群馬、MF横山翔平のクロアチア4部クラブ移籍を発表…昨季は町田に期限付き移籍2017.03.09 17:55 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ザスパクサツ群馬は9日、MF横山翔平(23)がクロアチア4部リーグのNKメディムレクに移籍することを発表した。

▽群馬県出身の横山は2012年に前橋育英高校から群馬に入団。2016シーズンは期限付き移籍でFC町田ゼルビアに所属していた。

▽海外移籍することになった横山はクラブの公式サイトを通じて、以下のようにコメントしている。

◆ザスパクサツ群馬
「ザスパクサツ群馬のサポーターの皆さん、関係者の皆さん、お久しぶりです。この度、クロアチアのチームに移籍することになりました。ザスパとゼルビアで培ったこれまでの経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます!これからも、僕のことを応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの、今後の発展を願っています!」

◆FC町田ゼルビア
「皆さん、お久しぶりです。昨シーズンは、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様に大変お世話になりました。今回、クロアチアリーグに挑戦することになりました。ザスパとゼルビアで培った経験を活かして、海外で一生懸命頑張ってきます! これからも、応援してもらえたら嬉しいです。そして、ザスパクサツ群馬、FC町田ゼルビアの今後の発展を願っています」

コメント

関連ニュース

thumb

群馬がMF佐藤遵樹、MF志村駿太、MF早坂龍之介のtonan前橋への移籍を発表

▽ザスパクサツ群馬は18日、MF佐藤遵樹(23)、MF志村駿太(20)、MF早坂龍之介(23)が関東リーグ2部に所属するtonan前橋へ移籍することが決定したことを発表した。 ▽千葉県出身の佐藤は、今シーズンに専修大学から群馬にアマチュア契約で入団。しかし、ここまで公式戦での出場はなかった。群馬県出身の志村は、2016年に群馬の下部組織からアマチュア契約でトップチーム昇格。今シーズンは明治安田生命J2リーグに1試合出場していた。山梨県出身の早坂は、今シーズンに明治大学から群馬にアマチュア契約で入団。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。 ▽3選手の移籍について群馬のゼネラルマネージャーを務める菅原氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「選手の強化・育成において、公式戦における実戦経験が最も意義のある事と考え、昨年に引き続き今回の移籍を決定いたしました。関東リーグ2部公式戦で経験を積み、ザスパの戦力として復帰させる予定です」 2017.08.18 16:20 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬DF藤原雅斗とDF中村俊貴が関東2部のtonan前橋へ期限付き移籍

▽ザスパクサツ群馬は18日、DF藤原雅斗(23)とDF中村俊貴(24)が関東リーグ2部のtonan前橋へ期限付き移籍することが決定したことを発表した。移籍期間は両選手共に2017年8月18日から2018年1月31日まで。 ▽大阪府出身の藤原は、今シーズンに流通経済大学から群馬に加入。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はなかった。神奈川県出身の中村は、2016年にアマチュア契約で群馬に加入。同年3月にtonan前橋への期限付き移籍を経て、12月に群馬への復帰とプロ契約を果たしたが、今シーズンの公式戦での出場はなかった。 ▽群馬のゼネラルマネージャーを務める菅原氏は、両選手の期限付き移籍について以下のようにコメントしている。 「選手の強化・育成において、公式戦における実戦経験が最も意義のある事と考え、昨年に引き続き今回の移籍を決定いたしました。関東リーグ2部公式戦で経験を積み、ザスパの戦力として復帰させる予定です」 2017.08.18 16:11 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬退団の韓国人GKハン・ホドンが関東2部のtonan前橋加入決定

▽ザスパクサツ群馬は18日、韓国人GKハン・ホドン(21)の移籍先が関東リーグ2部のtonan前橋に決定したことを発表した。 ▽韓国出身のハン・ホドンは、今シーズンに韓国の韓国外国語大学校からアマチュア契約で群馬に入団。しかし、公式戦での出場はなく、7月に登録を抹消されていた。 2017.08.18 16:02 Fri
twitterfacebook
thumb

群馬GKハン・ホドンが登録抹消…今季から加入

▽ザスパクサツ群馬は21日、韓国人GKハン・ホドン(21)の登録を抹消したことを発表した。 ▽ハン・ホドンは、韓国外語大学から2017年に群馬に加入。しかし、公式戦の出場はなかった。なお、今後に関しては決定次第発表されるとのことだ。 2017.07.21 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

永井雄一郎、ACL優勝メンバーずらりの後半に「丸くなった選手もいたけど、懐かしかった」《鈴木啓太 引退試合》

▽『鈴木啓太 引退試合』が17日に浦和レッズの本拠地である埼玉スタジアム2002で行われた。REDS LEGENDS(浦和OB主体)vsBLUE FRIENDS(鈴木と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち)は、4-4のドローに終わっている。 ▽REDS LEGENDSの一員としてピッチに立った永井雄一郎は、2007年のAFCチャンピオンズリーグ優勝時のメンバーが勢ぞろいした後半について、「丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」と振り返った。 <span style="font-weight:700;">◆永井雄一郎(REDS LEGENDS)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20170717_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <span style="font-weight:700;">──鈴木啓太という選手について</span> 「本当に真摯にサッカーに向き合う選手だった。全てにおいて真面目に取り組む選手だった」 <span style="font-weight:700;">──気を配れる選手だったとの評価をよく聞く</span> 「それは間違いない。『気がつく』、『気がつける』、人間だったと思う。そういうところがあるからプレーを表現できていたんじゃないかなと」 <span style="font-weight:700;">──10年ほど前の戦友と久々のプレー</span> 「今日だと、ACLを戦ったメンバー。あのピッチで景色の中にあの顔触れが入り込むと、丸くなった選手もいたけど、あの距離感でプレーする風景が懐かしかった」 <span style="font-weight:700;">──その当時からACL優勝から離れている</span> 「それがサッカー。でも、今年はチャンスだと思う。2007年にACL優勝して、2008年にガンバ大阪と対戦して、僕らが負けて、ガンバがそのまま優勝した」 「今回は、川崎フロンターレと対戦する。勝てれば、その勢いのまま優勝できるだろうし、ターニングポイントになると思う。本当に頑張って欲しい」 2017.07.18 01:38 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース