15位低迷マラガで今季2度目の監督交代! ロメロ解任でマドリーOBのミチェル氏を招へい2017.03.07 22:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは7日、マルセロ・ロメロ監督(40)の解任および、ミチェル氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2017-18シーズン終了までとなる。

▽今シーズン、ファンデ・ラモス監督の下でシーズンをスタートしたマラガだが、昨年12月末に同監督がクラブと双方合意の下で契約を解消。その後、アシスタントコーチを務めていたロメロ監督が暫定指揮官に就任も、以降はリーグ戦1勝7敗3分けと大苦戦。チームはファンデ・ラモス体制での11位から、降格圏と7ポイント差の15位まで順位を落としていた。

▽この成績不振を理由に、マラガはロメロ監督の更迭に踏み切り、今回ミチェル新監督の招へいを決断した。

▽なお、現役時代にレアル・マドリーで“キンタ・デル・ブイトレ”の一員として、同クラブの黄金期を支えたミチェル氏は、指導者としてはヘタフェやセビージャ、オリンピアコスの監督を歴任。2016年4月まではマルセイユで指揮を執っていたが、シーズン途中に解任の憂き目に遭っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

エイバル乾にスペイン紙が決定力不足を指摘も「存在感の欠けた選手ではない」

エイバルでプレーするMF乾貴士の決定力不足についてスペイン紙『マルカ』が指摘しながら、決して存在感の欠けた選手ではないとしている。<br><br>乾はスペインでの2シーズン目を迎えている。開幕前には10ゴールを約束しながら、リーグ戦の半分以上を終えても、いまだゴールを記録できていない。『マルカ』は「フィニッシュは乾の課題となっている。ここ数カ月の勢いをゴールにつなげられていない。メンディリバル監督は乾の貢献を喜んでいるが、彼が相手GKと対峙するときに苦しむことも意識している」と指摘する。<br><br>またエイバルSDフラン・ガラガルサも同様に、スペイン『ラディオ・マルカ』とのインタビューで、乾の決定力の欠如を指摘していた。<br><br>「彼に欠けているのは決定力だ。素晴らしいプレーを見せるが、フィニッシュまで持ち込むことに苦労を強いられている。ただ、それでも彼は素晴らしいプロフェッショナルだよ」<br><br>しかし、ガラガルサが最後に付け加えたように乾は決してスペインで軽んじられている選手でも、存在感をなくしている選手でもない。『マルカ』もそれを強調するように、乾のエイバルでの貢献を以下のように記した。<br><br>「ゴール欠乏症にかかっていようとも、彼はシーズン後半戦からチームに素晴らしく貢献している。べべの加入により控えになると思われた日本人選手だが、左サイドを自分のものとするためにその出場機会を生かし切った。リーグ戦ここ15試合では13試合で先発し、ベティス戦、アトレティコ戦のパフォーマンスはここイプルーア(エイバル本拠地)で忘れられないものとなっている」<br><br>「前フランクフルトMFはその才能と守備の献身性でチームに貢献しており、エイバルファンにとって存在感の欠けた選手ではない。乾はファンの心の特別な場所に存在しているのだ。乾はまだバスク語を話せない。が、もうエイバルという町の人間なのである」<br><br><br>提供:goal.com 2017.02.26 17:45 Sun
twitterfacebook
thumb

乾フル出場のエイバルがマラガに3発圧勝! 主砲セルジ・エンリクが今季10点目!《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第24節、エイバルvsマラガが25日にエスタディオ・ムニシパル・デ・イプルーアで行われ、ホームのエイバルが3-0で快勝した。エイバルのMF乾貴士はフル出場を果たした。 ▽前節のセビージャ戦に敗れて連勝が「3」でストップした7位エイバルは、仕切り直しを図る今節で13位マラガをホームに迎えた。注目の先発メンバーでは、セビーャ戦で出場機会のなかった乾がセルジ・エンリクやペドロ・レオンと共にスタメン入りした。 ▽立ち上がりからボールを保持するエイバルは、自陣に引いて守備を固めるマラガに対して、サイドバックの攻撃参加で数的優位を作ってサイドアタックを繰り出していくが、中央をきっちり締められてなかなかフィニッシュまで持ち込めない。25分にはカウンターから右サイドでためを作ったペドロ・レオンのクロスにファーサイドの乾が飛び込むが、わずかに届かない。 ▽その後も素早い守備から攻撃への切り替えで主導権を渡さないエイバルは、鋭いショートカウンターを繰り出していく。37分には再びペドロ・レオンの右サイドからのクロスにファーの乾が飛び込むが、わずかに届かない。逆に、40分には縦パス一本に抜け出したミカエル・サントスにボックス右でシュートを許すが、これはサイドネットを叩いた。 ▽このままゴールレスでハーフタイム突入と思われた前半終了間際の43分にようやく試合が動く。セカンドボールを拾った波状攻撃でカパとペドロ・レオンのパス交換から、巧みにラインブレイクしたセルジ・エンリクにカパのスルーパスが通る。そして、ボックス右でDFとGKを引きつけたセルジ・エンリクからプレゼントパスを受けたゴール前のアドリアン・ゴンサレスが難なくワンタッチで流し込んだ。 ▽流れるような連係から前半のうちにリードを奪ったエイバルは、後半立ち上がりに畳みかける。50分、カパのロングボールに抜け出したペドロ・レオンが右サイドを持ち上がってボックス内に抜け出すと、深い切り返しで相手DFフアン・カルロスのファウルを誘い、PK獲得。これをキッカーのアドリアン・ゴンサレスが 冷静に右隅へ流し込み、開始早々に追加点を奪取。さらに直後の52分には左サイドでアルビージャが上げた絶妙なクロスをボックス中央のセルジ・エンリクが豪快なダイレクトボレーで流し込み、今季のリーグ戦10点目を記録した。 ▽今季未勝利のアウェイで痛恨の3点ビハインドを負ったマラガは、ケコ、デュダを下げてオンティベロス、シャルレスを続けて投入した。 ▽余裕の試合展開の中で何とか目に見える結果がほしい乾は、65分にボックス手前からミドルシュートを狙う。これがゴール左隅を捉えるが、GKカメニがわずかに触ったボールは左ポストを叩き、待望の今季初ゴールとはならず。 ▽その後、70分過ぎにマラガのロサレスが2枚目の警告を受けて退場となったことで、試合の大勢は決す。最後まで危なげない試合運びでマラガに圧勝のエイバルは、リーグ戦2試合ぶりの勝利を手にすると共にヨーロッパリーグ出場権内の6位ビジャレアルとの暫定勝ち点差を1ポイントに縮めている。 2017.02.26 06:32 Sun
twitterfacebook
thumb

マラガがベネズエラ代表MFファンピと2021年まで契約延長、契約解除金は約24億円

▽マラガは15日、ベネズエラ代表MFファンピ・アニョル(23)と2021年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から3年延長した格好で、契約解除金は2000万ユーロ(約24億円)に設定されている。 ▽2009年からマラガのカンテラでプレーする攻撃的MFのファンピは、2014年8月にトップチームデビューし、昨季主力に定着。今季もここまでリーガエスパニョーラで20試合に出場して2ゴールをマークし、主力として活躍している。 2017.02.16 03:26 Thu
twitterfacebook
thumb

レスターのルイス・エルナンデスがマラガへ完全移籍

▽マラガは24日、レスター・シティのスペイン人DFルイス・エルナンデス(27)を完全移籍で獲得したと発表した。 ▽レアル・マドリーの下部組織出身であるルイス・エルナンデスは右サイドバックとセンターバックをこなすDF。スポルティング・ヒホンで頭角を現し、2016年夏にフリーエージェントでレスターに加入していた。しかし、レスターでは公式戦9試合の出場に留まり、レギュラーでプレーすることはできていなかった。 ▽19試合を終えた段階で14位に位置するマラガは今冬、アルゼンチン代表DFマルティン・デミチェリスを獲得し、守備陣の強化に努めている。 2017.01.25 03:26 Wed
twitterfacebook
thumb

主将S・ラモス2発のマドリーが苦しみながらも公式戦の連敗ストップ《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第19節、レアル・マドリーvsマラガが21日にサンチャゴ・ベルナベウで行われ、マドリーが2-1で勝利した。 ▽前節、2位セビージャとの頂上決戦に敗れ、公式戦40戦無敗がストップすると共に今季初黒星を喫したマドリーは、ミッドウィークのコパでもホームでセルタ相手に苦杯を舐め、ジダン体制で初の連敗を喫した。無敗ストップの影響を引きずるチームは、再びホームで行われる今節で公式戦4連敗の13位マラガを相手に連敗ストップを目指した。ジダン監督は直近のセルタ戦から先発3人を変更。GKにケイロル・ナバスが戻り、ダニーロとアセンンシオに代わってナチョ、ベンゼマが先発に復帰した。 ▽引いたアウェイチームに対して、マドリーが一方的に押し込む展開が予想されたものの、序盤からカウンターの打ち合うオープンな展開が続く。12分にはクロースのスルーパスに抜け出したクリスティアーノ・ロナウドがGKカメニと一対一を迎えるが、ここは名手カメニの好守に阻まれる。直後の16分にはボックス手前でマラガのチョリ・カストロが鋭い右足のシュートを放つが、ここは右ポストに阻まれた。 ▽その後も相手の鋭いカウンターに晒されてチョリ・カストロ、フォルナルスに際どいシュートを許すなど、苦戦が続くマドリーは、25分にアクシデントが発生。守備の局面で左足を痛めたマルセロがプレー続行不可能となり、イスコとの交代でピッチを後に。この交代でルーカス・バスケスが右サイドバックに下がり、ナチョが左サイドバックにスライド。トップ下にイスコが入る[4-3-1-2]の布陣に変更した。 ▽公式戦連敗の中でカルバハルに続きマルセロまで離脱を強いられたマドリーに嫌な空気が流れるが、頼れるカピタンがこの窮地を救う。35分、右CKの場面でクロースがアウトスウィングで入れたクロスをセルヒオ・ラモスが高い打点のヘディングで合わせ、マラガゴールをこじ開けた。 ▽このゴールでようやく重圧から解き放たれたマドリーは、43分にもクロースとセルヒオ・ラモスのホットラインから追加点を奪取。相手陣内左サイドで得たFKの場面でクロースがインスウィングのクロスを入れると、タイミング良くゴール前に飛び出したセルヒオ・ラモスが右足で流し込んだ。 ▽セルヒオ・ラモスの2ゴールで余裕を持って後半に臨んだマドリーは、危なげなく試合をコントロールしていく。だが、C・ロナウドがなかなか良い形でフィニッシュに絡めない場面が目立つなど、攻撃が機能しない。 ▽すると63分、左サイドを突破したフアン・カルロスに強烈なシュートを浴びると、これはGKケイロル・ナバスがセーブするが、こぼれ球をボックス内で拾ったファンピに蹴り込まれて、1点を返される。さらに直後にもチョリ・カストロに際どいシュートを許すが、ここはケイロル・ナバスの好守で何とか凌いだ。 ▽再び点差を広げたいマドリーは74分に久々の決定機。相手GKカメニがバックパスの処理を誤り、ゴールライン手前で何とかかき出したボールをC・ロナウドが拾うも、シュートはカメニに阻まれる。直後の75分にはボックス右でボールを受けたC・ロナウドが右足を振り抜くが、今度は左ポストにシュートを当ててしまう。 ▽その後、モドリッチとベンゼマを下げてコバチッチ、モラタを投入して逃げ切りを図るマドリーは、81分に再び絶好の追加点のチャンスを迎えるが、この試合フィニッシュの精度を欠いたC・ロナウドが再びGKカメニの好守に阻まれる。それでも、前半のリードを何とか守り切ったマドリーが、苦しみながらも公式戦の連敗をストップし、リーガ首位キープに成功した。 2017.01.22 02:27 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース