超ワールドサッカー

15位低迷マラガで今季2度目の監督交代! ロメロ解任でマドリーOBのミチェル氏を招へい2017.03.07 22:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは7日、マルセロ・ロメロ監督(40)の解任および、ミチェル氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2017-18シーズン終了までとなる。

▽今シーズン、ファンデ・ラモス監督の下でシーズンをスタートしたマラガだが、昨年12月末に同監督がクラブと双方合意の下で契約を解消。その後、アシスタントコーチを務めていたロメロ監督が暫定指揮官に就任も、以降はリーグ戦1勝7敗3分けと大苦戦。チームはファンデ・ラモス体制での11位から、降格圏と7ポイント差の15位まで順位を落としていた。

▽この成績不振を理由に、マラガはロメロ監督の更迭に踏み切り、今回ミチェル新監督の招へいを決断した。

▽なお、現役時代にレアル・マドリーで“キンタ・デル・ブイトレ”の一員として、同クラブの黄金期を支えたミチェル氏は、指導者としてはヘタフェやセビージャ、オリンピアコスの監督を歴任。2016年4月まではマルセイユで指揮を執っていたが、シーズン途中に解任の憂き目に遭っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

サンドロの売却を見込むマラガ、今夏一挙7選手を補強か...狙うはホセル、メレ、ロベルトら

マラガは今夏、補強に積極的な動きを見せそうだ。<br><br>マラガは昨季センセーショナルな活躍を見せたFWサンドロ・ラミレスを、この夏600万ユーロで売却することを見込んでいる。ミチェル監督はこの資金も利用して守備陣と前線を補強する考えだ。<br><br>GKカルロス・カメニの放出を望むマラガは、エスパニョールGKロベルト・ヒメネス獲得に動いている。すでに選手とは個人合意に至っており、残すはクラブ間合意のみ。一方でカメニはフェネルバフチェ(トルコ)移籍に向かっている。<br><br>守備陣では、昨年レスター・シティから獲得したDFルイス・エルナンデスとCBでコンビを組む選手を探している。スポルティング・ヒホンのU-21スペイン代表DFホルヘ・メレ、ストーク・シティDFマルク・ムニエサが候補に挙げられているとされる。<br><br>最大の懸念材料はサンドロの抜ける前線だ。ポールポジションに立つのはストークFWホセル。スウォンジー・シティFWボルハ・バストン、ウェストハムFWホナタン・カジェリ、ベティスFWアレックス・アレグリアにも関心を寄せている。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.21 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、今季16発の元バルサFWサンドロ・ラミレスを獲得か

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は17日、U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)がエバートン移籍を報じた。伝えられるところによれば、エバートンは契約解除金525万ポンド(約7億4000万円)を支払うことになるようだ。 ▽サンドロ・ラミレスに関しては、今夏のアトレティコ・マドリー移籍が決定的と伝えられてきた。しかし、アトレティコ・マドリーはファイナンシャル・フェアプレー(FFP)違反で制裁中。そのため、今夏に加入したとしても試合に出場できない。そういった背景もあり、サンドロ・ラミレスの移籍先が一転してエバートンに変わったものとみられる。 ▽ポーランド開催のU-21欧州選手権2017に臨むスペイン代表にも参加しているバルセロナ下部組織出身のサンドロ・ラミレスは、2015-16シーズンのトップチーム昇格を経て、2016年夏にマラガ入り。加入初年度の昨シーズンは公式戦31試合16ゴール3アシストの好成績を収めた。 2017.06.18 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコ加入が噂されたサンドロ・ラミレス、一転してエバートン移籍か!?

▽マラガのU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)が、エバートンのメディカルチェックを受けるためにマージーサイドに現れたようだ。『フットボール・エスパーニャ』が報じている。 ▽今シーズンにバルセロナからマラガに加入したサンドロ・ラミレスは、チームの主力としてリーグ戦30試合で14ゴールを奪う活躍を見せた。 ▽そんな同選手は先日、アトレティコ・マドリーのメディカルチェックにパスしたと『マルカ』によって報じられた。しかしアトレティコは、国際サッカー連盟(FIFA)からの移籍禁止処分が確定したため今夏の移籍市場で選手登録を行えない。そのため、サンドロ・ラミレスが加入しても来年1月までは公式戦でプレーすることができない状況となっている。 ▽アトレティコ移籍へと近づいていると言われたサンドロ・ラミレスだが、『フットボール・エスパーニャ』によるとその報道の数日後、マージ―サイドで目撃されたという。同メディアによると、エバートンへの移籍が進んでいるようでメディカルチェックを受けるために渡英したようだ。 ▽情報が錯綜しているサンドロ・ラミレスの移籍だが、果たして来シーズンはどこのユニフォームを身にまとうことになるのだろうか? 2017.06.13 10:11 Tue
twitterfacebook
thumb

マラガFWサンドロ・ラミレスがアトレティコのメディカルチェックをパスか

▽選手登録禁止処分が下され、今夏の選手補強ができないアトレティコ・マドリーだが、マラガのU-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)がメディカルチェックをパスしたようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽FIFAによる選手登録禁止処分が下され、先日はCAS(スポーツ仲裁裁判所)への上訴も棄却されていた。 ▽選手登録が不可能であっても、選手を獲得することは可能なアトレティコ。『マルカ』によると兼ねてから獲得の噂があったサンドロ・ラミレスがマドリッドでのメディカルチェックを受けたとのことだ。 ▽残されているのは、サンドロ・ラミレスの契約解除条項を払うこと、そして来年1月までサンドロ・ラミレスがどこでプレーするかということだ。2015年にバルセロナがトルコ代表MFアルダ・トゥラン、スペイン代表DFアレイシ・ビダルを獲得した時と同じ状況であり、選手の獲得は問題ないため移籍自体は実現する可能性が高いとみられている。 2017.06.04 10:57 Sun
twitterfacebook
thumb

サンドロ・ラミレスはアトレティコ移籍へ…代理人がクラブと交渉

▽マラガの元U-21スペイン代表FWサンドロ・ラミレス(21)がアトレティコ・マドリー入りに近づいているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽バルセロナの下部組織のサンドロ・ラミレスは、今シーズンからマラガでプレー。リーガエスパニョーラで30試合に出場すると14ゴールを記録。マラガの攻撃を牽引していた。 ▽出場機会を求めてバルセロナを去ったサンドロ・ラミレスにとって、移籍は大成功だったと言える。そして、サンドロ・ラミレスの代理人を務めるヒネス・カルバハル氏が22日にビセンテ・カルデロンを訪問。アトレティコと交渉をしていたようだ。 ▽しかし、アトレティコはFIFAから移籍禁止処分が下されており、このままでは今夏の選手補強が不可能となる。現在は、CAS(スポーツ仲裁裁判所)に控訴しており、処分の撤回を待っている状況だ。 ▽なお、リヨンのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとは個人合意に達しているとも報じられており、アトレティコとしては処分撤回の吉報が待たれるところだ。 2017.05.23 17:23 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース