超ワールドサッカー

横浜FMがユース所属のMF山田康太、MF堀研太の2種登録を発表2017.03.10 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜F・マリノスは10日、ユースに所属するMF山田康太(17)、MF堀研太(17)の2選手を2種登録することを発表した。

▽山田、堀の両選手は、プライマリーからジュニアユース、ユースと昇格。横浜FM一筋でここまでプレーを続けてきた。

▽山田はユースで背番号10を背負い、「高い技術と戦術眼に優れる中盤の貴公子」と紹介。堀はユースで背番号7を背負い、「強引な突破からの「強蹴」を誇るレフティー」と紹介されている。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMがユースのDF西山大雅を2種登録

▽横浜F・マリノスは26日、横浜F・マリノスユースのDF西山大雅(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽西山は横浜FMのジュニアユース追浜から、ユースへと昇格。昨年はU-17日本代表にも招集されており、8月のチェコ遠征にも参加していた。 2017.05.26 16:22 Fri
twitterfacebook
thumb

土壇場PKで鳥栖に逆転勝利! ウーゴ2発で横浜FMがPO進出へ前進《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ2017グループB第6節のサガン鳥栖vs横浜F・マリノスが24日に行われ、2-1で横浜FMが勝利した。 ▽2分け2敗で5位につける鳥栖と、2勝2敗で4位につける横浜FMが激突した。自力でのプレーオフステージ進出の可能性が消滅し、全勝が最低条件の鳥栖は、直近のリーグ戦から先発メンバー9人を変更。藤田や水野を起用。肺気胸で離脱していた豊田も復帰を果たした。 ▽一方、ルヴァンカップで連勝中の横浜FMは、直近のリーグ戦から先発メンバーを総入れ替え。山中やダビド・バブンスキー、ウーゴ・ヴィエイラが先発に名を連ねた。 ▽試合は立ち上がり、アウェイの横浜FMが鳥栖ゴールへと迫る。5分、ボックス左手前から山中が左足を振り抜く。しかし、強烈な無回転シュートはゴール右へと逸れる。対する鳥栖は8分、太田のパスを受けた小川がボックス中央手前から丁寧に右足でゴール右上隅を狙うも、枠を捉え切れない。 ▽前半半ばに入ると、横浜FMが攻勢を強める。22分、敵陣中央右からダビド・バブンスキーがクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだウーゴ・ヴィエイラが頭で合わせるも、GK権田のファインセーブに阻まれる。さらに24分、山中が味方のスルーパスでボックス左へ侵攻し、左足でシュート。しかし、今度は左ポストに嫌われる。 ▽後半に入ると、両者の攻防は激しさを増す。すると64分、横浜FMが均衡を破る。ボックス右深い位置でダビド・バブンスキーが強引に中央へ切れ込み、ウーゴ・ヴィエイラにパス。これをウーゴ・ヴィエイラがワントラップで一人をかわし、右足でゴールネットを揺らして横浜FMが先制した。 ▽先制を許した鳥栖だったが76分、ボックス左外でボールを受けた三丸が左足でクロスを供給。これをゴール中央の富山が頭でゴール右隅へと流し込み、同点に追いつく。 ▽試合を振り出しに戻された横浜FMは81分、吉尾に代えて仲川を投入。迎えた後半アディショナルタイム2分、その仲川がボックス右へ侵攻すると、太田に倒されてPKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラがゴール左へ突き刺し、勝ち越しに成功。そのまま試合終了し、2-1で横浜FMが勝利した。勝った横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラの2発の活躍でプレーオフ進出に前進。対する鳥栖は、グループステージ敗退が決定した。 2017.05.24 21:58 Wed
twitterfacebook
thumb

大岩弾で追いついた仙台が連敗ストップ! 逃げ切り失敗横浜FMは連勝ならず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第12節、横浜F・マリノスvsベガルタ仙台が20日に日産スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 ▽9位横浜FMと14位仙台が対峙した一戦。今季3度目の連勝を目指すホームの横浜FMは、前節のヴァンフォーレ甲府戦からダビド・バブンスキーに代わって、前田を先発で起用。一方、連敗ストップを目指す仙台は、敗れた大宮アルディージャ戦からクリスランに代わって、奧埜を先発で起用した。 ▽戦前の予想に反して、立ち上がりからペースを握ったアウェイの仙台がホームチームを押し込んでいく。開始3分にはボックス左ライン際で永戸が折り返したボールをゴール前の石原がワンタッチでGKを剥がし、フリーの梁勇基がシュートもこれはGKに阻まれる。さらにこぼれ球を富田がミドルシュートで狙うが、これは相手DFの好ブロックに阻まれた。 ▽開始早々の先制ゴールはならずも、良いリズムで攻勢を続ける仙台は、三田や大岩、梁勇基らが積極的にボックス内でチャンスに絡むが、相手のブロックやシュート精度の問題であと一歩でゴールとはならない。 ▽一方、守勢が続きなかなか攻撃に出られない横浜FMだったが、30分過ぎにようやく最初の決定機を作る。32分、右サイドの松原が正確なクロスをボックス左に入れると、これに反応した齋藤がヘディングシュート。だが、枠を捉えたシュートはGKシュミット・ダニエルのワンハンドセーブに阻まれる。 ▽それでも、この決定機をキッカケに盛り返し始めた横浜FMは、前半アディショナルタイムに右サイドでルーズボールを拾ったマルティノスからのフィードにうまくオフサイドラインをかい潜って抜け出した前田が、そのままボックス内に持ち込んで最後は得意の角度から左足の丁寧なシュートをゴール左隅に流し込み、最高の時間帯に先制点を奪った。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半、梁勇基を起点にアウェイチームが反撃を試みるが、GK飯倉の牙城を破れない。流れを変えたい仙台は、58分に梁勇基を下げて西村、69分には蜂須賀を下げて中野を投入し、より攻撃にリスクをかける。 ▽一方、後半も粘り強い戦いでリードを保つ横浜FMは、いずれも接触プレーで足を気にしていた齋藤、前田を諦め、73分に扇原、山中をピッチに送り出す。 ▽拮抗した展開が続く中、75分過ぎにスコアが動く。76分、左サイドからのクロスをゴール前の石原が右足で丁寧に落とし、これを奧埜がシュートするが、GK飯倉の圧巻の反応に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーの三田がアウトスウィングで入れたボールをゴール前フリーの大岩が頭で流し込み、仙台が同点に追いついた。 ▽その後、奧埜に代えてクリスランを投入し、さらに前がかる仙台が勝ち越しゴールを目指して攻勢に出る。しかし、試合終了間際に中野の右クロスから訪れたクリスランの決定機は、ヘディングシュートが枠を捉え切れず、試合は1-1のままタイムアップ。積極的な戦いで追いついた仙台が、連敗をストップ。一方、逃げ切り失敗の横浜FMはホームで連勝のチャンスを逃した。 2017.05.20 16:08 Sat
twitterfacebook
thumb

MF遠藤渓太、共に途中出場となったFW久保建英との連携に手応え「二人で良いジョーカー役にもなれる」《U-20W杯》

▽今月20日開幕のFIFA U-20ワールドカップ韓国2017に臨むU-20日本代表は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われた国際親善試合でU-20ホンジュラス代表と対戦し、3-2で勝利した。 ▽試合後、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)がメディア陣のインタビューに応対した。共に途中出場となったFW久保建英との縦関係に手応えを感じた様子。また、「長いリーチの相手でも戦える術というのを身につけていきたい」と主張した。 <span style=“font-weight:700;">◆MF遠藤渓太</span>(横浜F・マリノス)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170515_7_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──今日は途中出場だったが</span> 「ああいう外国人特有の後半落ちてくるという場面で入ったら、自分の特徴は最大限に生かせると思いました。そういう中で、最初のコーナーキックでアシストして良い流れで試合に入れたので、全体的にも仕掛けられたかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──良い形からシュートも打ったが</span> 「自分の得意な形で左サイドから仕掛けることができて、良いシュートも打てたんですけど、もう少しコースも狙えたと思います。3本目では、自分的には良い動き出しから良いトラップで最後、決めるだけだったので、ああいうところで本大会はしっかり決めれるようにしたい」 <span style="font-weight:700;">──海外の相手については</span> 「50-50のボールを海外の選手は結構足を伸ばしてもスライディングで一か八かで来ます。そこで最近意識しているのはつま先とかで先に触ること。先に触れれば置き去りにできるし、そういう場面を今日は何度も作れたので、長いリーチの相手でも戦える術というのを身につけていきたいです」 <span style="font-weight:700;">──自身の縦への速さとFW久保建英(FC東京U-18)の緩急つけた動きがマッチしていた印象があるが</span> 「一回止まって、ワンツーとかでも剥がすことができますし、タケ(久保建英)が落ちて、その後の技術は良いものがありますし、預けたら必ず前に来るなというのはありました。今日も良い斜めの関係で動けたと思います。やってて楽しかった部分もあります」 <span style="font-weight:700;”>──本番では2人揃ってジョーカー役になる可能性もあると思うが</span> 「ジョーカーになる可能性もありますし、そうなった場合を考えたらああやって崩せたら良いと思います。自分の良さとタケの良さを二人で合わせていけたらなと思います」 <span style="font-weight:700;">──今日合わせることができたのは大きいか</span> 「そうですね。何度か良い場面を作って左サイドからどんどん仕掛けることができましたし、縦にも抜けてくれるので、本当にやりやすかったです」 <span style="font-weight:700;">──インスピレーションは時間が少ない中でも合うなという感じか</span> 「タケが代表に呼ばれるようになってからはずっとやってますし、結構彼はすぐに『下げずに前を向け! 前を向け』とみんなに言うので、そういう場面でもっともっと前を向けたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──刺激を受ける部分はあるか</span> 「恐れずに向かっていきますし、そういうところは自分も見習いたいです。自分とタケの良さは違うと思いますけど、良い感覚で二人でやれれば良いジョーカー役にもなれると思います」 2017.05.16 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

無失点に凌いだ横浜FMが1点差で勝利し連敗脱出!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第11節横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府が14日に行われ、1-0で横浜FMが勝利を収めた。 ▽同じ勝ち点13で並ぶ甲府をホームに迎える、11位の横浜FMは現在3連敗中。前節からのスタメンの変更点は、扇原に代えて喜田を起用した1点のみ。一方、ここ5試合でわずか1勝と、なかなか波に乗れない甲府は、前節から河本に代えてウィルソンを起用。こちらもスタメンの変更は1点のみとなった。 ▽両者堅い守備で、得点機を生み出せない展開を見せる中、21分に横浜FMに大きなチャンスが訪れる。右サイドからマルティノスが左足でクロスを上げると、伊藤が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定に遭い、先制点とはならなかった。 ▽攻める横浜FMは、セットプレーからからチャンスを作る。32分、FKの流れから、金井がシュートを狙うが、ゴールライン手前でDFにブロックされてしまった。 ▽前半アディショナルタイムの1分、攻め続けた横浜FMがついに均衡を破る。右サイドの深い位置でFKを得ると、キッカーはバブンスキー。シンプルなクロスをミロシュデゲネクが頭で合わせると、これはGKに弾かれるものの、詰めていた金井が押し込んで先制点を挙げる。 ▽先制点を許した甲府は、後半開始直後に、ビッグチャンスを迎える。46分、エデル・リマがハーフウェイラインから右サイドのウィルソンにスルーパスを送ると、そのままボックス内まで持ち込んだウィルソンが、右足で強烈なシュート。しかし、シュートはGKの正面に飛び、防がれてしまう。 ▽65分にも甲府が再びチャンスを作る。ボックス左から中央にパスを送ると、小椋がゴール前でシュートを打つが、GK飯倉にセーブされ、同点にすることができない。 ▽その後、甲府は前線の選手を次々と投入するが、横浜FMの守りを崩し切ることができず、このまま試合は終了。前半の先制点を守り切った横浜FMが1-0で勝利し、連敗から抜け出した。甲府はこれで、6試合で1勝と不調から抜け出せないままに終わった。 2017.05.14 16:31 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース