日体大GK福井光輝が特別指定選手として町田に加入「成長のために日々精進」2017.03.10 18:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は10日、日本体育大学学友会サッカー部のGK福井光輝(21)を、3月7日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はFC町田ゼルビアとなる。

▽福井は神奈川県出身で、湘南ベルマーレのジュニアユースから湘南工科大学附属高校に進学。その後、日本体育大学に進んだ。U-18日本代表候補にも選ばれた経歴を持っており、背番号は「34」を付ける。福井はクラブを通じてコメントしている。

「FC町田ゼルビアの特別指定選手になることができ、大変光栄です。クラブはもちろん、日本体育大学にも感謝したいと思います。これからも自身の成長のため日々精進し、また、このクラブに貢献できるように頑張りたいと考えています。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これから応援をよろしくお願い致します」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

町田が2年連続J2残留に導いた相馬直樹監督の続投を発表

▽FC町田ゼルビアは11日、相馬直樹監督の来シーズン続投を発表した。 ▽相馬は、2014年に町田の監督に就任。2015年にはリーグ戦で2位に入り、大分トリニータとのJ2・J3入れ替え戦を制して4年ぶりのJ2復帰に導いた。昨シーズンはJ1ライセンスの基準に満たないためにライセンスの申請を断念した中、チームは7位と残留。相馬体制4シーズン目を今シーズンも昨シーズン以上の成績を残すことができていないものの、現在15位で2年連続の残留を決めた。 ▽続投に関してクラブは、「今シーズンもJ2リーグ残留を果たしてくれたこと、そして、目標としている2020年のJ1リーグ挑戦に向け、継続した強化をしていきたいとの想いで続投をお願いし、相馬監督にもプロジェクトに賛同していただきました」と説明している。 2017.11.11 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

監督交代後初戦の横浜FC、ベテラン大久保2発も町田と2-2のドロー《J3》

▽明治安田生命J2リーグ38節の横浜FCvsFC町田ゼルビアが20日に行われ、2-2で引き分けた。 ▽前節終了後に中田監督からの監督交代に踏み切った8位の横浜FC(勝ち点57)が15位の町田(勝ち点47)と対戦した。まずは開始1分、奥寺暫定監督が指揮する横浜FCがボックス右のジョン・チュングンのクロスをゴール前で収めた大久保が反転シュートを試みるが、威力なくGKが難なくキャッチする。 ▽このまま横浜FCが主導権を握るかに思われたが、アウェイの町田が早々に試合を動かす。3分、敵陣でボールを奪った町田は、左サイドの中島にボールが渡る。その中島が右足で上げたクロスに吉田が頭で合わせ先制点を奪った。 ▽出鼻をくじかれた横浜FCだが、ベテランの大久保が先発起用に応える。20分、攻撃に手数をかける横浜FCは、野村が左サイドを突破し右足でクロス。これに頭で飛び込んだ大久保が決めて、スコアを振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、町田が大きなチャンスを迎える。52分、左サイドのクロスから、こぼれ球に反応した平戸が丁寧にコースを突いたシュートを放つものの、ゴールに嫌われ惜しくも右ポストを叩く。対する横浜FCも64分に、ボックス左手前でパスを受けたジョン・チュングンがダブルタッチでDFの間を抜き、左足でフィニッシュまで持ち込むが、GK高原がファインセーブをみせゴールを死守した。 ▽互いにチャンスを作る激しい試合展開となる中、横浜FCが37歳ベテランのゴールで逆転に成功する。68分、左サイドの田所から前線へ中距離パスが供給されると、それをワンタッチではたいたレアンドロ・ドミンゲスが、ジョン・チュングンの折り返しをダイレクトでゴール前にスルーパス。そこに走り込んだ大久保が丁寧にゴールに流し込み、自身2ゴール目を決めた。 ▽大久保の2ゴールで勢いに乗る横浜FCだが、試合終盤に同点ゴールを許してしまう。80分、楠本のクリアで高く跳ね上がったボールを、町田の大谷が頭で中へ折り返す。ゴール前の中島が頭でわずかに触ってコースをずらしたところを戸島がシュートを決めてネットを揺らした。 ▽2-2となりさらに激しさが増す中、試合はこのまま終了。終盤に追いつかれてしまった横浜FCは昇格プレーオフ圏内に向けて痛い引き分けとなってしまった。 2017.10.20 20:50 Fri
twitterfacebook
thumb

町田が特別指定選手の日本体育大学GK福井光輝の来季加入内定を発表

▽FC町田ゼルビアは30日、日本体育大学のGK福井光輝(21)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽福井は、湘南ベルマーレのジュニアユース出身で、湘南工科大学附属高校から日本体育大学へと進学。U-18日本代表候補にも選出された経験がある。また、今シーズンは特別指定選手として町田に在籍。明治安田生命J2リーグで2試合ベンチ入りを果たしている。福井はクラブを通じてコメントしている。 「このクラブに正式に加入できることを心からうれしく思います。そして、今まで育ててくれた家族、サポートしてくださった指導者の皆様、たくさんの友人、自分を支えてくれた全ての方々に感謝しています」 「今シーズン、特別指定選手としてトレーニングやリーグ戦にも数試合、関わることができ、ゼルビアというチーム、そしてサポーターの皆様の雰囲気が好きになりました。クラブが近い将来のJ1昇格を目指している中で、自分もその歴史に加わりたいと思い、決断致しました」 「1日でも早く試合に出てお世話になった皆様への恩返し、そして昇格に貢献できるように頑張りたいと思います。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これからも応援をよろしくお願い致します」 2017.08.30 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

町田が横浜FMのMFダビド・バブンスキーの実弟FWドリアン・バブンスキーを完全移籍で獲得…今季は鹿児島に期限付き移籍

▽FC町田ゼルビアは1日、スロベニアのラドムリェからU-21マケドニア代表FWドリアン・バブンスキー(20)が完全移籍で加入することを発表した。なお、ドリアン・バブンスキーはそのまま鹿児島ユナイテッドFCへと期限付き移籍する。期限付き移籍期間は2017年12月31日まで。なお、鹿児島では背番号30となる。 ▽ドリアン・バブンスキーはレアル・マドリーの下部組織出身で、2015年10月にフエンラブラダに移籍。2016年7月には、スロベニアのオリンピアへと移籍。2017年2月からはラドムリェでプレー。しかし、今年7月に退団していた。また、U-17、U-19、U-20と世代別のマケドニア代表を経験している。 ▽バルセロナの下部組織出身で、現在は横浜F・マリノスでプレーするマケドニア代表MFダビド・バブンスキーは実兄で、父はかつてガンバ大阪でプレーしたボバン・バブンスキー氏。父子3人でのJリーガーとなった。ドリアン・バブンスキーは鹿児島を通じてコメントしている。 「こんにちは!ドリアン・バブンスキーです。「ドリ」と呼んで下さい。鹿児島の人たちに温かく歓迎していただき、感謝しています。早く皆さんの前でいっしょにプレーしたいです。次の試合、AC長野パルセイロ戦で会えるのを楽しみにしています」 2017.08.01 17:34 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎vs町田は決め手に欠きゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節のV・ファーレン長崎vs町田ゼルビアが17日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで9勝4分け5敗で4位につける長崎(勝ち点31)と、5勝7分け6敗で17位につける町田(勝ち点18)の一戦。試合は立ち上がりからアウェイの町田が長崎ゴールへと迫るも、長崎のディフェンスに苦戦し、シュートまで持ち込めない展開となる。 ▽そんな中、長崎が町田ゴールを脅かす。22分、敵陣中央左でパスを受けた幸野が島田を使いながら巧みにキープし、左足でグラウンダーのクロスを供給。ボックス手前へ飛び込んだ木村が相手を引き付けてスルーをすると、ボックス右に走り込んだ飯尾が右足を振り抜くが、相手DFに当たってゴール左へと外れた。 ▽さらにその直後、ボックス左手前でパスを受けた中村がドリブルを開始。ボックス内へ侵攻し、DFを引きつけて潰れると、ボールがゴール前へと転がる。これに反応していた幸野が右足でシュートを放つが、GK高原の好守に阻まれる。 ▽立て続けにチャンスを作られた町田は44分、敵陣左深い位置から森村がクロスを供給。これを吉田が頭で合わせるが、枠を捉えることができない。 ▽ゴールレスで迎えた後半、互いに攻勢を続けるも決定機を作り出すことができず、試合がこう着する。すると長崎が75分に決定機を迎える。ボックス右外で獲得したFKをキッカーの島田がゴール前へクロスを供給。これを走り込んだ中村が頭で合わせ、ゴールに吸い込まれる。しかし、これはオフサイドの判定が下されてしまう。 ▽その後も町田ゴールへと迫る長崎は81分に田代がミドルシュート。82分に島田からの右CKに翁長が頭で合わせるが、どちらも枠を捉えることができない。 ▽終盤に入ると、長崎は勝ち点を持ち帰りたい町田の猛攻を受ける。町田は後半アディショナルタイム2分、右CKでショートコーナーを選択した平戸が味方とのパス交換から左足でクロスを供給。ファーサイドの吉田の折り返しをゴール前中央の増田が頭で合わせるが、長崎GK増田に正面でキャッチされ、試合終了。 ▽互いに決め手を欠いてしまいゴールレスドロー。これでホームの長崎はリーグ戦6試合負けなし。一方の町田は2試合連続ドローとなった。 2017.06.17 22:48 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース