15位低迷マラガで今季2度目の監督交代! ロメロ解任でマドリーOBのミチェル氏を招へい2017.03.07 22:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは7日、マルセロ・ロメロ監督(40)の解任および、ミチェル氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は2017-18シーズン終了までとなる。

▽今シーズン、ファンデ・ラモス監督の下でシーズンをスタートしたマラガだが、昨年12月末に同監督がクラブと双方合意の下で契約を解消。その後、アシスタントコーチを務めていたロメロ監督が暫定指揮官に就任も、以降はリーグ戦1勝7敗3分けと大苦戦。チームはファンデ・ラモス体制での11位から、降格圏と7ポイント差の15位まで順位を落としていた。

▽この成績不振を理由に、マラガはロメロ監督の更迭に踏み切り、今回ミチェル新監督の招へいを決断した。

▽なお、現役時代にレアル・マドリーで“キンタ・デル・ブイトレ”の一員として、同クラブの黄金期を支えたミチェル氏は、指導者としてはヘタフェやセビージャ、オリンピアコスの監督を歴任。2016年4月まではマルセイユで指揮を執っていたが、シーズン途中に解任の憂き目に遭っていた。

コメント

関連ニュース

thumb

ここ8戦で7勝の絶好調ベティスがEL出場を確定⦅リーガエスパニョーラ⦆

▽ベティスは4月30日、リーガエスパニョーラ第35節でマラガをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。 ▽前節アトレティコ・マドリー戦をゴールレスドローで終えたものの、ここ7試合を6勝1分けと絶好調な5位ベティス(勝ち点56)が、降格の決まっている最下位マラガ(勝ち点20)をホームに迎えた一戦。 ▽ホームチームのベティスがボールを保持する展開となると、18分に決定機。左サイドからのクロスのルーズボールを拾ったボックス右のバラガンがDFをかわしてシュート。しかし、バーを直撃した。 ▽すると直後、マラガに先制を許す。ネスティリにディフェンスライン裏を取られ、GKとの一対一を制された。 ▽失点後、ドゥルミジのシュートでゴールに迫ったベティスは、25分に試合を振り出しに戻した。ホアキンとのワンツーでボックス左に侵入したドゥルミジが右足でネットを揺らした。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続き、42分にはネスティリに枠内シュートを打たれたベティスだったが、GKがセーブして前半を1-1で終えた。 ▽後半に入って圧力を強めたベティスだったが、シュートに持ち込めずにいたことから56分にブデブスに代えてロレンを投入。 ▽それでも膠着状態が続き、苦戦していたベティスだったが、73分に逆転する。グアルダードのパスを受けたファビアン・ルイスがボックス手前右から左足を一閃。コントロールされたシュートがゴール左に決まった。 ▽終盤にかけてはベティスが試合をコントロール。2-1のまま勝利し、6位以上を確定させて来季のヨーロッパリーグ( EL)出場を決めている。 2018.05.01 06:10 Tue
twitterfacebook
thumb

残留争いライバルに土壇場被弾のマラガが2007–08以来のセグンダ降格…《リーガエスパニョーラ》

▽リーガエスパニョーラ第33節、レバンテvsマラガが19日に行われ、ホームのレバンテが1-0で勝利した。この結果、最下位マラガは5節を残してのセグンダ降格が決定した。 ▽降格圏ギリギリの17位レバンテ(勝ち点31)と、最下位マラガ(勝ち点17)による残留争い直接対決。マラガは今回の直接対決で引き分け以上の結果を残さない限り、降格が決定する絶体絶命の状況だった。 ▽試合は互いに負けたくないという意識が働き、ゴールレスのまま試合終盤へと突入。しかし、引き分け濃厚と思われた最後の最後に悲劇的な結末が待っていた。 ▽93分、ボックス左に抜け出したルキッチの折り返しをゴール前に詰めたE・ボアテングが相手DFと交錯しながらも泥臭く押し込んでホームのレバンテに劇的な先制点が生まれた。そして、試合はこのままタイムアップ。試合終了間際の土壇場被弾で敗れたマラガのセグンダ降格が決定した。 ▽2005–06シーズンにプリメーラ最下位でセグンダAに転落したマラガは、2007–08シーズンのセグンダAを2位で終えてプリメーラに復帰。以降は9シーズンに渡ってプリメーラ残留を果たしてきた。さらに、マヌエル・ペジェグリーニ監督の下、MFイスコやFWルート・ファン・ニステルローイ、GKウィリー・カバジェロ、DFナチョ・モンレアル、MFサンティ・カソルラなどを擁した2011-12シーズンにはリーガ4位でチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得の偉業も果たした。その翌年のCLではベスト8進出も果たしていた。 ▽しかし、ここ数年はオーナーでカタール人実業家シェイク・アブドゥラ・ビン・ナッサル・アル・タニ氏の杜撰なクラブ経営の影響で徐々に競争力を落とすと、今季はミチェル前監督、ホセ・ゴンサレス現監督指揮下で4勝24敗5分けと低迷。そして、今回のレバンテ戦での悲劇的な敗戦によって10シーズンぶりの降格となった。 2018.04.20 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マラガ戦2点目を決めたカセミロ、お膳立てしたイスコを称賛「彼の魔法を楽しまなくては」

15日のリーガ・エスパニョーラ第32節、レアル・マドリーは敵地ラ・ロサレダでのマラガ戦を2&minus;1で制した。チームの2点目を決めたMFカセミロは、ゴールをお膳立てしたMFイスコに称賛の言葉を送っている。スペイン『マルカ』が伝えた。<br><br>カセミロはこの試合の62分、ペナルティーエリア内でイスコの横パスを枠に押し込み、チームの2点目を記録。試合後、FKから先制点も記録したイスコについて次のように述べた。<br><br>「イスコは僕たちにとって大切な選手だ。彼の魔法を楽しまなくては。マラガはイスコの古巣で、ここの人々は彼に愛情を感じている。そのことにも喜びを感じるよ。ゴラッソ、アシストと、彼は素晴らしい試合を演じた」<br><br>レアル・マドリーでアンカーを務めるカセミロだが、今季は公式戦7得点と後方から効果的な飛び出しを見せている。<br><br>「僕はチームを助けるために働いている。中盤の簡単ではないポジションでね」<br><br>「僕たちはマドリーのエンブレムを付けているわけだし、すべての試合に勝たなければならない」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.17 00:13 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコの古巣マラガに対する1G1Aで勝利のレアル・マドリーが3位浮上《リーガエスパニョーラ》

▽レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第32節でマラガとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 ▽前節アトレティコ・マドリーとのダービーを1-1で引き分けて4位に後退したレアル・マドリー(勝ち点64)は、4日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のユベントス戦では大苦戦を強いられながらも試合終了間際のC・ロナウドのPK弾で辛くもベスト4進出を果たした。そのユベントス戦のスタメンから6選手を変更。C・ロナウドやモドリッチ、ベイルが欠場となって、マルセロとクロースがベンチスタートとなった。 ▽前日の試合でバレンシアがバルセロナに敗戦したことで勝利すれば3位浮上となる一戦。最下位マラガ(勝ち点17)に対し、3トップに右からL・バスケス、ベンゼマ、アセンシオ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにイスコとコバチッチを配す[4-3-3]で臨んだマドリーが仕掛けていく展開で推移していく。 ▽そのマドリーは16分にL・バスケスの右クロスにコバチッチがヘディングシュートでゴールに迫ると、23分にはイスコのラストパスからL・バスケスが際どいシュートを浴びせていった。すると29分、ボックス手前中央で得たFKをイスコがゴール左に沈めた。 ▽イスコの古巣に対するゴールで先制したマドリーは、その後もイスコが貪欲にゴールに迫っていったが、追加点を奪うには至らず前半を終えた。 ▽後半もマドリーが敵陣でポゼッションする流れとなると、63分に追加点を奪った。カゼミロがインターセプトからそのまま前線へ。ベンゼマ、イスコとつながって最後はゴール前に走りこんでいたカゼミロが押し込んだ。 ▽余裕のマドリーはアセンシオ、イスコを下げて、セバージョス、マジョラルを投入していく。イスコがピッチを後にする際にはマラガサポーターから大きな拍手が送られた。 ▽終盤にかけてもボールを動かしてマラガをいなしたマドリーが2点をリードしたまま追加タイムへ。試合終了間際にバジェホのクリアミスからロランにゴールを許したものの、2-1で試合を終えたマドリーが3位に浮上している。 2018.04.16 05:38 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシ欠く首位バルサ、10人の最下位マラガに快勝! 終盤主力休ませチェルシー戦へ準備完了《リーガエスパニョーラ》

▽バルセロナは10日、リーガエスパニョーラ第28節でマラガとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 ▽前節アトレティコ・マドリーとの頂上対決を1-0で制し、無敗を保つ首位バルセロナ(勝ち点69)が、リーガ5連敗中で11試合勝ちのない最下位マラガ(勝ち点13)の本拠地に乗り込んで行った一戦。 ▽バルセロナは前節からスタメンを2名変更し、イニエスタ、メッシに代えて、パウリーニョ、デンベレを起用。なお、メッシは妊娠中の妻、アントネラ・ロクソさんの付き添いのために招集メンバーから離脱となった。 ▽試合は序盤からバルセロナが主導権を握って進行するが、[4-4-2]の3ラインを敷くマラガの守備に苦しみ、危険なエリアに迫ることができない。10分には右サイドでFKを獲得したが、コウチーニョの入れたボールは味方には合わない。 ▽13分、ボックス手前でパウリーニョからのパスを受けたスアレスが、鋭い切り返しでDFミケルをかわす。そのままボックス内に侵攻して放ったシュートはGKロベルトのファインセーブに阻まれたものの、徐々にチャンスが生まれ始める。 ▽すると15分、左サイドを駆け上がったジョルディ・アルバがアーリークロスを供給する。反応したスアレスがうまくDFミケルのマークを外し、ヘディングシュートでネットを揺らした。 ▽さらに28分、デンベレがボックス右から中央に折り返すと、ニアに飛び込んだのはコウチーニョ。ヒールでフリックするような形でシュートを放ち、ファーに流し込んだ。 ▽劣勢に立つマラガは30分、ジョルディ・アルバの背後から足裏を見せるスライディングを敢行したサムエル・ガルシアが、一発レッドで退場。不用意なプレーにより、マラガは数的不利を抱えることに。 ▽それでも35分、マラガに決定機が訪れる。ボックス内右に侵攻したイトゥーラがクロスを供給すると、ファーのネスティリが頭で完全にボールをミート。しかし、地面に叩きつけ過ぎてしまい、シュートは枠を外れていく。 ▽結局、前半中はほとんどの時間帯でバルセロナが優位に試合を運び、マラガはカウンターから一撃を浴びせることは叶わず。試合は2-0でバルセロナがリードした状態で折り返しを迎えた。 ▽後半に入っても、バルセロナの時間は続く。55分にはセットプレーの流れからデンベレがクロスを供給し、ボックス内のDFユムティティがフリーの状態でヘディングシュート。GKロベルトにキャッチされたものの、マラガゴールを脅かしていく。 ▽さらに70分、左サイドでボールを持ったコウチーニョが、中央に運びつつ右足でファーを狙う。しかし、これもGKロベルトにキャッチされた。 ▽バルセロナは74分、セルジ・ロベルトに代えてアンドレ・ゴメスを投入。アンドレ・ゴメスは、そのまま右サイドバックのポジションに入った。 ▽さらに77分には、ジョルディ・アルバに代えてディーニュを起用するなど、日程を考慮した采配を敢行。ピッチ上の選手も徐々にペースを落とし、試合を締めに入る。 ▽結局、試合は前半のスコアを保ったまま終了。この結果、バルセロナは無敗の連勝で着実に優勝に近づくことに。主力を休ませる采配で、カンプ・ノウにチェルシーを迎えて14日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグに向けて、良い準備を進めることに成功した。 ▽対するマラガは、6連敗を喫して12試合未勝利と闇の中。残り10節で、残留ラインの17位レバンテ(勝ち点24)との勝ち点差は「11」となっている。 2018.03.11 06:40 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース