なでしこが終了間際の失点で10人のオランダに敗戦...高倉体制初の国際大会を6位で終える《アルガルベカップ2017》2017.03.09 02:23 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(日本女子代表)は6日、ポルトガルで開催されているアルガルベカップ2017の5位決定戦でオランダ女子代表と対戦し、2-3で敗れた。

▽グループBを2勝1敗の2位で終えたなでしこは、グループCを同じく2勝1敗の2位で終えたオランダ女子代表と激突した。今大会最後となる一戦になでしこは、6日のノルウェー女子代表戦からメンバーを4人変更。GK池田咲紀子と千葉園子、籾木結花らに代えて、GK山下杏也加と鮫島彩、長谷川唯らを起用した。

▽なでしこは開始直後にオランダに右サイドを突破され、いきなりゴール前に迫られるなど、不安定な立ち上がりを見せるが、その後は徐々に持ち直し始める。すると8分、なでしこがオランダゴールに迫る。中島がボックス右外からシュート性のクロスを供給すると、ファン・デル・グレースのクリアがバーに直撃した。

▽敵陣に侵攻する回数が増えてきたなでしこだが13分、オランダにセットプレーから先制点を許してしまう。左CKをGK山下杏也加が果敢な飛び出しでパンチングを試みるも、これを失敗。すると、ゴール前混戦からこぼれ球をデッカーに押し込まれる。さらに18分、ワンツーからファン・デ・サンデンに右サイドを突破されると、ボックス内への侵攻を許してしまう。最後はラストパスをマルテンスにゴールに流し込まれた。

▽立て続けに2失点してしまったなでしこは、すぐさま反撃に出る。19分、長谷川のパスを受けた横山がワンタッチで反転すると、ボックス手前から右足を振り抜く。このシュートがGKゲルツの頭上を越え、ゴールネットに突き刺さった。

▽1点を返して勢いづくなでしこは30分、ハーフウェイライン付近の阪口が右サイドに展開すると、中島が反応。ボックス右から侵攻し、GKとDFの間に鋭いクロスを送る。これに走りこんだ横山が合わせるも、ミートできず。好機を活かせなかったなでしこが1点ビハインドで試合を折り返す。

▽後半開始から高倉監督は、高木と川村に代えて、宇津木と佐々木を投入。守備の修正を図る。この交代で安定感の増したなでしこに追い風が吹く。61分、相手最終ラインでパスを受けて反転した田中が倒されると、M・ファン・デン・ベルグが2枚目のイエローカードで退場となる。

▽数的有利となったなでしこは68分、左サイドを突破した鮫島からボックス左の田中が右足を振り抜いて、ゴールを脅かす。さらに74分、鮫島からのパスを受けた横山がボックス左手前からダイレクトでゴール右上隅を狙うもわずかに外れる。

▽その後も猛攻を仕掛け、オランダゴールに迫るなでしこは迎えた77分、サイド攻撃からオウンゴールを誘発する。途中投入の籾木が左サイドでパスを受けると、鋭いクロスを供給。すると途中投入のS・ファン・デン・ブルクがクリアしきれず、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。

▽同点に追いついて以降、幾度もなくゴール前に迫るも、オランダ守備陣の牙城を崩せないなでしこ。すると、オランダに一瞬の隙を突かれる。後半アディショナルタイム2分、カウンターからミエデマが右サイドでボールを受けると、粘りながらもボックス右を突破。最後はゴール前で強引に左足を振り抜くと、ブロックに入ったなでしこDFに当たったボールがゴールラインを割った。

▽結局、試合はそのまま終了。数的有利の状況を活かせず、痛恨の劇的弾を浴びたなでしこが2-3で敗戦。高倉体制初の国際大会は6位で終了した。

コメント

関連ニュース

thumb

本田圭佑、3大会連続得点&アシスト記録! ベッカム&ロッベンらに続く歴代6人目の達成者に!

▽日本代表MF本田圭佑が、W杯歴代6人目の偉業を成し遂げた。 ▽日本は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節でセネガル代表と対戦。この日ベンチスタートだった本田は1-2のビハインドの状況で72分から途中出場を果たすと、78分にボックス左の乾の折り返しを押し込んで同点ゴールを奪った。 ▽試合はこのまま2-2の引き分けに終わったが、本田はこれで3大会連続で得点とアシストを記録。イギリス『BBC』によると、1966年大会以降、6人目の達成者となったようだ。 ▽本田は自身初出場となった2010年の南アフリカ大会で初戦のカメルーン代表戦で決勝点を記録。第3戦のデンマーク代表戦では直接FKでのゴールと、FW岡崎慎司へのアシストを記録していた。2014年のブラジル大会でも初戦のコートジボワール戦でゴールをマーク。第3戦のコロンビア代表戦で岡崎のヘディングシュートをクロスから演出した。 ▽今大会では初戦のコロンビア戦でFW大迫勇也のヘディングシュートを左CKからお膳立て。そして今回のセネガル戦でのゴールで3大会連続のゴール・アシスト達成者となった。1966年以降のこれまでの達成者は元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン、ガーナ代表FWアサモア・ギャンのほか、元ポーランド代表FWグジェゴシ・ラトー氏、元ドイツFWルディ・フェラー氏がいる。 2018.06.25 09:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【日本代表ターニングポイント】西野采配的中! システム変更&選手交代で勝ち点1奪取

▽日本代表は、24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2戦でセネガル代表と対戦。2点ずつを取り合い、2-2のドローに終わった。 ▽互いに初戦で勝利していた両国にとって、この試合は大きな意味を持っていた。敗れれば厳しい状況に、逆に勝利すればグループステージ突破の可能性もあった試合。両者の勝利への思いが、試合にも表れ、好ゲームとなった。 <span style="font-weight:700;">◆冷静に対応した日本</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽立ち上がり、セネガルは積極的に試合に入り、前線からのプレス、そしてボール奪取からの素早い攻撃を仕掛けた。しかし、初戦に勝っていたからか、日本は慌てることなく対応。一対一の局面では何度か突破されるシーンがあったものの、決定機を作らせるまでには至らなかった。 ▽しかし、耐える時間でもあった中、日本は残念な形で失点。正面のシュートをGK川島永嗣がパンチング。しかし、これがFWサディオ・マネに当たりゴールネットを揺らした。 ▽アンラッキーとも言える失点だったが、日本は冷静に対応した。攻撃時にはシステムを若干変更。MF長谷部誠を最終ラインへと入れ、3バックに。MF柴崎岳がアンカーのポジションに入り、両サイドバックが高い位置を取った。これが1つ目の“ターニングポイント”だ。 ▽柴崎がボールを持ち、周りを見る時間が増えた。そこから同点ゴールが生まれる。34分、柴崎のロングフィードにDF長友佑都が最終ラインの裏で反応。そこからボックスに侵入すると、ボールを失ったかに見えたが、持ちこたえ、こぼれ球を拾ったMF乾貴士がコースを狙ってネットを揺らした。 <span style="font-weight:700;">◆本田圭佑、岡崎慎司の投入</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽1-1で迎えた後半、またしてもセネガルにリードを許す。すると、西野朗監督は選手交代。FW岡崎慎司を準備していたが、MF本田圭佑に変更。その直後に岡崎を投入し、流れが変わった。 ▽ボックス手前でFW大迫勇也がボールを受けると、そのままキープしクロス。これに岡崎が飛び込むと、中央でGKと交錯して潰れる。流れたボールに反応した乾が、ライン際でマイナスのパスを送ると、岡崎が再び合わせに動き、最後は本田が蹴り込んで同点となった。 ▽本田は、コロンビア戦のアシストに続いて、決定的な仕事をこなし、自身3大会連続ゴールを記録。岡崎も、持ち前のボールへの執着心を見せ、陰ながらアシストした。 ▽西野監督の選手交代がズバり当たり、日本は2-2のドロー。第3戦でグループステージ突破を懸けて、敗退が決定したポーランド代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆選手、監督が持つ自信</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180625_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽2試合で4ゴール。コロンビア戦は同点に追いつかれてからの勝ち越し、セネガル戦は2度リードを許してからの追い付きを見せた。下馬評が高くなかった日本にとっては、1勝1分けという結果は悪くない。そして、苦境に立たされても盛り返す力は、自信が大きいだろう。 ▽西野監督は、2試合続けて選手交代で流れを変えて結果を掴んだ。選手たちも、それぞれが持ち味を出し、それぞれの特徴を生かしてゴールを奪っている。試合を重ねるごとに増していく自信。過信にならなければ、2大会ぶりのベスト16は見えてくるはずだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.06.25 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

日本がベスト16に進む条件は!? ポーランドに負けても可能性あり

▽24日、日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2戦でセネガル代表と対戦。2-2のドローに終わった。 ▽初戦を勝利で終えていた日本とセネガルは勝ち点4で並んでいる状況。そして、24日の27時から行われたポーランド代表vsコロンビア代表は0-3でコロンビアが勝利。この結果、ポーランドのグループステージ敗退が決定した。 ▽日本、セネガル、コロンビアの3カ国が2つの枠を争うグループH。最終戦で全てが決まるが、日本がベスト16に進出する条件を整理したい。 ■パターン①:日本勝利 ▽まずは日本が、ポーランド相手に勝利した場合だ。この場合、日本は勝ち点を7まで伸ばすこととなる。セネガルは勝ち点4、コロンビアは勝ち点3となっており、両国共に日本を上回ることが無いため、日本のラウンド16進出が決定する。 ■パターン②:日本引き分け ▽日本が引き分けた場合はどうだろうか。この場合、日本の勝ち点は5となる。仮に、セネガルが勝利した場合は、セネガルが勝ち点7となり、日本は2位でグループステージ突破が決まる。コロンビアが勝利した場合でも、コロンビアの勝ち点が6、日本は5のため、2位でのグループステージ突破となる。 ■パターン③:日本敗戦 ▽最後のパターンは日本がポーランドに敗れた場合だ。その場合、日本の勝ち点は「4」のままだ。この場合、日本が突破する条件の1つはセネガルが勝利することだ。セネガルが勝利すれば、セネガルの勝ち点は「7」、コロンビアは「3」のまま。日本を勝ち点で抜くことができず、日本のグループステージ突破が決定する。 ▽また、セネガルが負けた場合は勝ち点「4」で並び、日本とセネガルの得失点差勝負となる。ここまでは全く同じ成績を残している2カ国だけに、互いに敗れることとなれば、いかに得失点差を抑えて負けるか。さらに、得失点差で並んだ場合は総得点となるため、いかに点を取って負けるかも重要だ。例えば、1-0で負けた場合は得失点差がマイナス「1」されるが、2-1であれば、得失点差は同じくマイナス「1」であることに加え、総得点は「1」プラスされる。 ▽順位決定が勝ち点、得失点、総得点の順となるため、セネガルと細かい数字の勝負となる。 ▽ちなみに、引き分けに終わると、日本とコロンビアが勝ち点で並ぶが、コロンビアが得失点差で現状上回っているため、日本の3位転落となり、グループステージ敗退となる。 ▽つまり、日本はポーランド相手に引き分け以上の結果を残せば、自動的にベスト16入りが決定する。一方で、ポーランドに敗れた場合でも、セネガルがコロンビアに勝利すれば決定だ。運命の第3戦は28日(木)23時から行われる。 2018.06.25 06:55 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン紙「日本は苦しみに耐える力と誇りを示した」…採点では乾貴士や本田圭佑らを評価、川島永嗣は0点

24日に行われたロシア・ワールドカップのグループH第2節、セネガル対日本は2-2のドローに終わった。スペインのスポーツ紙『マルカ』の採点で、日本は得点を記録したMF乾貴士、MF本田圭佑らを評価している。<br><br>『マルカ』はその試合レポートで、セネガルが日本に二度追いつかれたことを取り上げられて「セネガル、日本の誇りとぶつかる」との見出しをつけた。本文では「アフリカ人たちは決定力を示したが、日本の苦しむに耐える力と誇りを前には不十分だった」と記している。<br><br>さらに3点満点の選手採点では日本、セネガルともに3点はなく、両監督含めてそれぞれ5人ずつに2点を付けている。日本では乾や本田らに2点の評価となり、最初の失点の原因となったGK川島永嗣は0点だった。日本の採点は以下の通り。<br><br>&nbsp;<br><br>GK<br><br>1 川島永嗣 0点<br><br>&nbsp;<br><br>DF<br><br>5 長友佑都 2点<br><br>19 酒井宏樹 1点<br><br>3 昌子源 1点<br><br>22 吉田麻也 1点<br><br>&nbsp;<br><br>MF<br><br>7 柴崎岳 1点<br><br>8 原口元気 1点<br><br>&rarr;9 岡崎慎司 1点<br><br>10 香川真司 1点<br><br>&rarr;4 本田圭佑 2点<br><br>14 乾貴士 2点<br><br>&rarr;11 宇佐美貴史 採点なし<br><br>17 長谷部誠 2点<br><br>&nbsp;<br><br>FW<br><br>15 大迫勇也 1点<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.25 06:46 Mon
twitterfacebook
thumb

西野朗監督、強豪セネガル相手の価値あるドローに「3戦目に間違いなく有効な結果」《ロシアW杯》

▽日本代表は24日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループH第2節でコロンビア代表と対戦した。 ▽2-1で勝利した初戦のコロンビア代表戦と同じメンバーで臨んだ第2戦は、2度に渡ってリードを許す苦しい展開となったものの、MF乾貴士とFW本田圭佑のゴールで2度に渡って追いつき2-2のドローで試合を終えた。 ▽試合後、公式会見に出席した西野朗監督の質疑応答は以下の通り。 ――この勝ち点1をどう評価するか。ハーフタイムにはどんな指示を出したか? 「非常にタフなゲームは想定していましたし、事実そういう内容、結果になってしまった。2度追いついたというのは粘り強く戦えたと思いますし、そう簡単に勝てる相手ではなかった。そういう中先制を受けた中で、その後のゲーム展開が非常に落ち着いてできたというか。ある程度、自分たちの狙いとするところがリードされてから、組み立てや中盤の構成がとれた。それが追いついた。ドローにならなくても自分たちの時間を作れた。選手たちはこのリズム、このテンポ、この戦い方を失点してから感じたと思う。ハーフタイムを迎える中で選手たちは非常に自信に満ちていた。ボールも回せており、チャンスも作れた。非常にポジティブ、さらに改善、こういうもらい方などをやろうと後半に入っていった」 「自分の中では勝ち切らないといけないので、第1戦と同じメッセージを出した。グラウンダーのボールを出していけば、またチャンスが増えていくとうこと。このゲームに関しては勝ち切りたい後半を考えていた。ただ、2度追いついた中で最後に宇佐美か、あるいは抑えにいくそういう選手を投入するかというチョイスがあったが、勝ちに行きたいという選択をした。そのうえでの勝ち点1なので、これは高く評価したいと思う。セネガルは非常にタフなチームで、結果に関しては次に繋がる内容、結果としていかないといけない」 ――2度リードを許した中で、最後までに本田、岡崎、宇佐美と3枚の交代を切った中、その局面局面で与えたメッセージや意図は? 「3人ともオフェンシブな選手であることが間違いない。あとはタイミングの問題で自分の中ではベストな切り方。結果論だが、3人ともオフェンシブな得点を取りに行く。(本田)圭佑に関しては得点を取るためにポジションをセンターからワイドに移した。そういう中での多様性をしっかりと出して圭佑が、ああいう結果を出した。宇佐美に関しては先ほど話したように少し考えた。ただ、やはり勝ち切りたい、追いついて引き離したいという思いの中でワンチャンスあると思いアイツを出しました。そのタイミングが、非常にスタートのメンバーがリズム良くやっていて後半半ばも自分たちの時間帯が続いていた。ピッチにオフェンシブなメッセージを送る、それを最後まで送り続けたいと思っていた」 ――今日勝ち切れないと3試合目が敗者復活になると話していたが、現在はどのように捉えているか、また突破に向けてのイメージは? 「そう簡単に、グループステージを2つで抜けるというのは、最高レベルの目標設定。初戦を取ったということで、2戦目におけるアグレッシブさや執着心、ポイント3に執着して戦う中で、3戦目を待たずにやるチャンスの中で、今日勝利して勝ち点6にして待ちたい。それは叶わなかったが、3戦目に間違いなく有効な結果、チームにもたらす今の有効なものをもたらした結果だと思う。敗者復活のゲームではなく、しっかりとトップで通過できる状況がまだあるゲームと考えたい」 ――体格で上回る相手にもきっちりとビルドアップやポストワークで起点ができていたことは大きな収穫だと思うが 「まさにその通りだと思う。キックオフしてボールが半回転した時点で、彼らのフィジカルの強さや速さを感じた。開始10分ほどはあの長友でさえ、並走しても振り切られる。ウチの左サイドですら、そういうスピードにやられるのではないかというところもあった。ただ、そこから修正できて、やられた部分もあるが、(柴崎)岳にしても、ハセ(長谷部)にしても苦しいタイミングでのアプローチでアングルが悪くても体をくっつけて自由にさせない。そういうのを徐々に慣れてきたというか、そういう対応を覚えてきたというか、その部分を肯定的に考える。そういうコンタクト、ボールスピードに慣れていく時間帯があった。これは好転していくだろうなという感じはあった。そういう感覚があった中で得点できた。ある程度、セネガルの個の部分、フィジカルに対する対応は選手が覚えたと思う。それが終盤にも。徐々に日本の選手たちの方が走れていたと思うし、勝ち切りたいというのは当然起こること」 ――1失点目に関してはミスが重なったように感じ、GKの不安定さを2試合通じて感じるが、監督としてはどう感じているか? 「今も、ここに来る前にその局面の話をしていたぐらいで。難しい対応ではなかったと思う。それをああいう判断をした、非常に残念ではある。ただ、その後のリカバーはやはり(川島)永嗣らしい。修正してピンチも救った。間違いなく彼も悔やんでいると思うし、連続してというところもあるがトータル的に考えてというところ。ただ、もう少し、しっかりと分析しないといけない」 ――マネをうまく抑えると言っていたがその手ごたえは? 「昨日も、彼を抑えるということももちろん大事だが、それに関しては酒井宏樹がある程度抑えて、彼のトップパフォーマンスは引き出させなかったと感じている。ただ、彼によって他の選手の躍動感が出てくるところを警戒していた。そういう意味では前半の序盤は少し自由に、彼を中心に自由に動かしてしまったかなとは思う。ただ、彼自身への対応は悪くなかったと思う」 2018.06.25 06:00 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース