれていた水戸だったが、徐々にペースを取り戻す。64分、前田がボックス内で相手DFをかわしシュート。しかし、GK笠原がセーブする。73分には佐藤弘のクロスに反応した林がシュートも、枠を外してしまう。 ▽その後も攻め込みながら守備時にはリスクを犯さずに引いて守った水戸が1点を守り切りタイムアップ。水戸が0-1で“北関東ダービー”を制し、通算成績を12勝14分け7敗とした。一方の群馬は8試合を終えて未だ勝利がない苦しい状況が続いている。 2017.04.15 17:08 Sat
twitterfacebook
thumb

逃げ切り失敗も群馬が開幕からの連敗をストップ! 高卒ルーキー高橋壱晟の初ゴールも千葉は4戦勝利なし《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第7節のジェフユナイテッド市原・千葉vsザスパクサツ群馬が8日にフクダ電子アリーナで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽3戦未勝利の10位千葉と、クラブワーストの開幕6連敗の最下位群馬の一戦。試合は開始早々に動く。5分、ハーフウェイライン付近で相手からボールを奪った高井がGK佐藤の前目のポジションを見極め、意表を突いたロングシュートを放つと、これがゴールネットを揺らした。 ▽高井のスーパーゴールで先制を許した千葉は、失点直後の8分に右サイドに抜け出した清武からファーサイドのラリベイに鋭いクロスが入るが、わずかに届かない。早い時間帯に追いつきたいホームチームは、その後も前がかりになって攻めるが、ビルドアップや仕掛けのプレーでミスが目立ち、思うようにチャンスを作れない。 ▽一方、千葉の弱点である高い最終ラインの背後を徹底的に狙う群馬は、18分に裏へ抜け出した岡田のヒールパスから石田がシュート、40分には右サイドを完璧に抜け出した川田の折り返しから高井に2点目のチャンスも、ここは果敢に飛び出したGKが気になったか、ループシュートをクロスバーに当ててしまい、前半のうちに追加点を奪うことはできず。 ▽後半先に動いたのは、ビハインドを追う千葉。山本真に代えて町田をハーフタイム明けに投入。立ち上がりから厚みのある仕掛けを見せるホームチームは、53分と61分にいずれも町田とホルヘ・サリーナスのコンビからボックス付近でフィニッシュに持ち込むが、いずれも枠に飛ばすことができない。 ▽一方、後半に入って守勢が続く群馬は、54分に川田と石田を下げて、小林、高橋駿を同時投入。前半同様に前がかりな相手に対して、岡庭らがカウンターから決定機を迎えるが、このチャンスを決め切れない。 ▽最下位相手に取りこぼしは許されない千葉は、65分にホルヘ・サリーナスを下げて船山を投入。すると、この交代直後に同点ゴールが生まれる。67分、町田のスルーパスに抜け出した北爪がボックス右で丁寧に折り返すと、中央に走り込んだ高橋壱が滑り込みながら右足で流し込んだ。 ▽今季市立船橋高校から加入の高卒ルーキー高橋壱のプロ初ゴールで試合を振り出しに戻した千葉は、ここから勢いづいて群馬を押し込む。77分には高橋壱のスルーパスに抜け出した船山が左サイドからボックス中央に切り込んでシュートを放つが、これは枠を捉え切れず。 ▽試合終盤にかけては人数をかけて攻める千葉と、カウンターから一発を狙う群馬という構図の下、一進一退の攻防が繰り広げられるが、互いに決め手を欠いたまま、試合は1-1でタイムアップ。群馬が逃げ切り失敗も開幕からの連敗を「6」でストップした。一方、2試合連続でビハインドから追いついた千葉だったが、勝ち越す力はなく4戦未勝利となった。 2017.04.08 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

中美の2発で群馬撃破! 指揮官師弟対決を制した金沢が今季初勝利《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第6節のツエーゲン金沢vsザスパクサツ群馬が2日に石川県西部緑地公園陸上競技場で行われ、2-0で金沢が勝利した。 ▽5節終了時点で、3敗2分で21位につける金沢と、5連敗で最下位に甘んじている群馬の一戦。金沢率いる柳下監督と群馬率いる森下監督にとって、ジュビロ磐田時代の師弟対決となった試合は、開始直後こそ群馬が攻勢に出るも、金沢が徐々に押し込みはじめる展開となる。 ▽ところが、群馬が金沢のミスから決定機を迎える。16分、最終ラインで作田からボールを奪った高井がボックス内へとそのまま侵攻。GKとの一対一を迎えるも、GK白井の好守に阻まれて決め切ることができない。 ▽その後、互いに敵陣へと侵攻するも、なかなかシュートまで持っていくことができず、こう着状態が続く。すると群馬は40分、敵陣中央でボールを受けた高井がボックス左手前に持ち込んで、ボックス中央にスルーパスを供給。これに反応した小林が右足ダイレクトでシュートを放つも、GK白井に防がれる。 ▽ピンチを脱した金沢は44分、FKのセカンドボールをボックス手前の小柳がゴール前に送ると、大橋が頭で合わせるもゴール右へと外れる。 ▽後半に入ってもアウェイの群馬が金沢を攻め立てる。しかし58分、群馬の不用意なミスから金沢が先制点を奪う。58分、ボックス左のGK牲川が右サイドにパスを送ると、チェイスした中美が伸ばした右足にボールが当たり、そのままゴールに吸い込まれた。さらにその直後、カウンターを発動。ロングボールで左サイドを突破した佐藤がボックス内にラストパスを送ると、走り込んだ中美が冷静に右隅に流し込んだ。 ▽立て続けに2点を奪われた群馬は65分に小林から石田、73分に高橋から出岡に代えて前線の活性化を図る。すると80分、ハーフウェイライン付近ボールを受けた高井が果敢なドリブル突破でボックス左へと侵攻。左足で強烈なシュートを放つも、ゴール左に外れてしまう。 ▽その後は、金沢が群馬の攻撃を凌ぎ切り、試合終了。前半は群馬に押し込まれたものの後半立て直し、中美の2ゴールを守り切った金沢が今シーズン初勝利を飾った。 2017.04.02 15:13 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬GK清水慶記に第二子となる長男が誕生「より一層全力で」

▽ザスパクサツ群馬は1日、GK清水慶記(31)に第二子となる長男が3月31日に誕生したことを発表した。 ▽清水はクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、第二子となる長男が誕生いたしました。無事に産んでくれた妻、元気に生まれてきてくれた我が子に感謝しています。家族のため、チームのために、より一層全力で頑張ります」 ▽2016年に大宮アルディージャから加入した清水は、移籍初年度から正GKとして活躍。今シーズンの明治安田生命J2リーグではここまで3試合に出場している。 2017.04.01 18:33 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース