日体大GK福井光輝が特別指定選手として町田に加入「成長のために日々精進」2017.03.10 18:11 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽日本サッカー協会(JFA)は10日、日本体育大学学友会サッカー部のGK福井光輝(21)を、3月7日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はFC町田ゼルビアとなる。

▽福井は神奈川県出身で、湘南ベルマーレのジュニアユースから湘南工科大学附属高校に進学。その後、日本体育大学に進んだ。U-18日本代表候補にも選ばれた経歴を持っており、背番号は「34」を付ける。福井はクラブを通じてコメントしている。

「FC町田ゼルビアの特別指定選手になることができ、大変光栄です。クラブはもちろん、日本体育大学にも感謝したいと思います。これからも自身の成長のため日々精進し、また、このクラブに貢献できるように頑張りたいと考えています。サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、これから応援をよろしくお願い致します」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

3連勝町田が岐阜の連勝を「4」でストップ! 古橋J2記録の7連発も決めたのは自軍のゴールに…岡山vs横浜FCはドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が17日に行われた。 ▽岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われたFC岐阜vsFC町田ゼルビアは、アウェイの町田が1-0で勝利した。 ▽破竹の4連勝で7位まで順位を上げた岐阜は、今節でクラブ新記録の5連勝とクラブ記録タイとなるホーム4連勝を目指す。レコードブレイクを狙うこの一戦に向けてはJ2記録に並ぶ7試合連続ゴールを目指す古橋ら現状のベストメンバーが起用された。 ▽一方、リーグ戦2連勝中の4位町田は難敵相手のアウェイゲームで3連勝を目指した。なお、ロメロ・フランクや平戸など一部主力をベンチに置いたものの、こちらもほぼベストメンバーが揃った。 ▽互いに狙いのハッキリとしたプレーを見せて立ち上がりから拮抗した展開が続く。この中で素早いスライドと球際の強さを見せる町田が良い守備からカウンターで攻撃を展開していく。この流れの中で吉濱や鈴木に決定機が訪れるも決め切れない。 ▽町田がよりフィニッシュの局面を作った前半を経て試合は0-0で後半に突入。後半も鈴木を起点に町田が先制点を予感させる仕掛けを見せる一方、岐阜も風間と古橋を起点にカウンターからチャンスを創出。74分にはボックス手前左から内に切り込んだ風間の落としから山岸がミドルを狙うも、これは精度を欠く。 ▽すると78分、意外な形から先制点が生まれる。町田が右サイドでCKを獲得すると、途中出場の平戸がアウトスウィングのボールを入れる。これをDFが被ってファーの下坂が右足でダイレクトシュート。ボールは枠を外れていたものの、ゴール右でクリアを試みた古橋の足に当たったボールが岐阜ゴールに吸い込まれた。 ▽J2記録の7試合連続ゴールを目指す中でオウンゴールで町田に先制点を献上した古橋はその直後にボックス手前でボールを収めてGKと一対一のチャンスを得るが、左足で放ったシュートはわずかに枠の右に外れ、正真正銘の7試合連続ゴールとはならず。 ▽その後、ホームで負けられない岐阜はここからリスクを冒して反撃に出たものの、試合終了間際の90分に風間が放ったヘディングはわずかに枠の右に外れ、万事休す。幸運な形からの決勝点ながらも説得力のある内容で難敵岐阜の連勝をストップした町田がアビスパ福岡を得失点差で抜き3位に浮上した。 ▽また、シティライトスタジアムで行われたファジアーノ岡山vs横浜FCは、0-0のドローに終わった。 ▽共に前節で久しぶりの敗戦を喫した6位の岡山と8位の横浜FCによる勝ち点1差の上位対決は、互いに連敗を避けたいという気持ちからやや後ろに重たいゲーム展開となる。それでも、前半半ばからリズムを掴んだ横浜FCがレアンドロ・ドミンゲスや北爪が決定機に絡む場面を見せた。 ▽結局、ゴールレスで折り返した試合は前半と打って変わってオープンな展開に。後半に入って攻勢を強めた岡山は63分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でサインプレーから伊藤が枠の右隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGK南のビッグセーブに遭う。その後も伊藤や三村を起点に幾度もチャンスを作るが、その前にGK南が立ちはだかる。 ▽一方、横浜FCも後半に入って存在感を出し始めたイバや野村に一対一の決定機が訪れたものの、こちらはGK一森の身体を張ったファインセーブに阻まれ、あと一歩でゴールをこじ開けられない。結局、試合はこのまま0-0でタイムアップ。両GKの躍動した接戦は痛み分けのドローに終わった。 ◆明治安田生命J2リーグ第19節 ▽6月17日(日) FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> ファジアーノ岡山 0-0 横浜FC ▽6月16日(土) 水戸ホーリーホック 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-1 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-1 京都サンガF.C. ヴァンフォーレ甲府 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 モンテディオ山形</span> 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 大分トリニータ</span> アビスパ福岡 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ツエーゲン金沢 2</span>-0 栃木SC 徳島ヴォルティス 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> ロアッソ熊本 1-1 カマタマーレ讃岐 2018.06.17 20:26 Sun
twitterfacebook
thumb

町田FW中村祐也、左大腿ハムストリング肉離れ…復帰まで全治6〜8週間

▽FC町田ゼルビアは20日、FW中村祐也の負傷離脱を発表した。 ▽中村は13日に行われた明治安田生命J2リーグ第14節のカマタマーレ讃岐戦で負傷。左大腿ハムストリング肉離れで復帰まで全治6〜8週間を要する見込みだ。 ▽中村は今シーズンのここまでJ2リーグ12試合1ゴールを記録。町田は20日に行われる今節、栃木SCとアウェイで対戦する。 2018.05.20 13:29 Sun
twitterfacebook
thumb

“東京クラシック”は町田が4発快勝! 上位2チームは共に敗戦《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第12節の全11試合が3日に行われた。 ▽5位の東京ヴェルディ(勝ち点18)と8位のFC町田ゼルビア(勝ち点16)が激突した“東京クラシック”は、ホームの東京Vが14分に林のボックス外からのゴールで先制点を奪う。しかし、その3分後に吉濱に同点ゴールを決められると、迎えた48分にゴールキックを奪われそのまま逆転ゴールを奪われてしまう。その後、吉濱の2点目と88分の中島のダメ押し弾を決められた東京Vは1-4で敗北。今季2敗目を喫した。 ▽13位の大宮アルディージャ(勝ち点14)は首位の大分トリニータ(勝ち点24)と対戦した。開始10分に清本に鋭いシュートを決められてしまったが、41分の嶋田の見事なゴールで前半の内に追いつくと、65分に大前がCKを直接決めて逆転。そのままリードを守り切り、リーグ戦3連勝とした。 ▽同勝ち点で首位大分を追う2位のファジアーノ岡山(勝ち点24)は、18位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点11)とのアウェイ戦に臨んだ。ゴールレスで折り返した前半は千葉が主導権を握る展開に。すると迎えた後半、56分に右サイドの船山がクロスを上げ、これがGKの頭上を越えて左ポストに跳ね返りながらもゴールイン。これが決勝点となり、千葉が3試合ぶりの白星を挙げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第12節 結果 ▽5/3(木) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 1</span>-0 ファジアーノ岡山 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC岐阜</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 2</span>-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 2</span>-0 愛媛FC <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">松本山雅FC 2</span>-0 水戸ホーリーホック ヴァンフォーレ甲府 1-1 レノファ山口 東京ヴェルディ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 FC町田ゼルビア</span> ツエーゲン金沢 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 アルビレックス新潟</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 3</span>-1 京都サンガF.C. 大分トリニータ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 大宮アルディージャ</span> カマタマーレ讃岐 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 横浜FC</span> 2018.05.03 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】日曜のJ2取材は町田で多くの新鮮な発見

▽22日は、J2のFC町田ゼルビアvsレノファ山口FCの試合を取材した。今シーズンから山口の監督に就任した霜田正浩氏は旧知の間柄ながら、なかなか山口まで取材に行くことは難しい。そこで町田ならと取材を思い立った。 ▽カードとしても上位争いをしている2チームだけに悪くはない。といったところで、ヴァイッド・ハリルホジッチ元監督が来日し、27日に記者会見を開くという。霜田氏は技術委員時代にハリルホジッチ元監督を招へいした当事者だ。このためJ2にしては異例とも言えるスポーツ紙の記者が集結した。誰もがハリルホジッチ元監督について霜田監督からコメントを引き出したかったのだろう。 ▽残念ながら試合後の記者会見では、町田の広報から「質問は今日の試合に関してのみお願いします」というガードがあり、帰り際に「ハリルとは電話で話しました」と聞くのが限界だった。 ▽さて、町田である。埼玉に近い板橋区から車で約2時間弱。やはり遠い。中央高速の府中インターまで、空いていれば40分もかからないが、インターを降りてからの一般道が長い。一度、神奈川県に入り、再び東京都に入る。電車なら小田急線の鶴川駅からバスかタクシーと、アクセスに悩まされるスタジアムでもある。 ▽しかしながら時間に余裕を持って到着したため、町田名物のピリ辛と甘い豚角煮のトッピングされた「YASS(ヤッス)カレー」を堪能した。2012年のJリーグ・スタジアムグルメ大賞に輝いた一品だ。そして晴天のグルメ広場では、カレーを食べながら特設ステージで地元・町田出身の7人組のコーラスグループ、『Machida Girls′Choir(まちだガールズクワイア)』の歌声も楽しめた。オリジナル曲もあれば、懐かしいキャンディーズや松田聖子の歌もある。 ▽ステージ後方では町田のユニホームを着た男性サポーターが熱い声援を送り、ステージ終了後はグッズを購入したファンと記念撮影に興じている。これはこれで、町田にJリーグが根付いていることを感じたし、関係者の努力の賜物でもあるだろう。 ▽試合は前半の町田の猛攻をしのいだ山口が先制。しかし後半立ち上がりに町田のFW杉森考起が同点弾を冷静に決める。しかし山口は後半25分にPKから再びリードを奪い、その後の町田の猛攻を跳ね返して2-1の勝利を収めた。 ▽といったところで、町田の同点ゴールを決めた杉森の名前を覚えているファンは少ないのではないだろうか。名古屋グランパスの下部組織出身で、17歳でプロ契約を結んだのはクラブ史上初。それよりも、14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)でトレーニーとして参加した選手と紹介した方が「ああ、そんな選手もいたね」と思い出すかもしれない。 ▽ブラジルW杯では坂井大将(現アルビレックス新潟)とともにトレーニングパートナーに選ばれ、大会直前合宿から本大会まで帯同。イトゥーのキャンプ地では紅白戦要員に借り出されたり、チームの全体練習終了後は霜田技術委員とマンツーマンで指導を受けたりしていた。 ▽W杯のトレーニングパートナーに選ばれるのだから、将来を嘱望された選手でもあるだろう。しかし彼らがその後、アンダーカテゴリーの代表チームに名を連ねたものの、日本代表の一員になることはなく現在に至っている。ここらあたりもサッカーというチームスポーツの難しさかもしれない。指導者との出会い、チームとの出会いで環境は激変するからだ。 ▽霜田監督に会うのが目的の取材だったが、現場には様々な驚きや新鮮な発見がある。やはり試合はライブで見るに限る。そう、改めて感じたJ2取材の日曜日だった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.04.24 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

町田MF戸高弘貴、約6週間の負傷離脱

▽FC町田ゼルビアは15日、MF戸高弘貴の負傷離脱を発表した。 ▽戸高は8日に行われた明治安田生命J2リーグ第8節のロアッソ熊本戦で負傷。 右大腿二頭筋肉離れにより、復帰まで約6週間を要する見込みだ。 ▽戸高は2014年から町田でプレー。今シーズンはJ2リーグ6試合に出場し、1ゴールを記録している。 2018.04.16 15:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース