甲府がU-18所属のDF入間川景太を2種登録2017.03.10 13:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は10日、U-18所属のDF入間川景太(17)を2種登録したことを発表した。

▽入間川は地元・山梨県出身で、U-15、U-18と甲府でプレーしている。なお、背番号は「32」になるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

甲府FWガブリエルが骨折で全治10週間

▽ヴァンフォーレ甲府は24日、ブラジル人FWガブリエル(21)が右足関節靭帯損傷、右足関節剥離骨折のため、全治約10週間と診断されたことを発表した。 ▽ガブリエルは19日に行われたトレーニングマッチで負傷。26日にブラジルに帰国し、治療するとのことだ。 2017.03.24 21:16 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府が元豪州代表MFオリヴァー・ボザニッチと正式契約!「大きなチャレンジになる」

▽ヴァンフォーレ甲府は21日、メルボルン・ビクトリーからの加入が内定していた元オーストラリア代表MFオリヴァー・ボザニッチ(28)と正式に契約したことを発表した。 ▽ボサニッチは、これまでレディングなどイングランドの複数クラブでプレー。中盤のユーティリティプレーヤーで、2014年にオーストラリア代表の一員としてブラジル・ワールドカップにも参戦した実績の持ち主。 ▽17日の練習からすでにチームに合流しているボザニッチは、クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「甲府サポーターのみなさん、温かい歓迎をしてくれてありがとうございます。 ヴァンフォーレ甲府でプレーすることは、私にとって大きなチャレンジになります。 チームのために頑張りたいと思いますので応援よろしくお願いします」 2017.03.21 15:29 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府がウイルソンのPK弾で昨年8月以来のホーム白星で今季初勝利…大宮は見せ場なく泥沼の4連敗《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第4節のヴァンフォーレ甲府vs大宮アルディージャが17日に山梨中銀スタジアムで行われ、甲府が1-0で勝利した。 ▽開幕から3試合を終えて勝利がない両チーム。甲府は2年ぶりの復帰となったDF阿部翔平を左ウイングバックでいきなり起用した。また、GK河田晃兵、GK岡西宏祐が負傷したため控えGKが居ない状態となった。一方の大宮はDF菊地光将が体調不良のために欠場となり、DF山越康平が今季初先発。また、FW大前元紀が開幕戦以来の出場、FWドラガン・ムルジャが今季初先発となった。 ▽最初のシュートは甲府。2分、小椋が競り合いのこぼれ球をミドルシュート。DFの間を抜けるもGK加藤が落ち着いてセーブする。大宮は13分、大前からのパスが裏に抜けると、ボックス内で江坂がシュート。しかし、これはDFのブロックに遭いGK岡が難なくキャッチする。 ▽35分、前線に抜け出したムルジャがキープから落とすと横谷が粘り、最後は大前がシュート。これがネットを揺らすも、ムルジャがオフサイドの判定となり、ゴールは認められない。 ▽45分、相手陣内で新井がボールを奪うと、こぼれ球を受けた堀米がボックス手前から左足シュート。しかし、これはわずかに枠を越えていく。 ▽このシュートをきっかけに前半アディショナルタイムはオープンな展開に。大宮は46分に茨田が遠目からミドルシュート。強烈なシュートがゴールを襲うが、GK岡が処理する。47分には右サイドの堀米からグラウンダーのクロス。これにウイルソンが合わせるも、力なくGK加藤がキャッチ。直後には大山の浮き球のパスを裏に抜けて受けたムルジャがボックス内からシュート。しかし、これも枠を捉えられない。 ▽両チーム交代なしでむかえた後半は甲府が最初にシュートチャンス。48分、堀米のクロスのこぼれ球を阿部がシュートも、枠を捉えられない。58分、大前が裏に走りだしたムルジャにパス。パスを受けたムルジャはボックス内左から右足でシュートを狙うも、枠を大きく外してしまう。 ▽甲府は61分にビッグチャンス。ボックス手前中央でフリーになったウイルソンにパスが通ると、ウイルソンがそのままシュート。しかし、GK加藤が落ち着いてセーブする。 ▽互いに攻めあぐねる中迎えた69分、ムルジャが競り合いの際にウイルソンを倒して甲府がPKを獲得。これをウイルソンが蹴ると、GK加藤に触られるもしっかりと決め、甲府が先制する。 ▽86分、清水がボックス内に仕掛けて侵入すると横パス。これがネイツ・ペチュニクに渡るもシュートを打てず、GK岡がボールを抑える。その後は甲府が主導権を握り、大宮にチャンスを与えず。そのまま試合は終了し、甲府が今季初勝利。ホーム・山梨中銀スタジアムでは昨年8月13日のアルビレックス新潟戦以来のリーグ戦勝利となった。 2017.03.18 16:07 Sat
twitterfacebook
thumb

甲府、MFボザニッチの加入内定を発表…2014年ブラジルW杯の豪州代表メンバー

▽ヴァンフォーレ甲府は16日、メルボルン・ビクトリーに所属する元オーストラリア代表MFオリバー・ジョン・ボザニッチ(28)の完全移籍加入内定を発表した。背番号は「21」に決定。メディカルチェック後に正式契約となる。 ▽ボサニッチは、これまでレディングなどイングランド複数クラブでプレー。中盤の複数ポジションでプレー可能なユーティリティプレーヤーで、2014年にオーストラリア代表の一員としてブラジル・ワールドカップにも参戦した実績の持ち主だ。 ▽17日の練習からチームに合流することも併せて発表した甲府は、明治安田生命J1リーグ第3節終了時点で、1分け2敗の勝ち点1で16位に位置。18日に行われる第4節では大宮アルディージャとホームで対戦する。 2017.03.16 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

控え中心のメンバーで臨んだ広島vs甲府は決定力を欠きゴールレスドロー《YBCルヴァンカップ》

▽15日、JリーグYBCルヴァンカップが開幕。グループBのサンフレッチェ広島vsヴァンフォーレ甲府がエディオンスタジアムで行われ、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽直近のリーグ戦でサガン鳥栖に1-0と敗れた広島は、MF青山敏弘やFW工藤壮人、MFミキッチら主力の大半を温存。若手主体で臨んだ。一方の甲府は、浦和レッズに4-1で大敗。こちらも控えメンバー中心で臨んだ。 ▽試合は3分、川崎のタックルを受けた河本が足を痛めピッチに倒れ込み試合が中断。一旦はピッチを後にするも、戻ってプレーを継続した。 ▽甲府は10分、河本がドリブルで運びパス。これを曽根田が受けてクロスを上げるも、クリアされてしまう。さらに22分には、河本の浮き球のパスに保坂が抜け出してシュート。しかし、これはGK廣永が好セーブを見せる。 ▽エンジンがかからない広島はセットプレーからチャンスを窺う。CKのキッカーを務める森島がクロスを入れるも、わずかに合わずに得点を奪うには至らない。 ▽35分には古巣対決となった稲垣が鋭いミドルシュートを放つもGK河田がセーブ。37分には左サイドを抜け出した長沼が中央に折り返すも、味方には合わない。 ▽ゴールレスで前半を終えると、後半は互いに攻め合う展開に。50分には皆川、宮吉とつなぐと、クロスをアンデルソン・ロペスが合わせるも、ゴールは決まらない。 ▽徐々に広島がサイド攻撃からチャンスを作り出す機会が増えていったが、フィニッシュの精度を欠き決定機を作れず。75分には青山を投入して流れを変えにかかるが、甲府の集中した守備の前にゴールに迫れない。 ▽終盤にかけては甲府が堀米を投入して勢いをつけるも、広島が体を張って守り得点を許さず。結局そのまま試合は終了し、0-0の引き分けに終わった。 2017.03.15 21:24 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース