15位低迷マラガで今季2度目の監督交代! ロメロ解任でマドリーOBのミチェル氏を招へい2017.03.07 22:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは7日、マルセロ・ロメロ監督(40)の解任および、ミチェル氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2017-18シーズン終了までとなる。

▽今シーズン、ファンデ・ラモス監督の下でシーズンをスタートしたマラガだが、昨年12月末に同監督がクラブと双方合意の下で契約を解消。その後、アシスタントコーチを務めていたロメロ監督が暫定指揮官に就任も、以降はリーグ戦1勝7敗3分けと大苦戦。チームはファンデ・ラモス体制での11位から、降格圏と7ポイント差の15位まで順位を落としていた。

▽この成績不振を理由に、マラガはロメロ監督の更迭に踏み切り、今回ミチェル新監督の招へいを決断した。

▽なお、現役時代にレアル・マドリーで“キンタ・デル・ブイトレ”の一員として、同クラブの黄金期を支えたミチェル氏は、指導者としてはヘタフェやセビージャ、オリンピアコスの監督を歴任。2016年4月まではマルセイユで指揮を執っていたが、シーズン途中に解任の憂き目に遭っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

アトレティコがグリーズマン弾で新スタジアムのこけら落としを白星で飾る《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは16日、リーガエスパニョーラ第4節でマラガを新スタジアムのワンダ・メトロポリターノに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節バレンシア戦では決め手を欠いてゴールレスドローに終わったアトレティコは、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のローマ戦もゴールレスドローに終わった。そのローマ戦のスタメンから2選手を変更。ビエットとサビッチに代えてコレアとリュカを起用した。 ▽グリーズマンとコレアが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだアトレティコが、[4-5]の守備ブロックを形成するマラガ相手に押し込んでいく展開となる。 ▽しかし、スペースを消すマラガの守備網を攻略できず、なかなかシュートシーンを生み出せない。すると37分に大ピンチ。カウンターを受け、ボックス左への侵入を許したボルハにシュートされたが、GKオブラクがファインセーブで防いだ。結局、枠内シュート1本に抑え込まれたアトレティイコは前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半からトーマスに代えてカラスコを左サイドに投入したアトレティコは、48分にそのカラスコがドリブルシュートに持ち込む。 ▽続く51分にはサウールがミドルシュートでGKを強襲してゴールに近づいていくと、61分に均衡を破った。右サイドからのコレアのクロスに反応したグリーズマンが右足ボレーでゴール右に流し込んだ。 ▽その後はマラガをいなし時間を消化。90分のD・ロランの枠内シュートをGKオブラクが好守で防いだアトレティコが1点のリードを守り切って新スタジアム初戦を白星で飾っている。 2017.09.17 05:55 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルドーがウルグアイ代表FWロランと2年間の契約延長…今季はマラガにレンタル

▽ボルドーは27日、ウルグアイ代表FWディエゴ・ロラン(24)との2年間の契約延長を発表した。契約期間は2020年6月30日までとなる。また、今シーズンはマラガへとレンタル移籍することも発表している。 ▽ロランは、ウルグアイのデフェンソールでキャリアをスタート。2013年1月にボルドーへと移籍していた。ボルドーでは公式戦149試合に出場。リーグ・アンでは121試合に出場し33ゴール12アシスト、ヨーロッパリーグでは12試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 ▽また、2014年9月からウルグアイ代表としてプレー。これまで25試合に出場し4ゴールを記録している。 2017.08.28 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

トゥベンテがマラガから元モロッコ代表FWを1年間のレンタル移籍で獲得

▽トゥベンテは24日、マラガに所属する元モロッコ代表FWアドナン・ティガドウイニ(24)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「34」に決まっている。 ▽フィテッセの下部組織出身であるティガドウイニは、2014年1月にトップチームデビュー。2014年1月にフリートランスファーでNACへ加入すると、2015年1月にはマラガに完全移籍を果たす。その後、トルコのカイセリシュポルへのレンタル移籍を経て、昨シーズンはレンタルでフィテッセに復帰。昨シーズンは公式戦32試合で7ゴール2アシストを記録している。 ▽トゥベンテへの加入が決定したティガドウガイニは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「オランダで再びプレーすることにとても興奮しているよ。昨シーズン、僕はフィテッセでKNVBカップを制すことができ、素晴らしいシーズンを過ごしたけど、もっとうまくいくと思っているよ。今シーズンはトゥベンテでそれを証明したいね」 2017.08.24 08:34 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン紙、マラガ戦の乾貴士にチーム最高点の評価「厚顔無恥なプレー」

エイバルは21日に行われたリーガエスパニョーラ開幕節、敵地ロサレダでマラガと対戦して1-0と勝利した。この試合で先発したMF乾貴士に、スペインメディアからは高い評価が下されている。<br><br>スペイン『マルカ』は、決勝点を記録したFWシャルレス・ディアス、GKマルコ・ディミトロビッチ、乾にエイバルの選手の最高点となる2点(3点満点)を付けた。<br><br>寸評では、「素晴らしいラストパスを何本か送った。ペナルティーエリア外からのミドルシュートを打つ意欲さえあった。彼は厚顔無恥だった」と記載されている。<br><br>また、17分に左サイドでロングボールを巧みにコントロールしてマラガDFロサーレスを抜き去って乾のプレーについては、「記憶に残るプレーで足跡を残した」として、次のように評している。<br><br>「日本人選手は、エイバルで際立った選手の一人だった。前半には、味方からのロングボールに対して、スペクタクルなコントロールを見せて主役になった。終始ロサーレスにとって危険な存在となっていた」<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.22 22:02 Tue
twitterfacebook
thumb

乾が開幕戦フル出場! エイバルが白星スタート《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第1節のマラガvsエイバルが21日に行われ、1-0でエイバルが勝利した。エイバルのMF乾貴士はフル出場した。 ▽昨季のリーガ最終節でバルセロナを相手に“ゴラッソ”2発を叩き込んだ乾は、エイバルでの3シーズン目を迎え、[4-4-2]の中盤左サイドで先発出場。チームの中心選手であるMFペドロ・レオンを負傷で欠く中、昨季を10位で終えたエイバルは同11位のマラガの本拠地に乗り込み、新シーズンをスタートさせることとなった。 ▽サイド攻撃を主軸として積極的な入りを見せたエイバルだったが、この試合最初の決定機を迎えたのはマラガだった。11分にボックス手前中央でパスを受けたファンピは、ワントラップでセンターバックとサイドバックの間に割り込む。素早く左足を振り抜くとGKの反応は遅れたが、ボールは枠を外れた。 ▽それでも、17分には味方のロングパスを上手くコントロールして収めた乾が、ドリブルで突破を図りボックス内左に侵攻。グラウンダーのクロスを入れたが、飛び込んだシャルレスのシュートはGKに阻まれた。20分にも、乾のクロスからシャルレスにチャンスが訪れたが、得点には至らなかった。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、お互い大きなチャンスは訪れず。前線からの激しいプレスを継続したエイバルがやや優勢気味に進め、試合を折り返した。後半に入ると、57分にエイバルが先制点を奪い切った。ホセ・アンヘルが左サイドからクロスを供給。走り込んだ古巣対戦のシャルレスが、高い打点からヘディングシュートを放ち、ネットを揺らした。 ▽得点後のエイバルはややペースダウン。プレスの位置を下げてカウンター主体の戦い方にシフトした。78分には、ショートカウンターからボックス内左でボールを持った乾がシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽追いつきたいマラガは攻勢を強めたが、決定的なシーンを作り出すことはできず。試合はこのまま終了。シャルレスが古巣相手に決めた得点を守り抜き堅実に試合を締めたエイバルが、白星で新たなシーズンをスタートさせることとなった。 ▽また、同日行われたレバンテvsビジャレアルでは試合終了間際のPKをモラレスが沈め、昨季2部優勝の昇格組レバンテが1-0で白星スタートを飾った。 2017.08.22 06:59 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース