甲府がU-18所属のDF入間川景太を2種登録2017.03.10 13:28 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴァンフォーレ甲府は10日、U-18所属のDF入間川景太(17)を2種登録したことを発表した。

▽入間川は地元・山梨県出身で、U-15、U-18と甲府でプレーしている。なお、背番号は「32」になるとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

柴崎の1点で甲府を退けた広島が今季ホーム初勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節、サンフレッチェ広島vsヴァンフォーレ甲府が19日に行われ、1-0で広島が勝利した。 ▽前節ベガルタ仙台に0-1で惜敗した17位の広島(勝ち点15)は、その試合から森島を代えて柴崎を起用。対する14位の甲府(勝ち点20)は、1-1で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦から橋爪、兵働、高野、堀米を松橋、小椋、オリヴァー・ボザニッチ、阿部に変更して挑んだ。 ▽試合序盤は圧倒的に広島ペースで進む。サイドからの攻撃を組み立てる広島は5分、左サイドの展開から丹羽がボックス右前からミドルシュートを放つが枠を大きく越える。その後も、出場停止明けのキャプテン青山を中心に攻撃のリズムを作る。 ▽甲府に攻撃に隙を与えない広島は、23分に柴崎がボックス手前中央からシュートを狙うが、わずかに右に逸れる。直後にはパトリックが左ポスト直撃のヘディングシュートでゴールの匂いを漂わせる。 ▽無得点のまま迎えた後半、甲府は頭から田中を下げてリンスを投入。前線の活性化を図る。すると58分、そのリンスが右サイドのクロスに頭で合わせるが、これは惜しくも枠の外へ。 ▽後半に入り徐々にペースを持ち返されてきた広島だったが、71分にようやく先制に成功する。ドリブルからボックス左に侵入したアンデルソン・ロペスがそのままシュートに持ち込むと、GK岡が弾いたボールがDFに当たり、こぼれたところを柴崎が押し込んだ。 ▽待望の1点を決めた広島はそこから守りに入る。まだ交代枠が3枚残っている広島だったが、これを1回も使わず、柴崎の虎の子の1点を守り切った広島が勝利。今シーズンのホーム初勝利を飾った。 2017.08.19 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

勝ち点同数の残留争い直接対決はドロー…札幌、甲府に逃げ切り失敗《J1》

▽13日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第22節の北海道コンサドーレvsヴァンフォーレ甲府は、1-1で引き分けた。 ▽15位の札幌と14位に位置する甲府という勝ち点19で並ぶ両者の直接対決。2連敗中の札幌は、エース都倉の出場停止に伴い、ジェイを加入後初めて先発起用した。一方、2試合ぶりの勝利を狙う甲府は、前節から5人メンバーを変更した。 ▽先にスタジアムを沸かせたのは札幌。8分、右サイドに流れたチャナティップがクロスを送ると、これにゴール前のジェイが反応する。GKの飛び出しに動じることなく頭で合わせるが、惜しくもゴールマウス右に外れてしまう。 ▽しかし、ジェイがその直後のチャンスで高い決定力を見せつける。10分、荒野の浮き球パスに反応したジェイが甲府の最終ラインを突破。ボックス右深くの位置から鋭い寄せを見せた相手GKの股下を射抜くシュートを沈めた。 ▽ジェイのシーズン2点目で先制した札幌は、丁寧な繋ぎを見せる甲府の前にやや守勢に。26分には兵働昭弘の浮き球パスに相手の背後で反応したウイルソンが左足ダイレクトで合わせる。だが、ミートしきれない。 ▽後半も甲府ペースになるが、札幌も粘りを披露。動きの少ない展開となる。その中で、甲府は72分に右サイドを突破したウイルソンがクロス。これをボックス左で拾った途中出場の阿部が左足シュートを決め、甲府が追いつく。 ▽残留争いの大一番とも言えるこの試合を制すべく、終盤を迎えて激しい展開に持ち込んだ両雄だったが、1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わっている。 2017.08.13 14:55 Sun
twitterfacebook
thumb

柏木の芸術ループ弾を死守した浦和が甲府撃破! 関根ラストマッチを4試合ぶりの白星で飾る《J1》

▽9日に明治安田生命J1リーグ第21節のヴァンフォーレ甲府vs浦和レッズが、山梨中銀スタジアムで行われ、1-0で浦和が勝利した。 ▽ここまで4勝7分け9敗で14位につける甲府が、9勝3分け9敗で8位につける浦和をホームに迎えた。前節のガンバ大阪戦に1-0で勝利し、11試合ぶりの白星を飾った甲府は、その一戦と同様のメンバーでこの試合に臨んだ。 ▽一方、前節の大宮アルディージャとのダービーマッチを2-2のドローで終え、3試合白星がない浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。宇賀神とズラタンに代えてラファエル・シルバと出場停止明けの槙野を起用した。また、6日にドイツ2部のインゴルシュタットへの移籍が発表され、この一戦がラストマッチとなる関根は[3-4-2-1]の右サイドで先発した。 ▽連勝を目指す甲府と4試合ぶりの白星を目指す浦和の一戦は、開始からホームの甲府が積極的に敵陣へと侵攻する。対する浦和も時間の経過と共にボールを保持し始めるも、甲府の集中したディフェンスを前に、チャンスシーンを作ることができない。 ▽ここまで攻めあぐねる両者だが、関根を勝利で送り出したい浦和が、一瞬の隙を突いて先制する。19分、ボックス手前でボールを受けた柏木がラファエル・シルバとのワンツーでボックスやや左へと侵攻。そのまま左足でループシュートを放つと、柔らかいボールは右サイドネットへと吸い込まれた。 ▽欲しかった先制点を奪った浦和は、その後も攻勢を続けて追加点を狙う。対して、1点を追う甲府は33分、細かいパス回しからボックス右に侵攻したウィルソンが対峙した槙野の股を狙って右足を振り抜くが、これを読んでいた槙野が落ち着いて対処した。 ▽後半に入ると、1点ビハインドの甲府が浦和を押し込む。50分、CKのこぼれ球を受けた新里がボックス左手前からクロスを供給。これをファーサイドに田中がフリーで走り込むが、合わせることができない。 ▽押し込まれる時間帯が続いた浦和だったが71分、パスに抜け出した武藤がボックス左から右足でシュートを放つ。しかし、これはGK河田の正面に飛んでしまう。 ▽終盤、追いつきたい甲府は82分、自陣からのロングパスに抜け出したウイルソンがペナルティエリア内からシュート。これは相手DFに防がれるも、こぼれ球をドゥドゥがプッシュするが今度はGK西川にキャッチされてしまう。 ▽このピンチを防いだ浦和は83分、ラストマッチの関根を下げて駒井を投入した。その後、甲府はパワープレーで浦和ゴールへと迫るも、最後まで同点ゴールは生まれず、最後まで柏木のゴールを死守した浦和が4試合ぶりの白星を飾った。 2017.08.09 21:04 Wed
twitterfacebook
thumb

京都が甲府の現役J1最年長DF土屋征夫を期限付き移籍で獲得「全てをチームに尽くしていきたい」

▽京都サンガF.C.は8日、ヴァンフォーレ甲府のDF土屋征夫(43)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。背番号は41。契約により、今シーズンの甲府との公式戦には出場できない。 ▽土屋はヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)やヴィッセル神戸、柏レイソル、大宮アルディージャでプレーし、2013年から甲府に所属。甲府では2014年こそケガの影響で出場機会がなかったが、3シーズンに渡ってディフェンスラインを形成。しかし、今シーズンはここまでリーグ戦で出場機会がなかった。土屋は両クラブを通じてコメントしている。 ◆京都サンガF.C. 「このたび京都サンガF.C.に加入することになりました土屋征夫です。クラブの目標であるJ1昇格のために、自分の持てる力、経験、全てをチームに尽くしていきたいと思います。ファン・サポーターの皆さまに少しでも早く認めていただけるようプレーしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします」 ◆ヴァンフォーレ甲府 「甲府に来て4年半が経ちましたが、まずJ1の舞台で戦わせてくれたことに感謝したいと思います。甲府は良いチームで、フロント、現場のスタッフ、そしてチームメイト、素晴らしい仲間と一緒に戦えたことを誇りに思います。自分のサッカー人生の中で、素晴らしい時間でしたし、すべてに感謝したいと思います」 「ここで過ごした4年半の中で、試合に出ているとき、出ていないとき、怪我をしていたときにファン・サポーターのみなさんが僕を支え続けてくれたので、ここまでやってこれましたし、大怪我から復活もできたと思います」 「これから先も、今まで僕が歩んできたサッカー人生での経験、また、甲府で培ったことを自分のできる範囲で今までと変わりなく京都でも発揮したいと思います」 「最後に、今回は急な移籍となり、ファン・サポーターのみなさんにしっかりとした挨拶をすることが出来ず、本当に申し訳なく思っています。これからも自分なりに、サッカー人生を全うしていきたいと思います。4年半本当にありがとうございました」 2017.08.08 17:27 Tue
twitterfacebook
thumb

終盤にウイルソンが劇的弾! 7戦ぶりゴールの甲府がG大阪撃破で11戦ぶりとなる待望の白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第20節、ヴァンフォーレ甲府vsガンバ大阪が5日に山梨中銀スタジアムで行われ、ホームの甲府が1-0で勝利した。 ▽前節、鹿島アントラーズに0-3で完敗した15位甲府は、6戦連続無得点で10戦勝利なしと泥沼の状態が続く。11戦ぶりの勝利を目指すこのホームゲームに向けては、先発4人を変更。GKを岡から河田に変更したほか、古巣対戦の小椋がドゥドゥらと共に先発に復帰した。 ▽一方、前節首位セレッソ大阪との“大阪ダービー”に3-1で快勝した3位G大阪は、1試合未消化ながら首位チームとの勝ち点差を「6」に縮め、優勝争いに踏みとどまった。連勝を目指す今節に向けては、C大阪戦と同じスタメンを起用。デビュー戦でゴールを飾ったファン・ウィジョが長沢と2トップを組んだ。 ▽G大阪が押し込む入りが予想された中、最初の決定機は甲府に訪れる。3分、3バックの左から果敢に攻め上がったエデル・リマが田中とのワンツーでボックス内に侵入して左足を振り抜くが、これは枠の右に外れ、7試合ぶりのゴールとはならず。 ▽その後はボールを保持したG大阪が押し込む時間帯が続くが、自陣中央に人を割いて守る甲府の守備を前になかなか崩し切る形を作れず。藤本らのミドルシュートや長沢をターゲットにしたクロスからチャンスを窺うが、決定機までには至らず。 ▽前半終盤にかけても拮抗した展開が続く中、40分過ぎにはジャンプして着地の際に右ヒザを痛めた藤本がプレー続行不可能となり、アデミウソンが緊急投入された。45分にはこの交代で右サイドに移った倉田がゴール前でルーズボールを拾ってミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の右に外れた。 ▽ゴールレスで折り返した後半、甲府が立ち上がりから積極性を見せる。前線からのプレスを強めて主導権を掴むと、52分には島川がボックス手前からミドルシュートを放つが、これは枠を捉え切れない。さらに59分には松橋がアウトにかけたミドルシュートでゴールに迫るが、今度はGK東口のビッグセーブに阻まれた。 ▽一方、後半に入って流れが悪いG大阪は55分にアデミウソンの右クロスから長沢が際どいヘディングシュートを放つと、69分にもオ・ジェソクのクロスを長沢が落としたボールに反応したファン・ウィジョがボレーシュートも、いずれもゴールとはならない。 ▽試合終盤にかけて互いに交代カードを切った中、80分には甲府に決定機。途中出場でJ1デビューの曽根田のスルーパスに抜け出したウイルソンがボックス左で左足を振り抜くが、ここはGK東口の正面を突いた。それでも、11戦ぶりの勝利に向けて気迫を見せる甲府は88分、左サイドを攻め上がったエデル・リマからパスを受けたウイルソンがボックス左で鋭いカットインで米倉を振り切り、右足を一閃。これがゴール右隅に突き刺さった。 ▽今季PKによる1ゴールのみと苦しんだウイルソンの値千金弾で7試合ぶりのゴールを奪った甲府は、前半同様の粘り強い守備でG大阪の反撃を凌ぎ切り、試合はこのままタイムアップ。悩める助っ人ストライカーとチーム一丸となった戦いで格上撃破の甲府が、待望の11戦ぶりの白星を掴んだ。 2017.08.05 20:16 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース