超ワールドサッカー

日体大GK福井光輝が特別指定選手として町田に加入「成長のために日々精進」2017.03.10 18:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は10日、日本体育大学学友会サッカー部のGK福井光輝(21)を、3月7日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はFC町田ゼルビアとなる。

▽福井は神奈川県出身で、湘南ベルマーレのジュニアユースから湘南工科大学附属高校に進学。その後、日本体育大学に進んだ。U-18日本代表候補にも選ばれた経歴を持っており、背番号は「34」を付ける。福井はクラブを通じてコメントしている。

「FC町田ゼルビアの特別指定選手になることができ、大変光栄です。クラブはもちろん、日本体育大学にも感謝したいと思います。これからも自身の成長のため日々精進し、また、このクラブに貢献できるように頑張りたいと考えています。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これから応援をよろしくお願い致します」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

町田がかつて在籍したMF加藤恒平の日本代表選出を発表「『町田から世界へ!』を具現化してくれた」

▽FC町田ゼルビアは25日、日本代表に初選出され、かつて町田でプレーしたMF加藤恒平の選出を発表した。 ▽ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織出身の加藤は、立命館大学に進学。アルゼンチンでプロサッカー選手を目指したが、ビザの関係で断念。2012シーズンに町田に入団した。町田では、J2で29試合に出場している。 ▽町田は加藤について「加藤選手はJ2時代の2012シーズン、プロ1年目ながらリーグ戦29試合に出場しています。当時から運動量とハードなマークが持ち味で、ボランチや3バックのストッパーとしてプレーしていました」と紹介。また、町田在籍選手がA代表に選出されるのは初とのことで、「FC町田ゼルビアのトップチームを経てA代表に選出されるのは、加藤選手が初めてのことです。ゼルビアは「町田から世界へ!」をスローガンとしていますが、まさに具現化してくれた形です」と発表した。 2017.05.25 20:00 Thu
twitterfacebook
thumb

町田vs大分は2-2の痛み分け《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第15節の町田ゼルビアvs大分トリニータが21日に町田市立陸上競技場で行われ、2-2で終了した。 ▽ここまで4勝5分け5敗で15位の町田と、7勝2分け5敗で7位に位置する大分が対戦した。試合は、序盤を押し気味に進めた大分が20分に先行する。左サイド深くから黒木が鋭いクロスを入れると、GK高原が外に弾ききれず、ゴールイン。大分が相手のミスからリードを手にした。 ▽ビハインドを背負った町田だが、早い時間帯に追いつく。25分、右サイドでFKを獲得すると、キッカーの李漢宰がゴール前に入れたクロスを金聖基が落とし、ボックス右の中島がクロス。最後は正面の大谷が決めて、町田がスコアを1-1とした。 ▽迎えた後半は、立ち上がりから積極性を見せた町田が早々にゴールを挙げた。47分、森村が蹴った右CKに正面の戸島がヘッド。このヘディングシュートが決まり、町田が逆転に成功する。 ▽逆転された大分だが、しっかりと食い下がる。鈴木惇が蹴った右CKにニアサイドの伊佐が合わせる。DFに競り勝った伊佐が放ったヘディングシュートがゴールを割り、大分がスコアを2-2とする。 ▽勢いに乗る大分は攻め続けると、71分に正面で川西が放った枠内シュートがGKに弾かれる。こぼれ球に反応し、ボックス左からゴールを狙った鈴木惇のシュートはクロスバーに直撃し、勝ち越し弾とはならない。 ▽その後も好勝負が続くが、どちらもゴールを割れず、試合終了。両者が勝ち点を分け合った。 2017.05.21 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

シモビッチが土壇場AT弾! 名古屋が町田を下して4戦ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の名古屋グランパスvs町田ゼルビアが17日にパロマ瑞穂スタジアムで行われ、2-1で名古屋が勝利した。 ▽ここまで6勝4分け3敗で6位に位置する名古屋と、4勝5分け4敗で13位の町田が対戦。試合は、名古屋がファーストチャンスをモノにして先制する。10分、左サイドで鋭い縦突破を仕掛けた杉森が、ボックス左に進入して折り返し。これを正面の玉田がダイレクトで合わせてネットを揺らし、名古屋がリードを手にした。 ▽先行した名古屋は、28分に追加点の好機を迎える。相手GKのフィードを身体に当ててボールを奪ったシモビッチが、GKと一対一に。そのまま放ったシュートが一度セーブされ、すぐさま再度シュートに持ち込んだが、これもGKの好守に阻まれてゴールとはならない。 ▽迎えた後半、町田は52分に同点の絶好機を演出する。ボックス左の中島がヒールパスを正面に入れると、これに合わせた谷澤のシュートがゴール左を捉える。しかし、これは好反応を見せたGK楢崎のセーブに遭い、同点弾とはならない。 ▽守護神に助けられた名古屋は55分に反撃。ボックス左でパスを受けた田口が強烈な枠内シュートを放つ。これがGK高原に弾かれると、こぼれ球を今度は田口が叩いたが、ここもGKのセーブに遭い、追加点を奪えない。 ▽すると、76分に町田がチャンスを生かす。左サイド深くから戸島が上げたクロスにゴール前の谷澤がボレー。これがゴールを破り、町田が1-1の同点に追いつく。 ▽終盤、両者共に追加点を狙う中、ゴールを奪ったのは名古屋だった。アディショナルタイム2分、ボックス左で仕掛けた杉本のクロスに正面で合わせたシモビッチが胸で押し込んでゴール。そのまま逃げ切った名古屋がリーグ戦4試合ぶりの白星を手にした。 2017.05.17 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

松本vs町田は互いに決め手を欠いて勝ち点1を分け合う《J2》

▽13日、明治安田生命J2リーグ第13節の松本山雅FCvsFC町田ゼルビアが松本平広域公園総合球技場で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽前節のアビスパ福岡戦で0-1と敗れた9位の松本と、湘南ベルマーレとの対戦で0-0のゴールレスドローに終わった12位の町田の対戦。松本はスタメンを1人変更し、パウリーニョに変えて岡がプロ初先発となった。町田は前節と同じメンバーを並べた。 ▽最初にチャンスを作ったのは町田。8分、松本がミドルシュートで狙うと、相手DFのブロックに遭うもこぼれ球に大谷が反応。シュートを放つも、GK村山がセーブする。 ▽松本は10分、右サイドから田中がクロス。プロ初先発の岡がニアで潰れると、岩間がダイレクトシュート。しかし、これは枠を外す。12分にはFKのチャンスを得ると、宮阪のクロスを橋内がボックス内で折り返すも、シュートは打てない。 ▽町田は18分、CKからチャンス。井上のクロスはDFがクリアも、こぼれ球を谷澤がダイレクトシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽松本は30分、工藤がボックス右からクロス。高崎がヘッドで合わせるも、枠を外す。33分には、ボックス右から田中がクロス。ニアサイドで工藤がダイビングヘッドも、右サイドネットを揺らしてしまう。 ▽攻め込む松本は40分、ダイレクトパス交換で崩した松本は石原がボックス左からクロス。これを走り込んだ工藤が、滑り込みながらダイレクトボレーを叩き込み、松本が先制する。 ▽後半に向けて互いに交代カードを切らなかった両チーム。松本ペースで後半も進む。50分、右サイドを抜け出した田中がボックス内右で切り返しDFを振り切ると、そのまま自らシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽町田はボックス手前右でパスを受けた森村が、相手DFと対峙しながら左足一閃。低い弾道のシュートがゴール右隅に決まり、町田が同点に追いつく。 ▽松本は70分にCKのチャンス。宮阪のクロスを高崎がニアサイドでヘッドも、GKがセーブ。続くCKも宮阪が蹴るが、今度はクリアされてしまう。 ▽こう着状態が続き決定機を作れない両チーム。松本は高崎、岡に代えて三島、山本を投入。町田は吉田に代えて遠藤を起用する。 ▽それでもなかなか攻め切れないまま、試合は終盤へ。アディショナルタイム3分には町田がビッグチャンスを迎え、中島が独走すると、左サイドから中央へ切れ込みシュート。しかし、DFにブロックされる。 ▽結局最後まで互いに追加点を奪えなかった試合は、1-1のドロー。両チームともにフィニッシュの精度を欠いた試合となった。 2017.05.13 15:58 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース