超ワールドサッカー

群馬が韓国人DFチェ・ジュンギの加入を発表…U-12からU-18まで韓国代表を経験2017.03.10 18:14 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は10日、延世大学の韓国人DFチェ・ジュンギ(22)の加入を発表した。背番号は「36」。

▽チェ・ジュンギュは、蔚山現代のジュニアユース出身。U-12からU-18まで韓国代表を経験しており、2015年、2016年には韓国大学選抜として日韓デンソーカップに出場していた。チェ・ジュンギュはクラブを通じてコメントしている。

「はじめまして、チェ・ジュンギです。今回、ザスパクサツ群馬に加入することになって大変うれしいです。1日でも早くチームの役に立ち、勝利に貢献できるよう、精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

群馬が逆転勝利を収め2連勝で最下位脱出! 敗れた讃岐が最下位に…《J2》

▽21日、明治安田生命J2リーグ第15節のカマタマーレ讃岐vsザスパクサツ群馬がPikaraスタジアムで行われ、1-2でアウェイの群馬が勝利した。 ▽ここまで14試合を終えて1勝6分け7敗の勝ち点9で降格圏21位に位置する讃岐と、2勝1分け11敗の勝ち点7で最下位に位置する群馬の一戦。両者降格圏脱出のために勝利が欲しい試合は、讃岐の原が8試合ぶりに先発出場、一方の群馬は、前節決勝ゴールを決めた新加入のFWカン・スイルが3試合連続先発出場を果たした。 ▽最初にシュートを放ったのは讃岐。3分、ロングスローのクリアボールを武田がシュート。しかし、これは枠を外してしまう。群馬はサイドからのクロスでチャンスを窺うも、讃岐守備陣がうまく対応し決定機とはならない。12分には讃岐が再びロングスローからチャンス。こぼれ球を高木がシュートも、力なくGK清水慶がキャッチする。 ▽25分、讃岐は原がドリブルで中央突破。ボックス内に侵入しシュートを放とうとするも、DFが間一髪クリアする。これで得たCKの流れから、最後はクロスをエブソンがヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。 ▽それでも押し込む讃岐はロングスローからゴールを奪う。31分、武田のロングスローはGK清水慶がキャッチにいくも、これをファンブル。こぼれ球を拾った李栄直がクロスを上げると、DFがクリアも、こぼれ球に反応した原がボックス内右でゴールを背にしたまま反転ボレー。これが右隅に決まり、讃岐が先制する。 ▽先制を許した群馬だったが、前半のうちに同点に追いつく。41分、高橋がFKからゴール前にクロスを供給。DFがクリアするも、こぼれ球をボックス手前で待ち構えた高井が右足一閃。GK清水健の手を弾いたシュートがネットを揺らし、群馬が同点に追いつく。 ▽迎えた後半讃岐が両サイドを使って攻勢をかけるも、得点を奪うことができない。群馬は56分に岡庭に代えて鈴木を投入。するとこの交代が得点に繋がる。60分、鈴木がライナー性のクロスを上げると、競り合いのボールを繋ぎ、最後は岡田がボックス中央で胸トラップからジャンピングボレー。これがネットを揺らし、群馬が逆転に成功する。 ▽勢いにのる群馬は63分、ボックス手前ゴール正面でFKを得ると、鈴木が左足で直接狙うも、シュートは枠を越えていく。69分にはボックス内でパスをつなぐと、最後は山岸がシュート。しかし、これは右ポストに嫌われゴールとはならない。 ▽その後も主導権を握り続ける群馬は、讃岐に決定機を作らせず。結局そのまま試合は終了し、群馬が逆転勝利で連勝。讃岐を抜き、降格圏ながら21位に浮上。敗れた讃岐は最下位に転落した。 2017.05.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

群馬が新加入FWカン・スイルのヘッド弾で山口を下しシーズン2勝目《J2》

▽17日、明治安田生命J2リーグ第14節のザスパクサツ群馬vsレノファ山口FCが正田醤油スタジアム群馬で行われ、2-1で群馬が勝利した。 ▽現在1勝1分け11敗の勝ち点4で最下位の群馬が、2勝4分け7敗の勝ち点10で20位の山口を迎えた一戦。群馬は前節から4名スタメンを変更。先週加入したカン・スイルは2試合連続先発。前々節にチームを今季初勝利に導いた高井も先発した。一方の山口は、大石が今季初先発となった。 ▽試合は7分、山口は小野瀬がボックス内に侵入しようとするもパク・ゴンに倒される。しかし、ノーファウルの判定となる。 ▽8分には群馬がビッグチャンス。スローインから岡庭がボックス内の深い位置に侵入すると、そのままシュート。しかし、これはゴール前を通過していく。 ▽群馬は19分、左CKからのクロスをGK山田がパンチング。これを、待ち構えた高井がボックス内右でダイレクトボレー。しかし、DFにクリアされてしまう。さらに、これで得たCKのクロスをボックス中央でフリーとなったカン・スイルがヘッド。しかし、シュートは枠を捉えられない。 ▽主導権を握り続ける群馬は23分、ボックス手前でFKを獲得。これを高橋が直接狙うも、右サイドネットを揺らす。さらに27分、左サイドを突破した阿部がボックス左からクロス。これが、ゴールへ向かうもGK山田が冷静にセーブする。 ▽防戦状態が続いていた山口だが31分にFKを獲得。小塚がクロスを送るも、GK清水が対応。直後には和田が左サイドを仕掛けボックス内に侵入。しかし、シュートは打てない。 ▽このままゴールレスで終わるかと思われた前半アディショナルタイム1分、群馬は右サイドから崩すと、岡田がカン・スイルへとパス。これは相手DFがカットするも、こぼれ球が走り込んだ高井の前に転がり、高井が冷静にネットを揺らし、群馬が前半終了間際に先制する。 ▽相手の対応がルーズになったボールを小塚が奪取。そのままドリブルでボックス内に侵入しクロスを上げると、これを小野瀬がボックス内でヘッド。しかし、わずかに右に外してしまう。 ▽58分、ボックス手前左から高橋がクロス。これをカン・スイルがどんぴしゃヘッド。これが左に決まり、群馬がリードを2点に広げる。59分、ダイレクトパスに抜け出した小野瀬が、ボックスに侵入してDFをかわすと、GKとの一対一をしっかり決めて山口が1点を返す。 ▽立て続けにゴールが生まれたが、その後は互いに決め手を欠く展開となる。それでも群馬は74分、松下がCKからクロス。こぼれ球を高井がクロスを上げると、カン・スイルが合わせるも枠を捉えられない。 ▽追いつきたい山口は終盤にかけて猛攻。85分には小塚がCKからクロスを上げるとゴール前が混戦に。しかし、DFがブロックする。87分には加藤がボックス内でクロスに合わせるもGKがキャッチ。89分には小野瀬が強烈なミドルシュートを浴びせるも、シュートは枠を外してしまう。結局そのままスコアは動かず、群馬が逃げ切りに成功し2-1で今季2勝目を飾った。 2017.05.17 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

小島が2得点と躍動の愛媛が連勝…群馬は新加入FWカン・スイル起用も不発に終わる《J2》

▽13日、明治安田生命J2リーグ第13節のザスパクサツ群馬vs愛媛FCが正田醤油スタジアム群馬で行われ、0-3で愛媛が勝利した。 ▽前節のロアッソ熊本戦でアディショナルタイム弾で今シーズン初勝利を挙げた最下位・群馬と、前節のレノファ山口FC戦で2-1と勝利し、11位につける愛媛の対戦。群馬はスタメンを1名変更し、加入したばかりの韓国代表FWカン・スイルが先発した。一方の愛媛は3名を変更。玉林、三原、神田に変えて、田中、河原、小暮を起用した。 ▽前節の勝利をしっかりと繋げたい群馬が最初の決定機。11分、左サイドからのクロスをボックス中央に飛び込んだ山岸がヘッド。シュートは枠を捉えるも、GKパク・ソンスがセーブする。これで得た直後のCKからもチャンス。松下が上げたクロスをカン・スイルがどんぴしゃヘッド。しかし、GKパク・ソンスがしっかりとキャッチする。 ▽群馬は14分には再びCKからチャンス。松下のクロスをGKパク・ソンスがクリアすると、カン・スイルがヘッド。しかし、GKパク・ソンスがしっかりとキャッチする。 ▽押しこむ群馬の攻勢はとまらない。19分、舩津のクロスをDFがクリア。これが転がると、ボックス手前から松下が左足でロングシュート。しかし、GKパク・ソンスがわずかに触りゴールとはならない。 ▽さらに29分、味方のクリアボールを拾いに行った林堂が濡れたピッチに足を滑らせると、ハーフウェイライン付近からカン・スイルがドリブルで独走。ボックス右に侵入しそのままシュートを放つも、GKパク・ソンスが何とかセーブする。 ▽群馬に押し込まれる時間帯が続いた愛媛だったが44分、ボックス内右から西田がグラウンダーのクロス。これに走り込んだ河原が、ボックス中央でシュートを狙うも、DFにブロックされてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、両チームは交代なし。50分、松下がFKからクロスを送ると、チェ・ジュンギがボックス中央でヘッド。しかし、枠を外してしまう。 ▽愛媛は、前半とは打って変わって、ボールを保持する展開が続くも、攻撃の精度を欠き決定機を作るには至らない。 ▽ゴールが欲しい群馬は64分に高橋に代えてマテウスを投入。攻撃の活性化を図る。 ▽しかし、常に押し込んでいた愛媛が待望の先制点を奪う。70分、藤田のスルーパスに反応した有田がシュート。GK清水が飛び出しブロックするも、浮き球を走り込んだ小島が無人のゴールへヘッド。これが決まり、愛媛がリードを奪う。 ▽リードを奪われた群馬は、松下に代えて鈴木、阿部に代えて、前節チームを初勝利に導いた決勝弾の高井を投入する。 ▽それでも77分、ボクス手前で河原とのワンツーでフリーとなった小島がボックス手前からシュート。これが左隅に決まり、愛媛がリードを2点に広げる。 ▽さらに81分、小島のスルーパスに抜けた小暮がグラウンダーのクロス。これをボックス内中央で河原が蹴り込み、愛媛がリードを3点とする。 ▽盛り返したい群馬だったが、愛媛の前に反撃できず。そのまま試合は終了し、0-3で愛媛が勝利した。群馬は前半こそ攻め込むも、失点を重ね連勝とはならなかった。 2017.05.13 15:54 Sat
twitterfacebook
thumb

J2最下位低迷の群馬が韓国代表FWカン・スイルの加入を発表…FWイ・ガンウとは契約解除

▽ザスパクサツ群馬は12日、韓国代表FWカン・スイル(29)の加入を発表した。また、韓国人FWイ・ガンウ(23)との契約解除も発表している。 ▽カン・スイルは、仁川ユナイテッドFCや済州ユナイテッド、浦項スティーラーズとKリーグのクラブでプレー。2016年1月まで済州ユナイテッドでプレーしていたが、その後は無所属だった。 ▽また、ロシア・ワールドカップのアジア2次予選で韓国代表メンバーに選ばれていたが、ドーピング検査で陽性反応賀でたことで出場停止処分に。さらに、その後は交通事故を起こすなどしたために、済州ユナイテッドから「任意脱退」を受けていた。カン・スイルはクラブを通じてコメントしている。 「私がカン・スイルです。私はゴールを決める為に、グラウンドに戻って来ました。ザスパクサツ群馬の勝利のために、必ずゴールを決めます!!」 ▽また、全州シティズンから2016年9月に加入したイ・ガンウは、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで9試合に出場し1得点。今シーズンは1試合に出場していた。イ・ガンウはすでに韓国に帰国している。 2017.05.12 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬が今季初勝利! 高井の劇的AT弾で熊本を撃破《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節のロアッソ熊本vsザスパクサツ群馬が7日にえがお健康スタジアムで行われ、1-2で群馬が勝利した。 ▽ここまで3勝2分け6敗で18位の熊本と、0勝1分け10敗で最下位に沈む群馬の対戦。拮抗した序盤戦から、セットプレーから試合を動かしたのは群馬だった。33分、松下の左CKにニアサイドのチェ・ジュンギが合わせる。これがゴール左に決まり、チェ・ジュンギのJリーグ初ゴールで群馬が先行する。 ▽ハーフタイムにかけては熊本も反撃。しかし、36分にボックス右の手前でグスタボが放ったミドルシュートは、わずかに枠の右にはずれる。さらに40分にはボックス左に抜け出した上原がゴール前で仕掛けてシュートに持ち込もうとするも、飛び出してきたGKにブロックされる。 ▽一方の群馬は、42分に2点目のチャンス。ボックス左の手前でボールを受けた高橋がカットインシュート。ゴール右に飛んだシュートはGK野村にわずかに触れられ右ポストに直撃し、追加点とはならなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりから前に出た熊本は51分にビッグチャンス。ゴール正面で平繁のパスを受けた林が決定機を迎えるも、シュートは素早く間合いを詰めてきたGK清水にブロックされる。 ▽一方の群馬は56分にやり返す。正面から松下が強烈なミドルシュートでゴールマウスを強襲したが、熊本GK野村が好セーブで失点を阻止する。 ▽すると、熊本が68分にこちらもCKからゴールを奪取。嶋田が蹴った右CKにニアサイドで合わせたグスタボがヘディングシュートを叩き込み、スコアを1-1とした。 ▽その後、熊本は85分にCKに頭で合わせた植田のヘディングシュートが枠を捉えるも、GK清水のファインセーブに遭って2点目とはならない。 ▽一進一退の好ゲーム、終止符を打ったのは群馬の途中出場FW高井だった。アディショナルタイム5分、ゴール前の混戦からボールをつなぐと、最後は高井が右足でねじ込み、劇的な勝ち越しゴールを奪取。群馬が土壇場で今季初勝利を飾った。 2017.05.07 17:58 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース