FC東京がU-18所属10選手を2種登録…MF久保建英は背番号「41」2017.03.10 17:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽FC東京は10日、U-18所属の10選手の2種登録を発表した。

▽今回の2種登録メンバーには、U-20日本代表候補にも選出されているMF久保建英やMF平川怜らが含まれている。今回発表された2種登録選手10名は以下のとおり。

DF岡庭愁人
□背番号:31
□生年月日:1999年9月16日
□出身:埼玉県
□身長/体重:169cm/64kg
□経歴:レジスタFC ⇒ FC東京U-15深川

DF坂口祥尉
□背番号:32
□生年月日:1999年5月7日
□出身:東京都小平市
□身長/体重:174cm/73kg
□経歴:小平八小アベリアFC ⇒ FC東京U-15むさし

MF平川怜
□背番号:40
□生年月日:2000年4月20日
□出身:東京都調布市
□身長/体重:175cm/67kg
□経歴:上ノ原SC ⇒ FC東京U-15むさし

MF久保建英
□背番号:41
□生年月日:2001年6月4日
□出身:神奈川県
□身長/体重:170cm/63kg
□経歴:FCバルセロナ ⇒ FC東京U-15むさし

MF小林真鷹
□背番号:42
□生年月日:1999年7月13日
□出身:東京都東村山市
□身長/体重:174cm/64kg
□経歴:サンデーSC ⇒ FC東京U-15むさし

MF品田愛斗
□背番号:43
□生年月日:1999年9月19日
□出身:埼玉県
□身長/体重:180cm/66kg
□経歴:レジスタFC ⇒ FC東京U-15深川

FW原大智
□背番号:45
□生年月日:1999年5月5日
□出身:東京都日野市
□身長/体重:187cm/73kg
□経歴:多摩平Jr.SC ⇒ FC東京U-15むさし

GK高瀬和楠
□背番号:46
□生年月日:1999年8月6日
□出身:東京都江東区
□身長/体重:182cm/77kg
□経歴:砂町SC ⇒ FC東京U-15深川

MF小林幹
□背番号:47
□生年月日:1999年4月27日
□出身:東京都日野市
□身長/体重:182cm/72kg
□経歴:多摩平Jr.SC ⇒ FC東京U-15むさし

DF長谷川光基
□背番号:49
□生年月日:1999年4月27日
□出身:東京都江戸川区
□身長/体重:178cm/69kg
□経歴:FC春江 ⇒ FC東京U-15深川

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京、ユース所属のMF品田愛斗&FW原大智の来季新加入内定を発表

▽FC東京は24日、MF品田愛斗(18)、FW原大智の来シーズン新加入内定を発表した。 ▽両選手は、それぞれFC東京U-18に在籍。来シーズンのトップチーム入りを受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF品田愛斗 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。小学生のころから育ててもらったこのクラブで、夢だったプロサッカー選手になれることができ、大変嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、チームにタイトルをもたらすことのできる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆FW原大智 「このたび、トップチームへの昇格が決まりました。小さい頃から大好きなチームでプロサッカー選手としてプレーできることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。ここから、さらに厳しい世界に入りますが、常に目標と自信を持って、日々成長していきたいと思います。そして小さい頃からお世話になっているFC東京に恩返しするために、少しでも早くJ1にピッチに立ちたいです。応援よろしくお願いします!」 2017.09.25 09:50 Mon
twitterfacebook
thumb

武富バースデイ弾2発! 柏がFC東京に4発快勝で11戦負けなし!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソルとFC東京の試合が23日に日立柏サッカー場で行われ、4-1で柏が勝利した。 ▽3位の柏(勝ち点50)は、前節の横浜F・マリノス戦を試合終了間際の得点でドロー。敗戦は免れたものの、手にした結果は最低限のものとなった。さらに柏は、その試合から中3日で天皇杯のガンバ大阪戦に臨み、120分もの激闘を演じた。そして、G大阪戦から中2日となる今節は、横浜FM戦からスタメンを1名のみ変更。小林に代えて、武富を起用した。 ▽10位のFC東京(勝ち点36)は、前節のベガルタ仙台戦を1-0で制し、安間新監督の初陣を完封勝利で飾った。ミッドウィークに試合を挟んでいないFC東京は、前節と全く同じメンバーをスタメンに起用した。 ▽試合の序盤はFC東京が攻勢に出た。試合開始早々の3分に敵陣中央付近でボールを持った大久保嘉がロングシュートを選択。このシュートは枠を外れたが、素早く前線にボールを渡し、積極的に仕掛ける展開が目立った。 ▽しかし、FC東京が崩し切ることができずにいると、徐々に柏の攻撃頻度が増した。すると、28分に先制点が決まる。東のパスをキム・ボギョンがカット。ボックス手前にボールがこぼれると武富が反応し、ボックス内に侵攻して素早くシュートを放つ。これがネットに突き刺さり、自身の誕生日を祝うゴールとなった。 ▽柏が1点のリードを保ったまま試合を折り返すと、追いつきたいFC東京は柳に代えてピーター・ウタカを後半開始から投入。攻撃の枚数を増やして、攻勢を強めた。すると51分、57分と立て続けに大久保嘉がシュートを放つ。どちらもDFにブロックされたが、柏のゴールマウスを度々襲った。 ▽しかし、FC東京の追い上げムードも束の間、柏が一挙3得点を追加して突き放した。60分、ハモン・ロペスが徳永をかわし、ボックス内に精度の高いクロスを供給。ボックス内の伊東が頭で合わせ、追加点とした。 ▽続いて67分、伊東とのワンツーで前を向いた武富が、ボックス右手前から豪快なミドルシュートを突き刺し、この日2得点目。さらに69分には、ボックス手前中央で得たFKの場面で、キッカーのクリスティアーノが相手の意表を突きグラウンダーのシュートを放つと、これがゴールに吸い込まれた。 ▽9分間で3失点を喫したFC東京だったが、75分にピーター・ウタカがボックス内で中山に倒され、PKを獲得。キッカーをピーター・ウタカ自らが務め、1点を返した。しかし、FC東京の反撃はこの得点のみ。猛攻虚しく、これ以上差を縮めることができないまま、試合は終了を迎えた。 ▽この結果、怒涛の得点で快勝した柏(勝ち点53)は、11試合連続で負けなしとなり、上位に首位を追走する形となった。対して、FC東京(勝ち点36)は安間監督体制2試合目にして早くも初黒星に。上位を打倒し、浮上のきっかけにすることはできなかった。 2017.09.23 18:08 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京MF米本拓司が入籍を発表! 「より一層の責任感を持ってサッカーに取り組んでいきたい」

▽FC東京は21日、MF米本拓司(26)が今月18日に、一般女性と入籍したことを発表した。同選手は、クラブ公式サイトを通じて、以下のようなコメントを残している。 「このたび、入籍をいたしましたのでご報告させていただきます。彼女には昨年の怪我の際にもそばで支えてもらい、その支えもあってサッカーを続けることができました。より一層の責任感を持ってサッカーに取り組んでいきたいと思いますので、引き続きみなさんのご声援をよろしくお願いいたします」 ▽兵庫県出身の米本は、2009年にFC東京に入団し、同年にプロデビューを果たした。以来、同クラブ一筋を貫いており、公式戦通算で181試合に出場。クラブでの活躍が目に留まり、2010年には日本代表にも招集された。 2017.09.21 13:23 Thu
twitterfacebook
thumb

チェ・ヨンス氏、FC東京含むJ複数クラブからの関心に興味「Jを経験することも悪くはない」

▽かつてJリーグや韓国代表で活躍したチェ・ヨンス氏が、FC東京らJリーグのクラブからオファーを受けていることを認めた。韓国『news1』が報じている。 ▽チェ・ヨンス氏は、現役時代にジェフユナイテッド市原(元・ジェフユナイテッド千葉)や京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田でプレー。現役引退後は、FCソウルでコーチを経験したのち、2011年に同クラブの監督に就任すると、2013年にはAFCチャンピオンズリーグ準優勝を経験した。2016年7月からは中国の江蘇蘇寧で指揮していたが、今年6月に解任され、現在はフリーとなっている。 ▽伝えられるところによると現在、チェ・ヨンス氏の今後の去就として韓国代表U-23を指揮することが有力視されている模様。そんな中、同氏はFC東京を含めたJリーグの複数クラブから関心が寄せられており、自身も日本での監督業に興味を持っていることを示唆している。 「多くの選択肢があり、悩んでいる。個人的にも次の選択は非常に重要だと思っている。自分自身を振り返りながら、慎重に決定しようと思う」 「FC東京を含めて、Jリーグのいくつかのクラブから関心が寄せられている。ありがたいことだ。韓国や中国で監督を経験したことで、次にJリーグを経験することも悪くはないと思っている。ただ、他の選択肢もある。次のチームでは、必ず結果を出さなくてはいけないというプレッシャーがある」 2017.09.20 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

チャン・ヒョンス復帰初弾のFC東京が仙台を下して連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のFC東京vsベガルタ仙台が16日に味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽ここまで9勝6分け10敗で10位のFC東京と、9勝5分け11敗で12位に位置する仙台が相まみえた。FC東京は、1-4で敗れた前節のセレッソ大阪戦から吉本と小川に代えてチャン・ヒョンス、太田を起用。対する仙台は、4-1で勝利した前節のサガン鳥栖戦から富田に代えて西村を起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合、立ち上がりはFC東京が積極性を見せる。しかし、仙台がこれを凌ぐと、試合は徐々に一進一退の攻防となる。 ▽そんな中、32分にはFC東京が決定機を演出する。正面からやや右、少し遠めの位置でFKを獲得すると、太田が直接ゴールを狙う。このシュートがゴール右の好コースに飛んだが、GKシュミット・ダニエルのファインセーブに遭う。さらにルーズボールから東が上げたクロスを永井がヘッド。しかし、これはわずかに枠をはずす。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半も拮抗した勝負が展開される。そんな中、試合を動かしたのは66分に永井を下げてピーター・ウタカを投入したFC東京だった。67分、太田が蹴った右CKにニアサイドのチャン・ヒョンスが合わせる。このヘディングシュートが決まり、チャン・ヒョンスの移籍後初得点でFC東京が試合の均衡を破った。 ▽同点弾を狙う仙台は、70分に奥埜と西村を下げて梁とクリスランを投入。さらに78分には古林に代えて蜂須賀を入れる。対するFC東京は東に代えて米本を入れて守備を強化し、試合を締めにかかる。 ▽結局、最後までFC東京がチャン・ヒョンスのゴールを守り切ることに成功。FC東京がリーグ戦の連敗を3試合でストップさせ、公式戦6試合ぶりの勝利を手にした。 2017.09.16 21:01 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース