群馬、MF横山翔平のクロアチア4部クラブ移籍を発表…昨季は町田に期限付き移籍2017.03.09 17:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は9日、MF横山翔平(23)がクロアチア4部リーグのNKメディムレクに移籍することを発表した。

▽群馬県出身の横山は2012年に前橋育英高校から群馬に入団。2016シーズンは期限付き移籍でFC町田ゼルビアに所属していた。

▽海外移籍することになった横山はクラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。

◆ザスパクサツ群馬
「ザスパクサツ群馬のサポーターの皆さん、関係者の皆さん、お久しぶりです。この度、クロアチアのチームに移籍することになりました。ザスパとゼルビアで培ったこれまでの経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます!これからも、僕のことを応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの、今後の発展を願っています!」

◆FC町田ゼルビア
「皆さん、お久しぶりです。昨シーズンは、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様に大変お世話になりました。今回、クロアチアリーグに挑戦することになりました。ザスパとゼルビアで培った経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます! これからも、応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの今後の発展を願っています」

コメント

関連ニュース

thumb

永井雄一郎、ACL優勝メンバーずらりの後半に「丸くなった選手もいたけど、懐かしかった」《鈴木啓太 引退試合》

▽『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。 ▽REDS LEGENDSの一員としてピッチに立った永井雄一郎は、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝時のメンバーが勢ぞろいした後半について、「丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」と振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆永井雄一郎(REDS LEGENDS)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170717_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──鈴木啓太という選手について</span> 「本当に真摯にサッカーに向き合う選手だった。全てにおいて真面目に取り組む選手だった」 <span style="font-weight:700;">──気を配れる選手だったとの評価をよく聞く</span> 「それは間違いない。『気がつく』、『気がつける』、人間だったと思う。そういうところがあるからプレーを表現できていたんじゃないかなと」 <span style="font-weight:700;">──10年ほど前の戦友と久々のプレー</span> 「今日だと、ACLを戦ったメンバー。あのピッチで景色の中にあの顔触れが入り込むと、丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」 <span style="font-weight:700;">──その当時からACL優勝から離れている</span> 「それがサッカー。でも、今年はチャンスだと思う。2007年にACL優勝して、2008年にガンバ大阪と対戦して、僕らが負けて、ガンバがそのまま優勝した」 「今回は、川崎フロンターレと対戦する。勝てれば、その勢いのまま優勝できるだろうし、ターニングポイントになると思う。本当に頑張って欲しい」 2017.07.18 01:38 Tue
twitterfacebook
thumb

群馬、松本からDFヨ・ソンへを獲得 「1日でも早くチームに慣れてチームの戦力に」

▽ザスパクサツ群馬は10日、松本山雅FCに所属する韓国人DFヨ・ソンへ(29)の完全移籍加入を発表した。背番号は「43」に決定した。 ▽ヨ・ソンへは、2010年のサガン鳥栖入り後、尚州尚武FC、慶南FCといった母国クラブを経て、今シーズンから松本でプレー。ここまで明治安田生命J2リーグ1試合、天皇杯1試合の出場を記録していた。 ▽わずか半年で新天地を求めることになったヨ・ソンへは両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ザスパクサツ群馬 「1日でも早くチームに慣れてチームの戦力になるように頑張ります。沢山の応援よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「松本山雅という素晴らしいチームでプレーできたことを光栄に思います。短い時間でしたが心から感謝します。そしてこれからも松本山雅を応援します」 2017.07.10 18:43 Mon
twitterfacebook
thumb

相模原が群馬のルーキーFW岩田拓也を育成型期限付き移籍で獲得「ゴールに直結するプレーで勝利に貢献したい」

▽SC相模原は5日、ザスパクサツ群馬のFW岩田拓也(22)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。背番号は「29」となり、群馬との公式戦には出場できない。期限付き移籍期間は、2017年7月5日から2018年1月31日まで。 ▽岩田は、FC東京U-15むさしからU-18へと昇格。明治大学へと進学し、今シーズンから群馬でプレー。ここまで公式戦の出場はなかった。岩田はクラブを通じてコメントしている。 ◆SC相模原 「この度、ザスパクサツ群馬からSC相模原に加入することになりました岩田拓也です。ゴールに直結するプレーでチームの勝利に貢献していきたいと思っています。応援のほど、よろしくお願いいたします」 ◆ザスパクサツ群馬 「この度、SC 相模原に期限付き移籍することになりました。ザスパクサツ群馬で学んだことや、経験を生かして、次のチームでは試合に出場できるよう日々の練習に励んでいきたいと思います。応援してくれた方々に、ひとまわり成長した姿をお見せできるよう頑張りますので、陰ながら見守っていただければ幸いです」 2017.07.05 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

群馬FW永井雄一郎に第三子が誕生!「より一層チームの力になれるよう努力していきたい」

▽ザスパクサツ群馬は27日、FW永井雄一郎に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。 ▽クラブの発表によると、永井の三女は6月25日(日)に誕生したとのことだ。永井はクラブを通じてコメントしている。 「この度、三女が誕生しました。より賑やかになった家族とともに、より一層チームの力になれるよう努力していきたいと思います」 2017.06.27 19:35 Tue
twitterfacebook
thumb

高崎のJ2通算50ゴールなどで松本が3戦ぶり白星! 群馬は3戦連続無得点で3連敗…《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節、ザスパクサツ群馬vs松本山雅FCが18日に正田醤油スタジアム群馬で行われ、アウェイの松本が2-0で勝利した。 ▽21位群馬と15位松本によるボトムハーフのチーム同士の一戦。徳島ヴォルティス、モンテディオ山形相手に2戦連続無得点で連敗の群馬は、カン・スイルがベンチ外となり、代わって松下が先発に復帰した。一方、前節水戸ホーリーホックに競り負けて2戦未勝利の松本は、後藤に代えて當間を3バックの一角で起用した以外、同じ先発の顔ぶれとなった。 ▽開始直後にセットプレーの流れから波状攻撃を仕掛けた松本は、石原がボックス外からミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の上に外れた。 ▽その後は群馬も鋭いカウンターから岡田がフィニッシュに絡むなど、きっちり押し返して拮抗した展開が続く。だが、19分に左サイドからのクロスに反応した高崎がDFに倒され、松本にPKが与えられる。キッカーの高崎が右を狙ったシュートはGK清水の見事な反応に阻まれるが、跳ね返りが運良く高崎の足元にこぼれると、今度は左足で冷静に流し込んだ。なお、高崎はこの得点でJ2通算50ゴールを達成した。 ▽ホームで先制を許す厳しい状況となった群馬だが、失点前と同様に縦への推進力のある攻めで同点ゴールを目指す。しかし、岡庭や高井のシュートはあと一歩で及ばない。逆に、松本得意のセットプレーからあわや追加点というピンチを招くが、ここは粘り強い守備で凌いだ。 ▽松本の1点リードで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。だが、60分に松本得意のセットプレーから2点目が生まれる。安川のロングスローを高崎が頭ですらすと、このボールは松下のクリアに遭う。だが、このクリアを拾った宮阪がペナルティアーク付近で放ったシュートがゴール右隅に決まった。 ▽ここ2戦無得点の中で2点のビハインドを負った群馬は、64分に岡田と阿部を下げて、出岡と石田を同時投入する2枚替えで試合の流れを変えにかかる。だが、石田や岡庭のシュートはなかなか枠を捉え切れない。80分にはボックス左で山岸が鋭いシュートを放つが、ここは相手GK鈴木の好守に防がれた。 ▽セーフティリードで危なげなく試合を運ぶ松本は、カウンターから効果的にチャンスを作る。しかし、高崎の鋭いシュートや宮阪の決定機は相手の守備に阻まれ、試合を決めることができない。それでも、最後まで安定した守備でリードを守り切った松本が2-0の快勝で3試合ぶりの白星を手にした。一方、試合終了後に主審への暴言で山岸が一発退場となるなど、後味の悪い幕切れとなった群馬は、3戦連続無得点の3連敗で降格圏脱出とはならなかった。 2017.06.18 21:33 Sun
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース