超ワールドサッカー

讃岐を退団した韓国人MF韓昌柱が関東リーグのtonan前橋に完全移籍2017.03.09 11:41 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は9日、昨シーズン限りでチームを退団していた韓国人MF韓昌柱(ハン・チャンジュ/21)が関東サッカーリーグ1部のtonan前橋へ完全移籍することを発表した。

▽韓昌柱は、2016シーズンに漢陽工業高校から讃岐に入団。明治安田生命J2リーグで3試合に出場していた。

コメント

関連ニュース

thumb

群馬が逆転勝利を収め2連勝で最下位脱出! 敗れた讃岐が最下位に…《J2》

▽21日、明治安田生命J2リーグ第15節のカマタマーレ讃岐vsザスパクサツ群馬がPikaraスタジアムで行われ、1-2でアウェイの群馬が勝利した。 ▽ここまで14試合を終えて1勝6分け7敗の勝ち点9で降格圏21位に位置する讃岐と、2勝1分け11敗の勝ち点7で最下位に位置する群馬の一戦。両者降格圏脱出のために勝利が欲しい試合は、讃岐の原が8試合ぶりに先発出場、一方の群馬は、前節決勝ゴールを決めた新加入のFWカン・スイルが3試合連続先発出場を果たした。 ▽最初にシュートを放ったのは讃岐。3分、ロングスローのクリアボールを武田がシュート。しかし、これは枠を外してしまう。群馬はサイドからのクロスでチャンスを窺うも、讃岐守備陣がうまく対応し決定機とはならない。12分には讃岐が再びロングスローからチャンス。こぼれ球を高木がシュートも、力なくGK清水慶がキャッチする。 ▽25分、讃岐は原がドリブルで中央突破。ボックス内に侵入しシュートを放とうとするも、DFが間一髪クリアする。これで得たCKの流れから、最後はクロスをエブソンがヘッド。しかし、これは枠を捉えられない。 ▽それでも押し込む讃岐はロングスローからゴールを奪う。31分、武田のロングスローはGK清水慶がキャッチにいくも、これをファンブル。こぼれ球を拾った李栄直がクロスを上げると、DFがクリアも、こぼれ球に反応した原がボックス内右でゴールを背にしたまま反転ボレー。これが右隅に決まり、讃岐が先制する。 ▽先制を許した群馬だったが、前半のうちに同点に追いつく。41分、高橋がFKからゴール前にクロスを供給。DFがクリアするも、こぼれ球をボックス手前で待ち構えた高井が右足一閃。GK清水健の手を弾いたシュートがネットを揺らし、群馬が同点に追いつく。 ▽迎えた後半讃岐が両サイドを使って攻勢をかけるも、得点を奪うことができない。群馬は56分に岡庭に代えて鈴木を投入。するとこの交代が得点に繋がる。60分、鈴木がライナー性のクロスを上げると、競り合いのボールを繋ぎ、最後は岡田がボックス中央で胸トラップからジャンピングボレー。これがネットを揺らし、群馬が逆転に成功する。 ▽勢いにのる群馬は63分、ボックス手前ゴール正面でFKを得ると、鈴木が左足で直接狙うも、シュートは枠を越えていく。69分にはボックス内でパスをつなぐと、最後は山岸がシュート。しかし、これは右ポストに嫌われゴールとはならない。 ▽その後も主導権を握り続ける群馬は、讃岐に決定機を作らせず。結局そのまま試合は終了し、群馬が逆転勝利で連勝。讃岐を抜き、降格圏ながら21位に浮上。敗れた讃岐は最下位に転落した。 2017.05.21 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

イバ&佐藤弾の横浜FCが讃岐を下して首位浮上!《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC vsカマタマーレ讃岐が17日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-1で横浜FCが勝利した。 ▽ここまで7勝4分け2敗で2位につける横浜FCと、1勝6分け6敗で21位と苦しんでいる讃岐が対戦した。試合は、序盤に横浜FCがスコアを動かす。5分、ボックス右で仕掛けたジョン・チュングンが仕掛けのプレーから、李栄直のハンドを誘う。これで得たPKをイバが確実に決めて横浜FCがリードする。 ▽ハーフタイムにかけては、横浜FCがボールを支配し、押し気味に試合を進める。それでも、32分には讃岐がチャンスを迎える。ロングボールからセカンドボールに反応したボックス左の馬場がボレーシュート。これが、わずかに右のクロスバーをそれていく。 ▽ビハインドを背負った讃岐はハーフタイム明け、西に代えて仲間を投入。早々の48分には、左サイドから馬場が入れた低めのアーリークロスに、ゴールに背を向けたまま正面の森川がヒールで合わせる。巧みなシュートが枠に飛ぶがGKに処理される。 ▽54分には渡邉を下げて木島徹をピッチに送り出した讃岐は、73分に追いつく。左サイドから武田がロングスローをゴール前に入れると、ワンバウンドしてファーに流れたボールを馬場がプッシュ。良い流れを掴んでいた讃岐がスコアを1-1とする。 ▽しかし、3戦ぶり勝利を目指す横浜FCも諦めない。すると、87分に勝ち越しに成功する。途中出場の大久保からの落としを受けたボックス左の佐藤がコントロールシュート。これが決まり、横浜FCが再びリードする。 ▽結局、これが決勝点となり、横浜FCが勝利。他会場で首位の湘南ベルマーレが敗れたため、横浜FCが代わって首位に浮上した。 2017.05.17 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐vs東京Vは共に7戦ぶり無失点試合もゴールレスドロー《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第13節のカマタマーレ讃岐vs東京ヴェルディが13日にPikaraスタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽6戦未勝利(4敗2分け)の21位讃岐と、前節に首位横浜FCとの首位攻防戦を今季初のドローで終えた4位東京Vによる一戦。前節、京都サンガF.C.に0-1で競り負けた讃岐は、その試合から先発4人を変更。GKに清水を起用したほか、岡村、西が先発に戻り、木島徹に代わって今季初出場の森川が最前線に入った。一方、2試合ぶりの勝利を目指す東京Vは、横浜FC戦のメンバーから梶川に代わって、アラン・ピニェイロが先発に復帰。また、負傷明けのドウグラス・ヴィエイラがベンチに入った。 ▽前から圧力をかけてくるホームチームに対して、アウェイの東京Vがやや受けに回る入りとなる。7分と18分にはセットプレーから李栄直のヘディングシュート、永田亮のミドルシュートでゴールを脅かすが、ここはGK柴崎のビッグセーブに阻まれる。 ▽一方、時間の経過と共にボール支配率を高めて相手を押し込む東京Vだが、引いて堅固なブロックを形成する相手の守備をなかなか崩し切れない。それでも、39分にはバイタルエリアで縦に仕掛けた高木善が狙い澄ました右足のミドルシュートを放つが、枠の右を捉えたシュートはGK清水の好守に遭う。さらに前半終了間際にはセットプレーの波状攻撃から高木善、安西にシュートチャンスも、いずれも枠に飛ばせず、前半はゴールレスで終了した。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半もボールを保持する東京Vと、堅守速攻の讃岐という構図の下で前半同様に拮抗した展開が続く。51分にはロングスローの流れから橋本がボレーシュートを狙うが、このシュートはわずかに枠の右に外れる。 ▽敵地から勝ち点3を持ち帰りたい東京Vは、梶川、ドウグラス、渡辺とフレッシュな選手をピッチに送り出し、攻勢を強める。61分には相手CKから高速カウンターを発動も、梶川から高木善へのラストパスはオフサイドの判定。その後も攻撃に厚みを加えて、ゴールを目指すが、集中した讃岐守備陣を崩し切れない。 ▽一方、こちらも勝利がほしい讃岐は、馬場と木島徹というベテランアタッカーをピッチに送り出し、ゴールを目指す。75分過ぎにはセットプレーからエブソン、森川、82分には木島徹と馬場のコンビで決定機を作るが、シュートが枠に飛ばない。試合終盤にかけては再び東京Vが押し込む展開も、守護神の清水を中心に讃岐が守り切り、試合は0-0のままタイムアップ。 ▽共に7試合ぶりのクリーンシート達成もホームの讃岐は7戦未勝利、アウェイの東京Vも鬼門の地四国で勝ち点1を持ち帰るに留まり、2戦連続ドローで上位浮上のチャンスを逃した。 2017.05.13 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐DF市村篤司が左ハムストリング肉離れで全治約6週間…松本戦で負傷

▽カマタマーレ讃岐は8日、DF市村篤司の負傷を発表した。 ▽市村は、4月29日に行われた明治安田生命J2リーグ第10節の松本山雅FC戦で負傷。検査の結果、左ハムストリング肉離れと診断され、全治は約6週間の見込みとのことだ。 ▽今シーズン横浜FCから加入した市村は、ここまでのJ2で10試合に出場していた。 2017.05.08 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

京都が闘莉王弾を守り切り5戦無敗…敗れた讃岐は6戦未勝利《J2》

▽7日に明治安田生命J2リーグ第12節の京都サンガF.C.vsカマタマーレ讃岐が京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われ、1-0で京都が勝利した。 ▽前節の名古屋グランパス戦を1-1の引き分けで終え、無敗を4試合に伸ばした京都が、前節のジェフユナイテッド千葉戦で1-1と引き分け、5試合勝利から遠ざかっている讃岐を迎えた一戦。京都はハ・ソンミンに変えて望月を先発起用。讃岐は2選手を変更し、李栄直、エブソンが先発に復帰した。 ▽13分、ボックス左でボールを受けた岩崎がドリブル突破からボックス内でシュート。しかし、これはGKがセーブする。14分には左サイドからのクロスをボックス内右で闘莉王がシュート。しかし、これはDFがクリアする。 ▽16分、讃岐は右CKを得ると、高木のクロスを木島徹がニアでヘッド。鋭いボールが枠を捉えるも、GK菅野が好セーブを見せて得点とはならない。押し込む展開だった讃岐だが18分にアクシデント。ケヴィン・オリスと競り合った際に中島が右肩を負傷。治療を行うもそのまま下がり、岡村と交代する。 ▽讃岐がペースを握る展開だったが、中盤から徐々に京都が盛り返す。すると36分、左サイドで得たFKから石櫃がクロス。ゴール前で本多が競ると、、シュートがクロスバーに嫌われるも闘莉王がすかさず頭で詰めて、京都が先制する。 ▽讃岐ペースで進みながらも先制した京都は44分、ハーフウェイライン付近のFKから石櫃が前線にボールを送ると、ボックス内左でケヴィン・オリスがヘッド。しかし、シュートはわずかに枠を外れる。 ▽京都の1点リードで迎えた後半、立ち上がりに攻め立てたのは京都。52分、岩崎のクロスのこぼれ球に反応した小屋松がボックス内でダイレクトシュート。しかし、GK瀬口がこれはセーブする。 ▽讃岐は55分に木島徹に代えて我那覇を投入。69分にはエブソンを前線に上げ、1点を奪いに行く。すると71分、そのエブソンが競り合いでファウルを受けてボックス手前でFKを獲得。これを高木が直接狙うも、シュートは枠を越えてしまう。 ▽攻め手が無い讃岐は77分、審判への侮辱行為をとられたケヴィン・オリスが一発退場となり数的優位に立つと、ここから徐々に京都ゴールに迫っていく。80分にはロングスローを入れるも闘莉王がクリア。83分には右CKから高木が好クロスを送るもGK菅野がセーブする。 ▽京都はユース出身の麻田をデビューさせ、下畠を1列上げて守備を立て直す。結局その後は讃岐も攻め切ることができずに試合終了。数的不利になりながらも闘莉王のゴールを守った京都が無敗を5試合に伸ばした。 2017.05.07 17:59 Sun
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース