横山2ゴールのなでしこが2連勝でGSを締めくくる! グループB2位決定で8日に順位決定戦へ《アルガルベカップ2017》2017.03.07 01:50 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽なでしこジャパン(日本女子代表)は6日、ポルトガルで開催されているアルガルベカップ2017のグループB第3節、ノルウェー女子代表戦に臨み、2-0で勝利した。この結果、グループBを2勝1敗の2位で終えたなでしこは、8日に今大会最後の試合となる順位決定戦に臨む。

▽3日前に行われたアイスランド女子代表戦を2-0で快勝し、高倉麻子新体制&今大会初勝利を手にしたなでしこ。ここまで1勝1敗でグループB2位に位置するチームは、前節スペイン女子代表に0-3で敗れ、ここまで1敗1分けの未勝利の4位ノルウェーとのグループ最終節に臨んだ。

▽アイスランド戦からのメンバー変更は6点。GKに代表デビューのGK池田咲紀子が入り、最終ラインには引き続き先発のDF熊谷紗希、DF中村楓がセンターバック、両サイドバックにはDF高木ひかり、DF佐々木繭が起用された。中盤は右からMF中島依美、MF阪口夢穂、MF川村優理、MF千葉園子の4人が並び、2トップはFW横山久美の相棒を、これが代表初先発のFW籾木結花が務めた。

▽開始30秒過ぎに、右サイドを突破したFWハンセンにいきなりボックス内への侵入を許して決定機を許したなでしこだったが、ここは左ポストに救われる。さらに、5分にも再び同サイドを崩されて、アダ・ヘゲルベリの折り返しをハンセンにシュートされるなど、劣勢の入りを強いられた。

▽なかなか攻撃の形を作れないなでしこだったが、10分には横山と籾木の2トップの連係から籾木が強烈なミドルシュートを放つが、ここはその前にオフサイドの判定。さらに、背後を狙う2トップの関係から15分にも横山がボックス付近でシュートを放つが、ここは相手DFにディフレクトして決定機には繫がらず。

▽時間の経過と共にボールを保持して相手陣内でのプレーを増やすなでしこは、籾木と横山が積極的にボックス付近で足を振っていくが、相手DFを剥がし切れず、なかなか決定的なシュートを打てない。31分には中島の左CKに熊谷が頭で合わすが、このシュートはわずかに枠の左に外れる。前半終了間際の45分には籾木のパスに抜け出した横山が良い形でシュートまで持ち込むが、ここも相手DFに寄せられて勢いを失ったシュートは相手GKにセーブされ、前半をゴールレスで終えることになった。

▽迎えた後半、高倉監督は中島と千葉の両サイドハーフに代えて、アイスランド戦で2ゴールのMF長谷川唯、MF中里優をハーフタイム明けに投入。開始直後にはボックス右で横山からパスを受けた籾木が右足を振り抜くが、ニアを狙ったこのシュートはGKに阻まれる。直後の49分には相手のカウンターからアダ・ヘゲルベリの際どいシュートを許すが、ここはGK池田の好守で凌いだ。

▽後半から入った長谷川の豊富なアイデアを起点に押し込む展開を続けるなでしこは、55分過ぎに籾木、横山と続けて良い形でフィニッシュに絡むと、59分に待望の先制点を奪う。バイタルエリア右で高木から斜めのパスを受けた籾木がドリブルで仕掛ける。DFにコースを消されるも、競り合いから浮き球のパスを背後に送ると、ボックス右で胸トラップした横山が右足のボレーシュート。GKに触られるもクロスバーの内側を叩いたボールがゴールネットに吸い込まれた。

▽横山の今大会2点目で均衡を破ったなでしこは、先制直後の61分に川村を下げて、MF宇津木瑠美を同じボランチの位置に投入する。さらに、73分には籾木と佐々木を下げて、DF鮫島彩とFW田中美南を同時投入した。

▽試合終盤にかけては一進一退の攻防が続く中、幾つかピンチを招いたなでしこだったが、この日フル代表デビューのGK池田が再三に渡る冷静なプレーで失点を許さない。すると試合終了間際の89分、ボックス右ライン際で中里が絶妙なクロスを送る。ファーで田中が放ったヘディングシュートは左ポストを叩くが、こぼれ球を横山が左足で蹴り込み、試合を決定付ける2点目を奪った。

▽横山の2ゴールの活躍に加え、2試合連続クリーンシートのなでしこが、アルガルベカップ2017のグループステージを連勝で終えた。なお、グループBをスペインに次ぐ2勝1敗の2位で終えたなでしこは、8日に今大会最後の試合となる順位決定戦に臨む。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯大丈夫? 酒井宏樹、左ヒザのねん挫か

▽フランス『レキップ』がマルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹の離脱期間を報じた。 ▽酒井は21日に行われたリーグ・アン第34節のリール戦(5-1でマルセイユが勝利)で左ヒザを負傷。主力の右サイドバックに君臨する日本代表として開幕まで2カ月を切ったロシア・ワールドカップ出場にも心配の声が挙がっているところだ。 ▽『レキップ』が報じたところによれば、酒井は診断の結果、左ヒザのねん挫で内側側副じん帯の損傷が判明。具体的な期間こそ明記されていないものの、今後数週間の離脱を余儀なくされる可能性があるという。 ▽なお、マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督は、負傷の酒井に関して、26日にホームで行われるヨーロッパリーグ準決勝1stレグのザルツブルク戦の欠場を明言している。 2018.04.23 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ前日本代表監督、27日に都内で会見を実施

▽日本記者クラブは20日、27日にヴァイッド・ハリルホジッチ前日本代表監督が会見を実施することを発表した。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任としてJFA技術委員長を務めていた西野朗氏が就任した。 ▽しかし、フランス『レキップ』は、ハリルホジッチ前監督が今回の決定に関して不満を示しており、契約解除に向けた正式な書類へのサインはしていないと報道。現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末にJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めていることが伝えられていた。 ▽そんな中、ハリルホジッチ前監督の会見は、27日16時から日本記者クラブの10階ホール(東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル)にて開催。会見には1時間が設けられているが、何が語られるのだろうか。 2018.04.20 17:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ元日本代表監督が今週末来日へ! JFA幹部との会談と共に反論会見実施へ

▽フランス『レキップ』は19日、9日に解任が発表されたヴァイッド・ハリルホジッチ元日本代表監督(65)が今週末に来日する見込みであると報じた。 ▽日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は、9日に会見を開きハリルホジッチ監督との契約解除を発表。7日付で契約が終了し、後任にはJFA技術委員長を務める西野朗氏が就任することを発表した。 ▽ただ、『レキップ』の伝えるところによれば、ハリルホジッチ前監督は今回の決定に関して不満と憤りを示しており、契約解除に向けた正式な書類にサインしていないという。 ▽また、JFA幹部から今回の解任理由に関して改めての説明を求めていると報じられていたハリルホジッチ前監督は、現地時間20日にフランスから東京に向かい、今週末に前述のJFA幹部との会談と共に反論会見を行う準備を進めているようだ。 2018.04.20 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

Jヴィレッジ再始動に向け、メッセージボードに夢。鈴木隆行氏「監督で世界へ」、大黒将志「ゴールし続ける」

▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。 ▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。 ▽イベントでは元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんによるトークショーが実施。その後、メッセージボード「みんなの夢が、動き出す。」がお披露目された。 ▽このメッセージボードは、スポーツに関する夢を書き込み、貼り付けるというもの。子供たちとともに、ゲストの3名も夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽鈴木氏は「監督で世界へ」と書いたとのこと。「今、プロの監督を目指して勉強をしています。選手としてはプレーできないので、監督となって、世界に出ていけるように、夢は大きく持っています」とコメント。「もしかしたら、この子達とやるかもしれないですし。オグリ(大黒)ともやるかもしれないですね」と、将来の指導者としての夢を語った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽大黒は「ゴールし続ける」を夢として書いたとのこと。「それが仕事なので、できる限り長く続けていきたいです」とコメントした。 ▽さらに、「僕も将来監督をやりたいと思っているので、まずはタカさん(鈴木氏)のコーチをやらせてもらって、学んでいきたいです」とオファー。すると鈴木氏は「こういった個性が強い2人が監督とコーチになると上手くいきません。僕みたいに適当にやる人がいたら、真面目で頭がクールな人がいいと思います」とオファーをやんわりと断っていた。またパンサー尾形さんは「僕もホペイロで入れてください」とオファーしていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/cws20180419_3_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽このメッセージボードは、Jヴィレッジ再始動までに行われるカウントダウンイベントにも登場。各地で、夢を書き込むことが可能となっており、最終的にはJヴィレッジ内に設置される予定となっている。 2018.04.19 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

日本代表・西野朗新監督を知る大黒将志「持っている監督」、対戦経験のある鈴木隆行氏は「『采配当てるな』というイメージ」

▽Jヴィレッジは19日、新生Jヴィレッジの再始動100日前イベント『新生Jヴィレッジ、再始動。7.28みんなの夢が、動き出す。』を郡山駅前中央広場で行った。 ▽1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設されたJヴィレッジ。2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、現在は施設の営業を停止していたが、営業停止から7年4カ月を経て、2018年7月28日、Jヴィレッジの利用が再開する。 ▽トークショーには、元日本代表FWの鈴木隆行氏、栃木SCに所属する元日本代表FW大黒将志、お笑い芸人のパンサー尾形さんが登場。Jヴィレッジの話が続く中、話題はロシア・ワールドカップに臨む日本代表に移った。 ▽日本サッカー協会(JFA)は、4月7日付で日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督を解任。後任にはJFAの技術委員長を務めていた西野朗氏が就任していた。 ▽ガンバ大阪時代に西野監督の指導を受け、Jリーグ優勝を果たした経験のある大黒は、「監督交代とか凄く大変だとは思いますが、西野さんのことはよく知っています。凄く良い監督なので、この短期間で難しい仕事だと思いますが、持っている監督なので、凄く期待しています。応援もします」と恩師にエールを送った。 ▽西野監督の特徴については「岡田(武史)さんは観ている様で、よく観ているんですが、西野さんは観ていない様で、本当に細かいところまで選手をよく観ています。良い監督だと思いますね」とコメント。また選手選考についても「選手目線で見て良い選手を、西野さんは選べます」と語った。 ▽また、采配についても言及し「交代策とかも、センターバックが試合でケガしたら、普通はセンターバックかサイドバックを入れると思うんですけど、西野さんは前半15分ぐらいでセンターバックがケガしても、フォワードの選手を入れちゃったりします」と大胆な采配を行うとコメント。「それで3-0、3-1で勝っちゃったりしますね。先の先の先まで考えている感じです。だから、Jリーグで最多勝利監督だったりするんだと思います」と自身が指導を受けた経験を元に、西野監督の手腕に期待を寄せていた。 ▽鹿島アントラーズの選手として西野監督率いるガンバ大阪と対戦したことがある鈴木氏は、「僕は対戦相手でしたけど、『采配当てるな』というイメージが結構あります。出た選手が点を取って負けたり、交代策が当たったりしてました」と語り、相手としてみていても期待が持てることを明かした。 ▽鈴木氏はロシア・ワールドカップについて「今は色々騒がれていたりしますが、昔と今の日本代表のレベルは全然違います。昔は、それほど実力がなかったというか」とコメント。「今は海外に出ている選手も多くて、経験豊富で、実力は凄くあるんです。あとは、どうやって実力ある選手たちを使うか。そこが凄く重要になると思います。結果が出ていないというのは、上手く使えていなかったということですね。上手く使って力を合わせれば、ワールドカップに出ている強豪国に勝てるチャンスはあります」と語り、日本代表に期待を寄せていた。 ▽また、自身の経験に基づき、「昔はやっぱり勝つのは難しかったです。実力差は2002年とかはありました。今は勝ってもおかしくはないです」とコメント。コロンビア、セネガル、ポーランドと厳しい相手との対戦となるものの、日本にも勝ち目があると語った。 2018.04.19 22:31 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース