日体大GK福井光輝が特別指定選手として町田に加入「成長のために日々精進」2017.03.10 18:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は10日、日本体育大学学友会サッカー部のGK福井光輝(21)を、3月7日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はFC町田ゼルビアとなる。

▽福井は神奈川県出身で、湘南ベルマーレのジュニアユースから湘南工科大学附属高校に進学。その後、日本体育大学に進んだ。U-18日本代表候補にも選ばれた経歴を持っており、背番号は「34」を付ける。福井はクラブを通じてコメントしている。

「FC町田ゼルビアの特別指定選手になることができ、大変光栄です。クラブはもちろん、日本体育大学にも感謝したいと思います。これからも自身の成長のため日々精進し、また、このクラブに貢献できるように頑張りたいと考えています。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これから応援をよろしくお願い致します」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

長崎vs町田は決め手に欠きゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節のV・ファーレン長崎vs町田ゼルビアが17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで9勝4分け5敗で4位につける長崎(勝ち点31)と、5勝7分け6敗で17位につける町田(勝ち点18)の一戦。試合は立ち上がりからアウェイの町田が長崎ゴールへと迫るも、長崎のディフェンスに苦戦し、シュートまで持ち込めない展開となる。 ▽そんな中、長崎が町田ゴールを脅かす。22分、敵陣中央左でパスを受けた幸野が島田を使いながら巧みにキープし、左足でグラウンダーのクロスを供給。ボックス手前へ飛び込んだ木村が相手を引き付けてスルーをすると、ボックス右に走り込んだ飯尾が右足を振り抜くが、相手DFに当たってゴール左へと外れた。 ▽さらにその直後、ボックス左手前でパスを受けた中村がドリブルを開始。ボックス内へ侵攻し、DFを引きつけて潰れると、ボールがゴール前へと転がる。これに反応していた幸野が右足でシュートを放つが、GK高原の好守に阻まれる。 ▽立て続けにチャンスを作られた町田は44分、敵陣左深い位置から森村がクロスを供給。これを吉田が頭で合わせるが、枠を捉えることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、互いに攻勢を続けるも決定機を作り出すことができず、試合がこう着する。すると長崎が75分に決定機を迎える。ボックス右外で獲得したFKをキッカーの島田がゴール前へクロスを供給。これを走り込んだ中村が頭で合わせ、ゴールに吸い込まれる。しかし、これはオフサイドの判定が下されてしまう。 ▽その後も町田ゴールへと迫る長崎は81分に田代がミドルシュート。82分に島田からの右CKに翁長が頭で合わせるが、どちらも枠を捉えることができない。 ▽終盤に入ると、長崎は勝ち点を持ち帰りたい町田の猛攻を受ける。町田は後半アディショナルタイム2分、右CKでショートコーナーを選択した平戸が味方とのパス交換から左足でクロスを供給。ファーサイドの吉田の折り返しをゴール前中央の増田が頭で合わせるが、長崎GK増田に正面でキャッチされ、試合終了。 ▽互いに決め手を欠いてしまいゴールレスドロー。これでホームの長崎はリーグ戦6試合負けなし。一方の町田は2試合連続ドローとなった。 2017.06.17 22:48 Sat
twitterfacebook
thumb

町田FW戸島章が右ヒザ内側側副じん帯損傷…全治は約8週間の見込み

▽FC町田ゼルビアは12日、FW戸島章が右ヒザ内側側副じん帯損傷と診断されたことを発表した。全治は約8週間の見込みだ。 ▽戸島は、8日のトレーニング中に負傷した模様。 ▽2015年の期限付き移籍での加入を経て、2016年にジェフユナイテッド千葉から加入した戸島は今シーズン、ここまで明治安田生命J2リーグの17試合に出場し、3ゴールを記録していた。 2017.06.12 16:09 Mon
twitterfacebook
thumb

愛媛が1分間で逆転勝利!! 町田は重松のFK弾を守り切れず…《J2》

▽4日に明治安田生命J2リーグ第17節のFC町田ゼルビアvsFC愛媛が町田市立陸上競技場で行われ、2-1で愛媛が勝利した。 ▽15位の町田(勝ち点21)は前節、レノファ山口に1-0で勝利し5試合ぶりの白星を飾った。一方、10位の愛媛(勝ち点24)はジェフユナイテッド千葉に打ち合いの末2-4で敗れて2連敗となっている。 ▽試合は立ち上がりに町田が勢いを持って攻め込んでいく。町田はサイドの谷澤を起点に相手陣内へと攻め込み、対する愛媛は町田のバックラインの裏を積極的に狙っていく。しかしお互いに決定機を作り出せないまま時間が経過していった。 ▽すると迎えた25分、町田は相手陣内中央のやや距離がある位置でFKを獲得。すると重松が右足で直接狙うと、無回転のシュートがゴールマウス左上に突き刺さり、町田が先制に成功した。 ▽このゴールを境に試合は激しさを増していく。愛媛は27分、ボックス右の小島が入れたクロスに河原がプッシュ。しかしオフサイドの判定を受ける。町田も30分に谷澤がボックス左からクロスを入れるが、そのボックス内でファウルの判定により追加点のチャンスを逸した。 ▽結局前半は町田が1点リードで終えて、迎えた後半はお互いに交代なしで入る。すると48分、重松がファウルで倒されたところで町田はクイックリスタート。みぎサイドからのクロスにボックス左の谷澤がボレーで合わせるが枠を捉えきれなかった。 ▽愛媛も58分に右サイドを縦に突破した近藤のクロスに河原が飛び込むが、わずかに合わず決定機を逸する。その後、追いかける愛媛は藤田と木暮を下げて、安田と小池の2枚代えを敢行し、追加点を目指す。 ▽すると68分、左サイドで裏に抜け出した白井がボックス手前で飛び出したGKの位置を見てループシュート。これがゴールマウス左隅に決まって、愛媛が試合を振り出しに戻した。さらに直後の69分、右サイドへの大きな展開から、小池が入れたグラウンダーのクロスがファーサイドに流れる。これを河原が押し込んで、愛媛が一気に試合をひっくり返した。 ▽町田は87分、押し込んだ状態からボックス右にこぼれたボールを重松が押し込みにかかるが、相手にブロックされる。その後も猛攻を仕掛けていくが、89分に迎えた決定機もボックス左の吉濵が放ったシュートは枠を外す。 ▽愛媛は町田の猛攻をしのぎ切って試合終了のホイッスル。愛媛が逆転で3試合ぶりの白星を手にした。 2017.06.04 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

監督交代も奮わず、山口は7戦勝ち無し……町田は4戦振り勝利《J2》

▽27日、明治安田生命J2リーグ第16節のレノファ山口FCvsFC町田ゼルビアが下関市営下関競技場で行われ、1-0で町田が勝利した。 ▽6戦勝ち無しで2勝4分9敗の20位(勝ち点10)に沈む山口は、23日に上野監督が退任した。後任の猿澤監督の初陣となる山口は、前節の山形戦からスタメンを5名変更し、3バックで臨む。対する町田も、4試合勝利から遠ざかっており、4勝6分5敗の現在16位(勝ち点18)と奮わない。調子の上がらない山口を叩いておきたい町田は、前節大分戦からスタメンを3名変更した。 ▽序盤、繰り返しDFラインの裏への抜け出しを狙う山口だが、町田はラインを綺麗に揃えて対応する。町田は全体をコンパクトに保ちつつカウンターを狙うが、山口のプレスに苦しみ膠着状態が続く。 ▽すると試合が動いたのは26分。競り合いの中で香川が中島を倒してしまい、町田がPKを獲得する。キッカーの中島が真ん中に決めて、町田が先制点を奪った。勢いに乗る町田は30分、FKのこぼれ球から中島がフリーでシュートを放つ。しかし、これはDFにブロックされてしまった。 ▽前半はそのまま町田が1点リードで終えると、迎えた50分に後半最初のチャンスを迎えたのは山口。小野瀬が左サイドから切り込み、枠内左下を狙ったシュートを放つも、GKにキャッチされる。その後も山口がボールを保持する展開が続くも、精度を欠き攻め切れない。 ▽結局、試合はこのまま終了し、町田のPKが決勝点となった。この結果、町田は勝ち点21で一気に暫定11位まで浮上。一方、7戦連続で勝ち無しとなった山口(勝ち点10)は、暫定では20位も最下位・讃岐(勝ち点9)との勝ち点差は1のみ。今節で最下位へ沈む可能性も見えてきた。 2017.05.27 15:46 Sat
twitterfacebook
thumb

町田がかつて在籍したMF加藤恒平の日本代表選出を発表「『町田から世界へ!』を具現化してくれた」

▽FC町田ゼルビアは25日、日本代表に初選出され、かつて町田でプレーしたMF加藤恒平の選出を発表した。 ▽ジェフユナイテッド市原・千葉の下部組織出身の加藤は、立命館大学に進学。アルゼンチンでプロサッカー選手を目指したが、ビザの関係で断念。2012シーズンに町田に入団した。町田では、J2で29試合に出場している。 ▽町田は加藤について「加藤選手はJ2時代の2012シーズン、プロ1年目ながらリーグ戦29試合に出場しています。当時から運動量とハードなマークが持ち味で、ボランチや3バックのストッパーとしてプレーしていました」と紹介。また、町田在籍選手がA代表に選出されるのは初とのことで、「FC町田ゼルビアのトップチームを経てA代表に選出されるのは、加藤選手が初めてのことです。ゼルビアは「町田から世界へ!」をスローガンとしていますが、まさに具現化してくれた形です」と発表した。 2017.05.25 20:00 Thu
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース