超ワールドサッカー

讃岐を退団した韓国人MF韓昌柱が関東リーグのtonan前橋に完全移籍2017.03.09 11:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は9日、昨シーズン限りでチームを退団していた韓国人MF韓昌柱(ハン・チャンジュ/21)が関東サッカーリーグ1部のtonan前橋へ完全移籍することを発表した。

▽韓昌柱は、2016シーズンに漢陽工業高校から讃岐に入団。明治安田生命J2リーグで3試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

昨季限りで讃岐退団のDF小澤雄希が現役引退 「最高のサッカー選手人生でした」

▽カマタマーレ讃岐は24日、昨シーズンまで所属したDF小澤雄希(33)の現役引退を発表した。 ▽小澤は高校卒業後、オランダのセミプロチームでプレー。2008年にセレクションを経て水戸ホーリーホックに加わり、プロキャリアをスタートさせた。その後、湘南ベルマーレ、SC相模原を経て、2014年に讃岐入り。2016シーズン終了後に契約満了に伴い、讃岐を退団した。 ▽現役引退後、一般企業に就職することが決定している小澤は、讃岐の公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「私、小澤雄希は、プロサッカー選手を引退します。小さい頃から夢だった、サッカー選手。プロになるため遠回りもしたけれど、その夢を叶え、9年間ピッチで戦えたこと。まずは自分によく頑張った、30年間のサッカー生活お疲れさま、と言ってあげたいと思います。選手生活は、最高の瞬間ばかりではなく、最悪の瞬間も、失敗もたくさんありました。挫折しそうになる時もあったけれど、家族、サポーターの皆様含め、自分を支えてくれたすべての人から、チャレンジする勇気をもらい、何度も立ち向かうことができました」 「これからは、スポーツ界に携わる仕事に就きます。日本のスポーツ界をもっと盛り上げるため、1日でも早く活躍できるよう頑張ります。最後に、プロサッカー選手を目指す子どもたちへ。誰にでも、プロサッカー選手になれるチャンスはあります。夢を持ち続け、最後まで諦めずに目標に向かって頑張ってください。チャンスはどこに転がっているか分かりません。掴むのも自分、逃すのも自分。常に準備をしていれば、そのチャンスを掴むことができると、今までの経験から断言します」 「本当に、最高のサッカー選手人生でした。応援してくださった皆様。本当にありがとうございました! これからも、SNSは利用したいと思いますので、気軽に話しかけてくださいね。僕とかまあげさんのこと、時々は思い出してくれると嬉しいです。それでは、また会う日まで!」 2017.06.24 13:41 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐を下した大分が6試合ぶり白星《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第19節の大分トリニータvsカマタマーレ讃岐が17日に大分銀行ドームで行われ、2-1で大分が勝利した。 ▽ここまで7勝5分け6敗で11位の大分と、2勝7分け9敗で20位に低迷している讃岐が激突。試合は、13分に大分が均衡を破る。川西のパスから右サイドに抜けた岸田がグラウンダークロス。最後は正面の小手川が冷静にシュートを流し込み、大分がリードした。 ▽大分リードのまま迎えた後半、積極的に同点弾を狙う讃岐は、69分に追いつく。左からのクロスを受けた木島徹がペナルティアーク付近で仕掛けてミドルシュート。コースを突いたこのシュートがネットを揺らし、讃岐が1-1とした。 ▽追いつかれた大分だが、すぐさま突き放す。71分、左サイド深くから松本がクロス。正面で合わせた後藤のヘディングシュートはGK瀬口に弾かれるも、これが手前の中島に当たってゴールイン。オウンゴールで大分が再びリードを手にした。 ▽そのまま逃げ切った大分は、リーグ戦6試合ぶりの白星を手にしている。 2017.06.17 21:06 Sat
twitterfacebook
thumb

西弾で金沢撃破の讃岐が12試合ぶり白星!《J2》

▽11日にPikaraスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第18節のカマタマーレ讃岐vsツエーゲン金沢は、ホームの讃岐が1-0で勝利した。 ▽勝ち点10で21位につける讃岐と、同16で18位に位置する金沢という上位浮上を狙う両雄が激突した。試合は、序盤からアウェイの金沢のペースに。ボールポゼッションで讃岐を押し込み、ゴールに迫る。 ▽しかし、ゴールを割れずにいると、試合は徐々に讃岐の流れに。26分には左サイドからのクロスに反応した馬場がワンタッチシュートを放つ。これが枠内に飛ぶが、相手GKの好守に阻まれてしまう。 ▽迎えた後半もこう着状態が続いた試合は、68分に讃岐が先制する。渡邉がボックス右にボールを出すと、反応した仲間がヒールパス。この流れから西がシュートを放ち、GKに阻まれたボールを自らプッシュした。 ▽その後、今シーズン2度目の連勝が懸かる金沢の反撃を受けた讃岐だったが、踏ん張りの効いた守備で逃げ切り。西の一発で勝ちきった讃岐が第6節以来となる12試合ぶりの白星を手にした。 2017.06.11 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

讃岐、FW我那覇和樹ら3選手の負傷発表

▽カマタマーレ讃岐は5日、FW我那覇和樹が左大腿ハムストリング肉離れで全治約6週間と診断されたと発表した。 ▽クラブによれば、我那覇は5月9日のトレーニング中に負傷。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ5試合2ゴールを記録していた。 ▽また、クラブはGK清水健太、MF荻野広大の負傷も発表。前者が右小指PIP関節脱臼骨折で全治約3週間、後者が左肩関節脱臼で全治約4週間と診断されたことも併せて伝えている。 2017.06.05 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

福岡が前節の敗戦を払しょくして暫定ながらも首位に返り咲き!!《J2》

▽3日に明治安田生命J2リーグ第17節のアビスパ福岡vsカマタマーレ讃岐がレベルファイブスタジアムで行われ、3-1で福岡が勝利した。 ▽前節、下位のザスパクサツ群馬相手に6試合ぶりの失点を喫して敗れ、首位陥落となった2位の福岡(勝ち点30)が、徳島ヴォルティスとのダービーマッチをドローで終えて10試合未勝利となった21位の讃岐(勝ち点10)が対戦した。 ▽試合は福岡が前線のウェリントンをターゲットに長いボールを入れていくと、讃岐も前線の原に長いボールを入れるなど、お互いに似た入りとなった。すると4分、左サイドから攻撃を展開した福岡は、三門の折り返しにボックス内でフリーとなったウェリントンが左足でシュート。このファーストシュートがネットを揺らし、福岡が先制した。 ▽追いかける讃岐は7分、李栄直のロングフィードから左サイドで裏を取った仲間が折り返し。最後は西がボックス手前中央で合わせるが、ここは岩下が体を張ってブロックしたことでボールはゴールマウスに飛ばない。 ▽すると12分、左サイドの坂田がゴール前に入れたクロスはファーサイドに流れる。しかしこれを収めたジウシーニョが入れたマイナスのボールを、後方から走り込んだ山瀬が右足で押し込み、福岡が2点目を奪った。しかし讃岐も16分に高木のシュートが實藤の手に当たってPKを獲得。このチャンスを原がしっかりと決めきって1点を返した。 ▽嫌な流れの福岡だったが28分、左サイドのロングスローから實藤が左足でシュート。これはGKのセーブで防がれるが、こぼれたところを岩下がプッシュ。岩下の移籍後初ゴールで福岡が再び2点差とした。 ▽そのまま試合を折り返すと、追いかける讃岐が前線からプレスを仕掛けていく。48分には左サイドから攻め込み、こぼれたボールを渡邉がダイレクトで狙うが、ボールはゴールマウスの左隅にそれていった。 ▽一方の福岡は61分に坂田を下げてウィリアン・ポッピを投入。前線の3枚は外国人選手が並ぶこととなった。66分には右CKの流れからこぼれたボールを三門が狙うが、GKが正面でキャッチ。後半はスコアが動かないまま終盤に入っていった。 ▽讃岐は68分に決定機。左サイドからのクロスがファーサイドに流れて馬場の元へ。馬場は右足でダイレクトシュートを狙うが、GK杉山が好セーブで防いだ。しかし杉山はこのプレーで目から出血。シュートを放った馬場は杉山を気遣う場面を見せえた。杉山はプレー続行が不可能となり、福岡は兼田を送り出す。 ▽するとその兼田は82分、讃岐が右サイドのロングスローから最後は原に決定的なシュートを放たれるが、うまく飛び出してブロックする。その後、エブソンとウィリアン・ポッピがヒートアップする場面も見られ、両者にイエローカードが提示される。 ▽讃岐は82分に右CKから李栄直がヘディングでネットを揺らすが、GKチャージの判定でノーゴール。88分にも讃岐は左CKからエブソンがゴールマウス急襲のヘディングシュートを見舞うが、堤がライン上でクリアする。結局試合はそのまま終了を迎え、福岡が暫定首位となった。 2017.06.03 14:58 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース