超ワールドサッカー

FC東京がU-18所属10選手を2種登録…MF久保建英は背番号「41」2017.03.10 17:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽FC東京は10日、U-18所属の10選手の2種登録を発表した。

▽今回の2種登録メンバーには、U-20日本代表候補にも選出されているMF久保建英やMF平川怜らが含まれている。今回発表された2種登録選手10名は以下のとおり。

DF岡庭愁人
□背番号:31
□生年月日:1999年9月16日
□出身:埼玉県
□身長/体重:169cm/64kg
□経歴:レジスタFC ⇒ FC東京U-15深川

DF坂口祥尉
□背番号:32
□生年月日:1999年5月7日
□出身:東京都小平市
□身長/体重:174cm/73kg
□経歴:小平八小アベリアFC ⇒ FC東京U-15むさし

MF平川怜
□背番号:40
□生年月日:2000年4月20日
□出身:東京都調布市
□身長/体重:175cm/67kg
□経歴:上ノ原SC ⇒ FC東京U-15むさし

MF久保建英
□背番号:41
□生年月日:2001年6月4日
□出身:神奈川県
□身長/体重:170cm/63kg
□経歴:FCバルセロナ ⇒ FC東京U-15むさし

MF小林真鷹
□背番号:42
□生年月日:1999年7月13日
□出身:東京都東村山市
□身長/体重:174cm/64kg
□経歴:サンデーSC ⇒ FC東京U-15むさし

MF品田愛斗
□背番号:43
□生年月日:1999年9月19日
□出身:埼玉県
□身長/体重:180cm/66kg
□経歴:レジスタFC ⇒ FC東京U-15深川

FW原大智
□背番号:45
□生年月日:1999年5月5日
□出身:東京都日野市
□身長/体重:187cm/73kg
□経歴:多摩平Jr.SC ⇒ FC東京U-15むさし

GK高瀬和楠
□背番号:46
□生年月日:1999年8月6日
□出身:東京都江東区
□身長/体重:182cm/77kg
□経歴:砂町SC ⇒ FC東京U-15深川

MF小林幹
□背番号:47
□生年月日:1999年4月27日
□出身:東京都日野市
□身長/体重:182cm/72kg
□経歴:多摩平Jr.SC ⇒ FC東京U-15むさし

DF長谷川光基
□背番号:49
□生年月日:1999年4月27日
□出身:東京都江戸川区
□身長/体重:178cm/69kg
□経歴:FC春江 ⇒ FC東京U-15深川

コメント

関連ニュース

thumb

前田弾を死守したFC東京が首位を追走! 柏はGS敗退が決定…《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループA第6節の柏レイソルvsFC東京が24日に行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽4試合を消化し1勝2分け1敗で5位につける柏と、3勝1敗で2位につけるFC東京が激突した。グループステージ突破に向けて大一番を迎える柏は、直近のリーグ戦から先発メンバーを9人入れ替え。細貝とディエゴ・オリヴェイラ、ハモン・ロペスらを起用した。 ▽一方、上位をしっかりとキープしたいFC東京も直近のリーグ戦から先発メンバーを同じく9人変更。梶山やピーター・ウタカらを起用した。また、現在ニューヒーロー賞の投票で上位をキープしている中島も先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、ホームの柏がディエゴ・オリヴェイラ、ドゥドゥ、ハモン・ロペスの前線3人を起点とし、積極的に敵陣へと攻め入る。前半の半ばに差し掛かっても、柏はパスを細かく繋ぎ、両サイドを攻略するが、幾度となくラストパスをカットされてしまい、決定機を作ることができない。 ▽依然としてFC東京に反撃を許さない柏は29分、ようやく決定機を迎える。ボックス左外からのハモン・ロペスのクロスがGK林に弾かれると、ボックス手前でボールを拾った栗澤が右足でコントロールシュート。しかし、これがわずかにゴール右上に外れる。 ▽その後はFC東京も多少ボールを保持できるようになるが、互いにシュートチャンスを作れないこう着した状態が続く。それでも柏は前半終盤、ディエゴ・オリヴェイラのクロスをハモン・ロペスが詰めると、ボックス中央でこぼれ球を拾ったドゥドゥが右足でシュートを放つが決め切ることができない。 ▽後半に入るとここまで押し込まれていたFC東京が攻勢に転じる。58分、中島の右CKをニアサイドに走り込んだ橋本がヘディングシュート。しかし、枠を捉え切れない。それでも71分、リズムを取り戻したFC東京が先制点を奪う。ボックス右手前で中島のパスを受けた徳永がボックス中央にクロスを送ると、途中出場の前田が左隅へと流し込んだ。 ▽先制を許した柏は73分に武富、80分に手塚を入れて攻勢を強める。88分、ボックス右手前でFKを獲得すると、手塚が左足を振り抜く。しかし、これはわずかにゴール右上を外れてしまう。 ▽追いつきたい柏は、終了間際にもボックス手前でFKを獲得するが、好機を生かせず試合終了。FC東京が前田のゴールで白星を飾り、首位を追走。対する柏はグループステージ敗退となった。 2017.05.24 21:34 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京は永井の移籍後リーグ初弾実らず、神戸は終盤の猛攻を生かせず…上位進出を狙う両者の一戦は痛み分け《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節のヴィッセル神戸vsFC東京が20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ▽ここまで6勝1分け4敗で8位につける神戸(勝ち点19)と、6勝1分け4敗で7位につけるFC東京(勝ち点19)が激突した。前節の鹿島アントラーズ戦を2-1で勝利し、公式戦4試合無敗と調子を上げている神戸は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。渡部に代えて伊野波を起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を1-2で敗れ、リーグ戦での連勝が「3」でストップしたFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。徳永と梶山、河野に代えて室屋と永井、田邉を起用した。 ▽同勝ち点で並ぶ両者の一戦は立ち上がり、アウェイの神戸がFC東京ゴールへと迫る。2分、松下からの浮き球のパスをゴール前左で受けた中坂が強引に反転し、左足でシュート。さらにその直後、大森からの左CKをニウトンが頭で合わせるも、2度のシュートをGK林に阻まれる。 ▽立て続けにチャンスを作られたFC東京だが14分、一瞬の隙から永井の移籍後リーグ初ゴールで先制点を奪う。敵陣中央で大久保嘉の縦パスを受けた前田がワンタッチで相手最終ラインの裏へとスルーパス。これに反応した永井がボックス右でGKキム・スンギュとの一対一を迎えると、ループシュートを放ち、左ポストを叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した神戸は20分、大森からの左CKをボックス中央のニウトンが下がりながら頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。しかし、この場面でニウトンが飛び出したGK林へのプッシングを取られてしまい、やや不可解な判定でゴールが取り消される。 ▽その後は、両軍入り乱れる展開となるも、互いに攻撃のアイディアを欠き、試合がこう着する。それでも、前半終盤、神戸に決定機が訪れる。40分、自陣からカウンターを発動。高橋峻がドリブルでボックス左手前まで駆け上がり、GK林を除いて2対1の状況を作ると、ファーサイドを走る渡邉へのパスを選択。しかし、このパスが渡邉と合わず、チャンスをフイにしてしまう。 ▽1点ビハインドで後半を迎えた神戸は56分、松下に代えてウエスクレイを投入し、攻撃の活性化を図る。迎えた63分、敵陣中央右でパスを受けたウエスクレイがドリブルを開始。2人をかわしてボックス右へと侵攻し、中央へ折り返す。最後はボックス中央の渡邉が右足でゴール左隅へと突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻した神戸はこのゴールで勢いに乗る。66分、ボックス右手前からの中坂のクロスをファーサイドで渡邉が頭で合わせるが、これはGK林に阻まれる。 ▽流れを引き寄せた神戸は終盤、逆転ゴールを奪いに攻勢を強めるも、粘るFC東京ディフェンスの前に決め切ることができない。それでも後半アディショナルタイムにビックチャンス。91分、自陣中央でボールを拾ったウエスクレイがそのまま敵陣へと侵攻すると、ボックス右手前へスルーパス。これを受けた小林がカットインから左足を振り抜くも、GK林がファインセーブ。終了間際のボックス内での田中順のシュートも決め切ることができず、そのまま試合終了。 ▽FC東京は永井の移籍後リーグ初ゴールが実らず、対する神戸は終盤の猛攻を活かすことができず、上位争いに加わりたい両者の対決は痛み分けとなった。 2017.05.20 21:28 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が筑波大MF生地慶充と浦和学院高FW田中和樹を特別指定選手として登録

▽FC東京は19日、筑波大MF生地慶充(19)と浦和学院高FW田中和樹(17)を2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として申請し、承認されたことを発表した。 ▽東京都出身の生地は、FC東京U-18から筑波大学へと進学。また、ユース時代には2種登録選手としてトップチームに帯同していた。クラブの公式サイトでは、アピールポイントとして「攻撃的なポジションをマルチにこなし、独特のリズムから生まれるドリブルでチャンスを演出する左利きのアタッカー」と評されている。 ▽栃木県出身の田中は、ヴェルディSS小山から浦和学院高校へと進学。クラブの公式サイトでは、アピールポイントとして「高い技術によるドリブル突破と正確なシュートが持ち味。抜群のスピードで相手DFの裏へ飛び出しゴールを奪うストライカー」と評されている。 ▽Jリーグ特別指定選手として承認された両選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 ◆MF生地慶充 「このたび、JFA・Jリーグ特別指定選手としてFC東京で受け入れていただくことになりました。FC東京で再びプレーができることを大変嬉しく思います。感謝の気持ちと責任感を忘れず、FC東京と大学の勝利に少しでも貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆FW田中和樹 「このたび、JFA・Jリーグ特別指定選手としてFC東京でプレーできる機会をいただき、うれしく思います。これまで支えてきてくださった方々に感謝し、恩返しできるよう、全力でプレーをしたいと思います。チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2017.05.19 18:31 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京DF柳貴博が右ヒラメ筋筋挫傷で全治4週間

▽FC東京は18日、DF柳貴博が右ヒラメ筋筋挫傷で全治4週間と診断されたと発表した。 ▽柳は、10日に行われたYBCルヴァンカップ2017グループA第5節の大宮アルディージャ戦で負傷。その後のチームドクターの診察により、病名が判明した。 ▽東京都出身でFC東京下部組織で育った柳は、今年3月にトップチームデビュー。明治安田生命J1リーグで出場機会こそないものの、YBCルヴァンカップで3試合の出場を記録している。 2017.05.18 18:33 Thu
twitterfacebook
thumb

FW久保建英、W杯で個の力を示す「自分のドリブルに注目してほしい」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、FW久保建英(FC東京U-18)がメディア陣のインタビューに応対。同試合が初戦に向けての良いシュミレーションになったと手応えを感じた様子。また、本大会では自身のドリブルに注目してほしいとピッチ内で存在感を示すことに意欲した。 <span style="font-weight:700;">◆FW久保建英</span>(FC東京U-18)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_2_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──最後のループシュートは非常に惜しかったが</span> 「決めるつもりだったので、悔しいです」 <span style="font-weight:700;">──途中出場だったが、狙いは</span> 「途中から出てきたのは自分だけではないので、5人一緒に出て、5人で流れを変えられたらなと思いました」 <span style="font-weight:700;">──自分がスイッチを入れてチャンスのきっかけを作ろうと思っていたか</span> 「そんなに意識とかはしていなかったですけど、あれが自分のプレーなので」 <span style="font-weight:700;">──連携面はどうか</span> 「非常に良い連携は築けていると思います。選択肢が沢山ある分、自分に(パス)が出てこないこともありますけど、そこは選択肢の一つとして思ってもらえれば良いと思います」 <span style="font-weight:700;">──フィジカルの差を感じたか</span> 「それは感じましたけど、フィジカル勝負を今日はあまりしてないので、わざわざ感じなくても良いかなと思います。わかっているので」 <span style="font-weight:700;">──真ん中からドリブルで仕掛けていたが</span> 「相手も疲れてきていてボールを持ったらドリブルで仕掛けようとは思っていたので、そこはフィジカル勝負というよりは自分が先手を取っているので、そこは取られることはないかなと思っています」 <span style="font-weight:700;">──南アフリカ戦に向けてヒントを得ることができたか</span> 「皆さんも言ってましたけど、良いシミュレーションになったかなと思います。球際や切り替え、カウンターの数であったり、初戦を十分にイメージできたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──自身がどうプレーをするかはイメージできたか</span> 「自分のいつも通りのプレーを信じてやるだけです」 <span style="font-weight:700;">──今日はどういう流れでプレーを変えようと思ったか</span> 「特に話はしていないですけど、自分がボールを持ってどんどん仕掛けたいので、セーフティにいかずに持ったら多少のリスクを冒してでも攻めていこうかなと思っていました」 <span style="font-weight:700;">──U-20W杯をどのような大会にしたいか</span> 「何度もそこは言っているんですけど、目標は変わらないですし、やるからには高いところを狙っていきたいです。チームワークというのが日本の特徴だと思うので、チームとして良いところまで行ければなと思いますし、個人としてはピッチ内の自分に注目してほしいというのがあります。できればドリブルとかそういうところに注目してほしいです」 2017.05.15 23:36 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース