横浜FMがユース所属のMF山田康太、MF堀研太の2種登録を発表2017.03.10 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは10日、ユースに所属するMF山田康太(17)、MF堀研太(17)の2選手を2種登録することを発表した。

▽山田、堀の両選手は、プライマリーからジュニアユース、ユースと昇格。横浜FM一筋でここまでプレーを続けてきた。

▽山田はユースで背番号10を背負い、「高い技術と戦術眼に優れる中盤の貴公子」と紹介。堀はユースで背番号7を背負い、「強引な突破からの「強蹴」を誇るレフティー」と紹介されている。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラに第一子誕生

▽横浜F・マリノスは29日、FWウーゴ・ヴィエイラ(28)に第一子が誕生したことを発表した。2500グラムの女児で、同日に誕生したとのことだ。 ▽パパになったウーゴ・ヴィエイラは、横浜FMの公式サイトを通じて以下のコメントを残した。 「無事赤ちゃんが産まれて、安心したと共にとても嬉しく、新しい家族ができてとても幸せです。これからの日々のトレーニング、試合に向けて、新たなモチベーションができたので、より一層頑張っていきたいと思います」 2017.03.29 19:33 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF中島賢星がプロA契約締結

▽横浜F・マリノスは29日、MF中島賢星(20)のプロA契約締結について発表した。 ▽中島は、3月15日に行われた2017 JリーグYBCルヴァンカップ・グループステージ第1節のセレッソ大阪戦において通算450分の出場時間を果たしたことで、プロA契約締結に至った。 ▽中島は、横浜FMの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「自分が思い浮かべていたプランとは違って、A契約になるまで時間がかかってしまったけれど、このチームでなれたことに意味があると思っています。いつも自分を支えてくださっているすべての方々に感謝し、サッカー選手としてこれからもより成長していけるように頑張りたいと思います」 2017.03.29 19:27 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF前田直輝に第一子となる男の子が誕生

▽横浜F・マリノスは23日、MF前田直輝(22)に第一子となる男の子が19日に誕生したことを発表した。 ▽第一子が誕生した前田はクラブを通じてコメントしている。 「想像をはるかに超える陣痛に耐えて元気な息子を生んでくれた妻に感謝です。そして、大きな産声を聞かせてくれた息子にも感謝です。父親になったことにより、より一層努力し、成長します。その決意と覚悟を、ピッチの上でゴール、勝利という形で皆さんにお見せできたらと思います。今後も熱い応援よろしくお願いします」 ▽2016年に東京ヴェルディから横浜FMに加入した前田は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで4試合に出場し、1得点を挙げている。 2017.03.23 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FMvs新潟は両者譲らずドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節の横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟が18日に日産スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで2勝1敗の横浜FMと、1分け2敗で勝利がない新潟が激突。横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラの1トップに、2列目は齋藤、バブンスキー、マルティノスを起用した。一方の新潟は、ホニとチアゴ・ガリャルドの2トップ、左サイドの山崎らが先発に名を連ねた。 ▽立ち上がりにビッグチャンスを迎えたのは横浜FM。4分、右サイドからマルティノスがゴール前に入れたボールに、ウーゴ・ヴィエイラが合わせる。これが枠に飛んだが、コースが甘くGK大谷のセーブに遭う。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となったが、33分に試合の均衡を破ったのは横浜FMだった。右サイドからカットインしてボックス右手前に入ったマルティノスが左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左に突き刺さり、横浜FMがリードを手にする。 ▽先制した横浜FMはさらに、齋藤、ウーゴ・ヴィエイラとゴール前で決定機を迎えるが、フィニッシュの精度を欠いて追加点とはならない。 ▽すると、新潟が相手のミスから40分に追いつく。横浜FMのMF中町がGKに浮き球のバックパス。これをGKに先んじてボールをかっさらったホニがネットを揺らし、1-1とした。 ▽迎えた後半、横浜FMはゴール前で粘り強いプレーを見せたウーゴ・ヴィエイラがシュートに持ち込むも、相手DFのブロックに遭う。さらにゴール前でバブンスキーもチャンスを迎えたが、新潟守備陣の身体を張ったディフェンスを前にシュートに持ち込めない。 ▽終盤にかけては横浜FMが攻勢に出たが、ラストプレーの精度を欠いたことと新潟守備陣の奮闘もあって、なかなかゴールを割ることができない。87分には右サイドからのクロスをボックス左の中町が折り返し、最後は正面の遠藤がボレー。しかし、これはGK大谷に弾かれ、ポストに直撃した。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.03.18 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪がセットプレーから2発で横浜FMを下す《YBCルヴァンカップ》

▽15日、YBCルヴァンカップ2017が開幕。グループB第1節のセレッソ大阪vs横浜F・マリノスがキンチョウスタジアムで行われ、2-0でC大阪が勝利した。 ▽明治安田生命J1リーグを3試合終えて、1敗2分で13位につけるホームのC大阪は、前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメン全員を変更。一方、2勝1敗で5位につける横浜FMも、前節の鹿島アントラーズ戦から先発メンバー全員を入れ替えた。 ▽立ち上がりから両者ともに相手陣内へと積極的に攻め入ると13分、C大阪が横浜FMゴールを脅かす。13分、ボックス左外でボールを受けた関口が右足でクロスを供給。これをファーサイドのリカルド・サントスが頭で合わせるも、バーの上。22分には敵陣中央左から中央に切れ込んだ関口が意表を突いたロングシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽一方の横浜FMは23分、左サイドでボールを受けた中島が切り返しからクロスを送ると、中央の中町がヘディングシュート。しかし、これはGK圍に正面でキャッチされる。 ▽その後、横浜FMに立て続けにゴール前へと迫られたC大阪だが、セットプレーから均衡を破る。31分、舩木からの右CKをファーサイドでフリーになった茂庭が頭で折り返す。これを、走り込んだ木本が右足で押し込みゴールネットを揺らした。 ▽後半開始直後、横浜FMは決定機を迎える。47分、左サイドを抜け出した高野がクロスを供給。これを富樫が落とすと、走り込んだ中島がボックス中央からシュートを放つも、ボールはゴール頭上を越えてしまう。 ▽難を逃れたC大阪はセットプレーから追加点を奪う。56分、舩木からの右CKが混戦になると、こぼれ球がゴール前へと転がる。これを待ち構えていたリカルド・サントスが流し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽リードを広げられた横浜FMはその直後に前田、65分に伊藤を投入し、攻撃の活性化を図る。すると78分、高野の左CKに新井が頭で合わせるも、GK圍の正面へ飛んでしまい決めきることができない。C大阪は82分、茂庭に代えてマテイ・ヨニッチを投入して、試合をシャットアウト。セットプレーから2得点を奪ったC大阪が白星スタートを飾った。 2017.03.15 21:40 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース