フットサル日本一のクラブを決する大会開幕…Fリーグ10連覇逃した名古屋、13発の快勝スタート!《第22回全日本フットサル選手権》2017.03.10 21:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽フットサル日本一のクラブを決する第22回全日本フットサル選手権が10日に開幕。1次ラウンドの第1節が静岡、大阪、兵庫、東京の4会場で行われた。

▽1次ラウンドのレギュレーションは、4チームずつに振り分けられた計6つのグループによる総当たり戦。各グループ1位は、Fリーグ2016/2017プレーオフ2nd Round優勝のシュライカー大阪、準優勝のペスカドーラ町田が待つ決勝ラウンド進出となる。

▽グループEの名古屋オーシャンズ(Fリーグ/愛知県)は、東温ケイルース(四国地域代表/愛媛県)と激突した。Fリーグ10連覇を逃した名古屋は、3分に生まれたFP中村友亮の先制弾を皮切りに計13得点のゴールラッシュ。力の差を見せつけ、今大会初戦を快勝スタートで飾った。

◆1次ラウンド第1節結果
▽3/10
・グループA
ヴォスクオーレ仙台(Fリーグ/宮城県) 5-3 ミカロ仙台(東北地域代表/宮城県)
バルドラール浦安(Fリーグ/千葉県) 6-0 ランブレッタ福岡(九州地域第1代表/福岡県)

・グループB
アグレミーナ浜松(Fリーグ/静岡県) 3-0 柏トーア'82(関東地域第3代表/千葉県)
府中アスレティックFC(Fリーグ/東京都) 7-2 名古屋オーシャンズ サテライト(東海地域第1代表/愛知県)

・グループC
広島エフ・ドゥ(中国地域代表/広島県) 1-2 ディヴェルティード旭川(北海道地域代表)
バサジィ大分(Fリーグ/大分県) 4-3 同志社大学フットサルクラブトレボル(関西地域第2代表/京都府)

・グループD
エスポラーダ北海道(Fリーグ/北海道) 5-3 ペスカドーラ町田アスピランチ(関東地域第1代表/東京都)
フウガドールすみだ(Fリーグ/東京都) 6-2 ヴィンセドール白山(北信越地域代表/石川県)

・グループE
湘南ベルマーレ(Fリーグ/神奈川県) 7-1 SWHフットサルクラブ(関西地域第1代表/兵庫県)
名古屋オーシャンズ(Fリーグ/愛知県) 13-1 東温ケイルース(四国地域代表/愛媛県)

・グループF
フォースフットサル伊勢(東海地域第2代表/三重県) 2-2 府中アスレティックFCサテライト(関東地域第2代表/東京都)
デウソン神戸(Fリーグ/兵庫県) 3-1 ブラッカ ブロッコ(九州地域第2代表/福岡県)

コメント

関連ニュース

thumb

歴史に残る名勝負!! 町田が湘南とのダービーマッチを制して決勝へ!! 《DUARIG Fリーグ》

▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ準決勝、ペスカドーラ町田vs湘南ベルマーレの境川決戦が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-2で町田が勝利した。 ▽名古屋オーシャンが待つ決勝への切符を賭けた一戦は、町田と湘南による境川決戦となった。両チームは15年前に行われた全日本フットサル選手権の準決勝で、湘南の前身であるロンドローナと町田の前身であるカスカベウとして駒沢体育館で対戦。関東リーグで無敗だったカスカベウを延長戦の末にロンドリーナが下し、そのまま日本一に輝いている。 ▽Fリーグ参入後は長らく町田が湘南をリードしてきたが、今シーズンは湘南がクラブ史上初となるプレーオフに進出。さらに今シーズンの両チームの対戦は1勝1分け1敗と五分となっている。名古屋への挑戦権を決める大事な一戦でもあるが、ライバルチームとの勝敗を決する一戦としても注目を集めた。 ▽両チームの大応援団が声援を送る中で迎えたキックオフは、お互いにフルスロットルでの入りとなった。すると1分、中央でボールを持ったFP森岡薫がそのまま右サイドに流れながら右足を強振。これがゴールネットに突き刺さって、町田が最初のチャンスでスコアを動かした。さらに7分にはFKのチャンスから森岡、FPダニエル・サカイと繋いで最後はセグンドのFP滝田学が押し込んだ。その後は球際で激しさを見せると、サポーターも巻き込んでボルテージが上がって行く。迎えた18分、交錯したプレーでやや町田の足が止まった瞬間を見逃さず、キックインから浦上が右サイドから右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さり、湘南が前半のうちに1点を返した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_10_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は追いかける湘南が町田ゴールに襲いかかるがチャンスを逸していると、28分にダニエル・サカイが体勢を崩しながらもシュートをねじ込み町田が3点目を奪った。逆転での勝ち上がりのためには3点が必要となった湘南は、その後もチャンスこそ作るがゴールが遠い。さらに36分には5ファウルと後がなくなる。迎えた37分からFP本田真琉虎洲をGKに置いたパワープレーに出る。すると39分にはFPロドリゴ、FP小門と繋いで最後は本田が押し込んで1点を返す。 ▽このゴールに湘南サポーターも多いに沸き、湘南も勢いに乗る。得点直後から今度はFP鍛代元気をGKに置くパワープレーに移行し、後2点を目指した。しかし町田もマイボール時にピッチを広く使ったパス回しで時間を使って行く。最後まで湘南がボールを奪いにかかったが、そのまま試合終了のホイッスル。町田がダービーマッチを制して、名古屋の待つ決勝へと駒を進めた。 ▽試合後の会見では「サポーターが素晴らしい雰囲気を作ってくれた」(岡山孝介監督/ペスカドーラ町田)、「(前日の試合に引き続き)サポーターは今日も素晴らしかった」(奥村敬人監督/湘南ベルマーレ)とそれぞれの指揮官が感謝の気持ちを述べた。また勝利した町田の森岡薫は古巣である名古屋との決勝について「特別な気持ちはない」とすでに戦闘モード。一方敗れた湘南の刈込真人選手は「素晴らしい雰囲気を作ってくれたからこそ、勝利を届けたかった」と涙ながらに語った。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) シュライカー大阪 4-9 フウガドールすみだ ペスカドーラ町田 3-2 湘南ベルマーレ ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田(16:30) 2018.01.14 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大阪が自慢の攻撃力を発揮!! 退任する木暮監督を白星で送り出す《DUARIG Fリーグ》

▽14日にDUARIG Fリーグ2017/2018 4/5位決定戦のフウガドールすみだvsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、9-4で大阪が勝利した。 ▽前日のプレーオフ1回戦に敗れたすみだと大阪が、年間順位を決める一戦に臨んだ。前半からお互いにアクセル全開で打ち合う。大阪が4分にキックインからFPチアゴがネットを揺らせば、すみだも直後の5分にFP岡山和馬がゴール。その後もゴールを奪い合い4-3と大阪がリードして前半を終える。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180114_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽すると後半は一転して大阪がゴールラッシュとなる。21分にFP小曽戸允哉、24分にFP加藤未渚実がゴール。結局、試合は9-4と大阪が大差をつけて木暮監督の最終戦を白星で送り出した。 ▽この試合、ベンチで笑顔が印象的だった木暮賢一郎監督は「4/5位決定戦の中で何もない試合。その中で選手たちには唯一、楽しんでポテンシャルを解放した景色を見せて欲しいということを要求した」とコメント。普段はベンチで一切笑顔を見せなかった指揮官の本音を吐露した。一方大敗を喫したすみだの須賀雄大監督は「結果は受け止めますがクラブとしての挑戦としては悲観すべきことではない」と前を向いた。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) フウガドールすみだ 4-9 シュライカー大阪 ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ(17:30)――[2] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) 2018.01.14 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

大応援団の声援を受け湘南が準決勝進出!! 名古屋への挑戦権争いは町田との境川決戦《DUARIG Fリーグ》

▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ1回戦の湘南ベルマーレvsフウガドールすみだが駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-2で試合は終了。レギュレーションによりリーグ戦上位の湘南が準決勝に勝ち進んだ。 ▽プレーオフ1回戦第2試合は初のプレーオフに挑む湘南の大応援団が声援を送り続けるもゴールレスで前半を終える。しかし後半立ち上がりにFPロドリゴのゴールで湘南が先制した。しかしすみだも34分に若きエースのFP清水和也が同点ゴールを叩き込む。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180113_5_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽引き分けでは勝ち上がれないすみだは39分からパワープレーに出るが、その直後にFP鍛代のゴールで湘南がリード。すみだは試合終盤にFP中田秀人がネットを揺らしたが反撃もここまで。2-2で終了したため、リーグ戦上位の湘南が町田の待つ準決勝へと勝ち進んだ。 ▽勝利した湘南の奥村敬人監督は詰め掛けた大勢のサポーターに対して「サポーターが本当に素晴らしかったです。Fリーグも捨てたもんじゃない」と感謝の言葉を述べ「明日もたくさんのファンサポーターくる」と準決勝でのさらなる後押しを願った。一方敗れた墨田の須賀雄大監督は「今後はより1点を自然に取れるチームを目指して奮い立ってやって行きたい」と一点の重みを改めて口にした。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ 2-2 フウガドールすみだ ▽1月14日(日) シュライカー大阪 vs フウガドールすみだ(14:30) ペスカドーラ町田 vs 湘南ベルマーレ(17:30) ――[2] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) 2018.01.13 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

粘る大阪を退けて、町田が明日の準決勝進出!!《DUARIG Fリーグ》

▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ1回戦のペスカドーラ町田vsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-2で町田が勝利した。 ▽今シーズンの王者を決めるプレーオフが開幕。1回戦第 1試合は、町田が主導権を握る展開となると、10分に大阪が6つ目のファウルを犯して町田が第2PKのチャンス。これをFPダニエル・サカイがきっちりと決めて町田が先制した。しかし大阪も11分にFPセットプレーの流れからFP相井忍が押し込んで試合を振り出しに戻した。 ▽すると後半立ち上がりは大阪が勢いを持って入る。迎えた24分にはFP加藤未渚実のゴールで大阪が逆転に成功した。追いかける展開となった町田は、32分に流れるようなパス回しから最後はFP室田祐希がネットを揺らす。同点では敗退となる大阪がパワープレーに出るが、FP中井健介のブザービート弾で勝負あり。町田が3-2で勝利して、明日の準決勝へと駒を進めた。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fnews20180113_1_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽勝利した町田の岡山孝介監督は「失点しても慌てないでプレーできていて、一年の積み重ねを感じた」と手応えを強調。一方、今シーズン限りでの退任が決定している大阪の木暮賢一郎監督は「シュライカー大阪の未来につながると信じている」と、大阪の今後の活躍へ期待を口にした。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程・結果</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 3-2 シュライカー大阪 湘南ベルマーレ vs フウガドールすみだ(17:30) ――[1] ▽1月14日(日) シュライカー大阪 vs [1]の敗者(14:30) ペスカドーラ町田 vs [1]の勝者(17:30) ――[2] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [2]の勝者(16:30) 2018.01.13 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

優勝を決めるプレーオフが遂に開幕!! 1回戦の見どころは!?《DUARIG Fリーグ》

▽13日に駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でDUARIG Fリーグ2017/2018 プレーオフ1回戦が行われる。 ▽今月7日にリーグ戦の全日程を終了したDUARIG Fリーグ。首位の名古屋オーシャンズ、2位のペスカドーラ町田、3位の湘南ベルマーレ、4位のフウガドールすみだ、5位のシュライカー大阪が、今シーズンの優勝を懸けてプレーオフで激突する。 ▽13日から行われるプレーオフ1回戦では町田vs大阪、湘南vsすみだの2試合が行われ、勝利したチームが翌日の準決勝に進出。準決勝に勝利したチームが、名古屋との決勝戦に臨む。名古屋への挑戦権を掴むのはどのチームになるのだろうか――。 <span style="font-weight:700;">◆昨季優勝を争った2チームの対戦は完成度vs経験</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180112_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【今シーズンの対戦成績】 町田 4-0 大阪(町田市立総合体育館) 町田 2-1 大阪(大阪中央体育館) 町田 6-2 大阪(ゼビオアリーナ仙台) ▽10年目を迎えた昨シーズンの優勝を争った2チームがプレーオフ1回戦で激突する。昨シーズンはリーグ1位の大阪に対し、プレーオフを勝ち進んだ町田が初戦を3-2で勝利して2日目に望みを繋げた。逆転優勝に期待が懸かったが、最終決戦は大阪が3-2で勝利。2試合合計の勝敗数と得失点は五分となったものの、レギュレーションによりリーグ1位の大阪に王座を譲った。 ▽悔しさを払しょくするべく臨んだ今シーズンは町田が大阪との3試合で3連勝と一方的な成績を残している。昨シーズンもチームとしての完成度の高さを見せた町田だが、今シーズンはさらに安定感が加わった。リーグ戦の4敗は名古屋の5敗を上回るリーグ最少。昨シーズンにはなかった悪いなりにも負けない戦い方ができている証拠だ。岡山監督も「苦しい時期を過ごした時に下を向かずに支え合って、負けた原因を克服できるように練習してきた」と自信を示す。 ▽対する大阪は、AFCフットサルアジアクラブ選手権への出場により、例年にないタフな戦いが続いた。さらにキャプテンを務めるFPアルトゥールのコンディションが整わずにチームを離脱すると、昨シーズンの王者の強さは失われた。しかし、リーグ戦終盤には長期離脱していた日本代表FP加藤未渚実やアルトゥールが復帰。さらにFPクレパウジ・ヴィニシウスが日本に帰化したことでアルトゥール、FPチアゴとの強力なセットを組めるようになり、昨シーズン以上の攻撃力で最後の2連戦を連勝。プレーオフ出場に滑り込んだ。 ▽今シーズン限りで退任が決定している木暮賢一郎監督は「ここ3シーズンで全てのプレーオフに参加しているのは名古屋と大阪だけ。3回のうち2回はファイナルまで行っている」と経験の面でアドバンデージがあることを強調。王者として負けられない戦いに臨む。 <span style="font-weight:700;">◆成長著しい2チームの激突</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180112_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【今シーズンの対戦成績】 湘南 5-2 すみだ(小田原アリーナ) 湘南 1-4 すみだ(北海きたえーる) 湘南 2-3 すみだ(立川立飛アリーナ) ▽今シーズン一番の驚きは湘南ベルマーレの躍進だ。Fリーグ開幕から所属するオリジナル8の1つである湘南だが、毎シーズン下位に低迷しており、これまでの最高順位は開幕シーズンの5位。しかし、今シーズンは序盤から安定した戦いを見せてプレーオフ圏内をキープ。最終節で町田にかわされて3位に転落するも躍進のシーズンと言える。 ▽そんな湘南の強さの秘訣は「スポンサーやサポーター、クラブスタッフや選手たち全員が一丸となって戦う姿はFリーグで一番」と奥村敬人監督が語る団結力。第20節の大阪戦ではShonan BMW スタジアム平塚と同じ敷地内にあるトッケイセキュリティ平塚総合体育館で、Jリーグを戦う湘南ベルマーレを巻き込んだイベントを実施。「J」と「F」の違いはあれど、アリーナ中に緑と青のユニフォームをまとったサポーターが集まり大合唱。チームはこの声援に呼応するかのように王者・大阪を相手に7-2と大勝した。プレーオフでもJリーグがシーズンオフのため、大勢の湘南サポーターが詰めかけることが予想される。大応援団の声援を受けて、今シーズンの集大成に挑む。 ▽対するすみだも、今シーズンの健闘ぶりには少々驚きが隠せない。主力選手の引退や退団が重なり、チームとしての変革期となった。しかしその不安を払しょくするように開幕戦のバサジィ大分戦では新加入のFP大薗諒がハットトリックの活躍を見せて9-1と大勝した。その後も若手を積極的に起用し、大きな連敗もなくプレーオフ圏内でフィニッシュしている。 ▽順位は昨シーズンと同様の4位ながらも、今シーズンは大きな意味を持つ。須賀雄大監督も「勝ち点で言えばクラブ史上最高の勝ち点を獲得でき、成長を感じる1年。来年に向けて伸び代しか感じていない」と手ごたえ十分。プレーオフを勝ち進むことで、自信を確信に変えたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフならではのアツい戦い</span> ▽各指揮官が口を揃えて言うのは「プレーオフはリーグ戦と違った戦いになる」ということ。町田の岡山監督が「上手さ下手さよりも、気持ちの部分が大事」というように、リーグ戦以上に選手の勝ちたい気持ちが表れ、観ている側も選手たちのワンプレー、ワンプレーに引き込まれる。名古屋への挑戦権を手にするまであと2勝。最後のサバイバルマッチが始まる。 <span style="font-weight:700;">◆プレーオフ日程</span> ▽1月13日(土) ペスカドーラ町田 vs シュライカー大阪(14:30) ――[1] 湘南ベルマーレ vs フウガドールすみだ(17:30) ――[2] ▽1月14日(日) [1]の敗者 vs [2]の敗者(14:30) [1]の勝者 vs [2]の勝者(17:30) ――[3] ▽1月20日(土) 名古屋オーシャンズ vs [3]の勝者(16:30) ▽1月21日(日) 名古屋オーシャンズ vs [3]の勝者(16:30) 2018.01.13 12:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース